AFC国際年間最優秀選手賞に輝いた岡崎慎司「とても興奮しています」2016.12.12 16:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティ所属の日本代表FW岡崎慎司が、アジアサッカー連盟(AFC)のアジア国際年間最優秀選手賞の受賞についてコメントした。レスターの公式サイトが伝えている。

▽昨シーズンの岡崎は、レスターでクラブ史上初のプレミアリーグ制覇に貢献。さらに、日本代表で国際Aマッチ通算100試合出場を達成するなどが評価され、最終選考に残ったドルトムントの日本代表MF香川真司やトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを抑え、同賞を初受賞した。

▽2012年のドルトムントに所属する日本代表MF香川真司、2013年のインテルに所属する日本代表DF長友佑都に続く3人目の日本人選手受賞者となった岡崎は、以下のようにコメントしている。

「AFCからこのような賞を頂けてとても光栄に思います」

「アジアの才能ある選手たちが何人も世界のビッグクラブでプレーしている中で、この賞をもらえたことにとても興奮しています」

「過去に香川真司と長友佑都もこの賞を獲得したことは知っていますし、だからこそ本当にうれしいです。この賞に恥じないようなプレーを2017年もレスターと日本代表で続けていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

「優勝したことは忘れるべき」ラニエリ監督が掲げる現実的な目標は…

レスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は、今シーズンの目標と、なかなか結果が出ていない現在の心境について語った。<br><br>&ldquo;ミラクル・レスター&rdquo;は昨シーズン、プレミアリーグで優勝を成し遂げた。しかし、王者として臨んだ今シーズンは苦戦を強いられ、第21節を終了した時点で15位と低迷している。<br><br>しかし、指揮官は困難に直面しながらも「ハッピー」であることに変わりはないと話した。<br><br>「レスターに残りたいと思っている。ここでとてもハッピーだ。サッカーは分からないものだよ。英雄になったかと思えば一瞬で全てを失うこともある。今は苦しい状況を過ごしている。だが、それでもレスターで楽しめている」<br><br>また、今シーズンの目標に関しては「残留」であると明言している。<br><br>「プレミアリーグへの残留が目標だ。現実的にならなければいけない。それができれば今シーズンもタイトルを獲得したようなものだ。去年起こったことは忘れて残留争いを戦い続けるべきだ」<br><br<br>提供:goal.com 2017.01.19 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

出場機会激減のウジョアがトランスファーリクエスト提出を考慮か

▽レスター・シティのアルゼンチン人FWレオナルド・ウジョア(30)が、出場機会の激減により退団を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2014-15シーズンにブライトンからレスターに加入したウジョア。2015-16シーズンはリーグ戦29試合6ゴールをマークし、同クラブのプレミアリーグ制覇に貢献した。迎えた今シーズン、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニの獲得もありウジョアの出場機会が減少。12試合1ゴールを記録するも、先発出場は1月2日に行われたプレミアリーグ第20節のミドルズブラ戦のみとなっている。 ▽レスター・シティとの契約は2018年6月まで残っておりウジョア自身もレスターに愛着を持っているようだが、『スカイ・スポーツ』によると年齢的なものも考慮してプレーできる環境を望んでいるようだ。 ▽さらにレスターは昨シーズンの優勝の立役者であるキャプテンのジャマイカ代表DFウェズ・モーガンやイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズなどと契約を延長。しかしウジョアに対してはオファーが届かなかった。 ▽さらに『スカイ・スポーツ』は、ウジョアに対して昨夏にスペインのクラブからオファーがあったものの、レスター側がこれを拒否したと伝えている。これに対して不信感を持っているウジョアが、レスターに対してトランスファーリクエストを出すのではないかと報じた。 2017.01.18 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:レスター・シティ 0-3 チェルシー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第21節、レスター・シティvsチェルシーが14日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが3-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170115_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 5.0 3失点目は中途半端な対応だった DF 5 モーガン 5.0 2失点に関与するなど、ソリッドさを欠いた 6 フート 5.0 久々の3バックでポジショニングの悪さが目立った (→岡崎慎司 5.0) 一度馬力のある突破を見せたが、効果的なプレーはほぼなかった 28 フックス 4.5 攻守に低調なパフォーマンス。不用意なファウルで2失点目の要因に MF 11 オルブライトン 5.5 ウイングバックに加え、センターバックの一角も担う。鋭いクロスがチーム唯一の攻め手だった (→シンプソン -) 4 ドリンクウォーター 5.0 ハードワークはしたが、繋ぎの部分でミスが多かった 25 エンディディ 5.5 プレミアデビュー。難しい相手に対して、攻守に上々のパフォーマンス 24 メンディ 5.0 攻守両面でクオリティを欠いた 3 チルウェル 5.5 積極的な上下動に加え、球際でもよく戦った。エンディディやオルブライトンと共に見せ場は作った FW 9 ヴァーディ 5.0 チーム全体の問題もあったが、休養十分のわりに淡泊なプレーが目立った 7 ムサ 5.0 2ゴールを決めた直近のエバートン戦とは打って変わって精彩を欠いた (→グレイ -) 目立ったプレーはなかった 監督 ラニエリ 4.5 3バック採用はハマらず。また、選手交代も疑問が残る迷采配… ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170115_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 前半に際どいクロスを好処理。それ以外に自身が目立つ展開ではなかった DF 28 アスピリクエタ 6.0 要所を締めた守備に加え、流れをスムーズにする攻撃参加を見せた 30 D・ルイス 6.0 集中力を切らさず、ヴァーディを封殺 24 ケイヒル 6.0 ミスなく堅実なプレーでクリーンシートに貢献 MF 15 モーゼス 6.0 チルウェルと好勝負を演じる。要所で良い絡みを見せた 7 カンテ 6.0 かつての本拠地に初凱旋。的確な潰しでチームを助けた 21 マティッチ 6.0 攻撃面でややもの足りなかったが、守備はきっちりこなした 3 マルコス・アロンソ 7.0 チームを勝利に導く2ゴール。積極的な攻撃参加が効いていた FW 22 ウィリアン 6.0 3点目をお膳立て。地味ながら攻守に奮闘 (→ロフタス=チーク -) 10 アザール 6.0 先制点をアシスト。いつもより元気がなかった (→セスク -) 11 ペドロ 6.5 ダメ押しの3点目を奪取。2ゴールに絡みジエゴ・コスタ不在の攻撃をけん引 (→バチュアイ -) 監督 コンテ 6.0 衝突したジエゴ・コスタ不在で渋い内容も、持ち味の堅守と勝負強さで勝ち点3を持ち帰った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マルコス・アロンソ(チェルシー) ▽ここ最近、苦しむ試合も多かったが、難しい試合でチームを助ける見事な2ゴールを奪取。攻守両面で存在感が際立っていた。 レスター・シティ 0-3 チェルシー 【チェルシー】 マルコス・アロンソ(前6) マルコス・アロンソ(後6) ペドロ(後26) 2017.01.15 04:33 Sun
twitterfacebook
thumb

伏兵アロンソ2発のチェルシーがレスター撃破! 岡崎は後半から途中出場も見せ場なし《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第21節、レスター・シティvsチェルシーが14日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが3-0で快勝した。レスターのFW岡崎慎司は、60分から途中出場した。 ▽前節、ミドルズブラとのシックスポインターを退屈なゴールレスドローで終えた15位のレスターは、直近のFAカップでエバートンを破り、新年初白星を手にした。迎えた今節は、首位チェルシーを相手に新年のプレミア初勝利を目指した。前節のミドルズブラ戦からのメンバー変更は6点。アフリカ・ネイションズカップ参戦のマフレズ、スリマニ、アマルティが外れたほか、岡崎とウジョアがベンチスタート。代わって3試合の出場停止明けのヴァーディ、ムサ、今冬加入でプレミアデビューのエンディディが先発入り。チェルシー対策として[3-5-2]のシステムを採用した。 ▽一方、前節トッテナムとのダービーに敗れ、リーグ戦の連勝が13試合でストップしたチェルシーは、控え主体で臨んだFAカップでピーターバラに快勝も、きっちりリーグ戦でバウンスバックを果たしたいところ。だが、今週の練習で指揮官と衝突したジエゴ・コスタがメンバー外となり、アザールをゼロトップで起用することになった。 ▽開始直後にヴァーディとムサのコンビでホームチームがいきなり相手ゴールを脅かすも、先にゴールをこじ開けたのは、地力で勝るアウェイチームだった。6分、アスピリクエタの右クロスがニアでDFにディフレクトしたボールをゴール前でペドロ、アザールとダイレクトで繋ぐと、ボックス左でフリーのマルコス・アロンソの足元にボールが転がる。ここでスペイン人DFは利き足とは逆の右足で冷静にゴール右隅へ蹴り込んだ。 ▽開始早々に先制を許したレスターだが、必要以上に前がかりになることはせず、入りと同じリズムで試合を進める。それでも、相手ウイングバックの後方のスペースを使ってオルブライトンとチルウェルの両ウイングバックがシンプルなクロスからチャンスを演出。17分には右サイドからのクロスをそのチルウェルが頭で合わすが、枠に飛ばせない。 ▽前半半ばから終盤にかけては、拮抗した展開が続く。早い時間帯に先制点を奪い、ここから一気に流れを掴むかに思えたチェルシーだったが、エンディディら球際で強さを見せる相手に苦戦し、なかなか主導権を掴み切れない。要所で良いボール奪取から3トップのスピードを生かした高速カウンターを見せるが、最後の場面でうまくいかない。それでも、オルブライトンの際どいクロスをGKクルトワが好守で阻むなど、持ち味の堅守を発揮し、前半を1点リードで終えた。 ▽後半もややクローズな展開が続く中、チェルシーの伏兵がまたしても試合を動かす。51分、フックスが不用意なファウルでウィリアンを倒し、チェルシーが相手陣内右サイド深くでFKを獲得。この流れからボックス手前でルーズボールを拾ったマルコス・アロンソが左足を振り抜くと、ゴール前でDFモーガンにディフレクトしたボールがGKシュマイケルの逆を突き、ゴールネットを揺らした。 ▽前半同様に立ち上がりの失点で点差を広げられたレスターは、60分にDFフートを下げて岡崎を投入。この交代でオルブライトンが最終ラインに、ムサが右ウイングバックにそれぞれポジションを下げ、岡崎はヴァーディと2トップを組んだ。 ▽リスクを冒して前に出るレスターだったが、攻守にチグハグさが目立ち、なかなかリズムを掴めない。すると71分、試合を決定付ける3点目を奪われる。ボックス右のウィリアンへ絶妙なフリックパスを通したペドロに、ウィリアンの折り返しがGKシュマイケルに当たって浮いたボールを頭で押し込まれた。 ▽この3点目で勝利を確信したコンテ監督は、アザール、ペドロ、ウィリアンと3トップを次々に下げて、セスク、バチュアイ、ロフタス=チークを投入し、逃げ切りを図る。対してレスターは、岡崎に続いてグレイ、シンプソンを投入するが、システム変更や選手交代がことごとくハマらず、最後まで効果的な攻めを見せられぬまま、試合はタイムアップ。 ▽ジエゴ・コスタ不在の影響で思うような攻撃を見せられなかったものの、伏兵マルコス・アロンソの活躍で昨季王者との拮抗した一戦を快勝したチェルシーが、スパーズ戦の敗戦から見事なバウンスバックを果たした。一方、多数の主力を欠きラニエリ采配も機能しなかったレスターは、2017年初黒星を喫した。 2017.01.15 04:32 Sun
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレスがレスターのシュラップを獲得、移籍金は推定17億円

▽クリスタル・パレスは13日、レスター・シティのガーナ代表MFジェフリー・シュラップ(24)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年半で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によると1250万ポンド(約17億5000万円)とのことだ。 ▽レスターの下部組織出身であるウインガーのシュラップは、2011年3月にトップチームデビュー。2010-11シーズンにブレントフォードへ1年レンタル移籍して以降は、レスターで準主力として活躍していた。そして昨季は優勝したチームの中でプレミアリーグ24試合に出場して1ゴールを挙げていた。 ▽クリスタル・パレスは降格圏の18位サンダーランドとは1ポイント差の17位に位置している。 2017.01.14 01:53 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース