インテルDF長友佑都が「ABC-MART」アンバサダーに就任「引退したらABC-MARTで働かせてください」2016.12.23 17:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。同日に株式会社エービーシー・マートの本社でアンバサダー就任会見が行われ、エービーシー・マートの野口実代表取締役社長と長友が出席した。

▽会見ではABC-MARTアンバサダーに就任した長友は「これからアンバサダーの誇りと責任を持って、しっかりとピッチで結果を残していきたいと思います」と意気込みを語った。

▽長友のアンバサダー就任の経緯について野口実社長は「弊社は2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ分野を強化していこうと考えています」と語り、「ランニングシューズやフィットネスシューズの充実に加え、スポーツアパレルの展開をしていきたいと考えている」と明かした。野口社長は長友のプレースタイルを挙げ「走って圧倒的な運動量、一対一で負けない強さ」を社内でも目指したいと考えてオファーを出したと明かした。

▽また、「熱意とチャレンジ精神を持っている長友のようにスタッフにもなってもらいたい」と野口社長は語り、これを受けた長友は「素直に嬉しいですね。そういったイメージを持っていただけることは嬉しいです。この先それ以上のインパクトを与えられるように、ピッチでしっかりと結果を残していきたいです」とコメント。自身とのイメージの一致を喜んでいた。

▽熱意とチャレンジ精神を発揮する場面については「基本的には熱意とチャレンジ精神がなければ僕らしくないですし、夢や目標もかなわないと思っています。常にその熱さとチャレンジ精神は心がけています」と語り、常日頃からその心持で行動していることを明かした。

▽ABC-MARTとの思い出については「学生時代も良く行かせていただいていましたし、今年の日本代表の合宿の時にスーツの靴を買いに行かせていただきました」とABC-MARTを利用していることを明かし、「接客してくださった方々が親切で、みんなが走って仕事をしていました。僕もサッカーを引退したらABC-MARTで働かせてください(笑)」と引退後の逆オファーを出すと、野口社長も「では、池袋店でお願いします」とオファーを快諾していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、野口社長は長友のアンバサダー就任に際し、プレゼントを用意。アンバサダーの名刺を手渡すと、「名刺はないですね。基本的には持っていません。嬉しいです」とコメント。それでも名刺には思い入れがあるようで「大学時代にサッカーでプロになれると思っていなかったので、就職活動でバリバリ営業をやりたいと夢に思っていました。その時の気持ちが蘇ってきますね」と語り、名刺を手にしたことを喜んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽さらに、もう1つプレゼントが送られ、320本のバラで作られたABC-MARTのロゴプレートを手渡した。「バラは最近贈ったばかりなので、まさか自分がもらうとは思いませんでした(笑)」と語り、交際中の平愛梨さんの誕生日にバラを贈ったエピソードを明かし、「こんなに嬉しいものなんですね」と受け取る側の気持ちをしみじみと実感していた。

▽長友はアンバサダーとしての最初の仕事として12月26日(月)に「ABC-MART スペシャルサッカークリニック」を実施。小学生10名を大将に、ミンゲームなどを行うこととなる。長友は「子どもたちに強い意志や夢をかなえるための熱さ、チャレンジすることの大切さを伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

コメント

関連ニュース

thumb

ロイス復帰弾でボルシアMG撃破のドルトムントが公式戦4連勝! 香川は負傷でベンチ外…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsドルトムントが18日に行われ、アウェイのドルトムントが1-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガのため招集メンバー外となった。 ▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムント(勝ち点37)は、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦をバチュアイの公式戦3試合連続弾で劇的な形で制して勢いに乗るアウェイチームは、そのアタランタ戦から先発2人を変更。トプラク、プリシッチに代わってアカンジとゲッツェを起用した。 ▽劣悪なピッチ状態が懸念される中でスタートした一戦。試合は立ち上がりからピッチ状態を反映するような、ボールが落ち着かない展開が続く。 ▽ショートパスやドリブルを駆使した攻撃を信条とするアウェイチームが苦しむ一方、球際やロングボールなどシンプルな攻めを見せるホームチームは13分にボックス内に抜け出したシュティンドルに決定機も、ここはGKビュルキの好守に遭う。その後もボバディージャらのパワフルな仕掛けでドルトムントゴールに迫った。 ▽一方、なかなかリズムを掴めないドルトムントだったが、復活のエースが待望の復帰弾を決める。32分、ゲッツェからのフィードをボックス左で収めたシュールレが浮き球で折り返す。これを巧みなトラップで足元に収めたロイスが右足を振り抜く。すると、ブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。 ▽ロイスの復帰後初となる今季初ゴールで先手を奪ったドルトムントだが、その後は相手の反撃を受ける展開に。前半終了間際の42分には相手セットプレーの流れでゴール前に混戦が生まれ、ボバディージャの短いラストパスをヴェステルゴーアに流し込まれる。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ヴェステルゴーアのオフサイドとの判定が下り、リードを保って前半を終えた。 ▽迎えた後半もボルシアMGが押し込む入りとなる。攻撃時に多くの選手がゴール前になだれ込む迫力のある仕掛けを見せるホームチームはトルガン・アザールが良い形で攻撃にアクセントを付ける。55分にはそのアザールのパスからシュティンドル、ボバディージャが続けてボックス内でシュートを浴びせるが、ここはGKビュルキとDFの必死のゴールカバーに阻まれる。 ▽一方、前がかりな相手に対して追加点を奪って勢いを止めたいドルトムントは60分、セットプレーのこぼれ球に反応したロイスがペナルティアーク付近から抑えの利いた右足ボレーを放つ。だが、このシュートはややコースが甘くGKゾンマーに弾き出された。 ▽その後も押し込まれる展開が続くドルトムントはゲッツェ、ロイス、シュールレと前線の選手を続けて下げてプリシッチ、ダフード、トプラクとやや守備的な交代カードを切っていく。その中でボルシアMGの攻勢に幾度も晒されるが、守護神ビュルキが再三のビッグセーブでボバディージャらの決定機を阻む。 ▽試合最終盤には長身DFヴェステルゴーアを前線に上げる相手のパワープレーに対して、5バックで対応したドルトムントはこのまま1-0で勝ち切った。バチュアイの連続ゴールがストップするなど大苦戦を強いられながらも古巣対戦となったロイスの今季初ゴールで勝利したドルトムントは公式戦4連勝を飾った。一方、善戦も競り負けたボルシアMGは4戦連続無得点での4連敗と泥沼の状況となった。 2018.02.19 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のガラタサライが格下相手に痛恨の敗戦で首位陥落…《トルコ・スーパーリーグ》

▽日本代表DF長友佑都の所属するガラタサライは18日、トルコ・スーパーリーグ第22節でカスムパシャと対戦し、1-2で敗戦した。長友は移籍後公式戦4試合連続フル出場を果たしている。 ▽前節、首位に浮上したガラタサライ(勝ち点44)が、12位カスムパシャ(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。試合が動いたのは37分、自陣右サイドからドリブルで持ち上がったライアン・ドンクのサイドチェンジをバイタルエリア左で受けたガリー・ロドリゲスがボックス左からコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽先制したガラタサライだったが、前半終了間際の48分にセルダル・アジズがボックス内でベルナルド・メンサーを倒してPKを献上。このPKをムバイエ・ディアニェに決められ、前半は1-1で終了した。 ▽迎えた後半、ガラタサライは失点につながるミスを犯したアジズを下げてデルディヨクを投入。さらに59分にはフェグリを下げてシナン・ギュムシュを投入した。 ▽しかし、先にスコアを動かしたのはカスムパシャ。80分、左サイドからのFKをボックス中央のシアム・ベン・ユーセフが頭で落とすと、ダビド・パベルカが胸トラップからバイシクルシュートを狙うがキックミス。しかし、ボックス右に流れたこぼれ球に反応したコイタが豪快なジャンピングボレーでゴールに叩き込んだ。 ▽結局、試合は1-2で終了。格下相手に痛恨の黒星を喫したガラタサライが、首位陥落となった。 2018.02.19 03:25 Mon
twitterfacebook
thumb

南野はフル出場のザルツブルクがリーグ戦3連勝でELソシエダ戦に弾み!《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽日本人MF南野拓実の所属するザルツブルクは18日、オーストリア・ブンデスリーガ第23節でザンクト・ペルテンと対戦し、4-0で勝利した。南野はフル出場している。 ▽首位に立つザルツブルク(勝ち点49)が、最下位に沈むザンクト・ペルテン(勝ち点7)をホームに迎えた一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのレアル・ソシエダ戦を戦ったザルツブルクは、その試合からスタメンを5人変更。ソシエダ戦値千金の同点ゴールを挙げた南野は、2トップの一角で先発出場した。 ▽試合が動いたのは24分、ザルツブルクはファルカスがボックス内でダ・シルバに倒されてPKを獲得。このPKをヴォルフがゴール中央に沈め、先制に成功した。 ▽後半に入っても試合の主導権は、リードするザルツブルクが握る。すると67分、途中出場のダブールの縦パスで左サイドを突破したウルマーの折り返しをニアに飛び込んだグルブランドセンが流し込み、追加点を奪った。 ▽75分には、ウルマーの左CKからボックス中央のオンゲネがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込み、試合を決定づける3点目。さらに90分にも、ロングボールに抜け出そうとした南野がボックス内でヒューバーに倒されてPKを獲得。これをダブールが確実に決め、4点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま4-0で終了。リーグ戦3連勝を飾ったザルツブルクが、22日に行われるソシエダとのELラウンド32・2ndレグに向けて大きな弾みを付けた。 2018.02.19 02:40 Mon
twitterfacebook
thumb

下位相手にドローのヘントは上位追走ならず…久保は88分までプレー《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは18日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第27節でメヘレンと対戦し、2-2で引き分けた。久保は88分までプレーした。 ▽4位のヘント(勝ち点43)が、残留争いに巻き込まれている15位メヘレン(勝ち点22)をホームに迎えた一戦。試合は開始早々にスコアが動く。2分、自陣からのスローインのこぼれ球を拾ったリッツがドリブルで右サイドを突破。ボックス右まで侵攻し折り返しを供給すると、これをゴール前に走り込んだタンモンが流し込み、メヘレンが先制する。 ▽反撃に出たいヘントだが、再び試合を動かしたのはメヘレン。19分、バンデのスルーパスをボックス左までオーバーラップしたコボーがシュート。これはGKカリニッチが弾くも、こぼれ球をリッツが押し込んだ。 ▽迎えた後半、ヘントはマシャドを下げてチャクベタゼを投入。すると57分、カルーの右クロスをヤンガがヘディングで叩き込み、ヘントが1点を返す。 ▽勢いづくヘントは72分、久保のパスをボックス左で受けたジゴットのクロスをヤレムチュクがジャンピングボレーで流し込み、試合を振り出しに戻した。さらに74分にも、アンドリヤシェヴィッチのサイドチェンジを受けたチャクベタゼが決定機を迎えたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 ▽ヘントは88分に久保を下げてシラを投入。その後も果敢にメヘレンゴールに迫ったヘントだが、追加点は生まれず。試合は2-2の引き分けで終了した。 2018.02.19 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

欧州1年目で9ゴール…中島翔哉はステップアップの希望隠さず「行けたらいい」

ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉が、ステップアップについて言及している。ポルトガル『zerozero』が報じた。<br><br>中島は16日に行われたフェイレンセ戦で9ゴール目をマーク。欧州初挑戦ながら、確かな足跡を残し、トップクラブの注目を集めている。中島は試合後に取材に応じて「すごくいいゴールでしたし、それで3-1にできたので、すごく嬉しいです」と振り返る。<br><br>昨夏に加入したポルティモネンセについては「今までやってきたことは変わらないですけど、チームメートがすごく助けてくれるので、プレーしやすく楽しくできています」と満足感を語る。一方で、ステップアップの可能性を問われると「行けたらいいですね」と希望を隠すことはしなかった。<br><br>中島にはポルト、スポルティング・リスボン、ベンフィカといったポルトガルのビッグ3が興味を示している他、フランクフルトなどのブンデスリーガのクラブも獲得を狙っていると伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 17:58 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース