超ワールドサッカー

【ELグループステージ総括】ユナイテッドらが順当に突破もインテルが屈辱 日本勢は7クラブ中2チームが突破!2016.12.10 07:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2016-17シーズンのELグループステージが8日に終了した。ここでは、グループステージの結果を大まかに総括していきたい。

◆強豪が順当に突破もインテルが屈辱の最下位…
Getty Images
▽昨シーズンと同様に4大リーグに所属する強豪チームが順当に突破を決めた。今大会優勝候補の筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、初戦でフェイエノールト相手に黒星スタートも、その後2連勝で盛り返す。だが、第4節でフェネルバフチェに2敗目を喫して窮地に陥るが、尻に火が付いたチームはFWイブラヒモビッチやMFムヒタリャンら新戦力の活躍で再び連勝を飾り、辛くも2位でラウンド32へ駒を進めた。

▽ドイツ勢では、DF内田篤人が所属するシャルケがFCクラスノダールやニースといった曲者揃いのグループIを首位で突破。国内リーグでは開幕から大苦戦を強いられたが、ELの舞台ではその不調が嘘のように圧巻のパフォーマンスで5連勝。内田の復帰戦となった最終戦こそ勝利を逃したものの、ELでの勢いをリーグ戦にも持ち込んだチームは、シーズン後半に向けて尻上がりに調子を上げている。

▽近年、ELで存在感を放つイタリア勢では、ローマとフィオレンティーナが順当に首位通過を決めた一方、初参戦のサッスオーロに加え、優勝候補のインテルがいずれも最下位で敗退と明暗が分かれた。ローマは最後のELの舞台と噂されるFWトッティやFWゼコら主力に加え、控え中心のメンバー構成で臨むも、国内リーグでも猛威を振るう攻撃陣の活躍によって無敗で突破を決めた。一方、デ・ブール前監督の下で開幕から苦戦を強いられたインテルは、ピオリ新監督の下でも流れを好転させられず。格下のハポエル・ベエルシェバにダブルをかまされるなど、屈辱的な最下位で大会を後にした。

▽例年、ELとの相性の良さを見せているスペイン勢では、3連覇中のセビージャの後釜を狙うビジャレアルとビルバオ、セルタの3チームが順当にラウンド32進出を決定。なお、ビルバオのエースFWアドゥリスが第4節のゲンク戦で1試合5ゴールの新記録を樹立している。

▽4大リーグ以外のクラブでは、グループステージ唯一の全勝を飾ったシャフタールやゼニト、アヤックス、フェネルバフチェなどの名門クラブがいずれも首位通過を決めている。また、代表チームが近年好成績を収めているベルギー勢では、スタンダール・リエージュが敗退となったものの、ゲンク、ヘント、アンデルレヒトの3チームが突破を決めている。

◆日本人所属クラブは苦戦…内田と瀬戸が決勝Tへ
Getty Images
▽今回のグループステージでは、史上最多となる7人の日本人選手が参戦。その中でラウンド32進出を決めたのは、前述した内田のシャルケと、全試合に出場してクラブ史上初の快挙に貢献したMF瀬戸貴幸のアストラの2チームのみとなった。

▽瀬戸と共にグループステージ全試合に出場したサウサンプトンのDF吉田麻也は、安定したパフォーマンスで自身の評価を高めたものの、最終節でハポエル・ベエルシェバに引き分けたことで、グループステージ敗退が決定。貴重なプレー機会を失った吉田は、リーグ戦でのポジション奪取を目指す。また、共に4試合に出場したインテルのDF長友佑都とヤング・ボーイズのFW久保裕也は、やや悔いが残るパフォーマンスとなった。長友はサウサンプトンでオウンゴールを献上するなど、チームの不振に引きずられた印象。久保に関しては決定機を逃がすなどノーゴールに終わり、4大リーグ移籍に向けて思うようなアピールはできなかった。

▽マインツのFW武藤嘉紀は、ガバラ戦でEL初ゴールを記録したが、その後はケガの影響で欠場が続いた。また、ザルツブルクのMF南野拓実はポジション争いで苦戦を強いられ、4試合に出場したものの、先発は2試合にとどまった。

◆サプライズチームは?
Getty Images
▽比較的波乱が少なかった今回のグループステージの中でサプライズを起こしたのは、インテルにダブルをかましたイスラエルの無名クラブ、ハポエル・ベエルシェバ。傑出したタレントこそいないが、チーム一丸となった粘り強いプレーや要所で披露した攻撃の迫力は素晴らしかった。

▽また、プレーオフでウェストハムを破り、オーストリア・ウィーンとビクトリア・プルゼニと東欧の名門2チームを相手に決勝トーナメント行きを決めたルーマニア王者のアストラも、サプライズを起こしたチームの1つだ。その他ではFWウェボやFWルセスクらリーガ経験者や逸材MFマヘルを擁し、ビジャレアルを抑えてグループLを首位通過したトルコのオスマンルシュポルの躍進も目立った。

◆注目はスパーズ&ボルシアMG
Getty Images
▽グループステージを突破した24チームと共にラウンド32を戦うことになるCL敗退組(グループ3位)の8チームでは、トッテナムとボルシアMG、ベシクタシュ、リヨンの4チームに注目だ。いずれも厳しいグループに入った影響でCL決勝トーナメント進出を逃すも、いずれもELで優勝を狙える実力者だ。とりわけ、ELでの経験も豊富なトッテナム、ウィンターブレークでの立て直しを図るボルシアMGの2チームには注目だ。

▽その他のレギア・ワルシャワ、コペンハーゲン、ロストフ、ルドゴレツも個性を持った好チームだけに、ELグループステージ突破組にとっては難敵と言えるだろう。なお、注目のラウンド32の組み合わせ抽選会は12月12日に行われる予定だ。グループステージ順位表および、CLグループステージ敗退組の一覧は以下のとおり。

◆グループステージ順位表◆
【グループA】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フェネルバフチェ[13/4/1/1/2]
2.マンチェスター・ユナイテッド[12/4/0/2/8]
3.フェイエノールト[7/2/1/3/-4]
4.ゾリャ[2/0/2/4/-6]

【グループB】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アポエル[12/4/0/2/2]
2.オリンピアコス[8/2/2/2/1]
3.ヤング・ボーイズ[8/2/2/2/3]
4.アスタナ[5/1/2/3/-6]

【グループC】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.サンテチェンヌ[12/3/3/0/3]
2.アンデルレヒト[11/3/2/1/8]
3.マインツ[9/2/3/1/-2]
4.ガバラ[0/0/0/6/-9]

【グループD】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゼニト[15/5/0/1/9]
2.AZ[8/2/2/2/-4]
3.マッカビ・テルアビブ[7/2/1/3/-2]
4.ダンドーク[4/1/1/4/-3]

【グループE】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ローマ[12/3/3/0/9]
2.アストラ[8/2/2/2/-3]
3.ビクトリア・プルゼニ[6/1/3/2/-3]
4.オーストリア・ウィーン[5/1/2/3/-3]

【グループF】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゲンク[12/4/0/2/4]
2.ビルバオ[10/3/1/2/-1]
3.ラピド・ウィーン[6/1/3/2/-1]
4.サッスオーロ[5/1/2/3/-2]

【グループG】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アヤックス[14/4/2/0/5]
2.セルタ[9/2/3/1/3]
3.スタンダール・リエージュ[7/1/4/1/2]
4.パナシナイコス[1/0/1/5/-10]

【グループH】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャフタール[18/6/0/0/16]
2.ヘント[8/2/2/2/-4]
3.ブラガ[6/1/3/2/-2]
4.コンヤシュポル[1/0/1/5/-10]

【グループI】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャルケ[15/5/0/1/6]
2.FCクラスノダール[7/2/1/3/0]
3.ザルツブルク[7/2/1/3/0]
4.ニース[6/2/0/4/-6]

【グループJ】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フィオレンティーナ[13/4/1/1/9]
2.PAOK[10/3/1/2/1]
3.カラバフ[7/2/1/3/-5]
4.リベレツ[4/1/1/4/-5]

【グループK】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.スパルタ・プラハ[12/4/0/2/2]
2.ハポエル・ベエルシェバ[8/2/2/2/0]
3.サウサンプトン[8/2/2/2/2]
4.インテル[6/2/0/4/-4]

【グループL】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.オスマンルシュポル[10/3/1/2/3]
2.ビジャレアル[9/2/3/1/1]
3.チューリッヒ[6/1/3/2/-2]
4.ステアウア・ブカレスト[6/1/3/2/-2]

◆CLグループステージ敗退組(3位チーム)
ルドゴレツ(ブルガリア)
ベシクタシュ(トルコ)
ボルシアMG(ドイツ)
ロストフ(ロシア)
トッテナム(イングランド)
レギア・ワルシャワ(ポーランド)
コペンハーゲン(デンマーク)
リヨン(フランス)

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ、マンチェスター・Cのトップ4入りを予想「残り1枠は三つ巴」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が宿敵のトップ4入りを予想した。<br><br>マンチェスター・Uは27日、マンチェスター・シティと対戦し、0-0で引き分けた。ユナイテッドは33試合を終えた時点で勝ち点64を集めて、5位につけている。1位チェルシーと2位トッテナムは頭一つ抜けているが、3位以下は勝ち点差が小さい。1つ消化試合数の多い3位リバプールが勝ち点66、4位のマンチェスター・Cは65となっており、マンチェスター・Uが残り5試合でトップ4に入ることも十分可能だ。モウリーニョはチャンピオンズリーグ出場権獲得争いについて以下のようなコメントを残した。<br><br>「マンチェスター・Cはトップ4に入るだろう。残りの試合を考えても彼らは達成できると思う。残り1枠をアーセナル、リバプール、我々で争うことになる。でも、事実として我々はヨーロッパリーグ(EL)の準決勝を戦わなければならない。負傷者も多いが、可能性がなくなるまで闘う覚悟だ」<br><br>マンチェスター・Uはリーグ戦でアーセナルやトッテナムといった上位陣との対戦も残す。さらに、セルタと戦うEL準決勝という大舞台も控えている。厳しい日程が続くが、トップ4入りは果たせるだろうか。まずは30日、プレミアリーグ第35節でスウォンジーをホームに迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 16:04 Fri
twitterfacebook
thumb

「スコールズがポグバを蹴っていた」ユナイテッドOBが語る“世界最高額の男”の原点とは

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍したネマニャ・ヴィディッチ氏は、ポール・スコールズ氏がポール・ポグバを練習場で蹴っていたと『ESPN』で語っている。<br><br>10代のポグバは、当時アレックス・ファーガソン氏率いるレッド・デビルズのトップチームに昇格した。同選手の能力に疑いの余地はなかったが、若手選手にとってトップチームの環境に適応することは簡単ではなく、それがユヴェントス移籍のきっかけになったようだ。プレミアリーグを5度制し、チャンピオンズリーグの優勝も経験したヴィディッチ氏は、これが&ldquo;世界最高額の男&rdquo;の原点だったと感じているようだ。<br><br>ヴィディッチ氏は「ポールはまだ17歳だったが、体はすでに出来上がっていた」とポグバがトップチームに加わった当時を振り返り、以下のように続けた。<br><br>「私がユナイテッドに加入した時のように、ポール・スコールズは彼を蹴り、テストしていた。スコールズは&ldquo;ボールを蹴り合う友達ではない&rdquo;と教えたかったと思う。まるで喧嘩をしているようだった。毎日試合のようなトレーニングを積んでいたから、試合だからと言ってスイッチを切り替える必要はなかった。常に戦うための準備はできていた」<br><br>「あの時のユナイテッドには闘争心を持った選手たちがたくさんいた。だからいつでも試合を戦う準備は十分にできていた。ヨーロッパでの試合でも、相手がチェルシーやアーセナル、リヴァプールであっても恐れる必要はなかった」<br><br>さらに元セルビア代表DFはクリスティアーノ・ロナウドについても述べている。<br><br>「クリスティアーノを相手に毎日練習していたが、彼は毎週成長していた。彼は努力を続け、練習が終わった後も両足のスキルを上げる練習をしていた。彼は生まれながらに能力に恵まれていたと言う人もいるが、彼はとても努力して今の地位まで上り詰めた。ユナイテッドに来た時の彼は華奢だったが、ほとんどケガをすることもなく全力で練習していた」<br><br>提供:goal.com 2017.04.28 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ相手のドローに満足するキャリック、「勝ち点を獲得したことが重要」と前向き

マンチェスター・ユナイテッドのMFマイケル・キャリックは、引き分けに終わったマンチェスター・ダービーの後、勝ち点1を獲得したことが重要だとイギリス『スカイ・ スポーツ』のインタビューで語っている。<br><br>27日にエティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・シティとの一戦に、マンチェスター・Uは守備的な布陣で臨み、84分にマルアン・フェライーニが退場したものの、0-0の引き分けに持ち込み、貴重な勝ち点1を獲得した。大部分の時間帯で守備に回ることを余儀なくされたユナイテッドだが、これで4位シティとの勝ち点差1をキープし、目標のトップ4に向け前進している。<br><br>この日欠場したポグバの代わりに中盤で出場したキャリックは「僕たちは1ポイントを獲得した」と引き分けをポジティブに捉え、以下のように続けている。<br><br>「もちろん勝利するためにここに来た。それにシティに勝てればトップ4に浮上できると思っていた。僕たちは多くの時間帯で守備に追われ、終盤は慌ただしくなってしまったが、全体的に見ればよくやったと思う。10人になってからはとても難しい試合になった。ほとんど時間が残っていないこともわかっていたが、信じられないぐらいの長さに感じた。ドローという結果に終わったが、1ポイントを持ち帰ることに成功した」<br><br>提供:goal.com 2017.04.28 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービーで復帰のG・ジェズス、“幻のゴール”は「自信に」

▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが、負傷明け後の復帰戦となった27日に行われたプレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で足を骨折。今冬の加入以来、ゴールを積み重ねたことで、早々にサポーターの心を鷲掴んだものの、今シーズン中の復帰絶望的との見方が強まっていた。 ▽しかし、事前の見立てよりも早く戦列に復帰したG・ジェズスは、ユナイテッド戦でベンチ入りすると、86分からプレー。幻のゴールに終わったものの、後半アディショナルタイム1分にFWセルヒオ・アグエロのクロスに頭で合わせ、ゴールネットを揺らすなど上々のパフォーマンスを披露した。 ▽G・ジェズスは、マンチェスター・ダービー後のインタビューで復帰戦を回想。自身のプレーぶりに手応えを掴んだ様子を見せ、30日に行われる次節のミドルズブラ戦に向けて「(準備)できている。とても良い気分だし、体調も良い」と出場に意欲を示した。 「良かったよ。勝利できなかったことは残念だったけど、またプレーできて嬉しいよ。10分ほどのプレーだったけど、フィジカル的な問題もない。フィットできていたと思う。トレーニングに励んで、様子を見ていきたい」 「ゴールがオフサイドで取り消されてがっかりしたよ。でも、またプレーできたし、得点感覚を確かめられて嬉しい。自信になった。次の試合でも、これを続けていきたいね。フットボールをすることが一番好きなんだからね」 2017.04.28 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

内容で圧倒したペップ、ユナイテッドとドローも「悔いない」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が27日に行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・ユナイテッド戦後、ドローという結果に「悔いはない」と話した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽マンチェスター勢によるチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を懸けた試合は、序盤からシティが内容面でユナイテッドを圧倒。しかし、相手に退場者が出た上、総シュート本数を記録しながら無得点に終わり、シティにとって悔やまれる結果に終わった。試合後会見に出席したグアルディオラ監督は、ユナイテッド戦を次のように振り返っている。 「試合をコントロールすることができていたし、勝つに値するだけのチャンスも十分に作り出せていた。彼らは2つぐらいだったのに対してね。ユナイテッドの対戦は簡単なものじゃない。24戦無敗中なのだから。我々は勝利のために全てを出し尽くしたし、起きてしまったことに後悔はないよ」 ▽勝ち点1を上積みしたシティは、65ポイントでCL出場圏内(プレーオフからの参戦)の4位をキープ。1試合消化数の多いリバプールを1ポイント差とし、30日に行われる次節にミドルズブラとのアウェイゲームに臨む。 2017.04.28 10:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース