「ABC-MART」アンバサダー就任の長友佑都「責任と誇りと情熱を持ってやる」…クリスマスの結婚発表も示唆「2人でしっかりと報告できたら」2016.12.23 17:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。アンバサダー就任会見後、長友は報道陣の取材に応対。今年を振り返るとともに、交際中の平愛梨さんとの結婚を示唆するコメントを残した。

──「ABC-MART」アンバサダー就任についての今の心境は
「サッカーとは同じだと思っています。サッカーも結果を残すにあたって責任と情熱がないと結果を残せません。このアンバサダーも就任させていただいた責任と誇りと情熱を持ってやるという所は共通していると思います」

──バラのプレゼントもありましたが、バラをお渡しになられた状況については
「そうですね…ネットに出ていた情報のままです(笑)。12時にバラを届けました」

──2016年が終わりますが、今年を振り返って、そして来年に向けて
「インテルでもレギュラー争いも厳しかったですし、試合に出られたり出られなかったりという日々を過ごしましたが、長いサッカー人生の中では自分にとって良い経験になりました。凄く楽しかったですし、厳しければ厳しい状況ほど自分が楽しめるんだなと、改めて自分のことが理解できる1年でもありました。良い1年だったと思います」

「来年に向けてはしっかりとレギュラーを獲れるようにしたいです。それだけですね。活躍するために努力を変わらず続けることだけだと思います」

──今月始めに流行語大賞のトップ10が発表され「僕のアモーレ」がノミネートされましたが
「まさかトップ10に入るとは思っていなかったので正直驚きました。アモーレという言葉は良い言葉で、イタリアでも愛する人や子供に向かって日常から聞いている言葉です。トップ10に入ったことは嬉しく思います」

──授賞式には“アモーレ”である平愛梨さんが出席されましたが、何か報告はありましたか
「凄く緊張したみたいで、彼女自身も凄く喜んでいました。緊張はしたものの、頂いたトロフィーが素晴らしかったようで、感動したそうです」

──クリスマスのご予定は
「ご予定…2人でしっかりと報告できたらと思います。素晴らしい日なので」

──流行語大賞の授賞式では平さんが逆プロポーズのようなコメントをされていましたが
「僕自身は覚悟は決まっていますので、率直に素直に受け止めました」

コメント

関連ニュース

thumb

長友佑都にプロポーズ方法をアドバイスしたチームメイトがいた…「彼は僕の真似をした(笑)」

インテルのDFダニーロ・ダンブロージオが日本代表のDF長友佑都のプロポーズやファッションについて、自分がアドバイスしたものだと、インテルチャンネルの番組『カッフェ・ドッピョ』で明かしている。<br><br>自身もプロポーズの際、SNSで呼びかけてミラノ中心部のドゥオモ広場に群衆を集め、ロマンティックなパフォーマンスを行った。大勢の人々に見守られる中、ダンブロージオは妻に101本の赤いバラの花束をプレゼントして求婚した。妻の答えは「シー(はい)」だった。<br><br>ダンブロージオは自分の成功体験に自信を得たのか、ジュゼッペ・メアッツァで女優の平愛梨に求婚して話題となった同僚の長友について、自分の真似をしたものだと明かしている。<br><br>「(長友が真似をしたかと問われ)ああ、そうだよ(笑)。アドバイスを求められて、良いプロポーズになるんじゃないかと伝えた。僕も最初はスタジアムでやりたかったんだけど、満員の観客の中でゴールを決めた時の方が良いかな」<br><br>長友のパフォーマンスを褒めながらも、自身は大勢の観客の中でのプロポーズの方が自分好みであることを強調している。<br><br>またダンブロージオは、長友のファッションについてもアドバイスをしていることを明かした。「僕にアドバイスを聞いてくるんだけど、もう完璧だよ。ネクタイにジレを合わせるなんてね」ダンブロージオは長友のファッションテクニックに脱帽の様子だった。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑に出場機会を…伊メディアが高年俸ながらベンチを温める本田を生かすよう提案

ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑について、高額な年俸なだけに、もう少し出場機会を与えるべきであると、イタリアメディア『Spazio Milan』が主張している。<br><br>ミランでは、右サイドのFWスソに連戦による疲労が懸念されるほか、左サイドのFWエムバイェ・ニアンは不調が続き、やる気を失い士気を低下させている。このため、両ウィングのバックアッパーが必要とされている。<br><br>今冬の移籍市場において、アドリアーノ・ガリアーニCEOも「補強の対象は攻撃的ウィングだけだ。名前はご存知だろう」と話しているように、FWジェラール・デウロフェウの獲得へ向けて、エヴァートンと交渉中だ。<br><br>しかし万が一、獲得が失敗した場合について、本田を起用すべきとの声が上がっている。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いるミランにおいて、本田は構想外となっており、出場機会に恵まれていない。ミランは本田に対し、250万ユーロ(約3億円)と高額な年俸を支払っており、出場機会を与えることで、投資を無駄にせず、本田を生かす道を模索するべきだと提案している。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

内田篤人の質問に答えられる?ブンデス公式HPがファンチャレンジ企画を実施

約1カ月のウインターブレイクを終え、今週末ブンデスリーガが再開する。後半戦の開幕に先駆け、ブンデスリーガは全世界100カ国以上でファンチャレンジ企画『True or False-ホントかウソか-』を実施。日本語版も展開されている。<br><br>『True or False』は、ブンデスリーガ全18クラブのスター選手が出題するブンデスリーガに関する質問に「True(ホント)」か「False(ウソ)」の2択で答えるゲーム。「僕の妹は世界的に有名な音楽コンテストに出場したことがある」「クラブ名の由来は○○だ」など、選手から出題される形式となっていて、ブンデスリーガ全18クラブの歴史や選手の意外な一面を知ることができる。<br><br>問題は全部で9問。回答者を助けるためのヒントも用意されていて、3回まで使用することができる。なお、9問すべてに正解した者を対象に、抽選でブンデスリーガVIP観戦旅行が当たるキャンペーンが実施されている。<br><br>ブンデスリーガの後半戦開幕は現地時間1月20日。常勝バイエルンがリーグ史上初の5連覇を達成するのか、創立8年目で快進撃を続けるライプツィヒが昇格初年度優勝を果たすのか。あるいはドルトムントなど強豪クラブの巻き返しがあるのか、注目が集まるところだ。<br><br>■『True or False-ホントかウソか-』<br />https://trueorfalse.bundesliga.com/index.html<br />※言語設定を「日本語」とする必要があります<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部誠が33歳の誕生日にインスタグラムを開設…自身初の公式SNSアカウント

▽フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が、自身の誕生日である1月18日にインスタグラムの公式アカウントを開設した。 ▽長谷部は18日に33回目の誕生日を迎え、公式HPを更新。インスタグラムの公式アカウントが「@makoto_hasebe_official」であることを発表した。 ▽なお、同日に最初の投稿を行い、日本代表とフランクフルトのユニフォームの写真とともに、「長谷部誠です。本日からInstagramを始めます。サッカー選手として日本ユニセフ協会大使として様々な事を発信していきます。よろしくお願いします!」とメッセージを投稿。日本語、ドイツ語、英語の3カ国で更新されている。 ▽長谷部はツイッターやフェイスブックなどの公式アカウントを開設しておらず、自身の公式HPとブログで情報を発信。自身初のSNS公式アカウントとなった。 2017.01.20 10:47 Fri
twitterfacebook
thumb

3発圧勝のアトレティコがベスト4進出に王手! 今季コパ初先発の乾は見せ場なく途中交代…《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ準々決勝1stレグのアトレティコ・マドリーvsエイバルが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-0で先勝した。エイバルのMF乾貴士は65分までプレーした。 ▽ラウンド16でそれぞれラス・パルマス、オサスナとプリメーラ勢を破ったアトレティコとエイバルの準々決勝第一戦。リーガ3連勝中のアトレティコは、負傷のGKオブラク、ベンチスタートのゴディンを除き主力を起用。中盤はガイタンとカラスコの両翼に、コケとサウール・ニゲスがピボーテを組む攻撃的な並びとなり、2トップにはグリーズマンとコレアが入った。一方、今月7日に行われたリーガ(0-2で敗戦)でのリベンジを目指すエイバルは、ペドロ・レオン、セルジ・エンリクがベンチスタートもリーガで絶対的な主力を担う乾が今季のコパ初スタメンを飾った。 ▽立ち上がりからホームのアトレティコがボールを保持するが、コンパクトな陣形で迎え撃つエイバルの堅守を前になかなか攻め手を見いだせない。 ▽互いになかなかフィニッシュのシーンが作れないこう着状態が続く中、アトレティコが得意のセットプレーからゴールに迫る。25分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でコケの浮き球のボールをニアのサウールが頭でフリック。これをファーのサビッチが押し込むが、サウールがオフサイドを取られてしまい、ゴールは認められず。 ▽それでも、直後の28分に相手陣内中央でFKを得たアトレティコは、相手のミスから先制に成功する。コケの浮き球のボールに対して、相手GKジョエル・ロドリゲスが目測を誤り、パンチングミスを犯すと、ホセ・ヒメネスが頭で合わせたボールをゴール前のグリーズマンがうまく頭でコースを変えて無人のゴールへ流し込んだ。 ▽守備的に戦いながらもミスからリードを許したエイバルは、すぐさま反撃に転じる。要所で攻め上がる右サイドバックのカパのクロス、ベベのプレースキックを軸に攻めるが、堅守アトレティコを脅かすまでには至らず。右ウイングを主戦場に頻繁にベベとサイドを入れ替える乾もほとんど良い形でボールを受けられず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半もアトレティコペースで試合が進んでいく。すると60分に後半最初のゴールが生まれる。左サイドでスルーパスに抜け出したカラスコがボックス左で切り返してDF2枚をかわして右足のシュートを放つ。これはGKジョエルに阻まれるが、こぼれ球に詰めたコレアが左足で豪快に蹴り込んだ。 ▽厳しい追加点を許したエイバルは、65分にアドリアンと乾を下げてセルジ・エンリクとルナを投入する二枚替えを敢行。一方のホームチームは、コレアとカラスコを下げてガメイロとガビを投入。するとこの交代が再び試合を動かす。 ▽67分、右CKの場面でコケのアウトスウィングのクロスをヒメネス、グリーズマンと頭で繋ぎ、最後はボックス左でドフリーのガメイロがこれを頭で流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、週末のビルバオ戦に向けてゴディンを調整させる余裕の試合運びを見せたアトレティコは、エイバルを相手に最後まで決定機らしい決定機を許さぬまま、試合をクローズ。3-0の圧勝で1stレグを終えたアトレティコが、コパ4強進出に王手をかけた。 2017.01.20 05:21 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース