【ELグループステージ総括】ユナイテッドらが順当に突破もインテルが屈辱 日本勢は7クラブ中2チームが突破!2016.12.10 07:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2016-17シーズンのELグループステージが8日に終了した。ここでは、グループステージの結果を大まかに総括していきたい。

◆強豪が順当に突破もインテルが屈辱の最下位…
Getty Images
▽昨シーズンと同様に4大リーグに所属する強豪チームが順当に突破を決めた。今大会優勝候補の筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、初戦でフェイエノールト相手に黒星スタートも、その後2連勝で盛り返す。だが、第4節でフェネルバフチェに2敗目を喫して窮地に陥るが、尻に火が付いたチームはFWイブラヒモビッチやMFムヒタリャンら新戦力の活躍で再び連勝を飾り、辛くも2位でラウンド32へ駒を進めた。

▽ドイツ勢では、DF内田篤人が所属するシャルケがFCクラスノダールやニースといった曲者揃いのグループIを首位で突破。国内リーグでは開幕から大苦戦を強いられたが、ELの舞台ではその不調が嘘のように圧巻のパフォーマンスで5連勝。内田の復帰戦となった最終戦こそ勝利を逃したものの、ELでの勢いをリーグ戦にも持ち込んだチームは、シーズン後半に向けて尻上がりに調子を上げている。

▽近年、ELで存在感を放つイタリア勢では、ローマとフィオレンティーナが順当に首位通過を決めた一方、初参戦のサッスオーロに加え、優勝候補のインテルがいずれも最下位で敗退と明暗が分かれた。ローマは最後のELの舞台と噂されるFWトッティやFWゼコら主力に加え、控え中心のメンバー構成で臨むも、国内リーグでも猛威を振るう攻撃陣の活躍によって無敗で突破を決めた。一方、デ・ブール前監督の下で開幕から苦戦を強いられたインテルは、ピオリ新監督の下でも流れを好転させられず。格下のハポエル・ベエルシェバにダブルをかまされるなど、屈辱的な最下位で大会を後にした。

▽例年、ELとの相性の良さを見せているスペイン勢では、3連覇中のセビージャの後釜を狙うビジャレアルとビルバオ、セルタの3チームが順当にラウンド32進出を決定。なお、ビルバオのエースFWアドゥリスが第4節のゲンク戦で1試合5ゴールの新記録を樹立している。

▽4大リーグ以外のクラブでは、グループステージ唯一の全勝を飾ったシャフタールやゼニト、アヤックス、フェネルバフチェなどの名門クラブがいずれも首位通過を決めている。また、代表チームが近年好成績を収めているベルギー勢では、スタンダール・リエージュが敗退となったものの、ゲンク、ヘント、アンデルレヒトの3チームが突破を決めている。

◆日本人所属クラブは苦戦…内田と瀬戸が決勝Tへ
Getty Images
▽今回のグループステージでは、史上最多となる7人の日本人選手が参戦。その中でラウンド32進出を決めたのは、前述した内田のシャルケと、全試合に出場してクラブ史上初の快挙に貢献したMF瀬戸貴幸のアストラの2チームのみとなった。

▽瀬戸と共にグループステージ全試合に出場したサウサンプトンのDF吉田麻也は、安定したパフォーマンスで自身の評価を高めたものの、最終節でハポエル・ベエルシェバに引き分けたことで、グループステージ敗退が決定。貴重なプレー機会を失った吉田は、リーグ戦でのポジション奪取を目指す。また、共に4試合に出場したインテルのDF長友佑都とヤング・ボーイズのFW久保裕也は、やや悔いが残るパフォーマンスとなった。長友はサウサンプトンでオウンゴールを献上するなど、チームの不振に引きずられた印象。久保に関しては決定機を逃がすなどノーゴールに終わり、4大リーグ移籍に向けて思うようなアピールはできなかった。

▽マインツのFW武藤嘉紀は、ガバラ戦でEL初ゴールを記録したが、その後はケガの影響で欠場が続いた。また、ザルツブルクのMF南野拓実はポジション争いで苦戦を強いられ、4試合に出場したものの、先発は2試合にとどまった。

◆サプライズチームは?
Getty Images
▽比較的波乱が少なかった今回のグループステージの中でサプライズを起こしたのは、インテルにダブルをかましたイスラエルの無名クラブ、ハポエル・ベエルシェバ。傑出したタレントこそいないが、チーム一丸となった粘り強いプレーや要所で披露した攻撃の迫力は素晴らしかった。

▽また、プレーオフでウェストハムを破り、オーストリア・ウィーンとビクトリア・プルゼニと東欧の名門2チームを相手に決勝トーナメント行きを決めたルーマニア王者のアストラも、サプライズを起こしたチームの1つだ。その他ではFWウェボやFWルセスクらリーガ経験者や逸材MFマヘルを擁し、ビジャレアルを抑えてグループLを首位通過したトルコのオスマンルシュポルの躍進も目立った。

◆注目はスパーズ&ボルシアMG
Getty Images
▽グループステージを突破した24チームと共にラウンド32を戦うことになるCL敗退組(グループ3位)の8チームでは、トッテナムとボルシアMG、ベシクタシュ、リヨンの4チームに注目だ。いずれも厳しいグループに入った影響でCL決勝トーナメント進出を逃すも、いずれもELで優勝を狙える実力者だ。とりわけ、ELでの経験も豊富なトッテナム、ウィンターブレークでの立て直しを図るボルシアMGの2チームには注目だ。

▽その他のレギア・ワルシャワ、コペンハーゲン、ロストフ、ルドゴレツも個性を持った好チームだけに、ELグループステージ突破組にとっては難敵と言えるだろう。なお、注目のラウンド32の組み合わせ抽選会は12月12日に行われる予定だ。グループステージ順位表および、CLグループステージ敗退組の一覧は以下のとおり。

◆グループステージ順位表◆
【グループA】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フェネルバフチェ[13/4/1/1/2]
2.マンチェスター・ユナイテッド[12/4/0/2/8]
3.フェイエノールト[7/2/1/3/-4]
4.ゾリャ[2/0/2/4/-6]

【グループB】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アポエル[12/4/0/2/2]
2.オリンピアコス[8/2/2/2/1]
3.ヤング・ボーイズ[8/2/2/2/3]
4.アスタナ[5/1/2/3/-6]

【グループC】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.サンテチェンヌ[12/3/3/0/3]
2.アンデルレヒト[11/3/2/1/8]
3.マインツ[9/2/3/1/-2]
4.ガバラ[0/0/0/6/-9]

【グループD】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゼニト[15/5/0/1/9]
2.AZ[8/2/2/2/-4]
3.マッカビ・テルアビブ[7/2/1/3/-2]
4.ダンドーク[4/1/1/4/-3]

【グループE】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ローマ[12/3/3/0/9]
2.アストラ[8/2/2/2/-3]
3.ビクトリア・プルゼニ[6/1/3/2/-3]
4.オーストリア・ウィーン[5/1/2/3/-3]

【グループF】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ゲンク[12/4/0/2/4]
2.ビルバオ[10/3/1/2/-1]
3.ラピド・ウィーン[6/1/3/2/-1]
4.サッスオーロ[5/1/2/3/-2]

【グループG】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アヤックス[14/4/2/0/5]
2.セルタ[9/2/3/1/3]
3.スタンダール・リエージュ[7/1/4/1/2]
4.パナシナイコス[1/0/1/5/-10]

【グループH】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャフタール[18/6/0/0/16]
2.ヘント[8/2/2/2/-4]
3.ブラガ[6/1/3/2/-2]
4.コンヤシュポル[1/0/1/5/-10]

【グループI】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.シャルケ[15/5/0/1/6]
2.FCクラスノダール[7/2/1/3/0]
3.ザルツブルク[7/2/1/3/0]
4.ニース[6/2/0/4/-6]

【グループJ】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.フィオレンティーナ[13/4/1/1/9]
2.PAOK[10/3/1/2/1]
3.カラバフ[7/2/1/3/-5]
4.リベレツ[4/1/1/4/-5]

【グループK】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.スパルタ・プラハ[12/4/0/2/2]
2.ハポエル・ベエルシェバ[8/2/2/2/0]
3.サウサンプトン[8/2/2/2/2]
4.インテル[6/2/0/4/-4]

【グループL】
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.オスマンルシュポル[10/3/1/2/3]
2.ビジャレアル[9/2/3/1/1]
3.チューリッヒ[6/1/3/2/-2]
4.ステアウア・ブカレスト[6/1/3/2/-2]

◆CLグループステージ敗退組(3位チーム)
ルドゴレツ(ブルガリア)
ベシクタシュ(トルコ)
ボルシアMG(ドイツ)
ロストフ(ロシア)
トッテナム(イングランド)
レギア・ワルシャワ(ポーランド)
コペンハーゲン(デンマーク)
リヨン(フランス)

コメント

関連ニュース

thumb

マンチェスター・U戦に意気込むトゥーレ「FA杯敗退の失望を打開できる試合」

マンチェスター・ダービーを前に、マンチェスター・シティに所属するヤヤ・トゥーレが大一番に向けて意気込みを示した。<br><br>シティは27日、ホームでユナイテッドとダービーを戦う。4位のシティと5位のユナイテッドの直接対決は、プレミアリーグの今シーズンの順位を大きく左右する戦いとなる。トゥーレはFAカップ準決勝でアーセナルに敗れた現状を含め、ダービーが負けられない一戦であると説明した。<br><br>「(FAカップから敗退し)今は失望している。ただし、木曜にそんな状況を打開できるほどの試合がある。そこで勝利することができれば、アーセナル戦の敗戦を忘れることができるだろう。だから絶対に負けるわけにいかない。もし負けた場合は&hellip;&hellip;もっと難しい状況に追い込まれるだろうね」<br><br>また、トゥーレはアーセナル戦で議論をよんだシーンについても言及している。シティのリロイ・ザネがクロスボールを放ち、最終的にセルヒオ・アグエロがゴールを決めたシーンがあった。しかし、ザネがクロスを送ったシーンでボールがタッチラインを割っていたと判定され、得点は認められなかった。トゥーレはそのジャッジに不満を露わにしている。<br><br>「(チャンピオンズリーグのラウンド16で)モナコが勝利を認められた時のように、僕らは公正さを欠いた状況で試合に敗れることが続いた。イングランドサッカー協会(FA)はコストがかかるかもしれないが、正しいジャッジのためにカメラや審判員を増やすことをぜひ検討してほしいね」<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービーは「今季最も大事な試合」…熾烈極めるCL出場権争い

マンチェスター・ユナイテッドに所属するMFアンデル・エレーラがダービーマッチについて語った。『スカイスポーツ』が報じている。<br><br>マンチェスター・Uは27日、プレミアリーグ第34節でマンチェスタ-・シティと対戦する。ユナイテッドは勝ち点63を集め、5位。勝ち点1差で4位のシティを追っている。チャンピオンズリーグの出場権を獲得するためにも大事な試合となる。エレーラはビッグマッチに際し、以下のように語った。<br><br>「今シーズンで最も重要な試合になる。僕らは彼らより勝ち点が1つ少ない。勝てばトップ4でシーズンを終えるチャンスが出てくるが、負けた場合はとても難しくなる。シーズンを決める戦いとなる」<br><br>両クラブにとってチャンピオンズリーグの出場権を確保することはシーズンが成功だったかどうかを判断する上で非常に重要な基準となる。今シーズンの対戦成績はカップ戦も含めて1勝1敗。3度目の対決で白星を手にしたチームが欧州最高峰の舞台へ大きく近づくことになるため、エレーラは「最も大事な試合」という表現を用いたわけだ。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

契約延長は白紙か…負傷のイブラにマンチェスター・Uは見切りと英紙予想

21日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝のアンデルレヒト戦でマンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチが負傷した。試合後にメディカルチェックを受けた結果、じん帯の損傷が確認された。<br><br>イブラヒモビッチは復帰に向けて意気込みを示しているが、ケガの状態は当初の診断よりも深刻で、今シーズン中の復帰は絶望的と見られている。さらには、来シーズンの序盤戦も欠場が予想されている。<br><br>イギリス紙『ミラー』は、マンチェスター・Uは即戦力となる他のFWに興味を示しており、今シーズン限りの契約となっているイブラヒモビッチとは新たに契約を結ばないのでは、と今後の展望を報じている。<br><br>イブラヒモビッチは昨夏、パリ・サンジェルマンから加入したばかり。当時34歳でのプレミアリーグ初挑戦には不安視する声もあったが、これまで幾多のビッグクラブで示してきた得点力をユナイテッドでも披露し、ここまでリーグ戦28試合17ゴールを記録。ヨーロッパリーグでも11試合で5ゴールを決め、ユナイテッド最大の得点源として実力を発揮していた。<br><br>しかし、ユナイテッドとの契約は1年限りで、ここまで延長契約を結んでいない。ここにきて長期離脱が確実となったことで、チームは35歳のイブラヒモビッチに見切りを付ける可能性が高まっている。イブラヒモビッチ本人は大ケガが判明した後に現役を退くつもりはないことを強調。しかし、来シーズンの契約については白紙のままで、『ミラー』はMLSのチームと契約を締結する可能性が高いと分析している。<br><br>果たして、マンチェスター・Uはここまでチームに貢献してくれたイブラヒモビッチと新契約を結ばず見限ってしまうのか、今後もその動向に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷離脱中のマタに5月上旬復帰の可能性…ケガ人続出のユナイテッドに朗報!?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFのフアン・マタは鼠径部の手術を行い、長期離脱中となっていた。しかし、本人がブログで回復の具合が順調で、今シーズン中に復帰できる可能性が高まっていることを明かした。<br><br>マタは自身のブログで「この負傷による離脱は僕にとって長く感じるものだ。だけど、回復具合は良好で、もうしばらくしたらチームに戻ることができるはず」と語っている。「僕は一刻も早くピッチに戻りたいと願っている。チームが僕をいつも助けてくれたように、僕もチームのためになれることを証明したいんだ」と続け、早期復帰に向けて意気込みを示した。<br><br>マンチェスター・Uはリーグ戦で上位争いを展開しているうえに、ヨーロッパリーグではベスト4進出を果たし、終盤戦に向けて過密日程を強いられることが確実となっている。その一方でヨーロッパリーグのラウンド8、アンデルレヒト戦ではズラタン・イブラヒモヴィッチ、マルコス・ロホが負傷し、今季中の復帰が絶望視されている。<br><br>マタの合流は早くて5月上旬になると見られるが、ケガ人が続出しているマンチェスター・Uにとって、マタの戦列復帰は朗報と言えそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマン狙うユナイテッド、アトレティコと金銭面で合意か

▽マンチェスター・ユナイテッドは、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)の移籍に関して、アトレティコ・マドリーと金銭面で折り合いをつけたのかもしれない。元国際サッカー連盟(FIFA)公認代理人のヴィンセント・ロドリゲス氏が証言したと、イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽アトレティコ・マドリーとの契約にバイアウト条項金として8400万ポンド(約117億8000万円)が設定されているグリーズマン。レアル・マドリーやパリ・サンジェルマンも関心を寄せているとの憶測が取り沙汰されているが、証言によれば、アトレティコ・マドリーとユナイテッドはすでに金銭面で合意に達しているという。 ▽しかしながら、『デイリー・ミラー』は、ユナイテッドがプレミアリーグでのトップ4入り、あるいはヨーロッパリーグ優勝で手にすることができる来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権の取得がグリーズマン移籍を実現させる鍵になると締めくくっている。 ▽グリーズマンは、2014年夏にソシエダからアトレティコ・マドリーに移籍。在籍3年目の今シーズンも絶対的エースとしてチームに君臨し、22日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のエスパニョール戦でリーグ通算100ゴールを達成している。 2017.04.25 10:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース