【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコGKオブラクが3年連続のサモラ賞を受賞…外国人として歴代最多の3度目

▽アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク(25)が、2017-18シーズンのサモラ賞を受賞した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽サモラ賞とは、リーガエスパニョーラで1シーズンの1試合平均失点が最も少なかったGKに与えられる賞。オブラクは、3年連続でサモラ賞を受賞することとなった。 ▽オブラクは今シーズンのリーガエスパニョーラで37試合に出場し22失点。1試合平均0.59失点と抜群のパフォーマンスを見せていた。 ▽昨シーズンは1試合平均0.72失点(29試合21失点)、2015-16シーズンは1試合平均0.47失点(38試合18失点)の成績を残していた。 ▽3度目の受賞は、初代受賞者のGKリカルド・サモラなどと並び歴代5位タイ。最多は元バルセロナのGKアントニ・ラマレッツ、GKビクトール・バルデスの5回となっている。なお、オブラクは外国人GKとしては最多受賞者となった。 2018.05.22 23:36 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマンの代役ではない? アトレティコがスペイン代表FW獲得を熱望

▽アトレティコ・マドリーがスペイン代表FWの獲得に動くようだ。スペイン『カデナ・セール』が報じた。 ▽アトレティコは、エースであるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがバルセロナへと移籍する可能性が報じられている。そこで目をつけたのが、バレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレノ(27)だった。 ▽アトレティコとしては、スペイン代表FWジエゴ・コスタ、そしてグリーズマンとともに、ロドリゴ・モレノを含めた3人のアタッカー陣でシーズンに臨む意向があるとのことだ。 ▽チアゴ・アルカンタラやラフィーニャ・アルカンタラの従兄弟としても知られるロドリゴ・モレノは、レアル・マドリーの下部組織出身。ベンフィカやボルトンでプレーし、2014年7月にベンフィカからのレンタル移籍でバレンシアでプレー。翌年から完全移籍で加入した。 ▽今シーズンは、リーガエスパニョーラで37試合に出場し16ゴールを記録。得点ランキングでも8位タイの成績を残し、ロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表にも選出された。 ▽バレンシアは、ロドリゴ・モレノの移籍金を6000万ユーロ(約78億4000万円)に設定していると伝えられているが、アトレティコはFWケヴィン・ガメイロを差し出し、移籍金の削減を目指すようだ。 2018.05.22 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、グリーズマンを説得か...シメオネやヒル・マリンCEOが自宅を訪問

アトレティコ・マドリーは、FWアントワーヌ・グリーズマンの残留を希望しているようだ。<br><br>バルセロナからの関心が取りざたされているグリーズマン。スペイン『カデナ・セール』によると、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督、ミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEO、強化担当のアンドレア・ベルタ氏は先日フランス代表FWの自宅を訪ね、残留を説得したという。<br><br>グリーズマンはアトレティコに対して前向きな返事をしたとみられている。また、アトレティコは2022年まで契約を結んでいるグリーズマンの契約延長と、年俸2500万ユーロ(約32億円)を準備している模様だ。<br><br>20日のリーガエスパニョーラ最終節エイバル戦(2-2)で、グリーズマンは一部のサポーターからブーイングを浴び、ショックを受けていたことが伝えられていた。現時点では本人からの残留宣言はなく、今後の動きに注目が集まりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、アトレティコに残留の意思を伝えていた…だがブーイングで決意揺らぐ?

バルセロナ移籍の可能性が報じられるアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンは、アトレティコに残留の意思を伝えていたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>同紙のアトレティコセクションチーフ、アルベルト・ロメロ・バルベーロ記者によれば、グリーズマンは20日のリーガ・エスパニョーラ最終節エイバル戦の直前に、アトレティコ幹部に対して残留の意思を伝えた模様。その意思はFWフェルナンド・トーレスの退団セレモニーから注意が逸れる可能性があったために、公にされなかったとされる。<br><br>そして『マルカ』は、ここに来てグリーズマンの意思が揺らいでいる可能性を指摘。背景には、エイバル戦でアトレティコの一部ファン(ディエゴ・シメオネ監督は40~50人との見解)が、バルセロナ移籍に前向きと報じられてきたグリーズマンを批判・侮辱した出来事がある。グリーズマンは指笛など受けた後、ピッチ上で涙を隠すことができなかった。<br><br>グリーズマンは相当なショックを受けたようで、チーム関係者はF・トーレスの退団セレモニー終了後の同選手が、「誰のことも知りたくない」様子であったことを証言したという。<br><br>『マルカ』は、グリーズマンがこの出来事によって、アトレティコ残留からバルセロナ移籍に傾く可能性もあるとの見解を示す。グリーズマンに近しい人物たちも、残留か移籍で意見が分かれているとのことだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 01:50 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ「僕はグリーズマンが好き。彼を歓迎する」

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)を歓迎した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽長らく去就に注目を集めるグリーズマン。最近、再びバルセロナ移籍説に熱が帯び、既に加入合意に至っているとの見方が強まっている。メッシは、20日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のレアル・ソシエダ戦後、そのグリーズマンについて次のように言及したという。 「もちろん、僕はグリーズマンが好きだよ。彼は現在、世界でも指折りのベストプレーヤーの1人だ。どうなるのかはわからない。でも、一流の選手が加わるのは嬉しいこと。僕らはグリーズマンを歓迎するよ」 2018.05.21 11:40 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース