【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールのPSG移籍は「噂に過ぎない」とバルベルデ監督が一蹴

▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、ブラジル代表FWネイマール(25)を放出するという噂を否定した。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽豊富な資金力を用い、移籍市場を度々賑わせているパリ・サンジェルマン(PSG)。今夏はネイマールの獲得に迫っているとの報道が過熱していた。同選手の契約解除金2億2200万ユーロ(約287億6000万円)を準備しているとの噂もあり、実現の可能性が議論の対象となっていた。 ▽このタイミングで、過去にも交渉を持ちかけたとされるユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(23)を、ネイマールの後釜としての獲得へ向けてバルセロナが動きをみせているという報道が浮上。ネイマールの噂に加え、バルセロナのエースであり、同国のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに匹敵する才能とも称されるディバラの移籍話も絡み、注目を集めている。 ▽プレシーズンマッチの事前会見に出席したバルベルデ監督は、去就の騒がれているネイマールについて尋ねられると、「噂に過ぎない」と一蹴した。 「一時の噂に過ぎない。その話は把握しているが、ネイマールは私たちと共にいるし、私たちも彼のフットボールやドレッシングルームへもたらすものを、こよなく愛している」 「私は彼の動向については話さないよ。戦術面についての質疑応答をする。私たちは彼のことを全面的に信頼している」 ▽さらに、ディバラ獲得の真相について単刀直入に問われると、バルベルデ監督は肯定も否定もせず、控えめな反応を返した。 「(ディバラのように)良い選手はみんな好きだろう。しかし、私はどんな選手よりも自分の選手を評価する。彼ら(バルセロナの選手)の1人1人が最高なんだ」 「契約というものは、その選手がチームを向上させるということを把握しているからこそ結ぶものだ」 2017.07.22 14:17 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ネイマール流失ならディバラを再指名か

▽スペイン『マルカ』は、バルセロナがユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(23)を改めてターゲットに定めたと報じた。 ▽ブラジル代表FWネイマールにパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の見方が強まるバルセロナ。契約解除金2億2200万ユーロ(約284億6000万円)の支払う意向とみられるPSG側の姿勢などを受けて、遂にネイマールの退団を覚悟しつつあるようだ。 ▽そのバルセロナはFWリオネル・メッシと同額の給与アップをネイマールに用意することも視野に入れているものの、代わりとしてディバラに再び注目。以前にコンタクトを図った経緯があることから、交渉を再開させる形でスタートさせるという。 ▽また、『マルカ』は、ディバラがメッシと代表レベルで一緒にプレーしていることや、尊敬の念を抱いていることを指摘。バルセロナが“ネイマール・ロス”を払拭する存在として、ディバラが適任であるとの見解を示している。 ▽しかし、ディバラは今年4月にユベントスと新たに2022年6月末まで契約を延長したばかり。一部メディアで、バルセロナが1億1000〜1億2000万ユーロ(約142億5000〜155億4000万円)を用意できれば引き抜き可能と伝えられてるが、いかに…。 2017.07.22 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、ユベントスのU-20イタリア代表MFカッサータを完全移籍で獲得

▽サッスオーロは21日、ユベントスのU-20イタリア代表MFフランチェスコ・カッサータ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は発表されておらず、移籍金はイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば500万ユーロ(約6億5000万円)とのことだ。 ▽エンポリの下部組織から2015年夏にユベントスに加入したセントラルMFのカッサータは、ユベントスでのトップチーム出場歴がないまま、2016年夏にセリエBのアスコリへレンタル移籍。リーグ戦36試合に出場して1ゴール5アシストを記録していた。 ▽U-20イタリア代表としては先月開催されていたU-20ワールドカップで3試合に出場していた。 ▽移籍先のサッスオーロではセントラルMFを務めていたイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニがローマへ移籍していた。 2017.07.22 01:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスが鳥栖のユニフォームスポンサーを務めるCygamesと3年間のスポンサー契約

▽ユベントスは20日、ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社Cygames(以下、サイゲームス)とのスポンサー契約を発表した。2017-18シーズンから3年間にわたり、ユニフォームの背面にサイゲームスのロゴが表示されることとなる。 ▽ユベントスの発表によると、ユニフォームの背面にスポンサーロゴが入ることはクラブ史上初の出来事とのこと。2017-18シーズンからはクラブロゴも変更され、新たな挑戦を試みたとのことだ。 ▽ユベントスはセリエA咲いた優勝を誇る名門で、現在5連覇中。セリエAだけでなく、コッパ・イタリア、国際親善試合などの行使キュにフォームの背面にロゴが設置される。また、ユベントスのホームスタジアムであるアリアンツ・スタジアムの看板でも、サイゲームスのロゴが掲出される。 ▽なお、お披露目は22日18時(現地時間)に米国で行われるインターナショナル・チャンピオンズカップのバルセロナ戦で予定されている。サイゲームスの渡邊耕一代表取締役社長のコメントは以下のとおり。 「このたび、弊社が2015年よりサガン鳥栖(株式会社サガン・ドリームス)のユニフォームスポンサーをつとめていることをきっかけに、世界最高のチームの一つである、ユヴェントスF.C.とスポンサー契約を結ぶことになりました」 「弊社は近年、グローバル展開に力をいれており、ユヴェントスF.C.という世界的に知名度が高く、世界のサッカーシーンをリードするチームのパートナーになれることを非常に光栄に思います。また、ユヴェントスF.C.のチームカラー「ビアンコ(白)、ネロ(黒)」と弊社のコーポレートカラーが一致していることにも、強い縁を感じております」 「弊社は本業であるゲーム事業の枠にとらわれず、スポーツなど様々なフィールドを通じて、ユヴェントスF.C.のように、世界中の人々に喜びや夢を与える最高のブランドを目指すとともに、社会に多様な価値を提供することを目指しています。本契約を通じて弊社の存在をさらに広く知っていただくきっかけになることを願っております」 ▽なお、サイゲームスは2015年からサガン鳥栖のユニフォームスポンサーも務めている。 2017.07.21 11:54 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスがICCに向けた招集メンバー発表! デ・シリオやD・コスタら新戦力も招集《ICC2017》

▽ユベントスは20日、アメリカツアーに臨むメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、GKジャンルイジ・ブッフォンやDFジョルジョ・キエッリーニ、MFミラレム・ピャニッチ、FWマリオ・マンジュキッチら主力が招集された。また、GKヴォイチェフ・シュチェスニー、FWドグラス・コスタ、DFマッティア・デ・シリオの新加入選手3人もメンバー入りしている。 ▽その一方で、U-21欧州選手権に参加していたDFダニエレ・ルガーニはメンバーから外れている。 ▽なお、FWパウロ・ディバラとFWゴンサロ・イグアイン、MFファン・クアドラード、DFアレックス・サンドロの南米出身選手はすでにアメリカのキャンプ地でトレーニングを行っている。 ▽ユベントスは、アメリカでインターナショナル・チャンピオンズカップ2017に出場。同地でバルセロナとパリ・サンジェルマン、ローマと対戦する予定だ。今回招集されたメンバーは以下のとおり。 GK ジャンルイジ・ブッフォン ヴォイチェフ・シュチェスニー カルロ・ピンソーリオ マッティア・デル・ファベロ DF ジョルジョ・キエッリーニ メディ・ベナティア アレックス・サンドロ アンドレア・バルザーリ ルカ・コッコロ シュテファン・リヒトシュタイナー マッティア・デ・シリオ MF クワドゥオ・アサモア ミラレム・ピャニッチ サミ・ケディラ ロドリゴ・ベンタンクール ファブリツィオ・カリガラ ファン・クアドラード マリオ・レミナ クラウディオ・マルキジオ ロランド・マンドラゴーラ トマス・リンコン ステファノ・ストゥラーロ FW ドグラス・コスタ パウロ・ディバラ ゴンサロ・イグアイン モイゼ・ケアン マリオ・マンジュキッチ 2017.07.21 05:26 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース