超ワールドサッカー

【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

決勝点のマルセロ「全員が最後まで走り、戦って得た3ポイント」

▽レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが、29日に行われたリーガエスパニョーラ第35節のバレンシア戦を振り返った。『フットボール・エスパーニャ』が報じている。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦に敗れ、1試合消化数が少ないながらもバルセロナに首位の座を奪われているマドリー。優勝のためには負けられない戦いが続く中、バレンシア戦では1-1で迎えた86分にマルセロのゴールで辛くも勝利した。 ▽試合を振り返ったマルセロは、難しい試合の中で勝ち点3を獲得できたことに満足感を示し、今後も忍耐が必要だと強調している。 「まずは難しい試合の中で3ポイントを取れてうれしく思うよ。多くのチームは、ベルナベウで僕らに勝とうと意気込んでくる。今日も難しい試合だったけれど、僕たちはスピリットを示せたね。全員が最後まで走り、戦って得た3ポイントだ」 「個人的には、僕のゴールで勝利できたことを嬉しく思っているよ。まだまだ試合は続くし、最後まで戦わなければいけない。優勝したいならば、これからも忍耐が必要だ。ハードワークして、残りのすべての試合を勝たなければいけないね」 2017.04.30 10:08 Sun
twitterfacebook
thumb

またも劇的勝利のレアル・マドリー、ジダンは「快感ではある」

28日のリーガエスパニョーラ第35節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバレンシア戦を2&minus;1で制した。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、86分のDFマルセロのゴールで制したこの接戦について、早い段階で追加点を奪えなかったために苦しむことになったと振り返っている。<br><br>スペイン『マルカ』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「(リーグ戦で)何も争っていないチームと対戦する方が難しい。しかし言い訳はできない。私たちは2点目を記録しなかったために決着をつけられず、最後まで苦んだ」<br><br>「立ち上がり、我々は試合に入り込めていなかった。少し不安があったようだが、しかしその後に調子を上げて良いプレーを見せられるようになった。だが勝負を決められなければ苦しむことになるんだよ。今日はそうするための決定機を得ていたものの決め切れなかった。しかし、それは我々にまだ改善の余地があることも意味している」<br><br>一方で劇的勝利を果たすことについては、次のような感想を述べている。<br><br>「終了間際のゴールについては説明することができない。分かっているのは、それがエキ&hellip;タンテ? (記者陣から教えられて)そうそう、エクシタンテ(スペイン語で興奮、快感、刺激)であり、とても美しいということだ」<br><br>また存在感を示したマルセロ、DFダニ・カルバハルの両サイドバックには称賛の言葉を送っている。<br><br>「彼らは攻撃面で普段よりも目立っていた。チームにとってプラスとなることだよ。彼らはチームの原動力だが、しかし最高の選手たちはほかにもいる」<br><br>この試合に出場しなかったMFイスコは、チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ、アトレティコ・マドリー戦を見据えて温存していたのかと問われると、次のように返答した。<br><br>「アトレティコとの試合でプレーするのか、君たちは(試合日の)火曜に確認できる。彼は本当に素晴らしい状態にある」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.30 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーがマルセロ弾で劇的勝利! CR7のPK失敗にパレホに直接FK浴びるも土壇場でバレンシアを撃破《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第35節、レアル・マドリーvsバレンシアが29日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。 ▽前々節、ホームでのクラシコでショックが残る敗戦を喫して1試合未消化ながら暫定2位に転落したマドリー(勝ち点78)だが、直近のデポルティボ戦ではクリスティアーノ・ロナウドら一部主力を温存しながらもイスコやモラタなど、頼れるBチームの活躍で6-2の大勝を収めた。 ▽来週ミッドウィークにアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを控えるホームチームは、前回対戦で敗れた12位バレンシア(勝ち点40)との一戦に向けて、C・ロナウドやベンゼマ、出場停止明けのセルヒオ・ラモスを先発に復帰させ、負傷中のベイルの代役にハメス・ロドリゲスを起用した以外、ベストメンバーを揃えた。 ▽試合は開始直後にいきなり見せ場が訪れる。2分、ロングボールをDFセルヒオ・ラモスがクリアし切れず、ボックス内に流れると、これをサンティ・ミナがスライディングボレーで合わすが、GKケイロル・ナバスのセーブに遭う。さらにこぼれ球を角度のないところから蹴り込むが、今度は右ポストに阻まれた。 ▽いきなり肝を冷やしたマドリーだが、その後はボールの主導権を握ってバレンシアを押し込む。12分には右サイドで仕掛けたC・ロナウドのクロスをファーのベンゼマが頭で合わすが、これはGK正面を突いた。 ▽その後、C・ロナウド、ハメス・ロドリゲスの直接FKからゴールを脅かすマドリーは、前半半ばに頼れるエースが先制点をもたらす。27分、右サイド深くでカルバハルが狙いすましたクロスを上げると、巧みな動き出しでDFガライのマークを剥がしたC・ロナウドがボックス中央で見事なヘディングシュートを流し込んだ。 ▽その後はボールを保持するマドリーに対して、バレンシアが要所で鋭いカウンターを繰り出すが、共に決め手を欠き、前半はマドリーの1点リードで終了した。 ▽後半も前半に引き続き優勢に試合を運ぶホームチームは55分、ボックス左でマルセロから横パスを受けたベンゼマが右に持ち出してシュートコースを作り、右隅を捉えたシュートを放つ。このシュートは右ポストを叩くも、この攻撃の流れからモドリッチがパレホにホールディングされてボックス内で倒れ込むと、マドリーにPKが与えられた。しかし、キッカーのC・ロナウドが右隅を狙ったシュートは世界屈指のPKストッパー、ジエゴ・アウベスのビッグセーブに遭い、絶好の追加点のチャンスを逃した。 ▽エースのPK失敗をキッカケにやや流れを失ったマドリーは、CLアトレティコ戦を見据えてハメス・ロドリゲス、ベンゼマをベンチに下げて、アセンシオ、モラタを続けて投入。うまく時間を使いながら逃げ切りを図る。 ▽一方、カウンターチャンスがありながらもゴールが遠いバレンシアだったが、古巣対戦で燃えるパレホがワンチャンスを生かす。82分、ボックス手前やや左の好位置で得たFKの場面で右足を振り抜くと、ゴール左隅を捉えたボールがGKケイロル・ナバスを手を弾いてゴールネットを揺らした。 ▽パレホに手痛い恩返し弾を浴びて追いつかれたマドリーは、すぐさま猛攻を仕掛ける。すると、ここ最近チーム内で特大の輝きを放っているブラジル代表DFが大仕事を果たす。86分、ボックス右に流れたモラタの折り返しをボックス左で受けたマルセロが利き足の左足側を切られた中で中央にカットイン。最後は見事な右足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽そして、マルセロの劇的ゴールで難敵バレンシアに勝ち切ったマドリーが、シーズン2冠達成に向けて大きな勝利を手にした。 2017.04.30 01:41 Sun
twitterfacebook
thumb

A&Bチーム論争が巻き起こるレアル・マドリー…ジダンは「誰かに不当に扱っているわけではない」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、同クラブの周囲で巻き起こるAチーム&Bチーム論争を気にしていない様子だ。<br><br>MFガレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマ、FWクリスティアーノ・ロナウドのBBCを含む主力組とされるチームよりも、MFイスコ、MFマルコ・アセンシオ、MFハメス・ロドリゲスなど多数の控え組を起用した先のデポルティボ戦の方が、パフォーマンス的に優れていたと指摘されるレアル・マドリー。ジネディーヌ・ジダン監督は好調とされているイスコをクラシコで1分も起用しないなど、主力組Aチームと彼らを休ませる際に起用する控え組Bチームの間に明確な線を引いているとして、疑問を呈されている状況だ。<br><br>しかしジダン監督は、そういった論争を気に留めていない様子。29日のリーガエスパニョーラ第35節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバレンシア戦の前日会見で、次のようにコメントしている。<br><br>「自分にとって大切なものはレアル・マドリーと家族、それだけだ。私が誰かを不当に扱っているとは思えない。むしろその逆で、自分の選手たちには大きな敬意を払っている。もちろん、選択する立場にあるのは私だが、しかし不当に扱っているということはない」<br><br>「ほかの場所、ほかのクラブ、ほかの状況では、控え組が1分もプレーできないこともある。11人を選択するのは私で、ある試合ではこの11人、違う試合では異なる11人を起用していると考えることもできるだろう。しかし、私はAチームとBチームとして扱っているわけではないんだ」<br><br>ジダン監督はまた、イスコについて次のようにコメントしている。<br><br>「イスコの調子、そのプレーを見るにつけ、毎試合出場させられないというのは本当に難しいことだ。しかしイスコは絶好調で、監督は彼に絶大な信頼を寄せている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.29 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

2年越しの恋が実るか!? マドリーが前回の失敗を活かして、デ・ヘア獲得に向けすでに交渉開始と報道

▽レアル・マドリーが2年越しの恋を実らせる可能性が高まっているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、以前からコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(30)を信頼しておらず、GKを補強ポジションの1つだと考えている。2年前の夏には、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)の獲得に動き、ケイロル・ナバスの譲渡を条件としたオファーがユナイテッドとの間で合意していた。しかし移籍市場最終日に、移籍に関する必要な書類の到着が間に合わず、目前で破談となった。 ▽ペレス会長は未だにデ・ヘアの獲得を望んでいる模様。『マルカ』によると、2年前の苦い経験を踏まえて、すでにデ・ヘア獲得に向けた動きが水面下で実行されているようだ。さらに同メディアは、すでにデ・ヘアとは個人間で合意に達しており、契約期間は5年か6年と長期契約になるとみている。 ▽そのデ・ヘアは、今シーズンもリーグ戦32試合に出場し14試合でクリーンシートを達成するなど、好パフォーマンスを見せている。一度は移籍を認めたユナイテッドだが、今回も守護神の放出を認めるのかに注目が集まる。 2017.04.29 10:12 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース