【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ユーベ、バルサで燻るアンドレ・ゴメスのレンタル獲得に興味!! 昨夏も獲得に動きあり

▽ユベントスが、バルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 ▽アンドレ・ゴメスは、2016-17シーズンにバレンシアからバルセロナに移籍。その移籍金は3500万ユーロから最大で5500万ユーロ(現在のレートで約45億1000万から70億8500万円)になると言われているが、加入初年度は公式戦47試合3ゴールをマークしながらも途中出場が多く消化不良の1シーズンとなった。 ▽『トゥットスポルト』によると、バルセロナで満足な出場機会を得られていないアンドレ・ゴメスに対して、ユベントスがレンタルでの獲得に興味を示しているようだ。ユベントスは昨夏にもアンドレ・ゴメス獲得に挑戦していたが、破談に終わりバルセロナに移籍した経緯がある。 2017.08.23 09:39 Wed
twitterfacebook
thumb

マルキジオがユーベ退団希望か、チェルシーが注視

▽イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(31)にユベントス退団の可能性が浮上した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を基にイギリス『トーク・スポルト』が報じた。 ▽ユベントスは先日、パリ・サンジェルマンからフランス代表MFブレーズ・マテュイディを獲得。中盤のポジション争いが激しくなる中、ユベントス一筋でGKジャンルイジ・ブッフォンが引退した後のキャプテン候補であるマルキジオが退団を希望していると伝えられている。 ▽そのマルキジオに関しては、かねてからチェルシーがその動向を追っていることが伝えられている。チェルシーはセントラルMFの獲得を目指しており、マルキジオの獲得に動く可能性があるとのことだ。 ▽なおユベントスは今夏、主力であるDFレオナルド・ボヌッチがミランに移籍。また1人、ユーベの象徴的選手がクラブを去ることになるのだろうか。 2017.08.22 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがコバチッチ獲得へ約96億円のオファーもマドリーは拒否

▽レアル・マドリーは、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)に対するユベントスからのオファーを拒否したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ユベントスは、コバチッチに対し7500万ユーロ(約96億3000万円)のオファーを出したとのこと。しかし、マドリーはこのオファーを拒否したようだ。コバチッチは、2013年1月に1100万ユーロ(約14億1200万円)でディナモ・ザグレブからインテルへと移籍。2015年夏に3100万ユーロ(約39億8000万円)でマドリーに加入していた。 ▽ユベントスは、先日パリ・サンジェルマンからフランス代表MFブレーズ・マテュイディを獲得。そのため、コバチッチに対しては金額を改めてオファーを出す気はないようだ。 ▽コバチッチは、シーズン開幕前に行われたスーペル・コパのバルセロナ戦で2試合に出場。チームの今季初タイトル獲得に貢献していた。 2017.08.20 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォンPKストップのユベントス、攻撃陣揃い踏みで開幕戦快勝スタート《セリエA》

▽ユベントスは19日、セリエA開幕戦でカリアリをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽7連覇を目指すユベントスは、1週間前に行われたラツィオとのスーペル・コッパを2-3と敗れた中、ラツィオ戦のスタメンから2選手を変更。ケディラとベナティアに代えてマルキジオとルガーニを起用した。 ▽開始2分にピャニッチの直接FKでゴールに迫ったユベントスは、12分にあっさり先制する。右サイドからのリヒトシュタイナーのアーリークロスをマンジュキッチがボレーシュートで合わせた。 ▽22分にボックス内でキエッリーニがハンドを犯したもののノーファウルと判定されて助かったユベントスが、その後も主導権を握り続けるも、35分にピンチ。ボックス左でパスを受けたファリアスに決定的なシュートを許したが、GKブッフォンがセーブした。 ▽しかし36分、アレックス・サンドロがボックス内でチョップを倒したとしてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって判定され、PKを献上する。だが、キッカーのファリアスがほぼ正面に蹴ったシュートはGKブッフォンがセーブし、リードを保った。 ▽すると凌いだユベントスは追加タイム1分、ピャニッチのロングフィードに抜け出したディバラがGKとの一対一を確実に制して加点し、前半を終えた。 ▽迎えた後半開始2分、ディバラのバー直撃のシュートを浴びせたユベントスは、フラットな[4-4]のブロックを作ってカリアリをいなしていく。 ▽そして66分、アレックス・サンドロのグラウンダークロスを受けたボックス左のイグアインが左足でゴール右にシュートを流し込み、3-0と勝負を決めた。 ▽余裕のユベントスはイグアインを下げ、前日に獲得を発表したマテュイディをデビューさせる。終盤にかけては相手にチャンスを許すことなく3-0のまま終了。ユベントスが白星発進している。 2017.08.20 02:55 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA開幕節プレビュー】スパレッティ・インテルがピオリ・ヴィオラと初戦

▽ユベントスの史上初の6連覇で幕を閉じた昨季のセリエA。迎える新シーズンは昨季優勝争いに絡んだローマとナポリの他、ミラノ勢も復活の可能性が高く、群雄割拠のシーズンとなることが予想される。そんなセリエA開幕節の注目試合はインテルvsフィオレンティーナだ。 ▽インテルはローマで好結果を残し続けてきたスパレッティ監督を招へい。昨季は2度の監督交代を行っただけに名将の招へいは、何よりの補強と言える。課題だったバックラインにはパワー系センターバックのシュクリニアとリーグ・アン最高と評された左サイドバックのダウベルト・エンリケを加え、質を高めた。ペリシッチを留めた攻撃陣は元々リーグ屈指なだけに、スパレッティ監督が守備を構築すれば上位に絡んでこれるはずだ。古巣との対戦となるボルハ・バレロやヴェシーノのプレーにも注目だ。 ▽一方のフィオレンティーナは昨季途中、インテルを率いたピオリ監督が指揮する。一時は堅守速攻を武器にインテルを復調させた同監督だが、4月に突如失速し、解任の憂き目に遭った。そのインテルに痛い恩返しといきたいところだが、チームは大半の主力が流出し、過渡期にある。シメオネJrやキエーザJrら若手中心のチームでどれだけ戦えるか。 ▽また、日曜日にはアタランタvsローマの好カードも組まれている。昨季はガスペリーニ監督の下、4位と大躍進したアタランタ。ただ、注目の有望株はことごとくビッグクラブに引き抜かれ、弱体化が進んでいる。残留したのはペターニャ、アレハンドロ・ゴメス、カルダーラ位だが、知将の下で良いスタートを切れるか。 ▽対するローマはサッスオーロで実績を残していたディ・フランチェスコ監督を招へい。現役時代にローマでスクデットを獲得した指揮官の下、チームはサラーやパレデス、リュディガーにシュチェスニーら主力を失った。それでも敏腕SDのモンチ氏の下、コラロフやデフレル、ジェンギズにモレノ、ペッレグリーニにゴナロンと渋い補強を敢行。戦力を整えた中、新監督の手腕に期待が懸かる。 ▽7連覇を目指すユベントスは、土曜日の開幕戦でカリアリとホームで対戦する。そのユベントスは守備の要となっていたボヌッチがミランへ電撃移籍した他、ダニエウ・アウベスが退団した。主力2人を失って守備に難を抱えそうな中、ドグラス・コスタやベルナルデスキといった新攻撃陣が守備の不安を払拭するような働きを見せることが期待される。 ▽月曜日には大型補強を敢行したミランがクロトーネとのアウェイ戦で新シーズンをスタートさせる。中国資本に切り替わったミランは、GKドンナルンマの残留に成功したのを皮切りに、前述のボヌッチの他、ムサッキオにリカルド・ロドリゲス、コンティを加え、崩壊気味だった守備が一気に整備されそうな気配がある。中盤ではチャルハノール、ケシエ、ビリアとタイプの違う選手を揃え、ストライカーにはアンドレ・シウバと、好タレントを全ポジションに加えた。あとはモンテッラ監督が彼らをいかに機能させていくかが、鍵を握りそうだ。 ▽最後にチャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフでニースにしっかりと先勝した優勝候補ナポリは、サッリ体制3季目で熟成路線を採る中、昇格組ヴェローナとのアウェイ戦に臨む。 ◆セリエA開幕節 ▽8/19(土) 《25:00》 ユベントス vs カリアリ 《27:45》 ヴェローナ vs ナポリ ▽8/20(日) 《25:00》 アタランタ vs ローマ 《27:45》 サンプドリア vs ベネヴェント ラツィオ vs SPAL ボローニャ vs トリノ インテル vs フィオレンティーナ ウディネーゼ vs キエーボ サッスオーロ vs ジェノア ▽8/21(月) 《27:45》 クロトーネ vs ミラン 2017.08.19 18:00 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース