インテルDF長友佑都が「ABC-MART」アンバサダーに就任「引退したらABC-MARTで働かせてください」2016.12.23 17:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽23日、インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が「ABC-MART」アンバサダーに就任した。同日に株式会社エービーシー・マートの本社でアンバサダー就任会見が行われ、エービーシー・マートの野口実代表取締役社長と長友が出席した。

▽会見ではABC-MARTアンバサダーに就任した長友は「これからアンバサダーの誇りと責任を持って、しっかりとピッチで結果を残していきたいと思います」と意気込みを語った。

▽長友のアンバサダー就任の経緯について野口実社長は「弊社は2020年の東京オリンピックに向けてスポーツ分野を強化していこうと考えています」と語り、「ランニングシューズやフィットネスシューズの充実に加え、スポーツアパレルの展開をしていきたいと考えている」と明かした。野口社長は長友のプレースタイルを挙げ「走って圧倒的な運動量、一対一で負けない強さ」を社内でも目指したいと考えてオファーを出したと明かした。

▽また、「熱意とチャレンジ精神を持っている長友のようにスタッフにもなってもらいたい」と野口社長は語り、これを受けた長友は「素直に嬉しいですね。そういったイメージを持っていただけることは嬉しいです。この先それ以上のインパクトを与えられるように、ピッチでしっかりと結果を残していきたいです」とコメント。自身とのイメージの一致を喜んでいた。

▽熱意とチャレンジ精神を発揮する場面については「基本的には熱意とチャレンジ精神がなければ僕らしくないですし、夢や目標もかなわないと思っています。常にその熱さとチャレンジ精神は心がけています」と語り、常日頃からその心持で行動していることを明かした。

▽ABC-MARTとの思い出については「学生時代も良く行かせていただいていましたし、今年の日本代表の合宿の時にスーツの靴を買いに行かせていただきました」とABC-MARTを利用していることを明かし、「接客してくださった方々が親切で、みんなが走って仕事をしていました。僕もサッカーを引退したらABC-MARTで働かせてください(笑)」と引退後の逆オファーを出すと、野口社長も「では、池袋店でお願いします」とオファーを快諾していた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、野口社長は長友のアンバサダー就任に際し、プレゼントを用意。アンバサダーの名刺を手渡すと、「名刺はないですね。基本的には持っていません。嬉しいです」とコメント。それでも名刺には思い入れがあるようで「大学時代にサッカーでプロになれると思っていなかったので、就職活動でバリバリ営業をやりたいと夢に思っていました。その時の気持ちが蘇ってきますね」と語り、名刺を手にしたことを喜んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽さらに、もう1つプレゼントが送られ、320本のバラで作られたABC-MARTのロゴプレートを手渡した。「バラは最近贈ったばかりなので、まさか自分がもらうとは思いませんでした(笑)」と語り、交際中の平愛梨さんの誕生日にバラを贈ったエピソードを明かし、「こんなに嬉しいものなんですね」と受け取る側の気持ちをしみじみと実感していた。

▽長友はアンバサダーとしての最初の仕事として12月26日(月)に「ABC-MART スペシャルサッカークリニック」を実施。小学生10名を大将に、ミンゲームなどを行うこととなる。長友は「子どもたちに強い意志や夢をかなえるための熱さ、チャレンジすることの大切さを伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井高徳、前半で交代の伊藤達哉に声をかけず…先輩として見せた気遣い

ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表DF酒井高徳が、次戦への意気込みを語った。ドイツ『MOPO』のインタビューで話している。<br><br>現在ブンデスリーガで15位と低迷するHSVは26日、ホームに6位のホッフェンハイムと迎える。格上との対戦となるが、ホッフェンハイムは23日にヨーロッパリーグを戦うため、酒井は有利な状況で戦えると考えているようだ。<br><br>「僕らにとってはチャンスだと思います。ホームのファンの前で戦えますからね。それにホッフェンハイムがヨーロッパリーグを戦わなければならないことも有利に働くはずです。最後の1秒まで激しく戦うつもりです」<br><br>また、ホッフェンハイムは酒井がブンデスリーガ初ゴールを決めた相手でもある。サイドバックやボランチでプレーすることが多い酒井にそれほどシュートの場面は訪れないが、自身の見解を述べている。<br><br>「シュートするのは好きですよ。問題は枠に行くかどうかです。惜しくないと意味がない。まずは枠に入れることです。そうすれば何かが起きる。もちろんホッフェンハイムを相手にまたゴールできれば素晴らしいですけどね」<br><br>前節のシャルケ戦では伊藤達哉が前半35分に途中交代。負傷による影響ではなく、プレー内容やイエローカードを受けていたことが原因となったと伝えられている。酒井は何か声をかけたかと問われ、こう答えている。<br><br>「特には話していません。ときには、常に話しかけに行かないことも良いと思います。何が悪くて良かったかを自分自身で考えなければいけません。いつでも彼を守る必要はないし、時間が必要。こういう経験は彼にとってもプラスになると思いますよ。<br><br>2018年で満了を迎える自身の契約については「まだ話に挙がっていないし、それまで全力を尽くすだけ」とクラブからの打診を待つ姿勢であることも強調した酒井。今後もHSVの頼れるキャプテンとしてチームを支える姿に期待したい。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.24 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

南野先発のザルツブルクが首位通過! 酒井フル出場の10人マルセイユは土壇場ドローで2位キープで最終節へ《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第5節、ザルツブルクvsヴィトーリア・ギマランエスが23日に行われ、ホームのザルツブルクが3-0で勝利した。ザルツブルクのMF南野拓実は今季EL初先発を飾り、71分までプレーした。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で首位に立つザルツブルク(勝ち点8)は、3位ヴィトーリア(勝ち点4)をホームに迎えた今節の勝利で決勝トーナメント進出が決まる。その重要な一戦に向けては、直近のリーグ戦で途中出場の南野を今季ELで初先発させた。 ▽トップ下に入る南野を起点に立ち上がりから相手を押し込むザルツブルク。開始5分にはボックス左で受けた南野がグラウンダーで折り返しを入れるが、これはGKにキャッチされる。 ▽その後もボールを保持するホームチームは26分、右サイドのハイダラへの大きな展開からボックス手前でマイナスのパスを受けたライナーがボックス左へ浮き球のクロスを供給。これをフリーのダブールが難なく頭で流し込んだ。 ▽畳みかけるザルツブルクは南野やウルマーがシュートシーンに絡むなど、厚みのある攻撃を仕掛けていくと、前半終了間際の46分に追加点。バイタルエリアで相手のクリアを奪ったウルマーがボックス左角から左足を振り抜くと、これがゴール右隅に突き刺さった。 ▽2点リードで試合を折り返したザルツブルクは、後半も危なげなく試合をコントロール。対して流れを変えたいヴィトーリアは60分、ヘルドン・ラモス、ジュバルを同時投入する2枚替えを敢行する。 ▽しかし、後半も先にスコアを動かしたのはザルツブルクだった。68分、裏への抜け出しを試みた南野の対応に当たったDFのクリアがボックス左のスペースに流れる。これを回収したダブールが冷静にマイナスに折り返すと、ボックス中央にフリーで走り込んだ途中出場のファン・ヒチャンが左足の強烈なシュートで蹴り込んだ。 ▽この3点目で試合を決定付けたザルツブルクは71分、南野を下げてロザコウスキを投入。試合終盤にかけても冷静な試合運びで逃げ切ったホームチームは3-0で完勝。最終節を残して首位での決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日行われたグループIのもう1試合、コンヤシュポルvsマルセイユは、1-1のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。 ▽前節、ヴィトーリアに敗れたものの2位をキープしたマルセイユ(勝ち点6)は、今節の勝利と3位ヴィトーリアの敗戦で決勝トーナメント進出が決定する。そして、必勝を期す敵地での一戦に向けては、酒井やトヴァン、サンソン、グスタボなど現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽立ち上がりから中盤での潰し合いが目立つクローズな展開が続く。右サイドバックで先発の酒井はトヴァンとの連係でサイドをえぐり、あわやPK奪取というチャンスにも絡んだ。 ▽互いにシュートシーンが少なくゴールレスで折り返した後半は、より動きのある展開に。前半同様にトヴァンやオカンポスの個人技でゴールに迫るマルセイユだが、なかなかゴールを奪うことができない。逆に、相手の鋭いカウンターに晒されピンチを招く場面も散見される。 ▽パイエ、エンジエといった攻撃的なカードを切って攻勢を強めたいマルセイユだったが、80分にゴール前に飛び出したブラビアをDFアマヴィが後方から倒してしまい、痛恨のPK献上。さらに、このファウルが決定機阻止と判断され、アマヴィに一発レッドが掲示された。そして、このPKをキッカーのスクビツに決められた。 ▽ビハインドと数的不利を同時に背負うことになったマルセイユは、失点直後にアンギッサを下げて右サイドバックのブナ・サールを投入。この交代で酒井が左サイドバックに移り、ここから攻勢に転じる。すると、試合終了間際の後半アディショナルタイム3分、ゴール左のスペースに抜け出したエンジエが折り返したボールが相手MFモケのクリアミスを誘い、これがゴールネットに吸い込まれた。そして、数的不利の逆境をはね返して土壇場で追いついたマルセイユが、このまま1-1のドローに持ち込んだ。 ▽この結果、2位を死守したマルセイユは最終節のザルツブルク戦で決勝トーナメント進出を目指すことになった。 2017.11.24 05:17 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫先発のケルンがアーセナルにPKの一発で2連勝! 敗れたアーセナルは首位での決勝T進出《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第5節、ケルンvsアーセナルが23日に行われ、1-0でケルンが勝利した。ケルンのFW大迫勇也は73分までプレーしている。 ▽前節BATEボリソフ戦で大迫の2ゴール1アシストの大活躍により初勝利を飾った最下位ケルン(勝ち点3)は、0-1で敗れた直近のマインツ戦のスタメンから3選手を変更。S・ツォラー、レーマン、ラウシュに代えて大迫、J・ホルン、メレがスタメンとなった。 ▽一方、前節レッドスター戦をゴールレスドローで終えて決勝トーナメント進出を決めた首位アーセナル(勝ち点10)は、2-0と快勝した直近のトッテナムとのノースロンドン・ダービーから全選手を変更。サンチェスやラカゼットら主力は招集外となって、ジルーやウィルシャー、コクランらがスタメンとなった。 ▽大迫が[3-4-3]のセンターフォワードに入ったケルンに対し、同じく[3-4-3]を採用し、ジルー、ウィルシャー、ウェルベックの3トップで臨んできたアーセナルが時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、14分に最初のチャンス。コクランの右足ミドルがゴールを脅かした。 ▽自陣に引くケルンは28分に大迫がゴール正面の位置から左足ミドルを放つも枠を捉えきれない。 ▽すると30分には再びアーセナルに決定機。ボックス左に侵入したコクランのシュートが左ポストを直撃した。 ▽その後、ケルンは守備の要であるマローが右足太ももを負傷し、38分にラウシュとの交代を強いられた中、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半からウェルベックに代えてイウォビを投入してきたアーセナルに対し、劣勢を強いられたケルンだったが、61分にPKを獲得する。ヨイッチのパスに反応したボックス左のギラシーがドゥビュシーに倒されたとして主審はPKを宣告。このPKをギラシーが決めてケルンが先制に成功した。 ▽失点後、ウィルシャーがミドルシュートでゴールに迫ったアーセナルは、76分にジルーがディフェンスライン裏を取ってボックス右に侵入。しかし、シュートはJ・ホルンの好タックルに阻まれた。 ▽終盤にかけてもアーセナルが攻勢に出たが、ケルンが逃げ切り。2連勝として最終節レッドスター戦に決勝トーナメント進出の望みをつないだ。一方、敗れたアーセナルは、グループHもう一試合のBATEボリソフvsレッドスターが0-0に終わったことで、首位での決勝トーナメント進出が決まっている。 2017.11.24 05:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ケラー監督「内田は本調子ではないが…」次節ベンチ入りを示唆、2カ月ぶり出場なるか

現地時間24日、ブンデスリーガ2部第14節ウニオン・ベルリンvsダルムシュタットの一戦で、内田篤人が出場する可能性が高まっているようだ。<br><br>同選手の状態について、イェンス・ケラー監督が地元メディア『B.Z.ベルリン』に対して語っている。<br><br>「相手は1部から降格してきたばかりのチームで気は抜けないが、勝利できることを願っている」<br><br>ウニオン・ベルリンは複数の主力選手が負傷で離脱している状況だが、内田については「ここ数日は通常の練習もこなすようになった。だが、彼は離脱期間が長かったし、まだ100パーセントの状態ではない。だが、登録メンバー入りすることになるだろう」と語っている。<br><br>今季、2部のウニオン・ベルリンに加入した内田は9月19日のザンドハウゼン以来、ピッチから遠ざかっている。果たして24日のダルムシュタット戦で2カ月ぶりの復帰はなるのか、シャルケ指揮官時代から内田をよく知るケラー監督の采配にも注目が集まるところだ。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 18:27 Thu
twitterfacebook
thumb

「泣き面に蜂」…グループ突破黄信号のヘルタ・ベルリンが飛行機故障で足止め

▽ヨーロッパリーグのアスレティック・ビルバオ戦に臨むヘルタ・ベルリンが不運に見舞われた。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ▽23日に、アウェイでビルバオと対戦するヘルタ・ベルリン。現在はグループ最下位に位置しており、ビルバオ戦では勝利が求められている。 ▽しかし、ヘルタ・ベルリンの選手たちが乗る予定だった飛行機が故障。これにより、出発時刻が遅れ、試合会場でのトレーニングの予定を変更し、ベルリンで調整を続ける事となった。 ▽結局、午後に無事出発した飛行機。到着が遅れながらも、前日会見に臨んだパル・ダルダイ監督は試合に向けて意気込んだ。 「我々は何が問題になっているかわかっている。試合はほとんど準決勝に近いものだろう」 「似たようなゲーム哲学を持つ2チームが対決する。細かい部分が試合を決めるだろう」 ▽なお、この遠征に日本代表FW原口元気は帯同していない。 2017.11.23 10:40 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース