【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

トーレス、アトレティコで通算300試合出場達成!

▽アトレティコ・マドリーの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、同クラブでの通算300試合出場を達成した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽アトレティコの下部組織で育ったトーレスは2000-01シーズンに当時2部で争っていた同クラブの第39節、レガネス戦でデビュー。第40節のアルバセテ戦では初ゴールを飾るなど、エル・ニーニョ(神の子)と謳われていたトーレスはその後もゴールを量産した。 ▽2007年にリバプールに移籍すると、その後はチェルシーやミランといったチームへ活躍の場を移す。チェルシーでは11-12シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験。翌シーズンにはヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げた。 ▽ミランからアトレティコに復帰した15-16シーズンからは主にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのサポート役としてチームに貢献。それでも、着実に試合数を重ねていったトーレスは14日のバルセロナ戦で途中出場を果たし、見事通算300試合出場を達成した。 ▽以前、「僕の望みはアトレティコでプレーすること、ここで引退することだ」と、アトレティコへの愛を語ったトーレス。心のクラブで今後どのような活躍をみせてくれるのか注目だ。 2017.10.16 15:29 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ戦で再度ゴラッソを決めたサウール「点を決めていない責任を感じていた」

14日のリーガエスパニョーラ第8節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのバルセロナ戦を1&minus;1のドローで終えた。この試合の先制点を決めたMFサウール・ニゲスは、ホームで勝ち点3を逃したことを悔やんでいる。<br><br>スペイン『マルカ』がアトレティコのカンテラーノのコメントを伝えた。<br><br>「彼らは首位に位置する素晴らしいチームだ。でも、ホームではいつだって勝ち点3を獲得しなければならないし、ドローは嘆かわしいことだと思う。僕たちの意図は我慢をして、彼らがスペースを空けたときにカウンターを仕掛けることにあった。バルセロナの陣地でもっとボールを持ちたかったね。彼らは揺さぶられるのが苦手だから」<br><br>ペナルティーエリア手前からの抑えの効いたミドルシュートと、またもビッグマッチでゴラッソを決めたサウール。しかし選手本人は、ここ最近ゴールを記録していなかったことに焦りを感じていたという。<br><br>「ゴールを決めたいと思っていた。チャンスを得ながらも勝ち点につながらない状況が続いていたからね。少し責任を感じていたし、今日のゴールにホッとしているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 03:34 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ戦で同点弾決めたスアレス「得点でも何でもいいからチームを助けていく」

14日のリーガエスパニョーラ第7節、バルセロナは敵地ワンダ・メトロポリターノでのアトレティコ・マドリー戦を1&minus;1のドローで終えた。82分に同点弾を記録したFWルイス・スアレスは、勝ち点1獲得を良い結果とみなしながらも、勝利すら手にできたとの感想を述べている。<br><br>スペイン『アンテナ3』がウルグアイ代表FWのコメントを伝えた。<br><br>「試合のほとんどをビハインドで過ごしていたんだから、勝ち点1は悪くない。相手はリーガのタイトルを争うライバルだ」<br><br>「アトレティコが良い守備を見せるのは誰もが知っているし、それに加えて素晴らしいGKもいる。いずれにしても、僕たちの後半のプレーは勝ち点3を得るに値したと思う」<br><br>スアレスにとって、この試合のゴールは今季リーガの3点目。バルセロナの点取り屋としては物足りない数字かもしれないが、選手本人はゴールよりもチームの助けとなるプレーの方が重要と説く。<br><br>「チームをできる限りの方法で助けたい。少ししかプレーに関与していないように思われるかもしれないけど、助けられるなら得点でも何でも、どのような形であってもいいんだ。ボールのないところでの動きなど、チームの恩恵になるプレーでね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 03:12 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 1-1 バルセロナ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節、アトレティコ・マドリーvsバルセロナが14日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_16_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 6.0 終始、安定したセービングを見せていた DF 20 フアンフラン 5.0 イニエスタ、ジョルディ・アルバにスペースを与えなかったが、失点場面ではスアレスにやられた 15 サビッチ 6.0 ゴディンとの好連係でメッシとスアレスを監視 2 ゴディン 6.5 最終ラインの砦として君臨 3 フィリペ・ルイス 6.0 アンドレ・ゴメスに何もさせず MF 6 コケ 5.5 攻守のバランスを保つ 14 ガビ 6.0 序盤にイエローカードをもらうも粘り強く対応 8 サウール 6.5 右足でのファインゴールで先制点をもたらす 10 カラスコ 6.0 後半に仕掛けのプレーを増やしてアクセントに FW 7 グリーズマン 6.0 前半にあった2つの決定機を決めたかった。攻撃をけん引 11 コレア 5.5 グリーズマンとまずまずの連係を保った (→ガイタン 5.0) 守備に追われていた 監督 シメオネ 6.0 逃げ切りには失敗したが、らしい戦いぶりでバルセロナを追い詰めた ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_17_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 6.0 前半のグリーズマンの決定的なシュートを2本好守で阻止 DF 2 N・セメド 5.5 高い位置を取って圧力をかけたが効果は薄かった (→セルジ・ロベルト 6.0) 好クロスで同点弾をアシスト 3 ピケ 6.5 一対一で負けなかった 23 ユムティティ 6.0 ピケと共に安定していた 18 ジョルディ・アルバ 5.5 何度か効果的な攻撃参加を見せる MF 21 アンドレ・ゴメス 5.0 同胞のN・セメドとの関係が芳しくなかった 4 ラキティッチ 5.0 さほど攻撃にアクセントを付けられず (→パウリーニョ -) 5 ブスケッツ 5.5 失点場面では緩慢な対応だったと言わざるを得ない 8 イニエスタ 5.0 コンディション不良の影響か、見せ場なく交代 (→デウロフェウ 5.5) 終盤にかけて攻撃を加速させた FW 10 メッシ 5.5 後半に存在感を増したが、ゴールを奪うには至らず 9 スアレス 6.0 前半は代表戦の疲れを感じさせたが、同点弾でチームを救う 監督 バルベルデ 5.5 代表戦明けで厳しいコンディションの中、敵地で価値ある勝ち点1 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サウール(アトレティコ・マドリー) ▽互いの守備を締めたゴディンとピケも好パフォーマンスだったが、正確なシュートでアトレティコに先制点をもたらしたサウールを選出。 2017.10.15 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スアレス同点弾もアトレティコがバルセロナの開幕連勝を7で止める《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節、アトレティコ・マドリーvsバルセロナが14日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節レガネスとのダービーをゴールレスドローで終えた4位アトレティコ(勝ち点15)は、公式戦2試合未勝利となった中、代表戦帰りのグリーズマンやゴディンを始め、現状のほぼベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、前節ラス・パルマス戦を3-0と快勝して開幕7連勝の首位バルセロナ(勝ち点21)は、代表戦でハットトリックを決め、アルゼンチンを劇的にワールドカップ(W杯)出場に導いたメッシが先発となった他、代表戦帰りで同じくウルグアイをW杯出場に導いたスアレスも先発となった。 ▽開始30秒にスアレスとのワンツーからメッシが決定的なシュートに持ち込んだバルセロナが、ボールを保持する展開で立ち上がったビッグマッチ。しかし、アトレティコもすかさずけん制する。8分、イニエスタのミスパスからショートカウンターに転じると、グリーズマンがボックス右に侵入。右足でシュートに持ち込んだが、枠の右隅を捉えたフィニッシュはGKテア・シュテーゲンのファインセーブに阻まれた。 ▽続く9分にもアトレティコにビッグチャンス。グリーズマンが単騎突破からボックス左に侵入してシュート。しかし、ここもGKテア・シュテーゲンのファインセーブに阻止された。 ▽それでも21分、集中した守備を続けていたアトレティコが先制する。カラスコのパスをバイタルエリアで受けたサウールが持ち上がってペナルティアーク左から右足を一閃。利き足でないながら完璧にコントロールされたシュートがゴール右隅に決まった。 ▽ハーフタイムにかけてもバルセロナがアトレティコ陣内で試合を進めたが、堅守を誇るアトレティコ守備陣が隙を見せなかったことで1-0のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始2分にショートコーナーからカラスコが枠内シュートを浴びせたアトレティコが良い入りを見せると、53分にはグリーズマンがボックス左からのボレーシュートでゴールに迫った。 ▽なかなかゴールに近づけないバルセロナは56分、スアレスが強烈なミドルシュートでGKオブラクを強襲。続く57分にはメッシの直接FKが右ポストを直撃した。 ▽圧力をかけるバルセロナはイニエスタとN・セメドに代えてデウロフェウとセルジ・ロベルトを投入。66分にはスアレスとの関係からボックス左に侵入したメッシがGKオブラクを強襲した。続く71分にはラキティッチとのパス交換からボックス中央に侵入したメッシがシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。 ▽逃げ切りを図るアトレティコがカラスコに代えてトーマスを投入したのに対し、バルセロナは80分にデウロフェウのパスを受けたボックス右のスアレスが決定的なシュートに持ち込んだが、GKオブラクの好守に阻止される。それでも82分、右サイドのセルジ・ロベルトのアーリークロスをファーサイドのスアレスがヘディングでねじ込み、試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけても攻勢に出たバルセロナは終了間際にペナルティアーク中央で得たFKをメッシが直接狙うもGKオブラクの正面を突いてタイムアップ。勝ち点1を分け合い、開幕からの連勝が7でストップした。 2017.10.15 05:59 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース