【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

ビッグクラブ関心のファビーニョが今季限りのモナコ退団明言! 「モナコでの最後のシーズン」

▽モナコに所属するブラジル代表DFファビーニョ(24)が今季限りでのモナコ退団を明言した。『ESPN』が伝えている。 ▽昨シーズン、モナコのリーグ・アン制覇、チャンピオンズリーグ(CL)でのベスト4進出に貢献したファビーニョは、総合力の高いセントラルMFでのパフォーマンスに加え、本職の右サイドバックでもプレー可能という付加価値もあり、今夏の移籍市場ではアーセナルやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・マドリーなど、多くのクラブへの移籍の可能性が報じられた。 ▽しかし、MFベルナルド・シウバ、MFティエムエ・バカヨコ、DFバンジャマン・メンディ、FWキリアン・ムバッペと多くの主力を引き抜かれたモナコは、ファビーニョへのオファーをすべて固辞したため、今夏の移籍実現とはならなかった。 ▽ファビーニョは13日、『ESPN』のインタビューで今後の去就に関して質問を受けると、来年1月の移籍を否定したものの、来夏の移籍を明言した。 「普通に考えて、今季はモナコでの最後のシーズンになる。ただ、現時点(来年1月)での退団は考えていないよ」 「夏の移籍期間中、移籍できなかったことは自分にとって大きな問題だった。僕はあのときに移籍するべきだったが、それをしなかった。でも、今はそのことについて何も考えていない。新たなページがめくられているんだ」 「もちろん、モナコでのプレーに集中しているけど、自分が“昨年のファビーニョ”ではないことは自覚している。決して、悪いプレーをしているわけではないけど、ベストに戻っていない」 ▽また、ファビーニョは来夏の有力な移籍先候補と目されるアトレティコ行きの可能性について問われると、移籍の可能性を認めつつも明言を避けている。 「(アトレティコ移籍に関して)可能性はあるよ。ただ、僕も代理人もアトレティコの人間と話していない」 「代理人たちとは来年夏の移籍市場に関して話し合っているけど、これから夏までに多くのことが起こる可能性がある。そういったチームで自分がプレーするレベルにあることを、今後示していかないといけないね。ただ、将来については5月以降に真剣に話をしていくつもりだ」 2017.12.15 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ、来年1月のヴルサリコ獲得を断念か 会長が発言

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、アトレティコ・マドリーのクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)の獲得に動いていることを認めたが、今冬の移籍市場での獲得が困難となっていることも明かした。同会長がイタリア『イル・マッティーノ』に語った内容を、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ナポリでは、左サイドバックでレギュラーを務めていたアルジェリア代表DFファウジ・グラムが11月の初めに負傷。右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷と診断され、半年近く離脱することが明らかになっていた。 ▽代役探しが急務となったナポリは、アトレティコで出場機会に悩むヴルサリコをリストアップ。本人も移籍を希望しているということが各紙より報道されており、今冬の獲得が囁かれていた。しかし、デ・ラウレンティス会長は今シーズン中の獲得が困難だと感じているようだ。 「我々はフルバックを強化したいと考えている。しかし、それは簡単なことではない。1月に(シメ・)ヴルサリコとのサインを締結するには、困難があるからだ。確かに彼が欲しいが、複雑なんだ」 「最近、アトレティコの(エンリケ・セレーゾ)会長と会談した。彼は『今は取引を行うことができない』と言ったよ。しかし、恐らく(困難なのは)6月までだ。彼らには多くの試合があるからね」 ▽ヴルサリコは、シーズン最序盤に負ったヒザの負傷の影響もあり、リーガエスパニョーラ第15節終了時点で公式戦の出場は7試合のみ。そのうち、リーガでの出場は4試合に留まっている。 2017.12.15 05:34 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネ、アトレティコは「有刺鉄線上で生きている」...指揮官を成り上がらせたものは「恐怖」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、自身のチームがレアル・マドリーやバルセロナとは異なることを強調している。<br><br>シメオネ監督は2011年12月にアトレティコの指揮官に就任。それ以降アトレティコはリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、スーペル・コパ、UEFAスーパーカップ、ヨーロッパリーグと5タイトルを獲得した。<br><br>シメオネ監督はフランス『レキップ』で指導をスタートさせたきっかけを明かしている。<br><br>「私はピッチ上にいるのが好きなんだ。何が起こるか分からないという不透明さ、そして試合で勝利を収めることがね」<br><br>「試合が始まる際、私は常に恐怖を感じる。現役時代もそうだった。恐怖は反骨心を刺激し、警戒心を高め、その人間を向上させる」<br><br>シメオネ監督はキャリアにおいて過信や慢心が敵になると考えているようだ。<br><br>「自分が優れていると考えるのは、毒のようなものだ。フットボールは常に激しく変化している。選手を最高の状態に維持してくれるもの、それは恐怖だ。恐れが、選手に最高レベルを出すことを義務付ける」<br><br>「スタッフが警備員をピッチに下ろしたら、私は動揺する。悪い試合になり、チームに悪影響を及ぼすのは明らかだからね」<br><br>「監督の動揺を、選手たちは敏感に感じ取るものだ。監督のエネルギーが低下すれば、必ず選手たちの信頼を失うことになる。試合中に大声で叫ばなくていいのは、4-0で大勝するようなチームの監督だよ」<br><br>「私は綱渡りをしているチームの監督だ。アトレティコは有刺鉄線上で生きているようなものだ。バルセロナやレアル・マドリー、バイエルン、パリ・サンジェルマンとは違う。彼らは4-0、6-0で勝てるかもしれないがね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.14 23:04 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが唯一の欠点補強へ!! オブラク獲得に札束攻勢

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が1月の移籍市場でGKの補強を画策しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ワールドクラスのメンバーを各ポジションに揃えるPSGだが、唯一の欠点と言われてきたのがGKのポジション。今夏にはミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)の獲得に動きを見せており、その後はマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)への興味が報じられている。 ▽しかし『アス』によると、PSGは来冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク(24)を最優先のターゲットとして獲得に向けた準備を進めているようだ。 ▽なお、アトレティコ側がオブラクに設定しているバイアウト状況は1億ユーロ(約133億4700万円)。PSGはこれを起動させてオブラクを引き抜く考えのようだ。仮にこの移籍が決まると、GKの史上最高移籍金となる。 ▽2014-15シーズンからアトレティコでプレーするオブラクは、移籍初年度こそ負傷の影響もありスペイン人GKミゲル・アンヘル・モジャとの併用が目立った。しかしその後は守護神としてチームを支え、今シーズンもリーガエスパニョーラ全試合でゴールマウスを守っている。 2017.12.14 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…

▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ローマ[11/3/2/1/3] 2.チェルシー[11/3/2/1/8] 3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1] 4.カラバフ[2/0/2/4/-12] ◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。 ◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。 ◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。 ◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。 2017.12.13 18:02 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース