【J1チーム別総括】再び残留争いもぶれずに堅守賢攻スタイルを貫く《ベガルタ仙台》2016.11.10 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第7回目は、上位進出はならずともスタイルを貫き通した12位のベガルタ仙台編をお届けする。

◆チーム採点
40点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽結果だけを見ると例年と大きく変わらず、残留争いに巻き込まれたシーズンとなった。しかし、渡邉晋監督が率いる3シーズン目に掲げた“堅守賢攻”を最後までブレずに実践。堅い守備から、手堅く速攻でゴールを陥れるスタイルがようやく形になり、降格圏とは13ポイント差と大きく引き離してフィニッシュした。

▽また、開幕直後からFW梁勇基とGK六反勇治、6月にはFW金園英学、7月にはMF野沢拓也、8月にはDF平岡康裕と各ポジションの主力が次々と負傷離脱する不運もあった。上位争いを目指したシーズンだけに決して満足はできないが、今後に繋がる戦いを見せた。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FWハモン・ロペス(27)
32試合出場(先発28試合)/10得点
▽シーズン序盤こそベンチスタートが続くも、調子が上がらないFWウイルソンに代わって出場機会を得ると、自身最多となる出場数とゴール数をマーク。3シーズン目を迎えてJリーグに慣れた印象が強い。また、10月1日の2ndステージ第14節の鳥栖戦ではJ1で初となるハットトリックの活躍を見せ、3-2の勝利に導き、チームのJ1残留を決めた。

◆敢闘賞
Getty Images
MF富田晋伍(30)
33試合出場(先発33試合)/1得点
▽全34試合中、33試合でフル出場と鉄人ぶりを発揮。堅守をベースとするチームスタイルにおいて、持ち味である豊富な運動量だけでなく、危機察知能力の高さ、ポジション取りのうまさ、寄せの早さが秀逸だった。その姿はまさに“ボールイーター”。チームに欠かすことができない存在であることを改めて示した。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF三田啓貴(26)
31試合出場(先発31試合)/4得点
▽富田が“堅守”の象徴ならば、ボランチでコンビを組んだ三田は“賢攻”の体現者だった。FC東京時代はサイドハーフとしてのプレーが多かったが、仙台でボランチに固定されると才能が開花。左足から高精度のパスを繰り出し、得意のドリブルでチームに推進力をもたらした。チームとしても守備の富田、攻撃の三田を心臓部に固定できたことは大きかったと言える。

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島DF小田逸稀が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約2カ月

▽鹿島アントラーズは22日、DF小田逸稀(19)の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によれば、小田は21日に行われた順天堂大学との練習試合中に負傷。その後、チームドクターが行った検査の結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約2カ月と診断された。 ▽福岡の東福岡高校から今季入団した小田は、天皇杯2試合に出場していた。 2017.08.22 19:49 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島、ユースGK沖悠哉の2018年トップチーム昇格内定を発表

▽鹿島アントラーズは22日、鹿島アントラーズユースに所属するGK沖悠哉(18)が2018年より、トップチーム昇格が内定したことを発表した。 ▽茨城県出身の沖は、現在は鹿島学園高校に通いながら、鹿島のユースで活躍中。ジュニア世代から鹿島の下部組織で育った沖は、U-19日本代表にも選ばれており、今年5月から6月にかけ行われていたトゥーロン国際大会2017にも参加していた。 ▽また、鹿島の公式サイトでは同選手の特徴を「状況判断、セービングが高いレベルで安定したゴールキーパー。長短の正確なキックを蹴り分け、ビルドアップ能力にも優れる」と評している。 2017.08.22 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

世界へチームを発信できると意気込む浦和のFW李忠成「人に感動を与えられるような試合に」《ACL2017》

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。 ▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となった。22日に、試合会場である等々力競技場で1stレグに向けた前日記者会見が行われ、浦和のFW李忠成が出席。川崎Fとの準々決勝への意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW李忠成</span>(浦和レッズ) 「まずはACL、アジアのベスト8という舞台に立てる喜びを噛み締めながら明日は試合をしたいと思います。僕たちはアジアのベスト8で日本勢が対決するということには何かしら意味があると思います」 「僕たちの試合を見て、日本だけでなくアジアの子供たちが日本てこんなに面白いサッカーをするんだ、すごく楽しい試合だったねと言えるような、人に感動を与えられるような試合をして、お互いに良い試合をして2ndレグに向かいたいです。僕たち浦和レッズがベスト8を勝ち上がれるように、1stレグでしっかりとポイントを獲っていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──等々力での川崎F戦というとJリーグでもやっているが、ACLだと特別なものはあるか</span> 「僕たちからしたら、年に1回はやるスタジアムなので、やり慣れている部分はあります。Jリーグとの雰囲気の違いはピッチに立ったら同じサッカーなので、そこまで変わらないと思いますが、勝ち上がったら世界に浦和レッズというチームがこんなチームだと発信できる素晴らしい機会です」 「今日明日で立てる舞台ではないと思っているので、ベスト8で勝って、ベスト4で勝って決勝に出るというのは、チームの歴史を作るという意味でも大事な一戦になると思います」 「1stレグ、2ndレグの合わせて180分のゲームなので、180分の中でしっかり僕たちが勝ち上がれるプランニングやコンディションが整っています。とても良い試合ができると思います。相手の川崎も素晴らしく、アジアの中でもポゼッション率が一番高いチームだと思います。素晴らしい選手たちのクオリティとパスワークや攻撃のスタイルがあるので、選手としても楽しみです」 2017.08.22 18:21 Tue
twitterfacebook
thumb

ACLで初指揮となる浦和の堀孝史監督「2ndレグにつながるような試合を」《ACL2017》

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。 ▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となった準々決勝。22日に、試合会場である等々力競技場で1stレグに向けた前日記者会見が行われ、浦和の堀孝史監督が出席。川崎Fとの準々決勝への意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆堀孝史監督</span>(浦和レッズ) 「明日の対戦相手の川崎フロンターレというのは、ここ最近のJリーグで3連勝して勢いがあります。攻守において、攻めの姿勢を強く出してくるチームだと思います。力のある相手なので、難しいゲームになると思いますが、自分たちは今まで積み重ねて来たもの、それと準備して来たことしっかり出して良いゲームができたらと思います」 「ホームとアウェイの2試合で次への勝ち上がりが決まるレギュレーションなので、そのことを踏まえながらゲームを進めていく必要はあると思います」 「選手たちはACLに懸ける思いというのが強いです。こちらが多くを働きかけるというよりも、選手たちを信じて明日のピッチで躍動してくれると思っています。第2戦をホームで戦えるということがあるので、そのゲームにつながるような試合をしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ここまで指揮を執って得ている手応えは</span> 「失点が多かった部分を減らさないといけないということで取り組んで、難しい時間帯も試合の中ではありますが、失点を減らせている部分は手応えとして感じています。また、今までやって来た攻撃の部分も選手たちが感覚を取り戻して、自信を取り戻しながら出て来ているので、明日はその辺りを期待しています」 <span style="font-weight:700;">──攻撃に関して前のスタイルを思い出させるにあたってどんなことをしているか</span> 「選手への声掛けや、その週のトレーニングで今までやって来たことが出せるようなメニューをやっています。選手たちがどれだけそう思っているか分からないですが、そういったものを取り入れているというのがあります」 2017.08.22 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

過去最高のベスト8突破に意気込む川崎FのFW小林悠「自分たちが新しくフロンターレの歴史を作る」《ACL2017》

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。 ▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となったが、22日に試合会場の等々力競技場で川崎Fは公式練習。冒頭15分の公開となり、約1時間ほど汗を流した。その後、1stレグに向けた前日記者会見が行われ、川崎FのキャプテンであるFW小林悠が出席。浦和との準々決勝への意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW小林悠</span>(川崎フロンターレ) 「ここまでACLもチーム一丸となって戦って来ましたし、オニさん(鬼木監督)も言った通りタイトルが懸かった試合です。まずはホームということで、しっかり勝つこと、アウェイゴールもありますが、勝つことを意識してやりたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ACLで日本勢と対戦することについて</span> 「浦和に決まった時は、ACLは他の国と試合をすることが面白かったりするので、中国の方が良かったなと思いました。ただ、日程のことを考えると連戦が続くので、日本で良かったかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──8強が過去最高成績だが、そこを乗り越えることについて</span> 「正直あまり気になりません。自分たちが新しくフロンターレの歴史を作るために、まずはベスト8突破という気持ちはあります。ベスト8が最高というのは特に気になりません」 2017.08.22 18:11 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース