【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、W杯開幕までにシディベ獲得へ?

▽マンチェスター・ユナイテッドがモナコに所属するフランス代表DFジブリル・シディベ(25)の獲得に向かっているようだ。フランス『Le 10 Sport』が伝えている。 ▽今夏、新たなサイドバックの獲得を目論むユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督。自身が求める理想的な選手として、昨シーズンのリーグ・アン優勝メンバーであり、今シーズンも守備面だけでなく、攻撃面でも存在感を高めたシディベを注視しているという。 ▽ユナイテッドはロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前の合意を目指して、モナコとの交渉をスタートさせたい意向。だが、モナコ側は昨夏のDFバンジャマン・メンディ売却時にマンチェスター・シティから手にした5700万ユーロ以上(約74億3000万円)を要求している模様だ。 ▽ロシアW杯を戦うフランス代表メンバー入りを果たしたシディベは、2016年からモナコでプレー。今シーズンは公式戦34試合3ゴール8アシストを記録している。 2018.05.19 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、ファルカオを注視か

▽ミランが今夏、モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(32)の獲得に関心を示しているようだ。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、新たな点取り屋としてポルトガル代表FWアンドレ・シウバが機能しなかったミランは、フランスで復活のアピールが続くファルカオに興味。既にジョルジ・メンデス代理人と、ミランでスポーツ・ディレクターを務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏や最高経営責任者を務めるマルコ・ファッソーネ氏は接触しており、選手自身もサン・シーロ行きに前向きだという。 ▽だが、ファルカオのミラン行きを実現させるためには、条件がある模様。それはミランがヨーロッパリーグ出場権を確保すること。それができなければ、ファルカオの加入も夢物語になる可能性があるとのことだ。 ▽ファルカオは、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーで不振のシーズンを過ごした後、2016年夏にモナコ復帰すると、今シーズンもエースストライカーとして公式戦35試合24ゴール4アシストを記録。モナコとの契約は2020年までで、年俸として700万ユーロ(約9億1000万円)を受け取っているとみられる。 2018.05.13 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨンが土壇場被弾で3位後退…劇的PK弾で競り勝ったモナコが2位浮上《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第37節、ストラスブールvsリヨンが12日に行われ、ホームのストラスブールが3-2で勝利した。 ▽残り2試合となったリーグ・アンで3位モナコ(勝ち点74)と4位マルセイユ(勝ち点73)と、三つ巴のトップ3争いを繰り広げる2位リヨン(勝ち点75)。前日の試合でマルセイユがドローに終わったことで今節の勝利によって3位以内が確定するリヨンは残留を争う17位ストラスブールのホームに乗り込んだ。 ▽試合は立ち上がりからリヨンが押し込む展開が続くが、デパイやトラオレら前線のアタッカーがアタッキングサードでのプレー精度を欠き、先制点を奪えない。すると22分、自陣ボックス付近でトラップミスを犯したディアカビがバオケンにボールをかっさらわれてGKとの一対一に持ち込まれ、先制点を許した。 ▽結局、1点のリードを得て引いたホームチームを崩せずに前半を終えたリヨンだが、後半立ち上がりに追いつく。50分、ボックス内で仕掛けたフェキルが相手DFに倒されてPK獲得。これをフェキル自ら冷静に決め切った。 ▽早い時間帯の同点ゴールで息を吹き返したリヨンは攻勢を仕掛け続けると、73分にはデパイとのパス交換で中央をこじ開けたアワールのミドルシュートで逆転に成功した。 ▽これで勝利に大きく近づいたリヨンは選手交代を行いながら試合を締めに掛かる。だが、残留に向けて勝ち点3がほしいホームチームの反撃に晒されると、89分に右サイドからのクロスをダ・コスタに頭で決められて土壇場で追いつかれる。さらに、後半アディショナルタイム4分にはボックス手前左で与えたFKをキッカーのライナールに見事な左足のシュートでゴール右上隅に突き刺され、まさかの逆転ゴールまで献上。格下相手に痛恨の敗戦を喫したリヨンはCLストレートインの2位から陥落すると共に、最終節の結果次第でCL出場権を逃がす可能性も出てきた。 ▽また、同日行われたモナコvsサンテンチェンヌは、ホームのモナコが1-0で勝利した。 ▽それぞれ、CLとEL出場権獲得を目指す上位対決は立ち上がりから拮抗した展開に。互いになかなか決定機を作れぬまま試合は終盤へと突入する。だが、ゴールレスドロー目前の後半アディショナルタイムにモナコがPKを獲得すると、これをキッカーのファビーニョが冷静に決め、土壇場で1-0の劇的勝利を掴んだ。この結果、マルセイユとリヨンの躓きを生かしたモナコが2位で最終節を迎えることになった。 2018.05.13 06:13 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、アンドレ・シウバに関心モナコとコロンビア代表FWのトレードを画策… キーマンは両選手の代理人と務めるメンデス氏!

▽ミランは、同クラブのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(22)と、モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(32)とのトレードを画策しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 ▽昨夏、ポルトから3800万ユーロ(約50億円)でミランに加入したアンドレ・シウバだが、ここまでのリーグ戦23試合でわずかに2ゴールと戦術的且つ守備の組織力に長けたセリエAで苦戦が続いている。 ▽この状況に満足のしていないミランは、A・シウバの獲得に興味を示しているモナコとコロンビア代表エースFWのトレードを画策。『トゥットスポルト』によれば、A・シウバとファルカオの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏の力を借り、今回のトレードを成功させる計画だという。 ▽2016年にモナコに復帰したファルカオは、復帰初年度からエースとしてゴールを積み重ねると、今シーズンもここまでリーグ・アン25試合で18ゴールを記録している。 2018.05.09 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルバトフ「マルシャルに足りないのは自信だけ」

▽元ブルガリア代表FWのディミタール・ベルバトフ氏がモナコ時代の同僚であり、古巣マンチェスター・ユナイテッドでプレーするフランス代表FWアントニー・マルシャルに言及した。 ▽かつてユナイテッドでストライカーとして活躍したベルバトフ氏と、マルシャルは、2シーズンにわたってモナコで共演。そのマルシャルは、2015年夏にユナイテッド行きを果たした。 ▽『EPSN』のインタビューに応じたベルバトフ氏は、その中でユナイテッド退団報道が取り巻くマルシャルについて言及。今足りないものとして「自信」を挙げ、次のようにモナコ時代のひと幕を明かしたという。 「マルシャルは特別な選手。それに、発展段階にある。彼がどれくらい速くて、どれくらい強いのか、見ているだけでわかるよ。足りないのは自信だけ」 「私は、守備練習が好きだった。守備陣の気持ちを理解することもできるからね。彼はたまに尻込みすることがあった。私にボールを奪われることを恐れたんじゃないかな。そこに、自信はなかったね」 「だから、彼にこう言った。『アント、君はとても速く、君なら私を簡単に抜ける。どんな選手を相手にしても恐れちゃダメだ。君にはスピードがある。君は一流の選手だ』ってね」 2018.05.05 17:15 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース