【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

PSGの恐ろしき資金力 230億円でムバッペ移籍合意か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)の大金投下が止まらない。スペイン『マルカ』は、PSGがモナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)獲得へ総額1億8000万ユーロ(約230億8000万円)を投じると報じた。 ▽PSGは、レアル・マドリー優位と目されてきたムバッペ獲得レースにおいて、移籍金1億6000万ユーロ+ボーナス2000万ユーロでモナコとクラブ間合意。ムバッペは、かねてよりレアル・マドリー移籍を希望していたが、給与面に惹かれた父親の勧めで自身の夢を諦め、PSG移籍を選択したという。 ▽ムバッペは、昨シーズンのモナコで公式戦44試合26得点を記録。リーグ・アン制覇の原動力になったほか、チャンピオンズリーグでのベスト4入りに大きく貢献した。なお、この報道が事実であれば、PSGは今夏の移籍市場で2選手を獲得するのに、破格の4億ユーロ(約513億1000万円)を捻出することになる。 2017.08.11 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏積極補強のミラン、ファルカオに38億円オファー…モナコの反応は?

▽今夏の積極補強が際立つミランがモナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(31)の獲得を目指しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽伝えられるところによれば、ミランはファルカオ獲得へ3000万ユーロ(約38億5000万円)のオファーを提示。だが、モナコはこれを拒み、提示額の上積みを要求しているという。 ▽稀代の点取り屋であるファルカオは、鳴かず飛ばずに終わったマンチェスター・ユナテッド、チェルシーへのレンタル移籍を経て、モナコに帰還した。 ▽復帰初年度の昨シーズンは、リーグ・アン29試合21得点とゴールを量産。モナコのリーグ・アン制覇に大きく貢献した。 2017.08.11 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

底なしの資金力!? PSGがムバッペ獲得に235億円投入へ

▽今夏の移籍市場を賑わせているパリ・サンジェルマン(PSG)の資金力は底なしなのだろうか…。スペイン『マルカ』は、PSGがモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得に向けて再び莫大な資金を投入すると報じた。 ▽PSGは今月3日、バルセロナからブラジル代表FWネイマール(25)の獲得を発表した。その移籍金は、バルセロナが設定していた契約解除金の満額となる2億2200万ユーロ(約290億円)と言われている。 ▽豊富な資金力で世界的なクラックを獲得したPSGだが、彼らの補強戦略はまだ終わりではないようだ。『マルカ』はフランス『レキップ』の情報をもとに、PSGが、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとネイマールに、ムバッペを加えた攻撃ユニットを形成したいと考えていると主張。この野望を叶えるべく、ムバッペ獲得に向けてモナコに1億8000万ユーロ(約235億3000万円)のオファーを提示する用意をしているようだ。 ▽しかし実際には、ムバッペを獲得するためにはフィナンシャルフェアプレー(FFP)の影響で難しい模様。それでもムバッペを望むPSGは、ポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク(27)、フランス代表MFブレーズ・マテュイディ(30)、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(24)、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)を売却することでFFPを掻い潜ろうと考えているようだ。 ▽なお、仮にムバッペの移籍が決定すれば、歴代2位のビッグディールとなる。PSGは今夏だけで移籍金ランキングの1位(ネイマール)と2位を独占することとなる。 2017.08.08 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ニース、モナコからU-20フランス代表FWサン=マクシマンを完全移籍で獲得!

▽ニースは7日、モナコからU-20フランス代表FWアラン・サン=マクシマン(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。なお、フランス『レキップ』は今回の移籍金を1000万ユーロ(約13億円)と推定している。 ▽サンテチェンヌの下部組織出身のサン=マクシマンは、10代前半からヨーロッパの多くのビッグクラブの関心を集めてきた天才肌のアタッカー。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーだが、ここまでは独善的なプレーや素行問題などで本格ブレイクには至らず。 ▽それでも、昨シーズンにモナコからレンタルで加入したバスティアでリーグ戦34試合に出場し3ゴール3アシストの記録したサン=マクシマンは、数字以上のインパクトを残した。また、2017 FIFA U-20ワールドカップでもU-20フランス代表の10番を背負い、2ゴールを挙げる活躍を見せていた。 2017.08.08 06:12 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、リヨン退団のアルジェリア代表MFゲザルを獲得! B・シウバの後釜を補強

▽モナコは7日、昨季限りでリヨンを退団したアルジェリア代表MFラシド・ゲザル(25)の加入を発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。 ▽下部組織時代を含めて13年を過ごしたリヨンを去り、ライバルクラブのモナコに加入したゲザルは、クラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「リヨンで過ごした数年間を経て、新たな挑戦が必要だったんだ。ここには素晴らしいシーズンを送るための全てが集まっている。新たなチームメートと会い、トレーニングをスタートすることが楽しみだよ」 ▽リヨンの下部組織出身のゲザルは2010年にトップチームへ昇格。卓越したテクニックと創造性を併せ持つレフティーは、右ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレー可能だ。昨シーズンは公式戦38試合に出場し、3ゴール7アシストを記録した。 ▽リヨンは生え抜きの攻撃的MFの慰留に努めてきたものの、再三に渡って契約延長交渉を固辞したゲザルは、プレミアリーグやセリエA勢からも関心があったなか、モナコを新天地に選んだ。 2017.08.08 01:23 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース