【CLグループG総括】プレミア低調の初出場レスターが首位通過2016.12.10 07:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽組み合わせに恵まれたこともあって初出場のプレミア王者レスターが首位通過を果たした。2位は経験値で他3クラブを上回るポルトとなった。

■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.レスター・シティ[13/4/1/1/1]
2.ポルト[11/3/2/1/6]
3.コペンハーゲン[9/2/3/1/5]
4.クラブ・ブルージュ[0/0/0/6/-12]

◆プレミアでは低調もCLに照準で首位通過~レスター・シティ~
Getty Images
▽選手層の薄さが響いてプレミアリーグに悪影響が出てしまったが、CLに照準を合わせたことで確実に勝ち点を積み上げた。最弱のクラブ・ブルージュに2勝し、コペンハーゲンに1勝1分けと取りこぼさなかった。CL初参戦の岡崎はスリマニの負傷離脱のチャンスを生かして第5節クラブ・ブルージュ戦で初先発し、CL初ゴールをマーク。首位通過を決める要因となった。

◆ノルマの決勝T進出は果たす~ポルト~
Getty Images
▽得点源のアブバカルや守備の軸となっていたマルティンス・インディを失った中、若手主体のチームは無難に決勝トーナメント進出を果たした。アブバカルの代役は21歳の若き至宝アンドレ・シウバが埋め、マルティンス・インディの穴はフェリペがしっかりと埋めた。そして、勝利すれば突破となるレスターとの最終節では5-0と圧勝し、文句なく決勝トーナメント行きを決めている。

◆ホームで強さ発揮も届かず~コペンハーゲン~
Getty Images
▽最終節までポルトと決勝トーナメント進出を懸けて戦い抜いた。北欧らしい堅守からの速攻でレスターやポルトを苦しめた。ホームでは相変わらずの強さを見せ、レスターとポルトに引き分けている。しかし、最終節ではクラブ・ブルージュに勝利したもののポルトも勝利したために届かず、ELに回る形となった。

◆鴨となったベルギー王者~クラブ・ブルージュ~
Getty Images
▽ベルギー王者はディナモ・ザグレブに並ぶ今大会歳弱のチームだった。6試合で2ゴール14失点と攻守に脆さがあり、グループ内で鴨となってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

先発出場の岡崎慎司、地元メディアは高評価も課題を指摘「リンクプレーは良かったが…」

プレミアリーグは20日に第24節が行われ、レスターはワトフォードに2-0と勝利した。先発した岡崎慎司は、地元メディアから高評価を受けている。<br><br>ホームにワトフォードを迎えたレスターは、39分にエースFWジェイミー・ヴァーディのゴールで先制する。相手の攻撃をシャットアウトし、後半アディショナルタイムにはMFリヤド・マフレズがダメ押し弾を決め、本拠地「キングパワー・スタジアム」で快勝を収めた。<br /><br />リーグ戦3試合連続の先発出場を果たした岡崎も、味方のボールを引き出しつつ起点となるなど、好調をキープ。さらに精力的にプレスも仕掛け、65分に交代する際にはスタンドのファンから拍手を受けている。<br><br>地元紙『レスター・マーキューリー』は、日本代表FWに「7」と高評価を与えた。「リンクプレーは良かった。しかし、危険なポジションでの彼のボールは良くなかった」と評している。<br><br>チーム最高点は、ゴールを奪ったバーディとマフレズ、DFハリー・マグワイアの「8」。先発全員が「7」以上の評価を得ている。<br><br>また、『スカイ・スポーツ』での採点も「7」となっている。最高点は、バーディの「9」。マグワイアとマフレズは「8」となり、こちらでも先発メンバー全員が「7」以上の評価を受けた。<br><br>勝利したレスターは、勝ち点を34に伸ばし、7位に浮上している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.21 08:24 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴァーディ&マフレズ弾でレスターが完勝! 岡崎は65分までプレー《プレミアリーグ》

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは20日、プレミアリーグ第24節でワトフォードと対戦し、2-0で勝利した。岡崎は65分までプレーした。 ▽前節のチェルシー戦をゴールレスドローで終えた8位レスター(勝ち点31)が、ホームに10位ワトフォード(勝ち点26)を迎えた一戦。ミッドウィークにFA杯3回戦再試合でフリートウッド・タウンと対戦したレスターは、その試合の先発からマフレズとアマルテイ以外の9人を変更。岡崎はリーグ3戦連続の先発出場となった。 ▽試合は開始6分、岡崎のロングパスでDFの裏に抜け出したヴァーディがボックス中央まで切り込みシュート。これがGKカルネジスに弾かれると、こぼれ球を駆け上がった岡崎がダイビングヘッドで詰めたが、ジャストミートできない。 ▽一進一退の展開が続く中、ワトフォードは34分に決定機。ドゥクレのパスをボックス手前でカバセレが頭で繋ぐと、DFの裏に抜け出したディーニーがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定で取り消された。 ▽ピンチを凌いだレスターは38分、M・ジェームズの縦パスをボックス内で受けたヴァーディがワゲに倒され、PKを獲得。このPKをヴァーディがゴール右隅に決め、レスターが先制に成功した。 ▽迎えた後半、最初のチャンスはリードするレスターに生まれる。51分、チルウェルのパスで左サイドを抜け出したヴァーディがボックス左まで侵攻。マイナスの折り返しを岡崎が左足で合わせたが、これはGKカルネジスに正面でキャッチされる。 ▽膠着状態が続く中、レスターは65分に岡崎を下げてグレイを投入。さらに89分にヴァーディを下げてアドリエン・シウバをピッチに送り出した。 ▽すると91分、アドリエン・シウバのパスをバイタルエリア手前で受けたマフレズが、ゴールエリア左付近まで切り込みシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。ヴァーディ&マフレズ弾でリーグ3戦無敗のレスターが、7位に順位を上げている。 2018.01.21 02:02 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランド第一号はレスターFWイヘアナチョ! カップ戦で導入開始のVARゴールを記録

▽今シーズンからセリエAやブンデスリーガでも導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、イングランドでもVARでのゴール第一号が誕生した。 ▽記念すべきイングランドのVARゴール第一号を決めたのは、マンチェスター・シティからレスター・シティに今シーズン加入したナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(21)。イングランドではプレミアリーグではVARを導入していないものの、2018年1月からのFAカップ、カラバオ・カップ(EFLカップ)で導入を開始していた。 ▽レスターは16日、キング・パワー・スタジアムでFAカップ3回戦の再試合に臨み、リーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦。1-0で迎えた77分、イヘアナチョが2点目を奪う。しかし、オフサイドの判定となったものの、VARによる検証で判定が覆り、見事第一号となった。試合は、2-0でレスターが勝利している。 2018.01.17 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イヘアナチョ2発で再試合制したレスターが4回戦進出! 岡崎は81分から途中出場《FAカップ》

▽レスター・シティは16日、キング・パワー・スタジアムで行われたFAカップ3回戦再試合でリーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦し、2-0で勝利した。この結果、レスターはリーグ1所属のピーターバラの待つ4回戦進出を決めた。なお、FW岡崎慎司は81分から途中出場した。 ▽敵地で行われた前回対戦で辛くもゴールレスドローに持ち込んだレスターは、先週末のリーグ戦でチェルシーと再びゴールレスドローに終わり、2戦連続ドロー中。ホームでのリターンマッチとなった今回のフリートウッド戦に向けては、チェルシー戦からドラゴビッチ、アマルテイ、マフレズを除く8選手を変更。岡崎は古巣対戦のヴァーディと共にベンチスタートとなり、スリマニとイヘアナチョが2トップを組んだ。 ▽前回対戦と同様に拮抗した展開が続く中、互いに崩しの精度を欠きなかなか決定機を作り出せない。 ▽互いにフィニッシュまで持ち込めない状況が続くが、28分にフリートウッドが鋭いカウンターからボックス手前中央でパスを受けたマカレニーが枠の右隅を捉えた絶妙なシュートを放つ。しかし、これはGKヤクポビッチが好守で凌ぐ。すると直後の32分にはボックス手前中央の好位置でFKを得たレスターがマフレズの正確な左足のキックでゴールに迫るが、ここは左ポストの外側を掠める。 ▽徐々に動きが出てきた試合はハーフタイムにかけてよりオープンに。37分にはフリートウッドが右サイドからの鮮やかな連係プレーでマイフリアのヒールパスをペナルティアーク付近のデンプシーが右足ダイレクトで狙うが、枠を捉えたシュートはGKヤクポビッチがワンハンドセーブではじき出す。 ▽すると、直後の43分にはレスターが自陣から入れたロングボールが相手DFのクリアミスを誘い、これを拾ったスリマニがゴール前に走り込むイヘアナチョへラストパス。最後はナイジェリア代表FWがGKとの一対一を制し、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽1点リードで試合を折り返したレスターは、後半も立ち上がりに決定機を作る。50分、ボックス手前左でボールを受けたイヘアナチョがゴール前に走り込むスリマニへ浮き球のパスを通す。これをスリマニがダイレクトボレーで合わすが、惜しくも枠の右に外れる。 ▽その後も試合をコントロールするレスターは相手に決定機を許さず、冷静に試合を進めていく。すると77分、ボックス右でマフレズの浮き球スルーパスに抜け出したイヘアナチョが飛び出した相手GKより早くボールをネットに流し込む。ここで副審が旗を上げて一度はオフサイドの判定となるが、今大会で採用しているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証が行われると、この判定が覆りレスターのゴールが認められた。 ▽試合終盤の81分には殊勲のイヘアナチョ、マフレズを下げて岡崎、ヴァーディのレギュラーコンビをピッチに送り出したレスターは最後まで危なげなく試合を運び、2-0で勝利。格下フリートウッドとのリターンマッチをきっちり制したチームは、リーグ1所属のピーターバラが待つ4回戦進出を決めた。同日行われたその他の試合結果は以下の通り。 ◆FAカップ3回戦再試合結果 ▽1/16(火) レスター・シティ 2-0 フリートウッド・タウン マンスフィールド 1-4 カーディフ シェフィールド・ウェンズデイ 2-0 カーライル ウェストハム 1-0 シュルーズベリー レディング 3-0 スティヴネイジ 2018.01.17 06:48 Wed
twitterfacebook
thumb

マフレズ退団を否定するレスター指揮官「今夏には移籍金1億ポンドを越えるだろう」

▽レスター・シティを率いるクロード・ピュエル監督は、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)が今夏の移籍市場で移籍金が1億ポンド(約152億円)以上になると主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2014年1月にレスター加入して以降、ドリブルスキルを武器に2015-16シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献するなどチームの主力としてプレーするマフレズ。今シーズンもここまで公式戦25試合に出場して8ゴール8アシストを記録している。 ▽そんなマフレズには現在リバプールやアーセナルから今冬の移籍市場での獲得へ関心が寄せられている。しかし、『スカイ・スポーツ』によると、ピュエル監督は今夏の移籍市場にはマフレズの価値が1億ポンド(約152億円)を越えるとして、同選手の獲得を考えているクラブをけん制。さらに、同選手の退団については「ただの噂」だと残留を強調している。 「おそらく今夏にマフレズは、1億ポンド(約152億円)以上の費用が掛かる選手になるだろう」 「移籍についてはただの噂であり、雑音でしかない。チームメイトとのプレーを楽しんでいるし、フットボールを楽しんでいる。我々は彼の笑顔を見ることができる。彼はトレーニングの後も練習するんだ。私は休んで欲しいと思うが、完璧なんだよ」 2018.01.16 09:02 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース