【CLグループH総括】低調ユベントスが首位通過、セビージャがELを卒業2016.12.10 07:37 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽戦前の予想通り、ユベントスとセビージャが決勝トーナメント進出を果たし、リヨンがELに回る結果となった。

■グループH順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ユベントス[14/4/2/0/9]
2.セビージャ[11/3/2/1/4]
3.リヨン[8/2/2/2/2]
4.ディナモ・ザグレブ[0/0/0/6/-15]

◆ケガ人続出で低調も首位通過~ユベントス~
Getty Images
▽FWディバラを筆頭に多くのケガ人を出しながらも本命のユベントスが辛くも首位通過を果たした。格下ディナモ・ザグレブにこそ2戦とも快勝したものの、セビージャとリヨンには大苦戦。両クラブとの戦績は2勝2分けと結果だけを見れば順風満帆だが、負けていてもおかしくない内容の試合もあった。とりわけ第5節セビージャ戦は主審の判定に助けられた面もあり、運にも恵まれたグループステージだった。

◆EL4連覇の夢は潰えるもGS突破~セビージャ~
Getty Images
▽EL3連覇中のセビージャは、サンパオリ新監督の下で明確な戦いを貫き、2位での通過を決めた。要塞サンチェス・ピスファンでは相手を圧倒する戦いを見せ、アウェイでは徹底した守備で相手の攻撃を封じる策を講じた。堅実に勝ち点を積み重ねたチームは最終節でリヨンとの一騎打ちの戦いを0-0で引き分け、ノルマの決勝トーナメント進出を果たした。清武は分厚い選手層に阻まれ、第4節ディナモ・ザグレブ戦で75分から出場したのみに終わっている。

◆好チームも決定力不足~リヨン~
Getty Images
▽得点源のFWラカゼットの負傷が響いた。MFトリッソやMFフェキルといった若手が躍動して多くのチャンスを生み出したが、本調子を取り戻せなかったエースに引きずられ、決定力を欠いた。ユベントスやセビージャ相手にも互角に戦って見せたが、昨季に続いてグループステージ突破とはならなかった。

◆ノーゴール全敗の屈辱で最下位~ディナモ・ザグレブ~
Getty Images
▽FWピアツァやMFログ、GKエドゥアルドを失ったチームは、やはり戦力ダウンの感が否めなかった。攻守両面で他3クラブを大きく下回るチームは、0ゴール15失点と惨敗。新星チョリッチも要所で光るプレーを見せたが、チームを牽引するほどのパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

J・ボアテング「外国でプレーしたいという気持ちはある」 ユーベとインテルが飛びつく?

▽バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)に移籍の可能性が浮上している。イタリア『カルチョ・メルカート』や『90min』が伝えた。 ▽2011年にマンチェスター・シティからバイエルンに加入したJ・ボアテング。2010-11シーズンのシティ移籍を除いてここまでのキャリア11年でドイツ以外のクラブでのプレー経験がないJ・ボアテングはドイツ『スポーツ・ビルト』に「バイエルンとの未来? 外国のクラブでプレーしたいという気持ちはいつだって心の中にあった。状況によるだろうね。どうなるかわからない」とコメントしていた。 ▽伝えられるところによれば、ユベントスとインテルというイタリアのビッグクラブがJ・ボアテングの獲得に興味を持っているようだ。今夏にイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチをミランに放出したユベントスは代わりにシャルケからドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスをレンタルで獲得したが、ユベントスはその穴を埋められていないと考えている模様だ。 ▽さらに、ブラジル代表DFミランダや、今夏獲得したスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが高いパフォーマンスを披露しているインテルも、世界レベルのDFを獲得することは同クラブにとって非常に魅力的な選択だとも伝えられている。 ▽バイエルンとの現行契約を2021年6月30日までとしているJ・ボアテング。キャリアの絶頂期を迎えている今、見知らぬ土地で新たな挑戦に臨むにはベストなタイミングにも思えるが、果たしてJ・ボアテングはどのような選択をするのだろうか。 2017.12.15 22:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ退団の理由を聞く子供のストレートな質問にボヌッチがたじたじ

▽ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、子供からのストレートな質問にたじたじとなったようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽セリエAで6連覇を達成したユベントスの守備陣を支えてきたボヌッチは、今夏の移籍市場でライバルであるミランへ加入した。再建段階にあるミランのキャプテンを務め、負傷の影響がありながらもここまでリーグ戦14試合に出場している。 ▽そんなのボヌッチが、ミランのユースアカデミーのクリスマスパーティーに参加。大勢の子供たちの前で「みんなの夢が実現することを願っているよ。いつも楽しく過ごすように心がけよう。僕たちは君らの笑顔を願ってる」とあいさつをした。 ▽子供たちにとっては、トップチームのキャプテンとして活躍するボヌッチとのひと時は夢のような時間だっただろう。そんな中、子供たちからの質問コーナーが開催された。報道によるとイベントに参加していた女の子が「なぜユーベから出ていったの?」と子供らしい直球な質問をぶつけた。 ▽しかしボヌッチも大人な対応に出る。子供たちにもわかりやすいように人生の教訓として語っている。 「そうだね。真実を話すには君は少し幼いかもしれないね。でもこれは新しい試合に臨んでいるだけなんだ。僕とユベントスはお互いに決断してこの移籍が決まった」 「監督もミラベッリも僕にチャンスを与えてくれたんだ。僕はそれを掴んだ。人生や人間関係の中には常に議論があり、別の道を歩むこともあるんだ。僕とユーベはそうなったんだよ」 ▽なおボヌッチの退団についてはマッシミリアーノ・アッレグリ監督との衝突が原因だと言われていた。実際にボヌッチはミラン加入後、「真実を話す」として次のようなコメントを残している。 「(アッレグリとの関係悪化は)あくまでも最後の要因に過ぎない。それ以外にもあらゆる状況があった。100%をチームに捧げるために、(クラブから)重要な選手だ(と思われている)と感じる必要がある。でもユーベではそういったものを感じるのは時々しかなく、(首脳陣が)思い出した時だけだったね」 2017.12.15 11:16 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルを追うユーベ、マドリ―から2選手の獲得を狙う

▽ユベントスが、レアル・マドリーで出場機会を与えられていない2選手の獲得に興味を持っているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽現在、セリエAで6連覇中のユベントスだが、今シーズンはここまで16試合を終えて勝ち点38の3位。首位に立つインテルとは2ポイント差となっている。スクデットを獲得するために、ユベントスは1月の移籍市場で中盤を強化したいと考えているようだ。 ▽そこで白羽の矢が立ったのがマドリ―に所属する2選手。1人は今夏にベティスからマドリーに加入したスペイン人MFダニ・セバージョス(21)今夏に行われたU-21欧州選手権では準優勝に貢献し、大会の最優秀選手賞を受賞した。しかし選手賞が厚いチームの中では出場機会が与えられず、リーガエスパニョーラでは6試合で2ゴールとなっている。 ▽もう一人はクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)。2015-16シーズンにインテルからマドリーに加入した同選手だが、やはり出場機会は多くなく。今シーズンもリーガエスパニョーラでは3試合の途中出場にとどまっている。 ▽両者ともにジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取れていないが、ユベントスはそれぞれの攻撃的な部分を評価しているようで、1月の移籍市場で獲得できるように調査を続けているようだ。 2017.12.15 10:41 Fri
twitterfacebook
thumb

サッリに惹かれて!? ヴィエラが将来的なセリエA参戦に興味

▽ニューヨーク・シティの指揮官を務めるパトリック・ヴィエラ監督が、将来的にセリエAで指揮を執りたいとの意向を口にした。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽現役時代にミラン、ユベントス、インテルといったセリエAのビッグクラブでプレーしたヴィエラ監督。2011年にマンチェスター・シティで現役を引退すると、2013-14シーズンからの2年間はシティのアカデミーコーチに就任。2016年からはMLSのニューヨーク・シティで指揮を執っている。 ▽そんなヴィエラ監督が、イタリアで行われたイベントに参加。現在、セリエAで2位に付けるナポリを称え、マウリツィオ・サッリ監督へ称賛を送り、自身は将来的にセリエAで指揮を執りたいと希望を口にした。 「サッリは素晴らしい指揮官だと思っている。私自身はナポリのサッカーを見るのが大好きなんだ。クオリティの高いサッカーをしている。ユーベは勝ち方を知っている。インテルも良いね。この3チームがスクデットを争っていくだろう」 「ミランのガットゥーゾにも興味がある。同じようにラツィオのシモーネ・インザーギも興味深い。イタリアには戦術家が多く、斬新なアイデアが生まれる。そして国としてサッカーに情熱を持っている。私も監督としてイタリアに戻りたいと思っているよ」 2017.12.14 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、来夏の移籍市場に向けマドリーのMFコバチッチ&MFダニ・セバージョスに関心か

▽ユベントスがレアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)と、スペイン代表MFダニ・セバージョス(21)の獲得に興味を示しているようだ。『フットボールイタリア』がイタリア『TUTTOSPORT』を引用して報じた。 ▽今冬の移籍市場では大きな動きを見せていないユベントスだが、『TUTTOSPORT』によれば来シーズンに向けて、レアル・マドリーで出場機会に苦しんでいる2選手の動向に注視しているようだ。 ▽2015年の夏にインテルからマドリーに加入したコバチッチは、在籍2シーズンで公式戦73試合に出場。しかし、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、MFカゼミロのレギュラー3選手の牙城を破れず、準主力に甘んじている。 ▽一方、今夏にベティスから加入したダニ・セバージョスは、将来性を評価されているものの、ここまで公式戦13試合の出場で、リーグ戦はわずか186分の出場に留まっている。 2017.12.14 01:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース