元フットサル日本代表FP小宮山友祐が今シーズン限りでの現役引退を発表… 2012年W杯ではキャプテンとして日本を初の決勝Tに導く2016.12.03 11:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽Fリーグのバルドラール浦安は2日、元フットサル日本代表FW小宮山友祐(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

▽駒沢大学時代にフットサルを始めた小宮山は、2000年にファイルフォックスに加入。さらに2007年にはバルドラール浦安に加入してFリーグ開幕を迎えた。日本代表としては、2004年のチャイニーズ・タイペイ、2008年のブラジル、2012年のタイワールドカップに出場するなど3大会でプレー。

▽さらに2012年の横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良もメンバー入りしたタイ・ワールドカップでは、キャプテンとしてチームを初の決勝トーナメント進出に導いている。

▽小宮山はバルドラール浦安の公式サイト上で次のようにコメントを残している。なお、バルドラール浦安は、12月5日にホームの浦安市総合体育館でゼビオFリーグ第23節の府中アスレティックFC戦を迎える。

「今シーズンを持ちまして、選手生活を引退することを決意いたしましたので、ご報告をさせていただきます」

「フットサル選手になり17年。浦安に在籍して10年。この間、私を支え、応援して下さった全てのファンの皆様、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。感謝の言葉しかありません」

「皆様の応援があったからこそ、ここまで選手としてプレーをし続けることが出来ました。辛い時、苦しい時、皆様の応援にどれだけ救われ、どれだけ支えられたか。勝利した時、皆様と一緒に喜びを分かち合えた時、皆様の笑顔を見られた時、最高の時間でした。本当にありがとうございました」

「ここまで長く、人生をかけてフットサルに取り組むとは思いもしませんでした。自分が趣味として始めた『大好きなフットサル』が、趣味の域を越え、『職業のフットサル』になり、日本一になり、日本代表選手になり、日本代表キャプテンにもなり、W杯に3度も出場させていただくこともでき、 夢のような選手生活でした」

「20歳で競技フットサルを始めた時からは、今の自分を想像することはまったく出来なかったですし、今でも、不思議な感覚でいます。これが小宮山友祐なのかと。これが自分の人生なのかと。3歳年上の兄と始めたフットサルが、いつしか自分のプレーをお金を払って観に来てくれる方がいてくださるようになり、日本にフットサルのプロチームができ、全国リーグ(Fリーグ)ができ、毎週末、試合で全国を飛び回り、試合をし、また、練習をし、次の試合に向けて準備をする」

「このプロ選手のような生活を自分がしていることがFリーグ開幕当初は不思議な感覚でした。自分のプレーをお金を払って観に来て下さる方がいるという事実。それに見合うプレーをしなければいけないと常に思っていましたし、10年経った今もその想いはまったく変わらずに、私の心の中に存在し続けます。それが、出来なくなった時、引退をする時なのだと」

「そして、その時が来たのかなと、思います。毎試合、『これが人生最後の試合だ』と思って準備をしてきましたし、試合でも1分1秒をチームの為に注いできたつもりです。もしかすると、振り返るともっともっと、やれたこともあったかと思います。追求出来たこともあったかと思います」

「でも、それらすべてを含めて、自分の選手生活だったのだと思います。10年前、教員を辞めるときに当時の教え子達に言われた、『どうせやるなら、中途半端にじゃなく、フットサル界を代表する選手になって』という言葉。今でも鮮明に覚えています。ここで引退する私に彼らは、どう思うのか、もし、会うことが出来たなら、何て言う言葉を掛けられるのか、わかりません」

「フットサル界を代表する選手になれたのかもわかりません。ただ、もし会えるとしたら、私は、中途半端ではなく、『とことんやりきったよ』と伝えたいです。家族、友人、仲間、チームメイト、ライバル、監督、コーチ、クラブスタッフ、ファン、サポーター、などなど、関わって下さった全ての方々に感謝の気持ちで一杯です」

「本当にありがとうございました。また、引退を表明しましたが、まだ、試合はあります。プレーオフへの可能性もります。バルドラール浦安の為に、最後の最後まで全力を注ぎたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

打ち合いとなった境川決戦は町田に軍配!! 浦安は星が復帰後2戦連続の決勝弾!!《ゼビオFリーグ》

▽14日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第28節の2試合が行われた。バルドラール浦安vsバサジィ大分は打ち合いの末に5-4で浦安が勝利。湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田の境川決戦は、8-4で町田が勝利した。 <div id="ad"></div> ◆バルドラール浦安 vs バサジィ大分 ▽試合は立ち上がりから激しい打ち合いとなると、2-2で迎えた19分に浦安が相手陣内のパス交換からFP中島孝がネットを揺らして前半を終えた。後半に入ってもお互いにゴールを重ねていく。32分には4-3と1点を追いかける大分がFP西原信彦のゴールで同点とした。勝敗が決したのは39分。前節にケガから復帰したFP星翔太が2戦連続となる決勝ゴールを奪い、浦安が5-4と打ち合いを制した。 ◆湘南ベルマーレ vs ペスカドーラ町田 ▽今年最初の境川決戦は、立ち上がりから激しい点の奪い合いとなる。開始1分にFP金山友紀のゴールで町田が先制するも、湘南は直後にFP林田フェリペ良孝が同点ゴールを奪えば、3分にはロドリゴも得点を奪って逆転。しかしその後は町田が攻勢に出ると、前半は3-5と町田が湘南を突き放して終えた。後半は湘南が先に1点を返したが、34分にGKフィウーザが2枚目の警告で退場。町田はこのプレーでPKを得ると、FP森岡薫決めて6-4となる。終盤は湘南がパワープレーに出たが、逆に町田が得点を重ねて試合は8-4と大差がついて終わった。 2017.01.14 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

引退発表の太見が決勝弾!! ボラのFリーグ通算200ゴールも飛び出してすみだが府中とのダービーマッチを制する!!《ゼビオFリーグ》

▽8日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第27節、フウガドールすみだvs府中アスレティックFCの東京ダービーが墨田区総合体育館で行われ、4-2ですみだが勝利した。 <div id="ad"></div> ◆フウガドールすみだvs府中アスレティックFC ▽2017年を迎え最初の対戦で東京ダービーとなったすみだと府中。試合は11分に皆本晃のゴールで府中が先制するも、14分には清水和也のゴールですみだもすぐに追い付く。府中は16分に渡邉知晃のゴールでまたも勝ち越すが、すみだも17分に田村佳翔が同点ゴールを奪って、前半は2-2で終えた。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのは追いかける展開だったすみだ。前日に今シーズン限りでの引退を発表した太見寿人が28分に勝ち越しゴールを奪う。府中は試合終盤に渡邉をGKに置いたパワープレーに出るが、ボラのFリーグ通算200ゴールとなるブザービートが決まって勝負あり。2017年最初の東京ダービーはすみだが制した。 2017.01.08 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

延期分試合で首位の大阪が2位の名古屋を撃破!《ゼビオFリーグ》

▽AFCフットサルクラブ選手権により延期となっていたSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第7節のシュライカー大阪vs名古屋オーシャンズが、5日に高知県立春野総合運動公園体育館で行われ、7-4で大阪が勝利した。 ◆シュライカー大阪vs名古屋オーシャンズ ▽首位の大阪(勝ち点65)が2位の名古屋(勝ち点57)を迎えた一戦。試合は開始早々、いきなり均衡が破れる。名古屋が自陣でアルトゥールにボールを奪われると、左サイドの小曽戸につなぎ、最後は加藤がシュート。これがゴールネットに吸い込まれ、大阪が先制に成功する。 ▽立ち上がりに得点を奪われた名古屋は、前鈍内マティアスエルナン、シンビーニャを起点に大阪ゴールへ襲いかかる。すると10分、シンビーニャが中央でボールを受け、コントロールしたボールを右足で合わせる。これがゴールに突き刺さり、試合を振り出しに戻す。 ▽追いつかれた大阪は12分、加藤がセルジーニョからボールを奪うと、チアゴにパス。ゴール前正面の位置からネットを揺らし、2-1と再びリードする。さらに18分、名古屋が6つ目のファールを犯して大阪が第2PKを獲得。これをヴィニシウスがきっちりと決めると、前半終了間際にもアルトゥールが第2PKを決め、4-1で前半を終える。 ▽後半は開始早々から名古屋が安藤をゴレイロの位置に入り、パワープレー。しかし、24分に大阪がボールを奪うと、加藤が右サイドからシュートを突き刺し、5-1。さらに、FKを獲得するとこれをヴィニシウスが決め、6-1と大阪が名古屋を突き放す。 ▽5点ビハインドの名古屋はパワープレーを継続しゴールを狙う。しかし、大阪の守備を崩せないまま時間が経過していく。すると35分、パワープレーからセルジーニョがシュートを放ちゴールネットを揺らす。 ▽さらに、36分にも再びパワープレーから星がゴールを挙げて、6-3。40分には互いに1点を追加したが、そのまま試合終了。7-4で首位の大阪が2位の名古屋を破り、2017年最初の試合で勝ち点3を獲得した。 2017.01.05 22:57 Thu
twitterfacebook
thumb

クリスマス開催は名古屋が浜松に快勝!! プレーオフ出場を目指す2チームの一戦は神戸が勝利《ゼビオFリーグ》

▽25日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第26節の2試合が行われた。クリスマスとなったこの日、名古屋オーシャンズvsアグレミーナ浜松の東海ダービーは4-0で名古屋が勝利。プレーオフ出場を目指すデウソン神戸vsバルドラール浦安は、2-1で神戸が勝利した。 ◆名古屋オーシャンズvsアグレミーナ浜松 ▽今年最後の東海ダービーは、13分にセルジーニョのゴールで名古屋が先制して前半を終える。さらに33分にはシンビーニャもネットを揺らした。2点差とされた浜松はパワープレーを仕掛けるが、40分に中村友亮に追加点を許すと、さらにシンビーニャにはブザービートを決められて勝負あり。名古屋が4発快勝で2016年を締めくくった。 ◆デウソン神戸vsバルドラール浦安 ▽プレーオフ出場を目指す両チームの一戦は、14分に原田浩平のゴールで神戸が先手を取る。しかし浦安も16分に小野大輔のゴールで試合を振り出しに戻して、前半を終えた。後半はお互いにチャンスを決めきれない展開の中、36分に神戸は原田が2点目を奪い切る。すると浦安はパワープレーで同点を目指すも、試合はそのまま終了。神戸が浦安との接戦を制した。 2016.12.25 19:56 Sun
twitterfacebook
thumb

クリスマス・イブ開催は府中が町田とのダービーを制す!! 大阪もすみだとの上位対決に完勝!!《ゼビオFリーグ》

▽24日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第26節の3試合が行われた。クリスマス・イブとなったこの日、府中アスレティックFCvsペスカドーラ町田の東京ダービーが行われ、5-3で府中が勝利した。シュライカー大阪vsフウガドールすみだの上位対決は5-2で大阪が勝利し、ヴォスクオーレ仙台vs湘南ベルマーレは、4-4の引き分けに終わった。 ◆府中アスレティックFCvsペスカドーラ町田 ▽クリスマス・イブの開催となった東京ダービーは、町田が前半を2-1とリードして終える。しかし後半に入ると府中が連続でネットを揺らす。32分に柴田祐輔のゴールで同点とすると、33分に渡邉知晃、36分に皆本晃がゴールを奪った。2点を追う町田は終盤にパワープレーを仕掛けるが、38分に柴田に2点目を許すと、39分に滝田学が1点を返すに留まり試合は終了。府中が町田とのクリスマス・イブ・ダービーを制した。 ◆シュライカー大阪vsフウガドールすみだ ▽お互いに立ち上がりから球際に激しい展開となる中、試合が動いたのは6分。大阪は好位置でFKを獲得するとこの流れからヴィニシウスがネットを揺らした。さらに11分にはオウンゴールで追加点を奪った大阪は、16分に小曽戸允哉がゴールを奪って前半を3-0で終えた。後半も大阪の勢いは止まらず、25分にヴィニシウス、33分にはチアゴが追加点を奪取。5点を追うすみだは残り9分からパワープレーを開始すると、35分に諸江剣語、36分にボラがネットを揺らすが反撃はここまで。大阪がすみだとの上位対決を制した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vs湘南ベルマーレ ▽下位チーム同士の対戦は、前半に仙台が2点をリードする展開となる。すると後半立ち上がりに湘南が早速パワープレーを開始。22分に浦上浩生は反撃の狼煙を上げる。しかし24分に三上優貴、25分に藤山翔太がネットを揺らし、仙台が4-1と突き放した。湘南は26分に安嶋健至のゴールとオウンゴールで1点差とすると、35分に浦上がこの日2点目を奪取。決勝点こそ生まれなかったものの、湘南が3点のビハインドを追いついて2016年の戦いを締めくくった。 2016.12.24 21:07 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース