【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

評価急上昇中のムバッペ、歴代ベストイレブンを選ぶ...レアル・マドリーから5名選出

モナコFWキリアン・ムバッペが、歴代ベストイレブンを選出している。<br><br>今季モナコにすい星のごとく現れたムバッペ。チャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・シティ戦で得点を記録し、フランス人として史上2位のCL最年少得点得点記録を更新した。現在、欧州中からの注目を集める選手だ。<br><br>そのムバッペが、『フット・メルカト』で歴代選手の中からベストイレブンを選出している。レアル・マドリーから、フランス代表としても活躍したジネディーヌ・ジダン監督を含め、実に5名が選ばれた。<br><br>ムバッペが選出したメンバーは以下のとおり。システムは4-3-3だ。<br><br>GK:ブッフォン<br />DF:カフー、セルヒオ・ラモス、マルディーニ、ロベルト・カルロス<br />MF:ジダン、ロナウジーニョ、メッシ<br />FW:クリスティアーノ・ロナウド、ネイマール、ロナウド<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 22:09 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコMFバカヨコはチェルシー移籍希望か? ユナイテッド移籍拒否との報道も

▽モナコに所属するフランス代表MFティエム・バカヨコ(22)は、チェルシー移籍を希望しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽屈強な守備的MFとして以前から高い評価を得ていたバカヨコは、先日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・シティ戦でチームをベスト8進出に導くゴールを記録するなど、2試合を通じて圧巻のパフォーマンスを披露。この活躍を受けて、プレミアリーグのビッグクラブを中心に強い関心を集めている。 ▽バカヨコに関しては、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドが、以前からラブコールを送っていると言われてきた。しかし、同選手が希望する移籍先は、そのユナイテッドのライバルチーム、チェルシーのようだ。 ▽『ミラー』の伝えるところによれば、今夏チェルシーはセンターフォワード、センターバック、右サイドバックのポジションと共にセントラルMFの補強を最優先に考えており、やや守備寄りもボックス・トゥー・ボックスタイプのバカヨコは打ってつけの人材だ。また、チェルシー移籍に向けて好感触を得ている同選手は、ユナイテッドからのオファーを固辞している模様だ。 2017.03.21 06:22 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、11人の移籍金総額はデ・ブライネの移籍金にも満たず...資金力に優るマンチェスター・Cを撃破

チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・シティを撃破したモナコだが、それは資金力で圧倒的に劣るクラブの成し遂げた快挙だった。<br><br>モナコは15日に行われたCL決勝トーナメント1回戦セカンドレグでホームにマンチェスター・シティを迎えた。この一戦を1-3で終え、2試合合計スコアを6-6としてアウェーゴール差で上回りシティを敗退に追い込んでいる。<br><br>2チームの資金力には雲泥の差がある。モナコのスタメンの移籍金総額は、7200万ユーロ(約86億円)。これはシティMFケビン・デ・ブライネの移籍金7400万ユーロ(約88億円)にも満たないものだ。<br><br>なお、シティのスタメンの移籍金総額は3億9200万ユーロ(約470億円)。両チームの差は3億2000万ユーロ(約380億円)だ。<br><br>若く、上手く、魅力的な選手を揃える。モナコの指針は、まさにそれだ。モナコのシティ戦での先発メンバーの平均年齢は24歳だった。18歳FWキリアン・ムバッペを筆頭に、モナコはCLでセンセーションを巻き起こしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.16 20:27 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコのバカヨコ「重要なゴールだった」CL8強進出を喜ぶ…同僚も「バカヨコに感謝」

チャンピオンズリーグのラウンド16、モナコvsマンチェスター・シティは2戦合計6-6となり、アウェーゴールでモナコが準々決勝へ駒を進めることになった。試合後、『ビーインスポーツ』に対してベルナルド・シウヴァが8強進出の喜びを語っている。<br><br>「敵地マンチェスターで3ゴールを決めた時のように、ホームでも3ゴールを決めることができた。前半はうまく試合を運べたともう。マンチェスター・Cは素晴らしいチームで、後半に巻き返しを許してしまった。でも、結局は3点目を奪ってベスト8に進出することができてよかったよ。決勝点を決めてくれた(ティエムエ)バカヨコに感謝している」<br><br>また、3-1の3点目となるゴールを決めたバカヨコはフランスメディア『カナル・プリュス』に対し、「とても厳しい展開になったが、重要なゴールを決めることができた。マンチェスターで選手だけでなく、力になってくれた12人目の選手たち、すなわちクラブ関係者やファンもみんなにも感謝したい」と述べている。<br><br>同ラウンド16では、パリ・サンジェルマンがバルセロナに敗れたため、フランス勢で唯一CLベスト8進出を決めたモナコ。果たして準々決勝でも結果を残せるのか、引き続き真価が問われることとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.03.16 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、モナコvsマンチェスター・シティが15日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、モナコが3-1で勝利した。この結果、2戦合計6-6で並ぶもアウェイゴール数で上回ったモナコがベスト8進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽モナコ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170316_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 スバシッチ 6.5 失点はノーチャンス。1stレグのミスを帳消しにする圧巻の好守を連発 DF 19 シディベ 6.0 逆サイドとのバランスを考え、リスク管理中心のプレー。終盤はザネに苦戦も何とか耐えた 5 ジェメルソン 6.5 持ち味の機動力と球際の強さを生かしてアグエロを封殺 24 ラッジ 6.5 交代間際はバタバタしたが、堅実なカバーリングで浮いた相手の選手に対応 (→A・トゥーレ 5.5) 難しい時間帯の投入だったが、落ち着いたプレーを見せた 23 メンディ 7.0 1アシストを記録するなど、勝負度胸満点の仕掛けで躍動 MF 10 ベルナルド・シウバ 6.5 絶妙なクロスで先制点をアシスト。献身的な守備に加え、繋ぎの精度も高かった 2 ファビーニョ 7.0 見事なフィニッシュでチーム2点目を奪取。読みと強さを生かした守備で奮闘 14 バカヨコ 7.0 中盤のフィルター役として好パフォーマンスを披露。そして、最後に値千金のゴールを決めた 27 ルマール 7.0 中盤で絶妙なタメを作り、メンディの攻め上がりを促す。決勝点をアシストするなど、プレースキックの精度も高かった FW 18 ジェルマン 6.0 ファルカオに代わるゲームキャプテンとして、チームの攻守にスイッチを入れる重要な役割を果たした (→ディラール -) 29 ムバッペ 6.5 冷静なフィニッシュで先制点を奪取。果敢な仕掛けで常に相手の脅威となった (→モウティーニョ -) 監督 ジャルディム 7.0 運動量の落ちた後半は1stレグと同じ結末も予想されたが、見事な粘りで逃げ切り逆転でベスト8進出 ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170316_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 カバジェロ 5.0 立ち上がりにビッグセーブを見せたが、悔しい3失点… DF 3 サーニャ 5.0 自身のサイドから2失点…。メンディの攻め上がりに苦戦 24 ストーンズ 5.0 周囲との連係面がうまくいかず、度々つり出される場面が散見 11 コラロフ 5.5 繫ぎの部分で奮闘も、守備では後手の対応を強いられた 22 クリシ 5.0 押し込まれてなかなか攻撃に絡めず (→イヘアナチョ -) MF 7 スターリング 5.5 スペースを突く動きでゴールをお膳立てしたが、肝心の試合終盤にプレー精度を欠いた 17 デ・ブライネ 5.0 前向きにボールを持つことができず、屈強な相手の中盤に潰され続ける 25 フェルナンジーニョ 5.5 パスコースを切られて孤立させられた中、無難に捌いた。守備の局面では飛び出してくる相手をケアし切れず 21 シルバ 5.0 後半は盛り返してチャンスに絡んだが、相手に捕まえられる場面が多く、フィジカル勝負で完敗… 19 L・ザネ 6.0 前半は完全に消されたが、意地の1ゴールを含め後半は攻め手になった FW 10 アグエロ 5.5 チームの攻撃が限定されたことで、常に複数のDFを相手にする難しいプレーが続いた。その中でも見せ場は作った 監督 グアルディオラ 5.0 攻撃的なメンバー構成で臨んだが、フィジカル勝負で屈した前半の出来が痛恨。また、試合終盤にチームを鼓舞し切れず、淡々とした敗戦に… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ファビーニョ(モナコ) ▽値千金の決勝点を奪った相棒バカヨコやメンディの活躍も見事だったが、1ゴールに加えて試合を通して攻守に存在感を放ったファビーニョをMOMに選出。 モナコ 3-1(AGG:6-6) マンチェスター・シティ 【モナコ】 ムバッペ(前8) ファビーニョ(前29) バカヨコ(後32) 【マンチェスター・シティ】 L・ザネ(後26) 2017.03.16 06:52 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース