【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリーNo1ターゲット?のクルトワ、家族のためにスペイン帰国を希望か

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(24)は、今夏のレアル・マドリー移籍を検討しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽報道によれば、クルトワはスペインのマドリッドに在住の妻と子供のため、スペインへの帰国を考慮。子供が進学するタイミングと重なることもあり、スタンフォード・ブリッジから去ることを希望しているという。 ▽また、レアル・マドリーは現在、以前から関心を寄せているとみられているマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの獲得が困難を極めていることで、クルトワにターゲット変更しているようだ。 ▽クルトワは2011-12シーズンから3年間にわたるアトレティコ・マドリーへのレンタル移籍を経て、2014年夏に保有元のチェルシーに帰還。今シーズンもアントニオ・コンテ新監督の下で守護神を務め、ここまでプレミアリーグ21試合に出場している。 2017.01.20 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

連敗でレアルファンの怒りが爆発「C・ロナウドは中国に行け」「レヴァンドフスキを連れてこい」

レアル・マドリーは18日のコパ・デル・レイ準々決勝1stレグでセルタに1-2と敗れた。それにより、サポーターが怒りを爆発させている。<br><br>昨年4月4日から40戦連続無敗記録を続けてきたレアルだが、15日のリーガエスパニョーラ第18節セビージャ戦(1-2)でその記録が途絶えた。そこから立て直すことができず、本拠地サンティアゴ・ベルナベウのセルタ戦でもまさかの敗戦を喫している。<br><br>批判の矛先は、真っ先にセルタ戦で無得点に終わったFWクリスティアーノ・ロナウドに向けられている。サポーターはスペイン『アス』の取材に対してポルトガル代表FWに痛烈な言葉を浴びせた。<br><br>「もし中国の億万長者から1億ユーロのオファーが届いたら、クリスティアーノはすぐに移籍すべきだ」<br><br>「クリスティアーノはリラックスし過ぎている。彼は中国に行くべきだね。そのお金でレアルは新しい選手を獲得すればいい。そうだね、(ロベルト)レヴァンドフスキなんかいいんじゃないかな」<br><br>「クリスティアーノは新しい恋人ができて、(サッカー以外のことを)いろいろ考えているんじゃないかしら。ちょっと集中力が欠けているように見えるわ」<br><br>また、ジネディーヌ・ジダン監督の采配にも疑問が投げかけられている。<br><br>「9番の位置はクリスティアーノのポジションじゃない。今シーズンの彼はスピードを失っているけど、それでもサイドでプレーして18ゴールを挙げているんだ」<br><br>「クリスティアーノは衰え始めている。そろそろ彼の出場機会を調整することを考えなければいけない。出番が来た時に、トップフォームでプレーするためにね」<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

カルバハルが右足大腿二頭筋負傷で1カ月の離脱へ…

▽レアル・マドリーは18日、スペイン代表DFダニエル・カルバハルが右足大腿二頭筋にグレード2の損傷を負ったことを発表した。 ▽カルバハルは、15日に行われたリーガエスパニョーラ第18節のセビージャ戦でフル出場を果たしたが、同試合後に右足の負傷が発覚。この影響で18日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのセルタ戦を欠場していた。 ▽マドリーはカルバハルの全治に関して明かしていないものの、スペイン『マルカ』は同選手が1カ月ほどの離脱を強いられると報道。そのため、復帰は来月15日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのナポリ戦前後となる見込みだ。 ▽今シーズンも負傷やローテーションを除いて右サイドバックのレギュラーを担うカルバハルの離脱は、公式戦2連敗と調子を落とすマドリーにとって痛恨だ。とりわけ、代役を担うブラジル代表DFダニーロが、直近のセルタ戦でも低調なパフォーマンスを見せており、ジネディーヌ・ジダン監督にとっては新たな悩みの種が増えることになる。 2017.01.20 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ジダン・マドリー、40戦連続無敗記録の一方で...ビッグマッチでは弱さを露呈

レアル・マドリーは40戦無敗から一転、2連敗を喫している。ジネディーヌ・ジダン監督率いるチームはビッグマッチで弱さを露呈しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>先週末のリーガエスパニョーラ第18節でセビージャに敗れ、昨年4月4日から続いていた連続無敗記録をついに途絶えさせたレアル。続くコパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグではホームでセルタに1-2と敗れ、準決勝進出に向け窮地に立たされた。<br><br>この2連敗はレアルの現状を不安視させる類のものではない。しかしながら、今季の戦いぶりを振り返ると、ビッグマッチで勝利を収められていない事実が浮かび上がってくる。リーガではアトレティコ・マドリー戦(3-0)を除きビジャレアル戦(1-1)、セビージャ戦(1-2)、バルセロナ戦(1-1)と上位陣との試合で勝利を取りこぼしている。またチャンピオンズリーグではボルシア・ドルトムントと2度対戦して、いずれも引き分けている。<br><br>危惧すべきは、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで結果が伴っていないことだ。敗戦を喫したコパのセルタ戦だけでなく、リーガではビジャレアルとエイバルにベルナベウでドローを演じ、CLではドルトムントと2-2で分けている。<br><br>ジダン監督の采配ミス、FWクリスティアーノ・ロナウドの決定力不足、DFダニーロを起用した際の守備の脆さ......。さまざまな要素が敗因に挙げられているが、負のサイクルに陥る前に何らかの手を打たなければならないのは確かだと言える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 20:27 Thu
twitterfacebook
thumb

連敗中のレアル・マドリーに追い打ち...カルバハルが負傷で最大4週間離脱

レアル・マドリーに、痛手だ。DFダニエル・カルバハルが負傷で数週間離脱することとなった。<br><br>17日の練習中に足を痛めたカルバハルは、翌日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグのセルタ戦(1-2)を欠場。精密検査の結果、右足ハムストリングに肉離れを負っていることが分かり、3週間から4週間の離脱が見込まれている。<br><br>公式戦40戦連続無敗記録を打ち立てたレアルだが、15日のリーガエスパニョーラ第18節でセビージャに敗れて記録が途絶えた。セルタにも敗れて2連敗を喫しているジネディーヌ・ジダン監督に追い打ちをかけるように、不動の右SBが戦線離脱を余儀なくされた。<br><br>カルバハルは2月15日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグ、ナポリ戦での復帰を目指す。それまではDFダニーロが同選手の穴を埋めることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 19:03 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース