【J1チーム別総括】攻守に渡って数字は残すも勝負弱さを露呈したシーズン《横浜F・マリノス》2016.11.12 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第9回目は、結果を出しきれずに中位に終わった10位の横浜F・マリノス編をお届けする。

◆チーム採点
40点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽エリク・モンバエルツ監督の下、2シーズン目を迎えた横浜FM。昨シーズンの得点源であったFWアデミウソン(現ガンバ大阪)がチームを去り、得点源としてフラメンゴからFWカイケ、FWマルティノスを獲得した。しかし、期待された得点源とはなれず、1stステージでは3連敗を含む5戦未勝利など11位と良い結果を残せなかった。

▽しかし、2ndステージに入るとチームにフィットし始めた助っ人が得点を重ね、日本代表にも選出されるMF齋藤学が躍動。頼みのMF中村俊輔が負傷により第6節から欠場するも、守備の形は作れた上に得点数が伸び、2敗で2ndシーズンを終えた。課題は勝負所で結果を残すこと。得点、失点の成績と順位がリンクしない点を改善したい。また、攻撃のタレント不足、チーム高齢化と難しい問題を抱えるが、若手が経験を積めたことは来季につながるだろう。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF齋藤学(26)
33試合出場(先発32試合)/10得点
▽チームMVPは攻撃を牽引し続けた齋藤学に送りたい。日本代表に選出されるなど、シーズンを通して安定したパフォーマンスを発揮。長年得点源を見つけられないチームにおいて、サイドアタッカーながら自身J1で初となる2桁得点を記録した。得意のドリブルだけでなく、パス、シュート、さらにディフェンス面でもチームに貢献。中位に終わったチームの中でも出色の出来だった。

◆敢闘賞
Getty Images
DF中澤佑二(38)
34試合出場(先発34試合)/3得点
▽文句なしで“鉄人”を選出。今シーズン限りでチームを退団するDF小林祐三も候補だったが、やはり3年連続フル出場を続けたベテランCBに送らせてもらう。昨シーズンに引き続きDFファビオとのコンビでもチームの守備を安定。3得点とセットプレーからの得点力もまだ衰えていない。シーズン終了後はチームからの不当な評価を受けたようだが、後身の育成を考えても、まだまだ試合に出続けてもらいたいところだ。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
DFパク・ジョンス(22)
13試合出場(先発12試合)/1得点
▽シーズン終盤に出場機会を確保し、ボランチだけでなくセンターバックとしてもプレーしたDFパク・ジョンスに送る。出場試合数を考えればMF遠藤渓太、FW富樫敬真、MF喜田拓也らも候補だったが、シーズン中の大きな成長を考慮して選出した。高齢化した守備陣に大きな光が射す可能性を秘めており、来シーズンのプレーにも期待したい。

コメント

関連ニュース

thumb

広島DF千葉和彦に第一子となる長男が誕生

▽サンフレッチェ広島は18日、DF千葉和彦(32)に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、2017年10月18日に広島市内の病院で誕生。広島のゴールを守る千葉に、新たに守るものが増えたようだ。 ▽千葉は今シーズンの明治安田生命J1リーグで26試合に出場。2012年の加入以降、通算248試合に出場するなど広島の守備を支え続けている。 2017.10.18 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

清水の功労者MF杉山浩太、今季限りで現役引退…ホーム最終節でセレモニー

▽清水エスパルスは18日、MF杉山浩太(32)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。なお、引退セレモニーは11月26日に行われるホーム最終戦のアルビレックス新潟戦終了後、IAIスタジアム日本平ピッチにて執り行われる予定だ。 ▽静岡県出身の杉山は、2008年の柏レイソルへの期限付き移籍を除き、ジュニアユース時代から清水一筋でプレー。通算でJ1リーグ181試合、J2リーグ2試合、Jリーグカップ43試合、天皇杯23試合、AFCチャンピオンズリーグ5試合を記録し、今シーズンもここまでJ1リーグ5試合に出場している。 ▽このたび、現役引退を発表した杉山は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私、杉山浩太は今シーズン限りでの引退を決意いたしました。エスパルスには、小学生5年生でサッカースクールに加入し、ジュニアユース、ユースを経て、これまで23年間お世話になりました。子供の頃からプロサッカー選手が夢でしたが、ジュニアユースに入って、初めてプロを意識するようになりました」 「また、日本平でボールボーイを行なったときに、このピッチでプレーしたいと、より一層想いが強くなったことを思い出します。体が小さかった自分にはプロは厳しいと思われたかもしれないですが、エスパルスはずっと見守ってくれました。2003年にトップへ昇格し、4月の静岡ダービーでリーグ戦に初めて出場しました。もちろん緊張もありましたが、何もできないまま、あっという間に試合が終わってしまった印象でした」 「それから15年のプロ生活を送らせていただきましたが、タイトルを獲ることができなかったことは自分としては心残りです。それは後輩たちに託して、近い将来、必ず願うと信じています」 「言葉では言い尽くせないほど、長い時間をエスパルスで過ごさせてもらいました。この時間はあっという間でしたが、今あらためて思うことは、エスパルスに入って本当に良かったということです。エスパルスでなければ、このようなサッカー人生を送ることはできなかったでしょう。それは自分の誇りですし、これからもエスパルスファミリーの一員として、いつまでも見守っていきたいと思います」 「今シーズンも残り5試合となりましたが、プロになったときの気持ちをもう一度思い出して、自分自身も納得のいくシーズンで終えられるよう、最後までチームの力になりたいと思います」 2017.10.18 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、東海大学付属相模高校DF山口竜弥の来季加入内定を発表 「常識破りのSBになる」

▽ガンバ大阪は18日、東海大学付属相模高校に在学するDF山口竜弥(17)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽神奈川県出身の山口は、身長171cm、体重70kgの左利きDF。爆発的な加速力を武器に、相手のコンタクトを寄せ付けない身体の強さや推進力、パンチ力のある左足を魅力とする選手で、U-18日本代表候補にも選出歴を持つ。 ▽G大坂でプロキャリアをスタートさせることになった山口は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ガンバ大阪のような素晴らしいクラブに加入することが出来、大変嬉しく思います。自分の武器である対人の強さを活かし、ガンバや世界で活躍し、見ている人を驚かせるような常識破りのサイドバックになります。応援よろしくお願いします」 2017.10.18 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪の主力右SBまでも離脱、オ・ジェソクが右足肉離れで全治約3週間

▽ガンバ大阪は18日、韓国代表DFオ・ジェソクの負傷離脱を発表した。 ▽オ・ジェソクは、今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ24試合に出場している右サイドバック。14日に行われたJ1第29節のアルビレックス新潟戦(0-1でG大阪が敗戦)で負傷し、全治約3週間の右ハムストリング肉離れと診断された。 ▽公式戦8試合で白星から遠ざかるG大阪は、故障離脱者が続出中。FWアデミウソン、MF藤本淳吾、MF市丸瑞希、DFファビオがチームから離れているなど苦しい台所事情に陥っている。 2017.10.18 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京アカデミーコーチを務めるGK榎本達也がブラインドサッカー日本代表に選出!

▽NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は18日、ブラインドサッカー日本代表の強化指定選手を発表した。かつて横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティス、栃木SC、FC東京でプレーし、現在はFC東京アカデミーコーチのGK榎本達也が選出されている。 ▽ブラインドサッカー日本代表は、11月3日から5日にかけて強化合宿を開催。その後、12月9日から18日にかけてマレーシアで行われるIBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2017に出場し、アジアチャンピオン、2018年6月にスペインのマドリードで開催される世界選手権2018出場権獲得を目指す。 ▽ブラインドサッカー日本代表に選出された榎本は、FC東京のクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「日本代表に選出していただき、大変光栄です。代表メンバーとして初めて臨む公式戦ですが、日本のために力を尽くして頑張ります。アジア選手権は世界選手権への切符もかかっている大会なのでその切符を勝ち取れるように、まずはアジアのチャンピオンを目指して戦いたいと思います」 ▽今回選出されたブラインドサッカー日本代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">●ブラインドサッカー日本代表メンバー(9名/FP:7名、GK:2名)</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">佐藤大介</span>(たまハッサーズ) <span style="font-weight:700;">榎本達也</span>(FC東京アカデミーコーチ) <span style="font-weight:700;">FP</span> <span style="font-weight:700;">川村怜</span>(Avanzareつくば) <span style="font-weight:700;">田中章仁</span>(たまハッサーズ) <span style="font-weight:700;">黒田智成</span>(たまハッサーズ) <span style="font-weight:700;">日向賢</span>(たまハッサーズ) <span style="font-weight:700;">加藤健人</span>(埼玉T.Wings) <span style="font-weight:700;">寺西一</span>(松戸・乃木坂ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">佐々木ロベルト泉</span>(Avanzareつくば) 2017.10.18 12:12 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース