【ELグループステージ総括】ユナイテッドらが順当に突破もインテルが屈辱 日本勢は7クラブ中2チームが突破!2016.12.10 07:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2016-17シーズンのELグループステージが8日に終了した。ここでは、グループステージの結果を大まかに総括していきたい。

◆強豪が順当に突破もインテルが屈辱の最下位…
Getty Images
▽昨シーズンと同様に4大リーグに所属する強豪チームが順当に突破を決めた。今大会優勝候補の筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、初戦でフェイエノールト相手に黒星スタートも、その後2連勝で盛り返す。だが、第4節でフェネルバフチェに2敗目を喫して窮地に陥るが、尻に火が付いたチームはFWイブラヒモビッチやMFムヒタリャンら新戦力の活躍で再び連勝を飾り、辛くも2位でラウンド32へ駒を進めた。

▽ドイツ勢では、DF内田篤人が所属するシャルケがFCクラスノダールやニースといった曲者揃いのグループIを首位で突破。国内リーグでは開幕から大苦戦を強いられたが、ELの舞台ではその不調が嘘のように圧巻のパフォーマンスで5連勝。内田の復帰戦となった最終戦こそ勝利を逃したものの、ELでの勢いをリーグ戦にも持ち込んだチームは、シーズン後半に向けて尻上がりに調子を上げている。

▽近年、ELで存在感を放つイタリア勢では、ローマとフィオレンティーナが順当に首位通過を決めた一方、初参戦のサッスオーロに加え、優勝候補のインテルがいずれも最下位で敗退と明暗が分かれた。ローマは最後のELの舞台と噂されるFWトッティやFWゼコら主力に加え、控え中心のメンバー構成で臨むも、国内リーグでも猛威を振るう攻撃陣の活躍によって無敗で突破を決めた。一方、デ・ブール前監督の下で開幕から苦戦を強いられたインテルは、ピオリ新監督の下でも流れを好転させられず。格下のハポエル・ベエルシェバにダブルをかまされるなど、屈辱的な最下位で大会を後にした。

▽例年、ELとの相性の良さを見せているスペイン勢では、3連覇中のセビージャの後釜を狙うビジャレアルとビルバオ、セルタの3チームが順当にラウンド32進出を決定。なお、ビルバオのエースFWアドゥリスが第4節のゲンク戦で1試合5ゴールの新記録を樹立している。

▽4大リーグ以外のクラブでは、グループステージ唯一の全勝を飾ったシャフタールやゼニト、アヤックス、フェネルバフチェなどの名門クラブがいずれも首位通過を決めている。また、代表チームが近年好成績を収めているベルギー勢では、スタンダール・リエージュが敗退となったものの、ゲンク、ヘント、アンデルレヒトの3チームが突破を決めている。

◆日本人所属クラブは苦戦…内田と瀬戸が決勝Tへ
Getty Images
▽今回のグループステージでは、史上最多となる7人の日本人選手が参戦。その中でラウンド32進出を決めたのは、前述した内田のシャルケと、全試合に出場してクラブ史上初の快挙に貢献したMF瀬戸貴幸のアストラの2チームのみとなった。

▽瀬戸と共にグループステージ全試合に出場したサウサンプトンのDF吉田麻也は、安定したパフォーマンスで自身の評価を高めたものの、最終節でハポエル・ベエルシェバに引き分けたことで、グループステージ敗退が決定。貴重なプレー機会を失った吉田は、リーグ戦でのポジション奪取を目指す。また、共に4試合に出場したインテルのDF長友佑都とヤング・ボーイズのFW久保裕也は、やや悔いが残るパフォーマンスとなった。長友はサウサンプトンでオウンゴールを献上するなど、チームの不振に引きずられた印象。久保に関しては決定機を逃がすなどノーゴールに終わり、4大リーグ移籍に向けて思うようなアピールはできなかった。

▽マインツのFW武藤嘉紀は、ガバラ戦でEL初ゴールを記録したが、その後はケガの影響で欠場が続いた。また、ザルツブルクのMF南野拓実はポジション争いで苦戦を強いられ、4試合に出場したものの、先発は2試合にとどまった。

◆サプライズチームは?
Getty Images
▽比較的波乱が少なかった今回のグループステージの中でサプライズを起こしたのは、インテルにダブルをかましたイスラエルの無名クラブ、ハポエル・ベエルシェバ。傑出したタレントこそいないが、チーム一丸となった粘り強いプレーや要所で披露した攻撃の迫力は素晴らしかった。

▽また、プレーオフでウェストハムを破り、オーストリア・ウィーンとビクトリア・プルゼニと東欧の名門2チームを相手に決勝トーナメント行きを決めたルーマニア王者のアストラも、サプライズを起こしたチームの1つだ。その他ではFWウェボやFWルセスクらリーガ経験者や逸材MFマヘルを擁し、ビジャレアルを抑えてグループLを首位通過したトルコのオスマンルシュポルの躍進も目立った。

◆注目はスパーズ&ボルシアMG
Getty Images
▽グループステージを突破した24チームと共にラウンド32を戦うことになるCL敗退組(グループ3位)の8チームでは、トッテナムとボルシアMG、ベシクタシュ、リヨンの4チームに注目だ。いずれも厳しいグループに入った影響でCL決勝トーナメント進出を逃すも、いずれもELで優勝を狙える実力者だ。とりわけ、ELでの経験も豊富なトッテナム、ウィンターブレークでの立て直しを図るボルシアMGの2チームには注目だ。

▽その他のレギア・ワルシャワ、コペンハーゲン、ロストフ、ルドゴレツも個性を持った好チームだけに、ELグループステージ突破組にとっては難敵と言えるだろう。なお、注目のラウンド32の組み合わせ抽選会は12月12日に行われる予定だ。グループステージ順位表および、CLグループステージ敗退組の一覧は以下のとおり。

◆グループステージ順位表◆
【グループA】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フェネルバフチェ[13/4/1/1/2]
2.マンチェスター・ユナイテッド[12/4/0/2/8]
3.フェイエノールト[7/2/1/3/-4]
4.ゾリャ[2/0/2/4/-6]

【グループB】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アポエル[12/4/0/2/2]
2.オリンピアコス[8/2/2/2/1]
3.ヤング・ボーイズ[8/2/2/2/3]
4.アスタナ[5/1/2/3/-6]

【グループC】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.サンテチェンヌ[12/3/3/0/3]
2.アンデルレヒト[11/3/2/1/8]
3.マインツ[9/2/3/1/-2]
4.ガバラ[0/0/0/6/-9]

【グループD】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゼニト[15/5/0/1/9]
2.AZ[8/2/2/2/-4]
3.マッカビ・テルアビブ[7/2/1/3/-2]
4.ダンドーク[4/1/1/4/-3]

【グループE】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ローマ[12/3/3/0/9]
2.アストラ[8/2/2/2/-3]
3.ビクトリア・プルゼニ[6/1/3/2/-3]
4.オーストリア・ウィーン[5/1/2/3/-3]

【グループF】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゲンク[12/4/0/2/4]
2.ビルバオ[10/3/1/2/-1]
3.ラピド・ウィーン[6/1/3/2/-1]
4.サッスオーロ[5/1/2/3/-2]

【グループG】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アヤックス[14/4/2/0/5]
2.セルタ[9/2/3/1/3]
3.スタンダール・リエージュ[7/1/4/1/2]
4.パナシナイコス[1/0/1/5/-10]

【グループH】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャフタール[18/6/0/0/16]
2.ヘント[8/2/2/2/-4]
3.ブラガ[6/1/3/2/-2]
4.コンヤシュポル[1/0/1/5/-10]

【グループI】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャルケ[15/5/0/1/6]
2.FCクラスノダール[7/2/1/3/0]
3.ザルツブルク[7/2/1/3/0]
4.ニース[6/2/0/4/-6]

【グループJ】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フィオレンティーナ[13/4/1/1/9]
2.PAOK[10/3/1/2/1]
3.カラバフ[7/2/1/3/-5]
4.リベレツ[4/1/1/4/-5]

【グループK】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.スパルタ・プラハ[12/4/0/2/2]
2.ハポエル・ベエルシェバ[8/2/2/2/0]
3.サウサンプトン[8/2/2/2/2]
4.インテル[6/2/0/4/-4]

【グループL】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.オスマンルシュポル[10/3/1/2/3]
2.ビジャレアル[9/2/3/1/1]
3.チューリッヒ[6/1/3/2/-2]
4.ステアウア・ブカレスト[6/1/3/2/-2]

◆CLグループステージ敗退組(3位チーム)
ルドゴレツ(ブルガリア)
ベシクタシュ(トルコ)
ボルシアMG(ドイツ)
ロストフ(ロシア)
トッテナム(イングランド)
レギア・ワルシャワ(ポーランド)
コペンハーゲン(デンマーク)
リヨン(フランス)

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバがUEFAの差別撲滅キャンペーンを支持「サッカーは戦争を止めるための力を持っている」

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが、欧州サッカー連盟(UEFA)が行っている『#EqualGame』キャンペーンを支持している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽UEFAが実施する『#EqualGame』キャンペーンとは、フットボールというものが一体性や多様性を持ち、誰にでも開かれた競技であることを発信し、いまだ終わらない差別をなくそうとするもの。 ▽ギニア系の両親をルーツに持つポグバは「サッカー選手とは多くの人たちに見られる機会が多い。だからこそ、世界中の人々を助けることができると感じている」と語り、UEFAの行うキャンペーンについて次のように語った。 「僕の隣にはアフリカの選手、セルビア、クロアチア出身の選手がいる。僕は彼らと同じチームに所属し一緒にプレーしている。僕らは同じ目標やフットボールへの愛情を持っているんだ」 「フットボールは世界がより良くなる助けができると思っている。いろいろな人たちが一つのチームでプレーすると、誰もが友達になれるんだ」 「世界でも共通の愛情がそこにはある。だからフットボールは戦争を止める力があると思うよ。僕はまだまだ若い選手だ。だからこそ、男の子たちからフットボールの代表として見られていると意識している」 2017.10.17 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ロブレンの顔面を蹴ったルカクにお咎めなし

▽イングランドサッカー協会(FA)はマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクに対し、処分を下すことはないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ルカクは14日に行われたプレミアリーグ第8節リバプール戦のハーフタイム間際、地面に倒れ込んだDFデヤン・ロブレンに対し、意図的ではない様子だったものの右足で顔面を蹴ってしまっていた。 ▽そのルカクの行為に対し、元主審のデルモット・ギャラガー氏は次のような見解を示している。 「ルカクのヒザの動きを見ると、意図したものではないことがわかると思う。ロブレンを避けようとした際に当たってしまったものだったと見るのが自然だよ」 2017.10.17 04:48 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ、攻撃的スタイルに批判の声も「モウリーニョのようにやっても優勝は無理」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、成功への&ldquo;レシピ&rdquo;はないと考えているようだ。<br><br>リバプールは14日、プレミアリーグ第8節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、スコアレスドローに終わった。ジョゼ・モウリーニョ監督の戦術の前に、無失点に抑えられ、リバプールの攻撃的なスタイルには批判の矛先を向けられている。<br><br>クロップはマンチェスター・Uの守備的なアプローチには理解を示しつつ、それが成功をつかむために必要なことではないと主張している。<br><br>「ユナイテッドがやっていることははっきりしていた。ジョゼは自分が正しいと思っていることをやった。もしくはやりたかったことをね。それはOKだ。しかし、我々にとってそれは楽にするものではない」<br><br>さらに続けて、「我々は数年間チャレンジャーであり続ける。大きなハートで、勇気を持たいないといけない」と話している。<br><br>今季も攻撃的な姿勢をトレードマークにシーズンに臨んでいるリバプールだが、開幕8試合で首位と9ポイント差の8位に沈むなど、今のところ実を結んでいない。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.10.16 23:38 Mon
twitterfacebook
thumb

メンディの代役探すシティ、セインツのDFバートランドをリストアップか

▽マンチェスター・シティが、負傷離脱中のフランス代表DFバンジャマン・メンディの代役に、サウサンプトンのイングランド代表DFライアン・バートランド(28)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽今夏、DFとして歴代最高の移籍金となる5200万ポンド(約77億円)とも言われる移籍金でモナコから加入したメンディだったが、先月23日に行われたプレミアリーグ第6節のクリスタル・パレス戦でヒザを負傷。クラブの発表によると、右ヒザ前十字靭帯断裂の重傷で、現在は長期離脱を強いられている。 ▽そこで、代わりとなる左サイドバックを探すシティが白羽の矢を立てたのがバートランド。『デイリー・メール』によると、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏も同選手の獲得を求めていたようで、バートランド自身も、もしオファーが届けば前向きに検討するつもりだという。一方で、サウサンプトン側は巨額なオファーでない限り放出を拒むとみられている。 ▽また、シティは他にもエスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マーティン・カリコル(21)にも関心を寄せているらしく、13日に行われたリーガエスパニョーラ第8節のレバンテ戦にスカウトを送っていたようだ。 2017.10.16 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

上位に弱い? ルカクが自身のデータへの批判に「状況は変わる」

▽マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクが、自身への批判に対し、改善していくと語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽エバートンから今シーズン加入したルカクは、今シーズンのプレミアリーグで8試合に出場し7ゴールを記録するなど、その得点能力の高さを見せつけている。 ▽しかし、ルカクはプレミアリーグで不名誉な成績も残している。アーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、ユナイテッド、トッテナムのプレミアリーグ“ビッグ6”に対し、ここまで58試合に出場しているものの、奪ったゴールはわずかに「15」。決して多いとはいえない数字だ。 ▽さらに、直近のプレミアリーグで記録した24ゴールのうち、半分以上が80分以降のゴールとのこと。“弱い者いじめ”との批判を受けていた。 ▽ルカクはこの批判に対してコメント。自身への期待が高いことを理解しながらも、エバートン時代は戦い方が違ったことを明かし、今シーズンは違った結果を見せられると語った。 「僕への期待は本当に高いと思う。僕はそれを享受するよ」 「エバートンにいた時、僕たちは違う考え方でゲームを行っていた。時々、いくつかのチームには難しい事があった。時には勝つためにプレーしなかったり、チャンスすら本当に作れない時もあった」 「今は、僕はビッグチームに勝とうとするチームに居る。僕は状況が変わると思っているよ」 ▽今シーズンは、ここまで公式戦13試合で16ゴールを記録。リーグ戦では14日にリバプールと対戦したが、ノーゴールだった。果たして、批判を結果で払拭できるだろうか。 ◆ロメル・ルカク vs プレミア“ビッグ6” リバプール:12試合5ゴール マンチェスター・ユナイテッド:11試合3ゴール アーセナル:11試合2ゴール マンチェスター・シティ:10試合4ゴール トッテナム:8試合1ゴール チェルシー:6試合0ゴール (合計)58試合15ゴール ※リーグ戦のみの成績 2017.10.16 13:40 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース