【J1チーム別総括】積み上げたものを信じ、挑み続けたJ2王者はクラブ史上最高のシーズンに《大宮アルディージャ》2016.11.17 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第14回目は、J2王者として1年で復帰し、クラブ史上最高となる年間5位の成績を収めた大宮アルディージャ編をお届けする。

◆チーム採点
85点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽失意のJ2降格から、J2制覇を経て1年で復帰した今シーズン。待っていたのは過去の10シーズンとは異なるJ1のシーズンだった。開幕戦2連勝でスタートを切った大宮だったが、第3節のガンバ大阪戦で2-1と敗れると、第4節のサンフレッチェ広島戦では1-5で敗戦。昨シーズンの上位チーム相手に結果を残せず、嫌なムードとなった。しかし、そこから6戦負けなし(3勝3分け)と結果を出すと、浦和レッズ、アルビレックス新潟、川崎フロンターレには敗れたものの、1stステージを5位でフィニッシュした。

▽初の2ステージ制を戦う大宮は2ndステージでも好スタートを切る。第1節の名古屋グランパス戦を1-0で制すると、G大阪、浦和と1stステージで敗れた相手から勝ち点を得る。第5節の新潟戦、第6節のヴィッセル神戸戦では連敗を喫するも、その後は10戦無敗。広島、川崎F、鹿島アントラーズと上位常連チーム相手に勝利を収めるなど勝ち点を積み上げ、シーズン目標の勝ち点48を大きく上回る勝ち点56を獲得。最終節でACL出場の可能性を残す年間勝ち点4位を逃し、シーズン中も勝ち点を取りこぼした試合が多かったが、年間勝ち点5位でシーズンを終えクラブ史上最高成績をJ1復帰元年で達成した。なお、ルヴァンカップではベスト8、天皇杯もベスト8に進出するなどカップ戦でも一定の結果を残したシーズンとなった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF家長昭博(30)
26試合出場(先発26試合)/11得点
▽チームMVPは文句無しで家長を選出。大宮の攻撃の中心であり、守備への貢献度も年々上昇。日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督から名指しで指摘を受けるなど、存在感を示した。自身キャリア初となる2桁得点(11得点)を達成し、大宮にとっては日本人で初の2桁得点選手に。フィニッシャーとしての役割も果たし、シャドーストライカーとしての役割を十二分に果たしたシーズンだった。なお不在の8試合ではチームはわずか2勝と、上位フィニッシュへの大きな原動力となったことは成績面にも表れている。

◆敢闘賞
Getty Images
MF横谷繁(29)
31試合出場(先発27試合)/3得点
▽センターバックとして31試合に出場したDF河本裕之も候補だったが、シーズン途中からボランチに固定された横谷を選出。得点面では昨シーズンの8得点と比べると3得点と寂しい結果となったが、大宮の攻撃を司っていた貢献度を評価した。同じG大阪下部組織出身である家長が得点を量産できたのも、横谷の存在があったからと言っても過言ではない。慣れない守備でも身体を張り、家長を機能させるために攻撃面でも貢献。来シーズンもカギを握る存在になることは間違いないだろう。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF江坂任(24)
31試合出場(先発23試合)/8得点
▽終盤にボランチのポジションを掴んだ下部組織出身のMF大山啓輔、浦和とのさいたまダービーで圧巻のゴールを決めたMFマテウスなども迷ったが、ここはシーズンを通してレギュラーとしてプレーした江坂を選出した。昨季、ザスパクサツ群馬でプロキャリアをスタートさせた江坂はプロ1年目で13ゴールを記録。今季から大宮に加わると、右サイドのポジションを確保。目標の2桁得点には届かなかったが、リーグ戦で8得点を記録した。特に、2ndステージでは6得点を記録し、うち3点は決勝点となるなど勝負強さも身に付けた。“イケメン”としてだけでなく、プレー面でも注目を集め、来季のさらなる飛躍にも期待が懸かる。

コメント

関連ニュース

thumb

Jリーグアウォーズのゲストプレゼンター決定、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー村田諒太が登場

▽Jリーグは22日、12月5日に横浜アリーナで開催される年間表彰式『2017Jリーグアウォーズ』のゲストプレゼンターを発表した。 ▽今回のプレゼンターは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督のほか、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー・村田諒太ら各界で日々活躍する6名に決定した。 ▽総合司会は、スポーツコメンテーターの西岡明彦氏と、フリーアナウンサーの加藤綾子さん。ステージMCは、平畠啓史氏が務める。 ◆総合司会 西岡明彦(スポーツコメンテーター) 加藤綾子(フリーアナウンサー) ◆ステージMC 平畠啓史(タレント) ◆プレゼンター ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表監督) 加茂周(元日本代表監督/サッカー指導者・解説者) 今井恭司(サッカーカメラマン) 村田諒太(プロボクサー/WBA世界ミドル級王者) 佐藤美希(タレント/2017Jリーグ女子マネージャー) 髙橋ひかる(女優/第96回全国高校サッカー選手権大会応援マネ―ジャー) 2017.11.22 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮DFキム・ドンスがU-23韓国代表候補に選出「責任感を持って全力を尽くしたい」

▽大宮アルディージャは22日、DFキム・ドンス(22)がU-23韓国代表候補メンバーに選出されたことを発表した。 ▽キム・ドンスは、今シーズン途中にハンブルガーSV-Ⅱから加入。ここまで公式戦の出場はない。 ▽世代別の韓国代表にも選出され、昨年もU-23韓国代表に選出されていた。今回は、12月3日(日)から同9日(土)まで、韓国で行われるトレーニングキャンプに参加。2018年1月に中国で行われるAFC U-23選手権に向けたメンバー選考キャンプとなるようだ。キム・ドンスはクラブを通じてコメントしている。 「代表に呼ばれるのは、非常に光栄なことです。選手たちの代表として、大韓民国の代表として、責任感を持って全力を尽くしたいと思います。また、私は大宮アルディージャの選手として選ばれていますから、自分がどれだけのパフォーマンスを見せられるかで、クラブの認知度や評価を高めることができると思いますし、その自負を持って行ってきます。今回はメンバー選考キャンプで競争がありますので、先につながるように頑張りたいです」 2017.11.22 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【会見&質疑応答】村井満チェアマン、シーズン移行案が議論大詰めであることを明言 会見中終始否定的な見解貫く

▽Jリーグは21日に理事会を実施した。理事会終了後、Jリーグチェアマンを務める村井満氏は、メディアに向けた記者会見に出席した。 ▽記者会見では、『FUJI XEROX SUPER CUP 2018』での競技ルールについて、交代人数を各クラブ5人までに拡大すること、ハーフタイムを除く試合中の交代回数を3回までとすることを発表。また、来シーズンの明治安田生命J3リーグに引き続きFC東京、セレッソ大阪、ガンバ大阪の3クラブのU-23チームが参加することを承認したことも伝えた。さらに、水戸ホーリーホックのホームタウンが追加されたこと、2018年もJクラブのホームタウン活動に対する助成を実施することを報告している。 ▽その後の質疑応答で、シーズンの移行案、Jリーグの金曜開催について行われた議論を伝えた。 <span style="font-weight:700;">◆村井満Jリーグチェアマン</span> 「11月の理事会を行いました。V・ファーレン長崎がJ1昇格を決めたことについて、J1初昇格ということで言えば初年度J2スタートの場合を除けば、11クラブ目の初昇格クラブとなっております。今年度、健全経営ということで大きな改革を経ながらも、十分な結果を残されたことについて、心から敬意を表したいと思います。新たな九州勢が参加するということで、大きな旋風を巻き起こしてもらいたいと思っております」 「浦和レッズのACL(AFCチャンピオンズリーグ)決勝第1戦は、大変な雰囲気でした。人間の声がこんなにも大きいかと言うくらい、声援、雰囲気、コレオグラフィーも含めて完全なアウェイの中で、貴重な勝ち点1を取って25日に向けた準備ができたこと、大変嬉しく思っております。理事会でそういった話があった際に拍手が巻き起こりましたが、拍手は早い、結果を出してからにしよう、というような話もしておりました(笑)」 「シーズン以降に関しては、(日本サッカー協会会長の)田嶋さんの方から皆さんにお話しされたのと同じ内容を、実行委員会でもお聞きしました。代表強化の観点や、7月中止ということで夏の試合を減らし、クオリティを上げていくということ、ヨーロッパとの移籍をスムーズにすること等といった田島さんのご意見を頂戴しております。Jリーグとしては、今回シーズンを変えることに関して非常に難易度が高いと、実行委員会共通の見解として持っております。そういった意味では、代表協会とリーグ協会が両輪で回っていくという主張についても、シーズンの移行に関しては非常に難易度が高いということを(田嶋会長に)お伝えしました。決定に関しては議論を12月に行い、以前から年内中に決定していこうとお伝えしているとおり、次の理事会で判断という形にさせていただきます」 「いくつか出た意見としては、シーズンのブレイクを作らなければならないので、平均すると1カ月ほど競技日程が短くなります。リーグにとってはファンとの接点を制限されるということになり、非常に慎重に考えて欲しいと。例えば、ルヴァンカップ等の決勝や準決勝が1月、2月にしか入りません。ファン・サポーターと一緒にに育ててきた非常に大切な大会ですが、そういったものが日程的に入りきらないといった状況です」 「また、Jリーグの場合は年間リーグ戦17試合、ルヴァンカップを含めると20試合。この20試合というのは限られた財産です。(シーズンが移行すれば)12月に1試合、2試合増やす、2月に1試合増やす、計3試合という話になりますが、我々からすると20分の3(が冬に行われる)というのは非常に大きなものです。降雪地域のファン・サポーターのことを考えるとハードルの高い案件となります」 「こういった懸念事項を我々(リーグ協会)がお伝えし、代表協会の方からはメリットをお話ししていただき、ほぼ材料は出揃ったという認識です。次回(の会見で)、しっかりと決定の報告をさせていただきます」 「また、一部で『金曜にJリーグを開催するのか』という報道がされました。DAZNさんの要望で、という書き方もありました。DAZNさんは、我々からすると世界を知る窓のようなものなので、議論はさせていただいております。例えば、ブンデス(リーガ)は残り2節まではすべて金曜日に1試合やっているということであったり、スペインのラ・リーガ(リーガエスパニョーラ)は原則金、土、日に開催しているという話を聞いています。プレミア(リーグ)も一部は金曜日にやっていますし、セリエAも一部は金、月でやります。リーグ・アンも金、土、日と。1週間が7日という中で、金曜日に1試合でもやることで土日の物語を予告することができます。日曜日の結果報告も含めれば、1週間のうち4日間もサッカーに触れることができ、これは長期的にはとてもメリットのあることです。しかし、日本の労働時間や残業時間、スタジアムへの移動距離であったり、色々なことを考えると簡単な話ではないと思います」 「DAZNさんと議論しているのは事実ですが、『DAZNに言われたから決めている』ということではありません。あくまでJリーグが決めていくことですし、我々がハンドリングする内容でございます。一部ディスカッションが行われているのは事実ですのでお伝えしましたが、何かが決定したということはありません」 <span style="font-weight:700;">――シーズン以降について、Jリーグ側は経営について話しており、協会側は代表強化の話だと思いますが、選手・ファン・サポーター側の声が聞こえてこない</span> 「理事会のディスカッションの中で、選手にとってはどうか、という意見が出ています。原(博美)さんを中心に選手会との意見交換を重ね、シーズン以降についての確認作業をしています。選手会側からは、12月くらいにカップ戦の決勝等で、各クラブが一斉に休暇に入れないということを懸念するという声が上がりました。シーズンを変えることのメリットについては、強く意識してはいないと報告されています。また、暑熱について、『それだけクオリティが落ちるのか』というところで、理事会の中の選手経験者のコメントとして、『何試合もやれば落ちることもあるが、あらかじめ備えておけばやることはできる』という発言が出ました。選手側の意見として、必ずしも変えなければならないという意見は出なかったと認識しております」 「ファン・サポーターについて、クラブが懸命に集客努力をしております。クラブの社長は実行委員会の中で、入場者について相当述べています。地域によって事情は違いますが、降雪地では今がギリギリのタイミングでこれ以上後ろにずらせばほぼ集客が見込めなくなる、という意見を複数のクラブからいただいております。それから、12月に2試合、2月に1試合と入れていくと、特定のクラブはアウェイが連戦となる可能性があります。アウェイが3試合続く、といったことにならざるを得ない場合の観戦者個人の色々な状況を鑑みると、アウェイとホームが良いリズムで行われた方が良いのではないか、という声も聞こえました」 「シーズン以降についてファン・サポーターにアンケートを採っているわけではありませんが、クラブの実行委員会が相当にサポーターの声を代弁してくれています。結果として8割が反対している、という認識です」 2017.11.21 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

札幌MFチャナティップ、岡崎レスターに電撃移籍?

▽北海道コンサドーレ札幌に所属するタイ代表MFチャナティップ・ソングラシン(24)にプレミアリーグ移籍の可能性が急浮上した。 ▽『FOX Sports』のアジア版が伝えたところによれば、チャナティップの移籍先に浮上しているのは、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ。レスター会長であるタイ人のヴィチャイ・スリヴァダナプラバ氏が同胞選手の獲得に乗り出しているようだ。 ▽だが、『FOX Sports』は世界指折りの厳しさで知られるイギリスのワークパーミット問題を指摘。チャナティップは過去2年間の代表プレー実績として条件の75%をクリアしているものの、タイのFIFAランキング138位が労働許可書発行の足かせになる可能性があるという。 ▽タイ国内で「タイのメッシ」と評されるチャナティップは今夏、同国の強豪ムアントン・ユナイテッドから札幌にレンタル移籍。加入以降、明治安田生命J1リーグ全試合に出場して1ゴールという記録が示すとおり、ポジションを掴み、札幌のJ1残留に大きく貢献している。 2017.11.21 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸、FW山村佑樹とFW角口大征の契約満了を発表…角口は今季東京武蔵野シティFCに育成型期限付き移籍

▽水戸ホーリーホックは20日、FW山村佑樹(27)と、東京武蔵野シティFCに育成型期限付き移籍をしているFW角口大征(21)の契約満了を発表した。 ▽神奈川県出身の山村は、2013年に明治大学から大学時代に特別指定選手として登録されていた水戸に加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグで5試合1ゴール、天皇杯では1試合に出場していた。 ▽東京都出身の角口は、2015年に関東第一高校から水戸に加入。2016年7月から同年11月までは東海社会人リーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCに期限付き移籍、今シーズンはJFLの東京武蔵野シティFCに育成型期限付き移籍を果たした。今シーズンはJFLで1試合に出場していた。 2017.11.20 16:21 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース