インテル長友が1月に移籍か2016.12.11 13:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都(30)が来年1月に移籍する可能性が出ている。イタリア『FC Inter News』が報じた。

▽インテルは今シーズンここまで、リーグ戦で10位と低迷。11月初旬にはフランク・デ・ブール前監督を解任し、ステファノ・ピオリ監督を招へいしたものの、先日にはヨーロッパリーグ(EL)でグループステージ最下位となって敗退が決まった。

▽『FC Inter News』によれば、インテルは来年1月に長友を放出する可能性があるという。長友の移籍に対して好条件のオファーが届き、代役を確保することが可能な状況ならば、放出に踏み切る可能性があるとのことだ。なお、具体的なクラブ名には言及されていないものの、スペインとドイツのクラブから興味を持たれていることが示唆されている。

▽今年4月には2019年まで契約延長した長友だが、約6年にわたって過ごしたインテルを去ることになるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドがデ・ヘア退団に備えてハンダノビッチとドンナルンマを調査へ

▽マンチェスター・ユナイテッドが、守護神の退団に備えて2選手をリストアップしているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ユナイテッドではスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)が守護神を務めており、今季もプレミアリーグで全試合にフル出場を果たしている。そんなデ・ヘアに対しては以前からレアル・マドリーが獲得に興味を示しており、2015年夏には実際にオファーが出されており、必要書類の提出期限に間に合わずに破談となった。 ▽その後もマドリーはデ・ヘアに注視しているようで、今夏にも再アプローチをするのではないかと噂されている。ユナイテッド側は、放出不可能な選手だとして、クラブに留めたい姿勢を見せている。しかし『アス』によると、マドリー移籍に備えてセリエAで活躍する2選手を調査しているという。 ▽その一人がミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)のようだ。今季のドンナルンマはセリエAで29試合にフル出場している。さらに28日に行われた国際親善試合のオランダ代表戦では、代表初先発を果たした。 ▽将来が有望視されているドンナルンマは、ミーノ・ライオラ氏が代理人を務めている。同氏はユナイテッドに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、フランス代表MFポール・ポグバらの代理業務を務めており、ユナイテッドと良好な関係を築いているとされている。 ▽またドンナルンマの他にも、インテルのスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(32)の調査も行っている模様。同選手もセリエAで29試合にフル出場を果たしている。ドンナルンマもハンダノビッチも、所属クラブの守護神を務める存在だけに、今後の去就が注目を集める。 2017.03.30 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表FWが招集外のイカルディに言及「呼ばないのもリスペクトの1つ」

インテルの主将FWマウロ・イカルディのアルゼンチン代表招集が見送られたことについて、元アルゼンチン代表のエルナン・クレスポ氏が27日、イタリアメディア『イル・ビアンコ・ネーロ』のインタビューで自身の見解を明らかにした。<br><br>24歳のイカルディは今シーズン、セリエAで27試合に出場し20得点を挙げるなど好調を維持している。12日に行われたアタランタ戦(7-1でインテルが勝利)ではハットトリックを決めており、得点王ランキングでは現在4位だ。<br><br>しかし今回もエドガルド・バウサ率いるアルゼンチン代表への招集が見送られたことで、疑問を呈する声が上がった。<br><br>インテルでプレーした経験のある同国出身のクレスポは、招集外となった理由について独自の見解を示した。<br><br>「偉大な選手は招集されるべきだ。バウサの決断はリスペクトがあったからこそだと思う。つまり、あれだけ得点を決めているインテルの主将を招集してベンチに置いておくだけだとしたら、呼ばないのもリスペクトだと思う。2試合を観戦させるだけのために28時間以上かけて飛行機で移動させたいとは思わないだろう」<br><br>イカルディについては先日、インテルの副会長を務めるハビエル・サネッティ氏も言及しており、「遅かれ早かれ彼のチャンスもやって来るはずだ。彼にその資格はある」とエールを送っていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.28 17:51 Tue
twitterfacebook
thumb

A・ビダル代理人が今夏のバルサ退団を否定「環境を変えるつもりはない」

▽バルセロナに所属するスペイン代表MFアレイシ・ビダル(27)の代理人は、同選手が今夏の移籍市場でクラブを退団することを否定している。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽2015年にセビージャからバルセロナへと加入したA・ビダルは、バルセロナの補強禁止処分の影響で半年間出場できず、2015-16シーズンのリーガエスパニョーラで9試合の出場にとどまった。加入2年目となった今シーズンも定位置を掴むことができず、リーグ戦での出場は6試合。さらには、先月11日に行われたリーガエスパニョーラ第22節のアラベス戦で右足首を脱臼し、今季絶望の大ケガを負ってしまった。 ▽そのA・ビダルに関しては現在、インテルとミランが関心を寄せていると伝えられ、今夏の移籍市場でバルセロナを退団することが噂されている。 ▽ところが、A・ビダルの代理人を務めるアレハンドロ・カンパノ氏は、『calciomercato.com』で同選手の退団を否定している。 「彼がイタリアでプレーできるかって? 我々は現在、そのことについては全く考えていないよ。彼にはバルセロナとの契約が残っているし、今夏に環境を変えるつもりなんてないね」 「今は、とにかくケガから復帰することだけを考えなくてはいけない」 2017.03.28 15:03 Tue
twitterfacebook
thumb

長友佑都の去就は?インテルの長期計画における位置づけが焦点に…伊メディア分析

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都について27日、イタリアメディア『FcInterNews.it』が来季の去就の可能性を分析した。<br><br>現在長友は日本代表に招集されており、23日に行われたロシアワールドカップアジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)代表戦(2-0で日本が勝利)では先発フル出場を果たした。<br><br>一方、所属先のインテルでは、ステファノ・ピオリ監督の構想から外れており、公式戦ではセリエAとヨーロッパリーグを合わせて13試合865分と出場機会を満足に得られていない。<br><br>長友は昨年4月にインテルとの契約を更新しており、満了を迎える2019年6月末まではまだ2年ほど残っている。しかし移籍市場において、長友の名前は常に話題に挙がっており、今冬にはサンプドリアのほかプレミアリーグのバーンリーやサンダーランド、ブンデスリーガのシャルケなどが獲得に興味を示しているとの報道がされた。<br><br>また今月に入ってからは、クリスタル・パレスへの移籍の噂が報じられたが、これについては同クラブが1月に左サイドバックを補強したばかりのため、実現の可能性はないと分析している。<br><br>6月には、来シーズン以降の長期計画が明らかになる。将来を見据えたインテルのプロジェクトにおいて、構想に含まれていると本人が納得できるならば退団の可能性は低いとしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.28 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

DF長友佑都、ハリルのカメレオン戦術を歓迎…タイは「侮れない相手」と警戒《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、DF長友佑都(インテル/イタリア)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。対戦相手によって、顔ぶれやフォーメーションを変更する柔軟な戦術が対戦相手に「戸惑いやメンタルのブレ」を生じさせるとし、歓迎の姿勢をみせた。 <span style="font-weight:700;">◆DF長友佑都</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気</span> 「雰囲気は良い感じ。ただ、ここは引き締めないと。もちろん、監督も言っていた。『ここで調子に乗ったら、足元をすくわれるぞ』と。良い勝ちが台無しになってしまうことを選手も理解しているので、しっかりと引き締めていきたい」 <span style="font-weight:700;">──タイの映像はチェックしたか</span> 「サウジアラビア戦とオーストラリア戦を見た。どちらも負けはしたけど、結構良いサッカーをしていて、チャンスも作れていた。結果が伴っていないけど、力を持っているチーム。侮れない相手だと思う」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦での戦い方</span> 「今まで4-2-3-1をやってきて、この前は4-3-3。かなりハマった部分もあった。チームとしては、カメレオンのように戦術を変えられるし、誰が出ても、どのポジションで出ても、フォーメーションを変えても、良い試合ができることを証明していきたい。1試合だけじゃ判断できない」 <span style="font-weight:700;">──監督の柔軟な戦術</span> 「選手の競争も出てくるし、何よりも相手が僕らのことを読めなくなる。僕らは相手のことを研究して、細かい戦術を練っているけど、相手も勝ちたいから同じ」 「僕らのことを研究してきているけど、あのようにフォーメーションを変えて良い試合をすると、相手からしたら、僕らがどのフォーメーションで、誰が出てくるのかわからなくなる」 「結局、それが相手の戸惑いとか、メンタルのブレに繋がったりしてくる。細かいところだけど、そのディティールにこだわっていけば、勝利がついてくると信じている」 <span style="font-weight:700;">──相手の研究度</span> 「それは初戦から痛感している。僕自身、試合に出られないことが多かったけど、外から見ていて、研究されているなと感じた。同じ選手、同じフォーメーションで行くのは、これから先を考えると、相手にとって簡単になってくるのかなと」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦の入り方</span> 「UAE戦と同じくらい手堅く入っていかないと。もちろん、ホームだから、前からプレッシャーをかけていく。ただ、あんまりハマってもないのにプレッシャーをかけていって、相手にスペースを突かれることは避けたい。(タイは)早いカウンターは持っているので」 「UAE戦も前半に、変なボールの取られ方からチャンスを作られたりもしていたので、まずはやらせないことを心がけたい。相手にサッカーをやらせない。それをずっとやっていけば、相手もメンタル的に追い込まれてくる。サッカーというものはそういうもので、メンタルの勝負というか、駆け引きというのは大事になってくる」 <span style="font-weight:700;">──ホームであまり良い戦いができていない</span> 「結構、(ゴールをこじ開けるのに)難しくなってくると思う。相手も固めて守ってくるだろうし。自分たちがボールを持ったときに、引いた相手を崩すというのはずっと課題。簡単じゃないけど、最後の精度を高めれば、結果はついてくる」 2017.03.26 23:35 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース