超ワールドサッカー

「ABC-MART」アンバサダー就任の長友佑都「責任と誇りと情熱を持ってやる」…クリスマスの結婚発表も示唆「2人でしっかりと報告できたら」2016.12.23 17:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。アンバサダー就任会見後、長友は報道陣の取材に応対。今年を振り返るとともに、交際中の平愛梨さんとの結婚を示唆するコメントを残した。

──「ABC-MART」アンバサダー就任についての今の心境は
「サッカーとは同じだと思っています。サッカーも結果を残すにあたって責任と情熱がないと結果を残せません。このアンバサダーも就任させていただいた責任と誇りと情熱を持ってやるという所は共通していると思います」

──バラのプレゼントもありましたが、バラをお渡しになられた状況については
「そうですね…ネットに出ていた情報のままです(笑)。12時にバラを届けました」

──2016年が終わりますが、今年を振り返って、そして来年に向けて
「インテルでもレギュラー争いも厳しかったですし、試合に出られたり出られなかったりという日々を過ごしましたが、長いサッカー人生の中では自分にとって良い経験になりました。凄く楽しかったですし、厳しければ厳しい状況ほど自分が楽しめるんだなと、改めて自分のことが理解できる1年でもありました。良い1年だったと思います」

「来年に向けてはしっかりとレギュラーを獲れるようにしたいです。それだけですね。活躍するために努力を変わらず続けることだけだと思います」

──今月始めに流行語大賞のトップ10が発表され「僕のアモーレ」がノミネートされましたが
「まさかトップ10に入るとは思っていなかったので正直驚きました。アモーレという言葉は良い言葉で、イタリアでも愛する人や子供に向かって日常から聞いている言葉です。トップ10に入ったことは嬉しく思います」

──授賞式には“アモーレ”である平愛梨さんが出席されましたが、何か報告はありましたか
「凄く緊張したみたいで、彼女自身も凄く喜んでいました。緊張はしたものの、頂いたトロフィーが素晴らしかったようで、感動したそうです」

──クリスマスのご予定は
「ご予定…2人でしっかりと報告できたらと思います。素晴らしい日なので」

──流行語大賞の授賞式では平さんが逆プロポーズのようなコメントをされていましたが
「僕自身は覚悟は決まっていますので、率直に素直に受け止めました」

コメント

関連ニュース

thumb

MF原口元気のプレミア挑戦秒読みか…ヘルタに豪代表アタッカーが加入

▽ヘルタ・ベルリンは22日、インゴルシュタットからオーストラリア代表FWマシュー・レッキー(26)を獲得したことを発表した。レッキーはメディカルチェックをパスした後、ヘルタとの契約にサイン。契約の詳細は明らかにされていない。 ▽レッキーは、2014年夏からインゴルシュタットでプレー。今シーズンはブンデスリーガ30試合に出場して3アシストを記録した。また、オーストラリア代表においては2012年にデビュー。これまで39試合5ゴールをマークしている。 ▽ヘルタでは現在、MF原口元気に対してプレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオン移籍の可能性が浮上中。代役として、レッキーの獲得が取り沙汰されていただけに、それが実現した今、原口の渡英もより現実味を帯びてきた。 2017.05.23 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

3部降格を受けMF山田大記が3シーズン過ごしたカールスルーエ退団を発表「全てに恵まれた3年間」

▽ブンデスリーガ2部のカールスルーエに所属するMF山田大記(28)が自身のFacebookを通じて、今シーズン限りでカールスルーエを退団することを発表した。 ▽山田は明治大学から2011年1月にジュビロ磐田へと加入すると、2014年7月からカールスルーエでプレー。在籍2シーズン目の昨シーズンはブンデスリーガ2部で3位となり、昇格プレーオフに進出。しかし、ハンブルガーSVの前に敗れ、今シーズンも2部に在籍となった。しかし、今シーズンは序盤から低迷を続けると、リーグ最下位となり3部降格が決定していた。 ▽山田は、自身のFacebookを通じてシーズンを振り返り、チームとの話し合いの結果、3シーズン在籍したカールスルーエを退団することを明かした。 「シーズンが終了しました。ただただ悔しかったシーズン。色んなことを感じ、色んなことを学びました。チームは3部に降格が決まり、多くの選手がチームを離れます。僕自身もチームと話し合い、3年間過ごしたこの地を離れることになりました」 「長いようであっという間の3年間。今年の降格という結果を除けば、仲間やスタッフ、サポーター、環境、全てに恵まれた3年間でした。自分に、海外で挑戦できる機会を与えてくれ、温かく迎え入れてくれたこのクラブに、本当に感謝しています」 「カールスルーエという街は、今では住みなれた居心地のいい場所で、カールスルーエSCというクラブは、今までもこれからも、自分にとって特別な存在です」 「今後のことはまだ決まっていないので、はっきりと決まったら報告します。今シーズンも日本から応援してくれたサポーターの皆さん、悔しさの多いシーズンだったからこそ、皆さんの存在や言葉が、大きな支えになりました。ありがとうございました。山田大記」 ▽山田はカールスルーエでの3シーズンで公式戦92試合に出場し10ゴール14アシストを記録。今シーズンはブンデスリーガ2部で24試合に出場し、1ゴール2アシストを記録していた。 2017.05.22 20:53 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士、2ゴールでスペイン紙の評価は最高点!バルサの全選手超えで「とてつもない」

エイバルのMF乾貴士が、バルセロナ戦の2ゴールで両チームを通じて最高となる評価を手にしている。<br><br>エイバルは21日、リーガ・エスパニョーラ第38節でバルセロナと対戦。乾は6試合連続の先発出場を果たし、カンプ・ノウでの一戦に臨んだ。バルセロナにとっては逆転優勝がかかる重要な一戦となったが、最初に輝いたのはリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの誰でもなく乾貴士であった。<br><br>7分に右サイドからのクロスを巧みなショートバウンドボレーで合わせると、貴重な先制点をマーク。さらに71分にはペナルティーエリア内から浮き球を左足一閃、バルセロナGKアンドレ・テア・シュテーゲンを破り、豪快にネットを揺らした。試合はその後、バルセロナが猛反撃を見せ、逆転を許したが、乾には両チームを通じて最高となる評価が与えられている。<br><br>スペイン紙『アス』では、3段階中最高となる「3」の評価。寸評では「エイバルのインテンシティーは乾によって見事に具現化された。彼はとてつもないパルティダッソを演じ、ゴールという褒賞を得た」と、記された。バルセロナ側で「3」の評価を得た選手はおらず、乾はエイバルGKジョエルとともにトップタイの評価を得ることとなった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.22 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘルタ原口元気、来季プレミア昇格のブライトン移籍か

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表MF原口元気(26)は、今夏の移籍市場でイングランドに渡ることを決断したのかもしれない。『キッカー』や『ビルト』のドイツメディアが報じている。 ▽ヘルタとの契約を2018年まで残している原口を巡っては、昨年秋頃から契約延長に向けたヘルタとの交渉の難航が伝えられてきた。その背景も影響してか、シーズン終盤は出場機会が減少。今後の去就に注目が集まっている。 ▽そういった状況の中、『キッカー』によれば、原口はヘルタから届いた延長オファーを断り、来シーズンからプレミアリーグに昇格するブライトン&ホーヴ・アルビオン移籍で交渉に入っているという。 ▽また、『ビルト』によれば、ヘルタは原口の穴埋めとして、インゴルシュタットのFWマシュー・レッキーをリストアップ。すでに獲得に動いているとのことだ。 ▽かねてからプレミアリーグへの憧れを抱いているとみられる原口は、2014年夏に浦和レッズからヘルタに移籍。在籍3年目の今シーズンはブンデスリーガ31試合1ゴールを記録していた。 2017.05.22 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、守備に不安もイタリアメディアから及第点「攻撃面が良かった」

ラツィオ戦に先発フル出場したインテルの日本代表DF長友佑都について、イタリアメディアは概ね及第点の評価を与えている。<br><br>21日に行われたセリエA第37節でインテルはアウェイで4位のラツィオと対戦し、長友は前節のサッスオーロ戦に続いて6試合連続の先発出場を果たした。インテルは3-1で勝利を収めている。<br><br>イタリア紙『コリエレ・デッラ・セーラ』は長友に対し、チーム内で平均点となる「6」を与えている。「エリア付近での不用意なラフプレーで試合を壊しかねなかった。これまでの試合よりはかなりマシ」として、危ないプレーがあったことを指摘しながらも、他の試合と比較すれば悪くない出来であったと伝えた。なお、チーム内の最高点はMFアントニオ・カンドレーバの「7.5」で、最低点はラツィオに先制点となるPKを献上した上、負傷交代したDFジェイソン・ムリージョの「4」となっている。<br><br>移籍情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』も同様に平均的な「6」を与えている。「攻撃面では最近の試合より良かった。だが守備では常にインテルのサポーターを不安にさせた」として、守備面の危うさがあったものの、攻撃参加が評価されている。なおチーム内の最高点はカンドレーバらの「6.5」、最低点はムリージョの「4.5」となっている。<br><br>またメディア『スカイ・スポーツ』は長友に平均を上回る「6,5」を、『メディアセット』は「6」を与え、いずれも及第点の評価だった。<br><br>提供:goal.com 2017.05.22 17:10 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース