超ワールドサッカー

【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

カルデロン最後の試合で2ゴール決めたF・トーレス、「歴史と愛は続いていく」

21日のリーガエスパニョーラ最終節、アトレティコ・マドリーは本拠地ビセンテ・カルデロンでのアスレティック・ビルバオ戦を3&minus;1で制した。このカルデロンでの公式戦最後の一戦で2得点を記録した同クラブの絶対的アイドル、FWフェルナンド・トーレスは、慣れ親しんだスタジアムとの別れを惜しんでいる。<br><br>子供の頃からカルデロンで試合を観戦し、同スタジアムでのプレーを夢見ていたF・トーレスは、まるで運命のようにカルデロン最後の公式戦でゴールを記録した。エル・ニーニョ(子供)の愛称でアトレティコファンから親しまれる同選手は、試合後に次のように語っている。<br><br>「今日のような日に覚える感情を説明することは難しい。僕たちは子供の頃からカルデロンに通っていたし、多くの思い出が頭を駆け巡っている。この勝利はアトレティの魂に誇りを与えるものとなった」<br><br>「横断幕にもあった通り、ここは僕たちの家だ。今からメトロポリターノ(新スタジアム)という未来が動き出すが、それでも自分たちの想いは変わらない。僕たちはカルデロンで、50年間ずっと幸せだった。その日々の一部になれたというのは本当に誇らしい。でも、歴史と愛は続いていくんだよ」<br><br>今季限りでアトレティコとの契約が切れるF・トーレスだが、同クラブでプレーし続ける意思を示している。<br><br>「すべてのアトレティコスと同じ誇りを感じながら、チームメートとクラブを助けていきたい。今季も僕たちを支えてくれたファンに感謝するよ。彼らは本当に信じられない存在だ。敗戦したときには、特にそう感じるよ。来季、再びチャレンジしよう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.22 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

カルデロン最後の公式戦で叫ばれた「跳ばない奴はマドリディスタ」、グリーズマンが跳ぶ

21日に本拠地ビセンテ・カルデロンでの公式戦最後の試合に臨んだアトレティコ・マドリーだが、FWアントワーヌ・グリーズマンが観客のレアル・マドリーを否定するチャントに同調する場面があった。<br><br>来季より本拠地を移転するため、リーガエスパニョーラ第31節ビルバオ戦(3-1)が、カルデロンでの公式戦ラストゲームとなったアトレティコ。試合終了後にはセレモニーが行われたが、そこでグリーズマンがアトレティコファンと意思を通わせている。<br><br>観客は、セレモニーの途中で「跳ばない奴はマドリディスタ!」というおなじみのチャントを歌い、皆のジャンプを促した。ピッチ上で、これに唯一反応したのがグリーズマンである。フランス代表FWはセンターサークル付近でぴょんぴょんと跳ねて、これを受けた観客は同選手のチャントを嬉々として響かせている。<br><br>一時期にはレアル・マドリー移籍の可能性が報じられていたグリーズマンだが、禁断の移籍に踏み切る考えはないのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.22 21:22 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベイル売却準備進行中? 代役候補にアザール、グリーズマン、ムバッペ、ディバラ

▽スペイン『Don Balon』は21日、レアル・マドリーがウェールズ代表MFガレス・ベイル(27)の売却リストに加えたと報じた。 ▽ベイルは相次ぐ故障離脱により、レアル・マドリー内部からのイメージダウンが取り沙汰されている。今回の報道によれば、クラブはすでに放出の準備を開始。今夏の移籍市場で、2013年夏にトッテナムから獲得時に費やした投資額9400万ユーロ(現在のレートで約117億円)に近い額での売却を目指しているようだ。 ▽一方で、『Don Balon』によれば、レアル・マドリーはベイルに代わる新たなアタッカーとして、チェルシーのMFエデン・アザール、アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマン、モナコのFWキリアン・ムバッペ、ユベントスのFWパウロ・ディバラに注視。そのうち1人の獲得を画策しているという。 2017.05.22 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネ監督が残留宣言! 「私はここに残る」

▽アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が残留宣言をした。スペイン『アス』が報じている。 ▽今シーズン無冠に終わったものの、アトレティコ・マドリーをチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4、リーグ戦で来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内である3位に導いたシメオネ監督。そんな同監督には、以前から古巣であるインテルが招へいに動いているとの報道が伝えられていた。 ▽ところが、21日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のビルバオ戦後のセレモニーでシメオネ監督は、クラブに残ることを宣言。そして、クラブに関わった全ての人に感謝を告げた。 「まず始めに、このスタジアムで起こったこと、選手たち、コーチ、ディレクター、関わった全ての人に対して感謝を申し上げたい。彼らは、我々のために多くの素晴らしい瞬間をつくりあげてくれた」 「我々よりもお金のあるクラブや、優勝経験のあるクラブはたくさんあるし、その両方を持っているクラブもある。しかし、彼らがこのクラブの想いや愛情を手放すことはない」 「最後に、皆さんは私にこのクラブに残るかどうかを尋ねていたね。その答えはYESだ。私はここに残る」 「なぜ、ここに残るかって? それはこのクラブに未来があるからだ。私たち全員の未来がね。チャオ!」 2017.05.22 14:27 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネと復活のティグレが再タッグか

▽モナコで復活を遂げたコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(31)に古巣アトレティコ・マドリー復帰の可能性が浮上した。スペイン『Don Balon』が伝えている。 ▽ファルカオは、今シーズンのリーグ・アン29試合に出場して21ゴール。ここ数年における低調なぶりから一転して、再び生粋のスコアラーとしての輝きを取り戻す活躍を披露した。 ▽そうした中、今回の報道によれば、古巣アトレティコ・マドリーの恩師であるディエゴ・シメオネ監督がティグレ(ファルカオの愛称)との再共演を求め、クラブに獲得を要請したようだ。 ▽ファルカオは2011年夏にポルトからアトレティコ・マドリーに加入。在籍2シーズンで公式戦91試合70ゴールの活躍を見せ、クラブのヨーロッパリーグ優勝に貢献した。 2017.05.22 08:45 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース