超ワールドサッカー

【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウド、CL決勝で堅守のユベントス撃破に自信「弱点は常にある」

チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦に臨むレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスの弱点はわかっていると話し、自信を示した。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>6月3日にチャンピオンズリーグ決勝が行われ、欧州の2016-17シーズンはクライマックスを迎える。激突するのはC・ロナウドを中心とした攻撃に強みを持つレアル・マドリーと、ジャンルイジ・ブッフォン擁する堅守で勝ち上がってきたユベントスだ。ロナウドはユベントスのクオリティを称賛しながら、撃破に自信を見せている。<br><br>「ユベントスが素晴らしいチームであることは、セリエA、コッパ・イタリアの優勝で証明されている。アトレチコ・マドリーのようなチームだね」<br><br>「彼らは優れた守備を持つが、常に弱点があるし、そこを攻撃する方法を見つける必要があるね」<br><br>また、CL史上初の連覇にも意欲を見せた。<br><br>「全員が歴史を作りたいと考えているはずだ。それは特権だからね。とても難しいことはわかっているけど、僕らはマドリーで、優勝が現実的であることもわかっている」<br><br>「決勝は準決勝のアトレティコ戦に似ている。両チームとも相手のミスを活かそうとしてくる。選手やファンにとっても素晴らしい試合になると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

17歳FWケアンのセリエA初ゴールでユベントスが最終戦を飾る《セリエA》

▽ユベントスは27日、セリエA最終節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節クロトーネ戦を3-0と快勝して史上初のセリエA6連覇を達成したユベントスは、1週間後にチャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリー戦を控える中、GKブッフォンのほかバックラインを中心に主力を温存。GKにはトップチーム初出場となる20歳のアウデーロを起用し、負傷明けのケディラがスタメンとなった。 ▽15位ボローニャに対し、立ち上がりから敵陣でプレーを続けたユベントスは、アタッキングサードでのディバラとクアドラードの仕掛けを起点にアクセントを付けていく。 ▽すると20分、ボックス中央のイグアインが反転から枠内シュートを浴びせてけん制。続く28分にはケディラのスルーパスを受けたボックス左のストゥラーロが決定的なシュートを浴びせるも、DFの好ブロックに阻まれた。 ▽前半半ば以降も敵陣でのプレーを続けたユベントスは45分、イグアインのミドルシュートでゴールに迫ったが枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始1分にイグアインのスルーパスからケディラが決定的なシュートを浴びせたユベントスだったが、52分に失点する。ボックス手前左からのタイデルの巻いたミドルシュートがゴール右上に吸い込まれた。 ▽ファインゴールで先手を取られたユベントスは、マルキジオに代えてピャニッチを、ケディラに代えてマンジュキッチを投入。選手交代で攻勢を強めていくと、69分にディバラがコントロールシュートでゴールに迫ったが、GKダ・コスタのビッグセーブに阻まれた。それでも直後の70分、CKの流れからイグアインのシュートのルーズボールをディバラが蹴り込んで試合を振り出しに戻した。 ▽同点後も押し込んだユベントスは、終盤の89分にヴィヴィアーニの直接FKでゴールを脅かされ、ひやりとする。そのまま1-1でタイムアップを迎えるかに思われたが、追加タイム4分にピャニッチのFKからケアンのヘディングシュートが決まって土壇場でユベントスが逆転勝利。 ▽17歳FWケアンのセリエA初ゴールが生まれたユベントスがセリエA最終戦を勝利で終え、レアル・マドリー戦に弾みを付けている。 2017.05.28 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ優勝セレモニーで涙目だったボヌッチの息子…憧れのトリノFWベロッティに会い笑顔に

レオナルド・ボヌッチの所属するユベントスは21日、セリエA第37節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利を収めた。これにより最終節を前に6シーズン連続33回目の優勝を決めた。ボヌッチ一家もユベントススタジアムを訪れ、スクデット獲得に歓喜したのだが、息子のロレンツォだけは1人悲しげな表情を浮かべていた。<br><br>ボヌッチがこれまでユーベ守備陣の要として活躍してきたことは周知のとおり。しかし、ボヌッチの息子ロレンツォはライバルチームのトリノファンであり、父親のスクデット奪取にも複雑な表情を見せていたという。現地時間25日、ボヌッチが自身のインスタグラムを更新し、ロレンツォに笑顔が戻ったことを報告した。<br><br>父親はイタリア王者ユベントスの一員であるが、ロレンツォには関係ない。トリノ市内にある学校の友達の影響で、ロレンツォの心はグラナータ(トリノのカラー)一色となり、トリノのスター、FWアンドレア・ベロッティのサイン入り帽子を枕元に置いて眠るほどの熱狂的ファンだという。しかし、父親の所属するユベントスの優勝セレモニーでは、自身の心に反しながらも空気を読み、MFミラレム・ピャニッチのユニフォームを着て参加した。<br><br>&nbsp;Stasera si che mi sono divertito, non come alla festa scudetto! ?? grazie @gallobelotti #cena #felicita<br><br>Leonardo Bonucciさん(@bonuccileo19)がシェアした投稿 - 2017 5月 25 2:25午後 PDT<br><br> ボヌッチはそんな息子の協力に感謝し、ベロッティとの夕食をプレゼントした。ボヌッチが公開した写真には、ベロッティに抱えられ、ようやく笑顔を見せたロレンツォの姿が写っている。ボヌッチは皮肉を交えて「今夜ばかりは僕も楽しめたよ。スクデットのセレモニーとは違ってね!」と発言。トリノの熱心なティフォージになってしまった息子ロレンツォに複雑な心境のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.27 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マンジュキッチと2020年までの新契約締結! 今季左ウイングで新境地

▽ユベントスは25日、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(31)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2015年にアトレティコ・マドリーからユベントスに加入したマンジュキッチは、加入初年度となった2015-16シーズンにリーグ戦27試合に出場し、10ゴールを記録。同クラブのセリエAとコッパ・イタリアのシーズンダブルに貢献した。 ▽今シーズンは、ナポリからアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの加入によって、出場機会が減少するかに思われたが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の採用した前線に4人のアタッカーを起用する超攻撃的な[4-2-3-1]の左ウイングとして新境地を開拓。 ▽圧倒的な高さと強さを生かしたプレーで相手サイドバックとのミスマッチを作り出して前線の起点となると、守備の局面ではその強さを献身的なプレスバックなどに活用し、守備の安定にも貢献。今季ここまでは公式戦48試合に出場し、10ゴール8アシストの数字を残している。 ▽今夏の移籍市場では、ベシクタシュやウェストハムなどからの関心を集めていたものの、ユベントスと新たな3年契約にサインすることになった。 2017.05.25 23:20 Thu
twitterfacebook
thumb

離脱中のカルバハル、順調ならCL決勝で先発可能に?

▽スペイン『マルカ』によると、レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルの怪我は、快方に向かっているようだ。 ▽5月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、アトレティコ・マドリー戦で、右足大腿二頭筋を負傷したカルバハル。今季絶望と言われたが、6月3日のCL決勝ユベントス戦の出場へ向けて、順調に回復している。 ▽『マルカ』によれば、カルバハルは練習参加に近づいているようで、このまま怪我の再発がなく順調にいけば、CL決勝で先発できる可能性もありそうだ。 2017.05.25 21:35 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース