【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン本田圭佑に先発のチャンス…疲労懸念されるスソに代わり伊杯ユーベ戦に出場か

25日に行われるコッパ・イタリア準々決勝ユベントスvsミランで、ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑が先発出場する可能性が高まった。イタリアメディア『スカイ』が報じている。<br><br>ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いる若手主体のミランでは、右ウィングのポジションにおいて23歳のFWスソが重用されている。しかし23日に行われた練習で、疲労が懸念されたスソは、チームメートよりも早めに練習を打ち切った。<br><br>このためユベントス戦では、スソの代役として本田が先発する可能性が高いと報じられている。今冬の移籍市場でエヴァートンから加入したばかりのFWジェラール・デウロフェウも同ポジションを争うことになるが、次戦では途中出場になると見られている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.24 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

D・アウベスを巡る争奪戦が中国の3クラブ間で勃発か

▽ユベントスに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベス(33)に中国スーパーリーグの数クラブから関心を寄せられているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽昨夏にバルセロナから2年契約でユベントスに加入したD・アウベスは、今シーズンのここまでセリエAで8試合に出場。昨年11月27日の試合で左足の腓骨骨折を負ったものの、22日に行われた第21節のラツィオ戦でベンチ入りし、戦列に復帰している。 ▽報道によれば、上海上港、河北華夏、天津権健の3クラブがD・アウベス獲得に名乗りを上げているとのこと。そのうち、チェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得したことで話題を振りまいた上海上港は、年俸1000万ユーロ(約12億1000万円)を用意しているという。 2017.01.24 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ピャニッチが古巣ローマのライバル、ラツィオのユニを踏みつけSNSで話題に

ユベントスのMFミラレム・ピャニッチが対戦相手ラツィオのユニフォームを踏みつけた写真をSNSで投稿し、ラツィオサポーターから非難の声が上がっている。<br><br>ピャニッチは22日、前日に行われたセリエA第21 節ユベントス対ラツィオ戦(2-0)終了後のロッカールームの様子を写した写真をインスタグラムに投稿した。<br><br>チームメートのFWゴンサロ・イグアイン、DFレオナルド・ボヌッチ、FWパウロ・ディバラらと笑顔で写真に納まるピャニッチだが、足元に転がるラツィオのユニフォームをさりげなく、サンダルを履いた足で踏みつけている。<br><br>これを見たラツィオサポーターからは、「何も変わってないな。ローマスタイルが体に染みついたままだ」などと、憤りの声が上がった。<br><br>ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のピャニッチは昨夏、ラツィオとライバル関係にあるローマから加入した。ユベントスの主力メンバーとして活躍する現在も、ラツィオへの敵対心を隠せないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.23 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、コラシナク獲得失敗ならR・ロドリゲス争奪戦に参戦?…インテル&アーセナル関心の左サイドバック

▽ユベントスは、ヴォルフスブルクに所属するスイス代表DFリカルド・ロドリゲス(24)の争奪戦に加わる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽報道によれば、新たな左サイドバックの確保に動くユベントスは、シャルケに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナクの獲得失敗に備えて、R・ロドリゲスをリストアップ。インテルやアーセナルも関心を示す中、今夏のオファーを考慮しているという。 ▽2012年1月からヴォルフスブルクでプレーするR・ロドリゲスは、現在の市場における左サイドバックの人気銘柄。今シーズンのブンデスリーガでは、ここまで16試合2ゴール2アシストを記録している。 2017.01.23 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 2-0 ラツィオ《セリエA》

▽セリエA第21節ユベントスvsラツィオが22日に行われ、2-0でユベントスが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170122_37_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 難しい枠内シュートはなかった DF 26 リヒトシュタイナー 6.0 とりわけ前半は質の高い攻撃参加を見せた (→バルザーリ 5.5) 右サイドバックに入ってそつなこなす 19 ボヌッチ 5.5 前半に一度軽率なミスを犯すもその後は安定 3 キエッリーニ 6.0 要所を締めた守備を続けた 22 アサモア 6.0 アレックス・サンドロの出場停止を受けて出場。とりわけ守備面で集中していた MF 7 クアドラード 6.0 イグアインのゴールをアシスト。果敢に仕掛けて対面の選手に圧力をかける 5 ピャニッチ 6.0 テンポ良くボールを動かした 21 ディバラ 6.5 61分の決定機は決めたかったが、華麗なボレーで先制弾 (→リンコン -) 6 ケディラ 5.5 無難なパス出しに徹する 17 マンジュキッチ 6.5 先制点をアシスト。不慣れな左サイドでのプレーも持ち前の献身性でそつなくこなした FW 9 イグアイン 6.5 決定機を確実に生かして追加点を奪取。守備意識も高かった (→ピアツァ -) 監督 アッレグリ 6.5 攻撃的な布陣を採用し、圧倒的な勝率を誇るホームで見事勝利を取り戻した ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170122_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 マルケッティ 5.5 2失点も鋭い飛び出しを見せていた DF 4 パトリック 5.0 2失点に関与。マンジュキッチの高さに苦戦 3 デ・フライ 5.0 イグアインに付ききれず 13 ワラセ 5.0 緩慢な対応が目立った。デ・フライとの連係がイマイチ 26 ラドゥ 5.0 クアドラードに対応できず (→J・ルカク 5.5) ソリッドにプレー MF 16 パローロ 5.0 攻守に凡庸 20 ビリア 5.0 後半にミドルシュートを狙ったが、試合を組み立てられず (→ジョルジェビッチ 5.0) 右サイドでプレーも効果的ではなかった 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 2戦連続ゴール中の好調さを発揮しきれず FW 25 ロンバルディ 5.0 守備に追われた (→ムルジャ 5.5) 中盤アンカーでプレー。ボールを無難に捌く 17 インモービレ 5.5 スピードを生かして何度かスペースでボールを受ける 10 フェリペ・アンデルソン 5.0 攻撃面で違いを生み出せず 監督 S・インザーギ 5.0 ミッドウィークにコッパ・イタリアを戦った影響か、低調だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディバラ(ユベントス) ▽左サイドハーフとして献身的な守備を見せたマンジュキッチも素晴らしい働きを見せたが、トップ下の位置で攻撃を牽引したディバラを選出。先制点はシュート技術の高さを証明するゴールだった。 ユベントス 2-0 ラツィオ 【ユベントス】 ディバラ(前5) イグアイン(前17) 2017.01.22 22:26 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース