【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ、U-21フランス代表FWがトゥールーズに今季終了までレンタル加入

▽トゥールーズは23日、モナコからU-21フランス代表FWコランタン・ジャン(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は15に決定している。 ▽U-16フランス代表からフランスの世代別代表で常にプレーしてきたジャンは、テクニックとスピードに優れる若手アタッカー。下部組織から在籍していたトロワでプロデビューを果たした同選手は、2014-15シーズンにキャリアハイのリーグ戦10ゴールを記録し、トロワのリーグ・アン優勝に貢献。そして、2015年夏にモナコへとステップアップを果たすも、2015-16シーズンはトロワにレンタルという形で残留していた。 ▽そして、今シーズンからモナコの正式な一員となるが、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオら現在のヨーロッパ主要リーグで最多ゴール(21試合で64ゴール)を記録する強力攻撃陣の中で、公式戦5試合と出場機会に恵まれず、トゥールーズに武者修行に出ることになった。 2017.01.23 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマンと口頭合意報道のユナイテッド、移籍金98億円でベルナルド・シウバも強襲か

▽マンチェスター・ユナイテッドは今夏、モナコに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(22)の獲得に向かうことを考慮しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽報道によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督は、口頭合意が伝えられるアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに続き、新たなプレーメーカーとしてベルナルド・シウバの獲得を希望しているという。 ▽しかし、ベルナルト・シウバに関してはレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督も関心を示している模様。とはいえ、ユナイテッドは移籍金7000万ポンド(約98億5000万円)を投下する構えのようだ。 ▽さらに、ユナイテッド側はこの争奪戦において、FWアントニー・マルシャル獲得時に築いたモナコとの関係の他、モウリーニョ監督の代理人であるジョルジ・メンデス氏がベルナルト・シルバを顧客としている点に勝算を見いだしているとのことだ。 2017.01.19 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコ、アヤックスからベルギーの新星アントヌッチを獲得!

▽モナコは18日、アヤックスからU-17ベルギー代表MFフランチェスコ・アントヌッチ(17)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。 ▽イタリアにルーツを持つアントヌッチは、2015年にアンデルレヒトの下部組織からアヤックスに加入。トップチームでのプレー経験はないものの、U-17ベルギー代表で主力を担う攻撃的MFは、その卓越したテクニックと攻撃センスからベルギーの次代を担う超逸材として注目を集めている。 ▽フランス『レキップ』の伝えるところによれば、モナコは過去にバルセロナやユベントス、チェルシーと錚々たるビッグクラブの関心を集めていたアントヌッチの獲得に向けて、この年代では破格となる250万~300万ユーロ(約3億~3億6000万円)の移籍金を支払ったようだ。 ▽なお、アントヌッチは当面モナコのU-19チームでプレーする予定だ。 2017.01.19 01:59 Thu
twitterfacebook
thumb

次なる“爆買い”標的はファルカオか?中国からの巨額オファーをモナコ首脳陣が明かす

今冬、中国リーグの天津権健はベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルを獲得し、さらにはチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタにも関心を示していると報じられていたが、そのほかにも欧州でプレーする大物の獲得を目指しているようだ。<br><br>フランス『カナルプリュス』の報道によると、モナコ所属のコロンビア代表ラダメル・ファルカオに対して、天津権健が獲得のオファーを打診しているという。<br><br>ファルカオ本人は中国行きに難色を示しているというが、モナコのクラブ首脳陣は5000万ユーロ(約60億円)の契約解除金に前向きな姿勢を見せており、ヴァディム・ヴァシリーエフ副社長は「ファルカオは我々にとって理想的なリーダーであり、タイトル獲得に向けて欠かせない存在だ。しかし、それさえも断ることができないような特殊な状況もある」と語り、中国リーグからの巨額のオファーがあったことを明かしている。<br><br>今シーズン、第20節終了時点で首位に付けているモナコ。リーグ戦14試合12ゴールの活躍でチームに欠かせない存在となっている現在30歳のファルカオも、&ldquo;爆買い&rdquo;に続くのか、今後の動向から目が離せない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 12:41 Tue
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン前半戦総括&ベスト11】最優秀選手はセリ!

【前半戦総括】 ★南仏のレスターが躍動! 絶対的王者がまさかの低迷… ▽ここ数年、絶対的王者パリ・サンジェルマン(PSG)の1強支配が続くリーグ・アンだが、今シーズンは波乱を予感させる前半戦となった。 ▽シーズン折り返しとなる第19節終了時点で順位表のトップに立つのは、昨シーズンの4位フィニッシュを上回る躍進を見せたニース。ファブレ新監督のもたらした堅守に加え、近年獲得した若手の躍動、FWバロテッリなどの大物タレントの活躍が重なり、序盤から快進撃を見せた南仏のレスターは、PSGとモナコ、リヨン、マルセイユといった名門を抑え、見事に冬の王者に輝いた。 ▽そのニースに勝ち点2差を付けられたものの、PSGを抑えて2位に位置するモナコの評判もすこぶる高い。昨シーズンまでは堅守速攻のイメージが強かったモナコだが、今季は若手の成長やFWファルカオ、FWジェルマンのレンタル復帰組、ライバルから引き抜いたリーグ屈指の攻撃的両サイドバックのDFシディベ、DFメンディらの新戦力が躍動し、ヨーロッパ主要リーグ最多となる56得点を記録した。また、ヨーロッパ最強の攻撃陣ばかりに目が行くが、トリノから獲得したDFグリクがディフェンスリーダーを務める最終ラインのソリッドさは変わらず。ニースの勢いに隠れたものの、内容面を鑑みれば、最も優勝に近い好チームだ。 ▽一方、前半戦終了時点で3位に甘んじる4連覇中の絶対的王者PSGは、過去にもスタートダッシュに失敗し、2位や3位でシーズンを折り返していたこともある。だが、今季ここまでの戦いぶりを見ると、より深刻な印象だ。今夏の補強失敗に加え、エメリ新監督の細部までこだわる戦術と抱えるスカッドの相性の悪さも重なり、時に格下に圧倒される内容の試合があることも、気がかりだ。 ▽また、久々の参戦となった日本人選手2人の前半戦に関しては、DF酒井宏樹が大きな変革期を迎える名門マルセイユで、右サイドバックの絶対的レギュラーとして活躍した一方、昇格組メスに加入したGK川島永嗣は第3GKという立場を引っくり返すことができず、ここまで公式戦の出場機会はなしと、フランス北東部の都市で厳しい時期を過ごしている。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆MFジャン・ミシャエル・セリ(ニース) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161226_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ニースの大躍進に貢献した万能型MFが文句なしの前半戦MVPだ。2015年にパソス・フェレイラから加入した25歳のコートジボワール代表MFは、全試合にフル出場した昨シーズン以上のインパクトを残した。165cmの小兵MFは卓越した身体能力とスタミナを武器に、アンカー、セントラルMFでプレーし、17試合の出場でリーグトップの8アシストを記録。攻守両面で球際の強さを発揮しただけでなく、正確なキックを生かしたプレースキックの場面でも存在感を発揮した。既にフランス国内ではMFカンテやMFマテュイディ並みの万能MFとの声も挙がっている。 ★最優秀監督 ◆レオナルド・ジャルディム(モナコ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161226_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽順当に最優秀監督を選出するならば、ニースを首位に導いたファブレ新監督が妥当だ。だが、堅守速攻の印象が強いモナコを、ヨーロッパ屈指の攻撃的なチームに変貌させたジャルディム監督を最優秀監督に選出した。モナコ以前に率いたスポルティング・リスボンを始め、若手育成と組織的な守備に定評があったポルトガル人指揮官だったが、今季はそのイメージを覆す攻撃的なチームを作り上げてきた。中盤フラットの[4-4-2]を基本布陣に、卓越した左足と攻撃センスを誇るMFベルナルド・シウバ、MFルマールの両サイドハーフが中寄りのポジションを取り、積極果敢な攻撃参加を見せる両サイドバックとうまく絡んで厚みのあるサイドアタックを繰り出す。また、ダイナミズムとボール奪取能力に優れるDFファビーニョとMFバカヨコのセントラルMFがリスク管理と素早いトランジションの歯車となり、ファルカオ、ジェルマンの2トップが質の高い連係を見せる攻撃の機能美は見事の一言だ。加えて、2トップを中心に積極的なターンオーバーを行う中で18歳の新星FWムバッペ、MFボシリア、FWカリージョなどの若手の台頭も目を見張る。 【期待以上】 ★チーム ◆ニース <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161226_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季終了後にピュエル監督、エースのFWベン・アルファ、FWジェルマン、MFメンディと昨季の躍進を支えたメインキャストが旅立ったニースは、ヨーロッパリーグ(EL)との二足のわらじもあり、開幕前には我慢の1年になるとの声も多く挙がっていた。しかし、今夏の移籍市場でファブレ監督の教え子であるDFダンテ、FWバロテッリ、MFベルアンダとセンターラインに経験豊富なタレントの獲得に成功。また、彼ら以外に獲得したDFダウベール・エンリケ、MFシプリアンといった無名のタレントがリーグを席巻するインパクトを残すなど、120点満点の補強を見せた。加えて、リーグ・アン初挑戦の智将は攻守にバランスの取れた[3-5-2]の布陣を採用し、アカデミー育ちの17歳DFサール、FWプレアの既存戦力を一人前の戦力に育て上げるなど、優れた手腕を発揮した。そして、南仏の古豪は昨季プレミアで奇跡の初優勝を遂げたレスター・シティを彷彿とさせる快進撃を見せている。 ★選手 ◆DFリカルド・ペレイラ(ニース) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161226_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ポルトガル代表歴があり、ポルトからのレンタル移籍であるため、確かな血統書を持つ選手と言えるだろう。しかし、ニースで2年目を送る23歳のラテラルの躍動ぶりは、今季リーグ・アンのサプライズの1つだ。圧倒的なスピードに加え、ウイングばりの攻撃性能を備えるリカルド・ペレイラは、右サイドのウイングバックで特大の輝きを放っている。リーグ戦15試合で1ゴール3アシストと数字上のインパクトは今一つだが、カウンターの局面で見せる豪快な攻め上がりや一対一で相手DFを抜き去る個人技は痛快。また、ポジショニングなどの繊細さには欠けるものの、攻撃面と同様に守備面でも積極性が光り、一対一の勝率が非常に高い。昨季、ロリアンからドルトムントに旅立った同胞DFラファエウ・ゲレイロと同様に、来夏ビッグクラブへステップアップする可能性が高い。 【期待外れ】 ★チーム ◆パリ・サンジェルマン <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161226_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季のリーグ・アンはニースの躍進は別として、各クラブが地力通りの戦いぶりを見せている印象だ。それだけに、圧倒的な戦力と資金力を持つ絶対的王者のもたつきが非常に目立つ。連覇に貢献してきたブラン監督を解任し、セビージャでEL3連覇に導いたエメリ監督を招へいし、更なる成功を目指すPSGだが、蓋を開けてみれば、結果内容ともに王者には似つかわしくない前半戦を過ごした。その低迷の原因は、今夏の補強の失敗だ。レジェンドFWイブラヒモビッチの退団で大物獲得が期待されたものの、今夏の獲得選手はDFムニエやMFクリホヴィアク、FWベン・アルファ、FWヘセ・ロドリゲスといった好タレントのみ。また、主力として活躍した選手は1人もおらず、ベン・アルファと今冬の放出濃厚のヘセに関しては、セルフィッシュな振る舞いで同僚や指揮官の不興を買った。また、個の能力を全面に押し出した前指揮官とは異なり、相手を徹底的に分析して緻密なタスクを与えるカウンタースタイルを志向するエメリ監督の戦術は甘やかされた現スカッドに受け入れられず、当初メインシステムと位置付けられた[4-2-3-1]の布陣もほとんど機能せず、現在は原点回帰の[4-3-3]での戦いが続く。 ★選手 ◆MFグルゼゴルツ・クリホヴィアク(パリ・サンジェルマン) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161226_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽指揮官たっての希望でセビージャから巨額の移籍金で引き抜かれるも、ここまでは控えという立場に甘んじている。過去にボルドーやスタッド・ランスでプレーした経験があり、エメリ監督の戦術を最も理解する存在として、新生PSGの中心を担うことが期待されたものの、自身初のビッグクラブでのプレーに気圧されたのか、中盤で圧倒的な存在感を放ったセビージャ時代のパフォーマンスは見る影もない。後半戦の巻き返しに向けてはマイボール時の判断、精度の向上と共に、リーダーを務めたセビージャ時代のような決然とした振る舞いをスター揃いのチームメートに対しても見せていきたい。 【前半戦ベストイレブン】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170107_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK ステファーヌ・リュフィエ(サンテチェンヌ) DF リカルド・ペレイラ(ニース) チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン) カミール・グリク(モナコ) ジブリル・シディベ(モナコ) MF ファビーニョ(モナコ) ウィラン・シプリアン(ニース) ジャン・ミシャエル・セリ(ニース) FW アラサン・プレア(ニース) エディソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) トマ・ルマール(モナコ) 【後半戦展望】 ★本命はモナコ! ニースとPSGが追撃へ ▽前半戦と同様に後半戦もニース、モナコ、PSGの3チームによる三つ巴の争いがシーズン終盤戦まで繰り広げられる可能性が高い。その中で最も優勝に近いのが、攻守両面で安定感が際立つ2位のモナコだ。指揮官の積極的なターンオーバーが功を奏して選手個々の消耗は少なく、加えて若手選手の成長は著しく、3チームの中で最も伸びしろを感じる。 ▽その三つ巴の争いに大きな影響を与えそうなのが、1月から2月初旬にかけて行われるアフリカ・ネイションズカップと、2月中旬から再開されるCL決勝トーナメント。前者に関してはニースの絶対的主力のセリがコートジボワール代表に選出されるほか、PSGもオーリエが離脱となる。また、リーグ・アンはアフリカの各国代表選手を抱えているチームが多いだけに、対戦相手の戦力減という部分でも影響がうかがえる。 ▽CL決勝トーナメントに関しては、モナコとPSGがラウンド16進出を決めている。首位通過のモナコがマンチェスター・シティ、2位通過のPSGがバルセロナと厳しい相手との組み合わせとなったが、この難関を勝ち抜けた場合、リーグ戦への影響も出てくる。一方、ELグループステージで敗退となったニースは、リーグ戦一本で戦えるアドバンテージがある。 ▽ヨーロッパの出場権や残留争いに関しては、例年通り終盤戦までもつれ込む拮抗した展開が予想される。現在、6位ながら新オーナーへ移行したマルセイユは、今冬の積極補強も噂されるだけに、後半戦の注目チームの1つだ。 2017.01.07 23:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース