名古屋が大分との接戦をものに!! 湘南はGKフィウーザの豪快弾も北海道が苦手アウェイで逃げ切る《ゼビオFリーグ》2016.12.04 19:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽4日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第23節の3試合が行われた。デウソン神戸vsフウガドールすみだは2-2の引き分けに終わり、湘南ベルマーレvsエスポラーダ北海道は2-1で北海道が勝利した。名古屋オーシャンズvsバサジィ大分は、打ち合いの末に名古屋が3-2で勝利している。

◆デウソン神戸vsフウガドールすみだ
▽ゴールレスで前半を終えた一戦は、25分に渡井博之が古巣相手に先制ゴールを奪う。さらに30分にも渡井がネットを揺らしてすみだが2点を先行した。神戸は試合終盤にパワープレーを開始すると、36分にPKを獲得。これを相井忍が決め、さらに残り2秒で稲田瑞穂の同点ゴールが決まる。結局2-2のドローに終わり勝ち点1を分け合った。

◆湘南ベルマーレvsエスポラーダ北海道
▽試合は前半をゴールレスで終えると、25分に高山剛寛のゴールで北海道が先手を奪う。しかし33分、湘南はGKフィウーザがボールをキャッチするとそこから自信でもちあがり、強烈なミドルシュートを突き刺して同点とする。迎えた40分、北海道が水上玄太がカウンターを決めきると、これが決勝点となり北海道がアウェイで白星を飾った。

◆名古屋オーシャンズvsバサジィ大分
▽開始7分に熊谷知紀の先制ゴールで大分がリードする。しかし名古屋も11分にシンビーニャが同点として試合を折り返した。後半は先に名古屋がスコアを動かす。34分にセルジーニョ、36分にシンビーニャがゴールを奪い3-1と大分を突き放した。大分は39分に田村龍太郎が1点を返すも反撃はここまで。名古屋が逃げ切りに成功している。

コメント



Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース