AFC国際年間最優秀選手賞に輝いた岡崎慎司「とても興奮しています」2016.12.12 16:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティ所属の日本代表FW岡崎慎司が、アジアサッカー連盟(AFC)のアジア国際年間最優秀選手賞の受賞についてコメントした。レスターの公式サイトが伝えている。

▽昨シーズンの岡崎は、レスターでクラブ史上初のプレミアリーグ制覇に貢献。さらに、日本代表で国際Aマッチ通算100試合出場を達成するなどが評価され、最終選考に残ったドルトムントの日本代表MF香川真司やトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを抑え、同賞を初受賞した。

▽2012年のドルトムントに所属する日本代表MF香川真司、2013年のインテルに所属する日本代表DF長友佑都に続く3人目の日本人選手受賞者となった岡崎は、以下のようにコメントしている。

「AFCからこのような賞を頂けてとても光栄に思います」

「アジアの才能ある選手たちが何人も世界のビッグクラブでプレーしている中で、この賞をもらえたことにとても興奮しています」

「過去に香川真司と長友佑都もこの賞を獲得したことは知っていますし、だからこそ本当にうれしいです。この賞に恥じないようなプレーを2017年もレスターと日本代表で続けていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

2日連続別メニュー…岡崎慎司「まだ痛いけど…」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。2日続けて別メニュー調整が続く状況だが、「今は心肺を上げておいて、足が良くなり次第、向こう(ロシア)でプレーできるようにしておきたい」と語り、視線をロシア・ワールドカップに向けた。 <span style="font-weight:700;">◆FW岡崎慎司</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">──足の状態について</span> 「足はまだ痛い。でも、今は心肺を上げておいて、足が良くなり次第、向こうでプレーできるようにしておきたい。イングランドでも続けていたし、こっちでも足の具合が良くなれば出られるコンディションに持っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気について</span> 「いつもと変わらない。基本的に、宿舎にいるときから何かが変わったということはない。こんな感じかなと。いつも通り、何も変わっていない」 <span style="font-weight:700;">──改めて顔を合わせて</span> 「がっつり話をしたということはないけど、みんなの近況だったりを伝えあった程度。今後、ワールドカップについて話し合っていくと思うけど、今はコンディションやチーム状況の話題で盛り上がっている」 <span style="font-weight:700;">──2010年大会はGK川口能活が経験者として帯同した。今大会における自身の立ち位置について</span> 「もちろん、そういう選手は必要。いなかったら、自分がやる。そういう部分に関して、自分が臨機応変にやっていかないといけない立場。若い選手が盛り上げ役を担ってくれれば一番良いけど…(笑) 僕らはプレーを含めて言動や存在感で未経験の選手に落ち着きを与えていきたい。普段通りやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──見慣れた選手の顔ぶれについて</span> 「メンバーについて自分から何かを言うことはない。でも、海外組の試合を観たりしている。どういうフォーメーションでやろうが、戦術でやろうが、互いのことは理解しているつもり。世界の強敵と当たったとき、どんな状況でも適応できる能力が必要になってくるので、色々なタイプの選手がいることは良いこと」 <span style="font-weight:700;">──連携面について</span> 「もちろん、サッカーはパッとやって、スッとできる簡単なものじゃない。ただ、互いの特長をある程度わかっていれば、どんな選手とプレーすることになってもわかりやすいメンバー構成になっていると思う。とはいえ、強いチームと戦えば、僕らが我慢を強いられる時間もある。今までの積み重ねを含めて発揮しないといけない場面もあると思うので、色んな選手の存在が大事になってくる」 2018.05.22 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネがヴァーディに着眼! グリーズマンの後釜に

▽レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(31)にアトレティコ・マドリー移籍の可能性が急浮上した。 ▽クラブのシンボルプレーヤーであるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ移籍が有力視されるアトレティコ・マドリー。ディエゴ・シメオネ監督は、理想的な後釜として、昨シーズンのチャンピオンズリーグで感銘を受けたヴァーディを注視しているという。 ▽イギリス『ミラー』によれば、ヴァーディの市場価値は推定で1600万ポンド(約23億8000万円)。だが、アトレティコ・マドリーは、エース流失を避けたいレスターを納得させるために、少なくとも2000万ポンド(約29億8000万円)を用意する必要がある模様だ。 ▽2012年からレスターでプレーするヴァーディは、チーム屈指のヒットマンとして、2015-16シーズンのプレミアリーグ初制覇に大きく貢献。自身もPFA年間ベストイレブンとFWA年間最優秀選手賞を受賞するなど、センセーショナルな活躍が光った。 ▽そして、今シーズンもレスターのエースとして活躍。公式戦42試合23得点1アシストの活躍を見せ、6月開幕のロシア・ワールドカップに臨むイングランド代表メンバー23名にも選出されている。 2018.05.20 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

レスターがポルトガル代表右サイドバックを獲得!

▽レスター・シティは19日、ポルトからポルトガル代表DFリカルド・ペレイラ(24)を獲得したことを発表した。契約2023年までの5年契約となる。 ▽ロシア・ワールドカップの代表メンバーにも選ばれているリカルド・ペレイラ。レスター加入を以下のようにコメントしている。 「ここにこられてとても嬉しい。このチームで早くベストを尽くしたい。プレミアリーグの雰囲気、ファン、そしてフットボールは世界一だ。僕はチームを助けるため、チームの目標を達成させるためにここに来たんだ」 ▽2013年に、スポルティング・リスボンやヴィトーリアの下部組織を経てポルトの下部チームに入団したリカルド・ペレイラは、ニースへのレンタル移籍も経験しつつ、今シーズンからポルトにレンタルから復帰。右サイドバックを主戦場にリーグ戦27試合に出場し2ゴール5アシストを記録し、チームの5年ぶりの優勝に貢献した。 2018.05.20 04:39 Sun
twitterfacebook
thumb

レスターがアディダスとパートナーシップ契約…奇跡の優勝をともに成し遂げたプーマには感謝

▽日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、アディダスとのパートナーシップ契約を結んだことを発表した。クラブ公式サイトが発表した。 ▽レスターは、これまでプーマとサプライヤー契約を締結。2018年6月1日からアディダスとオフィシャル・テクニカルキットパートナー契約を結ぶとのこと。複数年にわたる契約という。なお、新ホームキットは6月1日から予約可能に。7月1日にストアで販売が開始されるとのことだ。 ▽レスターのスーザン・ウィーランCEOは「アディダスとのパートナーシップは、我々にとって、世界でも最も評判の良いブランドの1つとともに、レスター・シティを国内外に広めるための素晴らしい機会となる」とコメントした。 ▽また、これまでパートナーであったプーマに対しては「新しいサプライヤーとの旅路をスタートさせるにあたり、5シーズンにわたって歴史を作ってくれたプーマに感謝の気持ちを伝えたい。ピッチでは不可能なことを成し遂げ、最も売れたレプリカシャツはレスター・シティの歴史です」と述べ、2015-16シーズンに達成した奇跡のプレミアリーグ優勝を共に成し遂げたことに感謝した。 2018.05.17 14:06 Thu
twitterfacebook
thumb

3位スパーズがケインの今季30点目でウェンブリーにド派手な別れ! 岡崎欠場レスターは9位フィニッシュ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ最終節、トッテナムvsレスター・シティが13日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが5-4で勝利した。なお、レスターのFW岡崎慎司はケガのため欠場した。 ▽ミッドウィークに行われたニューカッスル戦の勝利で3位浮上と共に来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保したトッテナム。仮本拠地のウェンブリーでのラストゲームとなる今節に向けてはウォーカー=ピータースやルーカス・モウラなど若干メンバーを落として臨んだ。 ▽一方、ミッドウィークにアーセナルに快勝した9位レスターは連勝でのシーズン締めに向けてヴァーディやマグワイア、マフレズなど主力を起用。足首のケガで欠場が続く岡崎は今季中の復帰はならなかった。 ▽ウォーミングアップ中にヴェルトンゲンが負傷し、急遽ワニャマが先発に入り、エリック・ダイアーが最終ラインに入る形となったトッテナムは開始早々に先制点を奪われる。4分、自陣左サイドで与えたFKの場面でキッカーのマフレズがニアに入れたボールをフリーのヴァーディに頭で右隅に流し込まれた。 ▽それでも、失点直後の7分にはルーカスの高い位置でのボール奪取からケインがボックス内に抜け出して左足のシュートをニアに突き刺し、3試合連続となる今季29点目で同点に追いつく。 ▽しかし、急造最終ラインとムサ・シッソコとワニャマのボランチのところでミスやコミュニケーション不足が目立つトッテナムは16分、自陣でのボールロストからボックス内でヴァーディに決定機を許すと、ここはDFが何とか対応するもルーズボールに反応したマフレズにゴール左隅へのシュートを決められ、勝ち越しを許した。 ▽3位死守に向けて攻勢に出たいホームチームは左サイドのルーカスの個人技やエリクセンの配球を生かしてケインらがフィニッシュに持ち込もうとするが、最後の場面で相手DFの粘りに遭う。逆に、不用意なボールロストから再三のカウンターチャンスを許す。それでも、26分のグレイとの一対一をGKロリスが見事なファインセーブで阻むなど、追加点は許さず。レスターペースが続いた前半はアウェイチームの1点リードで終了した。 ▽前半同様に後半も引き続きオープンな展開に。立ち上がりの47分、ダイアーのロングボールのクリアが短くなりこれを拾ったイヘアナチョがワニャマに寄せられながらもボックス手前に持ち込んで左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上隅に突き刺さり、レスターが追加点を挙げる。しかし、トッテナムは直後の49分、左サイドのローズからラメラ、ケイン、ルーカス、ウォーカー=ピータースとステーションパスが繋がり、最後はボックス右でウォーカー=ピータースの丁寧な折り返しをゴール前フリーのラメラが難なく流し込んだ。 ▽このラメラのゴールをキッカケに完全に息を吹き返したトッテナムは53分、ラメラのシュートがDFフックスのオウンゴールを誘い、同点に追いつく。さらに60分にはルーカスの斜めのパスを相手MFグレイがトラップミスし、これをボックス右に走り込んだウォーカー=ピータースが丁寧に折り返すと、再びラメラが流し込んで逆転に成功した。 ▽この試合、初めてリードを手にしたトッテナムだが、試合を落ち着けることができず、その後も打ち合いの展開に持ち込まれる。すると、73分にはマフレズのラストパスに抜け出したヴァーディにボックス左から強烈なシュートを叩き込まれ、今季20点目を献上して4-4のイーブンに戻される。 ▽しかし、この打ち合いの状況に終止符を打ったのはトッテナムのエースだった。76分、ボックス手前左でローズからパスを受けたケインは冷静なシュートフェイントで対面のDFを剥がして右足のコントロールシュートを放つと、これがゴール右隅を射抜いた。なお、今回のゴールによってケインはキャリアハイとなるリーグ戦30ゴールを達成した。 ▽その後、ダビンソン・サンチェスを投入するなど、守備的な交代でリードを守り切りに行ったトッテナムがレスターの反撃を凌ぎ切って5-4で勝利。壮絶な打ち合いを制して聖地ウェンブリーに別れを告げたスパーズが今季を3位フィニッシュした。一方、打ち負けたレスターは9位で今季を終えることになった。なお、最終節で2ゴールを記録したケインだったが、今節で1ゴールを記録したサラーに2点及ばず、3年連続リーグ得点王獲得はならなかった。 2018.05.14 01:13 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース