超ワールドサッカー

【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンがコマンを完全移籍で獲得

▽バイエルンは27日、ユベントスからフランス代表FWキングスレー・コマン(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日まで。 ▽コマンは、2015年の夏にユベントスから2年間のレンタル移籍でバイエルン入り。バイエルンは2年間でのレンタル料700万ユーロ(約8億4700万円)を支払い、2100万ユーロ(約25億4000万円)での完全移籍のオプションを有していると報じられていた。 ▽コマンはバイエルンで58試合に出場し、8ゴールを記録。今季は公式戦23試合で2ゴールをマークしている。 2017.04.27 22:19 Thu
twitterfacebook
thumb

バルザーリが“仲間”ポグバのマンチェスター・U移籍を疑問視

ユベントスに所属するアンドレア・バルザーリが元同僚のポール・ポグバについて言及した。イタリア紙『トゥットスポルト』が報じている。<br><br>ポグバは昨夏、史上最高額となる9000万ポンド(約125億5000万円)でユベントスからマンチェスター・Uに移籍した。2016-17シーズンは公式戦47試合に出場して7ゴール5アシストを記録している。チームはEFLカップで優勝。リーグ戦では5位とタイトル争いには加われていないが、ヨーロッパリーグでは準決勝に駒を進めている。<br><br>一方で、ユベントスはリーグ戦で2位に勝ち点8差をつけて首位に立ち、カップ戦では決勝進出、チャンピオンズリーグでも準決勝まで勝ち上がっている。ポグバの古巣は素晴らしい成績を残しているが、バルザーリは以下のようなコメントを残している。<br><br>「ビデオチャットでポグバと話をしたよ。僕らがCLで準決勝に進んだことを喜んでくれたし、応援してくれたよ。クラブを去ったとしても、誰もが常にこのグループの仲間さ。過去数年の成功は、チームの一人ひとりに支えられたものだからね。一方で、彼は本当にマンチェスターでプレーしたかったんだろか?と思うこともある。決断は尊重しなければいけないよ。誰も自分が去ったチームが次のシーズンにCLで準決勝に進むかどうかなんて予想できないからね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 13:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、サンプドリアで売り出し中のシック獲得に“ボカの至宝”をレンタル放出か!?

▽ユベントスが、サンプドリアのチェコ代表FWパトリック・シック(21)の獲得に動きを見せているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽今シーズンからサンプドリアでプレーするシックは、公式戦30試合で12ゴール3アシストをマークするなどすでに才能を発揮している。同選手に対してはインテルが以前から興味を示していたようだが、ここに来てユベントスも獲得に動きを見せているという。 ▽『フットボール・イタリア』によると、ユベントス側はシックの獲得に向けて2500万ユーロ(約30億4200万円)を用意しているという。サンプドリアは400万ユーロ(現在のレートで約4億8700万円)で同選手を獲得しており、1年で約6倍も移籍金が上昇したことになる。 ▽さらにユベントスは、先日ボカ・ジュニアーズから獲得したU-20ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(19)を期限付き移籍でサンプドリアに貸し出す案を持っているという。ユベントスは、ベンタンクールをローンで出すことにより、移籍金を引き下げるだけでなく、ベンタンクールがセリエA実戦経験を詰めるとしてWin-Winの関係になると考えているようだ。 2017.04.26 11:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン下部組織育ちの24歳デ・シリオが退団を希望?ユベントスが獲得に興味も

ミランのDFマッティア・デ・シリオが退団を検討していると、イタリアメディア『スカイスポーツ』が24日に報じている。<br><br>デ・シリオとの契約は2018年6月までと期限まで残り1年ほどになり、ミラン側は契約の更新へ向けて動いている。24日には、ミランのスポーツディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏がデ・シリオと面談を行い、選手の意向を確認した。ところがデ・シリオ本人は、他クラブからオファーがあった場合、移籍を希望していることを明らかにした。<br><br>デ・シリオには、ユヴェントスが数カ月前から獲得に興味を示している。昨年5月に行われたコッパ・イタリア決勝、ミランvsユベントス戦の席で、マッシミリアーノ・アッレグリはすれ違ったデ・シリオに対し、直接オファーを出したとも報じられている。<br><br>一方でサポーターとの確執もデ・シリオをミランから遠ざける要因となっている。23日のエンポリ戦(2-1でエンポリが勝利)では、デ・シリオが途中交代してピッチを去る際、厳しいブーイングが浴びせられた。試合終了後には、駐車場に現れたデ・シリオをサポーターが取り囲み一触即発の状態となる事態も発生した。<br><br>ユベントスはデ・シリオの獲得に1000万ユーロ(約12億円)前後のオファーを準備しているとも伝えられている。以前、生涯ミラン一筋を貫いたレジェンド、パオロ・マルディーニ氏を「目標としている」と話していたミラン生え抜きのデ・シリオだが、退団が現実的となるのか今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、今季の1stマッチで敗れたジェノアに完勝でリベンジ! ホーム戦連勝記録を33試合に更新《セリエA》

▽ユベントスは23日、セリエA第33節でジェノアをホームに迎え、4-0で圧勝した。 ▽前節の最下位ペスカーラ戦をイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進めている。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。そのバルセロナ戦のスタメンから6選手を変更。前線の3枚とボヌッチ、ケディラを引き続き先発とした。 ▽ユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦を2-2で引き分けて連敗を4で止めた16位ジェノア(勝ち点30)に対し、イグアインとマンジュキッチの2トップに、ディバラをトップ下に置く[3-4-1-2]を採用したユベントスは、開始4分にボヌッチが足を滑らせてシメオネに際どいシュートを浴びてしまう。 ▽それでも、7分にFKからボヌッチが決定的なヘディングシュートを浴びせると、その後はハーフコートゲームを展開。15分にディバラがコントロールシュートを浴びせると、17分に先制した。イグアインの浮き球パスに飛び出したゴール前のマルキジオがボレーで狙ったシュートはミートしきれなかったが、ムニョスに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに2分後、ケディラとのワンツーからボックス中央のディバラがゴール右にシュートを突き刺して一気にリードを2点に広げた。その後もポゼッションして試合をコントロールするユベントスは、35分にイグアインが左足ミドルでゴールに迫ると、41分に3点目を奪いきった。マンジュキッチが自身の入れたクロスのルーズボールをボックス左からダイレクトで狙うと、完璧にコントロールされたシュートがゴール右に決まった。 ▽3点をリードして迎えた後半、53分にFKからボヌッチがボレーシュートでネットを揺らすも、マンジュキッチのファウルを取られて4ゴール目とはならなかったユベントスだったが、引き続き主導権を握る。 ▽すると64分、先ほどゴールを取り消されたボヌッチが中央を持ち上がって右足を一閃。GKラマンナが一歩も動けない完璧なシュートをゴール左に突き刺した。 ▽その後も圧倒すると、70分にマルキジオとイグアインがそれぞれバーとポストに嫌われるシュートを浴びせ、77分にはアサモアのミドルシュートが右ポストを直撃。結局、5点目こそ奪えなかったものの、ジェノアを圧倒したユベントスが快勝。今季の1stマッチで敗れたジェノアにリベンジを果たし、ホーム戦33連勝とした。 2017.04.24 05:42 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース