超ワールドサッカー

東京五輪世代を指導するU-20日本代表監督、来るU-20W杯で「フル代表に繫がる素晴らしい経験を」《日本代表2017年スケジュール発表会見》2016.12.22 19:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は22日、各日本代表の2017年における年間スケジュールを発表した。

▽会見に出席したU-20日本代表の内山篤監督は、同世代の選手が来年に韓国で行われるFIFA U-20ワールドカップ(W杯)で「世界を肌で感じる」ことで2020年の東京オリンピック、その先のフル代表に繋げてほしいと語った。

◆内山篤監督(U-20日本代表)
「U-20日本代表監督の内山です。キリンをはじめ、今日来てくださった方、日本でアンダーカテゴリを含めて応戦してくださる方、ありがとうございます。正直言いまして、私自身、4大会世界に出られないということで、非常にプレッシャーを感じながら最終予選を戦いました。試合を重ねるごとに選手たちが成長し、なんとか最終的には選手の力、チーム力で5大会ぶりの世界への切符を手にしました」

「来年5月にインチョンでワールドカップを迎えますが、彼らがこの予選を勝った経験、成長したものをさらに押し上げて、なんとか決勝トーナメントに上がるようにしたいです。3戦は彼らの力でゲームを戦えるので、世界のトップクラスを肌で感じて欲しいです。2020年の東京オリンピックをターゲットにした選手たちなので、そこにつながるように、そしてフル代表につながるような素晴らしい経験ができるように良い準備をして臨みたいと思います。是非、応援よろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

ラウンド16進出のU-20日本代表は無失点で3連勝のU-20ベネズエラ代表と対戦《U-20W杯》

▽U-20日本代表は27日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節のU-20イタリア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。 ▽この結果、グループDで3位となったものの、他グループの3位チームと争う決勝トーナメント進出枠を確保し、ベスト16入りが決定。この結果、グループBを首位で通過したU-20ベネズエラ代表と対戦することが決まった。 ▽ベネズエラは、U-20メキシコ代表、U-20ドイツ代表、U-20バヌアツ代表とグループBで同居。初戦のドイツ戦を2-0で制すると、第2節でバヌアツに7-0で勝利。最終節でもメキシコ相手に0-1で勝利し、グループステージ3試合を10得点無失点で突破している。 ▽その他、ラウンド16では開催国のU-20韓国代表と逆転でグループステージ突破を決めたU-20ポルトガル代表の対戦が決定。日本と同じ3位チームながら決勝トーナメント進出を決めたU-20コスタリカ代表はグループAを首位で通過したU-20イングランド代表と対戦する。 ◆U-20W杯 ラウンド16 ▽5月30日(火) 《17:00》 U-20ベネズエラ代表 vs <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20日本代表</span> 《20:00》 U-20韓国代表 vs U-20ポルトガル代表 ▽5月31日(水) 《17:00》 U-20ウルグアイ代表 vs 3位(B/E/F) 《20:00》 U-20イングランド代表 vs U-20コスタリカ代表 U-20ザンビア代表 vs 3位(A/B/F) ▽6月1日(木) 《16:30》 U-20メキシコ代表 vs グループF・2位 《20:00》 グループE・1位 vs U-20イタリア代表 グループF・1位 vs グループE・2位 2017.05.28 00:16 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:U-20日本代表 2-2 U-20イタリア代表《U-20W杯》

▽U-20日本代表は27日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節のU-20イタリア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。この結果、日本の3位でのベスト16入りが決定。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽U-20日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170527_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 小島亨介 5.5 終わってみれば序盤のみの2失点 DF 6 初瀬亮 5.5 2失点に絡んだ序盤を含めて守備面で印象が悪い。ただ、後方からのフォローで堂安をサポートした点は評価 5 冨安健洋 6.0 尻上がりに安定。カバーリングや対人プレーで巧みな対応を見せた 3 中山雄太 6.0 総じて安定した守備を披露。最終ラインを統率した 15 杉岡大暉 6.0 今大会初出場で徐々に安定感。守備に重きを置きつつ、後半に勇気を持った攻め上がりを見せた MF 7 堂安律 7.0 日本の窮地を救う2発。まさにエースに相応しい活躍を披露した 17 市丸瑞希 6.0 堂安、初瀬と生かし生かされの関係を構築。出し手としてだけでなくミドルシューターとしても存在感 16 原輝綺 6.0 市丸とバランスを取りながらプレー。リスク管理を意識しながら中盤の広範囲をケア 11 遠藤渓太 6.0 高精度のクロスから堂安のゴールを演出。仕掛けとクロスでアクセントに FW 13 岩崎悠人 5.5 前線からの追回しでプレッシャー。チームプレーに徹した 14 田川亨介 5.5 岩崎と共にボールを引き出す動きと守備で黒子に 監督 内山篤 6.0 杉岡の左サイドバック起用的中。大会前から掲げていた最低目標のベスト16入りを成し遂げ、世界での戦いを継続 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 堂安律(U-20日本代表) ▽2点ビハインドを追うチームを窮地から救う2発。特に、ドリブルで相手数人を抜き去ってからの2点目は圧巻だった U-20日本代表 2-2 U-20イタリア代表 【U-20日本代表】 堂安律(前22、後5) 【U-20イタリア代表】 オルソリーニ(前3) バニコ(前7) 2017.05.27 21:56 Sat
twitterfacebook
thumb

日本が16強入り、堂安躍動2発で2点差から追いつきイタリアとドロー《U-20W杯》

▽U-20日本代表は27日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節のU-20イタリア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。 ▽先のウルグアイ戦を0-2で落とした日本は1勝1敗のグループ3位に位置。最終節では、同勝ち点で並ぶイタリアと激突する。日本の自力での突破条件は引き分け以上。先発はウルグアイ戦から4人を変更し、左ヒザに重傷を負った小川の代役を田川が務め、左サイドハーフに遠藤、両サイドバックに初瀬、杉岡が起用された。 ▽田川、岩崎の2トップでスタートした日本。立ち上がりからリスク管理に気をつけつつ、先取点を目指したいところだったが、早々に失点する。3分、自陣右サイドの裏をファビッリに取られると、クロスに反応したオルソリーニにゴール中央への飛び込みを許して、そのままネットを揺らされてしまう。 ▽キックオフ早々の失点という嫌な流れで立ち上がった日本は、その4分後にも被弾する。7分、自陣バイタルエリア中央左寄りの位置でFKのチャンスを与えると、キッカーのカッサータがトリックプレーをチョイス。ボックス右でボールを受けたパニコが落ち着いて沈め、イタリアに容易くリードを許した。 ▽しかし、立ち上がりに失点を重ねた日本も、後方からのビルドアップとコンビネーションサッカーで反撃。自陣に引いたイタリアを攻め立てる中、22分には遠藤が左サイドの敵陣中央から右足で蹴ったクロスに対して、最終ラインの背後を取った堂安が精一杯に伸ばした左足でボールを押し込んだ。 ▽1点を返した日本は、その後もイタリアのペースダウンに乗じて攻勢。堂安を軸に攻勢を強める中、41分には右サイドでの組み立てからバイタルエリアのスペースでボールを受けた市丸がカットインから左足を一閃。しかし、相手の守備をこじ開けられず、1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。 ▽1点を追いかける日本は、交代なしで勝負の後半へ。すると、その後半立ち上がりの50分、堂安が躍動する。市丸から縦パスを受けた堂安がボックス右に侵攻。細かいタッチでイタリア守備陣4人を次々と抜き去り、飛び出してきた相手GKとの一対一にも動じることなく、ボールを流し込んだ。 ▽堂安の個人技から試合を振り出しに戻した日本は、その後も優勢に進めるが、引き分けでも突破が決まるイタリアもバランスを気にしてか、攻撃に力を注ぐ素振りなし。結局、トーンダウンした試合は2-2の引き分けに終わった。 ▽この結果、イタリアは2位で決勝トーナメント進出が確定。3位でグループステージでの戦いを終えた日本は、グループA3位のU-20アルゼンチン代表、グループB3位のU-20ドイツ代表の成績を上回り、決勝トーナメント進出を果たした。 2017.05.27 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、ステップアップの野心隠さず「もっとレベルの高いリーグに」

ヘントに所属する日本代表FW久保裕也がクラブの公式番組に出演し、インタビューに応じた。<br><br>今冬にヘントへ加わった久保は16試合で11ゴールと驚異的な決定力を見せ、シーズンを終えた。6月に控えるシリア戦、イラク戦の日本代表メンバーにも招集された久保は、クラブの企画で、少年がインタビュアーを務めたインタビューで様々なことについて語った。<br><br>サッカーを始めたきっかけには兄の存在を挙げ、8歳で&ldquo;キャリア&rdquo;をスタートさせたと明かしている。また、お気に入りのゴールについては3月12日に挙げたKVメヘレン戦での4人抜き弾を挙げた。<br><br>今の夢を問われた久保は、迷うことなく野心を語る。「上のリーグ、もっと違うレベルの高いリーグに行くこと」と、ステップアップを望んでいるとした。<br><br>加入後の活躍で、5大リーグへのステップアップもささやかれる久保。いずれにせよ、久保の夢は叶う可能性が高いと言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 19:48 Fri
twitterfacebook
thumb

大事なイラク戦での勝利を誓うC大阪MF山口蛍「次は勝てばかなり前に進める」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に選出されたセレッソ大阪のMF山口蛍クラブを通じコメント。イラク戦での必勝を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍(セレッソ大阪)</span> 「次は勝てばかなり前に進めると思うので、大事な試合になってくると思います。それだけ大事な試合に選ばれたことはすごくうれしいですし、それに向けて自分もしっかりコンディションを合わせて、100%に持っていきたいと思います」 2017.05.26 10:49 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース