超ワールドサッカー

【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、マティッチ獲得後もファビーニョ引き抜きへ

▽イギリス『インデペンデント』は27日、マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)を獲得した場合も、モナコに所属するブラジル代表DFファビーニョ(23)の引き入れを目指すと報じた。 ▽今夏、新たに中盤の守備的MFの補強が見込まるユナイテッド。現在、マティッチの獲得が決定的との見方が強まっているところだ。しかし、伝えられるところによれば、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッドは、さらなる中盤のグレードアップを図るため、マティッチに続く補強を目指しているようだ。 ▽そこで名前が挙がっているのが、モナコのリーグ・アン優勝とチャンピオンズリーグ4強入りに貢献したファビーニョ。中盤の守備的なポジションだけでなく右サイドバックの改善を求めるモウリーニョ監督は、両ポジションを高いレベルでこなせるファビーニョの獲得を価値のある補強と考えているという。 2017.06.28 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、モナコからFWジェルマンを獲得! 「ここでプレーすることなくキャリアを終えたならば、きっと後悔した」

▽マルセイユは27日、モナコからフランス人FWヴァレール・ジェルマン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年となる。 ▽かつて父親もプレーしたマルセイユへの加入が決定したジェルマンは、お披露目会見の場で新天地での意気込みを語った。 「今シーズン、マルセイユは正しい歩みを見せたと思うよ。そして、再びこのリーグにおいて最も重要なクラブの1つになった。マルセイユからの関心を聞いたとき、何の躊躇もなかったよ。このクラブはフランス国内で最も人気があり、ここを新天地に選ぶことは簡単な選択だった」 「仮に、ここでプレーすることなくキャリアを終えたならば、きっと後悔することになったと思う。僕はいま子供の頃の夢を実現したんだ」 「父について話すとき、プレッシャーを感じてはいない。父は素晴らしいプレーヤーだったし、僕は同じことを実現したいと思っている。それに父のベロドロームでの最後の試合をよく覚えているよ。あのとき僕は花束を父に渡したんだ。もちろん、この移籍に家族は喜んでくれていると思うけど、今回の決定はあくまで僕自身の決定だ」 「マルセイユでは自分の人間的な資質で貢献したいと思う。数字的な目標としてはニース時代の14ゴールを超えることだね。ただ、チームとして良いシーズンを過ごして、ファンに夢やピッチでのパフォーマンスで喜びを与えたい。そのために全力を尽くすつもりだ」 ▽ジェルマンはモナコの下部組織出身で、2011年7月に昇格。2015年7月からニースへ1年間のレンタル移籍を経験するも、その後はモナコでプレー。今シーズンはリーグ・アンで36試合に出場し10ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグでも12試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽なお、ジェルマンの父親である元フランス代表MFブルーノ・ジェルマン氏は、1988年から1991年、1994年から1995年の2度に渡ってマルセイユに在籍。1990-91シーズンには、かつて名古屋グランパスで活躍した元ユーゴスラビア代表MFドラガン・ストイコビッチ氏ともチームメートだった。 2017.06.27 02:48 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーのバカヨコ獲得が間近に 『BBC』報道

▽チェルシーがモナコのフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)の獲得に迫っている。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2014年にレンヌからモナコ入りしたバカヨコは、恵まれた体格を生かした守備に特長がある守備的MF。2016-17シーズンにモナコのリーグ・アン制覇とチャンピオンズリーグ4強入りに大きく貢献しており、今年3月にはフランス代表デビューも果たした。 ▽『BBC』によれば、バカヨコ獲得をチェルシーのアントニオ・コンテ監督が望んでおり、すでに移籍交渉が行われたとのこと。今週中にも移籍が完了するとみられている。 ▽なお、『BBC』は移籍金に言及していないものの、イギリス『デイリー・メール』は先日、4000万ユーロ(約50億円)程度での決着を主張していた。 2017.06.26 20:07 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがムバッペ獲得レースに参戦?

▽リバプールがモナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得レースに参戦するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今夏の移籍市場を賑わせているムバッペは現在、レアル・マドリーやアーセナル、パリ・サンジェルマン(PSG)といった複数のビッククラブから関心を寄せられている。 ▽今回の報道によると、リバプールは現在、ムバッペの動向を注視しており、熾烈な争奪戦に加わろうとしているとのこと。しかし、リバプールは多大な資金力を誇る他クラブとの競争に勝てる自信がない模様だ。 ▽現在、獲得レースで一歩リードしているとみられるマドリーは、史上最高額を超えるオファーの提示や同クラブの指揮官を務めるジネディーヌ・ジダン監督がムバッペ本人に電話で説得を試みるなど熱心に獲得へ動いていると伝えられている。また、資金力を有するPSGが1億1900万ポンド(約169億円)の巨額オファーを投じる準備をしているとの報道もイギリスメディアによって伝えられた。 ▽一方で、ムバッペを残留させたいモナコは、同選手の週給を1万6000ポンド(約227万円)から14万ポンド(約1988万円)まで引き上げたオファーを提示。しかし、900パーセントの給与の引き上げにも、ムバッペはこれを断ったとの報道がフランスメディアによって報じられている。 2017.06.26 19:27 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユがモナコFWジェルマンの獲得でクラブ間合意! 今季はリーグ・アンで10ゴール

▽マルセイユは24日、モナコの元U-21フランス代表FWヴァレール・ジェルマン(27)を完全移籍で獲得することで合意したことを発表した。メディカルチェックを通過後に正式契約を結ぶ。契約期間は4年間となる。 ▽ジェルマンはモナコの下部組織出身で、2011年7月に昇格。2015年7月からニースへ1年間のレンタル移籍を経験するも、その後はモナコでプレー。今シーズンはリーグ・アンで36試合に出場し10ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグでも12試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽ジェルマンの父親であるブルーノ氏は、現役時代にマルセイユでプレー経験がある。 2017.06.25 10:04 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース