【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

レアル、ナチョは“24時間稼働のDF”...ジダン・マドリーで居場所を確保したカンテラーノ

レアル・マドリーは、DFナチョ・フェルナンデスの存在に感謝しなければいけないだろう。<br><br>ナチョは今季のリーガエスパニョーラ開幕節デポルティボ戦で先発出場。DFセルヒオ・ラモスのCBの相棒として、フル出場で3-0の勝利に貢献した。<br><br>ジネディーヌ・ジダン監督は、このカンテラーノ(下部組織出身選手)を重宝している。S・ラモス、DFラファエル・ヴァランに次ぐ3番手のCBであるナチョだが、負傷や出場停止による欠場者が出れば、右SBでも左SBでもこなす。まさに&ldquo;24時間稼働&rdquo;の選手なのである。<br><br>マドリーには、毎年のようにスター選手が加入してくる。このようなビッグクラブでは、ナチョのような規律を重んじてチームのために働く選手は軽視されがちだ。<br><br>だがジダン監督はナチョを信頼しており、昨季はリーガエスパニョーラ28試合に出場した。トップデビュー以降、シーズン最多の出場時間数を積み上げ、フランス人指揮官の下で居場所を確保している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

退場に不満のセルヒオ・ラモス「プレミアを観るべき」

▽リーガエスパニョーラ開幕節で退場処分を受けたレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、判定に対する不満を漏らした。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽20日に行われたデポルティボ・ラ・コルーニャとの試合で、マドリーは3-0と快勝。幸先の良いスタートを切った同クラブであったが、主将を務めていたセルヒオ・ラモスは後半アディショナルタイムに相手選手の頭にヒジ打ちを行ったとして、その日2枚目のイエローカードを提示され退場処分を受けた。 ▽セルヒオ・ラモスは、プレーを止める回数が少ないことで知られるプレミアリーグのレフェリングを引き合いに出し、自身の退場処分に対する苛立ちを露にした。 「あのカードには不満があるけど、レフェリーの判断は尊重するよ」 「(リーガエスパニョーラの)運営も時々イングランドのサッカーを観て、もっとプレーを流すべきだ。ヨーロッパの中でも彼らの判定基準が好みだよ。より寛大だからね」 「(退場処分には)腹が立った。確かに(自身の手が)シェアーの頭に当たったけど、彼を傷つける意図はなかった」 ▽また、セルヒオ・ラモスはマドリーが勝ち続けることを他のクラブが快く思っていないとの持論も明かした。 「多くのタイトルを獲得すると、ライバルたちに反感を抱かれるんだ」 ▽なお、今回の退場でリーガエスパニョーラにおけるレッドカードの最多記録の18回に並んだセルヒオ・ラモスは、次節のバレンシア戦を欠場することになる。 2017.08.22 01:04 Tue
twitterfacebook
thumb

タレントの松田るかさんが“2017-18 WOWOWリーガール”に就任!「リーガダイジェスト!」は今年で10周年!

▽WOWOWは21日、19日に開幕した「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ 2017-18シーズン」の「リーガダイジェスト!」初回放送分の収録を行い、“2017-18 WOWOWリーガール”にタレントとして活躍中の松田るかさんが就任したことを発表した。 ▽WOWOWはこの日、メディア向けのスタジオ収録見学会を実施。新シーズンのリーガ・エスパニョーラを盛り上げるだけでなく、彩る存在として6代目のリーガールに就任した松田さんも、お披露目も兼ねて今回の収録に初登場した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/wowow20170821_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽松田さんは沖縄県出身の21歳。『仮面ライダーエグゼイド』ではヒロイン役の仮野明日那役、ポッピーピポパポ役で出演している。松田さんは、今後、今年で番組放送10周年目を迎える「リーガダイジェスト!」のみならず、ヘタフェに所属する元日本代表MF柴崎岳の最新情報を中心にネット配信する新番組「リーガダイジェストNEXT」などを通じて、彼女ならではの視点からリーガ・エスパニョーラの魅力を伝えていく。 ★「リーガダイジェスト!」 【放送日】8月21日(月)〜 毎週月曜 夜8:00 週末に開催されたリーガの全試合全ゴールをお届けしてきた「リーガダイジェスト!」。10周年を迎える今シーズンは、放送時間を10分拡大し、リーガの魅力によりディープに迫る。 ★「リーガダイジェストNEXT」 【放送日】8月24日(木)〜 毎週木曜 夜8:00 日本人情報や現地最新映像、プレー解説などを中心にお届けするネット配信の新番組! 2017.08.21 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕戦で退場のセルヒオ・ラモスがリーガ最多退場記録に並ぶ

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、リーガエスパニョーラにおけるレッドカードの最多記録に並んだ。 ▽18日に新シーズンの開幕を迎えたリーガエスパニョーラ。マドリーは、アウェイでデポルティボ・ラ・コルーニャと対戦。3-0で勝利したが、セルヒオ・ラモスは後半アディショナルタイムに相手選手をヒジ打ちし、2枚目のイエローカードを受けて退場処分となっていた。 ▽セルヒオ・ラモスは、これによりリーガエスパニョーラで18回目の退場処分となり、かつてバルセロナやアトレティコ・マドリー、セビージャなどでプレーしたパブロ・アルファロ氏、レアル・サラゴサなどでプレーしたシャビ・アグアード氏に並んでしまった。 2017.08.21 12:38 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、今月中にもレアル・マドリーとの新契約にサインか

▽レアル・マドリーと元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(29)は、今月中にも新契約締結に至るようだ。スペイン『アス』がフランス『Le Journal du Dimanche』の情報を基に伝えた。 ▽2009年夏からレアル・マドリーでプレーするベンゼマが新たに契約を結ぶのは今回で2度目。新契約の期間は2021年6月までとみられ、昇給も見込まれているという。 ▽ベンゼマは、これまで公式戦通算368試合182得点103アシストをマーク。2度のリーガエスパニョーラ、3度のチャンピオンズリーグ優勝を経験するなど数々のトロフィー獲得に貢献してきた。 ▽なお、今シーズンもここまでUEFAスーパカップの1試合、スーペル・コパの2試合、リーガエスパニョーラの1試合に出場。スーペル・コパ2ndレグで今シーズンの公式戦初ゴールを記録している。 2017.08.21 11:15 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース