【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーFWジエゴ・コスタ「まるで犯罪者のよう」構想外で飼い殺し状態に不満

チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタはアントニオ・コンテ体制で完全に構想外となっており、文字通り&ldquo;飼い殺し&rdquo;の状況が続いている。<br><br>本人は古巣であるアトレティコ・マドリーに戻ることを第一希望としているようだが、同クラブはFIFAの規定に抵触していたとして、選手登録禁止処分が課されている。よって、新戦力を獲得しても登録は来年1月になる見通しだ。<br><br>そんな状況下で、D・コスタは地元紙『サン』に対して、次のように述べている。<br><br>「プレシーズンの合流も1週間遅くていいと言われ、それ以来罰金処分も課されている。まったく戦力として見てもらえていないし、チェルシーから自由になる瞬間を待ち遠しくしているよ。契約解除をしてもらいたいし、もうここにいたくない。だが、コンテはそれさえも望んでいないらしいんだ。だったら、僕は1年間プレーできなくてもいいから、自由契約にしてほしいよ」<br><br>D・コスタは「チームはプレーする機会を与えるつもりもないようだし、干されたままだ。まるで犯罪者のように扱われているよ。アトレティコ以外に行く場所はないと思っているし、他のクラブに行きたいとも思わない。ただ、彼らは僕を中国や他のクラブに売りたいと思っているようなんだ」と発言。<br><br>チェルシー側はD・コスタの契約解除金を支払えるチームに今夏売却したい意向があり、それが1月まで選手登録のできないA・マドリーへの移籍の弊害になっていると語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、シメオネ構想外のビエットに照準か

▽ビジャレアルが、アトレティコ・マドリーのアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(23)の獲得を考えているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽2015年夏にビジャレアルから加入したビエットだが、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンや、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスらからポジションを奪うことができず、公式戦28試合の出場に留まった。セビージャにレンタル移籍した昨季は、リーグ戦21試合の出場で6ゴール3アシストを記録するなどまずまずの成績を残したものの、リーグ後半になるにつれて出場時間が減っていった。 ▽そんなビエットは、今季もディエゴ・シメオネ監督の構想には入っていないようで、マルセイユやサウサンプトン、バレンシアなど国内外から関心が寄せられる中、2014-15シーズンに在籍していたビジャレアルが獲得に動くという。 ▽伝えられるところによると、レンタルでの獲得を望むビジャレアルに対し、アトレティコ側は1月に選手の登録禁止処分が解かれることを見越して、契約に買い取りオプションを付随させたい模様。両者の間には微妙なギャップがあるようだが、果たして…。 2017.08.14 17:20 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ビエットをレンタルではなく完全移籍で放出へ...移籍金26億円の回収目指す

アトレティコ・マドリーは、FWルシアーノ・ビエットをレンタルではなく完全移籍で放出する意向だ。<br><br>アトレティコは2015年夏に移籍金2000万ユーロ(約26億円)でビジャレアルからビエットを獲得。しかしながらディエゴ・シメオネ監督の下で輝きを放つことはできず、昨季はセビージャにレンタルされていた。<br><br>今夏アトレティコでプレシーズンを過ごしたビエットだが、チーム内で居場所を見つけることはできなかったようだ。アトレティコは同選手の移籍先を模索しており、獲得費を回収するべく2000万ユーロ以上での売却を目指している。<br><br>シメオネ監督は長いシーズンを見据え、前線に4選手を揃える方針だとされる。アントワーヌ・グリエズマン、フェルナンド・トーレス、ケヴィン・ガメイロ、アンヘル・コレアを抱える現状で、ビエットが放出候補の筆頭となっている。<br><br>なお、チェルシーFWジエゴ・コスタ獲得の可能性を除外していないアトレティコは、スペイン代表FW獲得に成功した場合、ガメイロかコレアの放出を考慮するとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.11 23:59 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、アルゼンチンの有望株に興味...ラシン・クラブは19歳FWの契約解除金引き上げへ

アトレティコ・マドリーは、ラシン・クラブFWラウタロ・マルティネスに関心を寄せている模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>19歳のラウタロは、ラシンの下部組織出身選手だ。すでにアルゼンチンリーグ1部で1256分に出場して10得点を挙げるなど、非凡なゴールセンスを見せている。<br><br>ラシンのビクトール・ブランコ会長は、母国ラジオ局でラウタロについて語った。<br><br>「ラウタロの振る舞いに感謝している。彼は契約解除金による退団を選ばなかった。我々は今月末に彼と新契約を結び、契約解除金を引き上げる予定だ」<br><br>「ラウタロはラシンの下部組織出身選手の中でも最高の選手の一人だ。ただ、我々は彼を将来的に売却することになるだろう」<br><br>アトレティコは以前からラウタロの動向を追ってきたが、今夏の獲得を決めたわけではないという。同選手には他にもモナコが関心を寄せており、ヨーロッパの複数クラブによる争奪戦が予想される。<br><br>提供:goal.com 2017.08.11 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

テネリフェで12ゴールを記録したアトレティコFWエンディアイエがヘタフェ移籍で再び柴崎と同僚に

▽ヘタフェは10日、アトレティコ・マドリーのセネガル人FWアマス・エンディアイエ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年で、移籍金は発表されていない。 ▽2014年夏からアトレティコでプレーしていたエンディアイエは、ストライカーを本職にウイングでもプレー可能な173cmのアタッカー。アトレティコでのトップチーム出場歴がない中、2016-17シーズンはレンタル先のテネリフェでMF柴崎岳と共に主力として活躍。リーガエスパニョーラ2部で35試合に出場して12ゴール4アシストを記録し、昇格プレーオフ決勝まで導いていた。 2017.08.11 04:11 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース