【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンがグリーズマン獲得レースでポールポジション! 再びユナイテッドを出し抜くか

▽バイエルンが、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(25)の獲得レースでポールポジションにいるようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ▽アトレティコとフランス代表の絶対的エースとして活躍するグリーズマンには、今夏のメガクラブ行きの可能性が盛んに報じられている。その中で移籍金6000万ポンド(約82億8000万円)、週給30万ポンド(約4100万円)の巨額オファーを準備しているといわれるマンチェスター・ユナイテッドが有力な移籍先候補とみられている。 ▽しかし、移籍市場のスペシャリストとして知られるイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、バイエルンがグリーズマンの獲得レースでポールポジションにいると主張している。 ▽バイエルンでは、元フランス代表MFフランク・リベリ(33)、オランダ代表FWアリエン・ロッベン(33)の主力2選手に加齢による衰えが見られており、タイプこそ異なるものの、2列目の複数ポジションをこなせるグリーズマンは、“ロッベリー”の後釜に打ってつけの人材だ。また、万能型ストライカーであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(28)との相性も申し分ないはずだ。 ▽ユナイテッドとバイエルンでは、昨年夏の移籍市場でユナイテッド行き確実とみられていたポルトガル代表MFレナト・サンチェス(19)を、バイエルンが見事な手際で出し抜き、獲得した実績もあり、今回もグリーズマン獲得にこぎ着けるのか。 2017.03.30 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、カバーニやビトロら4選手を狙う...前線と中盤の補強を画策

アトレティコ・マドリーは、すでに来季に向けての補強を見据えているのかもしれない。<br><br>現在リーガエスパニョーラで4位に位置しているアトレティコ。クラブが最大の目標として掲げ、2012-13シーズンから4シーズンにわたって堅持してきたチャンピオンズリーグのストレートインとなる3位以内確保が、今季は危うくなっている状況だ。<br><br>クラブが補強を考え始めているのは、そのためだろうか。18歳未満の外国人選手登録に関する規定を違反したとしてFIFAから2回の移籍市場における補強禁止処分(次の夏の移籍市場まで適用)を受けているアトレティコだが、現時点でスポーツ仲裁所に異議を唱えてその返答を待っていることもあり、処分が軽減される可能性を信じて複数選手をリストアップしているという。<br><br>スペイン『カデナ・セール』によると、アトレティコはモナコMFファビーニョ、レバークーゼンMFケビン・カンプル、セビージャMFビトロ、パリ・サンジェルマンFWエディンソン・カバーニを補強候補に挙げているようだ。<br><br>FWアントワーヌ・グリーズマンの去就が不透明となっているアトレティコは、前線にトップクラスの選手を加えることを望んでいる。ウルグアイ代表のカバーニ、スペイン代表のビトロに関しては、ディエゴ・シメオネ監督の好みに合った選手だとみられている。<br><br>また中盤においては、MFチアゴ・メンデスの退団が濃厚だ。シメオネ政権下で戦術理解力を買われ長らく主力選手として活躍したチアゴだが、昨季骨折で長期離脱してからリズムが崩れた。今季はMFコケのボランチ起用などもあって出場機会が激減しており、契約が満了する今季終了時にフリーでクラブを去ると言われている。<br><br>チアゴの後釜として、アトレティコは今季チャンピオンズリーグで躍進しているモナコでボランチを務めるファビーニョ、レバークーゼンで主力を張るスロベニア代表のカンプルに照準を定めているとされる。前者は守備力、後者は攻撃を組み立てる能力が高く評価されている模様だ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.29 21:18 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコFWガメイロが感じる強さの秘密…シメオネという存在の大きさ語る

アトレティコ・マドリーに所属するFWケビン・ガメイロは、ディエゴ・シメオネ監督がクラブを今のレベルに引き上げたと考えているようだ。『Goal』で語ってくれている。<br><br>ガメイロは昨夏セビージャから移籍し、アトレティコに加入した。2016-17シーズン、公式戦39試合に出場し、14得点7アシストの活躍を見せている。加入1年目からチームの主力として活躍するガメイロだが、過去数シーズンに渡るクラブの躍進の秘密は、シメオネ監督の情熱とハードワークによるものだと明かした。<br><br>「シメオネは勝者のメンタリティーを教えてくれた。彼は情熱家だ。そして毎試合前、僕らの闘志に火を灯してくれるんだ。彼はサッカーに生きている。食事の時も寝る時もサッカーのことを考えている。彼はアトレティコに来て、偉大なことを成し遂げてきた。クラブを高いレベルに導いたことに尊敬の念を抱いているよ。長きに渡ってクラブを率いて欲しい」<br><br>アトレティコは今季、チャンピオンズリーグで準々決勝進出を決めた。しかし、リーグ戦では1位のレアル・マドリーと勝ち点差が「10」と優勝争いからは後れを取っている。シーズン終盤の猛追が求められるが、まずは4月1日に敵地でマラガと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ガメイロ「グリーズマンは共にプレーした中で最高の選手ではない」その理由とは?

アトレティコ・マドリーに所属するFWケビン・ガメイロはチームメートのアントワーヌ・グリーズマンが、まだズラタン・イブラヒモビッチの域には到達していないと思っている。しかし同時に、いずれバロンドールを取る選手になると考えている。<br><br>「今まで一緒にプレーしてきた中で最高の選手として、グリーズマンの名前を挙げることはできない。なぜならば僕はズラタン・イブラヒモビッチやデイビッド・ベッカムなど、パリ・サンジェルマンで多くの素晴らしい選手たちとプレーしてきたからね。それでも、アントワーヌは、昨年バロンドールで3位だったし、いつか同賞に輝いて欲しいと思っているよ。彼はとても素晴らしいクオリティを持っているし、まだまだ成長すると思う」<br><br>また、ガメイロはフランス代表チームについて「この世代はオフェンスにもディフェンスにも良い選手がそろっている。とても良いことだし、将来が楽しみだよ」と現在の状況を分析した。<br><br>フランス代表は28日、スペインとの親善試合で0-2の敗戦を喫した。グリーズマンもビデオ判定によってゴールが取り消されるなど、得点を挙げることができなかった。グリーズマンのバロンドールへの道はクラブに帰ってから再び始まる。アトレティコは4月1日、敵地でマラガと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

DAZNが4月1日からリーガを放映! 毎節注目5試合をライブ放映

▽ブンデスリーガやJリーグ全試合を放送するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、4月1日(土)からラ・リーガ サンタンデール(リーガ・エスパニョーラ)を2019-2020シーズンまで放送することを発表した。毎節5試合以内の注目試合をライブ放映する。 ▽レアル・マドリーやバルセロナなど、世界最高峰のリーグとしても知られるリーガ・エスパニョーラ。今シーズンは首位争いも白熱し、シーズン終盤に向けて注目が高まっている。 ▽「DAZN」では、これまでコパ・デル・レイを放送していたが、リーグ戦であるリーガ・エスパニョーラの放映も決定。ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アン、Jリーグ(J1・J2・J3)などに続いて、サッカー中継を楽しめる事となった。 ▽なお、4月1日、2日に予定されているリーガエスパニョーラ第29節では、ビジャレアルvsエイバルやマラガvsアトレティコ・マドリー、セビージャvsスポルティング・ヒホン、レアル・マドリーvsアラベス、グラナダvsバルセロナの5試合を放映する。 ◆放映スケジュール ▽4月1日(土) 《20:00》 ビジャレアル vs エイバル ※日本語実況解説 《27:45》 マラガ vs アトレティコ・マドリー ※日本語実況解説 ▽4月2日(日) 《19:00》 セビージャ vs スポルティング・ヒホン ※日本語実況 《23:15》 レアル・マドリー vs アラベス ※日本語実況解説+DAZN独自のリプレイ映像 《27:45》 グラナダ vs バルセロナ ※日本語実況解説 2017.03.28 12:02 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース