【J1チーム別総括】失速した王者、来シーズンに向けて不安残るフィニッシュ《サンフレッチェ広島》2016.11.16 20:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第13回目は、王者ながらも年間総合6位に甘んじたサンフレッチェ広島編をお届けする。

◆チーム採点
55点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽昨シーズンの年間リーグ優勝から連覇を目指してスタートをきった森保体制5年目のサンフレッチェ広島。1stステージは新戦力のピーター・ウタカにワントップを託すことで一貫した得点力を発揮、全チーム中2位の得点数を記録し、4位というまずまずの順位でフィニッシュした。

▽しかし、2ndステージは、FW浅野拓磨を流出しただけでなく、DF水本裕貴、MFミキッチ、MF青山敏弘を負傷で欠く厳しいスタート。最終ラインの中心であるDF塩谷司もリオ五輪に参加してハードスケジュールを強いられたチームは、開幕4戦を計9失点で2敗するなど、守備が破綻した。

▽その後は負傷者が復帰していったものの、選手たちの勤続疲労に加えて、マークが明らかに厳しくなったウタカの得点数が1stステージのように伸びず、第11節から第15節までの5試合で4敗。年間総合順位は6位にとどまったものの、2ndステージはフタ桁の10位にまで後退しており、主力の高年齢化を含めて来シーズンに向けて不安を感じさせる終幕となった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FWピーター・ウタカ(32)
31試合出場(先発31試合)/19得点
▽最優秀選手賞は、年間19ゴールでヴィッセル神戸のFWレアンドロと共に得点王に輝いたウタカしかいないだろう。1stシーズン開幕当初はシャドーストライカーとしての位置づけだったが、森保監督がワントップに固定。これがハマり、コンスタントにゴールを奪った。32歳とキャリア終盤にさしかかっているものの、持ち前の馬力と決定力はいまだに健在。今季は清水エスパルスからの期限付き移籍だったため、オフシーズンの去就が気になるところだ。

◆敢闘賞
Getty Images
MF柴﨑晃誠(32)
34試合出場(先発34試合)/8得点
▽健闘賞には、シャドーストライカーのポジションでチームに貢献した柴﨑を選出したい。多くの主力が負傷離脱した中、フィールドプレイヤーでは唯一、全試合に先発出場。1stステージ開幕時は厳しいポジション争いを強いられるとみられたが、見事に確固たる地位を確立した。持ち前のキック精度の高さや粘り強い守備、高いインテンシティをキープ。派手さはないものの、玄人好みの渋いプレーでチームを支えた。

◆ブレイクスルー賞
(C)J.LEAGUE PHOTO
DF宮原和也(20)
13試合出場(先発12試合)/0得点
▽サンフレッチェ広島ユース育ちの期待の20歳は今シーズン、リーグ戦13試合に出場。カップ戦が中心だった昨シーズンまではセンターバックの一角として起用される試合が多かったものの、今シーズンは本職の守備的MFとして経験を積んだ。足下の技術や攻守にわたる堅実性があり、ポテンシャルの高さを感じさせる逸材。今後は安定感に加え、特長と言える大きな武器を手にし、試合の中で発揮していきたいところだ。なお、プレーには関係ないものの、“Jリーガー屈指のイケメン”なので、ぜひチェックしてもらいところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1第23節プレビュー】13戦無敗を目指す横浜FMが得意の神戸と港町対決! 首位鹿島は清水と対戦!

▽19日から20日にかけて、明治安田生命J1リーグ第23節が行われる。前節、川崎フロンターレに敗れた首位の鹿島アントラーズは清水エスパルスと対戦。その他、首位奪取を狙える12戦無敗の横浜F・マリノスはアウェイでヴィッセル神戸と対戦。横浜FMは2011年以来、神戸に敗れていない。その他、今節全試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆通算成績互角の両者…鹿島の首位堅持か、清水の連敗阻止か</span> 鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス [8月19日(土)18:30] ▽対戦成績は互いに27勝(10分け)の五分。前節、大岩体制初黒星の鹿島が守備立て直しで首位をキープするか。前節大敗の清水は、古巣対戦に燃える増田誓志の奮起で連敗を阻止なるか <span style="font-weight:700;">◆天才レフティー健在の上位キラーが主役不在の桜軍団を食うか</span> ジュビロ磐田 vs セレッソ大阪 [8月19日(土)18:00] ▽好調・中村俊輔に牽引され3戦ぶりの白星を飾った磐田。"上位キラー"ぶりを発揮し桜軍団を撃破なるか。一方のC大阪は山村和也が負傷離脱。優勝争いのためにはチーム一丸で連敗を避けたい <span style="font-weight:700;">◆状況が酷似する同勝ち点の直接対決!</span> 浦和レッズ vs FC東京 [8月19日(土)19:00] 浦和は前節、第7節以来の無失点勝利。ダブル達成で4カ月ぶりの連勝なるか。FC東京は久々の連勝中と、浦和と状況が酷似しながらも一歩先を歩んでいる。勝ち点で並ぶ両クラブの対決に注目! <span style="font-weight:700;">◆元札幌・奈良 vs 元川崎F・都倉&福森</span> 川崎フロンターレ vs 北海道コンサドーレ札幌 [8月19日(土)19:00] ▽鹿島戦勝利で連勝を果たした川崎F。奈良竜樹が古巣相手に熱いプレーで3連勝へ導くか。一方、3戦未勝利の札幌。等々力帰還の福森晃斗と都倉賢が躍動し、残留へ大きな勝ち点3をもぎ取るか <span style="font-weight:700;">◆後がない新潟、新戦力が光明となるか</span> アルビレックス新潟 vs ベガルタ仙台 [8月19日(土)19:00] ▽大宮との下位対決に敗れ10戦未勝利の最下位新潟。新戦力の小川佳純&富山貴光の鳥栖コンビはチームの起爆剤となるか。一方、8戦ぶりの白星を手にした仙台は前回2得点のクリスランに注目だ <span style="font-weight:700;">◆上位争いから離れたくない両クラブの直接対決を制するのは?!</span> ガンバ大阪 vs 柏レイソル [8月19日(土)19:00] ▽上位に踏みとどまるには互いに落とせない一戦。直近5試合の対決ではG大阪が8得点、柏が7得点と得点を奪い合っている。G大阪はアデミウソン、柏はクリスティアーノのゴールに注目 <span style="font-weight:700;">◆広島シーズンダブルでホームに初勝利をもたらすか?!</span> サンフレッチェ広島 vs ヴァンフォーレ甲府 [8月19日(土)19:00] ▽ホーム未勝利の広島は、前回対戦で勝利している甲府との一戦。好調アンデルソン・ロペスが勝利に導くか。残留に向けて負けられない甲府も、ウイルソン、ドゥドゥ、リンスら助っ人外国人に期待 <span style="font-weight:700;">◆停滞気味の鳥栖、波に乗る大宮の牙城を崩せるか?!</span> サガン鳥栖 vs 大宮アルディージャ [8月19日(土)19:00] 鳥栖は前節3試合ぶり黒星。直近2試合では攻撃陣が沈黙と、上昇ムードに陰りが生じている。対する大宮は江坂任が得点した試合は今季無敗。前節もジンクス通り下位対決制し“残留力”を発揮中だ <span style="font-weight:700;">◆連敗脱出か、無敗継続か</span> ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス [8月20日(日)18:30] ▽ネルシーニョ監督を解任し再スタートの神戸。デビュー戦以降不発のポルディや古巣対決となる渡邉千真の奮起に期待。中澤佑二、ミロシュ・デゲネクの鉄壁でリーグ最少失点を誇る横浜FMは13戦無敗を目指す 2017.08.18 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟のFW富山貴光、MF小川佳純や清水MF清水航平、鳥栖MF河野広貴らが登録

▽Jリーグは18日、登録選手の追加、変更を発表した。 ▽J1ではスパルタク2・モスクワから加入した横浜F・マリノスのMFシノヅカ・イッペイやサガン鳥栖からアルビレックス新潟に加入したFW富山貴光、MF小川佳純、サンフレッチェ広島から清水エスパルスに加入したMF清水航平、セレッソ大阪から広島に加入したDF椋原健太、FC東京から鳥栖に加入したMF河野広貴らが登録。 ▽J2では、アルビレックス新潟から松本山雅FCに加入したFW鈴木武蔵や大宮アルディージャからツエーゲン金沢に加入したDF沼田圭悟、レノファ山口FCからV・ファーレン長崎に加入したDF香川勇気らが登録された。 ▽J3では、上海上港からグルージャ盛岡に加入したDF楊帆や、ツエーゲン金沢から栃木SCに加入したDFメンデスらが登録されている。 【J1】 ◆横浜F・マリノス No.37 MFシノヅカ・イッペイ (←スパルタク2・モスクワ/ロシア) ◆アルビレックス新潟 No.37 FW渡邉新太 (←流通経済大学在学中) No.39 FW富山貴光 (←サガン鳥栖) No.40 MF小川佳純 (←サガン鳥栖) ◆清水エスパルス No.2 MF清水航平 (←サンフレッチェ広島) No.52 GK新井栄聡 (←流通経済大学在学中) ◆サンフレッチェ広島 No.43 DF椋原健太 (←セレッソ大阪) ◆サガン鳥栖 No.7 MF河野広貴 (←FC東京) 【J2】 ◆モンテディオ山形 No.33 DF西村竜馬 (←アルビレックス新潟) ◆横浜FC No.33 DF川﨑裕大 (←サンフレッチェ広島) ◆松本山雅FC No.44 DF宮地元貴 (←名古屋グランパス) No.50 FW鈴木武蔵 (←アルビレックス新潟) ◆ツエーゲン金沢 No.45 DF沼田圭悟 (←大宮アルディージャ) ◆レノファ山口FC No.30 DFアベル・ルシアッティ (←クラブ・アルマグロ/アルゼンチン) ◆カマタマーレ讃岐 No.32 DFイ・ジュヨン (←ジェフユナイテッド千葉) ◆V・ファーレン長崎 No.35 DF香川勇気 (←レノファ山口FC) No.37 FW平松宗 (←アルビレックス新潟) ◆ロアッソ熊本 No.24 MF木村祐志 (←徳島ヴォルティス) ◆大分トリニータ No.22 GKムン・キョンゴン (←光云大) 【J3】 ◆グルージャ盛岡 No.27 DF楊帆 (←上海上港/中国) No.28 MF差波優人 (←ベガルタ仙台) ◆ブラウブリッツ秋田 No.2 MF乾達朗 (←タイ・ホンダFC/タイ) ◆栃木SC No.22 DFメンデス (←ツエーゲン金沢) ◆SC相模原 No.18 FW松木政也 (←エルファオディフェレン/ドイツ) No.32 GK吉田舜 (←法政大学在学中) ◆カターレ富山 No.30 DF近藤徹志 (←ファジアーノ岡山) ◆藤枝MYFC No.32 MF北川滉平 (←V・ファーレン長崎) ◆アスルクラロ沼津 No.34 FW畑潤基 (←V・ファーレン長崎) ◆ギラヴァンツ北九州 No.22 MF山藤健太 (←ツエーゲン金沢) ◆FC琉球 No.31 MF中川風希 (←ベティス・サン・イストロ/スペイン) 2017.08.18 16:01 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟が来季加入内定の流通経済大FW渡邉新太を特別指定選手として登録

▽日本サッカー協会(JFA)は17日、流通経済大学のFW渡邉新太(22)を16日付で2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先のアルビレックス新潟では、背番号「37」を着用する。 ▽新潟県出身の渡邉は、新潟ユースから流通経済大学へと進学。2016年には全日本大学選抜に選出されていた。なお、新潟は15日、渡邉の来シーズン加入内定を発表している。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.08.17 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田DF小川大貫に第二子となる女の子が誕生「これからも日々精進していきたい」

▽ジュビロ磐田は17日、DF小川大貫に第二子となる女の子が13日に誕生したことを発表した。 ▽小川はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、第二子となる女の子が無事に生まれました。今回の出産にあたって支えてもらったお互いの両親や、周りの方々への感謝の気持ちを忘れずにこれからも日々精進していきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ▽静岡県出身の小川は、2014年に明治大学から磐田に加入。プロ4年目の今シーズンはここまで、明治安田生命J1リーグで11試合に出場。YBCルヴァンカップには5試合出場している。 2017.08.17 14:37 Thu
twitterfacebook
thumb

天皇杯ラウンド16の放送スケジュール発表! ジャイアントキリングの筑波大はNHKで生放送《天皇杯》

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)のテレビ放送予定を発表した。 ▽4回戦は9月20日に行われる。NHK BS1では筑波大学vs大宮アルディージャを生放送。スカパー!では、松本山雅FCvsヴィッセル神戸、セレッソ大阪vs名古屋グランパス、横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島、AC長野パルセイロvsジュビロ磐田、ガンバ大阪vs柏レイソルを生放送する。しかし、チャンネルについてはまだ未定だ。 ▽また、浦和レッズvs鹿島アントラーズと川崎フロンターレvs清水エスパルスの放送時間についても未定。確定次第スカパー!のHPでお知らせする模様だ。 <span style="font-weight:700;">◆天皇杯ラウンド16(4回戦)</span> ▽9月20日(水) 《19:00~21:15》 【生放送】筑波大学(茨城) vs 大宮アルディージャ(J1) [県立カシマサッカースタジアム] (NHK BS1) 《18:55~21:55》 【生放送】松本山雅FC(J2) vs ヴィッセル神戸(J1) [松本平広域公園総合球技場アルウィン] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】セレッソ大阪(J1) vs 名古屋グランパス(J2) [パロマ瑞穂スタジアム] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】横浜F・マリノス(J1) vs サンフレッチェ広島(J1) [ニッパツ三ツ沢球技場] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】AC長野パルセイロ(長野) vs ジュビロ磐田(J1) [長野Uスタジアム] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】ガンバ大阪(J1) vs 柏レイソル(J1) [市立吹田サッカースタジアム] (スカパー!/チャンネル未定) 《放送時間未定》 【生放送】浦和レッズ(J1) vs 鹿島アントラーズ(J1) [熊谷スポーツ文化公園陸上競技場] (スカパー!/チャンネル未定) 【生放送】川崎フロンターレ(J1) vs 清水エスパルス(J1) [等々力陸上競技場] (スカパー!/チャンネル未定) ※スカパー!では、ラウンド16以降全試合放送。 ※天皇杯ラウンド16のハイライトは9月22日(金)21:00から放送の『サッカー情報番組「スカサカ!ライブ」』で放送。 2017.08.16 19:59 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース