【J1チーム別総括】攻守に渡って数字は残すも勝負弱さを露呈したシーズン《横浜F・マリノス》2016.11.12 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第9回目は、結果を出しきれずに中位に終わった10位の横浜F・マリノス編をお届けする。

◆チーム採点
40点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽エリク・モンバエルツ監督の下、2シーズン目を迎えた横浜FM。昨シーズンの得点源であったFWアデミウソン(現ガンバ大阪)がチームを去り、得点源としてフラメンゴからFWカイケ、FWマルティノスを獲得した。しかし、期待された得点源とはなれず、1stステージでは3連敗を含む5戦未勝利など11位と良い結果を残せなかった。

▽しかし、2ndステージに入るとチームにフィットし始めた助っ人が得点を重ね、日本代表にも選出されるMF齋藤学が躍動。頼みのMF中村俊輔が負傷により第6節から欠場するも、守備の形は作れた上に得点数が伸び、2敗で2ndシーズンを終えた。課題は勝負所で結果を残すこと。得点、失点の成績と順位がリンクしない点を改善したい。また、攻撃のタレント不足、チーム高齢化と難しい問題を抱えるが、若手が経験を積めたことは来季につながるだろう。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF齋藤学(26)
33試合出場(先発32試合)/10得点
▽チームMVPは攻撃を牽引し続けた齋藤学に送りたい。日本代表に選出されるなど、シーズンを通して安定したパフォーマンスを発揮。長年得点源を見つけられないチームにおいて、サイドアタッカーながら自身J1で初となる2桁得点を記録した。得意のドリブルだけでなく、パス、シュート、さらにディフェンス面でもチームに貢献。中位に終わったチームの中でも出色の出来だった。

◆敢闘賞
Getty Images
DF中澤佑二(38)
34試合出場(先発34試合)/3得点
▽文句なしで“鉄人”を選出。今シーズン限りでチームを退団するDF小林祐三も候補だったが、やはり3年連続フル出場を続けたベテランCBに送らせてもらう。昨シーズンに引き続きDFファビオとのコンビでもチームの守備を安定。3得点とセットプレーからの得点力もまだ衰えていない。シーズン終了後はチームからの不当な評価を受けたようだが、後身の育成を考えても、まだまだ試合に出続けてもらいたいところだ。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
DFパク・ジョンス(22)
13試合出場(先発12試合)/1得点
▽シーズン終盤に出場機会を確保し、ボランチだけでなくセンターバックとしてもプレーしたDFパク・ジョンスに送る。出場試合数を考えればMF遠藤渓太、FW富樫敬真、MF喜田拓也らも候補だったが、シーズン中の大きな成長を考慮して選出した。高齢化した守備陣に大きな光が射す可能性を秘めており、来シーズンのプレーにも期待したい。

コメント

関連ニュース

thumb

プーマが川崎F、清水、磐田、C大阪のリミテッドユニフォームを発表

▽プーマは25日、川崎フロンターレ、清水エスパルス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪がこの夏リーグ戦で着用する、リミテッドユニフォームを発表した。 ▽リミテッドユニフォームには、2018シーズンのホーム及びアウェイユニフォームにも採用されている「LIGA(リーガ)」モデルのデザインをベースに、身頃のグラフィックにはプーマがグローバルで展開するフットボールアパレルコレクション「ftb;:NXT(フットボールネクスト)」のグラフィックをあしらっている。 ▽ピッチ上でもストリートでもスタイリッシュでありたい中高生プレーヤーを中心としたヤングジェネレーションプレーヤーのために開発された「ftblNXT」の2018年秋冬コレクションのグラフィックは、背番号からインスピレーションを得たナンバリンググラフィックが特徴的で、スパイクのFUTURE及びPUMA ONEのアッパーにも採用されている美しく玉虫色に変化するカラーシフトのプーマ キャットロゴも施されている。 ▽リミテッドユニフォームの首元から袖部分のアパレルフォームストライプは、それぞれのクラブとサポーターの力強い繋がりを表現し、身頃には「ftblNXT」コレクションのナンバリンググラフィックが共通して施されています。ベースカラーはブラックで統一されていますが、グラフィックのナンバーは各クラブで異なり、クラブ毎にメモリアルなナンバーで構成されています。 ■川崎フロンターレ 共通のブラックをベースカラーに、フロンターレ ブルーのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成しています。 「1955」 :母体クラブ創設年 「1997」 :現クラブ名決定年 「2017」 :リーグ初タイトル獲得シーズン 「12」 :サポーター 着用予定試合 :8月5日(土)、8月15日(水) ■清水エスパルス 共通のブラックをベースカラーに、エスパルス オレンジのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成しています。 「1993」 :リーグ開幕年 「10」 :リーグオリジナル10 「1996」 :カップ初タイトル獲得シーズン 「2000」 :国際初タイトル獲得シーズン 「3776」 :富士山の標高 着用予定試合 :8月11日(土)、8月19日(日)、8月25日(土)、9月21日(金) ■ジュビロ磐田 共通のブラックをベースカラーに、ジュビロ ブルーのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成しています。 「1992」 :クラブ設立年 「1997」 :リーグ初タイトル獲得シーズン 「1999」 :リーグタイトル獲得シーズン 「2002」 :リーグタイトル獲得シーズン 「12」 :サポーター 「25」 :現クラブ名決定から25周年 着用予定試合 :8月1日(水)、8月5日(日)、8月19日(日) ■セレッソ大阪 共通のブラックをベースカラーに、セレッソ ピンクのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成しています。 「1957」 :母体クラブ創設年 「1993」 :現クラブ名決定年 「2017」 :リーグカップ及び全日本サッカー選手権大会初タイトル獲得シーズン 「12」 :サポーター 着用予定試合 :8月1日(水)、8月15日(水)、8月25日(土) ▽なお、この4クラブのリミテッドユニフォームは、各クラブ及びプーマ取り扱いショップにて順次販売開始予定となってる。 2018.06.25 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

SKE48が最下位名古屋の救いの女神に? 公式マネ就任が発表!

▽名古屋グランパスは22日、名古屋を拠点に活動するアイドルグループ『SKE48』が公式応援マネージャーに就任したことを発表した。 ▽発表後、クラブを代表して小西工己代表取締役社長、主将FW佐藤寿人、選手会長のDF和泉竜司、MF長谷川アーリアジャスール、SKE48の北川綾巴、熊崎晴香、須田亜香里がクラブハウス内で行われた記者会見に出席した。 ▽小西社長は、「SKE48の皆さまのチカラと若さ、元気をいただきながら頑張りたいと思います」とコメント。また、世界選抜総選挙で2位に輝いた須田亜香里は、「私は愛知県で生まれ育って26年になりますが、学校の社会科見学や遠足で豊田スタジアムへ行かせていただいたり、家族と観戦に行ったり、本当に馴染みのあるグランパスさんと一緒に活動させていただけることがすごく嬉しいです」とエピソードを交えて語り、クラブを支えていく上での意気込みを述べた。 ▽明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で2勝3分け10敗の最下位と苦境に立たされている名古屋。16日に開催された『第10回AKB48 世界選抜総選挙』で1位に君臨した松井珠理奈、2位の須田亜香里らを擁するSKE48の力を借り、上昇気流に乗ることはできるのだろうか。 2018.06.22 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ミロシュ・デゲネク、W杯後に横浜FM退団か 移籍先はセルビアの強豪レッドスター

▽横浜F・マリノスに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)にセルビアの強豪レッドスター・ベオグラード移籍の可能性が高まっている。 ▽セルビア『KURIR』によれば、ミロシュ・デゲネクの代理人は、レッドスターと最終交渉へ。レッドスターのゼネラルマネージャーを務めるズヴェズダン・テルジッチ氏は、フランス人DFダミアン・ル・タレク(28)の後釜として、横浜FMの主力センターバックを注視ているという。 ▽レッドスターは、以前から触手を伸ばすミロシュ・デゲネクの移籍金において、横浜FMとの契約が半年間しか残っていないことから比較的安価な額での獲得に期待。オーストラリア代表として参戦中のロシア・ワールドカップ終了後にも契約締結の可能性があるとみられている。 ▽セルビア人として生まれ、幼少期にオーストラリアに移住したミロシュ・デゲネクは、シュツットガルトII、1860ミュンヘンを経て、2017年から横浜FMでプレー。初年度からレギュラーを張り、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ12試合2得点を記録している。 2018.06.22 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪、関学の攻撃的SB高尾瑠と仮契約! 先の天皇杯2回戦でもプレー

▽ガンバ大阪は22日、関西学院大学に在学するDF高尾瑠(21)と2019シーズン新加入選手として仮契約を結んだことを発表した。 ▽名古屋グランパスの下部組織で育った高尾は、全日本大学選抜歴を持つ身長181cm、体重67kgのDF。圧倒的なスピードと運動量だけでなく、技術を生かしたドリブルが得意な超攻撃的サイドバックとして、6日に行われた天皇杯2回戦でG大阪と対峙した。 ▽加入内定を受けて、高尾はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「この度、ガンバ大阪という歴史ある素晴らしいチームでプロ生活をスタートすることができ、とても嬉しく思います。これまで支えて下さった家族、スタッフ、チームメイトなど全ての人に感謝をし、今まで以上に強い気持ちを持って、ガンバ大阪の勝利に一日でも早く貢献できるように頑張ります。応援宜しくお願いします」 2018.06.22 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

広島、FW渡大生の手術を発表…全治4週間

▽サンフレッチェ広島は20日、FW渡大生の手術が実施されたことを発表した。全治は4週間と伝えられている。 ▽クラブの発表によると、手術名は左足関節内遊離体摘出手術。16日のトレーニング中に負傷し、20日に広島県内の病院で手術が行われた。 ▽広島県出身の渡は、2012年にギラヴァンツ北九州でプロキャリアをスタート。2016年からは徳島に加わり自身初の明治安田生命J2リーグ二桁得点となる41試合12ゴールをマークすると、昨シーズンも42試合23ゴールと飛躍し、今シーズンから出身地のクラブである広島に帰還していた。今シーズンは、ここまで公式戦15試合に出場し、3ゴールを記録している。 2018.06.20 21:20 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース