「ABC-MART」アンバサダー就任の長友佑都「責任と誇りと情熱を持ってやる」…クリスマスの結婚発表も示唆「2人でしっかりと報告できたら」2016.12.23 17:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。アンバサダー就任会見後、長友は報道陣の取材に応対。今年を振り返るとともに、交際中の平愛梨さんとの結婚を示唆するコメントを残した。

──「ABC-MART」アンバサダー就任についての今の心境は
「サッカーとは同じだと思っています。サッカーも結果を残すにあたって責任と情熱がないと結果を残せません。このアンバサダーも就任させていただいた責任と誇りと情熱を持ってやるという所は共通していると思います」

──バラのプレゼントもありましたが、バラをお渡しになられた状況については
「そうですね…ネットに出ていた情報のままです(笑)。12時にバラを届けました」

──2016年が終わりますが、今年を振り返って、そして来年に向けて
「インテルでもレギュラー争いも厳しかったですし、試合に出られたり出られなかったりという日々を過ごしましたが、長いサッカー人生の中では自分にとって良い経験になりました。凄く楽しかったですし、厳しければ厳しい状況ほど自分が楽しめるんだなと、改めて自分のことが理解できる1年でもありました。良い1年だったと思います」

「来年に向けてはしっかりとレギュラーを獲れるようにしたいです。それだけですね。活躍するために努力を変わらず続けることだけだと思います」

──今月始めに流行語大賞のトップ10が発表され「僕のアモーレ」がノミネートされましたが
「まさかトップ10に入るとは思っていなかったので正直驚きました。アモーレという言葉は良い言葉で、イタリアでも愛する人や子供に向かって日常から聞いている言葉です。トップ10に入ったことは嬉しく思います」

──授賞式には“アモーレ”である平愛梨さんが出席されましたが、何か報告はありましたか
「凄く緊張したみたいで、彼女自身も凄く喜んでいました。緊張はしたものの、頂いたトロフィーが素晴らしかったようで、感動したそうです」

──クリスマスのご予定は
「ご予定…2人でしっかりと報告できたらと思います。素晴らしい日なので」

──流行語大賞の授賞式では平さんが逆プロポーズのようなコメントをされていましたが
「僕自身は覚悟は決まっていますので、率直に素直に受け止めました」

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部誠不在のフランクフルト、“心臓”抜きでシステム変更は不可避か

日本代表MF長谷部誠の不在によってフランクフルトが4バックを採用する可能性が浮上した。地元紙『フランクフルター・ノイエプレッセ』が報じている。<br><br>4バックから3バックへのシステム変更は2016-2017シーズンにおけるフランクフルト躍進の基盤となった。そして長谷部は、ニコ・コバチ監督が採用した戦術において、欠くことのできない重要な役割を担ってきた。<br><br>しかし、11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン・ミュンヘン戦でひざを負傷し、手術を余儀なくされた。手術は無事に成功したものの、今季中の復帰は絶望的となっている。<br><br>チームはブンデスリーガ第25節を終えた時点で7位と欧州カップ戦の出場権獲得を狙える位置につけている。しかし直近6試合で1分け5敗と調子を落としている。長谷部が離脱したこともあり、『フランクフルター・ノイエプレッセ』紙は、このタイミングで4バックへの回帰が現実的であるとしている。<br><br>リベロやボランチとして、チームの中心的な役割を任されてきた長谷部の離脱に対して、コバチ監督はどのようなリアクションを見せるのだろうか。手腕が問われることになりそうだ。フランクフルトは4月1日、ボルシア・メンヒェングラッドバッハとホームで対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.30 17:47 Thu
twitterfacebook
thumb

13試合9ゴールと活躍する南野をクラブ公式サイトがインタビュー「俊敏性をクリエイティブに使えるようになった」

<div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)GEPA pictures - RBS<hr></div>▽ザルツブルクの日本代表FW南野拓実が、映画「サウンドオブミュージック」所縁の地を巡るツアーに参加しながら自身の心境を語った。ザルツブルク公式サイトが伝えている。 ▽オーストリア・ブンデスリーガで首位を走るザルツブルクで、南野は途中出場が多いながらもリーグ戦13試合に出場し9ゴール。出場時間を1試合換算すると2,04ゴールを奪うなど好パフォーマンスを見せている。 ▽南野は現在の状況について率直な考えを明かしつつも、練習からオスカー・ガルシア監督にアピールすることが大事だと口にした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170330_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)GEPA pictures - RBS<hr></div>「当然もっとプレーしたい気持ちはあります。でも監督には毎試合プランがあると感じています。例えばゴールが必要な時に僕は使われていますし、それは自分の自信にもなっています」 「そして出場時間が少ない理由も理解しています。監督からは改善しなければいけない部分なども個人的に言われていますし、自分は監督からもっと信頼してもらえるように練習でアピールし続けなければいけません」 ▽監督から個人的に言われている部分については「もっと前線でキープすること、そして守備の部分で学ばなければいけません。それは十分に可能なことだと思っています」と語った。 ▽さらに南野はオーストリアでプレーし、自身のストロングポイントを理解したうえで使いこなせるようになったと実感している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170330_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)GEPA pictures - RBS<hr></div>「例えば純粋なスピードやパワーを備えているアフリカ系の選手に比べて、僕たちアジア人はすばしっこく俊敏性があります。その両方が長所にも短所にもなります」 「このリーグの相手は、たくさんの選手が大きく一対一に強くパワーで勝負してきます。そこでのデュエルでは自分たちの素早さという特徴が有利に働きます。最初の頃はゴール前でその特徴をクリエイティブに使っていくことが難しかったです。今はそれが大分出来るようになりました」 ▽また南野はチームメートのことについてもインタビュー内で応えている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170330_22_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)GEPA pictures - RBS<hr></div>「今はヒチャンと一緒にいることが多いですし、もちろんそれはお互い似た文化からきたことも要因の一つだと思います。また、アレックスやアンディ、ジョニーなどの経験ある選手たちが、始めの頃は些細なことをサポートしてくれましたし、チームに馴染めるようにしてくれました」 「特にアンディは一人の友人としてだけではなく、模範にしている選手の一人です。彼のサッカーと向き合うプロフェッショナルな姿勢、身体のケアの部分であったり、その立ち振る舞いは、僕たちのような若い選手にとって学ぶべきことがたくさんあります」 ▽最後に南野は、サッカーだけではなく語学にも興味を持っていることを明かした。 「ドイツ語は気に入っていますし、それを学ぶことは最近楽しいです。二部練習の間のドイツ語レッスンなど厳しいときもありますが、新しい語学を学ぶことは大切です。自分自身がより語学を理解すれば、よりヨーロッパの文化を理解できると思っていますし、それは興味深いです。もっと他の言語を勉強してみたいとも思っています」 2017.03.30 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫勇也の離脱が大きな痛手に?ケルン指揮官は嘆き、戦術変更を示唆

ペーター・シュテーガー監督とチームメートが日本代表FW大迫勇也の離脱を嘆いた。地元紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』が報じている。<br><br>大迫は23日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦で負傷した。ケルンに戻り精密検査を受けた結果、左ひざ関節包の負傷が明らかとなり、4月1日から8日にかけて行われるブンデスリーガ3連戦の欠場が決定的となった。シーズン後半戦、4ゴール4アシストを記録するなど好調を維持していただけに、戦線離脱はチームにとって大きな痛手となりそうだ。指揮官は以下のようなコメントを残している。<br><br>「彼の離脱はもちろん残念だ。調子が良かったからね。ポジションを代わりに埋められる選手はいるが、別の戦い方が必要になってくるかもしれない」<br><br>チームメートのマルコ・ヘーガーも「ユウヤは絶好調だった。彼の離脱は痛い。中盤と攻撃のつなぎ役として素晴らしいプレーを披露していたからね」と、大迫の不在を嘆いた。<br><br>チームに欠かすことのできない存在になっていた大迫の離脱は、ケルンの戦い方を一変さてしまうかもしれない。シーズン終盤の戦いに向けて早期復帰が望まれる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.30 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグではたったの3人! 日本代表FW岡崎慎司がイブラ&ルーニーの記録に次いで3番手に!

▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が、プレミアリーグで3人しか達成していない記録を樹立した。イギリス『サン』が報じた。 ▽28日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に先発出場を果たした岡崎は、1-0とリードした19分に得意のヘッドでクロスに合わせ、狭いニアサイドを打ち抜き、日本の2点目を記録。これが代表通算50得点目のメモリアルゴールとなった。 ▽代表での50得点を達成しているのはプレミアリーグで現在プレーする選手では岡崎を含めて3人。残りの2人は、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーと元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとのことだ。 ▽イブラヒモビッチは、ユーロ2016を最後にスウェーデン代表から引退。代表通算116試合に出場し62得点を記録していた。ルーニーは今回のW杯欧州予選でイングランド代表に選ばれなかったものの、これまで53得点を記録している。 ▽なお、岡崎は過去50年の中で代表通算ゴール数で55番目とのこと。また、50得点以上を記録していた元プレミアリーガーには、オランダ代表のロビン・ファン・ペルシ(元アーセナル)、元フランス代表のティエリ・アンリ(元アーセナル)、元カメルーン代表のサミュエル・エトー(元チェルシー)、元コートジボワール代表のディディエ・ドログバ(元チェルシー)、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(元マンチェスター・ユナイテッド)、そして元トリニダード・トバゴ代表のスターン・ジョン(元クリスタル・パレス)が居た。 ▽岡崎はレスターでは70試合に出場して11得点しか記録していないものの、日本代表では50得点を記録。ロシアW杯予選でも既に7得点を記録している。 2017.03.29 22:02 Wed
twitterfacebook
thumb

UAE戦で負傷の日本代表FW大迫勇也は左ヒザ関節包の負傷でリーグ戦3試合を欠場

▽ケルンは28日、日本代表FW大迫勇也の負傷状況を発表した。ブンデスリーガ3試合の欠場となるようだ。 ▽大迫は、23日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦(2-0で日本が勝利)に先発出場。しかし、試合終盤に相手DFと交錯した際に左ヒザを負傷。FW岡崎慎司と交代していた。 ▽その後日本に帰国した大迫は、代表チームの離脱。ケルンに戻りメディアパーククリニックで精密検査を受けた結果、左ヒザの関節包を損傷していたとのことだ。 ▽ケルンは4月1日にハンブルガーSV戦、同4日にフランクフルト戦、同8日にボルシアMG戦を控えており、少なくとも大迫はこの3試合を欠場する。今後更なる離脱も可能性があるとのことだ。 ▽今シーズンの大迫はブンデスリーガで24試合に先発出場し6得点を記録。ヨーロッパリーグ出場を目指すチームとしては痛い離脱となった。 2017.03.28 20:07 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース