【J1チーム別総括】積み上げたものを信じ、挑み続けたJ2王者はクラブ史上最高のシーズンに《大宮アルディージャ》2016.11.17 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第14回目は、J2王者として1年で復帰し、クラブ史上最高となる年間5位の成績を収めた大宮アルディージャ編をお届けする。

◆チーム採点
85点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽失意のJ2降格から、J2制覇を経て1年で復帰した今シーズン。待っていたのは過去の10シーズンとは異なるJ1のシーズンだった。開幕戦2連勝でスタートを切った大宮だったが、第3節のガンバ大阪戦で2-1と敗れると、第4節のサンフレッチェ広島戦では1-5で敗戦。昨シーズンの上位チーム相手に結果を残せず、嫌なムードとなった。しかし、そこから6戦負けなし(3勝3分け)と結果を出すと、浦和レッズ、アルビレックス新潟、川崎フロンターレには敗れたものの、1stステージを5位でフィニッシュした。

▽初の2ステージ制を戦う大宮は2ndステージでも好スタートを切る。第1節の名古屋グランパス戦を1-0で制すると、G大阪、浦和と1stステージで敗れた相手から勝ち点を得る。第5節の新潟戦、第6節のヴィッセル神戸戦では連敗を喫するも、その後は10戦無敗。広島、川崎F、鹿島アントラーズと上位常連チーム相手に勝利を収めるなど勝ち点を積み上げ、シーズン目標の勝ち点48を大きく上回る勝ち点56を獲得。最終節でACL出場の可能性を残す年間勝ち点4位を逃し、シーズン中も勝ち点を取りこぼした試合が多かったが、年間勝ち点5位でシーズンを終えクラブ史上最高成績をJ1復帰元年で達成した。なお、ルヴァンカップではベスト8、天皇杯もベスト8に進出するなどカップ戦でも一定の結果を残したシーズンとなった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF家長昭博(30)
26試合出場(先発26試合)/11得点
▽チームMVPは文句無しで家長を選出。大宮の攻撃の中心であり、守備への貢献度も年々上昇。日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督から名指しで指摘を受けるなど、存在感を示した。自身キャリア初となる2桁得点(11得点)を達成し、大宮にとっては日本人で初の2桁得点選手に。フィニッシャーとしての役割も果たし、シャドーストライカーとしての役割を十二分に果たしたシーズンだった。なお不在の8試合ではチームはわずか2勝と、上位フィニッシュへの大きな原動力となったことは成績面にも表れている。

◆敢闘賞
Getty Images
MF横谷繁(29)
31試合出場(先発27試合)/3得点
▽センターバックとして31試合に出場したDF河本裕之も候補だったが、シーズン途中からボランチに固定された横谷を選出。得点面では昨シーズンの8得点と比べると3得点と寂しい結果となったが、大宮の攻撃を司っていた貢献度を評価した。同じG大阪下部組織出身である家長が得点を量産できたのも、横谷の存在があったからと言っても過言ではない。慣れない守備でも身体を張り、家長を機能させるために攻撃面でも貢献。来シーズンもカギを握る存在になることは間違いないだろう。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF江坂任(24)
31試合出場(先発23試合)/8得点
▽終盤にボランチのポジションを掴んだ下部組織出身のMF大山啓輔、浦和とのさいたまダービーで圧巻のゴールを決めたMFマテウスなども迷ったが、ここはシーズンを通してレギュラーとしてプレーした江坂を選出した。昨季、ザスパクサツ群馬でプロキャリアをスタートさせた江坂はプロ1年目で13ゴールを記録。今季から大宮に加わると、右サイドのポジションを確保。目標の2桁得点には届かなかったが、リーグ戦で8得点を記録した。特に、2ndステージでは6得点を記録し、うち3点は決勝点となるなど勝負強さも身に付けた。“イケメン”としてだけでなく、プレー面でも注目を集め、来季のさらなる飛躍にも期待が懸かる。

コメント

関連ニュース

thumb

Jリーグ、楽天との提携発表…3本柱完成のラストピースとして期待《JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー》

▽Jリーグは24日、楽天株式会社と「JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー」契約を締結することで合意に達したことを発表した。これを受けて、同日にJFAハウスで共同記者会見を実施。Jリーグチェアマンを務める村井満氏と、楽天株式会社で代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が出席した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽本契約締結により、Jリーグ運営の『Jリーグオンラインストア』は7月中旬をめどにリニューアル。その後、楽天が商品ページの制作、商品の発送、カスタマーサポートまで承る。リニューアル後はJリーグ全クラブ別のオンラインストアページが登場予定。各クラブのECサイト運営における負担軽減と、ファン・サポーターにグッズがより簡単に届く環境提供を図る。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽会見に出席した村井氏は「ECで日本最大級の楽天とタイアップできた。リーグのサポート構造の中には、3本の柱がある。1つは明治安田生命とのリーグパートナー、もう1つはDAZNとの放映権。そして、第3の柱が物販。(楽天との契約締結は)第3の新しい柱を完成させる最後のピース」と述べ、楽天の支援によるマーチャンダイジングの向上に期待を寄せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽対する三木谷氏は「海外ではリーグがマーチャンダイジングを束ねるのが潮流。それが集客力と生み、魅力を生む。DAZNという新しいプラットフォームの活用に合わせて、我々もインターネットショッピングのプラットフォームを提供することで、ますますJリーグが発展し、盛り上がる」とマーチャンダイジングの部分でサポートを誓った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、質疑応答時には、Jリーグ側と楽天側がそれぞれ応対。契約締結理由を問われた村井氏は、「1つは顧客基盤が日本で圧倒的であること。そして、三木谷さん自身がスポーツを通じて、人が喜ぶライブ型のエンターテイメントを広くカバーし、非常に関心をお持ちの方」であることを挙げ、楽天を親会社とするヴィッセル神戸を特別視せず、全クラブと対等な関係を築いていく考えを明かした。 2017.04.24 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪DF野田裕喜が右脛骨疲労骨折で手術

▽ガンバ大阪は24日、DF野田裕喜が右脛骨疲労骨折で21日に手術を受けたことを発表した。 ▽野田は昨年に大津高校からG大阪に入団。今シーズンは、ここまでU-23カテゴリーが属する明治安田生命J3リーグで2試合の出場を記録している。 2017.04.24 14:26 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田MFムサエフ、右内転筋肉離れで全治2〜3週間の離脱…今季J1で7試合2ゴール

▽ジュビロ磐田は24日、ウズベキスタン代表MFムサエフが右内転筋肉離れで全治2〜3週間程度と診断されたことを発表した。クラブの報告によれば、ムサエフは18日に行われたトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関にて検査を受けた。 ▽ムサエフは、Jリーグ初のウズベキスタン人選手として今シーズンから磐田でプレー。ここまでは、22日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズ戦を除き、開幕から全試合に先発出場(2ゴール)を続けていた。 2017.04.24 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第8節】7年ぶりカシマ攻略の磐田から最多5選手がノミネート!

▽明治安田生命J1リーグ第8節の全9試合が21日から22日にかけて開催された。超WS編集部がJ1第8節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第8節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:八田直樹 DF:小池龍太、三浦弦太、キム・ミンヒョク MF:関根貴大、井手口陽介、山本康裕、藤本淳吾 MF:中村俊輔、川辺駿 FW:川又堅碁 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">八田直樹</span>(ジュビロ磐田/初) ▽GKカミンスキーの負傷で急きょプレーも終始安定したセービングを披露。勝利を呼び込んだ DF<span style="font-weight:700;">小池龍太</span>(柏レイソル/初) ▽横浜F・マリノスのキーマンである対面のMF齋藤学を封殺。徹底したマークでチームを今季初の連勝街道に導いた DF<span style="font-weight:700;">三浦弦太</span>(ガンバ大阪/3度目) ▽鋭い出足で相手のキーマンをほぼほぼ封殺。63分には得意のセットプレーからJ1初ゴール DF<span style="font-weight:700;">キム・ミンヒョク</span>(サガン鳥栖/初) ▽地に足をつけた守備でディフェンス陣を好リード。激しさと冷静さをうまく使い分けた対応を終始披露 MF<span style="font-weight:700;">関根貴大</span>(浦和レッズ/2度目) ▽22歳のバースデー後の初戦でゴール。圧倒的な突破力で違いに MF<span style="font-weight:700;">井手口陽介</span>(ガンバ大阪/2度目) ▽チームが久々に使用した2ボランチシステム下で躍動感溢れるプレーぶり。1ゴール1アシストと文句なしの出来 MF<span style="font-weight:700;">山本康裕</span>(ジュビロ磐田/初) ▽MFムサエフ不在をカバー。豊富な運動量で攻守に輝き、久々のプレー機会で好パフォーマンスを披露した MF<span style="font-weight:700;">藤本淳吾</span>(ガンバ大阪/初) ▽ガンバ大阪加入後ベストパフォーマンス。鳴りを潜め続けたパスセンスで生かしつつ、自身もゴールに迫るなど異彩を放った MF<span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(ジュビロ磐田/3度目) ▽強烈ミドルはさることながら、ゲームメーカーぶりも圧巻のひと言。ピッチを去るまで輝きを放ち続けた MF<span style="font-weight:700;">川辺駿</span>(ジュビロ磐田/初) ▽勝利を手繰り寄せる3点目をマーク。走行距離でも全体2位の数字を叩き出すなど攻守に躍動した FW<span style="font-weight:700;">川又堅碁</span>(ジュビロ磐田/初) ▽流れを呼び込む先制点。さらに、前線での粘りからMF川辺駿のゴールを演出 2017.04.24 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

趙東建の1点を死守した鳥栖が勝ち点3! 神戸は今季初の連敗…《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸がベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽7節を終えて、2勝2分け3敗で13位につける鳥栖と、5勝2敗で3位につける神戸の一戦。前節のジュビロ磐田戦で終了間際の劇的ゴールで1-2と敗れた鳥栖は、その一戦から先発メンバーを3人変更した。高橋義と小野、ビクトル・イバルボに代えて原川と小川、趙東建を起用した。趙東建はリーグ戦初先発となった。 ▽一方、前節の柏レイソル戦でアディショナルタイムの失点により逆転負けを喫し、首位から陥落した神戸はその一戦から先発メンバーを3人変更。中坂と藤田に代えて橋本と高橋秀人を起用した。また、前節の退場で出場停止となった岩波の位置には北本が入った。 ▽前節、アディショナルタイムの悲劇を味わった両者の一戦は、立ち上がりからオープンな展開となる。神戸は6分、渡邉がドリブルでボックス右へと侵攻すると、右足でシュート。こぼれ球に反応した小林成豪がプッシュを試みるも、オフサイドの判定が下されてしまう。 ▽すると、ピンチを脱した鳥栖が一瞬の隙から先制点。9分、最終ラインからのロングバスを趙東建が頭で落とすと、パスを受けた豊田が最終ラインの裏にスルーパスを出す。これに反応した趙東建がボックス内でGKとの一対一を迎え、一度はGKキム・スンギュに弾かれるもこぼれ球を自ら左足で押し込んだ。 ▽先制を許した神戸は19分、左サイドでボールを受けた橋本がボックス左にスルーパスを供給。これに抜け出した小林成豪が切り返しから右足を振り抜くも、GK権田の好守に阻まれる。 ▽その後も攻勢を続ける神戸は30分、敵陣中央左でのルーズボールを橋本がヘディングで前線へ送ると、これが最終ラインの裏へと転がる。これに反応した小林成がボックス内でシュートを放つも、わずかにゴール右を外れる。失点後は神戸がペースを引き寄せるも、0-1のビハインドで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、ここまで押し込まれていた鳥栖が神戸へと迫る。48分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた鎌田がボックス手前に鋭いパスを供給。これを走り込んだ趙東建が収めて、GKとの一対一を迎えるも、カバーに入った高橋義希に身体を入れられてしまい、好機を逸してしまう。 ▽リードを広げたい鳥栖は62分、鎌田からパスを受けた福田が敵陣中央左からクロスを供給。これを中央の豊田がバックステップを踏みながらヘディングシュートで合わせるが、GKキム・スンギュのブロックに防がれる。 ▽対する神戸は63分、橋本のパスを受けた渡邉がボックス左から右足を振り抜く。強烈なシュートをGK権田が見送るも、右ポストに嫌われる。 ▽その後も勢いよくゴールに迫る神戸と、粘り強いディフェンスから速攻を仕掛ける鳥栖のオープンな展開が続くも1点が遠い両者。鳥栖は85分、趙東建に代えて小林祐を投入し、守備固めに入る。 ▽すると終盤、鳥栖が前がかりになった神戸ディフェンスの背後を突き、ダメ押しのチャンスを迎える。90分、自陣でのクリアボールを高橋義希が前線へ送ると、鎌田が反応。そのままボックス内へと侵攻し、フリーで右足を振り抜くが、わずかにゴール右を外れ、GKとの一対一を決め切ることができない。 ▽なんとか同点に追いつきたい神戸は後半アディショナルタイム2分、ボックス手前でセカンドボールを収めた田中順也がボックス右に流すと、高橋義希が右足を振り抜くも、GK権田の正面。最後まで鳥栖の牙城を崩すことができず、試合終了。趙東建の1点を守り切った鳥栖が勝ち点3を獲得した。一方の神戸は、今シーズン初の連敗を喫した。 2017.04.22 21:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース