超ワールドサッカー

【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ダニエウ・アウベスがユーベ退団を発表! 「僕たちのプロフェッショナルな関係は終わりを迎える」

▽ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)が27日、自身の『インスタグラム』を通じてユベントス退団を正式に発表した。 ▽これまでユベントス退団の可能性に関して公の場で明言を避けてきたD・アウベスだが、27日に自身の『インスタグラム』を更新し、ユベントスファンへの感謝を口にするとともにクラブ退団を公式に認めた。 「この1年間、僕を支えてくれたユベントスファン、僕を心から歓迎してくれ、同じプロフェッショナルとして優勝とファイナル進出を共に分かち合ったチームメートに感謝を示したい」 「僕はこのクラブとサポーターに大きな敬意を抱いていた。そして、このクラブが日々大きくなるために献身と情熱、努力を捧げてきたと思っている」 「僕のこれまでの行いでユベントスファンを怒らせてしまったのならば、心から謝罪したい。だけど、決して意図したものではないことを言っておきたい。僕はとても自発的な生き方をしていて、一部の人たちには理解し難いものだと自覚している。もちろん、僕は完璧な人間ではないけど、自分の心は純粋だと思っている」 「今日、僕たちのプロフェッショナルな関係は終わりを迎える。そして、これからは愛と本当の心を持っている人たちがユーベを偉大なクラブにしてくれることを願っている」 「みんなも知っている通り、僕はいつも思ったこと、感じたことをすぐに口に出してしまう。だから、僕にチャンスを与えてくれたマロッタさんにありがとうと伝えたい。彼は本当に偉大なプロフェッショナルであり、彼ほど自分の仕事を愛している人はいないと思う」 「お金のためにフットボールをしない。僕はこの職業を愛しているし、それを好きな人たちのためにプレーしている。ただ、僕のこれまでの働きや考え方については、みんなの判断に任せたいと思っている」 「僕はフットボールを愛している。そして、お金は決して僕を他の場所に連れて行かない」 ▽昨年の夏にバルセロナからユベントスにフリーで加入したD・アウベスは、公式戦33試合に出場して6ゴール7アシストを記録し、セリエAの優勝やチャンピオンズリーグ準優勝に大きく貢献していた。 ▽しかし、バルセロナ時代に師弟関係にあったジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティが獲得を望み、D・アウベス本人も恩師との再会を望んでいることから、今夏のユベントス退団は不可避と見られていた。 ▽また、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は21日、「彼が我々に新たな挑戦をしてみたいと言ってきて、双方合意の下で契約を解除するに至った。彼の成功を願っている。もちろん、彼がクラブを離れたいと言ってきたことに対して失望はあった。しかし、ダニ・アウベスと関係が悪化したわけではない」と、同選手の退団を明言していた。 2017.06.28 07:04 Wed
twitterfacebook
thumb

アッレグリ「ボヌッチは将来のユーベのリーダーだ」…獲得興味のチェルシーをけん制

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリは26日、イタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチが「将来のユベントスのリーダーである」として、獲得に興味を示すチェルシーをけん制した。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。<br><br>2月に行われたパレルモ戦(4-1でユベントスが勝利)では、指揮官とボヌッチの間で激しい口論となった。このため翌週のチャンピオンズリーグ、ポルト戦、アッレグリは懲罰として主力のボヌッチをベンチから外した。アッレグリはこの一件について振り返っている。<br><br>「ボヌッチの件への対応だが、あの時はああするのが正しいと思った。目をつむった方が良い時もあれば、見逃してはいけない時もある。あの日、レオ(ボヌッチ)は過ちを犯した。私自身も過ちを犯した。だから自分に罰を与えた。あの時はレオを外したのは正しかった。非常に重要な試合で、(ボヌッチを外すことで)負ける可能性もあったが、その後10連勝を飾るくらいの力に変わるだろうと考えた」<br><br>騒動を乗り越え、アッレグリはボヌッチに対し、変わらぬ信頼を寄せている。「彼は重要な選手であり、最高の選手だ。これから先、ユベントスのロッカールームにおけるリーダーは彼だということを自覚して欲しい」とボヌッチを称えると同時に、今夏の移籍市場で獲得を目指しているチェルシーに対しけん制する姿勢を見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、アレックス・サンドロと合意か

▽チェルシーが、ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(26)と個人の条件面で移籍合意したようだ。イタリア『calciomercato.com』が報じた。 ▽チェルシーは今夏、かねてからA・サンドロ獲得に動いていることが報じられている。既報では、チェルシーは6000万ユーロ(約75億円)のオファーを提示したものの、ユベントス側はこれを拒否。増額した再オファーを提示するとみられている。 ▽『calciomercato.com』によれば、この間にチェルシーはA・サンドロと個人の条件面で合意したようだ。A・サンドロは、年俸700万ユーロ(約8億7000万円)をオファーされたとみられている。 ▽また、チェルシーは、ユベントスに対して7000万ユーロ(約87億円)で再オファーする準備ができているとのこと。ユベントスは既に、A・サンドロの代役探しに動き始めたようだ。 2017.06.26 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがユベントスMFマリオ・レミナ獲得に興味? イタリア人ジャーナリストが明かす

▽アーセナルがユベントスのガボン代表MFマリオ・レミナ(23)の獲得に興味を示しているという。イギリス『Tribalfootball』が報じた。 ▽イタリア人ジャーナリストのエマヌエーレ・ジュリアネッリ氏は同メディアのコラムで、レミナがアーセナル移籍に興味を持っていることを明かした。選手の代理人もアーセナルの関心に目を向けているとのこと。 ▽ロリアンでプロデビューを果たしたレミナは、その後マルセイユに移籍。昨シーズン、ユベントスへのレンタル移籍を経験した後、今シーズンは完全移籍で加入した。主にセントラルMFのポジションを得意とする同選手は、184cmながら足下の技術が高く、攻守にわたってチームに貢献できる。今季は公式戦29試合に出場し、1ゴール1アシストを記録した。 ▽なお、ジュリアネッリ氏は、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がレミナ以上にモナコのフランス代表MFトマ・ルマール(21)に関心を示しているとも主張している。 2017.06.26 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、アウベスの後釜として吉田同僚DFセドリック獲得を計画か?

▽ユベントスが、サウサンプトンに所属するポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(25)の獲得を目論んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2015年6月にスポルティングからサウサンプトンに加入したセドリックは今シーズン、公式戦30試合に出場。EFLカップでは3試合に出場し、チームのファイナル進出に貢献した。また、ポルトガル代表にも選出されており、現在行われているコンフェデレーションズカップでは2試合の出場で1ゴールをマーク。主力としてグループステージ首位通過を決めている。 ▽伝えられるところによると、そんなセドリックに対して、ユベントスが興味を示しているとのこと。同クラブでは現在、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)がマンチェスター・シティ行きに近づいていると伝えられている。その後釜候補としてセドリックに注目しており、1500万ポンド(約21億3000万円)での獲得を目指しているようだ。 ▽しかし、サウサンプトンは、現行契約を3年残すセドリックの売却を考えていない模様。また、以前バルセロナやシティから関心が寄せられていたセドリック自身も今年初旬にサウサンプトンを離れる気がないことを明言している。 「僕はサウサンプトンにいるし、ここに全神経を注ぐよ。僕たちは夏に何が起こるか見る」 「サウサンプトンとはこれまで良い関係を築けている。クラブは選手を放出することもあるけど、それがフットボールだしね。ただ、サウサンプトンはそれだけのクラブではないよ」 2017.06.26 17:18 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース