【CLグループG総括】プレミア低調の初出場レスターが首位通過2016.12.10 07:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽組み合わせに恵まれたこともあって初出場のプレミア王者レスターが首位通過を果たした。2位は経験値で他3クラブを上回るポルトとなった。

■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.レスター・シティ[13/4/1/1/1]
2.ポルト[11/3/2/1/6]
3.コペンハーゲン[9/2/3/1/5]
4.クラブ・ブルージュ[0/0/0/6/-12]

◆プレミアでは低調もCLに照準で首位通過~レスター・シティ~
Getty Images
▽選手層の薄さが響いてプレミアリーグに悪影響が出てしまったが、CLに照準を合わせたことで確実に勝ち点を積み上げた。最弱のクラブ・ブルージュに2勝し、コペンハーゲンに1勝1分けと取りこぼさなかった。CL初参戦の岡崎はスリマニの負傷離脱のチャンスを生かして第5節クラブ・ブルージュ戦で初先発し、CL初ゴールをマーク。首位通過を決める要因となった。

◆ノルマの決勝T進出は果たす~ポルト~
Getty Images
▽得点源のアブバカルや守備の軸となっていたマルティンス・インディを失った中、若手主体のチームは無難に決勝トーナメント進出を果たした。アブバカルの代役は21歳の若き至宝アンドレ・シウバが埋め、マルティンス・インディの穴はフェリペがしっかりと埋めた。そして、勝利すれば突破となるレスターとの最終節では5-0と圧勝し、文句なく決勝トーナメント行きを決めている。

◆ホームで強さ発揮も届かず~コペンハーゲン~
Getty Images
▽最終節までポルトと決勝トーナメント進出を懸けて戦い抜いた。北欧らしい堅守からの速攻でレスターやポルトを苦しめた。ホームでは相変わらずの強さを見せ、レスターとポルトに引き分けている。しかし、最終節ではクラブ・ブルージュに勝利したもののポルトも勝利したために届かず、ELに回る形となった。

◆鴨となったベルギー王者~クラブ・ブルージュ~
Getty Images
▽ベルギー王者はディナモ・ザグレブに並ぶ今大会歳弱のチームだった。6試合で2ゴール14失点と攻守に脆さがあり、グループ内で鴨となってしまった。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎慎司が考えるレスター不振の原因はやはり…「フォーメーションを変えなければいけなくなった」

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司は、チームの不調の原因にMFエンゴロ・カンテの不在を挙げている。イギリス『タイムズ』が報じた。<br><br>レスターは昨シーズン、奇跡のプレミアリーグ初優勝を果たしながら、今シーズンはここまで降格圏と5ポイント差の15位に沈んでいる。岡崎は不振に陥っている原因の一つに「カンテ」を挙げ、以下のように語った。<br><br>「カンテの移籍は本当に大きな損失でしたね。カンテ個人がいなくなってチームにダメージを与えただけでなく、僕らは新しいシステムに適応しなければいけなくなりましたから。僕らはチームの基本フォーメーションを変えなければいけなかった。まだ一番良い方法を探している最中ですよ」<br><br>ピッチ中央の広範囲をカバーし、ボールを奪えばすぐに繋ぐことができるカンテ。世界屈指の&ldquo;フィルター&rdquo;がチームからいなくなったことで、フォーメーション変更を強いられたレスターが苦しむのは当然とも言える。いまだ「ベストの方法を探している最中」のレスターだが、シーズン終了までに見つけることはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.23 20:52 Mon
twitterfacebook
thumb

“ティンカーマン”ラニエリ、システム変更がサウサンプトン戦完敗に繋がったことを認める

レスター・シティはプレミアリ-グ第22節サウサンプトン戦に0-3で敗れた。レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は最近行っているシステムの変更は失敗だったと語っている。<br><br>前節、首位を走るチェルシー戦を3バックで戦い、0-3で敗戦。今節は従来の4バックに戻してサウサンプトン戦に臨んだ。しかし、ラニエリは中盤をダイヤモンドにするなどシステムを変更し、前節と同様0-3で敗れた。<br><br>「ここ2試合で選手がプレーしやすいと思いフォ-メ-ションを変えた。しかしそれは失敗だったようだ。チェルシー戦を3バックで、今日のようにダイヤモンドで戦ったことは間違っていた。他の選択肢を増やしたかったが、結果的にこれは失敗に終わった。選手が理解できている4-4-1-1で試合を戦えばベターだったと思う。」<br><br>さらに、2点を追いかけるハーフタイムにMFナンパリス・メンディをMFマーク・オルブライトンに交代。「陣形を変えて後半に臨もうとした。ゴールが必要であり、ゴールが奪えていたら、試合の流れは大きく変わっていただろう。言い訳はない。サウサンプトンは良いプレーをし、勝っただけだ」と交代に関して語った。<br><br>ここリ-グ戦6試合で1勝2分け3敗となかなか波に乗れないレスター・シティ。降格圏までわずか5ポイント差と息の抜けない状況が続く。<br><br>提供:goal.com 2017.01.23 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田vs岡崎の日本人対決は吉田に軍配! 代役主将吉田に率いられたセインツが連敗を4でストップ!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第22節、サウサンプトンvsレスター・シティが22日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、ホームのサウサンプトンが3-0で快勝した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場。レスターのFW岡崎慎司は63分までプレーした。 ▽勝ち点3差の13位サウサンプトンと15位レスターの一戦。リーグ4連敗と苦戦が続くサウサンプトンは、元主将フォンテのウェストハム移籍を受けて吉田がリーグ戦4試合連続スタメン出場を果たした。 ▽一方、前節ホームでチェルシー相手に大敗したレスターは、今季初のアウェイ戦勝利、新年のリーグ初白星を目指してセント・メリーズに乗り込んだ。この一戦に向けてラニエリ監督は、グレイとヴァーディを2トップに配し、岡崎をトップ下に置いた[4-3-1-2]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりから攻勢をかけるサウサンプトンは、開始6分にレドモンドがファーストシュートを放つと、その後もホイビュルク、ジェイ・ロドリゲスとボックス付近で積極的にシュートを放っていく。 ▽一方、苦手のアウェイで押し込まれる時間が続くレスターは、トップ下に入る岡崎が前を向いてドリブルを仕掛けたり、背後を狙う2トップにラストパスを狙うが、なかなかフィニッシュまで繫がらない。 ▽その後もサウサンプトンペースで試合が進む中、26分に先制点が生まれる。味方からのスルーパスに抜け出した右サイドのセドリックが中に切り込んだ丁寧に折り返したボールを、ボックス中央のワード=プラウズが右足のダイレクトシュートでゴール左隅に決めた。 ▽反撃に出たいレスターは、30分にショートカウンターから岡崎が中央突破を仕掛けてペナルティアーク付近の好位置でFKを獲得。しかし、キッカーのグレイが直接狙ったシュートは壁に阻まれ、同点ゴールとはならず。 ▽すると39分にはセットプレーからホームチームに追加点が生まれる。相手陣内左サイドで得たFKの場面でゴール前で吉田と競ったDFフートのクリアがボックス左に流れると、これをジェイ・ロドリゲスが左足ボレーでニアを破り、終始試合をコントロールしたサウサンプトンが2点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、2点ビハインドを追うレスターはメンディを下げてハーフタイム明けにオルブライトンを投入。この交代で岡崎を2トップの一角に上げ、グレイとオルブライトンがサイドハーフに入る中盤フラットの[4-4-2]にシステムを変更した。 ▽後半も開始2分にホイビュルクがミドルシュートを放つなど、上々の入りを見せたサウサンプトンだったが、55分にアクシデントが発生。ヴァーディとの接触で左足首を痛めたファン・ダイクが一度はピッチに戻るも自ら交代を要求し、スティーブンスとの負傷交代を強いられる。新キャプテンの離脱を受けて、キャプテンマークは吉田に手渡され、吉田は直近のFAカップのノリッジ戦に続いてゲームキャプテンを託された。 ▽一方、後半に入ってもほとんど攻撃の形を作れないレスターは、63分に岡崎を下げてムサを投入。前半はトップ下、後半は2トップの一角として奮闘した岡崎は、決定的な仕事をこなせないまま、ピッチを後にすることになった。 ▽後半半ばから終盤にかけては一進一退の攻防が続く。71分にはセットプレーからフートのヘディングパスに反応したモーガンに決定機も、ここはシュートをふかしてしまう。続く75分にはタディッチのFKの場面で吉田と競ったモーガンがオウンゴールを献上してしまうが、ここは吉田がオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは取り消しとなった。 ▽それでも、攻め続けるサウサンプトンは86分に試合を決定付ける3点目を奪う。最終ラインの背後に抜け出したロングが、ボックス内でDFモーガンに倒されてPKを獲得。これをタディッチが冷静にゴール右上隅に蹴り込んだ。吉田と岡崎の日本人対決が実現した一戦で完勝のサウサンプトンが連敗を「4」でストップすると共に5試合ぶりの白星を手にした。一方、またもアウェイ初勝利を逃したレスターは、2試合連続0-3での大敗を喫した。 2017.01.22 22:55 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司のブンデス復帰は消滅か…シャルケ首脳陣がレンタルでの獲得を否定

シャルケは日本代表FW岡崎慎司の獲得を狙っていないことが明らかになった。ドイツ紙『レヴィアシュポルト』が報じた。<br><br>シャルケは先日、岡崎をレンタルで獲得するのではといううわさが流れた。ブンデスリーガで11位に沈むチームは最前線に多くのケガ人を抱え、ドイツで活躍できるストライカーを探している。また、クリスティアン・ハイデル取締役もマインツで岡崎とともに仕事をした経験が移籍を近づけるのではと考えられたが、クラブはうわさを否定している。<br><br>ハイデル氏は「岡崎は(獲得するべき)ターゲットに挙がっていない」と話し、日本人ストライカーのドイツ復帰はないとした。<br><br>岡崎は現在、レスターでベンチを温める時間が多くなっているが、今後もイングランドでプレーを続ける可能性は高そうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.20 07:03 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎同僚にリーガ移籍の可能性...アラベスがレスターFWウジョア獲得を画策

日本代表FW岡崎慎司の同僚であるレスター・シティFWレオナルド・ウジョアに、リーガエスパニョーラ移籍の可能性が浮上している。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>昨シーズン6得点を挙げてレスターの優勝に貢献したウジョアだが、今シーズンは新戦力の活躍などもあり出場機会に恵まれていない。プレミアリーグ第21節終了時点で、出場時間数は240分にとどまっている。<br><br>そのウジョアに、アラベスが関心を示している。今シーズンからリーガ1部で戦うアラベスは、残留を確かなものとするためにウジョアを完全移籍で獲得したいと考えているようだ。<br><br>アラベスはすでに選手側とコンタクトを取り、第一オファーを提示したとされる。だがレスターのクラウディオ・ラニエリ監督及び首脳陣はウジョアの移籍を望んでいない。<br><br>そのため、ウジョアはトランスファー・リクエストの提出を考慮している模様。今後数日以内に正式にクラブへ退団の意向を申し入れるとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 22:42 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース