【J1チーム別総括】成熟のスタイルがリーグを席巻するも年間1位には届かず《川崎フロンターレ》2016.11.20 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第17回目は、完成度を増した“風間スタイル”で今季のリーグ戦を席巻した2位の川崎フロンターレ編をお届けする。

◆チーム採点
80点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽風間八宏体制5年目を迎えた川崎Fは、円熟味を増したポゼッションサッカーでシーズン序盤から好調を維持すると、開幕7戦無敗とスタートダッシュに成功。攻撃陣では4年連続得点王を狙うFW大久保嘉人や、クラブのバンディエラであるMF中村憲剛らが好パフォーマンスを披露した。

▽さらに、近年のウィークポイントであった守備面では、GKチョン・ソンリョンや、DF奈良竜樹、DFエドゥアルドの新戦力コンビが躍動。1stステージを失点数は優勝した鹿島アントラーズに次ぐ2位タイ(15失点)で終えるなど、攻守のかみ合った充実の内容で前半戦を終えた。

▽勝ち点差わずか“1”で1stステージの優勝を逃した川崎Fは、2ndステージも上々の滑り出しを見せると、1stステージから続くリーグ戦無敗記録を14試合に伸ばしてクラブ新記録を樹立。順調に勝ち星を積み重ねたが、シーズン終盤に差し掛かると、続出した守備陣のケガなどもあって徐々に失速。8月以降は11戦で5敗を喫し、年間首位の座からも陥落した。

▽わずかな望みをかけて臨んだ2ndステージ最終節のガンバ大阪戦では、ホーム等々力での最終戦だったにもかかわらず、2点のリードからの逆転負け。年間首位に立つチャンスを逃した川崎Fは、年間2位でクラブ史上初のチャンピオンシップに臨むことになった。

▽今シーズンはクラブ創設20周年のメモリアルイヤー。さらに、風間監督は今シーズン限りでの退任が決定している。チーム、選手、サポーターとしても、様々な思いがあるだけに、来るチャンピオンシップを制して悲願のクラブ初タイトルを手にしたいところだ。

◆最優秀選手賞
J.LEAGUE PHOTOS
MF中村憲剛(36)
31試合出場(先発31試合)/9得点
▽最優秀選手賞には、36歳ながら9ゴール11アシストを記録した川崎Fのバンディエラを選出。エドゥアルド・ネットの加入によって従来のボランチからポジションを1列上げた中村は、これまで以上に大久保や小林との絡みが増え、多くの決定機を演出。また自身としても歴代2位となる9ゴールを記録するなど、年齢を感じさせない働きでクラブの躍進を支えた。

◆敢闘賞
J.LEAGUE PHOTOS
FW小林悠(29)
32試合出場(先発32試合)/15得点
▽エドゥアルド・ネットやエドゥアルドなど新加入選手の名前も挙げたいところだが、ここではJリーグ記録タイとなる7試合連続ゴールを記録したFW小林悠をピックアップする。3年連続得点王に輝いたFW大久保嘉人へのマークが厳しくなる中、持ち味の裏への抜け出しから自身最多の15ゴールをマーク。また終盤に左ハムストリングスの肉離れで離脱したが、自己最多タイとなるリーグ戦32試合に出場するなど、シーズンを通して安定したパフォーマンスを発揮した。

◆ブレイクスルー賞
J.LEAGUE PHOTOS
MF三好康児(19)
15試合出場(先発4試合)/5得点
▽AFC U-19選手権で初優勝を成し遂げたU-19日本代表としても躍動した三好は、2020年の東京オリンピックでの活躍も期待される。将来的に中村に代わる川崎Fの象徴として飛躍が期待されるユース最高傑作は、2ndステージで10試合に出場すると5ゴールを記録。積極的にドリブルを仕掛ける姿勢から“NEXTレナト”とも称されており、来シーズンの更なる活躍が期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

経験豊富なG大阪MF今野泰幸も韓国代表を警戒「間違いなく強い相手。苦労する」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国を警戒し「最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」と全力を出し切って勝ち切ると意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「上手い選手も増えてきているし、元々気持ちを持った選手も多いので、間違いなく強い相手だと思います。苦労すると思います」 <span style="font-weight:700;">──今大会は0-0で粘って、最後に点を取ってという試合が続いているが</span> 「もちろん最初に点が取れた方が良いです。とにかく、最初から飛ばして90分間戦わないと、勝つのは難しい相手だなと思います。最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝するということはやはり大事か</span> 「やっぱり2位だと何も残らないです。1位をとれば、少しは歴史に名を刻めるのでね。とにかく結果にこだわりたいです。どんな内容であろうと気持ちで負けないで、がむしゃらに1位を獲りに行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督は中国戦の試合後に今野選手のプレーを褒めていたが、自身ではどうか</span> 「アンカーのポジションはそんなにやらないですけど、落ち着いてできましたね。最低限のことはできたと思います」 <span style="font-weight:700;">──ダブルボランチとは違いますか</span> 「全然違いますね。そこのポジションを空けたら、誰もいなくなってしまうので、ポジショニングが重要です。僕は本能的に動いてしまうので、そこを空けてしまうことが多いんですけどね。そこを気をつけながらプレーしました」 <span style="font-weight:700;">──経験が少ない選手が多い中で、だいぶ1つになっているような手応えは</span> 「そうですね。練習では監督がどんどん要求してきますし、それにみんなが応えようと必死にやっています。みんなもJリーグでは試合に出ている選手なので、経験も持っているし、サッカーも知っています。徐々に良くなっているとは感じます」 <span style="font-weight:700;">──中盤での自分の生かし方とかは見えてきているか</span> 「僕は経験があるので、色々な要求があるのは当然です。その中で自分の特徴を出していかないと、生き残れないのは分かっていることです。それができないなら、外れていくだけですね」 2017.12.15 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国の高さを警戒する鹿島DF昌子源、それでも「結局は個々のデュエル」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国のFWキム・シンウクの高さを警戒しながらも、「最低限キレイに何かをさせることは防げる」と意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「技術がしっかりしています。相手がどれだけ長い期間一緒にやっているかはわからないですけど、僕らより連携が良いというのは聞いています。監督も向こうの方が一緒にやっている期間も長いし、戦術面や連携面は理解度は高いかもしれないと言っていました。実際は試合にならないとわからないですけど、戦術の理解度は高そうな印象はあります」 <span style="font-weight:700;">──そんな中で、日本の守備陣はどう戦っていくか</span> 「結局は個々のデュエルだと思います。もちろん戦術やチームの戦術理解度で勝敗は決まるかもしれないですけど、ゴール前では相手の9番(キム・シンウク)とか、ヘディングを生かしてやってくると思います。困ったときにデカい選手がいるのは、サッカー的にも楽でしょうしね」 「ただ、そういったものに韓国は頼るチームではないと思うし、技術がしっかりしている分、下で繋ぐこともできます。色々なバリエーションが増えることは、ディフェンス陣からしたら嫌ですね。ただ、それにしっかり対応していかないといけないなと思います」 <span style="font-weight:700;">──196cmのキム・シンウクは脅威だと思うが</span> 「僕はそこまで大きい選手が初めてではないです。色々なやり方はあると思います。単純にヘディング勝負で勝てるかといったら、10回やって1回勝てるかも分からないです。僕のヘディングは向こうは胸かもしれないです。色々な守り方があると思います」 「トラップ際を狙うとか、僕が負けると思って違う人がカバーするとか。ただ、最低限キレイに何かをさせることは防げると思います。危ないところで僕が競って、体を当てるだけでもシュートの威力を落とすこともできます。そこは最低限やりたいです」 <span style="font-weight:700;">──W杯で対戦するセネガルとかポーランドはフィジカル面でも勝るチームだが、その辺も意識するか</span> 「そこを気にしていたらダメだなと思います。目の前の試合で目の前の相手を倒した後に、そういったイメージが湧いてくるかなと。僕が高さで全部負けて、もうダメだとなるのもナンセンスだと思うし、高さだったら全部植田をぶつけたら良いわけですし。そうはいかないですけど」 「僕は正直、高さが得意ではないです。196cmの相手に勝てると言えるほど自信はないです。直は、2mの相手でもぶつかっていくけど、自分はそういった自信はないし勝てないのは分かっているので、それに見合う違うことでやっていきたいです」 2017.12.15 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

生き残りを懸けたラストチャンスの日韓戦について柏FW伊東純也「勝たないとアピールにはならない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW伊東純也(柏レイソル)がミックスゾーンで記者の取材に応対。中国代表戦で負ったケガについては回復していると明かし、スピードを生かして韓国にしっかり勝ちたいと語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW伊東純也</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──ケガの具合は</span> 「痛いですけど、(90分間)できると思います」 <span style="font-weight:700;">──中国戦ではどのシーンで負傷したのか</span> 「競り合いのときですね。試合が始まったばかりの頃です」 <span style="font-weight:700;">──100%でダッシュできる状況か</span> 「だいぶ戻ってきたと思います。明日にはもっと良くなっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──スピードというところが期待されていると思うが、明日の韓国戦はどんなプレーをしたいか</span> 「ピッチに立ったら言い訳できないですし、(ケガは)関係なくスピードを生かして仕掛けていければなと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「攻撃的で、サイドバックがすごく上がってくるという印象です。その後ろを突けたらなと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表で試合に出ることで、自分で感じている変化はあるか</span> 「チームとは違うので、そういった部分では慣れていって日に日に良くなっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──日韓戦はあまり経験がないかもしれないがイメージはあるか</span> 「大学の時もアジアのチームとは試合しましたが、力強いと思うので、そういったところでは負けないようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国はライバルと言われるが、心理面でのプレッシャーは</span> 「そういったものはないですが、負けられないライバルなので、勝って優勝できたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表に入るのはイメージしていたより早いか</span> 「僕は大卒なので、年齢的には早いとは思っていません。自分より若い選手も入っているので、負けないように頑張って行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督やコーチングスタッフから個人的に言われていることは</span> 「攻撃の面で違いを出して欲しいと言われていますし、そこは長所だと思っています。クオリティが評価されていると思うので、しっかりやりたいです」 <span style="font-weight:700;">──次の試合がアピールの場としては最後になるかと思うが</span> 「まずは一戦一戦という考えしかなかったです。最後もしっかり勝つ。勝たないとアピールにはならないので、最後も勝ちたいです」 2017.12.15 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府がMF島川俊郎と契約更新「ひたむきにサッカーと向き合っていきたい」

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、MF島川俊郎(27)との契約更新を発表した。 ▽島川は柏レイソルの下部組織出身で、ベガルタ仙台や東京ヴェルディ、ブラウブリッツ秋田、レノファ山口FC、栃木SCでプレー。今シーズンから甲府に加入すると、シーズン序盤は出場機会がなかったものの後半に出場機会を得て、明治安田生命J1リーグで13試合に出場していた。島川はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくことになりました。今シーズン感じた自分自身に対する情けなさや、悔しさを忘れず、これからもチームの力となれるように真面目に、そしてひたむきにサッカーと向き合っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.12.15 15:34 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、今夏加入の大武峻と契約更新

▽アルビレックス新潟は15日、DF大武峻(25)と2018シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、出場機会をコンスタントに得ていたが、J2に降格した今季は風間八宏監督の下、出場機会に恵まれず今年6月に新潟に移籍した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグでは9試合に出場していた。 2017.12.15 14:49 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース