【ELグループステージ総括】ユナイテッドらが順当に突破もインテルが屈辱 日本勢は7クラブ中2チームが突破!2016.12.10 07:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2016-17シーズンのELグループステージが8日に終了した。ここでは、グループステージの結果を大まかに総括していきたい。

◆強豪が順当に突破もインテルが屈辱の最下位…
Getty Images
▽昨シーズンと同様に4大リーグに所属する強豪チームが順当に突破を決めた。今大会優勝候補の筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、初戦でフェイエノールト相手に黒星スタートも、その後2連勝で盛り返す。だが、第4節でフェネルバフチェに2敗目を喫して窮地に陥るが、尻に火が付いたチームはFWイブラヒモビッチやMFムヒタリャンら新戦力の活躍で再び連勝を飾り、辛くも2位でラウンド32へ駒を進めた。

▽ドイツ勢では、DF内田篤人が所属するシャルケがFCクラスノダールやニースといった曲者揃いのグループIを首位で突破。国内リーグでは開幕から大苦戦を強いられたが、ELの舞台ではその不調が嘘のように圧巻のパフォーマンスで5連勝。内田の復帰戦となった最終戦こそ勝利を逃したものの、ELでの勢いをリーグ戦にも持ち込んだチームは、シーズン後半に向けて尻上がりに調子を上げている。

▽近年、ELで存在感を放つイタリア勢では、ローマとフィオレンティーナが順当に首位通過を決めた一方、初参戦のサッスオーロに加え、優勝候補のインテルがいずれも最下位で敗退と明暗が分かれた。ローマは最後のELの舞台と噂されるFWトッティやFWゼコら主力に加え、控え中心のメンバー構成で臨むも、国内リーグでも猛威を振るう攻撃陣の活躍によって無敗で突破を決めた。一方、デ・ブール前監督の下で開幕から苦戦を強いられたインテルは、ピオリ新監督の下でも流れを好転させられず。格下のハポエル・ベエルシェバにダブルをかまされるなど、屈辱的な最下位で大会を後にした。

▽例年、ELとの相性の良さを見せているスペイン勢では、3連覇中のセビージャの後釜を狙うビジャレアルとビルバオ、セルタの3チームが順当にラウンド32進出を決定。なお、ビルバオのエースFWアドゥリスが第4節のゲンク戦で1試合5ゴールの新記録を樹立している。

▽4大リーグ以外のクラブでは、グループステージ唯一の全勝を飾ったシャフタールやゼニト、アヤックス、フェネルバフチェなどの名門クラブがいずれも首位通過を決めている。また、代表チームが近年好成績を収めているベルギー勢では、スタンダール・リエージュが敗退となったものの、ゲンク、ヘント、アンデルレヒトの3チームが突破を決めている。

◆日本人所属クラブは苦戦…内田と瀬戸が決勝Tへ
Getty Images
▽今回のグループステージでは、史上最多となる7人の日本人選手が参戦。その中でラウンド32進出を決めたのは、前述した内田のシャルケと、全試合に出場してクラブ史上初の快挙に貢献したMF瀬戸貴幸のアストラの2チームのみとなった。

▽瀬戸と共にグループステージ全試合に出場したサウサンプトンのDF吉田麻也は、安定したパフォーマンスで自身の評価を高めたものの、最終節でハポエル・ベエルシェバに引き分けたことで、グループステージ敗退が決定。貴重なプレー機会を失った吉田は、リーグ戦でのポジション奪取を目指す。また、共に4試合に出場したインテルのDF長友佑都とヤング・ボーイズのFW久保裕也は、やや悔いが残るパフォーマンスとなった。長友はサウサンプトンでオウンゴールを献上するなど、チームの不振に引きずられた印象。久保に関しては決定機を逃がすなどノーゴールに終わり、4大リーグ移籍に向けて思うようなアピールはできなかった。

▽マインツのFW武藤嘉紀は、ガバラ戦でEL初ゴールを記録したが、その後はケガの影響で欠場が続いた。また、ザルツブルクのMF南野拓実はポジション争いで苦戦を強いられ、4試合に出場したものの、先発は2試合にとどまった。

◆サプライズチームは?
Getty Images
▽比較的波乱が少なかった今回のグループステージの中でサプライズを起こしたのは、インテルにダブルをかましたイスラエルの無名クラブ、ハポエル・ベエルシェバ。傑出したタレントこそいないが、チーム一丸となった粘り強いプレーや要所で披露した攻撃の迫力は素晴らしかった。

▽また、プレーオフでウェストハムを破り、オーストリア・ウィーンとビクトリア・プルゼニと東欧の名門2チームを相手に決勝トーナメント行きを決めたルーマニア王者のアストラも、サプライズを起こしたチームの1つだ。その他ではFWウェボやFWルセスクらリーガ経験者や逸材MFマヘルを擁し、ビジャレアルを抑えてグループLを首位通過したトルコのオスマンルシュポルの躍進も目立った。

◆注目はスパーズ&ボルシアMG
Getty Images
▽グループステージを突破した24チームと共にラウンド32を戦うことになるCL敗退組(グループ3位)の8チームでは、トッテナムとボルシアMG、ベシクタシュ、リヨンの4チームに注目だ。いずれも厳しいグループに入った影響でCL決勝トーナメント進出を逃すも、いずれもELで優勝を狙える実力者だ。とりわけ、ELでの経験も豊富なトッテナム、ウィンターブレークでの立て直しを図るボルシアMGの2チームには注目だ。

▽その他のレギア・ワルシャワ、コペンハーゲン、ロストフ、ルドゴレツも個性を持った好チームだけに、ELグループステージ突破組にとっては難敵と言えるだろう。なお、注目のラウンド32の組み合わせ抽選会は12月12日に行われる予定だ。グループステージ順位表および、CLグループステージ敗退組の一覧は以下のとおり。

◆グループステージ順位表◆
【グループA】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フェネルバフチェ[13/4/1/1/2]
2.マンチェスター・ユナイテッド[12/4/0/2/8]
3.フェイエノールト[7/2/1/3/-4]
4.ゾリャ[2/0/2/4/-6]

【グループB】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アポエル[12/4/0/2/2]
2.オリンピアコス[8/2/2/2/1]
3.ヤング・ボーイズ[8/2/2/2/3]
4.アスタナ[5/1/2/3/-6]

【グループC】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.サンテチェンヌ[12/3/3/0/3]
2.アンデルレヒト[11/3/2/1/8]
3.マインツ[9/2/3/1/-2]
4.ガバラ[0/0/0/6/-9]

【グループD】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゼニト[15/5/0/1/9]
2.AZ[8/2/2/2/-4]
3.マッカビ・テルアビブ[7/2/1/3/-2]
4.ダンドーク[4/1/1/4/-3]

【グループE】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ローマ[12/3/3/0/9]
2.アストラ[8/2/2/2/-3]
3.ビクトリア・プルゼニ[6/1/3/2/-3]
4.オーストリア・ウィーン[5/1/2/3/-3]

【グループF】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゲンク[12/4/0/2/4]
2.ビルバオ[10/3/1/2/-1]
3.ラピド・ウィーン[6/1/3/2/-1]
4.サッスオーロ[5/1/2/3/-2]

【グループG】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アヤックス[14/4/2/0/5]
2.セルタ[9/2/3/1/3]
3.スタンダール・リエージュ[7/1/4/1/2]
4.パナシナイコス[1/0/1/5/-10]

【グループH】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャフタール[18/6/0/0/16]
2.ヘント[8/2/2/2/-4]
3.ブラガ[6/1/3/2/-2]
4.コンヤシュポル[1/0/1/5/-10]

【グループI】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャルケ[15/5/0/1/6]
2.FCクラスノダール[7/2/1/3/0]
3.ザルツブルク[7/2/1/3/0]
4.ニース[6/2/0/4/-6]

【グループJ】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フィオレンティーナ[13/4/1/1/9]
2.PAOK[10/3/1/2/1]
3.カラバフ[7/2/1/3/-5]
4.リベレツ[4/1/1/4/-5]

【グループK】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.スパルタ・プラハ[12/4/0/2/2]
2.ハポエル・ベエルシェバ[8/2/2/2/0]
3.サウサンプトン[8/2/2/2/2]
4.インテル[6/2/0/4/-4]

【グループL】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.オスマンルシュポル[10/3/1/2/3]
2.ビジャレアル[9/2/3/1/1]
3.チューリッヒ[6/1/3/2/-2]
4.ステアウア・ブカレスト[6/1/3/2/-2]

◆CLグループステージ敗退組(3位チーム)
ルドゴレツ(ブルガリア)
ベシクタシュ(トルコ)
ボルシアMG(ドイツ)
ロストフ(ロシア)
トッテナム(イングランド)
レギア・ワルシャワ(ポーランド)
コペンハーゲン(デンマーク)
リヨン(フランス)

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドとのリーグ・カップ決勝で2得点のガッビアディーニ、監督と同僚に感謝

26日に行われたEFLカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦(3-2)で2得点を挙げたサウサンプトンのFWマノロ・ガッビアディーニがイギリスメディア『フォックス・スポーツ』のインタビューでチームメートらのサポートに感謝した。<br><br>ガッビアディーニは今冬の移籍市場でナポリから加入。ナポリでは今シーズン、出場機会は少ないながらも公式戦で5得点を挙げており、決定力には定評があった。イタリア人FWはウェンブリーでのEFLカップ決勝という大舞台で、強豪相手に2得点を奪えたのは、日本代表のDF吉田麻也を始めとしたチームの仲間のおかげであると感謝した。<br><br>「いろんな感情が入り混じっている。初めてのプレミアリーグだし、言葉も違う。すぐに適応できたのは監督やチームメートのおかげだ。皆から控え目だとかおとなしいとか言われるけど、チームメートとの壁は感じていない。サッカー選手ということは別として、皆いいヤツばかりだ」<br><br>サウサンプトンに加入後、ここまで5得点を挙げているガッビアディーニ。25歳FWのこれからの活躍は期待されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.27 16:09 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、就任初年度でのメジャータイトル獲得はユナイテッド史上初…キャリア通算トロフィー獲得数を19個に

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、クラブ史上初となる就任初年度でのメジャータイトルを獲得した監督として歴史に名を刻んだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽ユナイテッドは26日、EFLカップ決勝でサウサンプトンと対戦。一時2点リードを追いつかれたものの、87分に生まれたFWズラタン・イブラヒモビッチのゴールが決勝弾となり、クラブ史上5度目のEFLカップ制覇を成し遂げた。 ▽『BBC』によれば、モウリーニョ監督にとって、EFLカップ優勝はキャリア4度目。これは、ユナイテッド元監督のアレックス・ファーガソン氏とブライアン・クラフ氏の両名将と並んで最多だという。 ▽また、過去にポルト、チェルシー、レアル・マドリー、インテルを指揮してきたモウリーニョにとって、今回のEFL制覇は19個目のメジャータイトルとのことだ。 ◆モウリーニョのメジャータイトル ポルトガルリーグ:2002-03、2003-04 ポルトガルカップ:2002-03 ヨーロッパリーグ:2002-03 チャンピオンズリーグ:2003-04、2009-10 プレミアリーグ:2004-05、2005-06、2014-15 FAカップ:2006-07 EFLカップ:2004-05、2006-07、2014-15、2016-17 セリエA:2008-09、2009-10 コッパ・イタリア:2009-10 リーガエスパニョーラ:2011-12 コパ・デル・レイ:2010-11 2017.02.27 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチの自宅でファンがキャンプ?モウリーニョがエースの引き留め工作を予想

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、リーグ・カップ決勝で2ゴールを挙げたFWズラタン・イブラヒモビッチに賛辞を送っている。<br><br>マンチェスター・Uは26日、EFLカップ決勝でサウサンプトンと対戦。一時は2-2に追いつかれたものの、終了間際にイブラヒモビッチのこの試合2点目が生まれ、3-2で大一番を制した。モウリーニョは「私は彼の監督だったし、クオリティはわかっている」としながら、ファンもエースに感謝することだろうと試合後に語っている。<br><br>「できることなら、ユナイテッドファンは彼の家のドアの前に、一晩中とどまることだってするだろう。私が頼むことはないが、彼らは確かにそうする可能性がある。我々全員がもう1シーズン残って欲しいし、彼が残ってくれることを祈っている」<br><br>「彼は自身の決断でユナイテッドへ来た」と語るモウリーニョ。イブラヒモビッチは今季でクラブとの契約が切れるが、今後もチームに残ることになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.02.27 09:10 Mon
twitterfacebook
thumb

“歴代最高移籍金男”ポグバにズラタン節…「俺は無料。ユナイテッドが買ったのはお前」

▽マンチェスター・ユナイテッドにEFLカップのタイトルをもたらした元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが試合後のインタビューで笑いを誘った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ユナイテッドは26日、EFLカップ決勝でサウサンプトンと対戦(3-2でユナイテッドが勝利)。先発したイブラビッチは、2-2で迎えた87分の決勝弾を含む2発の活躍で、1つ目のリーグタイトル獲得に貢献した。 ▽ピッチでの表彰後には、イブラヒモビッチとチームメートのフランス代表MFポール・ポグバがインタビューに応対。インタビュアーの質問に対し、軽快なトークセッションを繰り広げた。 ▽その中で、昨夏フリーでユナイテッド入りしたイブラヒモビッチは、世界最高額の移籍金1億500万ユーロ(現在のレートで約124億3000万円)で鳴り物入りしたポグバの自身に対するコメントに呼応し、以下のようにジョークを飛ばした。 「俺を買った? 俺は無料でここにやってきた。彼らが買ったのはお前(ポグバ)だ!」 ▽35歳のイブラヒモビッチは、今シーズンのここまで公式戦38試合26ゴールを記録。衰え知らずの決定力とカリスマ性でチームをリードしている。 2017.02.27 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 3-2 サウサンプトン《EFLカップ》

▽EFLカップ決勝マンチェスター・ユナイテッドvsサウサンプトンが26日に行われ、3-2でユナイテッドが勝利した。サウサンプトンDF吉田麻也はフル出場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170227_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 6.0 2失点とも防ぎようなし。ミドルシュートを的確に止めていた DF 25 バレンシア 5.5 いつもよりは攻撃参加を抑えてレドモンドに対応した 3 バイリー 5.5 大崩れせず安定していた 12 スモーリング 5.0 2失点目はガッビアディーニに付いていたが、対応できず 5 ロホ 5.5 2点目をアシスト。攻守にまずまず安定 MF 8 マタ 5.0 2点目に絡むも攻撃面で良さは出せず (→キャリック 5.5) ビルドアップを安定させる 14 リンガード 6.0 2点目を挙げた。決定機に絡む (→ラッシュフォード -) 21 エレーラ 6.0 先制点を生んだFKを獲得。何度かバイタルエリアへ侵攻してアクセントに。決勝点をアシスト 6 ポグバ 5.0 2失点目はハイボールを被り、クリアしきれず。攻守にさほど貢献できず 11 マルシャル 6.0 2、3点目を演出した他、幾つか決定機を生み出す (→フェライーニ -) FW 9 イブラヒモビッチ 7.0 吉田のマークにやや苦戦も直接FKで先制点を奪取し、決勝点をマーク 監督 モウリーニョ 6.0 堅実的な戦い方でユナイテッド就任後初タイトルを獲得 ▽サウサンプトン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170227_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 フォースター 5.5 3失点も防げるシュートは止めていた DF 2 セドリック 6.0 攻撃センスを見せていた 24 スティーブンス 5.5 3失点目の場面ではイブラヒモビッチのマークを外してしまった 3 吉田麻也 6.0 守備面ではイブラヒモビッチに流れの中で自由を与えず、攻撃面ではセットプレー時に存在感を示した 21 バートランド 5.5 幻のゴール時にオフサイドを取られた。自サイドを破られることはなかった MF 16 ワード=プラウズ 6.0 1点目をアシスト。精度の高いキックでチャンス演出 8 デイビス 5.0 攻守に目立たず (→ジェイ・ロドリゲス -) 14 ロメウ 6.0 ポスト直撃のヘディングシュートを放つ。攻守に効いていた 22 レドモンド 6.0 1点目を演出。ドリブルでの打開でアクセントに FW 20 ガッビアディーニ 7.0 非凡な得点感覚を見せ付けた。大舞台で2ゴール (→ロング -) 11 タディッチ 6.0 2トップの一角として機能 (→ブファル -) 監督 ピュエル 6.0 積極的な戦いを見せ、2点差を追いつく健闘を見せた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド) ▽文句なしでイブラヒモビッチを選出。2ゴールを奪ってユナイテッドに早速タイトルをもたらした。 マンチェスター・ユナイテッド 3-2 サウサンプトン 【マンチェスター・ユナイテッド】 イブラヒモビッチ(前19) リンガード(前38) イブラヒモビッチ(後42) 【サウサンプトン】 ガッビアディーニ(前46) ガッビアディーニ(後3) 2017.02.27 03:27 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース