【六川亨の日本サッカー見聞録】危機感を覚えたJリーグアウォーズ2016.12.22 13:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽今シーズンのJ1リーグのMVPは川崎Fの中村が初受賞した。チームの年間2位に貢献し、9ゴール11アシストと結果も残しただけに、納得できる結果でもある。リーグ優勝を果たした鹿島からベストイレブンに選出されたのは西と昌子の2人だけ。これはCS(チャンピオンシップ)が始まる前の11月18日に優秀選手がノミネートされたため、CSの結果は反映されなかったからだ。第2ステージの鹿島は11位と低迷していただけに、当然の結果と言える。

▽その一方で、年間勝点1位の浦和からは8人の選手が優秀選手に選出されながら、ベストイレブンに選ばれたのは西川と槙野、阿部、柏木の4人だけ。興梠と武藤はゴールという結果で小林(川崎F)やレアンドロに及ばなかったため選外となったのだろう。

▽興味深いのはベストイレブンのDF陣だ。昌子と槙野は当然として、6位の広島から塩谷、9位のFC東京から森重が選ばれたのはちょっと意外だった。チームの成績に関係なく、プレーが評価されての受賞だろうが、ベストイレブンに選ばれた4人は、いずれもCBタイプの選手ということ。昌子と森重は4バックのセンターだし、槙野と塩谷は3バックのサイドで果敢な攻撃参加を見せるものの、純粋なサイドバックではない。

▽ノミネートされた選手には4バックのサイドを務める川崎Fのエウシーニョと車屋、G大阪の藤春もいたが、槙野や塩谷を上回るだけのインパクトを残せなかったということなのだろう。日本代表でもサイドバックは酒井宏と酒井高、長友が長らくレギュラーとしてプレーしている。それだけ“国内組”にはサイドバックの台頭が滞っていることの裏返しと言えるかもしれない。

▽塩谷と、今回は受賞を逃した藤春は、手倉森監督が「代表に来て欲しい」と期待を込めてリオ五輪のOA枠で招集した選手でもある。ただし、塩谷と藤春はすでに28歳と、もう若手の域を過ぎている。大型CBだけではなく、サイドバックの育成も急務と言っていいだろう。ベストイレブンを見ても、25歳以下での選出は昌子1人だけ。浦和の遠藤や川崎Fの大島、ベストヤングプレーヤー賞を受賞したG大阪の井手口がベストイレブンの選外になったのは残念だったが、若手選手の有望株は浅野や久保、南野のように海外へ流出して、Jリーグそのものが高齢化している証拠かもしれない。

▽中村のMVPは当然だと思うが、36歳での受賞は過去最年長となる。その彼が、投票で断トツだったことにも危機感を覚えてしまう、今年のJリーグアウォーズだった。

【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】古豪復活を予感させる北朝鮮のパスサッカー

▽12月9日に開幕した東アジアE-1選手権の男子サッカーで、日本は初戦の北朝鮮戦を1-0で下して白星発進をした。しかし試合内容は北朝鮮の猛攻に防戦一方。GK中村(柏)の再三にわたるファインセーブがなければ大敗してもおかしくない試合だった。 ▽日本は中村を始め、DF室屋(FC東京)やFW伊東(柏)、阿部(川崎F)ら4人が代表デビューを果たすなど、国内組の急造チーム。このためチームとしての完成度は低い。それは試合後のハリルホジッチ監督も認めていた。 ▽その一方で、北朝鮮は、かつてないほど洗練されたチームだったことも日本が苦戦した一因だ。2年前の大会では長身FWにロングボールを集めるスタイルに敗れたが、アンデルセン監督はていねいにパスをつなぐサッカーで北朝鮮を再生。プレスを受けても苦し紛れのクリアではなく、確実に味方につないでいた。 ▽FWキム・ユソンはスピードを生かした突破で何度も昌子(鹿島)と谷口(川崎F)のCBを脅かしたし、MFリ・ヨンジ(讃岐)はボランチとしてゲームを組み立てながら、2列目からの飛び出しで日本ゴールを脅かした。かつて川崎Fでプレーした東京朝鮮高校出身のアン・ビョンジュン(熊本)が「内容的にはよかったけど、勝ちにつながらなかったのは悔しい」と話したように、日本は井手口(G大阪)の一発に救われた試合でもあった。 ▽日本対北朝鮮戦の前には韓国対中国戦が行われた(2-2)が、4チームの初戦を見る限り、チームとしての完成度は北朝鮮が一番高いだろう。「平日は代表チームで練習し、週末は各クラブの試合がある」とアンデルセン監督が話したように、共産圏ならではの強化方法だ。 ▽そんな北朝鮮は、かつてはアジアの盟主だった時代もある。W杯の初出場こそ韓国(1954年)に譲ったものの、1966年のイングランドW杯ではアジア勢として初のベスト8に進出(当時は16か国で開催)。グループリーグではイタリアを1-0で破ってグループリーグ敗退に追い込んだ。ベスト8という記録は2002年の日韓W杯で韓国ばベスト4に進出するまで、長らくアジアの記録となっていた。 ▽当時の北朝鮮のスタイルは、ショートパスをつなぐ当時としてはモダンなサッカーだった。それは東京朝鮮高校にも受け継がれ、1960~1970年代のチーム最強を誇り、「幻の高校チャンピオン」と呼ばれていた。というのも当時は高校選手権やインターハイに出場することが認められていなかったからだ。 ▽これは余談だが、当時の主力選手で構成されたシニアチーム、高麗FCは東京都リーグでも抜群の強さを誇っていた。ショートパスをていねいにつないで崩してくるスタイルは伝統とも言える。そんな彼らのスタイルを「シニアのサッカーは蹴って走るのではなく、パスをつないで楽しく、強いチームを目指そう」とした。 ▽帝京高校や本郷高校のOBチームを始め、中央大学のOBチームで結成され、金田さんや菅又さん、早野さんらのいるチームは高麗FCと善戦したものの、なかなか彼らの牙城を崩すことはできない。その結果、たどりついた結論は「同じサッカースタイルでは勝てない」ということだった。 ▽高麗FCと戦うには、中盤を省略してロングボールでカウンターを狙う――いわゆるキック&ラッシュの古典的なスタイルだった。ここらあたり、ハリルホジッチ監督の思想と近いものがあるのかもしれない。初戦は不運な一発に沈んだものの、古豪復活を予感させる「レッド・デビル」だった。 ▽ちなみにサッカーダイジェスト時代、メキシコW杯1次予選(ホームは原博実のゴールで1-0の勝利)で北朝鮮に「レッド・デビル」とタイトルをつけたら、在日本朝鮮人総練合会(朝鮮総連)からクレームが来た。彼らいわく「我々を悪魔扱いするのか」と言われたので、マンチェスター・Uなどの強豪と同様に敬意を込めたニックネームであることを説明したら納得してくれた。 ▽代表チームの来日の際には、東京の北区にある東京朝鮮高校で親睦のサッカーと、試合後は校庭で焼き肉パーティーを催してくれた。核実験や弾道ミサイルの発射で国際的に緊張が高まっているものの、ハリルホジッチ監督が試合後「サッカーの世界で、友情や信頼、そして喜びといったものを伝えたい」と述べたように、政治的な話は抜きにして北朝鮮のサッカーを楽しみたいと思う。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.12.12 13:01 Tue
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】東アジア選手権にまつわるエピソード

▽いよいよ明日からEAFF E-1選手権が始まる。といってもE-1選手権と聞いてピンとこない読者も多いのではないだろうか。取材する方にしても馴染みがない。これは2002年の日韓W杯後、2003年に東アジアの競技力向上のため東アジアサッカー連盟を設立し、日本、韓国、中国に加えて予選を突破した4チームによる新設された大会だ。 ▽中東では湾岸諸国によるガルフカップが1970年にスタートし、クウェートが最多10回の優勝を誇っているものの、近年はカタールやUAEの台頭が目立つ。東南アジアでも1996年から予選を勝ち抜いた8チームによる大会が開催されている。最多優勝はタイの5回で、シンガポールがタイに次いで4回の優勝を果たしている。 ▽日本は韓国との定期戦を1972年から実施しているものの、それが東アジアの大会に広がなかったのは、中国や北朝鮮が閉鎖的な外交政策を取っていたことも否めない。日韓W杯では中国が初出場を果たしたこともあり、3ヶ国が持ち回りで開催することに合意した。 ▽スタート時点の大会名称は「東アジア選手権」だったが、2013年に韓国で行われた大会から「東アジアカップ」に名称が変更され、さらに今大会から「E-1選手権」と2度目の名称変更になった。 ▽前回の2015年に中国で行われた大会は、ハリルホジッチ監督にとって初めての大会だったものの、Jリーグが中断してすぐの大会だったため、準備不足により初の最下位に沈む。ハリルホジッチ監督自身、記憶から消したい大会だった。その前の2013年大会は、ザッケローニ監督が若手選手主体で臨み、初めて優勝を果たす。この大会で活躍した柿谷や山口、清武らがブラジルW杯のメンバー入りしたことは記憶に新しい。 ▽過去には2005年に韓国・太田で開催された大会で、初戦で北朝鮮に敗れたため、怒ったジーコ監督が第2戦の中国戦ではスタメン全員を入れ替えたこともあった。2010年に日本で開催された大会では、日本は初めて3位に沈み、当時の岡田監督は試合後の会見で犬飼会長に進退伺いを出すような発言で物議を醸したこともある。後に岡田監督自身、「あれは冗談だった」と否定したものの、取材した記者の誰もが「冗談ではなく本気だった」と感じたものだ。 ▽その他にも2013年大会の日韓戦の試合前には、韓国サポーターが「歴史を忘れた民族に未来はない」とハングル語の横断幕を掲げたり、試合開始直前には1909年に初代韓国統監だった伊藤博文元首相を暗殺してヒーローとされる安重根と、16世紀の文禄・慶長の役で豊臣軍を破った朝鮮水軍の将軍である李舜臣の巨大な肖像画を描いた幕をゴール裏に広げたりするなど、この大会は何かと因縁が多い。核とミサイル開発などの挑発を続ける北朝鮮との試合は、警備もかなり厳重になることが予想される。 ▽それはさておき、果たして海外組を押しのけてロシアW杯のメンバー入りする選手が出て来るのか。柏のスピードスター伊東や初の得点王を獲得した小林(川崎F)、ファイターの金崎(鹿島)ら前線には楽しみな選手が多い。公開された練習では昌子と植田の鹿島勢が1対1での強さを証明していただけに、韓国や中国相手にどこまでフィジカルの強さを発揮できるのか。こちらも見物と言える。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.12.07 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】国内組で選手層に不安を抱えるポジションとは

▽今週末はJリーグが熱い! まずJ1は、12月2日に首位の鹿島が磐田に引き分けるか負けて、2位の川崎Fが大宮に勝ったら、川崎Fの初優勝がきまる。そして15位の清水が神戸に引き分けるか敗れ、16位の甲府が仙台に勝ったら、清水のJ2降格と甲府のJ1残留が決まる。鹿島、清水とも引き分けた場合は川崎F、甲府と同勝点ながら、得失点差で後者がリードしているという痺れるようなシチュエーションだ。 ▽翌3日にはJ1昇格プレーオフで名古屋と福岡が激突する。こちらは年間勝点で名古屋が1点上回っているので、名古屋は勝てばもちろん引き分けでも昇格できる。さらに3日はJ3リーグの最終戦が行われ、首位の栃木は2位の沼津と直接対決。3位の秋田にも優勝の可能性があるものの、沼津と秋田はJ2昇格のライセンスを保持していないため、この2チームが1位と2位になったら、J2の22位・草津と21位・熊本は残留が決まる。栃木が優勝した場合のみ、草津がJ3へ降格となる状況だ。 ▽そして翌週からはE-1選手権に向けた代表キャンプがスタートする。ハリルホジッチ監督いわく「最終ストレートに入る前の最後のテスト」と語った大会のメンバーが11月29日に発表された。今回は国内組の選手で、5人が初招集となった。23人の顔ぶれを見た正直な感想は、「サイドバックがいないな」というものだった。 ▽今回招集されたサイドバックで、右SBの西(鹿島)は「攻撃面で面白い選手」、初瀬(G大阪)は「いいキックを持っていて、守備よりも攻撃で面白い選手」、左SBの車屋(川崎F)は「試合のたびに成長が感じられ、代表には左利きの選手があまりいない」、山本(鹿島)は「特徴は守備にあり、空中戦も強い」と指揮官は招集理由を述べたものの、いまひとつ説得力に欠ける。 ▽日本代表のSBは、長らく長友と酒井宏が務め、彼らのバックアッパーとして酒井高と槙野が選出されてきた。10月と11月のテストマッチでは、槙野はCB(センターバック)としても起用されるなどプレーの幅が拡がったのは歓迎すべき事態だ。しかしながら、SBの層の薄さは依然として解消されていない。 ▽それは元技術委員長の霜田氏も懸念を示していた。リオ五輪のチームに招集した右SBファン・ウェルメスケルケン際は代表レベルではないことがわかり、室屋(FC東京)に落ち着いた。左はOA枠の藤春(G大阪)が務めたように、1つ下の年代でもSBは日本のネックだった。霜田氏は「室屋あたりが代表に入ってきて欲しい」と話していたが、FC東京の不振が響いたのか、ハリルホジッチ監督からは一度も声がかかっていない。 ▽長身GKとCBの育成に加え。攻守にアップダウンできるSBの育成と発掘も日本代表の急務と言えるだろう。 ▽今回招集されたメンバーで、最終選考に残りそうなのは、GK東口(G大阪)、DF車屋、昌子(鹿島)、MF井手口(G大阪、倉田(G大阪)あたりの“常連組"で、今大会が“追試"となる清武(C大阪)、金崎(鹿島)、杉本(C大阪)は活躍次第といったところだろう。今野(G大阪)はアウェーのUAE戦での評価が高いだけに、ブラジルW杯の大久保(FC東京)のようなサプライズ選手があるかもしれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.11.30 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】ブラジル戦の後半とベルギー戦で指揮官が日本を褒めた理由とは

▽今週は先週に引き続き、日本代表の欧州遠征について気になったことを指摘したい。まずハリルホジッチ監督だ。これまでは、負けた試合や引き分けた試合はもちろんのこと、勝った試合であっても苦言を呈すことが多かった。 ▽ところがリールで行われたブラジル戦は、「純粋な気持ち、改善点もあるし、満足できる部分もあった。後半は1-0で、2点目、3点目のチャンスもあった。前半は残念だが、後半は満足できる部分もある試合だった」と、彼にしては珍しく褒めていた。 ▽後半のブラジルはマルセロやネイマール、ウィリアン、ジェズスといった主力を下げたため、ベストメンバーとは言い難い。それも当然で、3-0とリードしたら、W杯では次の試合に備えて体力の温存を図る。そうした“格落ち"のブラジルだからこそ、後半は日本も善戦したように見えたという報道にも、ベルギー戦の前日会見で改めて否定した。 ▽指揮官いわく、ブラジル戦の後半は「杉本、浅野の決定機もあった。それはブラジルが力を落としたからだという人もいるようだが、私は日本の後半を評価している。ブラジルの試合を何ゲームも見たが、日本のようなチャンスはアルゼンチンも作れなかった。日本を過小評価しているようだが、私には満足できるものがあった」そうだ。 ▽ここまで日本を褒めるのは、監督就任以来、初めてのことだ。そしてベルギー戦後も「ブラジルよりいい試合をした。ゲームをコントロールできたし、チャンスがありながら得点できないのは残念。いい結果を求めて戦ったので残念だった。このような結果でも、ロッカールームでは『君たちは大きなライオンを倒しそうになったのだよ』と話した」と選手を称えた。 ▽その真意はどこにあるのか。当初は、監督自身の自宅がある、いわばホームの試合で、ヒステリックな姿ではなく、寛大な姿勢を見せたかったのではないかと推測した。ブリュージュもリールからはクルマで1時間弱と、ほとんどホームと変わらない。アジアの弱小国をここまで善戦(と言えるかどうかは別にして)させたことを、アピールしたかったのかと邪推したものだ。 ▽そして、もう1つの理由もあるのではないかと考えてみた。それは、今回は選手のテストだったため、このメンバーなら「この程度が限界だろう」というものだ。今回の遠征では本田、岡崎、香川の3人はコンディションに問題があるとして招集が見送られた。これまで所属チームで出場機会を失っていながら3人を招集することに、メディアから批判の声があがっていた。 ▽それなら「彼らを外したらどんなチームになるのか、どんなサッカーができるのか」を、ハリルホジッチ監督は証明したかったのではないだろうか。3人がいれば結果が変わったとまでは言えないものの、もう少し締まった試合になったような気がする。 ▽例えば右FWの浅野は決定機を外しても笑っていたし、久保もほとんど見せ場を作れなかった。杉本も惜しいヘディングシュートがあったものの、前線で機能していたとは言い難い。もしもタメを作れる本田がいたら、あるいはガムシャラに飛び込んでいく岡崎がいたら、もう少し攻撃の形ができていたのではと思ってしまう。原口も守備では健闘したし、乾も得意のドリブル突破を披露したが、香川なら違う選択肢で攻撃の幅を広げられたのではないだろうか。 ▽キャプテンの長谷部が万全のコンディションではないため、チームリーダーとしても本田の必要性を改めて感じた欧州遠征の2試合だった。 ▽これは余談だが、元日本代表で現在はテレビ解説者を務める川勝氏は、日本の不甲斐ない戦いぶりにベルギー戦は途中で見るのを止めたという。「決定機を外しながら浅野は笑っているし、久保もミスをすると照れ笑いをしていた。杉本は試合中、髪の毛が気になるのか何度も触っていた」と憤慨する。 ▽自身が読売クラブ時代、試合前のロッカーは殺気だっていたそうだ。白い歯を見せようものなら、「カリオカ(ラモス瑠偉)や哲二さん(柱谷)に殴られた。それだけ試合に集中していた」と振り返る。そんな川勝氏にとって、試合中にヘラヘラ笑っているのは許せないのだろう。 ▽杉本はかつての教え子でもあり、「サッカーをやめてしまえ」とまで言って厳しく指導した。そんな教え子には「髪の毛が気になってプレーに集中できないなら、剃るかワックスで固めてプレーに集中しろ」と指摘する。せっかくブラジルやベルギーという列強と対戦できる機会なのに、国内で行うテストマッチと同じモチベーションで臨んでいることが許せなかったようだ。 ▽それは、もしかしたらハリルホジッチ監督も同じなのではないだろうか。怒りを通り越して呆れている。「まだまだ日本の選手は子供だな」――それが、試合後に選手を褒めた一番の理由かもしれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.11.23 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】収穫多い欧州遠征もベルギー戦には不満が残る

▽ハリル・ジャパンの欧州遠征はブラジルに1-3、ベルギーに0-1と2連敗に終わった。FIFA(国際サッカー連盟)ランクでW杯の組み分けでは第1ポッドの両国だけに、当然の結果とも言える。と同時に、日本の弱点が改めて浮き彫りになった、貴重な2試合だった。 ▽まずブラジル戦。過去1勝もできていない相手に今回も1-3と完敗した。開始直後にネイマールにドリブル突破からウィリアンに決定的なシュートを許したように、日本は1対1の勝負で劣勢に立たされるとボールホルダーに複数の選手がアタックに行くため、フリーの選手を作りやすい。加えて現ブラジルは自陣からのボールカットでカウンターを狙うなど、かつての“サンバのリズム”は過去のものになり、「守」から「攻」への切り替えの速さが最大の武器になっている。そのことを実感させられたブラジル戦だった。 ▽日本はもともと個人技で突破を図る南米勢や、加えてフィジカルの強さがあるアフリカ勢を苦手にしてきた。この差を埋めるのは簡単なことではない。だからこそ、ハリルホジッチ監督はデュエルを日本に求め続けているのだろう。攻守において1対1で負けないベースがあることで、勝負はチーム戦術に移行できる。その前提がまだ日本には欠けているだけに、1対1のデュエルで日本は成長する必要がある。 ▽このため、ロシアW杯で南米勢と同居したら、勝点1を獲得することが最大の目標と言ってもいい。そのためには、なりふり構わず守備に徹し、隙があれば、今回対戦したブラジルや、J1リーグでは磐田のように、カウンター狙いで行くべきだろう。 ▽そしてベルギー戦である。過去2勝2分けと相性は良かった。それというのもベルギーはチームとして攻めてくるからだ。日本がプレスを掛ければ無理して個人で突破を図らない。欧州らしいパス・サッカーではあるが、スペインほどの緻密さはなく、ドイツやオランダのような強引さもない。 ▽今回は初黒星を喫したが、「1人が3~4人も突破してくるのは予想外だった」とハリルホジッチ監督が指摘したように、ナセル・シャドリのドリブルに後手に回ってルカクに決勝点を許した。これも想定外のプレーに対する対応力の未熟さかもしれない。 ▽残念だったのは、その後の試合運びだ。W杯を想定するなら、第1ポッドのベルギーと初戦で対戦し、引き分けられればグループリーグ突破の可能性は残される。それでも今回のようなゲーム展開なら、1-1のドロー狙いでリスクを冒して攻めるのか、あるいは2戦目以降の得失点差を考えて0-1のまま傷口を広げずに試合を締めるのか。その点が明確ではないように感じられた。 ▽今回の欧州遠征はテストマッチに過ぎない。だからこそ、第1ポッドであるベルギー相手に勝つチャンスがあるなら、攻撃の姿勢をもっと強めて欲しかった。ハリルホジッチ監督は杉本、乾、久保、森岡と攻撃的なカードを切ったものの、機能したとは言い難い。交代選手は奮闘したかもしれないが、DFラインの押し上げやパワープレーなど、チームとして波状攻撃を仕掛ける意欲は感じられなかった。 ▽この点については指揮官に問題があったのかもしれない。そのことは、来週のこのコラムで指摘したい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.11.16 19:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース