超ワールドサッカー

【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

イブラヒモビッチの新天地はアトレティコ? 双方にメリットありか

▽アトレティコ・マドリーが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』のレポートをスペイン『アス』や『マルカ』が伝えている。 ▽18歳未満の選手の獲得および登録で違反があったとして、国際サッカー連盟(FIFA)から新たな選手登録の禁止処分を受けているアトレティコは、来年1月まで実質的に新戦力補強が不可能となっている。そのため、今夏に噂されたチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)やリヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)の獲得オペレーションが困難となっている。 ▽『トゥットスポルト』の伝えるところによれば、アトレティコは今季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団するイブラヒモビッチを有効なオプションとして考えているという。 ▽今年4月にヒザのじん帯を損傷して長期離脱中のイブラヒモビッチは、復帰までに半年以上を要するとみられ、現時点で所属先がない。先日、合意が報じられたメジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラシーや中国のクラブなど、多くのクラブからオファーが届いているといわれているが、同選手はヨーロッパのトップレベルでのプレー継続を望んでいる模様だ。 ▽一方、アトレティコも今年1月まで選手を登録できないため、同選手の復帰が見込まれる来年1月までリハビリと共に戦術面のすり合わせを行える。そのため、選手とクラブ双方がシーズン後半戦に向けてしっかりとした準備ができる。 ▽なお、アトレティコ移籍に向けた障害はイブラヒモビッチの年齢と高額なサラリーとなるが、同選手が減額に応じる可能性は十分にあるとみられている。 ▽アトレティコにとっては、前述のジエゴ・コスタやラカゼットの獲得が最も有効なプランと思われるが、ロシア・ワールドカップ本大会前のシーズンにおいて半年間のレンタルや1月からの途中加入は大きなリスクがあり、選手側に敬遠される可能性が高い。したがって、イブラヒモビッチの獲得で新シーズンを乗り切り、来夏に本来のターゲット獲得に動くというプランは悪くない考えかもしれない。 2017.06.27 05:35 Tue
twitterfacebook
thumb

柴崎同僚アマスがアトレティコのプレシーズン参加へ…そのままチームに残る可能性も

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、今季レンタル移籍によってテネリフェに在籍していたFWアマスを、来季プレシーズンに加える考えを固めたもようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>MF柴崎岳が所属するテネリフェにレンタルで在籍したアマスは、本職のサイドだけではなくストライカーのポジションでもプレーし、14得点を記録するなど活躍。アトレティコはこの20歳のセネガル人FWを来季もレンタルで移籍させる考えだったが、シメオネ監督がテネリフェでの活躍を受けて、プレシーズンの練習に参加させることを決定したという。そう決定した理由は、アマスがストライカーとしても起用できることと、FWアンヘル・コレアに退団の可能性があるためのようだ。<br><br>アマスはアトレティコでFWルシアーノ・ビエット、FWディオゴ・ジョッタとポジションを争うことになる。ただ、もし競争に敗れて再びレンタル移籍するとしても、移籍先に困ることはなさそうだ。アマスに対しては、エスパニョールやベティスなどリーガ1部のクラブが興味を示しているという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.26 22:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アザールの負担軽減へチェルシーがセビージャMFビトロ獲得に興味か?

▽チェルシーがセビージャに所属するスペイン代表MFビトロ(27)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2013年6月にラス・パルマスからセビージャに加入したビトロは今シーズン、公式戦43試合に出場し、6ゴール10アシストを記録。リーガエスパニョーラではチームのチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ出場権獲得に貢献した。 ▽伝えるところによると、チェルシーはビトロの獲得を画策している模様。同クラブを率いるアントニオ・コンテ監督は、CLもある来シーズンに向けた選手層の拡充とエースであるベルギー代表MFエデン・アザールの負担軽減のため、高く評価するビトロの獲得を熱望しているとのことだ。セビージャとの契約期間を2020年6月30日まで残しているビトロの契約には、3500万ポンド(約49億7000万円)のリリース条項が含まれている模様だ。 ▽なお、アトレティコ・マドリーもビトロの獲得へ関心を寄せているが、国際サッカー連盟(FIFA)から今夏の移籍市場における選手登録を禁じられており、獲得しても来年の1月1日までプレーすることができない。スペイン『マルカ』先日、冬の移籍市場で正式に獲得できるまで同選手を古巣ラス・パルマスでプレーさせることを考えていると報じており、選手自身も「ラス・パルマスに戻れるのは素晴らしいと思う」と前向きなコメントを残していた。 2017.06.26 21:53 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ、ヴェッラッティ獲得失敗に備えサウールをリストアップ?

▽バルセロナが、現在獲得を噂されているパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(24)の獲得に失敗した時に備えて、アトレティコ・マドリーのU-21スペイン代表MFサウール・ニゲス(22)を獲得リストに加えたようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽驚異的な持久力を持つサウールは、90分間を通してピッチ上を走り回り、献身的な仕事が期待できる選手。また、必要に応じてボックスに侵入し相手に危険を与えたり、守備に回ったりできる広い視野と試合勘を持つ同選手は、エルネスト・バルベルデ新監督が得意とする[4-3-3]のシステムに完全にフィットできると、『アス』は見ている。さらに、チーム全体の若返りも期待できるメリットも指摘されている。 ▽現在、サウールはポーランドで行われているUEFA U-21欧州選手権に出場しており、バルセロナのテクニカル・ディレクターのロベルト・フェルナンデス氏が視察に赴いているとのこと。すでに選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏と接触を図ったとも伝えられている。 ▽選手獲得において不正を行ったとされるアトレティコは、FIFAから半年間の補強禁止処分を科されている。そんな彼らがわざわざ選手を手放すようなことはしないように思えるが、果たして...。 2017.06.26 15:39 Mon
twitterfacebook
thumb

リヨン会長、アーセナルがオファーを提示したラカゼットに言及!! ジルーへの興味も明言

▽リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、今夏の移籍市場で退団が噂されているフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ラカゼットに関しては以前からアトレティコ・マドリーが獲得に興味を示していた。ジャン=ミシェル・オラス会長は前日「移籍金として5300万ユーロ(約66億円)、さらにインセンティブで1200万ユーロ(約14億9500万円)と合計6500万ユーロ(約80億9700万円)のオファー」があったと認めている。 ▽しかしアトレティコは国際サッカー連盟(FIFA)から今夏の補強禁止処分を受けており、ラカゼット獲得交渉はまとまっていない。ここにきて、アーセナルも獲得に興味を示しており、ラカゼットの移籍金である4400万ポンド(約62億3500万円)を用意しているという。 ▽ジャン=ミシェル・オラス会長は再びラカゼットの移籍について言及。早急に決着をつけることはせずに、2クラブと交渉を行っていくと語った。 「アトレティコは1月1日にラカゼットを連れてきたいという明確な意思を見せている。我々としても、彼の移籍を急ぐことはない。ただ、移籍については彼の意思も聞かなければいけないと思っている」 「確かにヴェンゲルとも会っている。我々はラカゼットの移籍金を5000万~6000万ユーロ(約62億3100万~74億7700万円)に見積もっており、少なくともそれだけの額は支払ってもらう。一方でアトレティコは以前も言ったように合計で6500万ユーロのオファーを出した。アーセナルもこのことは知っているよ」 ▽またジャン=ミシェル・オラス会長は、アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーへの興味も口にしている。 「ジルーに対するアプローチはしている。我々は彼を注視しているよ。これまでに多くのゴールを奪っており、当然ながら2018年のワールドカップに向けての野心を持っている。彼ともコンタクトを取っているが、全てはヴェンゲル次第だ。今は状況を静観している」 2017.06.26 09:41 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース