マラドーナの仇を…CLラウンド16でのレアル・マドリー戦を待ち望むナポリDF2016.12.15 13:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ナポリに所属するクロアチア代表DFイヴァン・ストリニッチは、UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16でレアル・マドリーとの対戦が決まったことを受け、昨シーズンのチャンピオンチームとの対戦へ向けて意気込みを地元紙『Sportske novosti』で語っている。

「(クリスティアーノ・)ロナウドはトッププレイヤーだ。世界最高の選手だよ。でも、なんで誰も僕らがどうやって(ルカ・)モドリッチを止めようと計画しているか聞かないんだ?」

ストリニッチはこう語り、先日バロンドールの受賞が発表されたクリスティアーノ・ロナウドを警戒しつつも、レアル・マドリーのキーマンは同胞の司令塔モドリッチであると指摘した。

「難しい試合を強いられるだろう。僕らはレアルがいかに優れたチームか、理解しているつもりだよ。でも今とても調子がいいし、レアルと来週対戦するとなったらワクワクしているだろうね」

「僕たちとレアルが3月の段階で互いにどんな状況にあるか、誰にもわからない。唯一いえるのは、サン・パオロ(ナポリのホームスタジアム)の雰囲気は最高なものになるということだよ。」

さらにストリニッチはナポリのレジェンド、ディエゴ・マラドーナがレアル相手に勝利を挙げられなかったことを指摘し、以下のように決意を語った。

「マラドーナの仇を取るよ。ディエゴ(・マラドーナ)がレアル相手にできなかったことを、僕たちはやってのけてみせるんだ」

2015年にドニプロからナポリに加入したストリニッチは、今季まだリーグ戦で4試合の出場に止まっており、チャンピオンズリーグでの試合には出場していない。クロアチア代表では盤石の地位を築きながら、ナポリではアルジェリア代表DFファウジ・グラムの後塵を拝し、満足に出場機会を得られていないストリニッチだが、3月8日に行われるサン・パオロでのラウンド16第2戦までに定位置を奪えるのか。ナポリの今後の戦いと共に左サイドバックの選手にも注目してみよう。

提供:goal.com

コメント



PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース