インテルDF長友佑都が「ABC-MART」アンバサダーに就任「引退したらABC-MARTで働かせてください」2016.12.23 17:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。同日に株式会社エービーシー・マートの本社でアンバサダー就任会見が行われ、エービーシー・マートの野口実代表取締役社長と長友が出席した。

▽会見ではABC-MARTアンバサダーに就任した長友は「これからアンバサダーの誇りと責任を持って、しっかりとピッチで結果を残していきたいと思います」と意気込みを語った。

▽長友のアンバサダー就任の経緯について野口実社長は「弊社は2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ分野を強化していこうと考えています」と語り、「ランニングシューズやフィットネスシューズの充実に加え、スポーツアパレルの展開をしていきたいと考えている」と明かした。野口社長は長友のプレースタイルを挙げ「走って圧倒的な運動量、一対一で負けない強さ」を社内でも目指したいと考えてオファーを出したと明かした。

▽また、「熱意とチャレンジ精神を持っている長友のようにスタッフにもなってもらいたい」と野口社長は語り、これを受けた長友は「素直に嬉しいですね。そういったイメージを持っていただけることは嬉しいです。この先それ以上のインパクトを与えられるように、ピッチでしっかりと結果を残していきたいです」とコメント。自身とのイメージの一致を喜んでいた。

▽熱意とチャレンジ精神を発揮する場面については「基本的には熱意とチャレンジ精神がなければ僕らしくないですし、夢や目標もかなわないと思っています。常にその熱さとチャレンジ精神は心がけています」と語り、常日頃からその心持で行動していることを明かした。

▽ABC-MARTとの思い出については「学生時代も良く行かせていただいていましたし、今年の日本代表の合宿の時にスーツの靴を買いに行かせていただきました」とABC-MARTを利用していることを明かし、「接客してくださった方々が親切で、みんなが走って仕事をしていました。僕もサッカーを引退したらABC-MARTで働かせてください(笑)」と引退後の逆オファーを出すと、野口社長も「では、池袋店でお願いします」とオファーを快諾していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、野口社長は長友のアンバサダー就任に際し、プレゼントを用意。アンバサダーの名刺を手渡すと、「名刺はないですね。基本的には持っていません。嬉しいです」とコメント。それでも名刺には思い入れがあるようで「大学時代にサッカーでプロになれると思っていなかったので、就職活動でバリバリ営業をやりたいと夢に思っていました。その時の気持ちが蘇ってきますね」と語り、名刺を手にしたことを喜んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽さらに、もう1つプレゼントが送られ、320本のバラで作られたABC-MARTのロゴプレートを手渡した。「バラは最近贈ったばかりなので、まさか自分がもらうとは思いませんでした(笑)」と語り、交際中の平愛梨さんの誕生日にバラを贈ったエピソードを明かし、「こんなに嬉しいものなんですね」と受け取る側の気持ちをしみじみと実感していた。

▽長友はアンバサダーとしての最初の仕事として12月26日(月)に「ABC-MART スペシャルサッカークリニック」を実施。小学生10名を大将に、ミンゲームなどを行うこととなる。長友は「子どもたちに強い意志や夢をかなえるための熱さ、チャレンジすることの大切さを伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

コメント

関連ニュース

thumb

吉田麻也がEFLカップのベストイレブンに「ピッチで結果を残した」堅守が評価されての選出

26日に行われたEFLカップ決勝、マンチェスター・ユナイテッドvsサウサンプトンは、3-2でマンチェスター・Uが勝利を収めた。<br><br>サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は決勝こそカップタイトルを惜しくも逃したものの、EFLカップ公式によるベストイレブン、「チーム・オブ・ザ・トーナメント」に選ばれている。<br><br>同公式サイトによると、「吉田はサウサンプトンが3回戦でクリスタルパレスを2-0で退けた立役者に。その後、サンダーランドとアーセナル、そしてリバプールとの戦いでもセインツの最終ラインを守り、いずれもピッチで結果を残した」と評している。<br><br>決勝のマンチェスター・U戦こそフルタイムで3失点を喫してしまったが、ファイナルまでの堅守を評価されてのベストイレブン選出となったようだ。<br><br>なお、ベストイレブンと最優秀監督は以下のとおり。<br><br>■EFLカップ2016-2017|チーム・オブ・トーナメント<br />GK:マルコ・シルベストリ(リーズ)<br />DF:トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)<br />DF:ハリー・マグワイア(ハル)<br />DF:吉田麻也(サウサンプトン)<br />DF:マティ・ピアソン(アクリントン・スタンリー)<br />MF:ソフィアン・ブファル(サウサンプトン)<br />MF:アンデル・エレーラ(マンチェスター・U)<br />MF:モハメド・ディアメ(ニューカッスル)<br />MF:アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)<br />FW:タミー・アブラハム(ブリストル・シティ)<br />FW:ダニエル・スタリッジ(リバプール)<br><br>■最優秀監督<br />クロード・ピュエル(サウサンプトン)<br><br>提供:goal.com 2017.02.27 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン相手に8失点、HSV酒井高徳はショックを隠しきれず「こんなことが起きるとは…」

ハンブルガーSV(HSV)の主将を務めるDF酒井高徳は、バイエルン戦の翌日に失意に終わったゲームについて口を開いた。ドイツ『キッカー』が伝えた。<br><br>HSVは25日、ブンデスリーガ第22節でバイエルンと対戦。試合は前半を0-3で折り返すと、後半さらに5点を追加され、0-8と大敗した。HSVはアウェイのバイエルン戦はここ7年間、0-6、0-5、2-9、1-3、0-8、0-5、そして0-8で敗れている。新たな大敗の翌日に酒井高徳はこう語った。<br><br>「こんなことが起きるとは思いませんでした。僕たちはどれほどの失敗を犯したのか、自覚はあります。こういうことは起きてはいけません。ただ実際に起きてしまいました」<br><br>HSVはこれからの3試合はホームで戦うことになる。ボルシアMGとはDFBポカールとリーグでそれぞれ対戦し、ヘルタ・ベルリンもホームに迎える。そのなかで酒井はチームが別の姿を見せるべきだと求めた。<br><br>「まったく別のメンタリティが必要となります。僕たちはこれらの試合に、自信を持つことを試みて臨まなければいけません」<br><br>バイエルン戦ではミスで失点に絡み、一部メディアではチーム最低点の評価も下された酒井。これからキャプテンとしてチームをけん引する活躍が求められるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.27 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘントFW久保裕也が移籍後3ゴール目《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が、26日に行われた試合でリーグ3試合ぶりのゴールを決めた。 ▽ヘントはベルギー・ジュピラーリーグ第28節でREムスクロンと激突。先発した久保は1点リードで迎えた30分、バイタルエリア左で相手2人をワンタッチで抜き去り、左足のシュートをゴール右に沈めた。 ▽結局、久保に移籍後3ゴール目も生まれたヘントが3-1で勝利。リーグ4試合ぶりの白星を手にしたヘントは3月5日に行われる次節、アウェイでワースラントと対戦する。 2017.02.27 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

DF鈴木大輔、ヒムナスティック加入後初ゴール…チームの勝利に大きく貢献《リーガエスパニョーラ2部》

▽ヒムナスティック・タラゴナに所属する元日本代表DF鈴木大輔が26日の試合で移籍後初ゴールを記録した。 ▽ヒムナスティック・タラゴナは、リーガエスパニョーラのセグンダ・ディビジョン(2部)第27節でサラゴサと激突。1-1で迎えた73分、右CKからのクロスがファーサイドへ流れると、そこにいた鈴木がダイビングヘッドでネットを揺らした。 ▽結局、鈴木の移籍後初ゴールが決勝点となり、ヒムナスティック・タラゴナが2-1で勝利順位も21位から2部残留圏内の18位まで浮上した。3月5日に行われる次節は、ホームでコルドバを迎え撃つ。 2017.02.27 11:37 Mon
twitterfacebook
thumb

敵地開催でのフランス・ダービーでPSGが5発快勝! 酒井宏フル出場のマルセイユはダービー14戦未勝利…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第27節のマルセイユvsパリ・サンジェルマン(PSG)が26日に行われ、PSGが1-5で勝利した。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹はフル出場を果たしている。 ▽リーグ戦8試合負けなしで3位につけるPSG(勝ち点)が6位マルセイユ(勝ち点)の本拠地ベロドロームに乗り込んだフランス・ダービー。前節のレンヌ戦を2-0で完勝したマルセイユは、その試合からスタメンを2人変更。セルティクとサンソンに代えて出場停止でレンヌ戦を欠場した酒井とファンニをスタメンに起用した。 ▽一方、前節のトゥールーズ戦をゴールレスドローで終えたPSGは、その試合から6人と大幅に先発を変更。ドラクスラーやモッタ、マクスウェル、キンペンベらに代えてチアゴ・シウバやマテュイディ、パストーレ、ヴェラッティらを起用した。 ▽3トップに右からルーカス・モウラ、カバーニ、パストーレと配す[4-3-3]で臨んだPSGが開始早々に試合を動かす。バイタルエリア中央手前でFKを獲得すると、ヴェラッティのFKをゴール左のチアゴ・シウバが頭で折り返し、最後は中央に走りこんだマルキーニョスがヘディングシュートをゴールネットに突き刺した。 ▽この先制点で勢い付くPSGは16分、ヴェラッティのパスをボックス手前で受けたパストーレがワンタッチで前線に捌くと、相手DFの裏に抜け出したカバーニが飛び出したGKプレの頭上を抜くチップシュートを沈め、追加点を奪った。 ▽攻撃の手を緩めないPSGは23分、相手陣内でボールを奪ったルーカス・モウラがボックス右から持ち込みシュート。GKプレの弾いたこぼれ球をカバーニがジャンピングボレーで合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。さらに36分には、右CKの流れからチアゴ・シウバがゴールネットを揺らしたが、直前にボールに触れていたカバーニのオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。 ▽PSGの2点リードで迎えた後半、マルセイユはエブラに代えてベディモを投入した。しかし、先にチャンスを迎えたのはPSGだった。50分、相手ボックス手前でボールを奪ったパストーレがラボーナで左へ送ると、マテュイディの折り返しをゴール前に走りこんだルーカス・モウラが右足アウトサイドでゴール右隅に流し込んだ。 ▽後半も試合の主導権を握るPSGは、61分にも右サイドを突破したオーリエの折り返しを途中出場のドラクスラーがゴールネットに流し込み、決定的な4点目を奪う。その後、70分にファンニのゴールで1点を返されたPSGだが、73分にはマテュイディが5点目を奪うなど、終始マルセイユを圧倒して試合終了。敵地でのフランス・ダービーを攻撃陣の爆発で快勝したPSGが首位モナコを追走している。 2017.02.27 06:59 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース