【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン・マドリー、40戦連続無敗記録の一方で...ビッグマッチでは弱さを露呈

レアル・マドリーは40戦無敗から一転、2連敗を喫している。ジネディーヌ・ジダン監督率いるチームはビッグマッチで弱さを露呈しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>先週末のリーガエスパニョーラ第18節でセビージャに敗れ、昨年4月4日から続いていた連続無敗記録をついに途絶えさせたレアル。続くコパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグではホームでセルタに1-2と敗れ、準決勝進出に向け窮地に立たされた。<br><br>この2連敗はレアルの現状を不安視させる類のものではない。しかしながら、今季の戦いぶりを振り返ると、ビッグマッチで勝利を収められていない事実が浮かび上がってくる。リーガではアトレティコ・マドリー戦(3-0)を除きビジャレアル戦(1-1)、セビージャ戦(1-2)、バルセロナ戦(1-1)と上位陣との試合で勝利を取りこぼしている。またチャンピオンズリーグではボルシア・ドルトムントと2度対戦して、いずれも引き分けている。<br><br>危惧すべきは、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで結果が伴っていないことだ。敗戦を喫したコパのセルタ戦だけでなく、リーガではビジャレアルとエイバルにベルナベウでドローを演じ、CLではドルトムントと2-2で分けている。<br><br>ジダン監督の采配ミス、FWクリスティアーノ・ロナウドの決定力不足、DFダニーロを起用した際の守備の脆さ......。さまざまな要素が敗因に挙げられているが、負のサイクルに陥る前に何らかの手を打たなければならないのは確かだと言える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 20:27 Thu
twitterfacebook
thumb

連敗中のレアル・マドリーに追い打ち...カルバハルが負傷で最大4週間離脱

レアル・マドリーに、痛手だ。DFダニエル・カルバハルが負傷で数週間離脱することとなった。<br><br>17日の練習中に足を痛めたカルバハルは、翌日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグのセルタ戦(1-2)を欠場。精密検査の結果、右足ハムストリングに肉離れを負っていることが分かり、3週間から4週間の離脱が見込まれている。<br><br>公式戦40戦連続無敗記録を打ち立てたレアルだが、15日のリーガエスパニョーラ第18節でセビージャに敗れて記録が途絶えた。セルタにも敗れて2連敗を喫しているジネディーヌ・ジダン監督に追い打ちをかけるように、不動の右SBが戦線離脱を余儀なくされた。<br><br>カルバハルは2月15日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグ、ナポリ戦での復帰を目指す。それまではDFダニーロが同選手の穴を埋めることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 19:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが最もリッチなクラブに…11年連続首位のレアル・マドリーは3位に後退

▽マンチェスター・ユナイテッドが2015-16シーズンにおける世界で最もリッチなクラブに輝いた。イギリス『BBC』が、世界的監査法人『デロイト』監修の「フットボール・マネーリーグ」のランキングを掲載した。 ▽発表によると、2014-15シーズンの総収入5億1950万ユーロだったユナイテッドは、2015-16シーズンに6億8900万ユーロ(約839億9000万円)を計上。11年連続で頂点に立ち続けていたレアル・マドリーの壁を打ち破り、2003-04シーズン以来のトップに返り咲いた。 ▽また、2位には前シーズンの5億6080万ユーロから6億2020万ユーロ(約756億300万円)にアップしたバルセロナが前回と変わらずランクイン。レアル・マドリーは前シーズンの5億7700万ユーロから6億2010万ユーロ(約755億9100万円)にアップするも3位に後退した。 ◆『デロイト』監修のフットボール・マネーリーグ(上位) ※[]→前回順位 1位 マンチェスター・ユナイテッド [3] 2015-16シーズン:6億8900万ユーロ 2014-15シーズン:5億1950万ユーロ 2位:バルセロナ [2] 2015-16シーズン:6億2020万ユーロ 2014-15シーズン:5億6080万ユーロ 3:レアル・マドリー [1] 2015-16シーズン:6億2010万ユーロ 2014-15シーズン:5億7700万ユーロ 4位:バイエルン [5] 2015-16シーズン:5億9200万ユーロ 2014-15シーズン:4億7400万ユーロ 5位:マンチェスター・シティ [6] 2015-16シーズン:5億2490万ユーロ 2014-15シーズン:4億6350万ユーロ 6位:パリ・サンジェルマン [4] 2015-16シーズン:5億2090万ユーロ 2014-15シーズン:4億8080万ユーロ 7位:アーセナル [7] 2015-16シーズン:4億6850万ユーロ 2014-15シーズン:4億3550万ユーロ 8位:チェルシー [8] 2015-16シーズン:4億4740万ユーロ 2014-15シーズン:4億2000万ユーロ 9位:リバプール [9] 2015-16シーズン:4億380万ユーロ 2014-15シーズン:3億9180万ユーロ 10位:ユベントス [10] 2015-16シーズン:3億4110万ユーロ 2014-15シーズン:3億2390万ユーロ 2017.01.19 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

低調マドリーがホームでセルタに先勝許す…40戦無敗ストップのショック引きずり連敗…《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ準々決勝1stレグのレアル・マドリーvsセルタが18日に行われ、アウェイのセルタが2-1で先勝した。 ▽ラウンド16でセビージャ、バレンシアを退けたマドリーとセルタが対峙したコパ準々決勝の初戦。先週末に行われたリーガのセビージャ戦で公式戦無敗記録が40試合でストップしたマドリーは、難敵セルタをホームに迎えたコパ準々決勝でバウンスバックを目指した。そのセビージャ戦からのメンバー変更は4点。GKにカシージャを起用したほか、カルバハルに代わってダニーロ、3トップではクリスティアーノ・ロナウドがセンターフォワードに入り、負傷明けのルーカス・バスケスとアセンシオが両翼に入った。 ▽セビージャ戦の[3-5-2]から本来の[4-3-3]の布陣に戻したマドリーは、立ち上がりから攻勢を仕掛ける。だが、13分に相手のカウンターから際どいクロスを許すなど、やや攻守のバランスに不安を感じさせる場面も見せてしまう。 ▽17分にC・ロナウドのポスト直撃のヘディングシュートをキッカケにその後は主導権を掴んだマドリーだったが、積極果敢にフィニッシュへ絡むバスケスやクロース、セルヒオ・ラモスらのシュートは相手守備に跳ね返される。それでも、相手の鋭いカウンターを何とか凌いで前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、相手との接触で右手を踏まれたアセンシオを53分に下げてモラタを投入したマドリーは、そのモラタが早速フィニッシュに絡むなど、まずまずの立ち上がりを見せる。だが、前半同様にサイドバックの裏を狙う相手のカウンターから先制を許す。64分、左サイドでスルーパスに抜け出したボンゴンダの折り返しはゴール前でDFマルセロがクリアするが、ボックス中央でこれを拾ったアスパスに右足で蹴り込まれた。 ▽ホームで先制を許したマドリーはすぐさま反撃に転じると、69分にボックス左で相手の中途半端なクリアボールに反応したマルセロが圧巻の左足ダイレクトボレーをゴール左隅に突き刺し、試合を振り出しに戻した。 ▽だが、この同点直後のプレーで自陣中央で痛恨のボールロストをすると、アスパスのスルーパスに抜け出したジョナタン・カストロにGKカシージャとの一対一を難なく決められ、追いついたわずか1分後に勝ち越される最悪の試合運びを見せてしまった。 ▽その後、コバチッチ、ベンゼマと攻撃的なカードを切ってゴールを目指すマドリーだったが、83分にゴール前でルーズボールに反応したベンゼマは相手の寄せが気になり、シュートを枠に飛ばすことができない。その後も相手の集中した守備を前に攻めあぐねたマドリーは、ホームで先勝を許した。公式戦無敗ストップの反動か、チグハグな試合運びで敗れたマドリーは、まさかの公式戦連敗を喫した。 2017.01.19 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

シャビ・アロンソ、今季限りで現役引退と報道

▽バイエルンに所属する元スペイン代表MFシャビ・アロンソ(35)が今季限りで現役を引退する可能性が出ている。ドイツ『sportbild』は、シャビ・アロンソがクラブに対して、来季以降のプレーを望んでいないことを表明したと報じている。クラブとの契約は今季限りとなっている。 ▽ソシエダの下部組織からトップチームデビューし評価を高めたシャビ・アロンソは、2004年にリバプール移籍。5シーズンにわたって主力として活躍し、チャンピオンズリーグ制覇などを経験した。その後、レアル・マドリーで5シーズンを過ごした後、2014年にバイエルン入りした。また、スペイン代表として2008年と2012年のユーロ、2010年のワールドカップ優勝を経験した。 2017.01.18 21:37 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース