「ABC-MART」アンバサダー就任の長友佑都「責任と誇りと情熱を持ってやる」…クリスマスの結婚発表も示唆「2人でしっかりと報告できたら」2016.12.23 17:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。アンバサダー就任会見後、長友は報道陣の取材に応対。今年を振り返るとともに、交際中の平愛梨さんとの結婚を示唆するコメントを残した。

──「ABC-MART」アンバサダー就任についての今の心境は
「サッカーとは同じだと思っています。サッカーも結果を残すにあたって責任と情熱がないと結果を残せません。このアンバサダーも就任させていただいた責任と誇りと情熱を持ってやるという所は共通していると思います」

──バラのプレゼントもありましたが、バラをお渡しになられた状況については
「そうですね…ネットに出ていた情報のままです(笑)。12時にバラを届けました」

──2016年が終わりますが、今年を振り返って、そして来年に向けて
「インテルでもレギュラー争いも厳しかったですし、試合に出られたり出られなかったりという日々を過ごしましたが、長いサッカー人生の中では自分にとって良い経験になりました。凄く楽しかったですし、厳しければ厳しい状況ほど自分が楽しめるんだなと、改めて自分のことが理解できる1年でもありました。良い1年だったと思います」

「来年に向けてはしっかりとレギュラーを獲れるようにしたいです。それだけですね。活躍するために努力を変わらず続けることだけだと思います」

──今月始めに流行語大賞のトップ10が発表され「僕のアモーレ」がノミネートされましたが
「まさかトップ10に入るとは思っていなかったので正直驚きました。アモーレという言葉は良い言葉で、イタリアでも愛する人や子供に向かって日常から聞いている言葉です。トップ10に入ったことは嬉しく思います」

──授賞式には“アモーレ”である平愛梨さんが出席されましたが、何か報告はありましたか
「凄く緊張したみたいで、彼女自身も凄く喜んでいました。緊張はしたものの、頂いたトロフィーが素晴らしかったようで、感動したそうです」

──クリスマスのご予定は
「ご予定…2人でしっかりと報告できたらと思います。素晴らしい日なので」

──流行語大賞の授賞式では平さんが逆プロポーズのようなコメントをされていましたが
「僕自身は覚悟は決まっていますので、率直に素直に受け止めました」

コメント

関連ニュース

thumb

シュツットガルト浅野拓磨、生活面の悩みの種は“スピード”?ピッチ外のジャガーぶりを封印

ブンデスリーガ2部シュツットガルトでプレーする日本代表FW浅野拓磨は、初めての海外生活にあたってどのような悩みを抱えているのだろうか。ドイツ紙『ビルト』のインタビューで、「オービス」に苦戦していると明かしている。<br><br>現地でも30m走は3.67秒といった速さで走り切り、日本では&ldquo;ジャガー&rdquo;と呼ばれることなどが紹介されてきた浅野だが、インタビューにも予定より10分早く登場。記事によると「気持ち良くオープンに」シュツットガルトでの最初の半年間を振り返ったとのこと。<br><br>「特にサッカー以外の部分で最初は色々苦労しましたね」と切り出した浅野。文化や言語と海外挑戦するにあたって乗り越えなければいけない壁はもちろん、現地での生活で最も驚かされたのは「オービス」との呼び名でも知られる自動速度違反取締装置だったと明かしている。<br><br>「正直、オービスには何度も引っ掛かってしまいました。あれほど狭いところにたくさんのオービスが設置されていることは新しい経験ですね。これからはピッチ内だけでジャガーでいたいです」<br><br>数カ月間ホテル生活が続いた浅野は、先日シュツットガルトの中心街のアパートに入居し、今週には自転車も購入したという。『ビルト』では、今後罰金の通知が少なくなるかもしれないとの見解が述べられている。<br><br>インタビューではまた、ショッピングが趣味だと語り、同僚のMF細貝萌とその家族と食事をすることが多いと話している。「シュツットガルトのサッカーやここでの生活には馴染んでいますし、気に入っていますよ!」と順調な様子だ。<br><br>一方で、アーセナルからレンタルでシュツットガルトに加わっている同選手は、去就について「来季のことはまだ分かりませんね。今はここのこと、そして1部昇格のことしか考えていないです」とコメント。だが、「もう1年ここでプレーすることはイメージできます!」と個人的には同クラブに残る可能性は考えられると続けている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、次節ローマ戦で先発出場の可能性…快足サラー封じの切り札か

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都が、26日に行われるセリエA第26節インテル対ローマ戦で先発する可能性があると、イタリアメディア『Premium Sport』が報じている。<br><br>次戦はDFミランダが累積警告により出場停止となるほか、DFジェイソン・ムリージョが右太ももの違和感を訴えて練習を中断するハプニングに見舞われている。ステファノ・ピオリ監督がその対策を検討しているが、サイドバックでは、MFモハメド・サラー対策として、長友の先発が予想されている。<br><br>なお、インフルエンザにより戦列を離れていたMFジェフリー・コンドグビアは復帰が確実視されている。また若手を対象としたイタリア代表合宿を終えたMFロベルト・ガリアルディーニもチームに合流する見込みだ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン本田圭佑、MLSのシアトル・サウンダーズ移籍間近か

▽ミランに所属する日本代表FW本田圭佑(30)にメジャーリーグ・サッカー(MLS)挑戦の可能性が高まっているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が独占情報として伝えている。 ▽報道によれば、本田はシアトル・サウンダーズ移籍に向かっている模様。近日中の決定もあり得る状況だという。なお、MLSの移籍期間は、14日から5月8日まで開かれているとのことだ。 ▽本田は今シーズンのここまで、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下で全くと言って良いほど出番なし。そのため、以前から移籍の可能性が取りざたされてきたが、実現に至っていなかった。 ▽その本田は、2008年1月に名古屋グランパスからVVVフェンロに移籍。その後、CSKAモスクワを経て、2013-14シーズンの冬にミラン入りした。ミラン在籍4年間で公式戦89試合10ゴール14アシストを記録している。 2017.02.24 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井高徳、HSV復調の要因に指揮官交代を挙げ「監督からの信頼が僕らを一つにした」

ブンデスリーガで2部を一度も経験したことがないハンブルガーSV(HSV)は今シーズン、残留争いに巻き込まれている。しかし、主将を務めるDF酒井高徳は内容に結果も伴い始めたとし、自信を見せた。<br><br>HSVは開幕から不振に苦しみ、最下位に低迷。しかし、昨年9月にマルクス・ギズドル監督が就任し、風向きは変わったと酒井は考えているようだ。『DAZN』のインタビューで語っている。<br><br>「難しいところですけど、シーズン最初も悪い内容ではなかったけど、勝てなかったんですよね。点をとれないわけではないけど、勝てなかったので、いまひとつ自信をつけられないところがありました。そういったところで、監督が変わって、サッカーが変わり、自分たちのやるところが変わりながら、勝てる、もしくは引き分けにできるという自信をつけたところから、パフォーマンスが上がっていったと思います。降格争いをしている時には、自信が非常に大事になります。今は大きな自信がついたことが、一番の違いですね」<br><br>さらに続けて「ギズドル監督は、僕らを信頼してやってくれているし、僕らの強み、HSVが強くなるためにはということを考えながらやってくれています。監督が選手たちを信じてくれることは力になるし、チームが一つになるために必要な部分を整えてくれました」と、指揮官からの信頼がチームをまとめていると話す。<br><br>冬の移籍市場では新戦力が加わり、「競争率が上がり、チームの効率を上げた」とポジティブな効果があったことを認める酒井。今シーズンはキャプテンを務めながらも、残留争いと、決して楽ではない時間を過ごしているが、前向きな酒井の活躍に期待したいところだ。<br><br>なお、インタビューの模様は『DAZN』で公開される予定。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、10番本田圭佑の後継者探しを開始か…獲得候補にパストーレらテクニシャンが浮上

日本代表MF本田圭佑が背負うミランの背番号「10番」の後継者探しが始まっていることが、『Goal』イタリア編集部の取材により明らかになった。<br><br>3月からミランの新オーナーとなるシノ・ヨーロッパ・スポーツ体制では、マッシモ・ミラベッリ氏およびアンドレア・ファッソーネ氏が役員を務めることになる。現在ミラベッリ氏らは、ヨーロッパやイタリアの各地を視察し、来シーズンの補強候補のリストアップを続けている。<br><br>ミランは現在本田が背負う「10番」を若き才能ある選手へ継承したいと考えており、フィオレンティーナのMFフェデリコ・ベルナルデスキの動向をチェックしている。イタリア紙『トゥットスポルト』によれば、ミラベッリ氏らがすでに視察のためフィレンツェを訪れたようだ。しかし、ベルナルデスキの獲得は困難を極めるとみられており、フィオレンティーナが来夏の放出を決断するかどうか不透明である上、放出が決まっても争奪戦となることが予想される。<br><br>このほか「10番」の候補として、パリ・サンジェルマンのMFハビエル・パストーレの名前が挙げられている。ケガの影響も心配されるが、パストーレの特徴はミランでも重宝されるとみられる。また数日前にミラノを訪れるなど、ミラノとの相性は良く環境面についても問題はない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.24 14:47 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース