インテルDF長友佑都が「ABC-MART」アンバサダーに就任「引退したらABC-MARTで働かせてください」2016.12.23 17:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。同日に株式会社エービーシー・マートの本社でアンバサダー就任会見が行われ、エービーシー・マートの野口実代表取締役社長と長友が出席した。

▽会見ではABC-MARTアンバサダーに就任した長友は「これからアンバサダーの誇りと責任を持って、しっかりとピッチで結果を残していきたいと思います」と意気込みを語った。

▽長友のアンバサダー就任の経緯について野口実社長は「弊社は2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ分野を強化していこうと考えています」と語り、「ランニングシューズやフィットネスシューズの充実に加え、スポーツアパレルの展開をしていきたいと考えている」と明かした。野口社長は長友のプレースタイルを挙げ「走って圧倒的な運動量、一対一で負けない強さ」を社内でも目指したいと考えてオファーを出したと明かした。

▽また、「熱意とチャレンジ精神を持っている長友のようにスタッフにもなってもらいたい」と野口社長は語り、これを受けた長友は「素直に嬉しいですね。そういったイメージを持っていただけることは嬉しいです。この先それ以上のインパクトを与えられるように、ピッチでしっかりと結果を残していきたいです」とコメント。自身とのイメージの一致を喜んでいた。

▽熱意とチャレンジ精神を発揮する場面については「基本的には熱意とチャレンジ精神がなければ僕らしくないですし、夢や目標もかなわないと思っています。常にその熱さとチャレンジ精神は心がけています」と語り、常日頃からその心持で行動していることを明かした。

▽ABC-MARTとの思い出については「学生時代も良く行かせていただいていましたし、今年の日本代表の合宿の時にスーツの靴を買いに行かせていただきました」とABC-MARTを利用していることを明かし、「接客してくださった方々が親切で、みんなが走って仕事をしていました。僕もサッカーを引退したらABC-MARTで働かせてください(笑)」と引退後の逆オファーを出すと、野口社長も「では、池袋店でお願いします」とオファーを快諾していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、野口社長は長友のアンバサダー就任に際し、プレゼントを用意。アンバサダーの名刺を手渡すと、「名刺はないですね。基本的には持っていません。嬉しいです」とコメント。それでも名刺には思い入れがあるようで「大学時代にサッカーでプロになれると思っていなかったので、就職活動でバリバリ営業をやりたいと夢に思っていました。その時の気持ちが蘇ってきますね」と語り、名刺を手にしたことを喜んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽さらに、もう1つプレゼントが送られ、320本のバラで作られたABC-MARTのロゴプレートを手渡した。「バラは最近贈ったばかりなので、まさか自分がもらうとは思いませんでした(笑)」と語り、交際中の平愛梨さんの誕生日にバラを贈ったエピソードを明かし、「こんなに嬉しいものなんですね」と受け取る側の気持ちをしみじみと実感していた。

▽長友はアンバサダーとしての最初の仕事として12月26日(月)に「ABC-MART スペシャルサッカークリニック」を実施。小学生10名を大将に、ミンゲームなどを行うこととなる。長友は「子どもたちに強い意志や夢をかなえるための熱さ、チャレンジすることの大切さを伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部誠、ポカール準決勝でのプレーがチーム2位の評価「フランクフルトの守備のボス」

フランクフルトは18日、DFBポカール準決勝でシャルケとのアウェーマッチを1-0で制し、2大会連続の決勝進出を決めた。ドイツメディアは、この試合でもフル出場を果たした日本代表MF長谷部誠のパフォーマンスを称賛した。<br><br>先週ニコ・コバチ監督がシーズン終了後にバイエルンの次期監督に就任することが明らかになったフランクフルトは、リーグ戦ではここ3試合勝利なし。先日宿敵ドルトムントとのダービーに勝利し、リーグ2位につけるシャルケとの一戦に臨むことに。<br><br>スコアレスで推移した試合は後半75分、FWルカ・ヨビッチがCKからのボールをヒールで見事に流し込み、フランクフルトが先制。その後、MFジェルソン・フェルナンデスの一発退場により10人で戦うことになったフランクフルトだが、アディショナルタイムにはシャルケFWフランコ・ディ・サントによるゴールが直前のハンドとの判定で認められなかったことにも助けられ、リードを守り切った。<br><br>そんな中、3バックの中央でリベロとしてプレーした長谷部は高い評価を得ている。ドイツ紙『ビルト』では、そのパフォーマンスをGKルーカス・フラデツキに次ぐ「2」と、得点者ヨビッチと並ぶチーム2位タイの評価となった。「守備のボス。一対一の競り合いでは極めて冷静で、後方からたくさんの優れたパスを出した。ものすごく力強いパフォーマンス」と寸評されている。<br><br>サッカー誌『キッカー』は長谷部のプレーに「3」と及第点をつけ、ここではチーム平均点(「3.25」)を上回った。また地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』では採点はないが、マッチレポートではこの試合での長谷部について、「長い間、傑出していた男」と形容し、その存在感を称賛された。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

森岡亮太、決定機決めきれず…アンデルレヒト、GKオチョアの牙城崩せず逆転優勝へ手痛い黒星《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》

▽日本代表MF森岡亮太が所属するアンデルレヒトは18日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第4節でスタンダール・リエージュと対戦し、1-2で逆転負けを喫している。森岡は77分までプレーした。 ▽前節首位のクラブ・ブルージュを撃破したアンデルレヒト。試合は8分、アンデルレヒトにいきなりチャンスが訪れる。森岡が最終ラインからのスルーパスに抜け出して、ボックス左に侵攻。GKと一対一を迎えるが、決めきることができない。 ▽アンデルレヒトが先制点のチャンスを逃した直後、スタンダール・リエージュに先制点を与えてしまう。10分、エジミウソン・ジュニアにボックス左への突破を許し、グラウンダーのクロスをゴール前に入れられると、GKセルスが左足を出して対応を試みたが、クリアミス。ゴール前右へと流れてしまったボールを見逃さなかったレナード・エモンに押し込まれて、先制を許す。 ▽早い時間に追う立場となったアンデルレヒトは23分、左サイドのクロスにニアサイドへ走り込んだ森岡が左足で合わせるも、これは枠を捉えられず。39分には森岡の粘りのプレーから立て続けにシュートチャンスを作るが、GKオチョアの好守に阻まれてしまう。 ▽それでもアンデルレヒトは40分、左CKからのこぼれ球がボックス手前に転がり、待ち構えていたアドリエン・トレベルが左足ボレー。強烈なシュートはボックス内の相手DFに当たってコースが変わり、ゴール左へと吸い込まれてアンデルレヒトが同点に追いつく。 ▽迎えた後半、逆転ゴールを目指すアンデルレヒトだったが、60分にスタンダール・リエージュに勝ち越し点を許してしまう。ボックス右手前のカルセラ=ゴンサレスにパスが渡ると、カットインでペナルティアーク付近に侵攻され、グラウンダーのシュートをゴール左隅へと突き刺された。 ▽77分に森岡を下げたアンデルレヒトはその後も攻勢を強めるも、GKオチョアの牙城を崩すことができず1-2で試合終了。逆転優勝へ手痛い黒星を喫した。 スタンダール・リエージュ 2-1 アンデルレヒト 【スタンダール・リエージュ】 レナード・エモン(前10) カルセラ=ゴンサレス(後15) 【アンデルレヒト】 アドリエン・トレベル(前40) 2018.04.19 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトが劣勢ながらも2年連続決勝進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝、シャルケvsフランクフルトが18日に行われ、0-1でフランクフルトが勝利し、2年連続決勝進出を決めた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽準々決勝でヴォルフスブルクに勝利したシャルケと、マインツに勝利したフランクフルトの決勝進出を懸けた一戦。 ▽3日前に行われたドルトムントとのレヴィア・ダービーを2-0と快勝したシャルケは、ドルトムント戦のスタメンからコノプリャンカに代えてピアツァのみを変更した。 ▽一方、レバークーゼン戦を1-4と惨敗したフランクフルトは、長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽試合は長谷部とマスカレルを軸にボールを動かすフランクフルトが後方でポゼッションする慎重な入りとなった。 ▽自陣に引いてカウンターを狙うシャルケは13分、FKからケフラーがヘディングシュートで狙うも、叩きつけ過ぎて枠の上に外れる。 ▽引き続きリスクを嫌う慎重な試合展開が続く中32分、再びシャルケに決定機。カリジウリのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かったが、わずかに枠の左に外れた。さらに直後の左CKからブルクシュタラーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。 ▽チャンスを作れないフランクフルトは42分、負傷したK・ボアテングに代えてガシノビッチを投入し、後半へ折り返した。 ▽互いに攻め手を欠く中、52分にまずはシャルケが動く。存在感のなかったピアツァに代えてコノプリャンカを投入した。 ▽すると67分、シャルケに決定機。カリジウリのドリブル突破からボックス内のブルクシュタラーがシュート。しかし、GKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。直後にもコノプリャンカがGKを強襲するシュートを浴びせたシャルケだったが、先制したのはフランクフルト。 ▽75分、左CKからニアサイドのヨビッチが巧みなヒールシュートでゴール右に流し込んだ。逃げ切りたいフランクフルトだったが80分、3分前に投入されていたジェルソン・フェルナンデスがゴレツカの足首にスパイクしてVARの末に一発退場となった。 ▽数的優位となったシャルケが終盤にかけて押し込み続ける中、追加タイム3分にCKの流れからディ・サントがネットを揺らすも、オフェンスファウルを取られてフランクフルトが逃げ切り。2年連続決勝に進出し、バイエルンとタイトルを懸けて戦うこととなった。 2018.04.19 06:14 Thu
twitterfacebook
thumb

レミの移籍後初ゴールを含む2発でヘタフェがバレンシアを撃破!柴崎はベンチ入りも出場せず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第33節のバレンシアvsヘタフェが18日に行われ、1-2でヘタフェが勝利した。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、ベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽4日前に行われたバルセロナ戦で惜敗した4位バレンシア(勝ち点65)が、10位ヘタフェ(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。中3日の一戦に向けバレンシアは、前節から先発を大幅に7人変更。GKジャウメやザザ、ビエット、モントーヤらが先発に名を連ねた。 ▽試合が動いたのは16分、ヘタフェは中盤でボールを奪ったダミアン・スアレスが前線に素早くスルーパスを供給。このパスで相手DFの裏に抜け出したレミがペナルティアーク右まで持ち上がり冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制を許したバレンシアの反撃は26分、パレホの右CKからボックス中央のマクシモビッチがヘディングシュートで狙ったが、枠の上。40分にも、バイタルエリア右で獲得したFKからパレホがクロスを上げるも、ザザのヘディングシュートは枠の左に外れた。 ▽迎えた後半も先にスコアを動かしたのはヘタフェ。49分、右サイドでボールを受けたモリーナがポルティージョとのワンツーで切り込むと、ダイアゴナルなドリブルでボックス右まで侵攻。マイナスの折り返しを最後はペナルティアーク内のレミがゴール右隅に流し込み、追加点を奪った。 ▽リードを広げられたバレンシアは、61分にビエット、アンドレアス・ペレイラ、マクシモビッチに代えてロドリゴ・モレノ、フェラン・トーレス、ソレールを投入する3枚替えを敢行。すると70分、ペナルティアーク右横でボールを受けたロドリゴ・モレノが反転から左足を振り抜くと、このシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽ロドリゴ・モレノのゴールで反撃の狼煙を上げたバレンシアは、その後も果敢にヘタフェゴールに襲い掛かる。試合も終盤に差し掛かり、焦りから苛立ちを見せるバレンシアは、86分にパレホがモリーナへの報復行為で2枚目のイエローカードで退場。自ら不利な状況に陥ってしまう。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。レミの移籍後初ゴールを含む2ゴールでヘタフェがリーグ戦連勝。一方のバレンシアは、バルセロナ戦に続き連敗を喫した。 2018.04.19 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑へ止まぬ称賛の声…パチューカ指揮官も絶賛「子どもたちのお手本」

パチューカFW本田圭佑への称賛が止まらない。クラブ指揮官や各国メディアから賛辞の声が届いている。<br><br>ミランとの契約満了に伴い、今季からリーガMXに活躍の舞台を移した本田。序盤戦は負傷に苦しむ時期などもあったが、徐々に進化を発揮。特に2018年に入ってからは、後期リーグで7ゴールを挙げるなど、絶好調を維持している。<br><br>そんな本田に、ディエゴ・アロンソ監督も満足しているようだ。メキシコ『am』は、日本代表FWが1ゴール1アシストの活躍を見せたサントス・ラグーナ戦後の指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「(本田を)愛しているよ。国際的な選手である彼の最大限の努力は、子どもたちのお手本になっている」<br><br>また『blasting news』も、本田を「パチューカの心臓」と讃えている。<br><br>「ケイスケ・ホンダは、未だチームの心臓であり肺である。この7ゴール7アシストを記録する日本代表は、今季のベストプレーヤーの1人である」<br><br>そして、31歳のFWが昨季までプレーしていたイタリアのメディアも、本田の活躍を伝えた。『TUTTO mercato WEB』は、本田の写真とともに「ケイスケ・ホンダがネットを揺らし、パチューカはプレーオフ進出のために重要な勝利を挙げた」と報じている。<br><br>後期リーグも残り2試合となったところで、プレーオフ進出圏内の8位につけるパチューカ。クラブを引っ張る本田は、チームをプレーオフに導くことは出来るだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.18 12:40 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース