超ワールドサッカー

【J1チーム別総括】成熟のスタイルがリーグを席巻するも年間1位には届かず《川崎フロンターレ》2016.11.20 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第17回目は、完成度を増した“風間スタイル”で今季のリーグ戦を席巻した2位の川崎フロンターレ編をお届けする。

◆チーム採点
80点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽風間八宏体制5年目を迎えた川崎Fは、円熟味を増したポゼッションサッカーでシーズン序盤から好調を維持すると、開幕7戦無敗とスタートダッシュに成功。攻撃陣では4年連続得点王を狙うFW大久保嘉人や、クラブのバンディエラであるMF中村憲剛らが好パフォーマンスを披露した。

▽さらに、近年のウィークポイントであった守備面では、GKチョン・ソンリョンや、DF奈良竜樹、DFエドゥアルドの新戦力コンビが躍動。1stステージを失点数は優勝した鹿島アントラーズに次ぐ2位タイ(15失点)で終えるなど、攻守のかみ合った充実の内容で前半戦を終えた。

▽勝ち点差わずか“1”で1stステージの優勝を逃した川崎Fは、2ndステージも上々の滑り出しを見せると、1stステージから続くリーグ戦無敗記録を14試合に伸ばしてクラブ新記録を樹立。順調に勝ち星を積み重ねたが、シーズン終盤に差し掛かると、続出した守備陣のケガなどもあって徐々に失速。8月以降は11戦で5敗を喫し、年間首位の座からも陥落した。

▽わずかな望みをかけて臨んだ2ndステージ最終節のガンバ大阪戦では、ホーム等々力での最終戦だったにもかかわらず、2点のリードからの逆転負け。年間首位に立つチャンスを逃した川崎Fは、年間2位でクラブ史上初のチャンピオンシップに臨むことになった。

▽今シーズンはクラブ創設20周年のメモリアルイヤー。さらに、風間監督は今シーズン限りでの退任が決定している。チーム、選手、サポーターとしても、様々な思いがあるだけに、来るチャンピオンシップを制して悲願のクラブ初タイトルを手にしたいところだ。

◆最優秀選手賞
J.LEAGUE PHOTOS
MF中村憲剛(36)
31試合出場(先発31試合)/9得点
▽最優秀選手賞には、36歳ながら9ゴール11アシストを記録した川崎Fのバンディエラを選出。エドゥアルド・ネットの加入によって従来のボランチからポジションを1列上げた中村は、これまで以上に大久保や小林との絡みが増え、多くの決定機を演出。また自身としても歴代2位となる9ゴールを記録するなど、年齢を感じさせない働きでクラブの躍進を支えた。

◆敢闘賞
J.LEAGUE PHOTOS
FW小林悠(29)
32試合出場(先発32試合)/15得点
▽エドゥアルド・ネットやエドゥアルドなど新加入選手の名前も挙げたいところだが、ここではJリーグ記録タイとなる7試合連続ゴールを記録したFW小林悠をピックアップする。3年連続得点王に輝いたFW大久保嘉人へのマークが厳しくなる中、持ち味の裏への抜け出しから自身最多の15ゴールをマーク。また終盤に左ハムストリングスの肉離れで離脱したが、自己最多タイとなるリーグ戦32試合に出場するなど、シーズンを通して安定したパフォーマンスを発揮した。

◆ブレイクスルー賞
J.LEAGUE PHOTOS
MF三好康児(19)
15試合出場(先発4試合)/5得点
▽AFC U-19選手権で初優勝を成し遂げたU-19日本代表としても躍動した三好は、2020年の東京オリンピックでの活躍も期待される。将来的に中村に代わる川崎Fの象徴として飛躍が期待されるユース最高傑作は、2ndステージで10試合に出場すると5ゴールを記録。積極的にドリブルを仕掛ける姿勢から“NEXTレナト”とも称されており、来シーズンの更なる活躍が期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

清武1G1AのC大阪、小林悠PK失敗の川崎Fに快勝で公式戦5試合ぶり勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが30日に行われ、2-0でC大阪が快勝した。 ▽3勝4分け1敗で8位につけるC大阪と、同じく3勝4分け1敗の7位・川崎Fの一戦。前節のヴァンフォーレ甲府戦を1-1と引き分けたC大阪は、4日前に行われたルヴァンカップのサガン鳥栖戦を4-4と引き分け、公式戦4試合連続ドロー中。その鳥栖戦のスタメンから9選手を変更。清武とGKキム・ジンヒョンのみ引き続き先発となって鳥栖戦のスタメンがベースとなった。 ▽一方、前節の清水エスパルス戦を終了間際の被弾で2-2と引き分けてリーグ戦3試合連続ドロー中の川崎Fは、5日前に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の水原三星戦を1-0と辛勝し、決勝トーナメント進出へ王手を懸けた。その水原戦のスタメンから腰痛で欠場の中村憲剛に代えて登里のみを変更した。 ▽清武を[4-2-3-1]の右MFで起用したC大阪と、谷口をボランチで、車屋をセンターバックで起用する[4-2-3-1]で臨んだ川崎Fの一戦。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、17分にC大阪に決定機が生まれる。ソウザのボックス手前右からのミドルシュートがDFにディフレクトしてコースが変わり、枠を捉えた。しかし、GKチョン・ソンリョンの左手一本によるセーブに阻まれる。 ▽直後の左CKからソウザのヘディングシュートは枠の上に外れるも、その後はC大阪の攻勢が強まっていく。26分には山口がミドルシュートでGKチョン・ソンリョンを強襲した。 ▽流れの悪い川崎Fが谷口をセンターバックに下げ、5バックで対応してきたのに対し、C大阪は29分にも決定機。清武の左クロスに杉本がダイレクトでシュート。しかし、GKチョン・ソンリョンの正面を突いた。 ▽劣勢が続いた川崎Fだったが、43分にPKを獲得する。三好のスルーパスに反応した小林悠がボックス右から放ったシュートはGKキム・ジンヒョンにセーブされるも、ルーズボールを拾った三好がクリアにかかったヨニッチに蹴られた。しかし、キッカーの小林悠の浮かせたシュートはバーに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半から大塚に代えて板倉を中盤センターに投入した川崎Fは50分に板倉のミドルシュートでゴールに迫るも、C大阪が徐々に攻勢に転じていく。 ▽すると66分、左クロスに山村がヘディングで合わせたシュートは枠の右に外れるが、67分に先制する。清武のダイレクトスルーパスに反応してボックス右に侵入した山村のシュートがゴール左隅に決まった。 ▽追う展開となった川崎Fは長谷川を投入して前がかっていくも、C大阪が87分に勝負を決定付ける。清武のパスを受けたボックス左の柿谷シュートはGKチョン・ソンリョンにセーブされるが、ルーズボールを清武がボレーで蹴り込んだ。清武のC大阪復帰後初ゴールで2-0とリードを広げたC大阪がそのまま快勝。公式戦5試合ぶりの勝利を飾っている。一方の川崎Fは今季2敗目を喫した。 2017.04.30 21:01 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌DF田中雄大が右ハムストリング肉離れ…今季リーグ戦6試合出場

▽コンサドーレ札幌は30日、DF田中雄大が右ハムストリングの肉離れと診断されたことを発表した。なお、全治については公表されていない。 ▽田中は、26日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループA第3節の大宮アルディージャ戦(1-1のドロー)で先発するも、ハーフタイムで途中交代していた。 ▽今シーズンに神戸から加入した田中は、今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで6試合に出場していた。 2017.04.30 20:36 Sun
twitterfacebook
thumb

18歳MF堂安が3戦連発! G大阪が敵地で横浜FMを撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節の横浜F・マリノスvsガンバ大阪が30日に日産スタジアムで行われ、0-1でG大阪が勝利した。 ▽ここまで4勝1分け3敗で9位の横浜F・マリノスと、4勝3分け1敗で2位につけるG大阪が激突した。横浜FMは、0-2で敗れた前節の柏レイソル戦から4カ所を変更。新井、扇原、前田、ウーゴ・ヴィエイラに代えて、松原、マルティノス、バブンスキー、伊藤を起用した。対するG大阪は、6-0で大勝した前節の大宮アルディージャ戦から金正也に代えてファビオを起用する1点を変更している。 ▽試合序盤は一進一退の攻防となる。両者共になかなか攻撃の形をつくり出せない中、先にゴールへ近づいたのはG大阪。18分、右サイドのオ・ジェソクが入れたクロスにニアサイドに走り込んだ赤崎が合わせる。しかし、このヘディングシュートは枠を捉えることができない。 ▽ハーフタイムにかけても、両者共にそれほどリスクを冒さなかったため、堅い展開となる。横浜FMは齋藤、G大阪は堂安がそれぞれ単騎での仕掛けで見せ場をつくる場面もあったが、いずれも得点には至らず、ゴールレスのままハーフタイムを迎える。 ▽迎えた後半、G大阪は49分にチャンスを迎える。井手口が蹴った左CKに正面のファビオがヘッド。しかし、このヘディングシュートはゴールの右に外れる。 ▽さらにG大阪は60分に決定機。右サイドから堂安が入れたセンタリングに途中出場の長沢がトラップしてゴール至近距離からシュート。しかし、これはGK飯倉のブロックに遭った。 ▽なかなかゴールを割れないG大阪だが、好調の18歳が均衡を破る。左サイド深くから藤春が折り返すと、ニアサイドの長沢が冷静にヒールパス。完璧なお膳立てを受けた堂安が難なくゴールに押し込み、公式戦3試合連続弾で先制点をもたらした。 ▽勢いづくG大阪は続く68分、アデミウソンのパスからゴール前に抜け出した長沢に決定機。しかし、GKとの一対一で放ったシュートは、わずかに枠の左にはずれ、2点目とはならない。 ▽その後、横浜FMに押し込まれたG大阪だが、最後まで耐えてシャットアウト勝利。2試合連続クリーンシートでの連勝で今季5勝目を手にしている。一方、横浜FMはホームでの今季初黒星を喫している。 2017.04.30 18:56 Sun
twitterfacebook
thumb

堀米のJ1初ゴールを最後まで守り切り、甲府が神戸に完封勝利!!《J1》

▽30日、明治安田生命J1リーグ第9節が行われ、ヴィッセル神戸vsヴァンフォーレ甲府は、1-0で甲府が勝利した。 ▽前節のサガン鳥栖戦で敗れてリーグ戦2連敗中の3位・神戸(勝ち点15)が、セレッソ大阪戦をドローで終えて3試合白星から遠ざかっている14位の甲府(勝ち点9)をノエビアスタジアム神戸に迎えた。 ▽試合は開始から神戸がアグレッシブに攻め込んでいく。まずは2分、ボックス内でウエスクレイからのロングボールを受けた渡邉がシュート。直後には松下がミドルレンジから積極的にシュートを放っていった。 ▽一方の甲府は5バックを敷いてサイドのスペースを埋める。しかし自陣で待ち構える守りではなく、ハーフウェイラインより相手陣内からしっかりとボールに対してプレスをかけていった。すると9分には堀米が右サイドからカットインして左足を振り抜くなど、チャンスを作っていく。 ▽神戸は22分、カウンターでボールを運ぶとボックス内の渡邉の下にボールが出る。渡邉は多少強引にシュートに持っていくも、GK岡が正面で処理をした。甲府も21分には負けじと河本がボックス内で反転してシュートを放つが、相手のブロックに遭ってゴールマウスにシュートを飛ばせない。 ▽その後は拮抗した展開となるが38分、甲府はロングカウンターを開始。左サイドで裏を取った田中が右足に持ち替えてゴール前にクロスを入れると、堀米が頭で合わせてネットを揺らす。堀米のJ1初ゴールで甲府が先制点を奪った。 ▽リードを許した神戸は前への圧力を強めようとするが、甲府が自陣でブロックを敷いて守りに入ったことでチャンスを作り切れず、前半は甲府がリードして終えた。 ▽追いかける展開の神戸は、ハーフタイムで田中を下げて中坂を送り出した。その神戸は56分、左サイドの高い位置にポジションを取った橋本のクロスに、高橋が飛び込むがミートできずにボールは枠外へと飛んだ。 ▽その後も神戸が甲府陣内に攻め込む場面が多く見られるが、集中したブロックを崩せない。68分には抜け出した渡邉がボックス内からシュートを狙うが、GKの正面に蹴ってしまった。 ▽終盤にかけてはオープンな展開となっていく。81分には神戸がボックス手前のやや距離のある位置でFKを獲得。渡邉が直接狙うと、ボールはゴールマウスに向かうが、GK岡がセーブする。神戸の猛攻をしのぎ切った甲府が4試合ぶりの白星を手にした。 2017.04.30 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

PK献上の昌子が汚名返上のヘディング弾で鹿島が鳥栖に逆転勝利!!《J1》

▽30日に明治安田生命J1リーグ第9節の鹿島アントラーズvsサガン鳥栖が県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で鹿島が勝利した。 ▽前節のジュビロ磐田戦では0-3の敗戦を喫するも、ミッドウィークに行われたACLグループステージ第5節で蔚山現代に4-0と快勝した鹿島が、リーグ戦ではヴィッセル神戸に1-0で勝利しながらも、ルヴァンカップ・グループステージ第3節のセレッソ大阪戦で4-4のドローに終わった鳥栖が激突した。 ▽試合は鹿島がポゼッションを握り、鳥栖は自陣でブロックを構えて自陣から押し上げていく戦い方を選択した。鹿島は10分、レオ・シルバがドリブルでボックス手前まで侵入。ペドロ・ジュニオールに横パスを送るが、鳥栖のディフェンスに囲まれてシュートまで持ち込めない。 ▽20分にはショートパスを繋いで相手陣内に攻め込んだ鹿島が、遠藤の折り返しに、後方から走り込んだ永木が右足を振り抜く。これがボックス内にこぼれて金崎が蹴り込むが、オフサイドの判定でゴールとはならなかった。 ▽ここまでシュートがない鳥栖だったが、21分にボックス内へのボールが昌子の手に当たってPKを獲得。これを豊田が冷静に沈めて鳥栖が先制した。鹿島は26分に、土居が左サイドから入れたマイナスのボールにペドロ・ジュニオールが合わせるが、こちらはうまく当たらずに枠を外してしまう。 ▽すると27分、土居がボックス内で藤田に倒されて今度は鹿島にPKが与えられる。キッカーの金崎がこのチャンスを決めきって試合は振り出しに戻った。すると鹿島は41分、左CKのチャンスで、PKを献上した昌子がヘディングシュートをねじ込み、逆転に成功。前半はそのまま終了を迎えた。 ▽交代なしで後半を迎えた両チームだが、鳥栖はなかなか攻撃に転じることができない。すると52分には小川を下げて高橋を投入し、中盤でセカンドボールを狙いにいく。さらに59分には鎌田を下げて趙東建を投入した。 ▽一方の鹿島も70分に遠藤に代えてレアンドロを投入するなど、交代カードを切って流れを変えにいく。鳥栖は77分、右サイドからのクロスにセンターバックのキム・ミンヒョクがボックス内に侵入し、GKに倒されるが笛は吹かれず。 ▽鹿島は83分、レオ・シルバのスルーパスをボックス左で受けたレアンドロがマイナスのボールを折り返す。そこに金崎が走り込むが、先に相手にブロックされてしまい追加点とはならず。 ▽鹿島は85分に金崎を下げて三竿を投入し試合をクローズしにかかる。鳥栖は87分に右サイドからのクロスに豊田が植田に競り勝ってヘディングシュートを狙うが決めきれない。試合はそのまま終了を迎え、鹿島が鳥栖に逆転勝利を飾った。 2017.04.30 17:56 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース