各カテゴリーの日本代表指揮官が集結! 2017年の年間スケジュール発表2016.12.22 18:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は22日、各日本代表の2017年における年間スケジュールを発表。会見には、JFA会長の田嶋幸三氏をはじめ、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督、なでしこジャパンの高倉麻子監督ら各カテゴリーの日本代表指揮官、関係者が出席した。

▽主なスケジュールとして、SAMURAI BLUEはロシア・ワールドカップ(W杯)行きを懸けたアジア最終予選の残り5試合を予定。また、U-20カテゴリーは5月20日~6月11日まで韓国・仁川で開催されるU-20W杯に出場し、U-17カテゴリーは10月に行われるU-17インドW杯に臨む。

▽なでしこジャパンは3月初旬にアルガルベカップに参加。4月9日には、高倉体制初の国内強化試合として、「キリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~」に臨む。各日本代表のスケジュールは以下のとおり。

◆2017日本代表スケジュール
▽日本代表
《ロシアW杯アジア最終予選》
3/23 vsUAE(A)
3/28 vsタイ(H、埼玉スタジアム2002)
6/13 vsイラク(A)
8/31 vsオーストラリア(H、埼玉スタジアム2002)
9/5 vsサウジアラビア(A)

《EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017決勝大会》
12/8-16 (味の素スタジアム)

▽U-20日本代表
《U-20W杯》
5/20~6/11(韓国・仁川)

▽U-19日本代表
《海外遠征》
5/18-30(フランス)

▽U-18日本代表
《コパ・デル・アトランティコ》
2/4-13(スペイン)
《海外遠征》
5/8-15 (東南アジア)
《リスボン国際トーナメント》
6/10-20(ポルトガル)
《強化合宿》
7/10-12(未定)
《SBS杯》
8/7-13(静岡県)
《海外遠征》
9/21-10/2(カタール)
《海外遠征》
10/14-20(未定)
《AFC U-19選手権1次予選》
10/21-29(未定)

▽U-17日本代表
《海外遠征》
2/21-28(欧州)
《海外遠征》
3/20-27(北米)
《海外遠征》
5/19-27(アフリカ)
《国際ユースサッカーin新潟》
7/11-17(新潟)
《海外遠征》
8/19-27(欧州)
《強化合宿》
9/19-21(未定)
《海外遠征》
10/2-5 (インド)
《U-17W杯》
10/6-28 (インド)

▽U-16日本代表
《モンテギュー国際大会》
4/9-19(フランス)
《U-16インターナショナルドリームカップ》
6/14-18(宮城)
《海外遠征》
11/16-26(UAE)

▽U-15日本代表
《強化合宿》
2/16-19(未定)
《海外遠征》
3/12-18(南アジア)
《デッレナツィオーニトーナメント》
4/21-5/3(イタリア)
《強化合宿》
6/23-26(未定)
《海外遠征》
7/20-26(中国)
《海外遠征》
9/9-15(未定)
《AFC U-16選手権1次予選》
9/16-25(未定)

▽なでしこジャパン
《強化合宿》
1/20-24(東京)
《アルガルベ杯》
3/1-8(ポルトガル)
《キリンチャレンジカップ》
4/9 vs未定(うまスタ)
《海外遠征》
6/5-13(ベルギー等)
《海外遠征》
7/24-8/5(未定)
《MS&AD杯》
10/22 vs未定(長野U)
《強化合宿》
11月下旬(未定)
《EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017決勝大会》
12/8-16(フクアリ)

▽U-23日本女子代表
《ラ・マンガU-23女子国際大会》
3/2-6(スペイン)

▽U-19日本女子代表
《強化合宿》
3/12-15(未定)
5/14-17(未定)
《海外遠征》
6/26-7/5(未定)
《強化合宿》
9/3-6(未定)
《AFC U-19女子選手権》
10/14-28(中国)

▽U-16日本女子代表
《強化合宿》
2/10-12(静岡)
2/17-19(大阪)
《海外遠征》
4月(未定)
《強化合宿》
6.2-5(未定)
8/7-11(未定)
《AFC U-16女子選手権》
9/9-23(タイ)

▽フットサル日本代表
《海外遠征》
3/23-4/4(未定)
《強化合宿》
5/30-6/4(兵庫)
《アジアインドアゲームズ》
9/17-27(トルクメニスタン)
《強化合宿》
10/16-18(未定)
《AFCフットサル選手権予選》
11/1-11(未定)

▽フットサルU-20日本代表
《強化合宿》
4/5-9(未定)
《AFC U-20フットサル選手権》
5/9-21(未定)

▽フットサル日本女子代表
《強化合宿》
3/22-26(未定)
《AFC女子フットサル選手権》
8/15-26(未定)
《アジアインドアゲームズ》
9/17-27(トルクメニスタン)

▽ビーチサッカー日本代表
《海外遠征》
1/10-23 (アメリカ・コスタリカ)
《AFCビーチサッカー選手権》
2/18-24(マレーシア)
《海外遠征》
3/13-22(未定)
《国際親善試合》
4/15-16 vs未定(沖縄)
《ビーチサッカーW杯》
4/27-5/7(バハマ)
《海外遠征》
9/19-25(中国)
《インターコンチネンタルカップ》
10/28-11/5(UAE)

コメント

関連ニュース

thumb

経験豊富なG大阪MF今野泰幸も韓国代表を警戒「間違いなく強い相手。苦労する」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国を警戒し「最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」と全力を出し切って勝ち切ると意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「上手い選手も増えてきているし、元々気持ちを持った選手も多いので、間違いなく強い相手だと思います。苦労すると思います」 <span style="font-weight:700;">──今大会は0-0で粘って、最後に点を取ってという試合が続いているが</span> 「もちろん最初に点が取れた方が良いです。とにかく、最初から飛ばして90分間戦わないと、勝つのは難しい相手だなと思います。最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝するということはやはり大事か</span> 「やっぱり2位だと何も残らないです。1位をとれば、少しは歴史に名を刻めるのでね。とにかく結果にこだわりたいです。どんな内容であろうと気持ちで負けないで、がむしゃらに1位を獲りに行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督は中国戦の試合後に今野選手のプレーを褒めていたが、自身ではどうか</span> 「アンカーのポジションはそんなにやらないですけど、落ち着いてできましたね。最低限のことはできたと思います」 <span style="font-weight:700;">──ダブルボランチとは違いますか</span> 「全然違いますね。そこのポジションを空けたら、誰もいなくなってしまうので、ポジショニングが重要です。僕は本能的に動いてしまうので、そこを空けてしまうことが多いんですけどね。そこを気をつけながらプレーしました」 <span style="font-weight:700;">──経験が少ない選手が多い中で、だいぶ1つになっているような手応えは</span> 「そうですね。練習では監督がどんどん要求してきますし、それにみんなが応えようと必死にやっています。みんなもJリーグでは試合に出ている選手なので、経験も持っているし、サッカーも知っています。徐々に良くなっているとは感じます」 <span style="font-weight:700;">──中盤での自分の生かし方とかは見えてきているか</span> 「僕は経験があるので、色々な要求があるのは当然です。その中で自分の特徴を出していかないと、生き残れないのは分かっていることです。それができないなら、外れていくだけですね」 2017.12.15 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこ、北朝鮮に完敗で優勝逃す《EAFF E-1サッカー選手権》

▽なでしこジャパンは15日、EAFF E-1サッカー選手権の第3戦で北朝鮮女子代表をフクダ電子アリーナに迎え、0-2で敗れて優勝を逃した。 ▽初戦で韓国女子代表を、そして2戦目で中国女子代表を下したなでしこジャパン。3連勝で大会制覇を目指すチームを率いる高倉監督は、この最終戦で[4-4-2]の布陣を採用した。GKは池田で、最終ラインは右から高木、三宅、鮫島、宇津木。中盤は右から籾木、阪口、隅田、櫨で、前線は岩渕と田中が組んだ。 ▽共に2連勝も得失点差で下回るなでしこジャパンは、優勝のために勝利が必要な一戦。立ち上がりは北朝鮮の積極性を前にやや押しこまれたものの、時間の経過とともにボールを支配し、丁寧にボールをつなぎながら侵攻する。最初のチャンスは22分、左サイドから宇津木が入れたクロスに岩渕が頭で合わせてGKを強襲。しかし、ここはわずかに岩渕がオフサイドだった。 ▽ハーフタイムにかけてもなでしこジャパンが主導権を握る。しかし、集中を切らさずに球際へのタイトな守備を継続する北朝鮮をなかなか崩すことができない。結局、前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半もポゼッションで優位に立ちながら攻めあぐねる、なでしこジャパン。高倉監督は62分に岩渕を下げて中島を投入する。 ▽しかし、インテンシティの高い北朝鮮を前に、なでしこジャパンは逆に押し込まれるシーンが増えてくる。すると65分、なでしこが失点を喫する。バイタルエリアでキム・ユンミにボールを持たれると、ミドルシュートを浴びる。これをゴール右に決められ、なでしこジャパンがビハインドを背負った。 ▽ここからやや前がかりになった、なでしこジャパンだが、これにより逆にスペースを突かれると、2失点目を喫する。82分、右サイドからクロスを入れられると、最後はファーサイドのリ・ヒャンシムにネットを揺らされた。 ▽その後、なでしこジャパンは優勝のために3点が必要なためリスクを冒して前に出るが、最後まで北朝鮮を崩せず、0-2で敗戦。3大会ぶり3度目となる大会制覇とはならなかった。 2017.12.15 20:46 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国の高さを警戒する鹿島DF昌子源、それでも「結局は個々のデュエル」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国のFWキム・シンウクの高さを警戒しながらも、「最低限キレイに何かをさせることは防げる」と意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「技術がしっかりしています。相手がどれだけ長い期間一緒にやっているかはわからないですけど、僕らより連携が良いというのは聞いています。監督も向こうの方が一緒にやっている期間も長いし、戦術面や連携面は理解度は高いかもしれないと言っていました。実際は試合にならないとわからないですけど、戦術の理解度は高そうな印象はあります」 <span style="font-weight:700;">──そんな中で、日本の守備陣はどう戦っていくか</span> 「結局は個々のデュエルだと思います。もちろん戦術やチームの戦術理解度で勝敗は決まるかもしれないですけど、ゴール前では相手の9番(キム・シンウク)とか、ヘディングを生かしてやってくると思います。困ったときにデカい選手がいるのは、サッカー的にも楽でしょうしね」 「ただ、そういったものに韓国は頼るチームではないと思うし、技術がしっかりしている分、下で繋ぐこともできます。色々なバリエーションが増えることは、ディフェンス陣からしたら嫌ですね。ただ、それにしっかり対応していかないといけないなと思います」 <span style="font-weight:700;">──196cmのキム・シンウクは脅威だと思うが</span> 「僕はそこまで大きい選手が初めてではないです。色々なやり方はあると思います。単純にヘディング勝負で勝てるかといったら、10回やって1回勝てるかも分からないです。僕のヘディングは向こうは胸かもしれないです。色々な守り方があると思います」 「トラップ際を狙うとか、僕が負けると思って違う人がカバーするとか。ただ、最低限キレイに何かをさせることは防げると思います。危ないところで僕が競って、体を当てるだけでもシュートの威力を落とすこともできます。そこは最低限やりたいです」 <span style="font-weight:700;">──W杯で対戦するセネガルとかポーランドはフィジカル面でも勝るチームだが、その辺も意識するか</span> 「そこを気にしていたらダメだなと思います。目の前の試合で目の前の相手を倒した後に、そういったイメージが湧いてくるかなと。僕が高さで全部負けて、もうダメだとなるのもナンセンスだと思うし、高さだったら全部植田をぶつけたら良いわけですし。そうはいかないですけど」 「僕は正直、高さが得意ではないです。196cmの相手に勝てると言えるほど自信はないです。直は、2mの相手でもぶつかっていくけど、自分はそういった自信はないし勝てないのは分かっているので、それに見合う違うことでやっていきたいです」 2017.12.15 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

生き残りを懸けたラストチャンスの日韓戦について柏FW伊東純也「勝たないとアピールにはならない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW伊東純也(柏レイソル)がミックスゾーンで記者の取材に応対。中国代表戦で負ったケガについては回復していると明かし、スピードを生かして韓国にしっかり勝ちたいと語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW伊東純也</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──ケガの具合は</span> 「痛いですけど、(90分間)できると思います」 <span style="font-weight:700;">──中国戦ではどのシーンで負傷したのか</span> 「競り合いのときですね。試合が始まったばかりの頃です」 <span style="font-weight:700;">──100%でダッシュできる状況か</span> 「だいぶ戻ってきたと思います。明日にはもっと良くなっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──スピードというところが期待されていると思うが、明日の韓国戦はどんなプレーをしたいか</span> 「ピッチに立ったら言い訳できないですし、(ケガは)関係なくスピードを生かして仕掛けていければなと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「攻撃的で、サイドバックがすごく上がってくるという印象です。その後ろを突けたらなと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表で試合に出ることで、自分で感じている変化はあるか</span> 「チームとは違うので、そういった部分では慣れていって日に日に良くなっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──日韓戦はあまり経験がないかもしれないがイメージはあるか</span> 「大学の時もアジアのチームとは試合しましたが、力強いと思うので、そういったところでは負けないようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国はライバルと言われるが、心理面でのプレッシャーは</span> 「そういったものはないですが、負けられないライバルなので、勝って優勝できたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表に入るのはイメージしていたより早いか</span> 「僕は大卒なので、年齢的には早いとは思っていません。自分より若い選手も入っているので、負けないように頑張って行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督やコーチングスタッフから個人的に言われていることは</span> 「攻撃の面で違いを出して欲しいと言われていますし、そこは長所だと思っています。クオリティが評価されていると思うので、しっかりやりたいです」 <span style="font-weight:700;">──次の試合がアピールの場としては最後になるかと思うが</span> 「まずは一戦一戦という考えしかなかったです。最後もしっかり勝つ。勝たないとアピールにはならないので、最後も勝ちたいです」 2017.12.15 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

キミの理想の日本代表を指揮することが可能に!?

▽2018年、4年に一度のサッカーの祭典がロシアで行われる。6大会連続での出場を決めた我らが日本代表。各選手たちは、本大会に臨む23名に選ばれるべく、しのぎを削っている。 ▽現在行われているEAFF E-1サッカー選手権2017には、23名の国内組選手が日本代表として選出。これまで日本代表にあまり招集されていない選手も多く、今シーズンの活躍を受けて初招集となった選手も多数いる。 ▽日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督にとっても、今大会で多くの選手が結果を残すこととなれば、選手選考に頭を悩ませる可能性もあるだろう。 ▽もちろん、日本代表を応援する人にとっても、悩ましい状況のはず。お気に入りの選手がメンバーに入るのかどうか。選手のコンディションやパフォーマンスの好不調など、見極めたい方もいるはずだ。 ▽誰しもが1度は考えたことがあるであろう、自分が選出したスペシャルな日本代表。5月末の本大会に向けた発表の前には、必ず23名を選んでみるはずだ。自分が選んだ日本代表を戦わせたら…という妄想もするに違いない。 ▽「高さが欲しい」「スピードが欲しい」「良いキッカーが欲しい」。様々な思いがみなさんあるはずだ。そして、理想のチームを指揮してみたいとも思うはずだ。 ▽理想の日本代表を指揮してみたいというサッカー好きの思い…そんな夢が叶うのが、『BFB チャンピオンズ 2.0~Football Club Manager~』(以下、『BFB チャンピオンズ 2.0』)だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><span style="color:#ff0000;">★</span>『BFBチャンピンズ2.0』で日本代表を指揮!<span style="color:#ff0000;">★</span> <a href="https://goo.gl/4YVuiZ" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/500/image/app_dl.jpg" width="40%"></a></div> ▽『BFB チャンピオンズ 2.0』では、日本代表登場キャンペーンを実施。現在は総勢32名の日本代表選手がゲーム内に登場している。 ▽BFBの選手はポジション適性や14種類の能力値、スキルなどで特徴付けされており、フォーメーションやキッカーの選択などと組み合わせることで、手軽に深い戦略性を楽しむことができる。さらに、選手がレベルアップする度に好きな能力値に割り振れるポイントがもらえるため、自分だけの日本代表を作り上げることも可能だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_3_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> ▽日本代表でキャプテンを務める長谷部誠や守護神を務める川島永嗣、守備の要として君臨する吉田麻也や不動の左サイドバックである長友佑都、ハードワークが身上の原口元気や1トップを務める大迫勇也も登場する。最近は日本代表から離れている本田圭佑や香川真司、岡崎慎司ももちろん登場するぞ。 ▽さらに、新たに追加された9名の選手には、センターバック争いに名乗りを上げた昌子源、目覚ましい飛躍を見せる井手口陽介、今シーズンブレイクした杉本健勇も登場。また、スペインで活躍する乾貴士、柴崎岳も追加されている。 ▽さらに、1月16日までの期間限定で、日本代表ログインボーナスを実施中。最高レアリティ★7 の日本代表選手が必ず獲得できる「マイ★7 以上確定日本代表スカウトチケット」や、「日本代表スカウト」に必要な「マイ日本代表スカウトチケット」など、日本代表選手が獲得できるスカウトチケット各種をログインする毎に15日ログインするまでゲットできるぞ。 ▽ちなみに、筆者がスカウトを行ったところ、「マイ★7 以上確定日本代表スカウトチケット」では遠藤航、「マイ★6以上確定日本代表スカウトチケット」では川島永嗣をゲットした。日本代表の守護神をゲットできたことは、非常に大きいぞ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_5_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> ▽ぜひこの機会に、BFBで監督デビューしてみてはいかがだろうか? <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><span style="color:#ff0000;">★</span>『BFBチャンピンズ2.0』で日本代表を指揮!<span style="color:#ff0000;">★</span> <a href="https://goo.gl/qZrdWV" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/500/image/app_dl.jpg" width="40%"></a></div> 2017.12.15 20:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース