インテルDF長友佑都が「ABC-MART」アンバサダーに就任「引退したらABC-MARTで働かせてください」2016.12.23 17:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。同日に株式会社エービーシー・マートの本社でアンバサダー就任会見が行われ、エービーシー・マートの野口実代表取締役社長と長友が出席した。

▽会見ではABC-MARTアンバサダーに就任した長友は「これからアンバサダーの誇りと責任を持って、しっかりとピッチで結果を残していきたいと思います」と意気込みを語った。

▽長友のアンバサダー就任の経緯について野口実社長は「弊社は2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ分野を強化していこうと考えています」と語り、「ランニングシューズやフィットネスシューズの充実に加え、スポーツアパレルの展開をしていきたいと考えている」と明かした。野口社長は長友のプレースタイルを挙げ「走って圧倒的な運動量、一対一で負けない強さ」を社内でも目指したいと考えてオファーを出したと明かした。

▽また、「熱意とチャレンジ精神を持っている長友のようにスタッフにもなってもらいたい」と野口社長は語り、これを受けた長友は「素直に嬉しいですね。そういったイメージを持っていただけることは嬉しいです。この先それ以上のインパクトを与えられるように、ピッチでしっかりと結果を残していきたいです」とコメント。自身とのイメージの一致を喜んでいた。

▽熱意とチャレンジ精神を発揮する場面については「基本的には熱意とチャレンジ精神がなければ僕らしくないですし、夢や目標もかなわないと思っています。常にその熱さとチャレンジ精神は心がけています」と語り、常日頃からその心持で行動していることを明かした。

▽ABC-MARTとの思い出については「学生時代も良く行かせていただいていましたし、今年の日本代表の合宿の時にスーツの靴を買いに行かせていただきました」とABC-MARTを利用していることを明かし、「接客してくださった方々が親切で、みんなが走って仕事をしていました。僕もサッカーを引退したらABC-MARTで働かせてください(笑)」と引退後の逆オファーを出すと、野口社長も「では、池袋店でお願いします」とオファーを快諾していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、野口社長は長友のアンバサダー就任に際し、プレゼントを用意。アンバサダーの名刺を手渡すと、「名刺はないですね。基本的には持っていません。嬉しいです」とコメント。それでも名刺には思い入れがあるようで「大学時代にサッカーでプロになれると思っていなかったので、就職活動でバリバリ営業をやりたいと夢に思っていました。その時の気持ちが蘇ってきますね」と語り、名刺を手にしたことを喜んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽さらに、もう1つプレゼントが送られ、320本のバラで作られたABC-MARTのロゴプレートを手渡した。「バラは最近贈ったばかりなので、まさか自分がもらうとは思いませんでした(笑)」と語り、交際中の平愛梨さんの誕生日にバラを贈ったエピソードを明かし、「こんなに嬉しいものなんですね」と受け取る側の気持ちをしみじみと実感していた。

▽長友はアンバサダーとしての最初の仕事として12月26日(月)に「ABC-MART スペシャルサッカークリニック」を実施。小学生10名を大将に、ミンゲームなどを行うこととなる。長友は「子どもたちに強い意志や夢をかなえるための熱さ、チャレンジすることの大切さを伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

コメント

関連ニュース

thumb

EL予選2回戦が終了… ミラン、酒井&久保が登場の3回戦組み合わせが確定!!《EL予備予選》

▽20日にヨーロッパリーグ(EL)予備予選2回戦が終了し、予備予選3回戦の対戦カードが決定した。 ▽日本人所属クラブでは、予備予選2回戦でジラ(アゼルバイジャン)を2戦合計3-1で下したMF瀬戸貴幸擁するアストラは、オレクサンドリーヤ(ウクライナ)と対戦する。予備予選3回戦から登場するFW久保裕也の所属するヘントは2回戦を勝ち上がったアルタッハ(オーストリア)と、DF酒井宏樹が在籍するマルセイユは、オーステンデ(ベルギー)と対峙する。 ▽その他、3回戦から登場する注目チームでは、今夏積極補強が目立つミランがクラヨーヴァ(ルーマニア)との対戦。また、同じく積極補強が目立つエバートンは、予選2回戦を勝ち上がったルジョムベロク(スロバキア)と対戦する。 ▽EL予備予選3回戦は今月27日に1stレグ、8月3日に2ndレグが行われる予定だ。EL予備予選3回戦の対戦カードは以下の通り。 ◆EL予備予選3回戦組合せ PSV(オランダ) vs オシエク(クロアチア) トラカイ(リトアニア) vs シュケンディヤ(マケドニア) FCクラスノダール(ロシア) vs リュンビュー(デンマーク) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) vs フェネルバフチェ(トルコ) パナシナイコス(ギリシャ) vs カバラ(アゼルバイジャン) ボレスラフ(チェコ) vs スカンデルベウ(アルバニア) オーストリア・ウィーン(オーストリア) vs AELリマソル(キプロス) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs オッド(ノルウェー) ディナモ・ブカレスト(ルーマニア) vs ビルバオ(スペイン) オリンピク・ドネツク(ウクライナ) vs PAOK(ギリシャ) アルカ・グディニャ(ポーランド) vs ミッティラン(デンマーク) エステルスンド(スウェーデン) vs フォラ・エシュ(ルクセンブルク) ボルドー(フランス) vs ビデオトン(ハンガリー) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) vs パニオニオス(ギリシャ) ユトレヒト(オランダ) vs レフ・ポズナン(ポーランド) クラヨーヴァ(ルーマニア) vs ミラン(イタリア) ヴァーサン・パロセウラ(フィンランド) vs ハイドュク・スプリト(クロアチア) ヘント(ベルギー) vs アルタッハ(オーストリア) アストラ(ルーマニア) vs オレクサンドリーヤ(ウクライナ) エバートン(イングランド) vs ルジョムベロク(スロバキア) アバディーン(スコットランド) vs アポロン・リマソル(キプロス) レッドスター(セルビア) vs スパルタ・プラハ(チェコ) ボテフ(ブルガリア) vs マリティモ(ポルトガル) ゼニト(ロシア) vs ブネイ・イェフダ(イスラエル) マルセイユ(フランス) vs オーステンデ(ベルギー) フライブルク(ドイツ) vs ドムジャレ(スロベニア) AEKラルナカ(キプロス) vs ディナモ・ミンスク(ベラルーシ) AIK(スウェーデン) vs ブラガ(ポルトガル) リエパーヤ(ラトビア) vs シオン(スイス) 2017.07.21 06:08 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫勇也が高校サッカー部に再入部!? 「実況パワフルサッカー」で初のPV出演!

▽株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、配信中の新作モバイルゲーム『実況パワフルサッカー(以下、パワサカ)』で、ケルンの日本代表FW大迫勇也を起用した新PVを発表した。初めての演技とは思えないほど、リアリティあふれる大迫の表情に注目だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/konami20170720_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽19日に公開された新PVでは、高校 時代から日本全国のサッカーファンを釘付けにしてきた大迫勇也が高校のサッカー部を舞台に選手育成が楽しめる『パワサカ』の魅力を伝えてくれる。PVでは、大迫が高校生に扮し、部活だけでなく、クラスメイトとの絆や淡い恋愛など、『パワサカ』のアプリ内でも楽しめる、様々な高校生活が描かれている。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><iframe style="display: block; margin: 0px auto;width: 100% !important;height:315px;" src="https://www.youtube.com/embed/ZK3FJh-3Q9c" frameborder="0" allowfullscreen></iframe></div> [大迫勇也が『パワサカ』で楽しめる彩 り鮮やかな高校生活を、コミカルな演技で表現] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/konami20170720_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、『パワサカ』では現在人気コミック「シュート!」(原作:大島司/講談社「週刊少年マガジン」)とのコラボレー ションを実施中。19日より新たに「遠藤一美」「神谷 篤司」「大塚 繁樹」「赤堀 強」の4人のイベキャラが入手できる第2弾ガチャを開始している。こちらも要チェックだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>◆『パワサカ』のダウンロードはこちらから◆ <a href="https://goo.gl/vUwGpi" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/appstore.png" width="33%"></a><a href="https://goo.gl/oHvENi" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/300/image/googleplay.png" width="33%"></a></div> 2017.07.20 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京、ドイツ遠征2連敗…武藤嘉紀先発のマインツに5失点大敗《トレーニングマッチ》

▽ドイツ遠征中のFC東京は19日、マインツと対戦し、2-5と大敗した。マインツに所属するFW武藤嘉紀は、古巣との一戦に先発。64分までプレーした。 ▽試合は、ゴールレスで迎えた後半に両チーム計7ゴールが生まれる展開に。51分、ホルトマンの均衡を破ったマインツが先制する。 ▽FC東京も53分に永井の一発ですぐまさ試合を振り出しに戻すが、60分にラッツァのゴールでマインツが再びリードした。 ▽さらに、68分にブロジンスキのPKで3点目を手にしたマインツは、続く72分にコドロが4点目。FC東京を引き離した。 ▽その後、ピーター・ウタカのPKで1点を返されたマインツだったが、85分にコドロがこの試合2得点目で試合の行方を決定付けた。 ▽結局、マインツがFC東京に快勝。FC東京は、日本代表FW宇佐美貴史を擁する先のアウグスブルク戦(1-2)に続く黒星で、ドイツ遠征2連敗となった。 2017.07.20 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司が先発のレスター、WBAとのPK戦を制し決勝進出《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

▽19日、プレミアリーグ・アジアトロフィーが香港スタジアムで行われ、レスター・シティvsWBAは1-1のドロー。PK戦を7-6で制したレスターが勝利した。 ▽プレミアリーグのクラブがアジアで試合を行う今大会。レスターの日本代表FW岡崎慎司は先発出場し、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニと2トップを形成。中盤にはアルジェリア代表MFリヤド・マフレズも先発した。 ▽一方のWBAは、北アイルランド代表DFジョニー・エバンスや元イングランド代表GKベン・フォスターらが出場。サウサンプトンから加入したFWジェイ・ロドリゲスも先発した。 ▽試合は10分、サウサンプトンから今夏加入したFWジェイ・ロドリゲスがボックス手前中央から右足一閃。ゴール左隅に強烈なシュートが突き刺さり、WBAが先制する。 ▽レスターは13分、右サイドからのグラウンダーのパスをボックス内で岡崎が受けると、シュートを狙うも横パス。後方から走り込んだMFマッティ・ジェームズがミドルシュートも、枠を外してしまう。それでも24分、ドリブルで持ち込んだマフレズがボックス手前から左足を振り抜き、レスターが同点に追いつく。 ▽前半は1-1のまま終了。岡崎は前半のみで下がり、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと交代。その他、多くの選手が交代する中、両チームとも決め手を欠き得点を奪えず。ヴァーディも持ち前のスピードを活かして裏を狙っていくが、ゴールを奪えなかった。 ▽90分間を1-1で終えた両チームは、PK戦に突入。ABBA方式で行われるPK戦は、WBAが先攻となった。互いに5人目まで全員成功し、続く6人目も成功。しかし、WBAの7人目、サム・フィールドのシュートを、GKベン・ハマーがセーブ。レスターは7人目のMFマーク・オルブライトンがしっかりと沈め、決勝へと駒を進めた。 レスター・シティ 1-1(7-6) WBA 【レスター】 リヤド・マフレズ(前24) 【WBA】 ジェイ・ロドリゲス(前10) 2017.07.19 22:32 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史がFC東京戦に先発出場! 中島翔哉のFK弾も試合は後半AT弾でアウグスブルクが勝利《トレーニングマッチ》

▽アウグスブルクは18日、FC東京とフレンドリーマッチを行い2-1で勝利した。日本代表FW宇佐美貴史は先発出場したものの、ノーゴールで終わった。 ▽FC東京がアウグスブルクまで遠征して向かてたこの試合。GKには林彰洋が入り、DFは徳永悠平、吉本一謙、丸山祐市、太田宏介、MFは高萩洋次郎、橋本拳人がボランチに入り、右に河野広貴、左に東慶悟を配置。永井謙佑とピーター・ウタカが2トップを組む形となった。 ▽試合は10分、右サイドからのクロスをボックス中央に飛び込んだ宇佐美がヘッド。しかし、これは枠の左に外れていく。FC東京は12分、スルーパスに反応した永井がスピードを発揮するも、GKが飛び出しシュートは打てない。 ▽26分には相手の横パスをカットしたウタカがドリブル突破。しかし、相手DFに上手く対応され、決定機には持ち込めない。その後も背後を狙い続けたFC東京だったが、シュートを打てないまま前半終了。アウグスブルクは何度も決定機を作るが、GK林にセーブされゴールレスのまま前半を終えた。 ▽後半メンバー入れ替えた両チーム。宇佐美は前半のみでピッチを退いた。すると迎えた51分、アウグスブルクはFC東京のミスからボールを奪うと、最後はFWミハエル・グレゴリッチュが流し込み先制する。先制を許したFC東京は63分、ボックス手前中央のやや離れた位置でFKを獲得すると、後半から出場したMF中島翔哉がFKを直接叩き込み、同点に追いつく。 ▽その後は両者ともにスコアを動かすことができず、試合終了かと思われた後半アディショナルタイム1分。左サイドからのFKからクロスを挙げると、DFクリストフ・ヤンカーがボックス内でヘッドで合わせゴール。これが決勝点となり、2-1でアウグスブルクが勝利した。 アウグスブルク 2-1 FC東京 【アウグスブルク】 グレゴリッチュ(後6) ヤンカー(後46) 【FC東京】 中島翔哉(後18) 2017.07.19 13:08 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース