超ワールドサッカー

【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

レアルのペレス会長はモラタ残留を強調「交渉は進んでいない」

レアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタには今夏、他国のビッグクラブへの移籍話が浮上している。だが同クラブ会長のフロレンティーノ・ペレス氏は、モラタの移籍話が進んでいないことを明かした。<br><br>ペレス会長はスペインのラジオ局『esRadio』で「(マンチェスター・)ユナイテッドとの交渉が進んでいるとは思わないね。交渉自体ない、とまでは言わないが」とコメント。<br><br>さらに、「報道では何百万回も『移籍が合意に至った』という記事を読んだよ。だけどそれは事実とは異なるし、現時点でモラタがマドリーから去るということはない」と残留を強調した。<br><br>モラタは今シーズン、リーグ戦26試合15ゴールという好成績を残したものの、先発出場はわずか14試合で、チャンピオンズリーグを含めてもスーパーサブの役回りが多かった。そのため、本人は他のクラブへの移籍を希望しているとされるが、ペレス会長は移籍交渉が頓挫していることを明かしている。<br><br>モラタにはマンチェスター・Uのほか、ミラン、ドルトムントなどが獲得に名乗りを上げていたとされる。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

レアルのペレス会長がムバッペに言及「居場所を確保するのは難しい」

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、スペインのラジオ局『esRadio』でFWキリアン・ムバッペの状況について言及した。<br><br>昨シーズン、モナコでブレイクを果たし、18歳ながら世界中のビッグクラブから注目を集める存在となったムバッペ。レアル・マドリーも例外ではなく、ジネディーヌ・ジダン監督が電話で説得を試みたと伝えられるなど、獲得に本腰を入れつつある。ペレス会長も「非常に優れた選手」と評価しつつ、このように続けた。<br><br>「ポール・ポグバと契約しろと昨夏に言われていたときを思い出すね。でも夏は長い。ジダンは数年前からムバッペと近い関係にあるしね」<br><br>一方で、ムバッペが加入する場合、チームでの立ち位置が難しいものとなることも示唆している。<br><br>「18歳の選手がレアル・マドリーでプレーするとすれば、我々には忍耐力が必要だ。連れてきて、ベンチに置くというだけでは十分ではない。ムバッペを考慮する必要があるが、彼の年齢で居場所を確保させるのは難しい」<br><br>ムバッペは移籍の条件として出場機会の確保を挙げているとされる。ジダン監督は保証したとも伝えられるが、今後この点が移籍の最大の焦点となっていきそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「クリスティアーノが怒っているのはわかっているが…」レアル会長はエース残留を疑わず

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、現在退団騒動の巻き起こっているクリスティアーノ・ロナウドについてラジオ局『esRadio』で言及している。ペレス会長はC・ロナウドがチームに留まってくれると信じてやまないようだ。<br><br>「クリスティアーノが怒っているのはわかっているが、彼は今後もここに居てくれると信じている」<br><br>「彼とはまだ(脱税疑惑の発覚後)話していないが、我々がこれからすべきことはコンフェデレーションズカップの優勝トロフィーを囲んで、話すことだね」<br><br>ペレス会長はC・ロナウドの退団話は現実的でなく、コンフェデ杯を制した後にねぎらいの言葉を掛けたいという意向を示した。C・ロナウドに対して、あくまで絶大な信頼を寄せており、現在準決勝進出を果たしているFIFAコンフェデレーションズカップでも、ポルトガルが優勝すると信じている模様。<br><br>また、会長は「クリスティアーノについて、(代理人のジョルジュ・)メンデス氏と連絡を取り合っている。必要以上に心配することもない」と続け、あくまでC・ロナウドとの関係は良好であり、今夏の退団はないと強調している。<br><br>「税金やその他の話題でクリスティアーノを傷つけようとしている人が多く、彼はそれに対して人間不信になっているんだろう」<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍の早期決着を目指して…モラタ、ハネムーン先から一時帰国か

▽スペイン『アス』は27日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がマンチェスター・ユナイテッド移籍へ動いたと報じた。 ▽昨シーズンのリーガエスパニョーラでチームトップのFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ15ゴールを記録したものの、以前から出場機会を求めてレアル・マドリー退団が報じられてきたモラタ。すでにユナイテッドと個人合意に達しているとの見方が強く、あとはクラブ間合意のみとみられているが、移籍金において交渉の難航が伝えられてきた。 ▽『アス』によれば、ユナイテッドは現時点で移籍金7400万ユーロ(約94億円)のオファーを打診しているが、レアル・マドリーは8500万〜9000万ユーロ(約108億〜114億4000万円)を強く要求。この状況を聞きつけた渦中のモラタは、新婚旅行先のイビサに妻を置き、ユナイテッド移籍の早期決着を目指して、一時マドリッドに戻ったとのことだ。 2017.06.28 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダンの息子エンツォ、昇格2年目アラベスにレンタルか...リーガエスパニョーラデビューに迫る

2017-18シーズン、リーガエスパニョーラでジダンのDNAが躍動する――。レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)に所属するMFエンツォ・ジダンが、アラベスに移籍する可能性が浮上している。<br><br>マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の長男であるエンツォは、2000年に同クラブの下部組織に入団。父親と同じく中盤の選手としてキャリアを歩み、今季開幕前のプレシーズンではトップチームに帯同した。<br><br>そのエンツォに、関心を抱いているクラブがある。昇格2年目のアラベスだ。アラベスは昨季、マドリーからMFマルコス・ジョレンテをレンタルしていた。両クラブの関係は良好で、新シーズンに向けてもカスティージャのMFアクラフ・ハキミのレンタル移籍が濃厚となっている。<br><br>M・ジョレンテは1年のレンタル期間を終え、マドリーに復帰する。来季に向けて中盤の補強を考えているアラベスは、エンツォ獲得に着手。すでに選手、マドリーとの接触はあった模様で、早ければ今週中に移籍が実現するとみられる。<br><br>ジダン監督がマドリーでラストシーズンを送ったのは、2005-06シーズンだ。そのDNAを持つ選手が、およそ11年の時を経て再びスペイン1部で輝きを放とうとしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 22:20 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース