日本代表DF吉田麻也に第一子となる女児誕生!!「待望の親子契約が成立しました」2016.12.16 12:28 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也(28)が、自身のブログで第一子となる女児が誕生したことを発表した。

▽吉田は16日付でブログを更新。「素晴らしいお知らせ」のタイトルで、「11月末にこちらも顔を長く長く長くして待った待望の親子契約が成立しました。元気な女の子です」と女児誕生を報告。

▽さらに「最近インスタ、ツイッターと連動したもの以外ほとんど更新のなかったこのブログが今後僕の子育てブログに変わる可能性は十分あります。笑 いや、なきにしもあらず…ぐらいで留めておきましょう。笑」とコメント。娘とのツーショット写真も掲載した。

▽吉田は2012年の夏にサウサンプトンへVVVフェンロからサウサンプトンに加入。同年9月に一般女性との結婚を発表していた。

コメント

関連ニュース

thumb

柴崎岳が去ったテネリフェがラージョのカンテラから日本人MF吉村祐哉を獲得

▽リーガエスパニョーラ2部のテネリフェは21日、ラージョ・バジェカーノのカンテラから日本人MF吉村祐哉(19)を獲得したことを発表した。当面はBチームでプレーすることとなるようだ。 ▽東京都出身の吉村は15歳の時にスペインへ渡ると、3シーズンはマドリードのクラブで練習生として所属。18歳の誕生日後にラージョとユース契約を結んでいた。 ▽ラージョではコンスタントに試合に出場し評価を上げたこともあり、今回のテネリフェへの移籍が決定した。 ▽テネリフェには、2017年1月に鹿島アントラーズからMF柴崎岳が加入。加入当初こそ適応障害に苦しんだものの、シーズン終盤に存在感を発揮。リーグ戦13試合出場で1ゴール1アシスト、昇格プレーオフ4試合で1ゴール2アシストを記録していたが退団。17日にリーガエスパニョーラのヘタフェへの移籍が発表されていた。 2017.07.22 01:32 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケvsインテルは1-1のドロー…長友はフル出場、内田は出場なし《フレンドリーマッチ》

▽21日、シャルケvsインテルのフレンドリーマッチが行われ、1-1のドローに終わった。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りするも出場機会は訪れず。一方、インテルのDF長友佑都は先発フル出場を果たした。 ▽試合は中国江蘇省にある常州オリンピック・スポーツセンター・スタジアムで行われた。シャルケはDFナウドやDFマティヤ・ナスタシッチ、MFバンジャマン・スタンブリ、MFダニエル・カリジウリMFイェフレン・コノプリャンカらが先発。今夏フランクフルトから加入したDFバスティアン・オチプカも先発出場を果たした。 ▽一方のインテルは、GKサミル・ハンダノビッチやDFミランダ、DF長友佑都、MFマルセロ・ブロゾビッチ、MFジェフリー・コンドグビアらが先発。マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されるMFイバン・ペリシッチも先発メンバーに名を連ねた。 ▽試合は序盤からインテルが攻勢に出る時間が続くも、決定力を欠き得点を奪えない。31分にはスルーパスに抜けたエデルがボックス内右から折り返すと、後方から走り込んだペリシッチがシュート。しかし、枠を大きく外してしまう。 ▽38分にはドリブルで持ち込んだペリシッチがボックス内左から中央へパス。これをブロゾビッチがシュートもミスキック。こぼれ球を拾ったカンドレーバがシュートを放つも、GKヌーベルにセーブされる。 ▽ゴールレスで迎えた後半もインテルが攻勢を強める。56分にはボックス手前左から中央へMFジョアン・マリオがパス。これをヨベティッチがシュートも、GKヌーベルがセーブする。57分にはボックス手前で得たFKをブロゾビッチが直接狙うも、シュートは右サイドネットを揺らしてしまう。 ▽なかなか攻勢に出ることができなかったシャルケだが、1つのチャンスをものにする。60分、ドリブルを仕掛けたテクペテイのパスを受けたカリジウリが、ボックス内右で鋭い切り返しを見せて長友を振り切ると、そのまま左足で蹴り込み、シャルケが先制する。 ▽攻め込みながらも先制を許したインテルだったが、すぐに追いつく。73分、ジョアン・マリオの浮き球のパスを受けたムリージョがボックス手前右で相手選手をかわすと、左足一閃。GKの頭上を超えたシュートがネットを揺らし、インテルが同点に追いつく。 ▽その後も攻め立てるインテルだったが、最後まで決め手を欠く。後半アディショナルタイム2分には、ピナモンティがGKまでかわして無人のゴールへシュート。しかし、これはナウドが間一髪クリアしゴールならず。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 シャルケ 1-1 インテル 【シャルケ】 カリジウリ(後15) 【インテル】 ムリージョ(後28) 2017.07.22 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リーガの新シーズン開幕カードが決定! エル・クラシコは第17節と第36節で開催

▽ラ・リーガは21日、2017-18シーズンのリーガエスパニョーラの開幕カードを発表した。 ▽昨シーズン王者のレアル・マドリーは、アウェイでデポルティボ・ラ・コルーニャと対戦。2位のバルセロナはホームでベティスと対戦する。 ▽また、日本人選手が所属するチームはどちらもアウェイで開幕。日本代表FW乾貴士が所属するエイバルはアウェイでマラガと、MF柴崎岳が所属するヘタフェはアウェイでアスレティック・ビルバオと対戦する。 ▽さらに、アトレティコ・マドリーとビジャレアルはスタジアムを改修しているため、開幕から2試合をアウェイで戦うことが決定。第20節、第21節をかわりにホームで戦うこととなる。 ▽今シーズンのレアル・マドリーとバルセロナによる“エル・クラシコ”は、日時こそ決定していないものの第17節と第36節で開催。第17節はレアル・マドリーのホームであるサンチャゴ・ベルナベウで、第36節はバルセロナのホームであるカンプ・ノウで開催される。 <span style="font-weight:700;">◆2017-18シーズン開幕カード</span> セビージャ vs エスパニョール マラガ vs エイバル(乾貴士) セルタ vs レアル・ソシエダ バレンシア vs ラス・パルマス バルセロナ vs レアル・ベティス デポルティボ・ラ・コルーニャ vs レアル・マドリー レガネス vs アラベス ビジャレアル vs レバンテ アトレティコ・マドリー vs ジローナ アスレティック・ビルバオ vs ヘタフェ(柴崎岳) 2017.07.21 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ加入のMF柴崎岳は背番号「10」に決定!「プリメーラの舞台でプレーすることは夢だった」

▽ヘタフェへの移籍が決定したMF柴崎岳が21日、現地で入団記者会見に臨んだ。 ▽2017年冬に鹿島アントラーズからリーガエスパニョーラ2部のテネリフェに半年間の契約で加入した柴崎は、当初こそ適応障害に苦しんだものの、シーズン終盤に存在感を発揮。リーグ戦13試合出場で1ゴール1アシスト、昇格プレーオフ4試合で1ゴール2アシストを記録していた。 ▽柴崎はこの日入団会見に臨み、「Hola, soy Gaku Shibasaki, encandado el Getafe y la aficion del Getafe. Estoy un poco nervioso(こんにちは。柴崎岳です。ヘタフェとヘタフェのファンに感激してます。ちょっと今は緊張してますね)」とスペイン語で挨拶。「いつかプリメーラ(1部)の舞台でプレーすることは夢でした。誰かを追ってきたわけではありませんが、昨シーズンからスペインでプレーして、チャンスを掴んでこの舞台でプレーできることを嬉しく思っています」とコメントした。 ▽また、ヘタフェ移籍の決め手については「一番クラブからの熱意というか、必要とされているということを感じました。対戦した時も2部でも違いがあるクラブだなと唯一感じていました。対戦した相手の中では素晴らしい相手だなと思っていました」と語り、昨シーズンも対戦した印象を語った。 ▽さらに「ヘタフェに対しては、感謝しています。昨シーズンプレーしたテネリフェというクラブに対しても、クラブとして非常に温かくサポートして頂いてプレーできたので、僕としても良いプレーができたと思います。改めてテネリフェに対しても感謝の気持ちを伝えたいと思います」と語り、新たに加入するヘタフェ、そして半年間を過ごしたテネリフェへの感謝を口にしている。 ▽続いて、ヘタフェでどの様に貢献するかという質問には、「主に攻撃の面で多くのものをもたらせられると思っています。今季の目標はなるべく勝利を多く重ねて、上の順位にという目標が個人的にはあります。チームの目標はまだ聞いていないので、チームとしての目標をしっかり達成したいと思います」とコメント。監督とはまだ話していないと語り、「まだ話していません。数時間もすれば」と語った。 ▽自身初のリーガエスパニョーラ挑戦となる柴崎。リーガの印象については「リーガは世界でも最高のリーグだと思っていますし、たくさんのビッグクラブがあります。それらのクラブと対戦できることを楽しみにしています」とコメントしている。 ▽ヘタフェは、リーガエスパニョーラ昇格プレーオフ決勝で敗れ、悔しい思いをした相手。そのスタジアムが本拠地となることについては「残念な気持ちを感じたスタジアムでもありますけど、今は新たな気持ちで、このスタジアムでプレーして多くの貢献ができたらなと思います」とコメント。また、日本人ファンに対しては「このヘタフェのスタジアムに多くの日本人の方に来てもらいたいと思いますし、試合を見てもっともっとこのヘタフェからリーガの魅力を発信していきたいと思います」と語り、現地に足を運んで欲しいと語った。 ▽ポジションについては、「求められればどのポジションでもやる気持ちはありますが、セントラルミッドフィルダーのポジションがあっていると思います」と中盤の真ん中を希望。背番号10を背負った柴崎がリーガエスパニョーラの舞台でどの様な活躍を見せるのか楽しみだ。 2017.07.21 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

2日連続テストマッチのマインツ、武藤嘉紀は途中出場もスコアレスドロー

マインツは20日、テストマッチでブンデスリーガ2部のフュルトと対戦。試合はスコアレスドローに終わっている。<br><br>19日にもFC東京と練習試合を行ったマインツは、2日連続となるテストマッチ。そのため、前日から多くのメンバーを入れ替えフュルト戦に臨んだ。FW武藤嘉紀はベンチからのスタートとなり、64分から途中出場している。<br><br>試合は格上のマインツがボールを持ち、終始優位に進める展開。しかし、再三訪れた決定機を活かすことができず、スコアレスドローに終わっている。<br><br>今夏初の実戦ではゴールで幸先いいスタートを切った武藤だが、ここ数試合は得点なし。開幕スタメンをつかむために、まずは目に見える結果が欲しいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.21 15:07 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース