【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

【リーガエスパニョーラ第24節プレビュー】アトレティコvsバルサにビジャレアルvsR・マドリー! セビージャ・ダービーも開催!

▽先週末に行われた第23節では、レアル・マドリーとバルセロナ、セビージャ、アトレティコ・マドリーの上位4チームが順当に勝利。だが、ミッドウィークに行われた第16節延期分で首位レアル・マドリーが鬼門メスタージャでバレンシアに敗れたため、消化試合が1試合少ない中で2位バルセロナとの勝ち点差が「1」のままと、優勝争いに再び活気が戻ってきた。 ▽好カード満載となった第24節の中で最大の注目カードは、4位アトレティコと2位バルセロナがビセンテ・カルデロンで激突する上位対決だ。リーグ戦3連勝に加え、ミッドウィークに行われたレバークーゼンとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグを4-2で快勝し、敵地からマドリッドに帰還したアトレティコは、チーム状態が上向きだ。今月初めに行われたコパ・デル・レイ準決勝ではバルセロナ相手に敗退を強いられたものの、試合内容自体は劣っておらず、ホームでの一戦に向けてコンディション面の問題以外に不安材料はない。 ▽一方、直近のレガネス戦で大苦戦を強いられるもFWメッシの劇的PK弾で辛くもホームで勝ち切ったバルセロナは、CLパリ・サンジェルマン(PSG)戦の大敗のショックを何とか払拭した。課題の中盤の構成力を含めて、まだまだ本調子とはいえないが、久々に1週間の休養を得られた点は、勤続疲労の続く“MSN”、負傷明けでコンディションが整わないMFイニエスタやMFブスケッツら主力にとって大きかったはずだ。今回の一戦ではPSG戦、レガネス戦で孤軍奮闘の活躍を見せた守護神テア・シュテーゲン、FWネイマールの活躍にも期待したいところだ。 ▽前述の上位対決で潰し合いを期待しつつ、バレンシア戦からのバウンスバックを目指す首位レアル・マドリーは、前節ソシエダ相手に劇的勝利を収めた6位ビジャレアルとの難しいアウェイマッチに臨む。 ▽先週ミッドウィークのCLナポリ戦、先週末のエスパニョール戦では難敵相手にきっちり勝ち切ったマドリーだったが、直近のバレンシア戦ではミス連発のDFヴァランを筆頭に、目を覆いたくなるような低調なパフォーマンスで下位に低迷するバレンシア相手に今季リーグ戦2敗目を喫した。前回対戦で引き分けたビジャレアルは、リーガ最少失点を誇る難しい相手となるため、好調を継続するFWクリスティアーノ・ロナウド、負傷明けのMFベイルらバレンシア戦で機能しなかった“BBC”の爆発に期待したいところだ。 ▽前述の2つの上位対決と共に注目を集めるのが、14位ベティスと3位セビージャが対峙する“セビージャ・ダービー”。前回対戦でもセビージャが勝利を収めるなど、CLとリーガで好位置に付けるセビージャとリーガで残留争いに巻き込まれているベティスの力の差は大きく広がっている。 ▽だが、ベティスはビクトル・サンチェス新監督就任以降、ホームで7戦無敗(3勝4分け)を継続しており、第20節ではバルセロナ相手に勝利に近いドローゲームを演じるなど、ベニト・ビジャマリンで圧倒的な強さを見せており、セビージャにとって難しいダービーとなるはずだ。ミッドウィークに行われたCLレスター・シティ戦では、ほぼ90分間に渡ってゲームを支配しながら、一瞬の隙を突かれてアウェイゴールを献上しての2-1の勝利とやや消化不良の結果だっただけに、今回のダービーでは好調のMFサラビアや、温存されたMFフランコ・バスケス、FWベン・イェデルらの活躍できっちり勝ち切りたいところだ。 ▽また、前節のセビージャ戦に敗れて連勝が「3」でストップした7位エイバルは、ヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて13位マラガを相手にする今節で仕切り直しの勝利といきたい。そのセビージャ戦で出場機会がなかったMF乾貴士は、先発かベンチスタートか微妙なところだが、再び自身のポジションを確固たるものとするためにもこのマラガ戦で目に見える結果を残したい。 ▽その他では、16位デポルティボと17位レガネスの失速、19位グラナダと18位スポルティング・ヒホンの巻き返しで活性化し始めている残留争いにも注目したい。ダントツの最下位であるオサスナは別として、デポルティボとグラナダの勝ち点差はわずかに3ポイントと、今節の結果次第で順位が入れ替わることになる。降格圏に沈むグラナダとスポルティング・ヒホンは、EL明けのビルバオ、セルタとの対戦だけにチャンスは十分にある。一方、レガネスとデポルティボは残留争いの懸かる直接対決に臨む。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第24節》 ▽2/24(金) 《28:45》 ラス・パルマス vs ソシエダ ▽2/25(土) 《21:00》 アラベス vs バレンシア 《24:15》 ベティス vs セビージャ 《26:30》 レガネス vs デポルティボ 《28:45》 エイバル vs マラガ ▽2/26(日) 《20:00》 エスパニョール vs オサスナ 《24:15》 アトレティコ・マドリー vs バルセロナ 《26:30》 ビルバオ vs グラナダ スポルティング・ヒホン vs セルタ 《28:45》 ビジャレアル vs レアル・マドリー</div> 2017.02.24 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

プティ、後輩グリーズマンのユナイテッド移籍を確信…「彼は間違いなく行く」

▽元フランス代表MFのエマニュエル・プティ氏が、同胞のアトレティコ・マドリーでプレーする同代表FWアントワーヌ・グリーズマン(25)のマンチェスター・ユナイテッド移籍を確信した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽近年の活躍ぶりから様々なクラブからの関心が囁かれているグリーズマン。その中で、口頭合意や、自身のアイドルであるデイビッド・ベッカム氏も着用した7番を受け継ぐとの報道が伝えられるなど、ユナイテッド移籍の可能性が過熱している。 ▽現役時代にモナコ、アーセナル、バルセロナ、チェルシーで活躍したプティ氏は、その後輩について、今夏にオールド・トラフォードへと戦いの場を移す可能性が高いとの自身の見解を示した。 「彼は、間違いなくマンチェスター・ユナイテッドに行くと思う。代表でポグバと強い絆で結ばれていて、私生活でも良い友人関係だ。実現したら、ユナイテッドにゴールやアシストだけでなく、勝者のメンタリティをもたらしてくれるはずさ」 「グリーズマンは、この4年間で一段ずつ向上している。毎年、パフォーマンスレベルは改善され、チームへの貢献度も素晴らしい。彼の獲得はマンチェスター・ユナイテッドにとって、間違いなく良い買い物だ」 2017.02.24 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ戦控えるアトレティコに朗報、主将DFゴディンが全体練習復帰

▽26日にリーガエスパニョーラ第24節でバルセロナとの上位対決に臨むアトレティコ・マドリーに朗報が届いた。スペイン『ムンド・デポルティボ』は23日、同日のトレーニングセッションでウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが全体練習に復帰したと報じている。 ▽ゴディンは、今月7日に行われたコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバルセロナ戦で先発出場も、後半立ち上がりにそ径部を痛めて負傷交代。以降、2週間ほど戦列を離れていた。 ▽だが、ゴディンは23日に行われたトレーニングセッションで全体練習に復帰し、全てのトレーニングメニューをこなしたようだ。また、ゴディンと同様に負傷離脱中のポルトガル代表MFチアゴ・メンデスもチームメートと共に一部のメニューを消化しており、復帰が近づいている模様だ。 ▽その一方で、アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデス、スペイン代表DFフアンフランの2選手に関しては、引き続き起用できない。 ▽現在、リーグ3連勝で4位に位置するアトレティコだが、5位ソシエダとの勝ち点差は4ポイント。2位バルセロナとのホームゲームではきっちり勝ち点3を獲得したいところだ。 2017.02.24 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ前線の競争が激化...グリーズマン、トーレス、ガメイロが2枠を争う

アトレティコ・マドリーで、前線のポジション争いが激化している。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>FWアントワーヌ・グリーズマン、フェルナンド・トーレス、ケヴィン・ガメイロ。この3選手がアトレティコの2トップの座を争っている。ディエゴ・シメオネ監督はグリーズマンに絶大な信頼を寄せているため背番号7をスタメンから外すとは考えにくいが、トーレスとガメイロの決定力は軽視できるものではない。<br><br>トーレスは、2月に入り4得点を記録している。リーガエスパニョーラのレガネス戦(2得点)、セルタ戦、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのレバークーゼン戦で得点を挙げた。一方でガメイロは5得点をマーク。その内訳はコパ・デル・レイのバルセロナ戦(1得点)、リーガのスポルティング・ヒホン戦(3得点)、レバークーゼン戦(1得点)だ。<br><br>また、グリーズマンはこの期間に3得点を記録している。3選手が挙げたゴール数は、実に「12」に上る。前線の選手が爆発中のアトレティコは、コパ準決勝での敗退を除き、リーガで好調を取り戻しCLでベスト8進出に大きく近づいているところだ。<br><br>今季FWの選手が不調に陥った時期には、MFサウール・ニゲスやヤニック・カラスコの得点で接戦をものにしてきた。ストライカーの復調でCLストレートインとなるリーガ3位確保、2シーズン連続のCLファイナル進出に向け、アトレティコがギアを上げている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.23 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ガメイロ、シメオネに交代させられ怒りを覚えたことを認める「90分出たかった」

アトレティコは21日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、敵地でレバークーゼンと対戦して4-2で勝利を収めた。FWケヴィン・ガメイロは、途中交代の際に怒りを覚えたことを認めている。<br><br>この一戦を前にしては、FWフェルナンド・トーレスとガメイロのどちらを起用するか、ディエゴ・シメオネ監督の采配に注目が集まっていた。最終的に、シメオネ監督はガメイロを先発で起用する決断を下している。<br><br>ガメイロは指揮官の期待に応え、1得点1アシストにPK誘発で3得点に絡み大暴れした。しかしながらシメオネ監督はスコアが3-2となっていた71分にガメイロをピッチから下げ、MFトマス・パルティを投入。これに対しては、FWアントワーヌ・グリーズマンが「彼を代えないでくれ」とジェスチャーでベンチに訴え、スペインでも話題を呼んだ。<br><br>ガメイロは試合後、シメオネ監督に交代させられたことに怒りを感じたかと問われ、「そうだね」と答えている。「良いプレーができている時は、90分試合に出たいものさ」と心境を吐露した。ただ、「誰を下げて誰をピッチに送り込むかを決めるのは監督だから」とシメオネ監督に敬意を示し、わだかまりはないことを強調している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 19:58 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース