東京五輪世代を指導するU-20日本代表監督、来るU-20W杯で「フル代表に繫がる素晴らしい経験を」《日本代表2017年スケジュール発表会見》2016.12.22 19:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は22日、各日本代表の2017年における年間スケジュールを発表した。

▽会見に出席したU-20日本代表の内山篤監督は、同世代の選手が来年に韓国で行われるFIFA U-20ワールドカップ(W杯)で「世界を肌で感じる」ことで2020年の東京オリンピック、その先のフル代表に繋げてほしいと語った。

◆内山篤監督(U-20日本代表)
「U-20日本代表監督の内山です。キリンをはじめ、今日来てくださった方、日本でアンダーカテゴリを含めて応戦してくださる方、ありがとうございます。正直言いまして、私自身、4大会世界に出られないということで、非常にプレッシャーを感じながら最終予選を戦いました。試合を重ねるごとに選手たちが成長し、なんとか最終的には選手の力、チーム力で5大会ぶりの世界への切符を手にしました」

「来年5月にインチョンでワールドカップを迎えますが、彼らがこの予選を勝った経験、成長したものをさらに押し上げて、なんとか決勝トーナメントに上がるようにしたいです。3戦は彼らの力でゲームを戦えるので、世界のトップクラスを肌で感じて欲しいです。2020年の東京オリンピックをターゲットにした選手たちなので、そこにつながるように、そしてフル代表につながるような素晴らしい経験ができるように良い準備をして臨みたいと思います。是非、応援よろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

UAE戦ベンチのFC東京GK林彰洋、さらなる飛躍誓う「まだ実力が足りない」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽練習終了後、GK林彰洋(FC東京)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。先のUAE代表戦でビッグセーブを見せたGK川島永嗣のプレーぶりを見て、「まだ実力が足りないというところを認めないといけない」と力不足を痛感し、定位置確保へさらなる飛躍に意欲を示した。 <span style="font-weight:700;">◆GK林彰洋</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">──UAE戦はベンチ</span> 「正直、そこはまだ実力が足りないというところを認めないといけない。だから、そういう意味では、ある程度、目が止まってくる状況にしないといけないなと」 <span style="font-weight:700;">──今回招集のGKは三者三様の特長がある</span> 「精度を上げていくというか、この前の試合で(川島)永嗣さんのセーブがあったけど、ああいうところでしっかりセーブできるという状況があるからこそ、チームは勝つことができた」 「(ベンチから見ていて、)局面でああいう止め方もあるんだなと改めて知った。僕だったらどうしていたかを頭に浮かべながらベンチで見ていた」 2017.03.28 01:05 Tue
twitterfacebook
thumb

DF酒井宏樹「最終予選は結果」…内容よりも結果重視の考え明かす《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽練習終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。右サイドハーフの関係性や、W杯アジア最終予選6試合の戦いぶりを振り返り、「最終予選は結果」との考えを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井宏樹</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">──タイ戦の注意点</span> 「立ち上がりは注意したい。良いモチベーションで試合に入ることが大事。観客を含めて会場が一体になって、向こうにプレッシャーを与えることができれば、相手にプレーさせることはないと思う。後ろが90分しっかり引き締められれば良い試合になる」 <span style="font-weight:700;">──これまでのホームゲームで苦戦</span> 「内容に関して、苦しいとは思っていない。なかなか点が入らなかったり、失点をしてしまったりしていることはあるけど、チームとしてタフになることができている。内容云々というよりも、最終予選は結果。ワールドカップのチケットが取れれば良い」 <span style="font-weight:700;">──FW久保裕也との連携面</span> 「時間が短すぎるので、連携というよりも、お互いを信じ合ってやっていくしかない。それに、誰と組んでも、僕のプレースタイルは変わらない。プレースタイルというか、僕の考えることは変わらないので、前の選手がやり易いように動くだけ。主導権はサイドハーフにある。それに合わせて、動くこと、考えることが大事だと思っている」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「最後にはオーストラリア代表、サウジアラビア代表といった厳しい戦いが残っているので、タイもどういう戦い方でくるかわからないですが、0-0で進めば僕らも焦るかもしれない。明日は難しい試合になる」 <span style="font-weight:700;">──初戦UAE戦での敗戦について</span> 「負けることは許されなかったが、ポジティブに考えるしかない。予選が終わった時にあの敗戦があったからと思えるようにしたい」 2017.03.28 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

FW岡崎慎司「単発で終わってしまう攻撃がこのチームの課題」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。現在、最下位のタイ代表との一戦が間違いなく難しくなると警戒。また、日本代表の2次攻撃が少ないことを課題に挙げた。 <span style="font-weight:700;">◆FW岡崎慎司</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「ワールドカップ予選が始まってから何度もこういう相手に苦戦しているし、間違いなく難しくなる。チームとしてまず勝つということに対して泥臭くても勝つかや自分たちのやりたいことではないことを受け入れながらやるかということを克服しきれてない。やれることを増やしている段階。前半の戦い方というのは重要になってくる」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦で香川真司選手(ドルトムント/ドイツ)が日本の強みはカウンターと言っていたが</span> 「カウンターというよりは、失点が怖いので、現実的に勝っていくためには失点しない方法を逆算してそういう考えだと思う。そこからクオリティを高めていかなくてはいけないし、ラインを押し上げて高い位置からプレスをかけるということも理想としてはやりたいこと。ただ、そういう状況の中で勝つためにそれを実行できたのは良かった。明日はそれとは別の戦い方になると思う」 <span style="font-weight:700;">──引いた相手に対してどう戦うか</span> 「勇気も必要だと思う。そういう迫力を出して前半の立ち上がりからやっていくには迷いなくやっていかなくていけない。そうすることで、1次攻撃、2次攻撃と強い攻撃ができる。そういうのが日本代表は必要になってくる。単発で終わってしまう攻撃がこのチームの課題」 <span style="font-weight:700;">──ケガ人が出ている中で役割は</span> 「重要な役割をサコ(大迫勇也)や今ちゃん(今野泰幸)が担っていて、ハセさん(長谷部誠)もチームの中心だし、(高萩)洋次郎もケガをしてしまった。そういう意味ではここでも日本の強みを出せれば、勝負はできると思う。個人的にもFWとしてサコのプレーがチームにとって重要だったというのが観ててわかる。あそこまでポストプレーもできて、起点になれる選手が今までいなかった。今までは(前田)遼一さんがやってくれていた。自分も観ていて改めて参考になった」 2017.03.27 22:16 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪MF清武弘嗣、タイ戦のポイントに「いかに相手を食いつかせるか」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。タイとの一戦に向けてのポイントや中央の選手が重要になってくると提言。また、自身についてはワールドカップ出場のためにいつでも出られる準備をしておくとコメントした。 <span style="font-weight:700;">◆MF清武弘嗣</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「相手が引いてくるか、攻撃的にくるかはわからないが、やることは変わらない。日本のスタイルを一試合を通して発揮しなくてはいけない」 <span style="font-weight:700;">──日本のスタイルとは</span> 「監督が言ってきたように縦に速いサッカーというのも必要だが、引いた相手に対してボールの出し入れを多くしていきたい。ボールを握る時間帯のほうが多いと思うので、相手が出てきた時に裏を狙える。まずはボールの出し入れを多くして相手を食いつかせていかなくてはいけない」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦とは戦い方が変わると思うが</span> 「もちろん戦い方は違う。相手も違う。日本がボールを持つ時間帯が長くなると考えている。その中で、いかに相手を食いつかせたり、ラインを上げさせるかがポイントになる」 「ボランチだったり、トップ下が配球や出し入れをしなくてはいけない。明日はボランチとトップ下の3枚が重要な役割になる」 <span style="font-weight:700;">──セレッソ大阪に戻ってきて、日本で調整して代表戦に臨むことになるが</span> 「海外にいたころとあまり変わらない。飛行機の移動がなくなっただけ」 <span style="font-weight:700;">──コンディションはどうか</span> 「コンディションは良いし、常に試合に出たいと思っている。それがないとここにいる意味がない。今はみんながワールドカップを目指している中で、試合に出たいという気持ちはもちろんあるが、チームのためにという気持ちもある。自分がやれることをやりたいと思う」 <span style="font-weight:700;">──香川真司選手(ドルトムント/ドイツ)はトップ下での競争を意識しているようだが</span> 「もちろん、ずっと真司くんとトップ下をやってきたので、試合には出たい。その中で、ピッチの上で絡みたいという気持ちもある。その気持ちはあるが、まずはワールドカップに行く切符を掴まなくてはいけない。ずっとここ数年代表にいるが、この気持ちは初めてではない。自分が出ても出なくても、自分が考えているトップ下の像とかイメージは常に持ちながら、試合に絡める準備はやっていきたい」 2017.03.27 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

FW久保裕也、引いてくることが予想される相手に「サイドが起点になる」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、FW久保裕也(へント/ベルギー)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。引いてくることが予想されるタイとの試合をサイドが起点になると強調し、得点に絡むことでチームの勝利に貢献することを意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆FW久保裕也</span>(へント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「得点に絡むのが仕事だと思う。しっかり貢献できるようにしたい」 <span style="font-weight:700;">──状態はどうか</span> 「まだまだコンディションは上がると思うし、監督からもフィジカルが足りないとは言われている」 <span style="font-weight:700;">──大迫勇也選手(ケルン/ドイツ)が抜けて、前線の顔ぶれが変わると思うが</span> 「選手の特徴とかはあると思う。その試合に出るメンバーでしっかりとコミュニケーションを取れていけたらと思う」 <span style="font-weight:700;">──タイは引いてくることが予想されるが</span> 「サイドが起点になるのかなと思う。そこで枚数をかけて崩せたらチャンスが作れると思う」 <span style="font-weight:700;">──クラブでは中央からの突破や裏への抜け出しなど多くのパターンから得点を決めているが</span> 「いろいろなイメージがある。状況によって変わるとは思うが、とにかくいろいろなことを試しながらやっていけたらと思う」 <span style="font-weight:700;">──本田圭佑選手(ミラン/イタリア)には右サイドでのプレーについてアドバイスをもらったか</span> 「前回の試合前にはポジショニングについては言われた」 <span style="font-weight:700;">──長友佑都選手(インテル/イタリア)が久保選手を観ていると昔のギラギラしていた頃の自分を思い出すと言っていたが</span> 「それは僕が判断することではないので、長友さんの意見だと思う」 <span style="font-weight:700;">──クラブを変えたことでプラスになったことは</span> 「結果もついてきているし、その部分はクラブを変えて良かったと思う。スタイルが違うので比べることはできない」 2017.03.27 22:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース