超ワールドサッカー

【バロンドール2016最終順位】C・ロナウドが4度目の快挙! 2位にメッシ、3位にグリーズマン!2016.12.13 05:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2016の最終順位を併せて発表している。

▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)、ポルトガル代表ではユーロ2016制覇に貢献。また、2015-16シーズンのCLで歴代最多の16ゴールを記録。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年ぶり4度目の受賞となった。

▽また、2位には歴代最多5回の受賞を誇るバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選出された。メッシは、所属するバルセロナでリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイのシーズン2冠に貢献。アルゼンチン代表では、コパ・アメリカ・センテナリオで惜しくも準優勝に終わったものの、FWガブリエル・バティストゥータ氏の持つアルゼンチン代表の歴代最多ゴール記録を更新していた。

▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、所属するアトレティコで2015-16シーズンのCL準優勝、フランス代表として臨んだユーロ2016でも準優勝と、あと一歩で悲願を逃したものの、自国開催となったユーロで得点王と最優秀選手賞に輝き、アトレティコでも安定したパフォーマンスを継続していた。

▽そのほかでは、メッシと共にバルセロナの強力トリデンテ“MSN”の一角を占めたウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFネイマールがトップ5入り。レアル・マドリーでC・ロナウドとCL制覇に貢献したウェールズ代表MFガレス・ベイルは6位となり、トップ5入りを逃した。

▽また、レスター・シティの奇跡のプレミアリーグ初優勝に貢献したアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表FWジェレミー・ヴァーディは7位、8位とトップ10入りを果たした。なお、最終候補30名に選出されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスなどの11選手は投票が入らなかったため、ランキング外となった。

▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、今年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止され、さらに昨年は年を跨いでいた発表も年内の12月12日に発表されるレギュレーションとなった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。

2016年度バロンドール最終順位

1.FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
2.FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
3.FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス/アトレティコ・マドリー)
4.FWルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
5.FWネイマール(ブラジル/バルセロナ)

6.MFガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)
7.MFリヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ)
8.FWジェレミー・ヴァーディ(イングランド/レスター・シティ)
9.DFペペ(ポルトガル/レアル・マドリー)
9.GKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユベントス)

11.FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
12.GKルイ・パトリシオ(ポルトガル/スポルティング)
13.FWズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/マンチェスター・ユナイテッド)
14.MFアルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
14.MFポール・ポグバ(フランス/マンチェスター・ユナイテッド)
16.FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
17.MFディミトリ・パイエ(フランス/ウェストハム)
17.MFトニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリー)
17.MFルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー)

2016年度バロンドール最終候補者(得票なし)
GKウーゴ・ロリス(フランス/トッテナム)
GKマヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
DFディエゴ・ゴディン(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー)
MFアンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
MFコケ(スペイン/アトレティコ・マドリー)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
MFトーマス・ミュラー(ドイツ/バイエルン)
FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
FWパウロ・ディバラ(アルゼンチン/ユベントス)
FWゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン/ユベントス)

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、ハメス争奪戦へ参戦!! 52億円オファーでユナイテッドをけん制!?

▽インテルは、レアル・マドリーの10番獲得へ向けて、マンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦に乗り出した。スペイン『アス』がイタリア『スポルト・イタリア』を引用して伝えている。 ▽報道によるとインテルは25日、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス獲得へ向けて、交渉を始めたようだ。同クラブは手始めに4200万ユーロ(約52億3000万円)のオファーを提示したという。 ▽レアル・マドリーは2014年当時、モナコから8000万ユーロ(約99億6000万円)でハメス・ロドリゲスを獲得。それ以上の額で売却をする思惑を持っていると言われており、インテルの提示額では遠く及ばない状況となっている。 ▽提示額では大きく差が開いているインテルだが、今回の動きはハメス・ロドリゲスの移籍先として最有力候補に挙げられる、マンチェスター・ユナイテッドをけん制する目的が大きいようだ。提示額に関係なく、ユナイテッドよりも先に交渉の場に付くことで、インテルはアドバンテージを得ようとしている。 ▽さらに、インテルは昨夏にもハメス・ロドリゲス獲得の交渉を行っており、その際、オーナーが用意した金額は8500万ユーロ(約105億8000万円)と言われている。クラブ間での合意は達成されたが、選手本人との合意に至らず、交渉は決裂した。破談にはなったが、マドリーの合意する条件は把握済み。マドリーも、交渉の意思があるというわけだ。 2017.05.28 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、CL決勝で堅守のユベントス撃破に自信「弱点は常にある」

チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦に臨むレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスの弱点はわかっていると話し、自信を示した。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>6月3日にチャンピオンズリーグ決勝が行われ、欧州の2016-17シーズンはクライマックスを迎える。激突するのはC・ロナウドを中心とした攻撃に強みを持つレアル・マドリーと、ジャンルイジ・ブッフォン擁する堅守で勝ち上がってきたユベントスだ。ロナウドはユベントスのクオリティを称賛しながら、撃破に自信を見せている。<br><br>「ユベントスが素晴らしいチームであることは、セリエA、コッパ・イタリアの優勝で証明されている。アトレチコ・マドリーのようなチームだね」<br><br>「彼らは優れた守備を持つが、常に弱点があるし、そこを攻撃する方法を見つける必要があるね」<br><br>また、CL史上初の連覇にも意欲を見せた。<br><br>「全員が歴史を作りたいと考えているはずだ。それは特権だからね。とても難しいことはわかっているけど、僕らはマドリーで、優勝が現実的であることもわかっている」<br><br>「決勝は準決勝のアトレティコ戦に似ている。両チームとも相手のミスを活かそうとしてくる。選手やファンにとっても素晴らしい試合になると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン「C・ロナウドは休みながらプレーする段階となった」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が『UEFA.com』とのインタビューで、FWクリスティアーノ・ロナウドに頻繁に休みを与えている理由を説明した。<br><br>これまで、負傷している時期以外はほぼすべての試合に出場してきたC・ロナウドだが、今季に入ってからアウェイ戦を中心として欠場する試合が増えた。ジダン監督は、その理由を次のように説いている。<br><br>「何回も話し合って決断したことだ。我々は賢明になろうとしているが、ときには出場機会を減らすことも大切となる。彼はフィジカルに問題を抱えているわけではない。そうではなく、彼がシーズン終了まで万全な形でプレーすることを求めたんだ」<br><br>「C・ロナウドはここまで、毎シーズン60~70試合でプレーしてきた。そうやって蓄積されてきたことがあり、一息入れる段階を迎えたんだ」<br><br>今季休みながら終盤までたどり着いたC・ロナウドは、ここ9試合で13得点を記録するなど好調。ジダン監督は、ポルトガル代表FWが重要な存在であり続けていることを強調した。<br><br>「C・ロナウドの存在を正当化する必要などない。彼はピッチ上ですべてを可能にすることを示している。ゴールに関しては、レアル・マドリーの公式戦400点以上を決めているんだよ。それは驚異的な数字だ。彼がいれば、すべてが可能となる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 23:58 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー移籍内定のテオ・エルナンデス、『ツイッター』のプロフィールからアトレティコの名を消す

アトレティコ・マドリーからレアル・マドリーへの&ldquo;禁断の移籍&rdquo;を果たす可能性が報じられるDFテオ・エルナンデスだが、自身の『ツイッター』アカウントからアトレティコ所属であるとの紹介を消去した。<br><br>今季アトレティコからのレンタルによってアラベスでプレーし、一気にブレイクを果たしたT・エルナンデスは、レアル・マドリー移籍が内定していると報じられる。同選手はそれを証明するかのように、『ツイッター』のプロフィールからアトレティコの文字を消去した。<br><br>T・エルナンデスはプロフィール欄で、自身のことを「アラベスの選手。アトレティからのレンタル」と紹介していた。しかしながら現在はアトレティコに関する記述がなくなり、「アラベスの選手」とだけしか書かれていない。アトレティコとは、すでに決別したということなのだろうか。<br><br>なおアトレティコとレアル・マドリーのT・エルナンデス移籍に関するクラブ間交渉は、これから行われる見込みとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 22:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ピケが再びマドリーを“口撃”「レフェリーの影響力によりマドリーはタイトルを手にした」

▽バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが、ライバルクラブであるレアル・マドリーに対して再び“口撃”を仕掛けた。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽以前からマドリーに対して辛辣なコメントを繰り返しているピケ。27日に行われるコパ・デル・レイ決勝に向けた前日会見に臨んだピケは、チャンピオンズリーグ決勝のマドリーvsユベントスについてコメントを求められると次のように語った。 「今は自分たちの勝利だけに集中している。CLの決勝は、より優れたチームが勝つことになるだろう。それに僕がユベントスの勝利を望んでいることは言わなくてもわかっているだろう」 「そもそもマドリーはレフェリーの影響力により、リーガのタイトルを手にした。今シーズンを振り返って、ゴールラインテクノロジーが導入されることを願っているよ。それがあれば、レフェリーたちも少しプレッシャーから解放されるだろう」 2017.05.27 11:40 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース