日本代表DF吉田麻也に第一子となる女児誕生!!「待望の親子契約が成立しました」2016.12.16 12:28 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也(28)が、自身のブログで第一子となる女児が誕生したことを発表した。

▽吉田は16日付でブログを更新。「素晴らしいお知らせ」のタイトルで、「11月末にこちらも顔を長く長く長くして待った待望の親子契約が成立しました。元気な女の子です」と女児誕生を報告。

▽さらに「最近インスタ、ツイッターと連動したもの以外ほとんど更新のなかったこのブログが今後僕の子育てブログに変わる可能性は十分あります。笑 いや、なきにしもあらず…ぐらいで留めておきましょう。笑」とコメント。娘とのツーショット写真も掲載した。

▽吉田は2012年の夏にサウサンプトンへVVVフェンロからサウサンプトンに加入。同年9月に一般女性との結婚を発表していた。

コメント

関連ニュース

thumb

マインツ戦にフル出場のケルンFW大迫勇也「もっとうまくできた」

▽ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、22日に行われたブンデスリーガ第17節のマインツ戦に先発フル出場。しかし、試合は0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽2017年初戦となったマインツ戦に臨んだケルンは、アウェイゲームということもあり5バックを採用。大迫もなかなか決定機が訪れず、試合はゴールレスドロー。ブンデスリーガ公式サイトが大迫のコメントを伝えた。 ▽試合を振り返った大迫は、「大事に入りすぎましたね。ただ、5バックでやってたんで、アウェイで…こんな感じになりますよね」とコメント。久々の実戦、アウェイゲームということで、チームが守備的に入ったことを明かし、「0-0の時間を長くしようという感じだったので。ただ、もったいなかったですね。もっとうまくできたと思います」と振り返った。 ▽大迫は36分にFKを頭で合わせるもGKがセーブ。終盤にはスローインからシュートを放つも、再びGKに阻まれていた。シュートシーンを振り返った大迫は「スローインからのやつは、もうちょっと上を狙えば良かったですね。下を狙いすぎました」と語り、得点を奪えなかったことを悔やんだ。 2017.01.23 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

約1年ぶりに先発復帰のマインツFW武藤嘉紀「得点に絡みたかった」

▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は、22日に行われたブンデスリーガ第17節のケルン戦に先発出場。352日ぶりの先発復帰となった試合を振り返った。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。 ▽負傷の影響もあり今シーズンはわずか3試合の出場にとどまっていた武藤。昨年9月のブレーメン戦以来のブンデスリーガ出場は、約1年ぶりの先発出場となった。 ▽ケルンの日本代表FW大迫勇也も先発出場。しかし、試合は互いに決定機を逃し0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽復帰戦となった武藤は89分までプレー。試合を振り返り、「やっぱり得点に絡みたかった」とコメント。「やっぱり5バックで、非常に前としては戦いにくい試合だったので。まあ少ないチャンスをものにできれば良かったですけど。でも、相手を0で抑えられましたし、貴重な勝ち点1かなと」振り返り、悔しさをにじませながらも勝ち点1獲得を前向きにとらえた。 ▽また、68分には右サイドからのクロスをゴール前で合わせに行くも、相手選手と交錯。このシーンについては、「どうなったのか少し分からないんですけど。見直してみないとわからないですけど、後ろから思い切り覆いかぶされたので。一発PKかなと思ったんですけど、そうじゃなかったので」とコメント。ファウルを取られなかったことに不満を露わにした。 ▽前半戦を終えたブンデスリーガ。長期の負傷離脱から復帰した武藤は「やらなくちゃいけないっていう感じかな。これだけ休んでたんで、うれしいっていうよりもとにかく結果を出すことにこだわっていきたいなと思います」と、今後の巻き返しに意欲を見せた。 2017.01.23 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン吉田麻也に高評価、無失点完封だけでなく攻撃でも存在感を発揮

サウサンプトンに所属する吉田麻也が、レスター・シティ戦でのパフォーマンスで高評価を獲得している。<br><br>サウサンプトンは22日、プレミアリーグ第22節でレスターと対戦し、3-0で完勝した。先発フル出場した吉田は岡崎慎司との日本人対決を制し、無失点での完封勝利に貢献している。<br><br>イギリス紙『デイリー・メール』では、吉田に「7」の採点が与えられた。キャプテンのDFビルヒル・ファン・ダイクが負傷交代し、途中からキャプテンマークを巻いた吉田は守備だけでなく、攻撃でも存在感を発揮。ジェイ・ロドリゲスが挙げた2点目は吉田が競った空中戦から生まれている。なお、吉田を超える評価を得たのはチームで2人。「7.5」の採点を得たのはドゥサン・タディッチ、先制点を挙げたジェームズ・ウォード・プラウズが「8」の採点を得ている。<br><br>公式戦7試合連続でフル出場を果たしている吉田。次はリーグ・カップ準決勝のリバプール戦、FAカップ4回戦でアーセナルと、強敵との連戦が続くが、そこでも力を発揮することはできるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.01.23 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、パレルモ戦でも不合格の烙印に「移籍が近づく?」…伊メディア報道

22日に行われたセリエA第21 節パレルモ対インテル戦(0-1)で、日本代表のDF長友佑都が起用されなかったため、「移籍が近づいている」とインテル情報サイト『Passioneinter.com』が報じている。<br><br>この試合に左サイドバックとして先発出場したDFクリスティアン・アンサルディは79分、パレルモのFWイリヤ・ネストロフスキと交錯した際のプレーに対し2枚目のイエローカードが提示され、退場処分を受けた。<br><br>それを受け、ピオリ監督はMFアントニオ・カンドレーバを下げ、DFダビデ・サントンを投入する決断をした。長友は長時間ウォーミングアップを続けていたにも関わらず、出場が叶わなかった。<br><br>今冬の移籍市場において、インテルはサイドバックの補強および放出が話題となっている。このため、パレルモ戦でも出場機会を与えられなかった長友については、「日本人選手は再び、不合格の烙印を押された。これから放出される可能性がある」と分析されている。<br><br>長友にはサンプドリアのほか、バーンリーなどプレミアリーグの複数クラブが獲得に興味を示していると報じられている。移籍期間の期限となる今月末まで、動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.23 12:44 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバル乾貴士、FW大久保嘉人超えのリーガ40試合出場…日本人の歴代最多出場記録

▽エイバルに所属する元日本代表MF乾貴士(28)が22日、日本人歴代最多となるリーガエスパニョーラ通算40試合出場を達成した。 ▽乾は、同日にホームで行われた第19節のバルセロナ戦に左サイドハーフとして出場。11試合連続で先発出場を果たし、かつてマジョルカでプレーしたFC東京に所属する元日本代表FW大久保嘉人の39試合を抜き、日本人のリーガエスパニョーラ歴代最多出場記録を更新した。 ▽なお、強豪バルセロナとの一戦に先発した乾は78分までプレー。チームはバルセロナに0-4で完敗し、順位を前節終了時の9位から10位に落とした。 2017.01.23 10:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース