超ワールドサッカー

【ELグループステージ総括】ユナイテッドらが順当に突破もインテルが屈辱 日本勢は7クラブ中2チームが突破!2016.12.10 07:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2016-17シーズンのELグループステージが8日に終了した。ここでは、グループステージの結果を大まかに総括していきたい。

◆強豪が順当に突破もインテルが屈辱の最下位…
Getty Images
▽昨シーズンと同様に4大リーグに所属する強豪チームが順当に突破を決めた。今大会優勝候補の筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、初戦でフェイエノールト相手に黒星スタートも、その後2連勝で盛り返す。だが、第4節でフェネルバフチェに2敗目を喫して窮地に陥るが、尻に火が付いたチームはFWイブラヒモビッチやMFムヒタリャンら新戦力の活躍で再び連勝を飾り、辛くも2位でラウンド32へ駒を進めた。

▽ドイツ勢では、DF内田篤人が所属するシャルケがFCクラスノダールやニースといった曲者揃いのグループIを首位で突破。国内リーグでは開幕から大苦戦を強いられたが、ELの舞台ではその不調が嘘のように圧巻のパフォーマンスで5連勝。内田の復帰戦となった最終戦こそ勝利を逃したものの、ELでの勢いをリーグ戦にも持ち込んだチームは、シーズン後半に向けて尻上がりに調子を上げている。

▽近年、ELで存在感を放つイタリア勢では、ローマとフィオレンティーナが順当に首位通過を決めた一方、初参戦のサッスオーロに加え、優勝候補のインテルがいずれも最下位で敗退と明暗が分かれた。ローマは最後のELの舞台と噂されるFWトッティやFWゼコら主力に加え、控え中心のメンバー構成で臨むも、国内リーグでも猛威を振るう攻撃陣の活躍によって無敗で突破を決めた。一方、デ・ブール前監督の下で開幕から苦戦を強いられたインテルは、ピオリ新監督の下でも流れを好転させられず。格下のハポエル・ベエルシェバにダブルをかまされるなど、屈辱的な最下位で大会を後にした。

▽例年、ELとの相性の良さを見せているスペイン勢では、3連覇中のセビージャの後釜を狙うビジャレアルとビルバオ、セルタの3チームが順当にラウンド32進出を決定。なお、ビルバオのエースFWアドゥリスが第4節のゲンク戦で1試合5ゴールの新記録を樹立している。

▽4大リーグ以外のクラブでは、グループステージ唯一の全勝を飾ったシャフタールやゼニト、アヤックス、フェネルバフチェなどの名門クラブがいずれも首位通過を決めている。また、代表チームが近年好成績を収めているベルギー勢では、スタンダール・リエージュが敗退となったものの、ゲンク、ヘント、アンデルレヒトの3チームが突破を決めている。

◆日本人所属クラブは苦戦…内田と瀬戸が決勝Tへ
Getty Images
▽今回のグループステージでは、史上最多となる7人の日本人選手が参戦。その中でラウンド32進出を決めたのは、前述した内田のシャルケと、全試合に出場してクラブ史上初の快挙に貢献したMF瀬戸貴幸のアストラの2チームのみとなった。

▽瀬戸と共にグループステージ全試合に出場したサウサンプトンのDF吉田麻也は、安定したパフォーマンスで自身の評価を高めたものの、最終節でハポエル・ベエルシェバに引き分けたことで、グループステージ敗退が決定。貴重なプレー機会を失った吉田は、リーグ戦でのポジション奪取を目指す。また、共に4試合に出場したインテルのDF長友佑都とヤング・ボーイズのFW久保裕也は、やや悔いが残るパフォーマンスとなった。長友はサウサンプトンでオウンゴールを献上するなど、チームの不振に引きずられた印象。久保に関しては決定機を逃がすなどノーゴールに終わり、4大リーグ移籍に向けて思うようなアピールはできなかった。

▽マインツのFW武藤嘉紀は、ガバラ戦でEL初ゴールを記録したが、その後はケガの影響で欠場が続いた。また、ザルツブルクのMF南野拓実はポジション争いで苦戦を強いられ、4試合に出場したものの、先発は2試合にとどまった。

◆サプライズチームは?
Getty Images
▽比較的波乱が少なかった今回のグループステージの中でサプライズを起こしたのは、インテルにダブルをかましたイスラエルの無名クラブ、ハポエル・ベエルシェバ。傑出したタレントこそいないが、チーム一丸となった粘り強いプレーや要所で披露した攻撃の迫力は素晴らしかった。

▽また、プレーオフでウェストハムを破り、オーストリア・ウィーンとビクトリア・プルゼニと東欧の名門2チームを相手に決勝トーナメント行きを決めたルーマニア王者のアストラも、サプライズを起こしたチームの1つだ。その他ではFWウェボやFWルセスクらリーガ経験者や逸材MFマヘルを擁し、ビジャレアルを抑えてグループLを首位通過したトルコのオスマンルシュポルの躍進も目立った。

◆注目はスパーズ&ボルシアMG
Getty Images
▽グループステージを突破した24チームと共にラウンド32を戦うことになるCL敗退組(グループ3位)の8チームでは、トッテナムとボルシアMG、ベシクタシュ、リヨンの4チームに注目だ。いずれも厳しいグループに入った影響でCL決勝トーナメント進出を逃すも、いずれもELで優勝を狙える実力者だ。とりわけ、ELでの経験も豊富なトッテナム、ウィンターブレークでの立て直しを図るボルシアMGの2チームには注目だ。

▽その他のレギア・ワルシャワ、コペンハーゲン、ロストフ、ルドゴレツも個性を持った好チームだけに、ELグループステージ突破組にとっては難敵と言えるだろう。なお、注目のラウンド32の組み合わせ抽選会は12月12日に行われる予定だ。グループステージ順位表および、CLグループステージ敗退組の一覧は以下のとおり。

◆グループステージ順位表◆
【グループA】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フェネルバフチェ[13/4/1/1/2]
2.マンチェスター・ユナイテッド[12/4/0/2/8]
3.フェイエノールト[7/2/1/3/-4]
4.ゾリャ[2/0/2/4/-6]

【グループB】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アポエル[12/4/0/2/2]
2.オリンピアコス[8/2/2/2/1]
3.ヤング・ボーイズ[8/2/2/2/3]
4.アスタナ[5/1/2/3/-6]

【グループC】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.サンテチェンヌ[12/3/3/0/3]
2.アンデルレヒト[11/3/2/1/8]
3.マインツ[9/2/3/1/-2]
4.ガバラ[0/0/0/6/-9]

【グループD】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゼニト[15/5/0/1/9]
2.AZ[8/2/2/2/-4]
3.マッカビ・テルアビブ[7/2/1/3/-2]
4.ダンドーク[4/1/1/4/-3]

【グループE】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ローマ[12/3/3/0/9]
2.アストラ[8/2/2/2/-3]
3.ビクトリア・プルゼニ[6/1/3/2/-3]
4.オーストリア・ウィーン[5/1/2/3/-3]

【グループF】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゲンク[12/4/0/2/4]
2.ビルバオ[10/3/1/2/-1]
3.ラピド・ウィーン[6/1/3/2/-1]
4.サッスオーロ[5/1/2/3/-2]

【グループG】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アヤックス[14/4/2/0/5]
2.セルタ[9/2/3/1/3]
3.スタンダール・リエージュ[7/1/4/1/2]
4.パナシナイコス[1/0/1/5/-10]

【グループH】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャフタール[18/6/0/0/16]
2.ヘント[8/2/2/2/-4]
3.ブラガ[6/1/3/2/-2]
4.コンヤシュポル[1/0/1/5/-10]

【グループI】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャルケ[15/5/0/1/6]
2.FCクラスノダール[7/2/1/3/0]
3.ザルツブルク[7/2/1/3/0]
4.ニース[6/2/0/4/-6]

【グループJ】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フィオレンティーナ[13/4/1/1/9]
2.PAOK[10/3/1/2/1]
3.カラバフ[7/2/1/3/-5]
4.リベレツ[4/1/1/4/-5]

【グループK】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.スパルタ・プラハ[12/4/0/2/2]
2.ハポエル・ベエルシェバ[8/2/2/2/0]
3.サウサンプトン[8/2/2/2/2]
4.インテル[6/2/0/4/-4]

【グループL】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.オスマンルシュポル[10/3/1/2/3]
2.ビジャレアル[9/2/3/1/1]
3.チューリッヒ[6/1/3/2/-2]
4.ステアウア・ブカレスト[6/1/3/2/-2]

◆CLグループステージ敗退組(3位チーム)
ルドゴレツ(ブルガリア)
ベシクタシュ(トルコ)
ボルシアMG(ドイツ)
ロストフ(ロシア)
トッテナム(イングランド)
レギア・ワルシャワ(ポーランド)
コペンハーゲン(デンマーク)
リヨン(フランス)

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド移籍破談からバルサでレジェンドとなったロナウジーニョ、運命を変えたのは意外にも…

▽マンチェスター・ユナイテッドでプレーした元南アフリカ代表MFクイントン・フォーチュン氏が、同クラブが元ブラジル代表MFロナウジーニョを引き入れることができなかった意外な要因を自身の見解として示した。ユナイテッド公式サイトが伝えている。 ▽ロナウジーニョは、2003年にパリ・サンジェルマンからバルセロナに移籍。バルサに在籍した5シーズンで大きなインパクトを残し、同クラブのレジェンドとなった。 ▽2003年当時、ロナウジーニョはバルセロナよりもマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が大きく取りざたされていた。フォーチュン氏は、ユナイテッド移籍が間近とみられながらも実現しなかった理由が、マンチェスターの天気であったと話した。 「彼がマンチェスター空港に着いたとき、雨が降っていたんだ。ロナウジーニョを迎え入れようとした日にちがまずかったと思う」 「いずれにせよ夏が良かったと思うけど…。正しい日に到着していれば、違う物語になっていたかもしれない」 「彼がユナイテッドに加入していれば、素晴らしいことだった。フットボール史上、最も偉大な選手の1人だし、技術的にもすごくて、楽しんでプレーする選手だ」 2017.06.28 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍の早期決着を目指して…モラタ、ハネムーン先から一時帰国か

▽スペイン『アス』は27日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がマンチェスター・ユナイテッド移籍へ動いたと報じた。 ▽昨シーズンのリーガエスパニョーラでチームトップのFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ15ゴールを記録したものの、以前から出場機会を求めてレアル・マドリー退団が報じられてきたモラタ。すでにユナイテッドと個人合意に達しているとの見方が強く、あとはクラブ間合意のみとみられているが、移籍金において交渉の難航が伝えられてきた。 ▽『アス』によれば、ユナイテッドは現時点で移籍金7400万ユーロ(約94億円)のオファーを打診しているが、レアル・マドリーは8500万〜9000万ユーロ(約108億〜114億4000万円)を強く要求。この状況を聞きつけた渦中のモラタは、新婚旅行先のイビサに妻を置き、ユナイテッド移籍の早期決着を目指して、一時マドリッドに戻ったとのことだ。 2017.06.28 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ペリシッチ、ユナイテッド移籍加速 インテルの延長オファーを拒否か

▽イギリス『デイリー・ミラー』は27日、インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)がクラブから届いた契約延長のオファーを蹴り、マンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいたと報じた。 ▽今夏、ジョゼ・モウリーニョ監督が掲げるトップターゲットの1人として名前が挙がるペリシッチ。インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ新監督はペリシッチの残留を希望しているようだが、本人はポルトガル人指揮官の下でプレーすることを望んでいる模様だ。 ▽そして、『デイリー・ミラー』が伝えたところによれば、インテルで週給6万8000ポンド(約860万円)を受け取るペリシッチは、同8万5000ポンド(約1080万円)に引き上げられた2021年までの延長オファーを拒否したという。 ▽ペリシッチは、2015年夏にヴォルフスブルクからインテルに加入。主にサイドのポジションを務め、インテル在籍2年目の今シーズンは公式戦42試合に出場して11ゴール12ゴールをマークした。 2017.06.28 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マティッチ獲得後もファビーニョ引き抜きへ

▽イギリス『インデペンデント』は27日、マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)を獲得した場合も、モナコに所属するブラジル代表DFファビーニョ(23)の引き入れを目指すと報じた。 ▽今夏、新たに中盤の守備的MFの補強が見込まるユナイテッド。現在、マティッチの獲得が決定的との見方が強まっているところだ。しかし、伝えられるところによれば、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッドは、さらなる中盤のグレードアップを図るため、マティッチに続く補強を目指しているようだ。 ▽そこで名前が挙がっているのが、モナコのリーグ・アン優勝とチャンピオンズリーグ4強入りに貢献したファビーニョ。中盤の守備的なポジションだけでなく右サイドバックの改善を求めるモウリーニョ監督は、両ポジションを高いレベルでこなせるファビーニョの獲得を価値のある補強と考えているという。 2017.06.28 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リオ・ファーディナンド「C・ロナウドは9番のポジションでのプレーを望んでいない」

元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏は、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが指揮官の起用法に不満を溜めている可能性を指摘した。<br><br>今夏マドリーを退団する可能性が取りざたされているC・ロナウド。その原因は脱税疑惑がかけられスペイン生活に嫌気が差したことにあるとされているが、ユナイテッドでC・ロナウドと同僚だったファーディナンド氏はピッチ上でも問題があると主張している。<br><br>マドリーは今季、MFガレス・ベイルの離脱もあって看板3トップのBBCを解体してシーズン終盤を4-4-2で戦った。C・ロナウドは2トップの一角を務めたが、ファーディナンド氏はこれがポルトガル代表FWのストレスになったのではないかと推測している。<br><br>「クリスティアーノは9番のポジションでのプレーを望んでいない。前線で孤立してしまうことがあるからね」<br><br>「彼はサイドでプレーすべきだ。その方がスペースを確保できる。そこでならゴールもアシストもできる。その点において、現在彼以上の選手は世界中を探しても見当たらないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 20:05 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース