【J1チーム別総括】積み上げたものを信じ、挑み続けたJ2王者はクラブ史上最高のシーズンに《大宮アルディージャ》2016.11.17 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第14回目は、J2王者として1年で復帰し、クラブ史上最高となる年間5位の成績を収めた大宮アルディージャ編をお届けする。

◆チーム採点
85点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽失意のJ2降格から、J2制覇を経て1年で復帰した今シーズン。待っていたのは過去の10シーズンとは異なるJ1のシーズンだった。開幕戦2連勝でスタートを切った大宮だったが、第3節のガンバ大阪戦で2-1と敗れると、第4節のサンフレッチェ広島戦では1-5で敗戦。昨シーズンの上位チーム相手に結果を残せず、嫌なムードとなった。しかし、そこから6戦負けなし(3勝3分け)と結果を出すと、浦和レッズ、アルビレックス新潟、川崎フロンターレには敗れたものの、1stステージを5位でフィニッシュした。

▽初の2ステージ制を戦う大宮は2ndステージでも好スタートを切る。第1節の名古屋グランパス戦を1-0で制すると、G大阪、浦和と1stステージで敗れた相手から勝ち点を得る。第5節の新潟戦、第6節のヴィッセル神戸戦では連敗を喫するも、その後は10戦無敗。広島、川崎F、鹿島アントラーズと上位常連チーム相手に勝利を収めるなど勝ち点を積み上げ、シーズン目標の勝ち点48を大きく上回る勝ち点56を獲得。最終節でACL出場の可能性を残す年間勝ち点4位を逃し、シーズン中も勝ち点を取りこぼした試合が多かったが、年間勝ち点5位でシーズンを終えクラブ史上最高成績をJ1復帰元年で達成した。なお、ルヴァンカップではベスト8、天皇杯もベスト8に進出するなどカップ戦でも一定の結果を残したシーズンとなった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF家長昭博(30)
26試合出場(先発26試合)/11得点
▽チームMVPは文句無しで家長を選出。大宮の攻撃の中心であり、守備への貢献度も年々上昇。日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督から名指しで指摘を受けるなど、存在感を示した。自身キャリア初となる2桁得点(11得点)を達成し、大宮にとっては日本人で初の2桁得点選手に。フィニッシャーとしての役割も果たし、シャドーストライカーとしての役割を十二分に果たしたシーズンだった。なお不在の8試合ではチームはわずか2勝と、上位フィニッシュへの大きな原動力となったことは成績面にも表れている。

◆敢闘賞
Getty Images
MF横谷繁(29)
31試合出場(先発27試合)/3得点
▽センターバックとして31試合に出場したDF河本裕之も候補だったが、シーズン途中からボランチに固定された横谷を選出。得点面では昨シーズンの8得点と比べると3得点と寂しい結果となったが、大宮の攻撃を司っていた貢献度を評価した。同じG大阪下部組織出身である家長が得点を量産できたのも、横谷の存在があったからと言っても過言ではない。慣れない守備でも身体を張り、家長を機能させるために攻撃面でも貢献。来シーズンもカギを握る存在になることは間違いないだろう。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF江坂任(24)
31試合出場(先発23試合)/8得点
▽終盤にボランチのポジションを掴んだ下部組織出身のMF大山啓輔、浦和とのさいたまダービーで圧巻のゴールを決めたMFマテウスなども迷ったが、ここはシーズンを通してレギュラーとしてプレーした江坂を選出した。昨季、ザスパクサツ群馬でプロキャリアをスタートさせた江坂はプロ1年目で13ゴールを記録。今季から大宮に加わると、右サイドのポジションを確保。目標の2桁得点には届かなかったが、リーグ戦で8得点を記録した。特に、2ndステージでは6得点を記録し、うち3点は決勝点となるなど勝負強さも身に付けた。“イケメン”としてだけでなく、プレー面でも注目を集め、来季のさらなる飛躍にも期待が懸かる。

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組同士の一戦は湘南に軍配! 長崎終盤に攻撃も実らず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第1節の湘南ベルマーレvsV・ファーレン長崎が24日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、2-1で湘南が勝利した。 ▽開幕から昇格チーム同士が激突した一戦。昨シーズンJ2優勝を果たし2年ぶりにJ1に戻ってきた湘南は昨季と同じ[3-4-2-1]のフォーメーションで挑んだ。GKに秋元、ディフェンスラインには山根、アンドレ・バイア、大野の3人が並んだ。岡本と杉岡がそれぞれ右ウイングバックと左ウイングバックを務め、秋野と菊池がボランチ起用。松田とアレン・ステバノヴィッチをシャドーに、イ・ジョンヒョプが1トップに配置された。 ▽一方、J1初挑戦の長崎はこちらも昨季と同じ[3-4-2-1]の布陣を採用。GKは増田、3バックは高杉、田上、徳永が入った。中盤は右ウイングバックに扇長、左ウイングバックに飯尾が入り、前田と島田がボランチに。沢田とベン・ハロハンを2シャドーに、ファンマがワントップを担った。 ▽序盤から激しい立ち上がりを見せた両者の試合はすぐに動く。9分、松田が相手の股を抜く巧みなドリブルで右サイドを突破すると、ゴール前へマイナスのクロスを送る。これをテンポを遅らせて上がってきたイ・ジョンヒョプがダイレクトで合わせると、相手に当たりゴールマウスへ入った。 ▽昨シーズンは湘南に対して1分け1敗と勝つことができなかった長崎にとって嫌な立ち上がりとなったが、16分に同点に追いつく。左サイドの前田のFKから高杉がヘディングシュート。GK秋元が弾いたところを田上がダイビングヘッドで押し込んで試合を振り出しに戻した。 ▽湘南がややボールを支配する展開が続く中、27分に岡本がボレーシュートを放つが、GK増田がファインセーブ。ゴールを死守した。前半アディショナルタイムには、GKのロングパスから湘南がゴール前まで攻め込むがシュートは相手に当たりCKに。そのCKからもゴールは生まれず、前半は1-1で折り返した。 ▽両チームはハーフタイムに選手を交替。湘南はアレン・ステバノヴィッチを下げて石川を、長崎はベン・ハロハンに代えて鈴木を投入した。どちらも攻撃にテコを入れて迎えた後半、長崎がいきなりビッグチャンスを迎える。途中出場の鈴木も絡みつつ左サイドを崩すと、クロスに飯尾が飛び込む。ゴール目の前で当てればゴールという状況だったが、上手くミートできずに絶好のチャンスを外してしまった。 ▽63分には、右CKを得た長崎はキッカーの島田が高い軌道のクロスを送ると、扇長が打点の高いヘディングシュートでゴールに迫った。後半に入ってから良いところがない湘南。68分にイ・ジョンヒョプがボックス右からシュートを試みるが、枠を大きく外してしまう。 ▽中盤で停滞する時間が長くなる中、湘南は74分に岡本を下げて高山をピッチに送り込む。対する長崎は澤田がボックス外からのミドルシュートで試合にアクセントを付ける。 ▽78分にボックス手前の良い位置でFKを得た湘南は、秋野のシュートをGK増田が上手く弾きそびれたところを石川が押し込んで勝ち越しに成功。スコアを2-1とし、再びリードを得た。 ▽同点に追いつこうとなりふり構っていられない長崎。ファンマや鈴木が強引にシュートに持ち込むもゴールを奪えず試合終了。ホームの湘南が2-1で勝利した。 2018.02.24 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル人トリオで3発! G大阪との乱打戦制した名古屋が白星発進《J1》

▽24日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のガンバ大阪vs名古屋グランパスは、アウェイの名古屋が3-2で勝利した。 ▽レヴィー・クルピ新体制で3年ぶりのタイトルを狙うG大阪は、右足首痛で出遅れる今野の欠場により、高卒ルーキーの福田を市丸の相方としてボランチで起用する大胆采配。2年ぶりのJ1となる風間体制2年目の名古屋は、新加入のジョーを最前線に置き、U-18所属で高校2年生の菅原をセンターバックの一角に抜擢した。 ▽試合は、序盤から互いの攻撃的な姿勢がぶつかり合う展開となる。その中、G大阪は13分、後方からのロングフィードに反応した倉田が敵陣左サイド深くでタックルを試みた菅原を突破。最後はボックス左寄りの位置から遠藤が倉田の横パスを右足インサイドで合わせてボールをゴール左下に沈め、ホームのG大阪が先制した。 ▽失点した名古屋だが、26分にガブリエル・シャビエルとジョーによる新たなホットラインが機能。相手の不揃いな最終ラインのスペースで味方のパスを受けたジョーが縦にドリブルを仕掛けて並走するガブリエル・シャビエルにパスを出す。これに反応したガブリエル・シャビエルが左足で合わせ、名古屋が追いついた。 ▽リードを失ったG大阪は、やや名古屋に押し込まれ始めたものの、序盤から積極果敢な仕掛けで存在感を高めるファン・ウィジョが44分に三浦のパスカットを繋いで右足シュート。これがゴール左上角に飛んだが、新戦力GKランゲラックのビッグセーブに阻まれてしまう。結局、試合は一進一退の展開でハーフタイムを迎えた。 ▽その後半、名古屋が逆転。51分、敵陣左サイドの位置でFKのチャンスを得ると、キッカーのガブリエル・シャビエルが左足で丁寧にクロスボールを供給する。これに反応した三浦とファビオだが、重なってボールがホーシャの元へ。このこぼれ球をフリーで拾った新加入のホーシャが決め、名古屋がスコアをひっくり返した。 ▽追いかける展開を強いられたG大阪は、浦和レッズから新加入の矢島、高校2年生ルーキーの中村を立て続けに投入。すると、79分、その中村が起点となり、オ・ジェソクが右サイドを抜け出して右足で中央にクロスボールを供給する。これに反応した長沢が菅原の制止を振り切って頭でねじ込み、G大阪がイーブンに戻した。 ▽だが、名古屋は84分、G大阪の押せ押せムードを尻目にカウンター。長谷川アーリアジャスールのパスを途中出場の八反田がワンタッチで最終ラインの背後に流す。これに反応したジョーがGK東口の股下を抜く右足シュートを決め、名古屋が再びリードした。結局、これが決勝点となり、乱打戦を制した名古屋がJ1復帰初戦を白星スタートで飾っている。 2018.02.24 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

“タイの英雄”がJデビュー戦で初ゴール! 札幌との新指揮官対決制した城福広島が開幕白星スタート《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第1節、サンフレッチェ広島vs北海道コンサドーレ札幌が24日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利した。 ▽互いに新監督を招へいして臨む新シーズン。城福監督が率いるホームの広島は開幕戦に向けて[4-4-2]のフォーメーションを採用。GKに林、ディフェンスラインは右から和田、千葉、水本、佐々木が入り、中盤は青山と稲垣のダブルボランチ、川辺、柏がそれぞれ右と左に配置され、パトリックとティーラシンが2トップに採用された。 ▽一方、ペトロヴィッチ監督にとって古巣対決となった札幌のフォーメーションは[3-6-1]。GKはク・ソンヨン、3バックは進藤、キム・ミンテ、福森が務め、中盤は駒井と菅が両ウイングバック、宮澤と深井が底に入った。三好とチャナティップを2シャドーに、ジェイがワントップに起用された。 ▽最初のシュートはジェイ。右サイドのクロスに頭で合わせ札幌がゴールに迫った。広島も4分にFKのチャンス。左サイドからのFKを川辺がゴール前に入れると、水本がバックヘッドで逸らすも味方には繋がらず。 ▽一進一退の攻防が続く中、札幌の三好がドリブルで広島守備陣を切り裂くが、フィニッシュには持ち込めない。対する広島も2度のCKを得たが、佐々木のダイビングヘッドは枠を越えた。15分には、広島のティーラシンが胸トラップから初シュートに繋げて三度CKを獲得。その流れから、左サイドの佐々木のクロスを千葉が合わせたが惜しくも枠に飛ばすことができなかった。 ▽徐々にペースを握り始めた広島は20分過ぎに怒涛の攻撃を見せる。まずは柏のクロスにパトリックがヘディングシュート。直後には柏がコンビネーションからボックス右に侵攻しシュートを浴びせる。さらにそのCKでは水本が頭で合わせるも枠の右へ。ホームチームの攻撃はまだ続く。26分に左CKを獲得すると、佐々木がポスト直撃のヘディングシュートを見舞った。 ▽すると迎えた29分、広島の攻撃がようやく実を結ぶ。ここまで攻撃をけん引してきた柏の左からのクロスに合わせたのはティーラシン。相手のマークを外してフリーでヘディングシュートを叩き込んだ。 ▽“タイの英雄”のJリーグ初ゴールで先制した広島。37分にボックス手前の絶好の位置でFKを得ると、川辺のシュートは壁に入った味方に当たり枠を外れてしまった。札幌は40分に久々のシュートを放つ。三好のシュートのこぼれ球を宮澤が押し込みにかかるが、シュートはGK林がしっかりキャッチ。チャンスをものにできす、前半を終えた。 ▽広島の1点リードで迎えた後半、早めに追いつきたい札幌は三好のヘディングシュートでゴールに迫る。52分には、再び三好がドリブル突破から左足を振り抜いたが枠の右へ逸れた。さらに、駒井のクロスにチャナティップが頭で合わせるなど、後半の立ち上がりから札幌の同点の雰囲気が漂う。 ▽後半は守勢を強いられている広島にアクシデントが襲う。千葉がクロスのクリアを試みた際に、右腕に全体重がかかるような落ち方をしてしまい、野上と負傷交代を余儀なくされてしまった。 ▽後半は一方的な試合展開を見せる札幌は、71分にチャナティップと深井を代えてヘイスと小野を同時投入。すでに菅に代えて石川をピッチに送っていたためこれで交代枠を全て使い切った。 ▽試合が残り10分を切ったところで、先制点を挙げたティーラシンはお役御免。渡との交代でベンチへ下がった。さらに広島は川辺を下げて柴崎を投入。交代枠を使い切る。 ▽なかなか点が奪えない札幌は89分に、左サイドのクロスをヘイスが頭で押し込んでネットを揺らすが、直前にファウルがありゴールには至らない。後半アディショナルタイムには福森が強引にシュートを放つが枠を捉えられず。後半に押し込んだ札幌だが、最後まで得点を挙げることができず、1-0で広島が勝利。札幌との新指揮官対決を制した城福サンフレッチェが開幕白星スタートを切った。 2018.02.24 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

東先制弾も槙野が同点弾! 長谷川新体制FC東京とACL王者浦和の開幕戦はドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ開幕節のFC東京vs浦和レッズが24日に味の素スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前ガンバ大阪指揮官の長谷川健太監督を今季から招へいした昨季のJ1で13位のFC東京と、昨季7位に終わるもACLで10年ぶり2度目の優勝を果たしたアジア王者による2018シーズン開幕節。 ▽FC東京はこの開幕戦に向けてGKに林、最終ラインは室屋、森重、太田とキャプテンのチャン・ヒョンス昨季主力を並べ、中盤は米本と高萩の2センターに、東とヴィッセル神戸からの新戦力である大森を起用。2トップは前田と柏レイソルからの新戦力ディエゴ・オリヴェイラが並び、16歳の大器・久保はベンチスタートとなった。 ▽一方、堀体制2年目の浦和はGKに西川、最終ラインに遠藤、マウリシオ、槙野、宇賀神と昨季の主力を起用。[4-1-4-1]の中盤ではアンカーに青木、インサイドハーフに新キャプテンの柏木、長澤、ウイングに武藤と横浜F・マリノスからの新戦力マルティノスが入り、1トップは7年連続2ケタ得点を目指す興梠が務めた。 ▽両チームのサポーターが多く駆け付けた注目の開幕戦。互いにやや慎重な入りを見せたものの、時間の経過と共にボールポゼッションで勝るアウェイチームがボールを保持して押し込む展開に。中央を締めるホームチームに対して、サイドで数的優位を作りながらチャンスを窺う浦和は10分、ペナルティアーク付近で柏木が左足を振り抜くが、このファーストシュートはGK林にがっちりとキャッチされる。 ▽すると直後の11分にはアクシデントが発生。ロングボールに反応したディエゴ・オリヴェイラが最終ラインの裏へ抜け出しかかると、ボックス外に飛び出してきたGK西川と交錯。西川はボールに触れておらず、あわや決定機阻止で一発レッドという可能性もあったが、主審はプレーを流して事なきを得た。 ▽それでも、このプレーをキッカケにFC東京がより前から圧力をかけ始めたことで試合はここから拮抗した展開に。相変らず浦和がボールを保持する時間が続くも、徹底的にスペースを消すホームチームを前になかなか中央を割れず、空中戦に強さを見せる相手守備に対して可能性の低いクロスで攻撃を終える場面が目立つ。 ▽一方のFC東京は粘り強い守備とディエゴ・オリヴェイラの強さを生かしたポストプレーが機能する一方、中盤やサイドバックの押し上げが遅くなかなか決定機を作れない。結局、互いに見せ場を欠くクローズな展開が目立った前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、試合はいきなり動く。48分、中盤に下りてクサビを受けた前田が粘って落とすと、これを高萩が見事なダイレクトスルーパス。これに反応した東がDF槙野に寄せられながらもボックス内まで持ち込み、DF宇賀神がカバーに入る直前で右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽この試合、最初に与えた決定機を決められて先制を許した浦和だったが、得意のセットプレーですぐさま追いつく。50分、左CKの場面でキッカーの柏木が左足でアウトスウィングのボールを入れると、DFチャン・ヒョンスとのポジション争いを制した槙野が体勢を崩しながらも右足で流し込んだ。 ▽1-1のイーブンに戻った試合はここからヒートアップしていく。61分には追いついて勢い付く浦和がマルティノスの左クロスをファーの武藤が頭で折り返し、これをゴール前の興梠がワンタッチシュートで枠の右隅に飛ばすが、GK林の好守に遭う。直後には柏木の右CKから再び槙野に決定機もヘディングシュートは枠の上に外れる。 ▽その後も浦和ペースで試合が進んでいく中、攻撃に変化を加えたいアウェイチームは64分に長澤を下げて柏から加入の武富、83分には武藤を下げてズラタンを投入する。一方、流れを変えたいFC東京は70分過ぎにディエゴ・オリヴェイラ、前田を下げて永井と注目の久保を続けて投入。高さと強さを生かした2トップからスピードとテクニックを生かした2トップに変更。さらに、85分には大森を下げて横浜FMから加入の富樫もピッチに送り込む。 ▽試合終盤にかけてはズラタンと興梠の2トップに変更した浦和が攻勢を強めるものの、流れの中でFC東京の堅守をこじ開けられない。逆に、試合終了間際の90分にはFC東京のカウンターから東とパス交換したボックス中央の久保に決定機も、左足のシュートは勢いを欠きGK西川にキャッチされた。 ▽そして、試合はこのままタイムアップ。開幕戦らしい堅い展開となった試合は互いに痛み分けの1-1のドローとなった。 2018.02.24 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、痛恨…DF菊地直哉が左ヒザ手術

▽北海道コンサドーレ札幌は24日、DF菊地直哉の負傷を発表した。 ▽菊池は、プレシーズン中に参戦したパシフィック・リムカップのバンクーバー・ホワイトキャップス戦で負傷。左ヒザ外側半月板損傷により、札幌市内の病院で手術を受けた。全治は明らかにされていない。 ▽札幌は同日に明治安田生命J1リーグ開幕節に臨み、サンフレッチェ広島ととアウェイで対戦する。 2018.02.24 12:45 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース