インテルDF長友佑都が「ABC-MART」アンバサダーに就任「引退したらABC-MARTで働かせてください」2016.12.23 17:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。同日に株式会社エービーシー・マートの本社でアンバサダー就任会見が行われ、エービーシー・マートの野口実代表取締役社長と長友が出席した。

▽会見ではABC-MARTアンバサダーに就任した長友は「これからアンバサダーの誇りと責任を持って、しっかりとピッチで結果を残していきたいと思います」と意気込みを語った。

▽長友のアンバサダー就任の経緯について野口実社長は「弊社は2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ分野を強化していこうと考えています」と語り、「ランニングシューズやフィットネスシューズの充実に加え、スポーツアパレルの展開をしていきたいと考えている」と明かした。野口社長は長友のプレースタイルを挙げ「走って圧倒的な運動量、一対一で負けない強さ」を社内でも目指したいと考えてオファーを出したと明かした。

▽また、「熱意とチャレンジ精神を持っている長友のようにスタッフにもなってもらいたい」と野口社長は語り、これを受けた長友は「素直に嬉しいですね。そういったイメージを持っていただけることは嬉しいです。この先それ以上のインパクトを与えられるように、ピッチでしっかりと結果を残していきたいです」とコメント。自身とのイメージの一致を喜んでいた。

▽熱意とチャレンジ精神を発揮する場面については「基本的には熱意とチャレンジ精神がなければ僕らしくないですし、夢や目標もかなわないと思っています。常にその熱さとチャレンジ精神は心がけています」と語り、常日頃からその心持で行動していることを明かした。

▽ABC-MARTとの思い出については「学生時代も良く行かせていただいていましたし、今年の日本代表の合宿の時にスーツの靴を買いに行かせていただきました」とABC-MARTを利用していることを明かし、「接客してくださった方々が親切で、みんなが走って仕事をしていました。僕もサッカーを引退したらABC-MARTで働かせてください(笑)」と引退後の逆オファーを出すと、野口社長も「では、池袋店でお願いします」とオファーを快諾していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、野口社長は長友のアンバサダー就任に際し、プレゼントを用意。アンバサダーの名刺を手渡すと、「名刺はないですね。基本的には持っていません。嬉しいです」とコメント。それでも名刺には思い入れがあるようで「大学時代にサッカーでプロになれると思っていなかったので、就職活動でバリバリ営業をやりたいと夢に思っていました。その時の気持ちが蘇ってきますね」と語り、名刺を手にしたことを喜んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽さらに、もう1つプレゼントが送られ、320本のバラで作られたABC-MARTのロゴプレートを手渡した。「バラは最近贈ったばかりなので、まさか自分がもらうとは思いませんでした(笑)」と語り、交際中の平愛梨さんの誕生日にバラを贈ったエピソードを明かし、「こんなに嬉しいものなんですね」と受け取る側の気持ちをしみじみと実感していた。

▽長友はアンバサダーとしての最初の仕事として12月26日(月)に「ABC-MART スペシャルサッカークリニック」を実施。小学生10名を大将に、ミンゲームなどを行うこととなる。長友は「子どもたちに強い意志や夢をかなえるための熱さ、チャレンジすることの大切さを伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

コメント

関連ニュース

thumb

森岡亮太、8試合連続先発…ベベレンはアンデルレヒトに逆転負け《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽元日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは23日、ジュピラー・プロ・リーグ第8節のアンデルレヒト戦に臨み、1-2で敗れた。森岡は8試合連続で先発に名を連ね、フル出場を果たした。 ▽ベベレンがホームに昨シーズン王者のアンデルレヒトを迎え撃った一戦。試合は7分、森岡のスルーパスを起点に、FWイサク・キーセ・テリンのゴールで ベベレンが先制する。チームの先制点に絡んだ森岡は、13分にゴールチャンスを迎える。だが、右足のシュートは相手GKに阻まれてしまう。 ▽すると、1点リードで後半を迎えたベベレンは、アンデルレヒトの反撃に遭い、立て続けに失点。逆転を許したベベレンはその後、反撃に出たが、アンデルレヒトに逆転負けを喫した。 ベベレン 1-2 アンデルレヒト 【ベベレン】 テリン(前7) 【アンデルレヒト】 スタンチュ(後30) スパイッチ(後36) 2017.09.24 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨、途中出場も決定機不意に シュツットガルトは2戦未勝利《ブンデスリーガ》

▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは23日、ブンデスリーガ第6節でアウクスブルクと対戦し、0-0で引き分けた。浅野は84分から出場したが、シーズン初ゴールとはならなかった。 ▽開幕5試合で2勝3敗で黒星先行のシュツットガルトがホームにアウグスブルクを迎え撃った一戦。3試合ぶりの勝利を目指したシュツットガルトだったが、前半から攻めあぐねる展開となる。 ▽ほとんどチャンスを作れぬまま試合を折り返したシュツットガルトは、63分にFWアナスタシス・ドニスに決定機。65分にも、ドニスにシュートチャンスが巡ってくるが、決めきれない。 ▽そうした状況の中、浅野は84分からピッチに登場。シャドーの位置に入ると、後半アディショナルタイムにボックス右から右足のシュートでゴールに迫ったが枠外。そのまま引き分けたシュツットガルトは2試合未勝利となった。 シュツットガルト 0-0 アウグスブルク 2017.09.24 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

小林祐希が今季初ゴール! 豪快な決勝弾でチームを4連勝に導く《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは23日、エールディビジ第6節のヴィレムⅡ戦に臨み2-1で勝利した。小林は先発フル出場し、今季初ゴールを記録した。 ▽現在3連勝中と波に乗る4位のヘーレンフェーンは、ここまで1勝4敗で17位に沈むヴィレムⅡとのアウェイ戦に臨んだ。試合は12分に先制を許してしまう。右サイドのヘールケンスのクロスに、リーフティンクにファーサイドで合わせられ失点。 ▽だが、前半終了間際の45分、好調のヘーレンフェーンが試合を振り出しに戻す。ボックス手前からのFKの場面。キッカーのスハールスが左足で直接ネットに突き刺し同点とした。 ▽前半の内に追いついたヘーレンフェーンは、この勢いのまま押し切る。59分、右サイド深くからの相手のクリアボールを拾ったスハールスから横パスを受けた小林。ボックス手前から思い切りよく左足を振り抜くと、これがゴール右に突き刺さるファインゴールで、今季初得点を決めた。 ▽試合はこのまま終了。小林の値千金の決勝弾で2得点を奪ったヘーレンフェーンがリーグ戦4連勝を飾っている。 2017.09.24 04:29 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎が対リバプール2連発で今季リーグ3点目も、逃げ切ったリバプールが公式戦5戦ぶりの勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、レスター・シティvsリバプールが23日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが3-2で勝利した。レスターのFW岡崎慎司は74分までプレーし、前半アディショナルタイムに今季3点目を決めた。 ▽強豪との対戦が続いたリーグ序盤戦を1勝3敗1分けで終えたレスターだが、直近のEFLカップでは途中出場の岡崎の1ゴール1アシストの活躍でリバプールを撃破し、復調の気配を見せる。リバプールとの連戦でリーグ4戦ぶりの勝利を目指すレスターは、EFLカップで温存した一部主力を復帰させたほか、岡崎を先発で起用した。 ▽一方、9月初めのマンチェスター・シティ戦で喫した大敗以降、公式戦4戦未勝利と苦戦が続くリバプールは、直近のEFLカップで完敗したレスター相手にリベンジを狙う。シティ戦での一発退場で引き続きマネが出場停止となったものの、負傷を抱えて欠場の疑いがあったロブレンとマティプの主力センターバック、ジャンが揃って先発入りした。 ▽対リバプールの常套手段である自陣のスペースを消すことを意識しつつ、岡崎とヴァーディの2トップをスイッチに要所で前からプレスを仕掛けるレスターは6分、岡崎のパスに抜け出したヴァーディがボックス左でシュートを放つが、これはGKミニョレのセーブに遭う。 ▽一方、コウチーニョやサラーの個人技で相手守備ブロックの攻略を図るリバプールは13分、ボックス手前でサラーからパスを受けたジャンが豪快に右足を振ると、低い弾道のシュートが左ポストを叩く。さらに、この跳ね返りにサラーが反応もシュートを枠に飛ばせない。 ▽それでも、この試合最初の決定機を作ったリバプールは、直後の15分に先制点を奪う。ボックス左付近でアルベルト・モレーノとパス交換してクロスのタイミングをうかがったコウチーニョがファーサイドに絶妙なクロスを送ると、DFチルウェルの背後を取ったサラーが頭でニアサイドに決めた。 ▽早い時間帯の先制点で勢いづくリバプールはここから攻勢を強めると、23分にはドリブルで中央突破したモレーノがエンディディに倒されて好位置でFKを獲得。これをキッカーのコウチーニョが壁の上をギリギリ越える見事な右足のシュートで直接ゴール左隅に突き刺し、今季のリーグ戦初ゴールを奪った。 ▽ホームで2点のビハインドを背負ったレスターは、すぐさま反撃を開始。相手の高速カウンターに背筋を寒くしながらも、リスクを冒して攻撃に出る。この流れの中でヴァーディやマフレズがフィニッシュの場面に顔を出すも、なかなか決定機を作れない。 ▽しかし、前半終了間際の後半アディショナルタイムにマフレズのFKからヴァーディのヘディングシュートでGKミニョレを脅かすと、前半最後のプレーで1点を返す。左CKの場面でキッカーのオルブライトンがゴール前に入れたボールを飛び出したGKミニョレが触れず、ファーサイドのマグワイアに当たってゴール方向に向かう。これにいち早く反応した岡崎が泥臭く押し込み、直近のEFLカップに続きリバプールから2試合連続ゴールを奪った。 ▽岡崎のゴールで興味が繋がった後半立ち上がりは拮抗した展開に。互いにゴール前に迫るシーンを増やしていくが、最後の場面でうまくいかない。 ▽流れを変えたいレスターは61分、やや精彩を欠いていたマフレズに代えてグレイを投入。対するリバプールは65分、こちらも疲労の色が見えていたフィルミノに代えてスタリッジをピッチに送り出す。すると、この選手交代をキッカケに試合が動く。 ▽68分、中盤で持ち上がったマグワイアがボールを奪われてリバプールがカウンターを発動。中央を持ち上がったスタリッジがGKとDFを引き付けてボックス左に走り込むヘンダーソンへ丁寧なラストパス。これをレッズのキャプテンが難なく流し込んだ。 ▽ミスからの失点で意気消沈と思われたレスターだったが、失点からわずか1分後に再びゴールを奪う。左サイドを突破したオルブライトンのクロスがファーサイドのグレイに流れると、グレイが胸トラップからすかさずシュート。これはGKミニョレに弾かれるが、こぼれ球をヴァーディが頭で流し込んだ。 ▽このゴールで息を吹き返したレスターは、直後の72分に背後へのボールに抜け出したヴァーディがボックス内でGKミニョレと交錯。このプレーに対して主審はミニョレのファウルを取り、レスターにPKが与えられる。だが、キッカーのヴァーディが豪快に振り抜いた右足のシュートはコースが甘くGKミニョレに弾き出され、同点ゴールとはならず。 ▽その後、逃げ切りを図るリバプールはジャンとコウチーニョを下げてミルナー、チェンバレンを投入。一方、絶好の同点機を逸したレスターは岡崎とオルブライトンの労働者2人を下げて、イヘアナチョとスリマニの長身アタッカーを投入する。 ▽試合終盤にかけてはボールを保持して時間を進めるリバプールに対して、レスターが得意のパワープレーで同点ゴールを目指したが、GKシュマイケルの攻撃参加も実らず、試合はこのままタイムアップ。レスターとの激しい打ち合いを制したリバプールが、EFLカップのリベンジを果たすとともに公式戦5試合ぶりの勝利を手にした。 2017.09.24 03:48 Sun
twitterfacebook
thumb

M・フィリップのドッペルパック&オーバメヤンのハットでドルトムントがボルシアMGを6発粉砕《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは23日、ブンデスリーガ第6節でボルシアMGをホームに迎え、6-1で圧勝した。ドルトムントのMF香川真司は64分から出場している。 ▽前節ハンブルガー戦では香川の今季初ゴールなどで3-0と快勝して4勝目を挙げたドルトムントは、火曜日にチャンピオンズリーグ(CL)レアル・マドリー戦を控える中、HSV戦のスタメンから5選手を変更。香川やシャヒン、ヤルモレンコらがベンチスタートとなって長期離脱していたヴァイグルが今季初先発を飾った他、負傷明けのゲッツェや古巣対決となるダフードがスタメンとなった。 ▽前節シュツットガルト戦をラファエウの2ゴールで快勝したボルシアMGに対し、ドルトムントが押し込む展開で立ち上がっていく。 ▽しかし、最初にチャンスを迎えたのはボルシアMG。10分、T・アザールが独走してボックス右に侵入。GKと一対一となるも、シュートはビュルキにセーブされた。 ▽ひやりとしたドルトムントは19分、セットプレーの流れからパパスタソプーロスのボレーシュートはGKシッペルの好守に阻まれる。続く25分にも決定機を演出。トプラクのロングフィードをボックス左のゲッツェが頭で落とし、オーバメヤンが右足でプッシュ。しかし、GKシッペルのビッグセーブに阻止された。さらに直後の右CKからオーバメヤンが左ポスト直撃のシュートを浴びせたドルトムントは、28分に押し切る。 ▽ヴァイグルのスルーパスに反応したオーバメヤンがボックス右からマイナスに折り返し、ニアのM・フィリップがボレーでゴール左に流し込んだ。 ▽さらに38分、ボックス左のトルヤンがマイナスに折り返したグラウンダークロスをM・フィリップがゴール左に流し込んで追加点を奪った。 ▽その後、GKビュルキがシュティンドルとの一対一を止めたドルトムントは、43分に決定機。右サイドからのピシュチェクの左足クロスをファーサイドのオーバメヤンがヘッド。しかし、GKシッペルにわずかに触られ、右ポストを直撃した。 ▽それでも45分、ドルトムントはパパスタソプーロスのスルーパスをボックス右で受けたM・フィリップのクロスをオーバメヤンが流し込んで3-0と突き放した。 ▽迎えた後半も攻勢に出たドルトムントは49分、右サイドからのゲッツェのFKをオーバメヤンがヘディングシュート。左ポストに当たった跳ね返りをオーバメヤンが押し込んで4-0とした。 ▽そして62分、ダフードのスルーパスに抜け出したオーバメヤンがGKとの一対一を制してハットトリックを達成。 ▽余裕のドルトムントは64分に香川を投入。その後、シュティンドルに一矢報いられるも、ボールを回しながら時間を進め、79分にはヴァイグルが豪快なドライブシュートを突き刺して6-1。圧勝でボルシアMGを下して首位をキープし、レアル・マドリー戦に弾みを付けている。 2017.09.24 03:24 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース