【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

エル・ニーニョ弾でアトレティコがリーグ4連勝!! リーガ無敗記録を『20』に更新!《リーガスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第16節でアラベスと対戦し、1-0で勝利した。 ▽リーガ19戦無敗中の3位アトレティコ(勝ち点33)が、ホームに18位アラベス(勝ち点12)を迎えた一戦。前節のベティス戦をサウール弾で勝利したアトレティコは、その試合から先発メンバーを1人変更。コレアに代わりグリーズマンが公式戦2試合ぶりの先発メンバーに名を連ねた。 ▽立ち上がりはアグレッシブな姿勢を見せたアラベスにボールを運ばれるも、アトレティコは激しい当たりで応戦。すると13分、アトレティコはフィリペ・ルイスの横パスをボックス手前で受けたサウールがペナルティアーク左まで切り込みシュート。相手DFに当たったボールはわずかにゴール左に外れた。 ▽中盤でのボールの奪い合いが続く一戦は、激しく攻守が入れ替わり、互いに決定機までたどり着けない。36分にアトレティコは、セットプレーのこぼれ球からコケがジャンピングボレーシュートを狙ったが、相手DFのブロックにディフレクトしたボールはGKパチェコにキャッチされた。 ▽ゴールレスで試合を折り返したアトレティコは、後半の頭からコレアを投入。主導権を握りながらも、なかなか決定機を作れない状況に業を煮やしたシメオネ監督は、69分にサウールとガメイロを下げてトーレスとカラスコを投入する2枚替えを敢行。 ▽すると、この交代策が功を奏す。74分、右サイドをオーバーラップしたヴルサリコの高速クロスをゴール前に走りこんだトーレスが滑り込みながら合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽同点弾を狙うアラベスは、77分にピナを下げてボージャン、83分にイバイ・ゴメスを下げてクリスティアン・サントスと、攻撃的な選手を投入したが、最後までアトレティコの堅守を崩すことができず。 ▽トーレス弾でリーグ戦4連勝を飾ったアトレティコは、リーガ無敗記録を20試合に更新した。 2017.12.17 06:43 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長が断言「フットボールはビジネス。感情は失われるべき」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長が、「フットボールはビジネス」であると断言した。<br><br>映画プロデューサーを本職とするセレソ会長は、スペインのフットボールカルチャーマガジン『パネンカ』の「フットボールと映画」という特集テーマでインタビューを受け、同スポーツに感情が必要がないことを主張している。<br><br>「フットボールから感情が失われているのではない。失われなければいけないんだ。感情や忠誠は良いものだが、フットボールはビジネスだ。私は現実主義なんだよ。一選手に恋をしたとして、明日その選手に関する断れないようなオファーが届いたらどうする? 私であれば良い形で退団することを望むね」<br><br>「アトレティから退団したすべての選手が、幸せな形でここを去っていた。クン(アグエロ)以外の全員がね。アグエロは別れを告げることさえしなかった。ファルカオやフォルランのようにここを去ったならば、ファンは彼をもてなし続けていただろうが、だからこそ彼に対する批判は論理的なものだと思う。私の父は一つの会社だけに従事していたが、現代において、一つの会社で働き続ける期間はどれくらいのものなんだ?」<br><br>セレソ会長はまた、アトレティコファンから大きな愛情を受けるディエゴ・シメオネ監督、今夏にアトレティコ退団を希望したFWアントワーヌ・グリーズマンにも言及している。<br><br>「興味があるのは、シメオネがここを出て行くときのことだ。ファンは彼を英雄と捉え続けるのだろうか&hellip;&hellip;。おそらくファンは、非現実的な感情を抱えることをやめるだろうね。ファンが退団希望を宣言したグリーズマンを許さないことについては、どう説明するか? 選手たちはエンブレムにキスをするためにここにいるわけじゃない。ゴールを決めるため、プレーするためにいるんだ。私たちは感情で選手を補強するわけじゃないんだ。彼らの足と頭を見て獲得するんだよ」<br><br>「環境を変えることを望む選手がいるとすれば、それはさらなる待遇を用意しているクラブが現れたということだ。2倍の給料を支払う会社が存在するのに、前の会社に残る従業員など見たことがない。人々が話しているフットボールにおけるロマンチシズムは不明確なものだ。フットボールはロマンチックなものではなく、11人の選手と1人の監督によって表現される現実的な組織なんだよ。人生と同じだ」<br><br>アトレティコのファンは、スペインの中でも感情的な人々とされているが、セレソ会長のこの一連の発言は議論の的にもなり得そうだ。もちろん、会長という立場から話した言葉ではあるが&hellip;&hellip;。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコではなくアーセナルを選んだラカゼット「ヴェンゲルとの話し合いで決断した」

今夏にリヨンからアーセナルに加入したFWアレクサンドル・ラカゼットが、アーセナル移籍を決断した理由を明かしている。<br><br>アトレティコ・マドリーからもオファーを提示されながらも、結局はアーセナル移籍を選択したラカゼット。同選手はアーセナルのオウンドメディアとのインタビューで、アーセン・ヴェンゲル監督との話し合いが移籍の決め手であったことを明かしている。<br><br>「ここに来ることを決めさせたのは、監督との話し合いだった。彼とは細かい話を、自分がさらに改善できることについて話し合ったんだよ」<br><br>アーセナルはリヨンに移籍金6000万ユーロを支払い、ラカゼットを引き入れた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 23:32 Sat
twitterfacebook
thumb

さらばグリーズマン? シメオネ、今冬の放出を示唆

▽アトレティコ・マドリーは、来年1月の移籍市場でフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)の放出に動く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽アトレティコ・マドリーでの出色の活躍により、移籍の可能性が後を絶たないグリーズマン。アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナとの関連が伝えられるエースの去就について次のように言及したという。 「もちろん、グリーズマンにも、(ジエゴ・)コスタや(アルダ・)トゥランと同じように去る可能性がある」 「私は選手と愛し、彼らの成長する姿が大好きだ。恩を仇で返すような人間じゃない」 「じゃあ、選手から『監督、あるチームでプレーするチャンスがあるから移籍させてくれ』と言われたとしてみよう」 「それが私に全てを尽くしてくれたグリーズマンなら、私は『問題ない』と答える。彼が成長を望んでいるのは承知している」 2017.12.16 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のファビーニョが今季限りのモナコ退団明言! 「モナコでの最後のシーズン」

▽モナコに所属するブラジル代表DFファビーニョ(24)が今季限りでのモナコ退団を明言した。『ESPN』が伝えている。 ▽昨シーズン、モナコのリーグ・アン制覇、チャンピオンズリーグ(CL)でのベスト4進出に貢献したファビーニョは、総合力の高いセントラルMFでのパフォーマンスに加え、本職の右サイドバックでもプレー可能という付加価値もあり、今夏の移籍市場ではアーセナルやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・マドリーなど、多くのクラブへの移籍の可能性が報じられた。 ▽しかし、MFベルナルド・シウバ、MFティエムエ・バカヨコ、DFバンジャマン・メンディ、FWキリアン・ムバッペと多くの主力を引き抜かれたモナコは、ファビーニョへのオファーをすべて固辞したため、今夏の移籍実現とはならなかった。 ▽ファビーニョは13日、『ESPN』のインタビューで今後の去就に関して質問を受けると、来年1月の移籍を否定したものの、来夏の移籍を明言した。 「普通に考えて、今季はモナコでの最後のシーズンになる。ただ、現時点(来年1月)での退団は考えていないよ」 「夏の移籍期間中、移籍できなかったことは自分にとって大きな問題だった。僕はあのときに移籍するべきだったが、それをしなかった。でも、今はそのことについて何も考えていない。新たなページがめくられているんだ」 「もちろん、モナコでのプレーに集中しているけど、自分が“昨年のファビーニョ”ではないことは自覚している。決して、悪いプレーをしているわけではないけど、ベストに戻っていない」 ▽また、ファビーニョは来夏の有力な移籍先候補と目されるアトレティコ行きの可能性について問われると、移籍の可能性を認めつつも明言を避けている。 「(アトレティコ移籍に関して)可能性はあるよ。ただ、僕も代理人もアトレティコの人間と話していない」 「代理人たちとは来年夏の移籍市場に関して話し合っているけど、これから夏までに多くのことが起こる可能性がある。そういったチームで自分がプレーするレベルにあることを、今後示していかないといけないね。ただ、将来については5月以降に真剣に話をしていくつもりだ」 2017.12.15 06:45 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース