【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第6節プレビュー】無敗同士のトリノ・ダービー開催

▽ミッドウィークに行われた前節、ナポリがラツィオとの無敗対決を逆転勝利で制して開幕5連勝とし、10人となったフィオレンティーナに辛勝したユベントスと共に開幕5連勝とした。一方でボローニャに大苦戦を強いられたインテルが引き分けに終わり、連勝が4でストップしている。その他、ミランが4勝目を、ローマが3勝目を挙げ、強豪勢が順当に勝ち星を重ねている。迎える第6節ではユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが開催される。 ▽前節フィオレンティーナ戦を10人となった相手に苦戦しながらもマンジュキッチ弾で逃げ切ったユベントスは、水曜日に必勝のチャンピオンズリーグ(CL)オリンピアコス戦を控える中、3勝2分けと順調なスタートを切ったトリノをホームに迎える。エースのベロッティが今季ここまで3ゴールと確実に結果を残しているトリノに対し、やや不安定な守備が気がかりなユベントスはシャットアウト勝利で開幕6連勝となるか。 ▽ラツィオに先制されながらも5分間の3発で鮮やかな逆転勝利を収めたナポリは、SPALとのアウェイ戦に臨む。火曜日にはユベントス同様必勝のCLフェイエノールト戦を控える中、主力を温存しても十分に勝利できる格下を難なく蹴散らし、6連勝としたい。 ▽ボローニャに内容で劣り、引き分けるのが精いっぱいだったインテルは、ジェノアとのホーム戦で勝利を取り戻しにかかる。イマイチ攻撃がかみ合わない状況が続く中、今季未勝利の相手にすっきりと勝利することはできるか。3試合ぶりに先発復帰した長友はボローニャ戦では守備面で及第点の働きを見せたが、ベンチスタート予想となっている。 ▽ベネヴェントにゼコの2発と2つのオウンゴールで快勝したローマは、ウディネーゼとのホーム戦で3連勝を目指す。水曜日に行われるCLではグループ最弱のカラバフなだけにウディネーゼ戦に集中できるのは大きい。今季既に4敗を喫しているものの、ミランに善戦するなど曲者の印象があるウディネーゼを、ベネヴェント戦で温存されたナインゴランの活躍で一蹴したい。 ▽PK2発でSPALを退けたミランは、日曜日のランチタイムにサンプドリアとのアウェイ戦に臨む。3バック移行後2連勝と立て直したミランは、2勝2分けスタートを切った骨のある相手に難所ルイジ・フェラリスで攻略となるか。次節にはローマとのビッグマッチが控えるだけに勢いを付けておきたいところだが果たして。最後にナポリに屈して今季初黒星を喫したラツィオは、今季未勝利のヴェローナとのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を参照 2017.09.23 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、ユベントスDFアレックス・サンドロを追加招集

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は22日、ユベントスに所属するDFアレックス・サンドロを代表に追加招集することを発表した。アレックス・サンドロは、左太ももを負傷したレアル・マドリーのDFマルセロに代わる招集となる。 ▽既にロシア・ワールドカップ行きを決めているブラジル代表は、10月5日に行われる南米予選第17節でボリビア代表とアウェイで対戦。同月10日に行われる翌節には、ホームでチリ代表を迎え撃つ。 ▽26歳のアレックス・サンドロは、2015年夏、ポルトからユベントスに移籍。今シーズンはここまで、公式戦5試合に出場し、2アシストをマークしている。 2017.09.23 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

FIFA男子最優秀監督賞最終候補にアッレグリ、コンテ、ジダン

▽国際サッカー連盟(FIFA)は22日、FIFA男子最優秀監督賞の最終候補3名を発表した。 ▽選出されたのは、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、チェルシーのアントニオ・コンテ監督、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督。ジダン監督は2年連続のノミネートとなる。 ▽表彰式は、10月23日にロンドンで開催。同式で最終候補3名の中から2016-17シーズンの男子最優秀監督賞の受賞者が決定する。 ◆FIFA男子最優秀監督賞最終候補3名 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス) アントニオ・コンテ(チェルシー) ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 2017.09.23 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

結果の出ないイグアインの問題は? ユベントスOBが指摘する点

元イタリア代表FWファブリッツィオ・ラバネッリ氏が、ユベントスFWゴンサロ・イグアインについて「お荷物になっている」と言及。休暇を与えるべきだと語った。<br><br>イグアインは、2016年夏に総額およそ9000万ユーロという巨額の移籍金でユベントスに加入。デビューシーズンには32ゴールを記録し、さすがの決定力を見せた29歳のFWだが、大舞台での弱さを露呈。昨季チャンピオンズリーグ(CL)では、バルセロナ戦でもノーゴール。古巣レアル・マドリーとの決勝でも、元チームメイトのDFセルヒオ・ラモスらに抑え込まれた。<br><br>今シーズンもまだ2ゴールに終わっており、同郷のFWパウロ・ディバラに主役の座を奪われている。<br><br>現役時代ユベントスで活躍したラヴァネッリ氏は『Radio Sportiva』に対し、イグアインに休暇を与えるべきだと語った。<br><br>「彼は混乱している。我々が知ってるイグアインの陰に隠れてしまったようだ。(マッシミリアーノ・)アッレグリ監督は起用し続けているが、効果的とは思えない。休みが必要だと思うよ。問題はフィジカル面ではなくメンタルだ」<br><br>そして、W杯南米予選で苦しむアルゼンチン代表に呼ばれなくなったことが、問題を引き起こしていると推測している。<br><br>「代表チームから外されたことが、彼を傷つけたのだろう。何よりも頭を休ませるべきだ。1週間くらい休暇を取ってから、戻ってくるべきだろう。イライラしてるように見えるし、試合に入れていない。なんとかしようとしてはいるが、それがチームを助けるとは思えない」<br><br>ユベントスは23日にトリノとのダービーマッチが控えているが、ラヴァネッリ氏はイグアインが「お荷物になっている」として、この試合から外すことを提言している。<br><br>「ダービーからは外すべきだと思う。今のイグアインはユーベのお荷物になっている。ゴールを決めているときの以外の彼は、みんなが知っているゴンサロではない。昨シーズンのダービーで重要なゴールを挙げてはいるが、その時のパフォーマンスは悲惨だった」<br><br>「再びチームに欠かせない選手に戻る必要がある。この批評はビッグマッチでノーゴールに終わるよりも、彼を傷つけるかもしれない。すべてが助けになるとは思ってないが、イグアインはスーパースターなんだ。ユーベは9000万ユーロも払ったんだからね。残念ながら、現在の彼はプレーするコンディションにないと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.22 14:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベGM、将来的なディバラ流出を覚悟! 「彼がここを去りたいと思うならば引き留めは不可能」

▽ユベントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラル・マネージャー)は、将来的にアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(23)がクラブを去ることを覚悟しているようだ。イタリア『Premium Sport』が伝えている。 ▽今シーズンから伝統の背番号10を背負うディバラは、セリエA開幕5試合で2度のトリプレッタを達成するなど、ここまでリーグトップの8ゴールを挙げる、大暴れを見せている。 ▽すでにワールドクラスに上り詰めた感もあるディバラには、今夏具体的なオファーを掲示したといわれるバルセロナや、レアル・マドリーが獲得に関心を示している。 ▽マロッタGMは、そのエースの去就に関して、「ディバラ? 彼の運命を決めるのはあくまで彼自身だ。仮に、彼がチームを離れることを望めば、我々に彼を引き留めることは不可能だ」と、選手自身が移籍を望んだ場合、引き留めは不可能だと認めた。 ▽また、ブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍をキッカケに、より注目が集まる選手の契約解除金に関しては、「ユーベのプレーヤーに対する契約解除金? スペインではプレーヤーとクラブ間で重要なものとなっている。だが、イタリアではピャニッチやイグアインらに設定されていただけだ。私自身、自分たちのプレーヤーに設定することは望んでいない」と、積極的に採用する意思がないと主張している。 2017.09.22 01:15 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース