インテル長友が1月に移籍か2016.12.11 13:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が来年1月に移籍する可能性が出ている。イタリア『FC Inter News』が報じた。

▽インテルは今シーズンここまで、リーグ戦で10位と低迷。11月初旬にはフランク・デ・ブール前監督を解任し、ステファノ・ピオリ監督を招へいしたものの、先日にはヨーロッパリーグ(EL)でグループステージ最下位となって敗退が決まった。

▽『FC Inter News』によれば、インテルは来年1月に長友を放出する可能性があるという。長友の移籍に対して好条件のオファーが届き、代役を確保することが可能な状況ならば、放出に踏み切る可能性があるとのことだ。なお、具体的なクラブ名には言及されていないものの、スペインとドイツのクラブから興味を持たれていることが示唆されている。

▽今年4月には2019年まで契約延長した長友だが、約6年にわたって過ごしたインテルを去ることになるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョが3冠達成のインテル時代を振り返る「恋愛関係のようだった」

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官、ジョゼ・モウリーニョがフランスメディア『TF1』のテレビ番組に出演し、インテルへの愛を告白した。<br><br>番組内では、各国強豪クラブを渡り歩いた&ldquo;スペシャル・ワン&rdquo;のキャリアを振り返り、2008年から2年間在籍したインテルについても触れている。モウリーニョは就任1年目にセリエAおよびイタリア・スーパーカップを制したが、翌年、2009-10シーズンには偉業を達成している。チャンピオンズリーグ決勝でバイエルン・ミュンヘンを2-0で退け、インテルに45年ぶりとなる栄冠をもたらした。また同年にセリエAおよびコッパ・イタリアも制し、イタリア勢史上初となるトリプレーテ(3冠)を達成した。<br><br>「インテルはとても特別だった。重要なタイトルを獲得するのは、キャリアにおいてラストチャンスになるかもしれない年齢の選手たちがいて、まるで恋愛関係のようだった。皆で(元会長のマッシモ)モラッティやすべてのインテルファンに想像できないような喜びをプレゼントすることができた」<br><br>モウリーニョは3冠を達成した直後にインテル指揮官の座を辞任し、翌シーズンからレアル・マドリーの指揮を執ったが、これについては、「レアル・マドリーへ行って、史上最強のバルセロナと戦うのに絶好のタイミングだった」と、説明している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:34 Mon
twitterfacebook
thumb

往年の世界最高DFネスタに最も近いのは?インテルから意外な選手を挙げる

元イタリア代表のアレッサンドロ・ネスタに最も近いディフェンダーはインテルのDFミラン・シュクリニアルであると、フランス紙『レキップ』が15日、伝えている。<br><br>ネスタは引退後、2015年からミランで同僚だったパオロ・マルディーニ氏らの協力の下に設立したマイアミFCの指揮官となった。マイアミは2016年からNASLに参戦すると、1年目を7位で終え、2017年のスプリングシーズンを制した。現在、行われているフォールシーズンでは2位につけている。<br><br>現役時代はイタリア代表で2006年ドイツ・ワールドカップに出場し、世界王者に輝いたほか、ミランやラツィオなど所属クラブでも活躍し、数々のトロフィーを手にしてきたネスタ。世界最高峰のセンターバックの一人と謳われた自身の後継者について問われると、最も近い存在としてインテルへ加入したスロバキア代表の22歳、シュクリニアルを挙げた。「新ネスタはもう出てこないと思う。だが現段階で、シュクリニアルが最も似ている選手だ」と述べている。<br><br>シュクリニアルは今シーズン、インテルにおいてセリエAの全8試合に先発出場し、7勝1分と負けなしの快進撃を支えている。9月16日のクロトーネ戦ではセリエA初ゴールも決めた若きセンターバック、シュクリニアルの成長は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービー3発の“英雄”イカルディ「ピッチでやるべきことをやるだけ」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがハットトリックで勝利に貢献したミラノ・ダービー後、コメントを残した。『FourFourTwo』が伝えている。 ▽インテルは、15日に行われたセリエA第8節で“永遠のライバル”ミランと対戦した。先発したイカルディは、28分と63分にゴールを挙げると、2-2で迎えた90分にPKのチャンスから決勝点をマーク。ダービーでインテルに勝利を導くヒーローとなった。試合後、インテル主将は次のように振り返っている。 「批評家の話は気にしない。僕はチームを助けること、ゴールを挙げること、ピッチでやるべきことをやるだけ。いつもゴールできるわけじゃない。インテルにとっても、僕にとっても、(この結果は)嬉しいね」 「スクデットにチャンレンジできるかどうかを話すのは時期尚早。プレシーズンの段階から正しい方向に進めている。ナポリとの次戦に集中しないと。彼らはリーダー。ヨーロッパでも最高のフットボールを見せているのだから、スペシャルな試合になるはずだよ」 2017.10.16 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 3-2 ミラン《セリエA》

▽セリエA第8節、インテルvsミランによるミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-2で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171016_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 2失点も相手が勢いづいた時間帯に再三の好守で流れを渡さず DF 33 ダンブロージオ 6.5 値千金のPK奪取に先制点の起点となるなど、サイドで優位を保った 37 シュクリニアル 5.5 2失点も前半はタイトな寄せで相手攻撃陣を封じていた 25 ミランダ 6.0 押し込まれた中、常に的確な判断で守備を締める。空中戦の強さも際立った 55 長友佑都 5.0 守備重視のプレーを見せたが、後半はボリーニとスソのコンビに苦戦した MF 87 カンドレーバ 6.5 圧巻のクロスで先制点をお膳立て。正確なクロスにタイミングの良い仕掛けと相手を苦しめた (→カンセロ 5.5) 最低限の約束事はこなしたが、やや利己的なプレーも散見 11 ヴェシーノ 6.0 身体を張った守備に加え、タイミングの良い攻撃参加で攻撃に厚みを加えた 20 ボルハ・バレロ 6.5 さすがのフットボールセンスでチーム全体をオーガナイズ。攻守に気が利きまくっていた (→エデル -) 5 ガリアルディーニ 5.5 攻守両面でダイナミズムを発揮。やや雑さも見えた 44 ペリシッチ 6.5 イカルディの2点目をアシスト。前半はややおとなしかったが、後半は要所で決定機に絡んだ FW 9 イカルディ 8.0 圧巻のトリプレッタでチームを勝利に導くまさにエースの仕事ぶり (→サントン -) 監督 スパレッティ 6.0 後半は愛弟子モンテッラに苦しめられたが、エースの力で勝ち切った ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171016_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.0 目立った好守なく3失点。チームを勝利に導く働きを見せて欲しかった DF 22 ムサッキオ 5.5 前半は攻守に苦しんだが、後半は積極的な攻撃参加などで盛り返す 19 ボヌッチ 5.0 自身に大きなミスはなかったが、相手のエースを止め切れず、厳しい3失点 13 ロマニョーリ 5.0 攻守両面でもの足りない。ボヌッチに頼り過ぎている感が見え隠れする (→ロカテッリ 5.5) チームに活力を与えた MF 11 ボリーニ 6.5 2アシストを記録。積極的な仕掛けやフリーランで攻撃を活性化させた 79 ケシエ 5.5 前半終盤に見せ場を作ったが、ややボールを奪った後のプレーが雑だった (→クトローネ 5.5) 決定的な仕事はできなかったが、前線のターゲットマンとして周囲を活かした 21 ビリア 5.0 2失点目に繋がるボールロストなど、ビルドアップでの軽さが目立った 5 ボナヴェントゥーラ 6.5 試合を通じてチームに推進力を与え、貴重なゴールも奪った 68 R・ロドリゲス 5.0 痛恨のPK献上。際どいシュートブロックなど良い部分もあったが、試合を通して波が大きかった FW 8 スソ 6.5 得意のダービーできっちり1ゴール。ポジションを移した後半にチームの攻撃を牽引した 9 アンドレ・シウバ 5.5 前半は完全に沈黙したが、後半は周囲との絡みの中で存在感を示した 監督 モンテッラ 5.5 的確な選手交代で一度は流れを掴むが、課題の守備が耐え切れずに3連敗… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イカルディ(インテル) ▽ストライカーとしての才能を遺憾なく発揮する圧巻の2ゴールに加え、プレッシャーがかかるPKもきっちり決めて、チームを勝利に導くダービーでの圧巻のトリプレッタを達成。 インテル 3-2 ミラン 【インテル】 イカルディ(前28) イカルディ(後18) イカルディ(後45[PK]) 【ミラン】 スソ(後11) ボナヴェントゥーラ(後36) 2017.10.16 06:02 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがダービー制す! イカルディ圧巻トリプレッタで“カルチョのスカラ座”で劇的フィナーレ《セリエA》

▽セリエA第8節、インテルvsミランによるミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-2で勝利した。なお、インテルのDF長友佑都は、左サイドバックでフル出場した。 ▽名将スパレッティ監督を迎えたインテルは、7試合を終えて6勝1分けと好スタートを切っている。代表ウィーク明け初戦となる今回の一戦に向けては、前節のベネヴェント戦でドッピエッタもクロアチア代表で負傷したブロゾビッチに代えてガリアルディーニを起用し、ボルハ・バレロをトップ下に入れた。また、長友は引き続き左サイドバックで先発した。 ▽対する大型補強を敢行したミランは、格下にこそ着実に勝利しているものの、ローマやラツィオといった強豪に力負けし、すでに3敗を喫している。モンテッラ監督の去就問題も叫ばれる中で必勝が求められるダービーに向けては、代表ウィーク前に行われた直近のローマ戦から先発2人を変更。出場停止のチャルハノールに代わってボナヴェントゥーラを起用したほか、負傷のカリニッチに代えてスソをアンドレ・シウバの相棒に据えた。 ▽ホームチーム、インテルの好調や大型補強を敢行したミランへの期待感から8万枚以上のチケットが売れた新時代に突入した注目のミラノ・ダービー。立ち上がりから互いに集中した入りを見せるが、現時点での地力で勝るインテルが主導権を掴む。 ▽13分にはボルハ・バレロからパスを受けたカンドレーバがボックス中央で精度の高い右足のシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。さらに23分には左サイドでFKの流れたボールを回収したペリシッチからのクロスをファーのミランダが打点の高いヘッドで合わすが、これは枠の右に外れる。 ▽その後はケシエとボナヴェントゥーラの豊富な運動量と激しいプレスに苦戦し始めたインテルだったが、ダービーに相性が良い名クロッサーがエースのゴールを演出する。28分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪ったダンブロージオのスルーパスに抜け出したカンドレーバがゴール前のスペースに絶妙なクロスを供給。2センターバックの間から抜け出したイカルディが見事な右足のワンタッチでゴール左隅に流し込んだ。 ▽相手の見事な連係プレーで先手を奪われたミランは、ボナヴェントゥーラやケシエの推進力を活かした中央からの仕掛けにスソがアクセントを付けていくが、全体を押し上げ切れず、攻撃に厚みを加えられない。それでも、44分には相手陣内中央でルーズボールに反応したケシエが鋭い反転から持ち上がってDF長友の背後を取ったボリーニへスルーパス。ボリーニはボックス右角度のないところから右足を振るが、これはGKハンダノビッチに読まれて弾き出された。 ▽1点ビハインドで前半を終えたミランは、ケシエを下げてハーフタイム明けにクトローネを投入。この交代でクトローネがアンドレ・シウバと2トップを組み、スソがインサイドハーフに入る攻撃的な布陣でゴールを目指す。 ▽すると、この交代で前線の収まり、スソの前向きな仕掛けが増えたことで、両ウイングバックも高い位置を取って相手を押し込むミランは、49分にボックス右からカットインしたアンドレ・シウバの左足シュートが左ポストを叩く。このこぼれ球をムサッキオが蹴り込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽その後も続けて決定機を作り出すミランは56分、ボックス手前右でボールを持ったスソが右を追い越すボリーニをおとりにカットインから得意の左足シュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽早い時間帯の同点ゴールでこのまま一気にミランペースかと思われたが、前半に続いてインテルの頼れるエースがミランゴールをこじ開ける。63分、相手陣内中央で同胞ビリアからボールを奪ったイカルディが左サイドに走り込むペリシッチにボールを預けてゴール前に飛び出すと、ペリシッチからの難しいクロスを見事な右足脛を使ったダイレクトボレーで右隅に流し込み、すぐさま勝ち越しに成功した。 ▽後半は完全に優勢に運びながらも再び追う展開となったミランは、足が止まり始めたインテルに対して、引き続き攻勢を強める。78分にはセンターバックのロマニョーリを下げてロカテッリを投入。この交代でボナヴェントゥーラが左ウイングバック、ロドリゲスが左センターバックにポジションを移り、ロカテッリがインサイドハーフに入る。すると81分には、右サイドでボリーニが入れたクロスをボックス左に飛び込んだボナヴェントゥーラが懸命にスライディングで合わせると、GKハンダノビッチが一度は弾き出すも、自身のヒザに当たったボールがそのまま跳ね返ってゴールネットを揺らした。 ▽再び振り出しに戻った試合は試合終盤にかけてより激しさを増す。ホームで勝ち切りたいインテルはカンセロに続きエデルをピッチに送り出すと、88分にはヴェシーノとイカルディの見事なダイレクトパスからボックス右に抜け出したエデルに決定機も、ここはDFロドリゲスの決死のシュートブロックに遭う。 ▽このままドローでの幕引きも想定されたが、“カルチョのスカラ座”は最後の最後に劇的なフィナーレを迎える。89分、インテルの右CKの場面でDFロドリゲスがダンブロージオを抱え倒してしまい、インテルにPKが与えられる。これをキッカーのイカルディが冷静に流し込み、決勝点となるトリプレッタを達成した。 ▽そして、白熱のダービーはこのまま3-2のスコアでタイムアップを迎え、エースの圧巻のトリプレッタで競り勝ったインテルが開幕8戦無敗を継続し単独2位に浮上した。一方、善戦しながらも敗れたミランは痛恨の3連敗となり、いよいよモンテッラ監督の去就が騒がしくなってきた。 2017.10.16 06:01 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース