【J1チーム別総括】夢半ばに崩壊した城福二次政権…シーズン終盤に生まれた一体感は来季への布石に《FC東京》2016.11.13 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第10回目は、年間9位で2016シーズンを終えたFC東京編をお届けする。

◆チーム採点
40点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽クラブの規模、選手の顔ぶれ、掲げる目標を考えれば、2016シーズンは決して満足感に浸れるようなものではなかった。今シーズンより満を持して指揮官に復職するも、シーズン途中に解任された城福浩前監督のスタイルや、FW阿部拓馬、MF水沼宏太、MFハ・デソン、DF駒野友一ら新加入組もことごとくはまらず、年間9位という不本意な結果に終わった。

▽とはいえ、シーズン途中に城福前監督の解任に踏み切り、篠田善之監督を招へいして以降の成績は8勝2分け2敗。ラスト4試合を全勝で切り抜けるなど、戦いの中で個々のパフォーマンスレベル、チームの一体感は向上した。来シーズンは篠田監督の下でスタートから戦うことができるだけに、どれだけ地に足をつけてシーズンインできるか注目だ。

◆最優秀選手賞
Getty Images
DF森重真人(29)
32試合出場(先発32試合) / 4得点
▽2016シーズンも日本を代表する不動のディフェンスリーダーとして、抜群の存在感を示した。もちろん、今シーズンもディフェンダーとしての役割を全うしつつ、得点能力を発揮し4ゴールを記録。個人としても、価値をより高めたシーズンだった。ただ、毎年のことだが、チームはタイトルレースに絡めていないのが現状。より個人の格を上げるのであれば、チームに1つでも多くのタイトルをもたらしたいところだ。

◆敢闘賞
Getty Images
MF橋本拳人(23)
20試合出場(先発8試合) / 4得点
▽監督交代後、MF田邉草民ら独り立ちした選手の名前も挙げたいところだが、ここではシーズンを通じて考え、MF橋本拳人をピックアップする。ボランチや、サイドバックのほか、右ウィンガーとしてプレーするなど、ユーティリティな働きでチームのバランサー役を遂行。プレーに安定感もあり、4ゴールという数字を見てもわかるとおり、得点力の部分でも存在感を示した。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
FW中島翔哉(22)
12試合出場(先発8試合) / 3得点
▽篠田監督就任後、チームの成績、状態が右肩上がりに上向いたのは、間違いなくこの男の台頭があったから。持ち前のドリブルスキルはもちろん、ゴールに向かう姿勢、そして、バイタルエリア付近でのチャンスメーカーとして、異質な存在感を解き放った。勝負の1年となるであろう来シーズンは1年を通じてフルに戦う姿を期待したい。

コメント

関連ニュース

thumb

湘南、中央大学FW大橋祐紀の来季加入内定を発表! 今季は特別指定選手としてプレー

▽湘南ベルマーレは20日、中央大学に所属するFW大橋祐紀(21)の来シーズン加入内定を発表。また、15日付で日本サッカー協会(JFA)から2018年JFA・Jリーグ特別指定選手としての承認を受けたことを発表した。今シーズンの背番号は「37」。 ▽大橋は八千代高校から中央大学に進学。2018年には全日本大学選抜にも選出された。クラブ公式サイトでは同選手の特徴を「スピードを生かした動き出しや積極的なシュートで常に得点機会に関わり、また前線での献身的なプレーも厭わない」と説明している。 ▽来シーズンの加入が内定し、今シーズンは特別指定選手としてプレーすることになった大橋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季から湘南ベルマーレに加入することとなりました大橋祐紀です。これからとても素晴らしいクラブでプレーできることを心より嬉しく思います。また今季も特別指定選手としてプレーする機会をいただけたので、プロの一員としての意識を強く持ち、いち早くチームの勝利に貢献していきたいです。これまで自分に関わり、そして支えてくださった方々へ感謝の気持ちを忘れず、ひたむきに努力し、成長していきたいと思います」 2018.06.20 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸加入のイニエスタ、地震の被災者見舞う

▽今夏にヴィッセル神戸入りするスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが19日に自身のツイッター(@andresiniesta8)を通じて、大阪府北部を襲った地震による被災者を見舞った。 ▽地震は18日早朝に発生。大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が大きな爪痕を残した。スペイン代表としてロシア・ワールドカップに参戦中のイニエスタは、神戸のツイートをリツイート。スペイン語と英語を駆使して次のように気遣った。 「被害を受けた全ての方々にお見舞い申し上げます」 2018.06.19 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

大卒ルーキーの長崎MF本多琢人、ヴェルスパ大分に育成型期限付き移籍

▽V・ファーレン長崎は19日、MF本多琢人(23)がヴェルスパ大分に育成型期限付き移籍することを発表した。期間は、2019年1月31日までとなる。 ▽長崎県出身の本多は、東海学園大学から今シーズン入団。ここまで出番がなかった。移籍を受けて、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「半年間、ヴェルスパ大分に期限付き移籍することになりました。シーズン途中でチームを離れることは悔しいですが、成長した姿を見せられるように頑張ってきます。これからも応援をよろしくお願いいたします」 2018.06.19 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

決戦地ロシアから震災に心配の声…高槻市出身の東口順昭「気をつけて」

▽ガンバ大阪に所属する日本代表GK東口順昭が18日、自身のツイッター(@hi_five21)を通じて、大阪府北部を襲った震度6弱の地震による被害を心配した。 ▽東口は大阪府高槻市出身。所属クラブも震源地の大阪府北部をホームタウンとするG大阪だ。現在、ロシア・ワールドカップに参戦中の日本代表に帯同する東口。決戦の地ロシアから被災地にメッセージを寄せた。 「心配です。まだまだ気は抜けないとは思いますが、皆さん気をつけて下さい!」 2018.06.18 21:05 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース