インテル長友が1月に移籍か2016.12.11 13:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が来年1月に移籍する可能性が出ている。イタリア『FC Inter News』が報じた。

▽インテルは今シーズンここまで、リーグ戦で10位と低迷。11月初旬にはフランク・デ・ブール前監督を解任し、ステファノ・ピオリ監督を招へいしたものの、先日にはヨーロッパリーグ(EL)でグループステージ最下位となって敗退が決まった。

▽『FC Inter News』によれば、インテルは来年1月に長友を放出する可能性があるという。長友の移籍に対して好条件のオファーが届き、代役を確保することが可能な状況ならば、放出に踏み切る可能性があるとのことだ。なお、具体的なクラブ名には言及されていないものの、スペインとドイツのクラブから興味を持たれていることが示唆されている。

▽今年4月には2019年まで契約延長した長友だが、約6年にわたって過ごしたインテルを去ることになるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

J・ボアテング「外国でプレーしたいという気持ちはある」 ユーベとインテルが飛びつく?

▽バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)に移籍の可能性が浮上している。イタリア『カルチョ・メルカート』や『90min』が伝えた。 ▽2011年にマンチェスター・シティからバイエルンに加入したJ・ボアテング。2010-11シーズンのシティ移籍を除いてここまでのキャリア11年でドイツ以外のクラブでのプレー経験がないJ・ボアテングはドイツ『スポーツ・ビルト』に「バイエルンとの未来? 外国のクラブでプレーしたいという気持ちはいつだって心の中にあった。状況によるだろうね。どうなるかわからない」とコメントしていた。 ▽伝えられるところによれば、ユベントスとインテルというイタリアのビッグクラブがJ・ボアテングの獲得に興味を持っているようだ。今夏にイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチをミランに放出したユベントスは代わりにシャルケからドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスをレンタルで獲得したが、ユベントスはその穴を埋められていないと考えている模様だ。 ▽さらに、ブラジル代表DFミランダや、今夏獲得したスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが高いパフォーマンスを披露しているインテルも、世界レベルのDFを獲得することは同クラブにとって非常に魅力的な選択だとも伝えられている。 ▽バイエルンとの現行契約を2021年6月30日までとしているJ・ボアテング。キャリアの絶頂期を迎えている今、見知らぬ土地で新たな挑戦に臨むにはベストなタイミングにも思えるが、果たしてJ・ボアテングはどのような選択をするのだろうか。 2017.12.15 22:21 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル勝利に貢献も序列は覆らず…長友佑都に辛口評価「彼は今もサントンの後ろ」

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都はコッパ・イタリアでPKを決め、インテルを勝利に導いたが、イタリア紙『イル・ジョルノ』は14日、厳しい見解を示している。<br><br>インテルは12日、コッパ・イタリア5回戦でポルデノーネ(セリエC)と対戦。主力を温存し、18歳のFWアンドレア・ピナモンティや19歳のFWヤン・カラモーら若手など、控え組が先発に起用された。しかし延長戦を終えてスコアレスドローと大苦戦を強いられ、試合はPK戦にもつれ込んだ。PK戦でもサドンデスに突入するが、最後は長友がゴール左に落ち着いて沈め、次のラウンドへの進出を決めた。<br><br>同紙はセンターバックのDFアンドレア・ラノッキアを評価した一方、カラモーやDFジョアン・カンセロ、DFダウベルト・エンリケについて「ダメだった」と指摘。特に今夏、ニースから2000万ユーロ(約26億円)で加入した長友のライバルについては、「遠慮し過ぎる上に、攻守両面において精度が低い。期待からほど遠い」と結論付けた。<br><br>だがベテラン勢のFWエデルと長友に関しても、「最高のパフォーマンスを見せることはなかった。彼らは新参者という言い訳もない」と厳しい分析をした。一方、「日本人選手は試合を決めるPKを非常に上手く蹴り、総合的には疑念を消し去った」として、最後のPKにより評価を上げたことに言及。「だがサイドにおける序列を覆すには至らなかった。現在、彼は(ダニーロ)ダンブロージオと(ダヴィデ)サントンの下に位置する」と結論を下した。今後もサイドバックにおけるポジション争いは注目されるところだ。<br><br>なおインテルはコッパ・イタリア次戦の準々決勝において、ヴェローナを下したミランと対戦する。コッパ・イタリアでのミラノダービーは2000年の準々決勝以来となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 17:43 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、ジョアン・マリオを狙うユナイテッドに要求する選手は!?

▽インテルがマンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(28)の獲得を狙っているようだ。イタリア『コッリエ・デロ・スポルト』が報じている。 ▽先日、ユナイテッドがインテルのポルトガル代表MFジョアン・マリオ(24)の獲得に興味を持っていることが報じられた。ジョゼ・モウリーニョ監督のお気に入りである同選手の獲得に向けて、ユナイテッドは元スペイン代表MFフアン・マタ(29)の譲渡を交渉材料に使いたいと考えているという。 ▽しかしインテル側はマタに魅力を感じていない模様。ユナイテッドが選手の譲渡を交渉材料とするのであれば、ムヒタリアンの獲得を望んでいるという。インテルは当初、同じくジョアン・マリオの獲得を望んでいたパリ・サンジェルマンに対して、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)とのトレードを持ちかけていた模様。しかし、現在はより積極的なユナイテッドからムヒタリアンを引き出そうとしているようだ。 ▽2016-17シーズンにドルトムントからユナイテッドに加入したムヒタリアンは、移籍初年度に公式戦41試合11ゴールをマーク。今シーズンはリーグ戦12試合の出場にとどまっている。 2017.12.14 09:23 Thu
twitterfacebook
thumb

長友佑都らインテル戦士が“ミラン”にクリスマス休暇の挨拶?ユニーク動画が話題に

インテルが11日、「ミラン」を祝福する動画をフェイスブックに投稿してファンを楽しませた。<br><br>インテルはクリスマスに向けて、数日前にもクリスマスソング「ジングルベル」の替え歌である「インテルベル」を制作。コーラスにはインテル所属選手に加え、ハビエル・サネッティ副会長も参加したほか、ルチアーノ・スパレッティ監督も指揮者として参加した。また日本代表のDF長友佑都はソロパートを披露しており、その美声が現地で話題となった。<br><br>今回の企画にも長友が参加。両手の親指を立てて「ハッピーニューイヤー、ミラン」と、なぜかライバルクラブの名前を挙げてお祝いを述べた。またMFロベルト・ガリアルディーニも同様に「メリークリスマス、ミラン」と祝ったほか、GKサミル・ハンダノビッチも「おめでとう、ミラン」と続いた。<br><br>しかし動画の最後にインテルでセンターバックを務めるスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが登場。「ミラン」はライバルクラブではなく、シュクリニアルに宛てていたことが判明した。しかしシュクリニアルは人差し指を振って、ジェンナーロ・ガットゥーゾ率いるクラブと同名の自身の名前でお祝いを伝えられることを拒否。「おめでとう、インテル」と言い直した。<br><br>動画の再生回数は25万回を超えたほか、コメントも2000件以上寄せられており、人気を集めている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 21:32 Wed
twitterfacebook
thumb

5戦ぶり先発の長友佑都、カップ戦でPK戦最後のキッカーも「落ち着いて蹴れた」理由とは?

インテルに所属する日本代表DF長友佑都は、落ち着いてPKを蹴られたことを明かしている。『インテルTV』が伝えた。<br><br>インテルは12日、コッパ・イタリア(TIMカップ)5回戦でセリエCのポルデノーネと対戦した。主力選手を温存したインテルは格下を相手に大苦戦。試合はPK戦にまでもつれ込んだ。<br><br>PK戦でもサドンデスに突入するが、GKダニエレ・パデッリが7人目のキックをセーブすると、最後は長友がゴール左に落ち着いて沈め、次のラウンドへの進出を決めた。試合後、長友は「しばらくプレーしていなかったので、これからもっと良くしていきたいと思います」と話し、PKについてはこう語る。<br><br>「1カ月くらいプレーしていなかったので、とても疲れましたね。でもPKは落ち着いて蹴れました。2年前ユベントス戦でも決めていましたから。ファンの合唱は聞こえていたし、簡単ではありませんでした。この勝利は大きいですね」<br><br>フル出場を果たした長友は5試合ぶりの試合出場に。次戦は16日のウディネーゼ戦となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 11:05 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース