首位大阪を追う名古屋は終盤に町田に追いつかれドロー!《ゼビオFリーグ》2016.12.11 20:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽11日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第24節、バサジィ大分vs湘南ベルマーレ、エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安、デウソン神戸vsアグレミーナ浜松、ペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズの4試合が行われた。大分vs湘南は4-2で大分が勝利、北海道vs浦安は4-1で北海道が勝利した。神戸vs浜松は5-5、町田vs名古屋は2-2の引き分けに終わっている。

◆バサジィ大分vs湘南ベルマーレ
▽引き分けをはさみ6連敗中と苦しい状況が続く大分が湘南を迎えた一戦。試合は10分に高溝黎磨がネットを揺らすも、15分にディドゥダのゴールで大分が追いつき前半を終える。後半にはいっても湘南が先手を奪う展開に。25分に大徳政博がゴールを奪い再びリードするも、大分は26分に藤川朋樹が得点し同点とする。33分にはディドゥダがこの試合2点目を奪うと、36分には仁部屋和弘もゴール。終わってみれば、4-2で大分が勝利し連敗をストップさせた。

◆エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安
▽大雪に見舞われた北海道で行われた一戦。試合はホームの北海道が意地を見せる。15分、ゴール前のパスに反応した酒井遼太郎が押し込んで北海道が先制。20分には宮原勇哉やこぼれ球を詰めて北海道が2点リードで試合を折り返す。後半も北海道がペースを握ると、36分に宮原が2点目を奪う。直後にパワープレーを仕掛けた浦安は加藤竜馬が1点を返すも、38分に水上玄太がダメ押しゴールを決め試合終了。4-1で北海道が勝利を収めた。

◆デウソン神戸vsアグレミーナ浜松
▽3試合で白星から遠ざかっている神戸と3連敗中の浜松の対戦。試合は乱打戦となった。開始20秒で浜松は山蔦一弘がゴールを奪うも、4分に森洸がネットを揺らし神戸が同点とする。9分には松浦勇武のゴールで再び浜松がリードするが、直後に稲田瑞穂に得点を許し、再びスコアはタイに。神戸は15分に松宮充義が得点を挙げて初めてリードを奪うが、20分に野嶋倫がゴールを決め、浜松が3-3に追いついて前半を終える。後半も立ち上がり早々にスコアが動く。22分、松浦がこの試合2点目で浜松にリードをもたらせるが、神戸は27分に森脩がゴール。さらに35分には相井忍が得点を奪い、リードして終盤へ。このまま神戸がシーソーゲームを制するかと思われたが、パワープレーを仕掛ける浜松は40分に銀島壮志がゴール。結局5-5のドローに終わった。

◆ペスカドーラ町田vs名古屋オーシャンズ
▽2位の名古屋と4位の町田による上位対決。先制したのは町田だった。9分、森岡薫が古巣相手にドリブル突破。角度のない位置から豪快にシュートをねじ込み、町田が先制する。それでも名古屋は16分、セルジーニョのCKが相手オウンゴールを誘発し同点に。1-1で前半を終えた。後半は名古屋がペースを握ると28分、セルジーニョのパスに反応した安藤良平が押し込んで勝ち越しに成功。37分から町田はパワープレーを仕掛けると、38分に本田真琉虎洲がネットを揺らし同点に。そのまま試合は終了し、引き分けに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

町田がすみだを一蹴!! 名古屋は府中と分けるもレギュレーションで2nd Roundへ《ゼビオFリーグ》

▽24日に墨田区総合体育館でSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017プレーオフ1st Roundの2試合が行われた。名古屋オーシャンズvs府中アスレティックFCは2-2のドローに終わるも、リーグ戦上位の名古屋が2nd Roundに進出。ペスカドーラ町田vsフウガドールすみだの東京ダービーは、7-2で町田が勝利した。 ▽この結果、翌日に同会場で行われる2nd Roundでは、名古屋vs町田となり、同日に行われる4/5位決定戦は、府中vsすみだとなった。 ◆名古屋オーシャンズvs府中アスレティックFC ▽プレーオフ初戦は府中が積極的な入りを見せると6分にはセットプレーからFP渡邉知晃がネットを揺らす。しかし名古屋も15分、相手のクリアミスを奪ったFP安藤良平がGKとの一対一を制して同点で試合を折り返した。 ▽迎えた後半も府中が主導権を握る展開の中、26分にFP皆本晃が勝ち越しゴールを奪う。再び追いかける展開となった名古屋だったが、33分にFP星龍太のミドルシュートが決まって名古屋がまたも同点とする。このままでは敗退が決まる府中はパワープレーで勝ち越しを目指すが、名古屋が守りきって試合は終了。2-2のドローとなるも、リーグ戦上位の名古屋が次のラウンドへと進出した。 ◆ペスカドーラ町田vsフウガドールすみだ ▽プレーオフ第2試合は東京ダービーとなった。試合は1分にFP森岡薫のゴールで町田が先行する。すみだも10分にセットプレーからFP渡井博之がボレーシュートを突き刺すも、11分にFP森谷優太、15分にFP滝田学、さらに16分にはFP金山友紀が立て続けにネットを揺らして町田が4-1とリードして前半を終えた。 ▽後半は追いかけるすみだが早い時間帯からパワープレーを開始。しかし31分にGKピレス・イゴールのパワープレー返しが決まる。すみだは34分にボラのヘディングシュートが決まるも、38分にFP横江怜、39分にFP本田真琉虎洲がネットを揺らして勝負あり。快勝した町田が、名古屋との2nd Roundへと駒を進めた。 2017.02.24 21:48 Fri
twitterfacebook
thumb

シュライカー大阪一筋、9年間プレーした元フットサル日本代表FP村上哲哉が現役引退「2012年のW杯後に一度引退を考えていた」

▽19日に住吉スポーツアリーナで行われたSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第33節、大阪vs仙台は11-2で大阪が勝利した。 ▽リーグ発足10年目にして初めて名古屋オーシャンズからリーグ戦1位を奪ったシュライカー大阪は、試合開始35秒にFPチアゴがゴール。その直後に同点とされるも、FPアルトゥール、FP小曽戸允哉、FPヴィニシウスと連続得点。前述の4名に加え、FP永井義文が2ゴールずつを記録すると、今シーズン限りでの現役引退を発表していたFP村上哲哉もゴール。11-2で圧勝を収めた。 ▽試合後、今シーズン限りでの引退を発表していた元フットサル日本代表FP村上哲哉の引退セレモニーが開催。家族やファン・サポーターへの感謝の気持ちを述べるとともに、3月3日に行われるプレーオフファイナルへの来場を呼びかけていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170219_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">◆FP村上哲哉</span>(シュライカー大阪) 「ホーム最終戦にご来場いただきありがとうございました。そして、1年間長いシーズン本当に熱い応援ありがとうございました」 「2008年にシュライカー大阪に入団して、9年間シュライカー大阪一筋でここまでプレーしてきました。最高の仲間、スタッフに恵まれ、この9年間は僕の人生にとって大切な宝です」 「これまで楽しいこともあれば、ケガでプレーできず苦しい時もありましたが、いつも近くでサポートしてくれる家族、サポーター、仲間、スタッフのおかげでここまでたどり着くことができました。現役生活もプレーオフファイナルラウンド、全日本選手権のみとなりました。僕のフットサル人生全てをかけて、素晴らしい仲間と共に、残りの2つのタイトルを目指し、最後まで全力で戦います」 「最後になりましたが、先ほど木暮監督からもあったように、3月3日、岸和田市総合体育館、7時キックオフ。Fリーグの10年目にして歴史が変わる瞬間を、会場をオレンジに染めて僕たち選手にパワーをください。本当にありがとうございました」 ▽また、セレモニー後に取材に応じた村上は、これまでのFリーグや思い出、リーグタイトルへの想いを語ってくれた。 <span style="font-weight:700;">──Fリーグで9年間プレーされましたが振り返ってみて</span> 「2008年に入団してからあっという間で、このチームで数々のタイトルを獲らせてもらいました。唯一Fリーグのタイトルを獲っていなかったんですが、今シーズンは最大の目標であったので、リーグで年間1位を獲ることはできましたし、3月3日プレーオフファイナルでしっかりとタイトルを獲るということに集中して、良い形で現役生活を終えたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──カップ戦などでのタイトル獲得は何度かありましたが、リーグタイトルへの想いは強かったですか</span> 「カップ戦はサッカーでもそうですが、一発勝負で何が起こるかわかりません。どこが優勝してもおかしくない状況で、自分たちが優勝できました。長いリーグ戦の戦いの中でチーム力を維持して1位を獲るということは、今シーズン改めて名古屋オーシャンズの偉大さ、9連覇したチーム力というのが本当にすごいことだと思いました。今シーズンのシュライカー大阪はブレずにリーグ1位を獲るという目標にチーム全員が犠牲心を払い、試合に出る出ないに関わらずチームのために力を出し切ったことが、この結果に繋がっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──今シーズン初ゴールだったと思いますが</span> 「キャリアの中でも今シーズンが最も苦しかったというか厳しかったというか、プレシーズンがケガから始まって、開幕もメンバーに入りましたが遅れて入ることになりました。シーズン途中でもヒザと足首をケガして、コンディション的にもあげられない状況が続いていました。監督からも1点獲ったら流れは変わるからと言われていましたが、なかなか結果を出せず、出場時間もちょっとずつ減っていきました。その中で、若い選手も含めて自分がどのような選手生活を送れば良いかを考えて、背中で、姿勢で見せていくしかないなと思っていました」 「監督とチームにリスペクトをしてもらい、点獲ってこいという形で後半は長い時間出場させてもらいました。そこで1点獲れたというのは、自分としても持っているのかなというのもありますし、チームのメンバーに恵まれてここまで来れたなと改めて感じました」 <span style="font-weight:700;">──木暮監督は、就任してからは今までとは違う関係だと語っていた。その中でリーグタイトルを目指すということはどんな心境か</span> 「もともと2012年のW杯後に一度引退を考えていたんですが、ちょうどそのタイミングで木暮さんが監督になるということで、自分もリーグタイトルを獲っていませんでしたし、そこでもう一回心に火がつきました。木暮監督が選手の時に、背中を見て、FIRE FOXの時も、代表の時もやってきました。その監督の下で、大きなタイトルを獲ろうというモチベーションを持って、3年目で達成できました」 「自分がどれだけ試合に出て貢献できたかはわかりませんが、チームとして自分の役割をしっかりと理解して、チームのために、監督のために仲間のために出し切るスタイルは1年間ブレずにやってきました。3月3日に敗れるとここまで積み上げてきたものがなくなってしまうので、しっかり集中して3日に決めたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──Fリーグでプレーしてきた中で最も思い出に残っている試合は</span> 「僕は2年前のプレーオフファイナルでバサジィ大分に勝って、バルドラール浦安に勝って、最後は名古屋オーシャンズに負けてしまいました。あの時に森岡薫選手(現ペスカドーラ町田)にマンツーマンで付けと監督に言われたんですが、あの試合がキャリアの中でやり合えました。その分悔しさもありましたけど、その悔しさがあったからこそ、今シーズンタイトルまであと一歩のところに来ていると思います。そういった意味で、あの2年前のプレーオフは僕の中で残っています」 2017.02.19 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

Fリーグ開幕年を知るシュライカー大阪FP奥田亘が現役引退、10年間を振り返り「短かったようで長かった」

▽19日に住吉スポーツアリーナで行われたSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第33節、大阪vs仙台は11-2で大阪が勝利した。 ▽リーグ発足10年目にして初めて名古屋オーシャンズからリーグ戦1位を奪ったシュライカー大阪は、試合開始35秒にFPチアゴがゴール。その直後に同点とされるも、FPアルトゥール、FP小曽戸允哉、FPヴィニシウスと連続得点。前述の4名に加え、FP永井義文が2ゴールずつを記録すると、今シーズン限りでの現役引退を発表していたFP村上哲哉もゴール。11-2で圧勝を収めた。 ▽試合後、今シーズン限りでの引退を発表していたFP奥田亘の引退セレモニーが開催。家族やファン・サポーターへの感謝の気持ちを述べるとともに、3月3日に行われるプレーオフファイナルへの来場を呼びかけていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170219_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">◆FP奥田亘</span>(シュライカー大阪) 「みなさん本日のFリーグ最終戦、たくさんの方にお越し頂きありがとうございました。僕はシュライカー大阪が発足して以来、Fリーグ開幕から10年間、選手としてずっとプレーすることができました。これは1つ家族の支えがあって、友人、ファン・サポーター、スポンサーの皆様、何より素晴らしいチームメイトのおかげで助け合いながら今までプレーすることができました」 「1つエピソードがあります。僕がシュライカー大阪で1年目プレーしている時に、今日ヴォスクオーレ仙台の選手としてプレーしていた堀内迪弥がたまたま試合を見に来ていました。プレーしている僕の姿を見て、自分もそうなりたいと心に決め、シュライカー大阪に入団してきてくれました。そんな彼とプレーすることができて、心から嬉しく思っています」 「今この会場にいらっしゃるたくさんの子供たち、今日来れなくても普段スクールで関わっている子供たちがこのシュライカー大阪のユニフォームを着て、このFリーグの舞台でプレーしてくることが僕の願いです。これからはそんな子供たちの環境づくりに少しでも貢献できるよう、自分なりの活動を続けていきたいと思います」 「まだ3月3日に大事な大事な試合が残っています。2年前、本当にあと一歩のところで悔しい思いをしました。ただ、その思いがあったからこそ、今まで自分がこうやってプレーできたと思います。ヒザのケガも2回しました。手術することで自分自身、浮き沈みのある毎日を送っていたんですが、声をかけてくれ待っているよと言ってくれた選手たちがたくさんいます。本当に素晴らしい仲間たちです」 「今日自分が最後に点を獲れるように出してくれた木暮監督をはじめとして、今まで自分に関わってくれたチームメイトには本当に感謝の気持ちで一杯です。そんな素晴らしい仲間たちとラスト3月3日、勝って自分の選手生活を締めくくりたいと思います。ただ、その時には自分たちの力以上の、チーム一丸となって戦うことが必要です。そんな力を引き出してくれるみなさんの力が必要です。あと少し、ぜひ会場に足を運んで応援してください。本当にみなさんありがとうございました」 ▽また、セレモニー後に取材に応じた奥田は、これまでのFリーグや思い出、タイトルへの想いを語ってくれた。 <span style="font-weight:700;">──Fリーグ開幕年から10年間プレーされましたが振り返ってみて</span> 「早かったです。短かったようで長かったです。それを中心に全て、生活からなにから決めて歩んできました。多くの素晴らしい仲間と出会えたことは宝だと思っています。Fリーグができて、シュライカーというチームが誕生して、自分がそのメンバーになったとき、開幕のセレモニーだったりイベントなど体感した中で、今まで自分が関わってきたフットサルの世界が変わるのかなという期待感がありました。1年、2年、3年、4年とチームが変わってもプレーしていて、どうしても納得がいかないことや、変わっていってほしいことは目についています」 「今までは自分たちよりも年上の人たちが、Fリーグができるまでの環境を作ってくださって、自分たちがそれに乗っかってプレーする中で、次に自分たちができることというと、Fリーグを発展させていって、魅力あるものにしないと、先が不安で怖いです。やっている選手はそう思っていますし、特に長くプレーしている選手はその辺りをずっと分かっていると思うので、この世代のメンバーがもっとリーグが発展するために力を合わせていかないと、良い未来というか、先までやれないんじゃないかと感じてしまうと思うので、今自分たちが若くてまだ力があるときに、どんどん積極的に動いて、フットサルの環境が変わればと思っています」 <span style="font-weight:700;">──Fリーグでプレーされた中で最も思い出に残っている試合は</span> 「2年前のプレーオフです。個人的な感情が関わると1つに絞るのは難しいですが、思い出の試合というと悔しさではありますが一番印象に残っています。1戦目に僕たちがリードしていて、パワープレーをされていた時に1本のパワープレー返しのチャンスがありました。ただ、それを外してしまって、タラレバはないんですが、あれで次の日の結果が変わっていたと思います。ワンチャンス、ワンプレーで流れ、結果が変わるということが自分の中でずっと残っていました。今回のチームとしてラストにこれだけの条件が揃っている中でプレーできるチャンスがあると思うと、(3月3日のプレーオフが)楽しみで仕方がないですし、チームとして1つになって必ず買って終わりたいというとずっと思わせてくれています。対戦しているメンバーなどは違いますが、同じ条件でできそうという意味で2年前の名古屋戦が一番残っています」 2017.02.19 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴィッセル神戸でも活躍し、ガンを患うも復帰したデウソン神戸の鈴村拓也が現役引退「全ての方々に本当に感謝しています」

▽19日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第33節のデウソン神戸vs府中アスレティックFCがグリーンアリーナ神戸で行われ、1-4で府中が勝利した。 ▽試合後、ヴィッセル神戸でもプレーし、その後フットサルに転向。日本代表としてもプレーし、2012年に上咽頭ガンを患うも現役復帰を果たしたFP鈴村拓也が引退セレモニーを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170219_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)DEUCAO KOBE<hr></div><span style="font-weight:700;">◆FP鈴村拓也(デウソン神戸)</span> 「今日は多くの方々に来ていただき本当にありがとうございます。最終節がプレーオフを争う府中との試合にできればと思っていましたが、府中の方が一枚上手でこのようなかたちになり、今日も結果は残念ながら負けてしまいました。府中の皆様、プレーオフ頑張ってください」 「ぼくが神戸に来たのは、高校卒業後サッカーでヴィッセル神戸へ入団をした20年前の2月、神戸に住むことになりました」 「その後、サッカー選手からフットサル選手になり、フットサル日本代表にも選んでいただき、またフットサルのスペインリーグでも4シーズンプレーすることができました。そして、また神戸へ戻ってくることができ本当に嬉しく思っています」 「デウソン神戸でプレーする中、2012年に上咽頭ガンになりました。復帰を目指して頑張るの一言を自分自身にずっと言い続けて、また思ってきました。その復帰の舞台を作ってくださったのは、デウソン神戸をはじめFリーグ、フットサル、サッカー、フットボールファミリーが僕に戻る場所を作ってくれました。僕は目標に突き進むだけだと心に誓い、全力で自分のやるべきことに取り組むことができました。その場所を作ってくださった、デウソン神戸の選手、スタッフ、関わる全ての方々に本当に感謝しています。ありがとうございました」 「僕のプロサッカー選手としてのキャリアのスタートは、隣のユニバー競技場でJリーグデビューをさせていただきました。フットサルに転向をして初めてフットサルシューズを履いてプレーしたのは、ここグリーンアリーナでした。ガンから復帰後プレーしたのもここグリーンアリーナ。そして今日、最終戦を迎えたのもグリーンアリーナです。ぼくにとってはここが聖地です。ここから始まり、ここでリスタートし、そして最後を迎えられました。たくさんの方々のご協力、支え、声援、皆様の力があったからこそ今の僕がいます。最後になりましたが、本当に長い現役生活を支えていただき、応援していただき本当にありがとうございました」 2017.02.19 21:19 Sun
twitterfacebook
thumb

レギュラーシーズンが終了!! 大阪は最終節も攻撃陣が躍動!!《ゼビオFリーグ》

▽19日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第33節の4試合が行われた。バサジィ大分vsペスカドーラ町田は、5-4で町田が勝利した。シュライカー大阪vsヴォスクオーレ仙台は、大阪が11-2と大差をつけて勝利。名古屋オーシャンズvsバルドラール浦安は1-1のドローに終わり、デウソン神戸vs府中アスレティックFCは府中が4-1で勝利した。 <div id="ad"></div> ▽なお、今節でゼビオFリーグはレギュラーシーズンを終え、2月24日(金)に墨田区総合体育館でプレーオフ1stRoundが行われる。名古屋オーシャンズ(リーグ2位)vs府中アスレティックFC(リーグ5位)は17:00キックオフ。ペスカドーラ町田(リーグ3位)vsフウガドールすみだ(リーグ4位)は19:30開始となる。 ◆バサジィ大分vsペスカドーラ町田 ▽試合は前半から打ち合いとなり3-3の同点で後半を迎える。すると後半開始早々にFP金山友紀のゴールで町田がリードすると、28分にはFP森岡薫が追加点を奪った。大分は32分にFP芝野創太のゴールで点差を縮め、終盤はパワープレーで同点を目指したがそのまま試合は終了。勝利した町田がすみだをかわして3位でレギュラーシーズンを終えた。 ◆シュライカー大阪vsヴォスクオーレ仙台 ▽レギュラーシーズン1位を決めている大阪は、ホーム最終戦でも攻撃陣が爆発。開始1分の時点では1-1となるも、FPアルトゥール、FPチアゴ、FP小曽戸允哉が立て続けにネットを揺らして、6-1で試合を折り返す。後半も攻撃の手を緩めない大阪は得点ランキングでトップに立つヴィニシウスが2ゴールを奪い、その後も得点を重ねて、終わってみれば11-2と圧勝でレギュラーシーズンを締めくくった。 ◆名古屋オーシャンズvsバルドラール浦安 ▽史上初となるレギュラーシーズン1位を逃した名古屋が、プレーオフ出場を逃した浦安と対戦。前半はゴールレスで終えると、迎えた25分にFP野村啓介のゴールで浦安が先制する。しかし名古屋も28分に八木聖人のゴールで同点とする。その後はお互いにゴールを奪えないまま終了し、名古屋はホーム最終戦でドローとなった。 ◆デウソン神戸vs府中アスレティックFC ▽試合は開始11分にFP相井忍のゴールでホーム最終戦を迎えた神戸が先制。しかし17分にFP関尚登、18分にFP皆本晃のゴールで府中が逆転して試合を折り返した。後半も、40分にFP柴田祐輔のゴールで府中がリードを広げると、さらに皆本のブザービートも決まって勝負あり。プレーオフに出場する府中が快勝した。 ◆ゼビオFリーグ順位表 (勝ち点/得失点) 1.シュライカー大阪(83/93) ―――プレーオフFinalRound――― 2.名古屋オーシャンズ(73/53) 3.ペスカドーラ町田(65/29) 4.フウガドールすみだ(64/33) 5.府中アスレティックFC(57/8) ―――プレーオフ1stRound――― 6.バルドラール浦安(48/-3) 7.デウソン神戸(42/-17) 8.バサジィ大分(34/-9) 9.エスポラーダ北海道(34/-27) 10.湘南ベルマーレ(29/-15) 11.アグレミーナ浜松(26/-61) 12.ヴォスクオーレ仙台(12/-84) 2017.02.19 18:08 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース