【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、アセンシオ獲得に231億円準備か

▽リバプールが、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(22)獲得に大金を用意しているようだ。スペイン『マルカ』が、スペイン『ムンド・デポルティボ』の情報を基に伝えた。 ▽アセンシオは2014年にマジョルカから390万ユーロ(現在のレートで約5億円)で加入。その後、エスパニョールへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンにレアル・マドリーに復帰すると、2017-18シーズンは公式戦53試合11ゴール6アシストの結果を残した。とりわけ、クラブが均衡を破れずにいる試合でゴラッソを決めることが多く、今となってはマドリディスタのアイドルだ。 ▽そんなアセンシオには当然、欧州中の熱視線が注がれており、昨年9月末には流出を危惧したマドリーが契約解除金7億ユーロ(約897億円)を設定したことが、スペイン『アス』により報じられていた。 ▽しかし、『ムンド・デポルティボ』によると、以前から関心が囁かれていたリバプールはそれでもなお獲得に興味を示しており、1億8000万ユーロ(約231億円)を支払う意思でいるようだ。なお、『マルカ』はアセンシオを将来のバロンドール候補者だと評価しており、マドリー側は上記のメガオファーでも速やかに却下するだろう、と推測している。 2018.06.24 19:50 Sun
twitterfacebook
thumb

スペイン紙絶賛! 「世界がモドリッチにひれ伏す」

▽スペイン『マルカ』が、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチを改めて賞賛している。 ▽ロシア大会で3度目のワールドカップ(W杯)参戦となっているモドリッチ。チームの最重要人物として母国を本大会まで導くと、初戦のナイジェリア代表戦でPKを決めて勝利に大きく貢献し、第2節の大一番アルゼンチン代表戦でもミドルシュートを沈めて3-0での快勝の立役者となり、2試合連続で大会選出のMOMに輝いた。 ▽既に決勝トーナメント進出を決めているクロアチアの核であるモドリッチ。マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに得点数で劣るとしても、極上のプレーを続けているモドリッチがバロンドール候補者になることは間違いないだろう、と『マルカ』は推している。 ▽32歳となり、4年後のW杯参戦は難しい年齢に差し掛かっているモドリッチ。“現代最高のMF”は、ロシアW杯で母国にどのような景色を見せるのだろうか。 2018.06.23 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人「彼は出場機会を求めてる。金じゃない」

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)の代理人が口を開いた。 ▽先のチャンピオンズリーグ決勝で2得点を決める活躍を見せたものの、シーズンを通じて消化不良な1年を過ごしたベイル。今夏も移籍の可能性が取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっている。 ▽悪癖のケガさえ減らせば、圧倒的な存在感を解き放つベイル。代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で今夏の動向について、次のように語った。 「バロンドールを勝ち取ってほしい。彼ならできると思っている。彼はベストプレーヤーの1人。チャンピオンズリーグ決勝での活躍により、彼に対する関心はより高まったんじゃないかな。しかし、我々は彼がどれほど良い選手なのか、すでに把握済みだ。今さら彼の良さを証明する必要はない。素晴らしいゴールだったし、タイミングもバッチリだった」 「レアル・マドリーとの交流は必要だ。様子を見たい。彼は昨年以上に良い年にしたがっている。彼はもっとプレーしたいと思っていて、それが重要だ。彼は地球上のトップ3、4に入る選手の1人。彼はプレーする必要がある。だが、彼はスペインが好きで、3人の子供も幸せに暮らしている。とはいえ、彼はフットボールをしなければならない。お金じゃない」 2018.06.23 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

コバチッチが移籍希望を表明 「最善策はマドリー退団」

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)が移籍希望を表明した。 ▽若くして次世代の創造者として名を馳せたコバチッチは、ディナモ・ザグレブ、インテルを経て、2015年夏からレアル・マドリーでプレー。しかし、熾烈なポジション争いを強いられ、確固たる地位を築くに至っていない。 ▽現在、クロアチア代表の一員としてロシア・ワールドカップに参戦中のコバチッチ。スペイン『マルカ』で自身の将来について、次のようにコメントしたという。 「もっとプレーしたい。最善策はマドリーを離れることだ」 「フットボールとピッチにいることを愛している」 「別のチームで先発の機会が欲しい」 「プレーできなければ、僕は幸せじゃない」 2018.06.23 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月23日は、選手&監督としてあらゆる栄光を手にしたフランス代表OBのバースデー

◆ジネディーヌ・ジダン 【Profile】 国籍:フランス 所属チーム:無所属 誕生日:1972年6月23日 ポジション:MF 身長:185㎝ 体重:80㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月23日は、元レアル・マドリー指揮官でフランス代表OBのジネディーヌ・ジダン氏だ。 ▽個人賞を含め、あらゆる主要タイトルを取り尽くしているジダン氏。史上最もエレガントなプレーで選手として過去50年間の欧州最高プレーヤーに選出されただけでなく、引退後にはレアル・マドリー指揮官としてトップチームデビューから2年半でチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げてみせた。 ▽そのキャリアはこれ以上ない栄誉に包まれ、内気で目立つことを恥ずかしがる気質の当人が望まざるとも、数多くのエピソードで彩られている。その中で最も有名なのが、現役最終戦でのものだろう。 ▽2004年を最後に一度代表引退を宣言していたジダン氏は、2005年にフランス代表がドイツW杯予選敗退の危機に瀕すると、当時のドメネク監督や主将を務めたパトリック・ヴィエラ氏、さらにはシラク大統領、スポーツ大臣のラムール氏からの要請を受けて復帰。見事に本大会に導き、再建されたチームはなんと決勝に進出する。 ▽そして始まったイタリア代表との決勝戦。ジダン氏は相手の守護神ジャンルイジ・ブッフォンに対してチップキックでPKを決め、先制点をマークする。しかし、激闘の末1-1で迎えた延長戦後半、イタリアDFマテラッツィ氏から挑発されたジダン氏は頭突きを見舞い一発退場に。チームもPK戦で敗れて準決勝に終わったが、ジダン氏は大会MVPを受賞。そして、その個人賞を最後に大会前に公言していた通り現役を引退し、その派手なキャリアに終止符を打った。 ※誕生日が同じ主な著名人 パトリック・ヴィエラ(元サッカー選手) 大岩剛(サッカー監督/鹿島アントラーズ) 中西永輔(元サッカー選手) 馬渡和彰(サッカー選手/サンフレッチェ広島) チャウワット(サッカー選手/セレッソ大阪) 坂本琉維(サッカー選手/ベガルタ仙台) 椿直起(サッカー選手/横浜F・マリノス) アラン・チューリング(数学者) 筑紫哲也(ジャーナリスト) 南野陽子(タレント) 芦田愛菜(女優) 2018.06.23 07:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース