【J1チーム別総括】再び残留争いもぶれずに堅守賢攻スタイルを貫く《ベガルタ仙台》2016.11.10 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第7回目は、上位進出はならずともスタイルを貫き通した12位のベガルタ仙台編をお届けする。

◆チーム採点
40点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽結果だけを見ると例年と大きく変わらず、残留争いに巻き込まれたシーズンとなった。しかし、渡邉晋監督が率いる3シーズン目に掲げた“堅守賢攻”を最後までブレずに実践。堅い守備から、手堅く速攻でゴールを陥れるスタイルがようやく形になり、降格圏とは13ポイント差と大きく引き離してフィニッシュした。

▽また、開幕直後からFW梁勇基とGK六反勇治、6月にはFW金園英学、7月にはMF野沢拓也、8月にはDF平岡康裕と各ポジションの主力が次々と負傷離脱する不運もあった。上位争いを目指したシーズンだけに決して満足はできないが、今後に繋がる戦いを見せた。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FWハモン・ロペス(27)
32試合出場(先発28試合)/10得点
▽シーズン序盤こそベンチスタートが続くも、調子が上がらないFWウイルソンに代わって出場機会を得ると、自身最多となる出場数とゴール数をマーク。3シーズン目を迎えてJリーグに慣れた印象が強い。また、10月1日の2ndステージ第14節の鳥栖戦ではJ1で初となるハットトリックの活躍を見せ、3-2の勝利に導き、チームのJ1残留を決めた。

◆敢闘賞
Getty Images
MF富田晋伍(30)
33試合出場(先発33試合)/1得点
▽全34試合中、33試合でフル出場と鉄人ぶりを発揮。堅守をベースとするチームスタイルにおいて、持ち味である豊富な運動量だけでなく、危機察知能力の高さ、ポジション取りのうまさ、寄せの早さが秀逸だった。その姿はまさに“ボールイーター”。チームに欠かすことができない存在であることを改めて示した。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF三田啓貴(26)
31試合出場(先発31試合)/4得点
▽富田が“堅守”の象徴ならば、ボランチでコンビを組んだ三田は“賢攻”の体現者だった。FC東京時代はサイドハーフとしてのプレーが多かったが、仙台でボランチに固定されると才能が開花。左足から高精度のパスを繰り出し、得意のドリブルでチームに推進力をもたらした。チームとしても守備の富田、攻撃の三田を心臓部に固定できたことは大きかったと言える。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪MF水沼宏太が追突事故…双方ともにケガはなし

▽セレッソ大阪は25日、MF水沼宏太が運転する乗用車が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽発表によると同日の13時30分ごろ、大阪府大阪市大正区泉尾付近にて、水沼の運転する乗用車が信号で停車後、青信号に変わり発進したところを停車中の前方乗用車の後部に接触したとのことだ。なお、水沼は事故発生後、警察へ届け出ており、相手乗用車の運転手、同選手共にケガはないようだ。 ▽水沼はクラブを通じてコメントしている。 「この度、私の不注意からこのような事故を起こしてしまい、乗用車の運転をされていた方に心よりお詫び申し上げます。深く反省しており、今後は改めて細心の注意をはらって運転いたします。大変申し訳ございませんでした」 2017.03.25 22:01 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表を離脱したFC東京MF髙萩洋次郎は右母趾末節骨骨折

▽FC東京は25日、日本代表に招集されていたMF髙萩洋次郎の離脱を発表。また、負傷状況についても発表した。 ▽クラブの発表によると、高萩はチームドクターの診断を受け、右母趾末節骨骨折と診断。全治は今のところ不明とのことだ。 2017.03.25 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田MF上田康太が左ヒラメ筋肉離れ、右腓腹筋筋膜炎で3週間の離脱

▽ジュビロ磐田は25日、MF上田康太の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、上田は22日のトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、左ヒラメ筋肉離れ、右腓腹筋筋膜炎と診断。全治は3週間程度とのことだ。 ▽上田は今シーズンの明治安田生命J1リーグで1試合の途中出場に終わっていた。 2017.03.25 17:14 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、MF今野泰幸の左第5趾基節骨骨折を発表…今季インサイドハーフで新境地

▽ガンバ大阪は25日、日本代表MF今野泰幸が左第5趾基節骨骨折と診断されたことを発表した。全治に関しては明らかにされていない。 ▽2015年以来の代表招集を受けた今野は、23日に敵地で行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦に先発。チームの2得点目を挙げ、2-0の勝利に貢献していた。 ▽しかし、その試合でケガをした今野は24日の帰国後にチームから一時離れて病院に直行。事前の報道で、左足小指打撲と伝えられていたが、クラブの報告によれば骨折が判明したという。 ▽34歳の今野は、今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ全4試合に先発で2ゴール。チームが新たに導入したシステムの中で任されたインサイドハーフで出色のパフォーマンスを披露していた。 2017.03.25 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎FのDF井川祐輔が右ヒザじん帯損傷で4カ月の離脱

▽川崎フロンターレは24日、DF井川祐輔(34)が右ヒザ内側々副じん帯損傷により23日に手術を行ったことを発表した。復帰までに要する期間は4カ月程度とのこと。 ▽井川は、14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節の広州恒大戦で負傷していた。 2017.03.24 21:18 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース