【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン、本日午後よりベルナベウにハリーケイン警報発令

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインを絶賛している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽マドリーは17日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でトッテナムをホームのサンティアゴ・ベルナベウに迎える。チームを率いるジダン監督は、CLの2試合で5得点、リーグ戦でも今季6得点を挙げているケインを「完成された選手」と称賛した。 「彼はトッテナムの軸となる選手だ。あらゆる面で素晴らしい。常にゴールを狙っている」 「彼は非常に完成された選手だ。そう見えないとしてもね。必要なとき、必要な場所にいる」 ▽また、ジダン監督は、マドリーがケインの獲得を狙っていると報道が出ていることに対して、「将来何があるかは分からない」とコメントし、核心には触れなかった。 ▽グループHでは現在、マドリーとトッテナムが2連勝中となっており、同勝ち点で並んでいる。勝利したチームのグループ突破が大きく近づく注目の一戦は、日本時間27:45キックオフだ。 2017.10.17 11:01 Tue
twitterfacebook
thumb

好パフォーマンスを見せるイスコに慢心なし「大事なのはチームのバランス」

▽レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコが、17日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節のトッテナム戦に向けた前日会見に出席した。スペイン『マルカ』がその会見でのコメントを伝えている。 ▽昨シーズンまでは分厚い選手層により限られた出場機会しか与えられなかったイスコ。マドリー退団も噂された同選手だが、残留して新シーズンに臨むとポジションを奪取した。ここまでリーガエスパニョーラで8試合に出場し2ゴールを奪い、CLでも2試合連続でスタメンに名を連ねるなどマドリーの攻撃のタクトを振るっている。 ▽グループステージ突破を占うトッテナムとの大一番を前に、イスコは自身の現状についてコメント。出場機会を与えられていることで自信を深めていることを強調するも、勝敗を分けるのは個人のプレーではなくチームのバランスだと明かした。 「努力してこなければ、今の自分の立場を勝ち取ることはできなかったはずだ。自分の適正なポジションでのプレー時間も伸びているね。どこで起用されても一貫したパフォーマンスが大事であり、それは僕に自信を与えてくれる」 「ただ、僕らは1つのチームとして戦っている。数名の選手の素晴らしいパフォーマンスで勝つこともあるけれど、大事なことはチームとしてのバランス。個人的に今の状況には満足しているし、これからも続けていきたいと思っているよ」 2017.10.17 10:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダンが輝きを放つイスコを称賛「創造的な選手で気に入っている」

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、17日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節のトッテナム戦を前に、スペイン代表MFイスコへの期待を口にした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽これまでは分厚い選手層の前に出場機会を得られなかったイスコだが、今シーズンは、リーガエスパニョーラで8試合に出場し2ゴール。CLでも2試合連続でスタメンに名を連ね、持ち味の卓越したテクニックでマドリーの攻撃陣をけん引している。 ▽そんなイスコについてジダン監督は「クラブにとってもチームにとっても重要な選手」と称賛。トッテナム戦のキープレーヤーになり得る同選手について語った。 「彼はプレー機会を与えると、そのたびに素晴らしいプレーを見せてくれる。さらに今でも成長を続けているのだ。また、ポジションに関しても複数こなせる。本来であれば、こちらが望むプレーをするために選手をポジションに当てはめるが、その中でも使い勝手が良い」 「ストライカーの近くでプレーする方が望ましいが、中盤の3枚の一角としてもプレーできる。創造的な選手であり、気に入っているよ」 2017.10.17 10:42 Tue
twitterfacebook
thumb

主将カカ、泣く…現役引退か

▽MLS(メジャーリーグサッカー)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカ(35)が16日、同クラブでのリーグ戦ホーム最終節のコロンバス・クルー戦(0-1でオーランド・シティが敗戦)の試合前に涙を流すシーンがあった。 ▽2015年からMLSに新規参入したオーランド・シティに初年度から所属し、主将としてチームをけん引してきたフットボール界のレジェンド・カカ。今月11日には契約満了となる今季限りでのクラブ退団が発表されており、今回の一戦がホームでのラストマッチとなった。 ▽そのカカは、試合前に感極まり涙。オーランド・シティは、「#ThankYouKaka」のハッシュタグと共に、「我々のキャプテン、本物の愛」と、その状況を動画で伝えた。カカは試合後、自身のSNS上で「今日のことは永遠に心に残る。ありがとう、オーランド」とクラブへの感謝の意を示している。 ▽これまでミランやレアル・マドリーなどのビッグクラブで活躍し、2007年にはバロンドールも獲得したカカ。先日には、ブラジル『Globoesporte』で「フットボールをしていても楽しくない。毎試合、身体が痛むんだ。35歳の年齢だと回復は難しい」と現役引退を示唆したものの、のちに「次に何が起きるかは僕にもわからない」と付け加えており、現役引退か新たなチームでのプレーか、今後の去就が注目される。 2017.10.17 10:14 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー戦に臨むスパーズ、ローズが戦列復帰

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は16日、翌日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、アウェイでのレアル・マドリー戦に向け、イングランド代表DFダニー・ローズが帯同することを明かした。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽1月31日のサンダーランド戦でヒザを負傷して以降、戦列を離れているローズについてポチェッティーノ監督は次のように語っている。 「ダニー・ローズはベンチに入るだろう。それは重要なことだ。まだ、スタメンでプレーできる状態にはないが、チームを助けてくれる。チームにとって彼の復帰は良いことだ。10カ月近く、彼なしでチームは戦ってきたが、選手がチームの一部だと常に感じられることは大事なことだ」 ▽CL2連勝スタートを切ったトッテナムではローズが戦列に復帰した一方、同じく左サイドバックのDFベン・デイビスが病気のために欠場する。また、昨季のヨーロッパリーグ・ヘント戦で退場し、3試合の出場停止処分を受けているMFデレ・アリが欠場する。 2017.10.17 02:20 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース