【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

会心勝利のインシーニェがユーベに痛烈な一言 「ユーベはいつもファイナルで負ける」

▽ナポリは22日に敵地アリアンツ・スタジアムで行われたセリエA第34節、ユベントスとの天王山に1-0で勝利した。同クラブに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは会心の勝利に興奮冷めやらぬミックスゾーンで敗者に痛烈な一言をかました。 ▽勝ち点4差で迎えたセリエA天王山では、アウェイのナポリがDFカリドゥ・クリバリの90分の劇的ゴールによって1-0の勝利を収めた。この結果、残り4試合で両者の勝ち点差は1ポイントに縮まった。 ▽同試合後、ミックスゾーンに現れたインシーニェは敗れたユベントスに対して痛烈な一言をかました。イタリア『Fantagazzetta』が伝えている。 「彼らは今回の一戦をチャンピオンズリーグのファイナルのような形で戦わなければならなかった。そして、彼らはいつものように敗れた」 「そして、これから彼らは常に僕たちの存在を気にしながら戦うことになるだろうね。とにかく、今日の勝利を喜びたいよ」 ▽なお、ユベントスは直近のチャンピオンズリーグ決勝4試合をすべて敗れており、インシーニェはその“勝負弱さ”を揶揄した格好だ。 2018.04.23 18:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリと1差も…3連覇中のアッレグリはスクデットに自信「依然、トップにいるのは我々」

直接対決でナポリに敗れて勝ち点差を1ポイントまで縮められたユベントス。しかし、現在セリエA3連覇中のマッシミリアーノ・アッレグリ監督は冷静さを保っている。<br><br>22日に行われたセリエAの第34節、首位のユベントスは2位のナポリをホームで迎え撃った。両チームの勝ち点差が「4」、この試合を含めた残り試合数が「5」という状況で行われた一戦は、スクデットの行方を大きく左右する重要なものとなった。<br><br>両チームが激しく火花を散らした天王山は、90分にDFカリドゥ・クリバリが決めたゴールがそのまま決勝点となり、0-1でナポリが勝利。ユベントスとナポリの差は「1」まで縮まった。<br><br>しかし、試合後にインタビューに応じたアッレグリは、ホームで痛恨の敗戦を喫したにも関わらず冷静な姿勢を崩さない。2014年に就任してからセリエAを3連覇しているイタリア人指揮官は、枠内シュートの少なさと失点の場面で集中力を切らした守備については改善点を認めるも、タイトルレースをリードしているのはユベントスであることを主張している。<br><br>「我々にとっていくつかの困難が生じた試合だった。最後のセットプレーの場面はもっと慎重になるべきだったね。しかし、これはもう終わった試合だ。我々は速やかに切り替えて来週にあるインテルとの試合に向けて準備をしなければならない」<br><br>「現在、順位表のトップにいるのはユベントスだ。残りの4試合はホームとアウェイが2試合ずつある。今後どうなるか見てみようか」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.23 16:34 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA特集】ユーベとナポリのスクデット争いが激化! 残り4試合の対戦相手ではナポリ優位か

▽ユベントスとナポリのスクデット争いが熾烈を極めている。 ▽前人未踏のセリエA7連覇を目指すユベントスと、28年ぶりのスクデット制覇を目指すナポリの2チーム。勝ち点4差で迎えた22日のアリアンツ・スタジアムでのセリエA天王山では、アウェイのナポリがDFカリドゥ・クリバリの90分の劇的ゴールによって1-0の勝利を収めた。この結果、残り4試合で両者の勝ち点差は1ポイントに縮まった。 ▽すでにバイエルン(ブンデスリーガ)、マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)、パリ・サンジェルマン(リーグ・アン)が優勝を決め、バルセロナ(リーガエスパニョーラ)が優勝まであと1ポイントに迫るなど、その他のヨーロッパ主要リーグで優勝争いが決している。 ▽その中でセリエAの優勝争いは、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグと共に残りシーズンにおいて大きな注目ポイントとなる。そこで残り4試合となった両チームの今後の日程に関して展望したい。 ▽ホームで痛恨の敗戦を喫したユベントスだが、依然として自力での優勝を残している。だが、今後の日程を考えると、セリエA7連覇は決して簡単なタスクではない。 ▽ユベントスは残りの4試合でインテル、ボローニャ、ローマ、ヴェローナと対戦。そのうち、圧倒的強さを誇るホームではすでに残留を決定的なモノとしている11位のボローニャ、最終節ですでに降格している可能性も否めない19位ヴェローナと、確実に勝ち点3を獲得できる2チームと対戦する。 ▽その一方で、アウェイゲームでは熾烈なトップ4争いを繰り広げている5位のインテル、3位のローマというタフな相手との対戦が残されており、勝ち点を取りこぼす可能性は十分にありそうだ。加えて、ボローニャ戦とローマ戦の間にはミランとのコッパ・イタリア決勝も残している。 ▽一方、ユベントス相手の劇的勝利で勢いに乗るナポリはフィオレンティーナ、トリノ、サンプドリア、クロトーネとの対戦を残す。要塞サン・パオロでのホームゲームでは、残留を確定させている上にEL出場権獲得の可能性が低い10位のトリノ、最終節では残留圏内ギリギリのクロトーネと対戦。対してアウェイゲームはEL出場権を争う9位のフィオレンティーナ、8位サンプドリアとアルテミオ・フランキ、ルイジ・フェラーリスという、難所攻略を目指す。 ▽なお、セリエAのレギュレーションでは勝ち点で並んだ場合、得失点差や総得点よりも当該成績が重視されるが、ユベントスとナポリは今季の対戦でそれぞれアウェイチームが1-0で勝利しており、全くの五分だ。そのため、仮に勝ち点で並んだ場合は現時点で全体の得失点差で「10」上回るユベントスが優位に立っている。 ◆セリエAスクデット争いデータ (勝ち点、得点、失点、得失点差) 1.ユベントス 85pt 78得点 20失点 58点 2.ナポリ 84pt 71得点 23失点 48点 ◆残り4試合の日程 ▽ユベントス 第35節 インテル(A) 第36節 ボローニャ(H) 第37節 ローマ(A) 第38節 ヴェローナ(H) ▽ナポリ 第35節 フィオレンティーナ(A) 第36節 トリノ(H) 第37節 サンプドリア(A) 第38節 クロトーネ(H) 2018.04.23 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ指揮官、首位と1ポイント差に迫るも「主導権がユーベにあるのは変わらない」

ナポリの指揮官マウリツィオ・サッリは22日、セリエA第34節ユベントス戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで勝利の喜びを語った一方、次戦へ向けて気を引き締めた。<br><br>首位ユベントスを勝ち点4差で追うナポリは22日、アウェイでの首位攻防戦に挑んだ。スクデットを懸けた大一番に両者とも譲らず、試合は0-0のまま進んだが、90分にDFカリドゥ・クリバリがチームを勝利に導く決勝点を挙げた。あと4試合を残し、首位ユベントスと1ポイント差に迫ったナポリの指揮官は、喜びを隠せない。<br><br>「セットプレー以外では、何も相手に許さなかった。勝利も必然的についてきたと思う。今いる場所まで連れてきてくれた自分たちのプレーを、ここへ来て変えてしまうことはバカバカしく感じた。非常に満足できる試合だったと思う。選手たちも喜んでいて、ロッカールームでは大騒ぎをしていた」<br><br>一方、スクデット争いにおいて、ユベントスが優位である事実は変わらない。サッリは次節へ向けて気を引き締めた。<br><br>「昨日、チームが本拠地を出発するときにいなかった者に説明するのは難しいが、状況は何も変わっていないんだ。依然としてユベントスは1ポイントのリードで首位に立っており、ユーベがすべての主導権を握っている。今日は素晴らしい勝利を喜んでいいが、明日からはフィオレンティーナ戦(29日)へ向けて準備しなければならない。我々にとって非常に難しい試合になるだろう」<br><br>また『プレミアムスポーツ』のインタビューでは、試合前、集まった群衆に対し、中指を立てるジェスチャーを見せた理由を説明。ユベントスに対するものではないと強調した。<br><br>「ツバを吐いたり、侮辱的な言葉を発しているグループがいたので、それに答えた。ユベントスのサポーターとは関係ない」<br><br>提供:goal.com 2018.04.23 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

キエッリーニ、今季終了か

▽ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに今シーズン終了の可能性が浮上した。 ▽キエッリーニは22日に行われたセリエA第34節のナポリ戦(0-1でユベントスが敗戦)で先発。だが、11分に負傷し、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーとの途中出場を余儀なくされている。 ▽『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、キエッリーニは当初こそ筋肉系のトラブルとみられたが、ヒザを痛めた模様。少なくとも2週間の離脱が見込まれ、最悪シーズン絶望の恐れもあるという。 ▽2位ナポリとの勝ち点差が1ポイント差に縮まった首位ユベントスは、残る4節でインテル、ボローニャ、ローマ、ヴィローナと対戦。さらに、5月9日にミランとのコッパ・イタリア決勝を控えている。 2018.04.23 12:05 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース