超ワールドサッカー

【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

パリ・サンジェルマンが主力温存のモナコを5発粉砕…仏杯決勝進出《クープ・ドゥ・フランス》

26日にクープ・ドゥ・フランス準決勝が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とモナコが対戦した。試合はホームのPSGが5-0と大勝している。<br><br>リーグ・アンではモナコに首位を譲るが、この日はPSGが前半から圧倒。7割近いポゼッションで試合を進め、26分に先制に成功する。アンヘル・ディ・マリアのミドルシュートをモナコGKモルガン・デ・サンクティスがファンブル。エディンソン・カバーニが詰めると、最後はユリアン・ドラクスラーが無人のゴールに押し込んだ。さらにその5分後、ディ・マリアの右足のクロスにカバーニがヒールで合わせ、今度はエースにゴールが生まれる。<br><br>前半を2点リードで終えたPSGは後半もゴールを重ねる。50分、52分に得点を挙げ、勝負を決めると、90分にマルキーニョスのゴールでさらにダメ押しした。<br><br>PSGはリーグ戦の鬱憤を晴らすようにモナコに快勝。モナコはラダメル・ファルカオ、キリアン・ムバッペ、ベルナルド・シルバらを温存して臨んだが、それで勝てるほど簡単な相手ではなかったようだ。なお、PSGは決勝でアンジェと対戦する予定。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・C、天文学的移籍金でムバッペを狙う…モナコは徹底抗戦の構え

マンチェスター・シティが、モナコの新星FWキリアン・ムバッペの獲得に向け天文学的な移籍金を準備していることが分かった。<br><br>マンチェスター・シティは、昨シーズンからムバッペの動向を注視しており、昨年8月には4000万ユーロ(約49億円)のオファーを出したものの、拒絶されたと報じられていた。今季センセーショナルな活躍を続ける18歳のストライカーに引き続き興味を持っているエティハド・スタジアムのクラブは、モナコが1億ユーロ(約110億円)以下では交渉に応じる意思がないため、1億1000万ユーロ(約120億円)以上のオファーを提示すると考えられている。<br><br>一方のモナコは、どんなに莫大な移籍金を提示されても、今夏放出する予定はなく、少なくともあと1シーズンはモナコに留めたいようだ。モナコのバディム・バシリエフ副会長は「選手を残すためできる限りのことをする」と主張しており、ムパッペのみでなくベルナルド・シルバ、トーマス・レマルの獲得を狙うビッグクラブに忠告している。<br><br>シティは今夏新たな前線選手の獲得を狙っており、モナコの若手と比較して半額以下の移籍金で獲得できるアーセナルのアレクシス・サンチェスの獲得に自信を持つ。先日のFAカップでアーセナルがマンチェスター・シティに勝利したことにより同選手の心に劇的な変化が起きない限り、シティ加入は目前とされている。<br><br>長年チームを支えたエースストライカーのセルヒオ・アグエロは来シーズンもエティハド・スタジアムでのプレーを希望するものの、パリ・サンジェルマンに電撃移籍する可能性も残されている。残留する場合も今冬加入直後に足を骨折する重傷を負ったガブリエウ・ジェズスとの熾烈のポジション争いが待ち構えている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アネルカ氏、新星ムバッペは「ロナウド、アネルカ、ドメネクのどれになるのかを選ぶことになる」

元フランス代表FWニコラ・アネルカ氏がフランス『レキップ』とのインタビューで、同胞のモナコFWキリアン・ムバッペについて言及している。<br><br>若干18歳ながら抜群の存在感を放ち、将来を嘱望されるムバッペ。アネルカ氏はこの超新星が、自身及び元ブラジル代表FWロナウド氏のようなキャリアを歩めるとの考えを述べた。<br><br>「僕がムバッペを見て思い出すのは、1996年五輪のロナウドだ。彼はそのようなレベルにある。ワールドクラスと称される選手が持つ特徴を有しているし、適切な形で成長を遂げていかなければならない。彼はロナウドかアネルカになることを選択する必要があるんだ」<br><br>「ムバッペがもし僕のようなキャリアを歩むとしたら、それは最高のストライカーの一人になることを意味する。好き嫌いはあるが、強いキャラクターを持つ選手にね。一方で怪物ロナウド、僕のフットボールにおける目標だったモデルを踏襲するとすれば、スポーツの歴史に名を刻む伝説となるだろう。僕が望むのは、そうなることだけどね」<br><br>アネルカ氏はさらに、フランス代表で確執があったレイモン・ドメネク監督も引き合いに出し、「ムバッペはドメネクのようなキャリアを歩むことだってできる。つまりは、フランスのしがないストライカーになるということだ」と皮肉交じりに語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.23 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントを撃破したモナコ指揮官「選手たちのパフォーマンスにリミットはない」

▽モナコを率いるレオナルド・ジャルディム監督が、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのドルトムント戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。 ▽敵地で行われた1stレグは、ドルトムントのチームバスが襲撃されたことを受けて、一日遅れで開催された。この試合は3-2で勝利したモナコは、ホームでの2ndレグで3分にムバッペが先制ゴールをマーク。17分にはファルカオも追加点を奪うと、その後1点を返されながら終盤にジェルマンも加点し3-1で勝利。2戦合計6-3としたモナコがベスト4進出を決めた。 ▽試合を振り返った指揮官は、選手たちのパフォーマンスを称えて次のように述べた。 「すべての選手が、最高の水準でプレーしてくれた。私は、自分の選手たちが見せたパフォーマンスに満足している。このレベルでの試合に置いて、選手たちのパフォーマンスにリミットはないんだ。我々はフランスを代表している。フランスのクラブがこの位置にいることは久しぶりのことだ」 2017.04.20 11:28 Thu
twitterfacebook
thumb

先制点でチームの勝利に貢献したムバッペ「自分たちのやるフットボールを理解し、それを遂行するだけ」

▽モナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペが、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのドルトムント戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。 ▽敵地で行われた1stレグは、ドルトムントのチームバスが襲撃されたことを受けて、一日遅れで開催された。この試合は3-2で勝利したモナコは、ホームでの2ndレグで3分にムバッペが先制ゴールをマーク。17分にはファルカオも追加点を奪うと、その後1点を返されながら終盤にジェルマンも加点し3-1で勝利。2戦合計6-3としたモナコがベスト4進出を決めた。 ▽試合を振り返ったムバッペは、自分たちの戦いに自信を示している。 「今シーズンは本当に素晴らしい戦いができているね。チームメートとの絆についても満足しているし、これからも勝利を続けたい。僕たちはプレッシングから攻撃的なフットボールをするチームで、今日もそれができた」 「確かにCLは難しい戦いが続くけれど、まずは集中力が大事だと思う。自分たちのやるフットボールを理解し、それを遂行するだけだ」 ▽今回のゴールでムバッペは今季のCLで5得点とした。これまでのゴールを振り返った同選手は次のように語っている。 「今季決めた5得点の中で、一番のお気に入りはドルトムントとの1stレグで上げた2つ目のゴールだ。個人的にも美しいゴールだったと思っているよ」 2017.04.20 11:26 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース