インテルDF長友佑都が「ABC-MART」アンバサダーに就任「引退したらABC-MARTで働かせてください」2016.12.23 17:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。同日に株式会社エービーシー・マートの本社でアンバサダー就任会見が行われ、エービーシー・マートの野口実代表取締役社長と長友が出席した。

▽会見ではABC-MARTアンバサダーに就任した長友は「これからアンバサダーの誇りと責任を持って、しっかりとピッチで結果を残していきたいと思います」と意気込みを語った。

▽長友のアンバサダー就任の経緯について野口実社長は「弊社は2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ分野を強化していこうと考えています」と語り、「ランニングシューズやフィットネスシューズの充実に加え、スポーツアパレルの展開をしていきたいと考えている」と明かした。野口社長は長友のプレースタイルを挙げ「走って圧倒的な運動量、一対一で負けない強さ」を社内でも目指したいと考えてオファーを出したと明かした。

▽また、「熱意とチャレンジ精神を持っている長友のようにスタッフにもなってもらいたい」と野口社長は語り、これを受けた長友は「素直に嬉しいですね。そういったイメージを持っていただけることは嬉しいです。この先それ以上のインパクトを与えられるように、ピッチでしっかりと結果を残していきたいです」とコメント。自身とのイメージの一致を喜んでいた。

▽熱意とチャレンジ精神を発揮する場面については「基本的には熱意とチャレンジ精神がなければ僕らしくないですし、夢や目標もかなわないと思っています。常にその熱さとチャレンジ精神は心がけています」と語り、常日頃からその心持で行動していることを明かした。

▽ABC-MARTとの思い出については「学生時代も良く行かせていただいていましたし、今年の日本代表の合宿の時にスーツの靴を買いに行かせていただきました」とABC-MARTを利用していることを明かし、「接客してくださった方々が親切で、みんなが走って仕事をしていました。僕もサッカーを引退したらABC-MARTで働かせてください(笑)」と引退後の逆オファーを出すと、野口社長も「では、池袋店でお願いします」とオファーを快諾していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、野口社長は長友のアンバサダー就任に際し、プレゼントを用意。アンバサダーの名刺を手渡すと、「名刺はないですね。基本的には持っていません。嬉しいです」とコメント。それでも名刺には思い入れがあるようで「大学時代にサッカーでプロになれると思っていなかったので、就職活動でバリバリ営業をやりたいと夢に思っていました。その時の気持ちが蘇ってきますね」と語り、名刺を手にしたことを喜んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽さらに、もう1つプレゼントが送られ、320本のバラで作られたABC-MARTのロゴプレートを手渡した。「バラは最近贈ったばかりなので、まさか自分がもらうとは思いませんでした(笑)」と語り、交際中の平愛梨さんの誕生日にバラを贈ったエピソードを明かし、「こんなに嬉しいものなんですね」と受け取る側の気持ちをしみじみと実感していた。

▽長友はアンバサダーとしての最初の仕事として12月26日(月)に「ABC-MART スペシャルサッカークリニック」を実施。小学生10名を大将に、ミンゲームなどを行うこととなる。長友は「子どもたちに強い意志や夢をかなえるための熱さ、チャレンジすることの大切さを伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

コメント

関連ニュース

thumb

テネリフェが柴崎岳のメディア対応に関して今後も行わない方針を発表…チームへの適応を優先

▽テネリフェは21日、MF柴崎岳について今後もメディア対応を行わない方針であることを明かした。クラブ公式サイトで声明を発表した。 ▽19日に行われたレウス戦で新天地デビューを果たした柴崎。しかし、試合後のミックスゾーンに姿を現さず、メディア対応をしない状態が起きていた。 ▽テネリフェの発表によると、柴崎の代理人であるロベルト佃氏から、日本の報道陣やテネリフェのメディアとの接触しない姿勢を継続すると火曜日の朝に報告があったとのこと。そして、クラブもガイドラインにのっとり、それを許可する旨を発表した。 ▽ロベルト佃氏は今回の件についてコメント。クラブが今回の措置に対して理解を示してくれたことに感謝を示した。 「彼のデビューまでを直接かつ密接に近くで見てきた者として、この問題におけるクラブの決定を理解し、共有し、そして感謝している。テネリフェの情報方針を尊重し、岳が完全にチームに適応するための決断だと解釈しています」 ▽また、日本メディアだけでなく、テネリフェの地元メディアに対しても取材規制をかけることとなったことについて、鹿島アントラーズから加入後の歓迎や対応への感謝を示している。 「岳が島に着いてから、現地やクラブからの関心や配慮、そして素晴らしい待遇に感謝している。これは、チームの一員としての順応を容易にしてくれた。そしてもちろん、我々はテネリフェの選手としてのデビューを温かく迎えてくれたファンにも彼に代わって感謝する」 2017.03.22 10:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘルタ指揮官が原口元気を批判…気負う理由を「過剰なモチベーション」と分析

ヘルタ・ベルリンのパル・ダルダイ監督はケルン戦の敗戦後、原口元気のパフォーマンスの低さを指摘し、名前を挙げて改善を求めている。ドイツ紙『BZ』が報じた。<br><br>ヘルタは18日、ブンデスリーガ第25節でケルンと対戦。原口は先発出場したが、ケルンFW大迫勇也の先制点などもあり、2-4で敗れている。試合後、自身のミスの多さが失点に繋がったと反省した原口であったが、ダルダイ監督も指摘した。<br><br>「ゲンキはほとんど何もできていなかった。一方で3つの失点に絡んでしまっていたんだ。ミスが多くなっていけば、ドミノのようにどんどんミスが増えていってしまう」<br><br>また、指揮官は原口が気負っている理由は「過剰なモチベーション」にあると分析。その理由もすでに明らかになっているという。<br><br>「(ライバルである)ミッチェル・ヴァイザーの復帰だろうね。それにより、彼は全員に力を証明してやろうと躍起になっている」<br><br>24試合に出場しながら、1ゴールにとどまる原口。一部ではゴールに絡む能力の低さこそ契約延長が進んでいない理由の一つとも考えられている。原口はこういった点を改善していけるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田麻也がトッテナム戦を振り返る…デレ・アリのPKは「疑わしい」

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、トッテナム戦を振り返ってコメントした。イギリス『デイリー・エコー』が報じた。 ▽19日に行われたプレミアリーグ第29節のトッテナム戦に先発フル出場を果たした吉田。チームは前半にエリクセン、デレ・アリのPKでリードを許すと、ワード=プラウズが1点を返すも2-1で敗れていた。 ▽吉田は試合を振り返り、前半は良くなかったものの、後半は良いパフォーマンスが見せられたとコメントした。 「僕たちは後半は盛り返せたと思います。前半は彼らの方がより良いプレーをしていました。僕たちは後半の様なプレーを試合が始まった時からするべきだと思います」 「僕たちはまだ多くの失点をしており、それは止めなくてはいけません。彼らは良いチームだけど、後半は僕たちの方が良いプレーをしていました」 「個人的にはもっと良い結果でも良かったと思いますが、2-1が現実です」 ▽また、決勝ゴールとなったデレ・アリのPKについてもコメント。PKではなかったのではないかと見解を示した。 「1点目はエリクセンの個人技でした。そして2点目は…僕はPKかどうか疑わしいと思っています」 「今、インターナショナルブレイクに入っており、4月には多くの試合が待っています。それに向けて準備をする必要があります。誰もケガせず、フレッシュな状態になるでしょう」 2017.03.21 15:27 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫の同僚GKホルン「モデストはレヴァンドフスキやオーバメヤンより上」得点源を絶賛

ケルンに所属するGKティモ・ホルンが、ヘルタ・ベルリン戦終了後に、ハットトリックを決めた同僚FWアンソニー・モデストについて賛辞を贈っている。<br><br>ホルンは「モデストが今やっていることはライバルよりも賞賛されるべき内容だと思う」と発言。<br><br>「(ロベルト・)レヴァンドフスキや(ピエール・エメリク=)オーバメヤンは90分の試合中に、6度も7度もゴールチャンスがやってくる。バイエルンやドルトムントに比べて、ケルンではそうはいかない。チームが一丸になってハードワークを続け、それでやっとゴールチャンスがやってくるんだ」<br><br>「そんな中でモデストは22ゴールを決めている。僕が思うに、ブンデスリーガで最高のゴールハンターはモデストだと思っているよ」と続け、今シーズンリーグ戦でここまで25試合22ゴールとハイアベレージを残しているモデストの得点力を称賛した。<br><br>モデストはヘルタ・ベルリン戦でハットトリックの活躍を見せ、得点数を22に伸ばした。得点ランキングトップのオーバメヤンの23ゴールに1ゴール差となっている。<br><br>ケルンの大迫勇也もヘルタ・ベルリン戦では1ゴール1アシストを残しており、前線でコンビを組むモデストとの相性も抜群。この勝利でケルンはリーグ6位に浮上した。モデストと大迫の今後の活躍が、ケルンの今シーズンの順位を大きく左右するポイントとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.03.20 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

テネリフェ監督、柴崎のデビューに「彼はこれから我々のフットボールを知り始める」

19日のリーガエスパニョーラ2部第30節レウス戦(1-0)でテネリフェの公式戦デビューを果たしたMF柴崎岳だが、同チームを率いるホセ・ルイス・マルティ監督は、デビューさせるには理想的な状況ではなかったとの感想を述べている。スペイン『エル・ドルサル』が伝えた。<br><br>マルティ監督はこのレウス戦で、すでにビハインドを負っていた74分にMFアイトール・サンスとの交代で柴崎をデビューさせた。だが「我々はもっと良い状況でデビューさせることを望んでいた」と、同点に追いつくことを迫られている場面での投入が、本意ではなかったことを告白している。<br><br>マルティ監督は一方で「彼はチームメートに素晴らしいパスを配っていた」と、柴崎がゲームをつくる役割をしっかり担っていたことも強調。さらに「彼はこれから我々のフットボールを知り始めるんだ」と、柴崎のスペインでの挑戦が始まったばかりであることを説いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.20 09:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース