【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

ガウショ監督にジダンが反論!「C・ロナウドの方がはるかに優れている」

▽レアル・マドリー16日、クラブ・ワールドカップ(CWC)の決勝でグレミオと対戦する。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督が、グレミオのレナト・ガウショ監督に反論した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マドリ―は、準決勝でアル・ジャジーラと対戦。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとウェールズ代表FWガレス・ベイルのゴールで2-1の勝利を収めたものの、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが幾度もポストを叩くなど苦しい戦いとなっていた。 「そういった問題(決定力不足)があるとは思わない。彼(カリム・ベンゼマ)のゴールにだけ興味があるわけではないんだ」 「カリム(・ベンゼマ)は異なったタイプのプレーヤーだ。シーズンに50ゴールを記録することはないだろうが、他に多くの特性を備えている。私はカリムがチームにもたらすことが好きだ。この点で最高の選手だよ。そして、チームとしての試合では、私はそこを大いに評価する」 「私は、死ぬまでベンゼマを守るつもりだ」 ▽また、会見の前にはグレミオのレナト・ガウショ監督が、マドリーのエースであるC・ロナウドよりも自身の選手時代の方が優れていたと主張。ジダン監督は対戦相手のクオリティを認めつつも、C・ロナウドの優位は揺るがないと語った。 「私たちは改善を試みている。彼ら(グレミオ)がフィジカリーかつテクニカルなチームで、アル・ジャジーラよりも強いということは明らかだ」 「私たちはよりボールを持てるだろうし、他の面でもより優れたプレーができると確信している」 「誰もが『彼(レナト・ガウショ監督)が良い選手だった』という可能性がある。しかし、私は同意できない。私にとっては、クリスティアーノ(・ロナウド)の方がはるかに優れているからだ」 ▽試合目前にして火花を散らせている両クラブ。C・ロナウドはガウショ監督に自身の価値を証明できるだろうか。注目のCWC決勝戦は16日26時にキックオフを迎える。 2017.12.16 02:34 Sat
twitterfacebook
thumb

グレミオ率いるガウショ監督が先制口撃! 「C・ロナウドは怪物だがテクニックはあまり無い」

▽グレミオのレナト・ガウショ監督が、クラブ・ワールドカップ(CWC)決勝で対戦するレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに先制口撃を行った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽グレミオの選手として、1983年にトヨタカップ(CWCの前身)に参加したガウショ監督は、ハンブルガーSVとの決勝戦で2得点をマーク。大車輪の活躍で2-1の勝利に貢献し、優勝を果たしていた。 ▽指揮官でも世界一の称号を目指すガウショ監督が、16日に決勝で激突するマドリーのエースと比較して、自分の選手時代の方が上回っていたと主張した。 「今の世代はクリスティアーノ・ロナウドに注目しているね。私のプレーをみていなかった世代だ。私のプレーを見たことがある古い世代と会話すると、まったく違った印象を受けるだろうね」 「私は(クリスティアーノ・)ロナウドのプレーがみたいし、同時にかつて自分自身がプレーしたクラブで優勝したい」 「現代ならレアル・マドリーに所属したい。上質なコンディションのピッチで、週に1回プレーしたいんだ。彼(C・ロナウド)を筆頭とするチームメイト、つまり怪物軍団と一緒にね」 「ロナウドは怪物で、偉大なプレーヤーだ。しかし、彼は力強さの面では強力だがテクニックはあまり無い」 「レアル・マドリーの試合を観戦すると、彼は左ウイングから離れた時はほとんど何ももたらさない。私はもっと色々できたよ。右ウイングや中央、左ウイングまでプレーできたんだ」 2017.12.16 00:40 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー退団確実? ベイルはユナイテッドと合意済みか

▽ウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)のレアル・マドリー退団は決定的なのだろうか。スペイン『Diario Gol』は、ベイルとクラブが退団に関して基本合意済みだと報じている。 ▽近年、レアル・マドリーで度重なる負傷により定期的な出場が難しくなっているベイル。移籍に関する報道も多くなっている中、『Diario Gol』によれば来夏の退団に関してクラブと基本合意しているとのことだ。 ▽移籍先には、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドとの関連が広く伝えられている。モウリーニョ監督は来夏のベイル獲得について上層部を説得しており、既にベイルとも話し合いを行い、納得させた模様とのことだ。 ▽ベイルは今シーズン、公式戦の出場数は11試合ながら4得点5アシストと一定の結果を残している。先日のクラブ・ワールドカップ準決勝のアルジャジーラ戦でも途中出場から値千金の決勝弾を挙げるなど存在感を示したが、スパーズ時代に活躍したプレミアリーグに戻ることになるのだろうか。 2017.12.15 11:48 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルを追うユーベ、マドリ―から2選手の獲得を狙う

▽ユベントスが、レアル・マドリーで出場機会を与えられていない2選手の獲得に興味を持っているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽現在、セリエAで6連覇中のユベントスだが、今シーズンはここまで16試合を終えて勝ち点38の3位。首位に立つインテルとは2ポイント差となっている。スクデットを獲得するために、ユベントスは1月の移籍市場で中盤を強化したいと考えているようだ。 ▽そこで白羽の矢が立ったのがマドリ―に所属する2選手。1人は今夏にベティスからマドリーに加入したスペイン人MFダニ・セバージョス(21)今夏に行われたU-21欧州選手権では準優勝に貢献し、大会の最優秀選手賞を受賞した。しかし選手賞が厚いチームの中では出場機会が与えられず、リーガエスパニョーラでは6試合で2ゴールとなっている。 ▽もう一人はクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)。2015-16シーズンにインテルからマドリーに加入した同選手だが、やはり出場機会は多くなく。今シーズンもリーガエスパニョーラでは3試合の途中出場にとどまっている。 ▽両者ともにジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取れていないが、ユベントスはそれぞれの攻撃的な部分を評価しているようで、1月の移籍市場で獲得できるように調査を続けているようだ。 2017.12.15 10:41 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月15日は、現在クラブW杯を戦うロス・ブランコスの守護神

◆ケイロル・ナバス 【Profile】 国籍:コスタリカ 誕生日:1986/12/15 クラブチーム:レアル・マドリー ポジション:GK 身長:185㎝ 体重:78㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月15日はコスタリカ代表GKケイロル・ナバスをご紹介。 ▽ケイロル・ナバスは、2005年にコスタリカのデポルティボ・サプリサとプロ契約を結んだ。さらに同年12月に北中米カリブ海王者として出場したFIFAクラブワールドカップでは出場機会こそなかったが登録メンバーに名を連ねていた。 ▽その後はスペイン2部のアルバセテを経てレバンテに加入。2013-14シーズンにはリーグ最多セーブを記録すると、その勢いのままにブラジル・ワールドカップでも出色の出来を披露。5試合中3試合で大会のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなどコスタリカ代表のベスト8進出に大きく貢献し、これまでの活躍が認められて大会後にレアル・マドリーへの移籍を果たしている。 ▽類まれなるショットストップ技術というGKにとって絶対的な能力を持っているケイロル・ナバスだが、マドリ―では悲惨な扱いを受けてしまう。イケル・カシージャス退団後には正GKとしてのポジションを与えられるかと思いきや、フロレンティーノ・ペレス会長はGKダビド・デヘアの獲得を望み、ケイロル・ナバスをトレード要因としようとしたのだ。 ▽クラブから必要のない選手との烙印を押されたケイロル・ナバスは、移籍最終日にイギリスに向かうプライベートジェットに乗りこんだ。しかしクラブ間でのやり取りが進まず、その飛行機の中で1時間も待ちぼうけ。さらに、移籍が破談となるやマドリーの練習場に引き返すなど散々な扱いを受けた。 ▽プライドを傷つけられたケイロル・ナバスは不満を態度に表さず。現在もマドリーの守護神としてプレーするなど、ナイスガイな一面を見せている。 ※誕生日が同じ主な著名人 柏木陽介(サッカー選手/浦和レッズ) ズラタン(サッカー選手/浦和レッズ) 高橋克典(俳優) 新木優子(女優) 桐生祥秀(陸上競技選手) 伊藤萌々香(アイドル/Fairies) 2017.12.15 07:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース