元フットサル日本代表FP小宮山友祐が今シーズン限りでの現役引退を発表… 2012年W杯ではキャプテンとして日本を初の決勝Tに導く2016.12.03 11:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽Fリーグのバルドラール浦安は2日、元フットサル日本代表FW小宮山友祐(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

▽駒沢大学時代にフットサルを始めた小宮山は、2000年にファイルフォックスに加入。さらに2007年にはバルドラール浦安に加入してFリーグ開幕を迎えた。日本代表としては、2004年のチャイニーズ・タイペイ、2008年のブラジル、2012年のタイワールドカップに出場するなど3大会でプレー。

▽さらに2012年の横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良もメンバー入りしたタイ・ワールドカップでは、キャプテンとしてチームを初の決勝トーナメント進出に導いている。

▽小宮山はバルドラール浦安の公式サイト上で次のようにコメントを残している。なお、バルドラール浦安は、12月5日にホームの浦安市総合体育館でゼビオFリーグ第23節の府中アスレティックFC戦を迎える。

「今シーズンを持ちまして、選手生活を引退することを決意いたしましたので、ご報告をさせていただきます」

「フットサル選手になり17年。浦安に在籍して10年。この間、私を支え、応援して下さった全てのファンの皆様、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。感謝の言葉しかありません」

「皆様の応援があったからこそ、ここまで選手としてプレーをし続けることが出来ました。辛い時、苦しい時、皆様の応援にどれだけ救われ、どれだけ支えられたか。勝利した時、皆様と一緒に喜びを分かち合えた時、皆様の笑顔を見られた時、最高の時間でした。本当にありがとうございました」

「ここまで長く、人生をかけてフットサルに取り組むとは思いもしませんでした。自分が趣味として始めた『大好きなフットサル』が、趣味の域を越え、『職業のフットサル』になり、日本一になり、日本代表選手になり、日本代表キャプテンにもなり、W杯に3度も出場させていただくこともでき、 夢のような選手生活でした」

「20歳で競技フットサルを始めた時からは、今の自分を想像することはまったく出来なかったですし、今でも、不思議な感覚でいます。これが小宮山友祐なのかと。これが自分の人生なのかと。3歳年上の兄と始めたフットサルが、いつしか自分のプレーをお金を払って観に来てくれる方がいてくださるようになり、日本にフットサルのプロチームができ、全国リーグ(Fリーグ)ができ、毎週末、試合で全国を飛び回り、試合をし、また、練習をし、次の試合に向けて準備をする」

「このプロ選手のような生活を自分がしていることがFリーグ開幕当初は不思議な感覚でした。自分のプレーをお金を払って観に来て下さる方がいるという事実。それに見合うプレーをしなければいけないと常に思っていましたし、10年経った今もその想いはまったく変わらずに、私の心の中に存在し続けます。それが、出来なくなった時、引退をする時なのだと」

「そして、その時が来たのかなと、思います。毎試合、『これが人生最後の試合だ』と思って準備をしてきましたし、試合でも1分1秒をチームの為に注いできたつもりです。もしかすると、振り返るともっともっと、やれたこともあったかと思います。追求出来たこともあったかと思います」

「でも、それらすべてを含めて、自分の選手生活だったのだと思います。10年前、教員を辞めるときに当時の教え子達に言われた、『どうせやるなら、中途半端にじゃなく、フットサル界を代表する選手になって』という言葉。今でも鮮明に覚えています。ここで引退する私に彼らは、どう思うのか、もし、会うことが出来たなら、何て言う言葉を掛けられるのか、わかりません」

「フットサル界を代表する選手になれたのかもわかりません。ただ、もし会えるとしたら、私は、中途半端ではなく、『とことんやりきったよ』と伝えたいです。家族、友人、仲間、チームメイト、ライバル、監督、コーチ、クラブスタッフ、ファン、サポーター、などなど、関わって下さった全ての方々に感謝の気持ちで一杯です」

「本当にありがとうございました。また、引退を表明しましたが、まだ、試合はあります。プレーオフへの可能性もります。バルドラール浦安の為に、最後の最後まで全力を注ぎたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

府中の日本代表FP渡邉知晃がリーグ記録の11試合連続ゴール!! 白熱の東京ダービーはドロー決着!!《DUARIG Fリーグ》

▽15日にDUARIG Fリーグ2017/2018第21節の4試合が行われた。 ▽バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台は2-1で仙台が、名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレは4-3で名古屋が勝利。エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安は1-1、ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFCは3-3のドローに終わった。 ◆バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台 ▽試合は6分、アウェイの仙台がFPアレックスのゴールで先制に成功する。一方、ホームの大分も16分にFP藤川朋樹がゴールを奪い、試合を振り出しに戻す。1-1の同点で試合を折り返すと、仙台のFP松木裕功が29分にゴールネットを揺らして勝ち越しに成功。このゴールを最後まで守り切った仙台が7試合ぶりの白星を飾り、最下位から10位に浮上した。 ◆エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安 ▽試合は開始早々、アウェイの浦安にアクシデント。2分にFPディドゥダがレッドカードを提示されていきなり一人少ない状況を強いられる。するとこれを契機に攻勢を強めた北海道が3分にFP室田翔伍のゴールで先制に成功する。出鼻をくじかれた浦安は、反撃に出る。すると10分、FP中島孝が今シーズン初ゴールを記録して浦安が試合を振り出しに戻す。 ◆名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレ ▽試合は開始直後、湘南がFP内村俊太の電光石火のゴールで先制に成功すると、湘南は7分、14分と名古屋のオウンゴールを誘発して試合を一気に3-0にする。しかし、首位の名古屋がここから反撃。湘南が15分に第5ファウルを犯すと、18分に名古屋が第2PKを獲得し、キッカーのFP西谷良介が決めて1点を返す。さらに19分、FP酒井ラファエル良男がゴールを奪い、前半のうちに1点差に詰め寄る。3-2で迎えた後半、1点を追いかける名古屋が22分にPFラファがゴールを奪って試合を同点にすると、33分に吉川が逆転ゴールを決めて試合を引っくり返す。試合終盤、逆転を許した湘南はパワープレーを開始したが、最後までゴールは生まれずそのまま試合終了。3点差をひっくり返した首位の名古屋が連敗を阻止した。一方の湘南は連勝が「4」でストップしている。 ◆ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171015_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今季2度目の東京ダービーは、12分にセットプレーの流れからFP室田祐希のゴールでホームの町田が先行する。そのまま前半を終えると、22分にはFP渡邉知晃がリーグ記録となる11試合連続ゴールで府中が試合を振り出しに戻した。その後は1点ずつを取り合い、迎えた36分にFP森岡薫の豪快なボレーシュートが突き刺さり、町田が3度目のリードを手にする。府中はすぐさまパワープレーに出ると、渡邉がハットトリックとなる3点目を奪取。ホームで負けられない町田がすぐさまパワープレーに入るが、そのまま終了を迎えダービーらしい激しい一戦は勝ち点を分け合う結果に終わった。 2017.10.15 21:32 Sun
twitterfacebook
thumb

浜松が大阪に競り勝ち10試合ぶり白星! 大阪は苦しい3連敗…《DUARIG Fリーグ》

▽14日に浜松アリーナでDUARIG Fリーグ2017/2018第21節のアグレミーナ浜松vsシュライカー大阪が行われ、4-3で浜松が勝利した。 ▽前節のデウソン神戸戦を1-1で引き分けて2戦連続ドロー中の浜松と、前節の湘南ベルマーレ戦を2-7で敗れて連敗を喫した大阪が激突した。試合は5分、ホームの浜松がオウンゴールで先制に成功する。さらに浜松は15分にFPフィネオ・アラウージョが追加点を奪い、昨季王者相手に2点リードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると、大阪が猛反撃を見せる。22分にFPヴィニシウスが一点を返すと、23分にもFP小曽戸允哉がゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。しかし、浜松はFP前鈍内マティアスエルナンが34分、35分と立て続けにゴールを奪い、試合を一気に4-2にする。このままでは終われない大阪は直後にパワープレーを開始し、FP小曽戸允哉が一点を返したが反撃はここまで。大阪に競り勝った浜松が10試合ぶり白星を飾った。 2017.10.14 23:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ディドゥダの残り1秒弾で浦安が劇的逆転勝利で連勝! 6連敗の仙台は最下位転落《DUARIG Fリーグ》

▽9日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽アグレミーナ浜松vsデウソン神戸は、1-1のドロー。ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安は、5-4で浦安が勝利した。 ◆アグレミーナ浜松vsデウソン神戸 ▽浜松アリーナで行われた一戦は、前半終盤の15分に浜松がピヴォ当てを受けたFPジョン・レノンが巧みな反転からGKとの一対一を迎えるが決めきることができない。するとこのピンチを凌いだ神戸が19分にカウンターからFP水田貴明がゴールネットを揺らす。1-0で神戸がリードしたまま迎えた後半終盤、攻勢を続ける浜松のFP山元優典がFPフィネオ・アラウージョとのパス交換から左足を振り抜いて試合を振り出しに戻す。その後も浜松が逆転を目指して相手ゴールに迫ったが、ゴールは生まれず試合終了。1-1の引き分けで勝ち点1を分け合った。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安 ▽ゼビオアリーナ仙台で行われた一戦は7分、ボックス内でのハンドを誘発した仙台がFPノエのPKで先制する。先制を許した浦安も反撃。10分にFP荒牧太郎がゴールを決めて試合を振り出しに戻すと、12分にはFP石田健太郎が追加点を奪い、わずか2分間で逆転に成功する。しかし、仙台も一歩も引かない。直後、セットプレイからFPアレックスがゴールを決めて試合は再び同点に。さらに、FP南本晶がゴールネットを揺らしてついに仙台が逆転に成功する。後半に入ると試合は激しさを増し、23分に浦安のFP荒牧太郎、25分には仙台のFP堀内迪弥が1点ずつを取り合って試合は4-3に。後半終盤、このままでは終われない浦安がパワープレーを開始。すると38分にFP加藤竜馬のゴールで試合を振り出しに戻すと、逆転に向けて攻勢を続ける浦安は、FPディドゥダが試合終了1秒前にゴールネットを揺らして試合終了。土壇場のゴールで逆転勝利を収めた浦安が連勝。一方、6連敗を喫した仙台は最下位転落となった。 2017.10.09 20:06 Mon
twitterfacebook
thumb

2位・町田が3連勝!! 首位・名古屋はすみだにリーグ戦初黒星で両者の勝ち点差は5に縮まる!《DUARIG Fリーグ》

▽8日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田は1-4で町田が勝利。名古屋オーシャンズvsフウガドールすみだは3-7ですみだが勝利した。この結果、首位の名古屋と2位の町田の勝ち点差は5に縮まっている。 ◆エスポラーダ北海道vsペスカドーラ町田 ▽苫小牧で行われた一戦は、立ち上がりから町田がゴールを重ねていく。13分にFPダニエル・サカイの強烈なミドルシュートで先制すると、14分にFP森岡薫、16分にFP横江怜が続けてネットを揺らした。追いかける北海道は後半開始早々にFP田辺陸が反撃ののろしを揚げる。しかしその後はゴールが奪えず、逆に試合終了間際には森岡にこの日2点目を奪われ1-4で終了。勝利した町田は3連勝を飾った。 ◆名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道 ▽これまでに数々の名勝負を生んできた両チームの一戦だったが、思わぬ結果となる。3分にFP渡井博之がFKを直接叩き込んですみだが先行すると、4分には相手のミスを見逃さなかったFP清水和也が追加点を奪う。名古屋も9分にFPルイジーニョがゴールを奪って前半は1-2で終えた。 ▽すると後半、すみだは22分にFP宮崎暁のゴールで名古屋を引き離す。すると23分にはルイジーニョがこの日2度目の警告で退場となると、数的優位のすみだは23分に清水が2点目を奪う。数的同数に戻った名古屋は、すぐさまパワープレーに入るが攻撃の糸口を見つけられず。すると28分にFP岡村康平、32分にFPボラ、32分に再び岡村がネットを揺らし、すみだが7-1と大差をつける。名古屋はパワープレーをやめると、33分にFP齋藤功一、橋本優也が連続でゴールを奪うが反撃もここまで。すみだがFリーグ参入以来、リーグ戦での名古屋戦初勝利。一方の名古屋は今季初の7失点で2位の町田との勝ち点差は5に縮まった。 2017.10.08 18:44 Sun
twitterfacebook
thumb

JリーグとFリーグの共演!! 湘南ベルマーレが大応援団の声援を受けてPOを争う大阪に大勝!!《DUARIG Fリーグ》

▽7日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽湘南ベルマーレと府中アスレティックFCの共同開催で、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われた。この日は明治安田生命J2リーグ第26節の湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホックが、Shonan BMWスタジアムで行われており、JとFの共同開催ともなった。 ▽第1試合の府中アスレティックFCvsバサジィ大分は3-2で府中が勝利。第2試合の湘南ベルマーレvsシュライカー大阪は7-2で湘南が勝利した。 ◆府中アスレティックFCvsバサジィ大分 ▽3試合ぶりの白星を目指す府中と、8試合ぶりの勝利を目指す大分の一戦は、6分にFP上福元俊哉が個人技からゴールを奪いきり府中が先制。しかし大分も10分にカウンターからFP石関聖がネットを揺らして同点で前半を終える。迎えた22分にはセットプレーからFP田村龍太郎が勝ち越しゴールを奪った。追いかける展開となった府中は26分、ゴール正面のFKをFP皆本晃が直接叩き込む。さらに31分には特練ランキングトップに立つFP渡邉知晃が10試合連続となるゴールで試合をひっくり返した。終盤は大分がパワープレーからチャンスを作るがゴールは奪えずに終了。府中が3試合ぶりの白星を飾った。 ◆湘南ベルマーレvsシュライカー大阪 ▽第2試合前にはShonan BMWスタジアムで行われた湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホックを観戦したサポーターたちが大勢詰め掛けた。アリーナのほとんどを湘南ベルマーレのユニフォームを着たサポーターが埋め尽くす中で開始された一戦は、声援を受けて湘南が主導権を握る。しかし8分にFPチアゴ、10分にFPアルトゥールのゴールで大阪が先行する。湘南は14分にFP林田フェリペ良孝が1点を返して前半を終えると、後半は26分にFP小門勇太が同点ゴールを奪取。さらに36分にはFP植松晃都が逆転ゴールを奪い、会場のボルテージは最高潮へ。大阪は失点後からパワープレーに出るが、そこから4つのパワープレー返しがl決まり、湘南が大阪に7-2と大勝した。 2017.10.07 22:31 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース