インテルDF長友佑都が「ABC-MART」アンバサダーに就任「引退したらABC-MARTで働かせてください」2016.12.23 17:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。同日に株式会社エービーシー・マートの本社でアンバサダー就任会見が行われ、エービーシー・マートの野口実代表取締役社長と長友が出席した。

▽会見ではABC-MARTアンバサダーに就任した長友は「これからアンバサダーの誇りと責任を持って、しっかりとピッチで結果を残していきたいと思います」と意気込みを語った。

▽長友のアンバサダー就任の経緯について野口実社長は「弊社は2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ分野を強化していこうと考えています」と語り、「ランニングシューズやフィットネスシューズの充実に加え、スポーツアパレルの展開をしていきたいと考えている」と明かした。野口社長は長友のプレースタイルを挙げ「走って圧倒的な運動量、一対一で負けない強さ」を社内でも目指したいと考えてオファーを出したと明かした。

▽また、「熱意とチャレンジ精神を持っている長友のようにスタッフにもなってもらいたい」と野口社長は語り、これを受けた長友は「素直に嬉しいですね。そういったイメージを持っていただけることは嬉しいです。この先それ以上のインパクトを与えられるように、ピッチでしっかりと結果を残していきたいです」とコメント。自身とのイメージの一致を喜んでいた。

▽熱意とチャレンジ精神を発揮する場面については「基本的には熱意とチャレンジ精神がなければ僕らしくないですし、夢や目標もかなわないと思っています。常にその熱さとチャレンジ精神は心がけています」と語り、常日頃からその心持で行動していることを明かした。

▽ABC-MARTとの思い出については「学生時代も良く行かせていただいていましたし、今年の日本代表の合宿の時にスーツの靴を買いに行かせていただきました」とABC-MARTを利用していることを明かし、「接客してくださった方々が親切で、みんなが走って仕事をしていました。僕もサッカーを引退したらABC-MARTで働かせてください(笑)」と引退後の逆オファーを出すと、野口社長も「では、池袋店でお願いします」とオファーを快諾していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、野口社長は長友のアンバサダー就任に際し、プレゼントを用意。アンバサダーの名刺を手渡すと、「名刺はないですね。基本的には持っていません。嬉しいです」とコメント。それでも名刺には思い入れがあるようで「大学時代にサッカーでプロになれると思っていなかったので、就職活動でバリバリ営業をやりたいと夢に思っていました。その時の気持ちが蘇ってきますね」と語り、名刺を手にしたことを喜んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽さらに、もう1つプレゼントが送られ、320本のバラで作られたABC-MARTのロゴプレートを手渡した。「バラは最近贈ったばかりなので、まさか自分がもらうとは思いませんでした(笑)」と語り、交際中の平愛梨さんの誕生日にバラを贈ったエピソードを明かし、「こんなに嬉しいものなんですね」と受け取る側の気持ちをしみじみと実感していた。

▽長友はアンバサダーとしての最初の仕事として12月26日(月)に「ABC-MART スペシャルサッカークリニック」を実施。小学生10名を大将に、ミンゲームなどを行うこととなる。長友は「子どもたちに強い意志や夢をかなえるための熱さ、チャレンジすることの大切さを伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバル乾貴士、0-4完敗のバルサ戦を回想 「レベルが違う。けど、落ち込んでる暇はない」

▽エイバルに所属する元日本代表MF乾貴士が、22日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のバルセロナ戦を振り返った。 ▽乾は、同日にホームで行われた第19節のバルセロナ戦に左サイドハーフとして出場。11試合連続で先発出場を果たし、かつてマジョルカでプレーしたFC東京に所属する元日本代表FW大久保嘉人の39試合を抜き、日本人のリーガエスパニョーラ歴代最多出場記録を更新した。 ▽しかし、チームはバルセロナに力の差を見せられる形で0-4の完敗。順位を前節終了時の9位から10位に落とした。その試合から一夜明け、乾は自身の公式ブログやツイッターで、肌感じた率直な感想を綴り、さらなるレベルアップを誓った。 「やっぱり凄かった。レベルが違う。けど、ちょっとでも近づけるように努力します。落ち込んでる暇はない。頑張る」 2017.01.24 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都がDF酒井宏樹のチームメートに? マルセイユ移籍の可能性浮上

▽インテルで出番を失っているDF長友佑都(30)に、日本代表でチームメートのDF酒井宏樹も所属するマルセイユ移籍の可能性が浮上した。『fcinternews』がフランス『Canal+』の情報として伝えている。 ▽報道によれば、かつてローマを指揮したルディ・ガルシア監督率いるマルセイユは、左サイドバックの獲得に奔走中。ユベントスのDFパトリス・エブラ、ヴォルフスブルクのDFリカルド・ロドリゲスらと共に、長友を上位にリストアップしているという。 ▽インテルは今シーズン途中にステファノ・ピオリ監督を招へい後、現在公式戦8連勝中と復調。しかし、長友自身は出場機会を減らしており、今年に入っての公式戦4試合でも出番がなく、サンプドリアやバーンリー移籍の可能性が伝えられている。 2017.01.24 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

マインツ戦にフル出場のケルンFW大迫勇也「もっとうまくできた」

▽ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、22日に行われたブンデスリーガ第17節のマインツ戦に先発フル出場。しかし、試合は0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽2017年初戦となったマインツ戦に臨んだケルンは、アウェイゲームということもあり5バックを採用。大迫もなかなか決定機が訪れず、試合はゴールレスドロー。ブンデスリーガ公式サイトが大迫のコメントを伝えた。 ▽試合を振り返った大迫は、「大事に入りすぎましたね。ただ、5バックでやってたんで、アウェイで…こんな感じになりますよね」とコメント。久々の実戦、アウェイゲームということで、チームが守備的に入ったことを明かし、「0-0の時間を長くしようという感じだったので。ただ、もったいなかったですね。もっとうまくできたと思います」と振り返った。 ▽大迫は36分にFKを頭で合わせるもGKがセーブ。終盤にはスローインからシュートを放つも、再びGKに阻まれていた。シュートシーンを振り返った大迫は「スローインからのやつは、もうちょっと上を狙えば良かったですね。下を狙いすぎました」と語り、得点を奪えなかったことを悔やんだ。 2017.01.23 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

約1年ぶりに先発復帰のマインツFW武藤嘉紀「得点に絡みたかった」

▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は、22日に行われたブンデスリーガ第17節のケルン戦に先発出場。352日ぶりの先発復帰となった試合を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。 ▽負傷の影響もあり今シーズンはわずか3試合の出場にとどまっていた武藤。昨年9月のブレーメン戦以来のブンデスリーガ出場は、約1年ぶりの先発出場となった。 ▽ケルンの日本代表FW大迫勇也も先発出場。しかし、試合は互いに決定機を逃し0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽復帰戦となった武藤は89分までプレー。試合を振り返り、「やっぱり得点に絡みたかった」とコメント。「やっぱり5バックで、非常に前としては戦いにくい試合だったので。まあ少ないチャンスをものにできれば良かったですけど。でも、相手を0で抑えられましたし、貴重な勝ち点1かなと」振り返り、悔しさをにじませながらも勝ち点1獲得を前向きにとらえた。 ▽また、68分には右サイドからのクロスをゴール前で合わせに行くも、相手選手と交錯。このシーンについては、「どうなったのか少し分からないんですけど。見直してみないとわからないですけど、後ろから思い切り覆いかぶされたので。一発PKかなと思ったんですけど、そうじゃなかったので」とコメント。ファウルを取られなかったことに不満を露わにした。 ▽前半戦を終えたブンデスリーガ。長期の負傷離脱から復帰した武藤は「やらなくちゃいけないっていう感じかな。これだけ休んでたんで、うれしいっていうよりもとにかく結果を出すことにこだわっていきたいなと思います」と、今後の巻き返しに意欲を見せた。 2017.01.23 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン吉田麻也に高評価、無失点完封だけでなく攻撃でも存在感を発揮

サウサンプトンに所属する吉田麻也が、レスター・シティ戦でのパフォーマンスで高評価を獲得している。<br><br>サウサンプトンは22日、プレミアリーグ第22節でレスターと対戦し、3-0で完勝した。先発フル出場した吉田は岡崎慎司との日本人対決を制し、無失点での完封勝利に貢献している。<br><br>イギリス紙『デイリー・メール』では、吉田に「7」の採点が与えられた。キャプテンのDFビルヒル・ファン・ダイクが負傷交代し、途中からキャプテンマークを巻いた吉田は守備だけでなく、攻撃でも存在感を発揮。ジェイ・ロドリゲスが挙げた2点目は吉田が競った空中戦から生まれている。なお、吉田を超える評価を得たのはチームで2人。「7.5」の採点を得たのはドゥサン・タディッチ、先制点を挙げたジェームズ・ウォード・プラウズが「8」の採点を得ている。<br><br>公式戦7試合連続でフル出場を果たしている吉田。次はリーグ・カップ準決勝のリバプール戦、FAカップ4回戦でアーセナルと、強敵との連戦が続くが、そこでも力を発揮することはできるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.01.23 12:50 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース