【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破2016.12.10 07:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。

■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5]
2.バイエルン[12/4/0/2/8]
3.ロストフ[5/1/2/3/-6)]
4.PSV[2(0/2/4/-7]

◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。

◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~
Getty Images
▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。

◆CL初参戦で金星~ロストフ~
Getty Images
▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。

◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~
Getty Images
▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、シメオネ政権下で500得点を記録...最多得点者はグリーズマン

アトレティコ・マドリーは19日のコパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグでエイバルに3-0と勝利した。この試合で、記念すべき得点が生まれている。<br><br>エイバル戦の2点目、FWアンヘル・コレアが挙げた得点は、ディエゴ・シメオネ監督就任後のアトレティコにとって500得点目となった。コレアは試合後「知らなかったけど、とても嬉しい。難しい試合に勝てたし、失点をゼロに抑えられ、記念のゴールを奪えて満足しているよ」と語った。<br><br>シメオネ監督がアトレティコを率いて、最初の得点を挙げたのはFWラダメル・ファルカオ(現モナコ)だった。それは2012年1月15日デポルティボ戦まで遡る。以降、実に39選手がネットを揺らして「500」という大台に近づけてきた。<br><br>それぞれ節目となるゴールを挙げた選手に触れておきたい。100得点目はファルカオ、200得点目はMFラウール・ガルシア(現アスレティック・ビルバオ)で、300得点目はMFアルダ・トゥラン(現バルセロナ)。いずれも、アトレティコを去っていった選手だ。400得点目はDFフィリペ・ルイスで、現所属メンバーが記録した。<br><br>アトレティコがシメオネ監督にチームの指揮を託してから、最もゴールを稼いでいるのはFWアントワーヌ・グリーズマンだ。グリーズマンはこれまで70得点を挙げ、ファルカオの58得点を大きく上回っている。<br><br>一方で、シメオネ監督は数字の重要性を否定している。「勝利に満足感を覚える。重要な試合に対するチームの反応、5年前から変わらず競争し続けていることが嬉しい。数字に関しては、私がいなくなった時に振り返ってくれればいい。今それに拘る必要はない。我々にとって大切なのは今日、そして次の日曜日の試合だ」。エイバル戦の公式会見での指揮官の言葉が、現在のアトレティコを象徴している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.21 11:49 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのユナイテッド移籍に拍車?

▽アトレティコ・マドリーのエースであるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(25)は、やはりマンチェスター・ユナイテッドに移籍することになるのだろうか。イギリス『テレグラフ』がグリーズマンのユナイテッド移籍につながるであろうアトレティコのいくつかの問題点を挙げた。 ▽2014年にソシエダから加入して以来、ディエゴ・シメオネ監督の下でスコアラーとしてチームをリードしてきたグリーズマン。近年、その活躍ぶりから様々なクラブからの関心が囁かれている中、18日付けのイギリス『インディペンデント』により、今夏の移籍でユナイテッドと口頭合意に達したと報道されていた。 ▽そんな中、『テレグラフ』が伝えたところによれば、アトレティコが67000人収容の新スタジアム建設費の捻出に迫られていることや、ディエゴ・シメオネ監督の不透明な去就が、グリーズマンのユナイテッド移籍を後押しするとのこと。なお、ユナイテッドには契約解除金8600万ポンド(約122億円)を支払う用意があるという。 2017.01.20 22:36 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ戦の乾に厳しい評価...スペイン『マルカ』ではGKジョエルと並び採点なし

エイバルMF乾貴士は19日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグ、アトレティコ・マドリー戦に先発出場した。スペイン『マルカ』では、乾に厳しい評価が下されている。<br><br>敵地ビセンテ・カルデロンでアトレティコに0-3と完敗したエイバル。『マルカ』は出場したエイバルの12選手に軒並み「1」の採点を付け(最高点は3)、不用意な飛び出しで最初の失点のきいかけとなったGKジョエル・ロドリゲスと乾には「採点なし」と厳しい評価を与えている。<br><br>さらに、『マルカ』は各選手に対する寸評で乾に対してこのようなコメントを載せている。「リーガでアトレティコと対戦した時のイヌイの面影さえなかった」。今月7日に行われたリーガエスパニョーラ第17節、アトレティコ戦(0-2)で躍動した乾がまったく別の顔を見せたと指摘した。<br><br>ホセ・ルイス・メンディリバル監督の下で左サイドハーフを本職としてきた乾だが、19日の試合では右サイドハーフとして起用された。不慣れなポジションでなかなか見せ場をつくれず、64分にDFアントニオ・ルナと交代でピッチを退いている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

前半に先制ゴールのグリーズマン「2ndレグに向けて後半もゴールが必要だと思っていた」

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、19日に行われたコパ・デル・レイ1stレグのエイバル戦を振り返った。スペイン『アス』が報じている。 ▽ホームであるビセンテ・カルデロンにエイバルを迎えたアトレティコは、28分にグリーズマンのゴールで先制する。さらに後半は、60分にコレア、68分にガメイロがネットを揺らして3-0と圧勝した。 ▽試合を振り返ったグリーズマンは、チームが前半から良いプレーを見せていたと主張。ハーフタイムでは、2ndレグも考えてもっとゴールを奪わなければいけないと考えていたことを明かした。 「今日は前半から良いプレーを見せていた。相手は良いディフェンスを見せていたが、僕らもうまく対応できたと思っているよ。前半でゴールを奪えたけれど、ハーフタイムでは2ndレグに向けてもっとゴールが必要だとみんなが思っていた」 「今日は良い試合をして勝つことができたけれど、まだ次のラウンドへ進むことが決まったわけではない。アウェイでもしっかり勝ちたいと思っているよ。リーガでプレーするチームはどこが相手でも3ゴールくらいなら奪える力がある。次の試合も楽なものではないと思っているよ」 2017.01.20 09:59 Fri
twitterfacebook
thumb

3発快勝にも気を引き締めるシメオネ「コパは常に難しい戦い」

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、19日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのエイバル戦を振り返った。スペイン『アス』が報じている。 ▽ビセンテ・カルデロンにエイバルを迎えたアトレティコは、28分にグリーズマンのゴールで先制。そのまま前半を終えるも、後半は60分にコレア、68分にガメイロが追加点を奪い3-0で先勝した。 ▽圧勝にも見えるスコアとなったが、シメオネ監督はそれほど楽な試合ではなかったことを強調。アウェイでの2ndレグを見据えつつ、まずは次節のビルバオ戦で勝利することが重要だと口にした。 「エイバルはリーグ戦でもカップ戦でも調子を上げているチームだ。今日は点差が離れたが、そのスコアほど楽な試合ではなかったと思っている。次のラウンドへ有利な状況と言われるが、そうは思っていない。コパは常に難しい戦いで、我々はそれを十分に理解している」 「ともあれ、まずは次のビルバオ戦だ。彼らはホームで強さを見せるチームだけに気を引き締めなければならない」 2017.01.20 09:35 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース