【J1チーム別総括】全ての“決断”が裏目に出たシーズン…粘りを見せるもJ2降格《名古屋グランパス》2016.11.06 17:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第3回目は、クラブ史上初のJ2降格となった16位の名古屋グランパス編をお届けする。

◆チーム採点
10点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽小倉隆史GMが兼任監督として率いた今シーズン。開幕前にDF田中マルクス闘莉王を始め、DF牟田雄祐、DF本多勇喜(ともに京都サンガF.C.)、FWミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ(マリボル)、MFダニルソン(アビスパ福岡)ら主力を大量に放出。FWロビン・シモビッチやDFルドゥウィッグ・オーマン、MFイ・スンヒなど新戦力を加えた。

▽チームの核であった闘莉王が去ったチームは、開幕戦こそ1-0でジュビロ磐田に勝利したものの、第2節から第14節まで無失点試合はなし。複数失点も目立つなどリーグ17位の29失点を喫した。2ndステージに入ると攻撃面にも課題が生まれ、第4節まで無得点。1stステージ第10節の横浜F・マリノス戦で挙げた勝利以降、長らく勝利を掴めなかった名古屋は小倉監督を解任し、ボスコ・ジュロヴスキーコーチを昇格。さらに、シーズン前に退団していた田中マルクス闘莉王を復帰させた。その後は巻き返しを図るも時すでに遅し。開幕前、シーズン中とクラブとしての決断の悪さが降格に繋がったと言えるだろう。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FW永井謙佑(27)
31試合出場(先発30試合)/7得点
▽苦しんだチームにおいて、7得点を記録した永井をチームの最優秀選手に選出。ゴール数ではシモビッチ(11得点)に及ばないものの、持ち味の走力と、献身性で相手の脅威になり続けた。

◆敢闘賞
Getty Images
DF田中マルクス闘莉王(35)
7試合出場(先発7試合)/0得点
▽開幕前に退団しブラジルに帰国しながら、チームの窮地を救うために急遽復帰した闘莉王以外には考えられない。復帰初戦となった2ndステージのアルビレックス新潟戦で18戦ぶりの勝利をもたらした。最終的には降格の憂き目に遭ったが、闘莉王が居なければ最終節までチームは持たなかっただろう。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
DF古林将太(25)
28試合出場(先発20試合)/1得点
▽湘南ベルマーレから今シーズン加入した古林。右サイドハーフを主戦場としたが、右サイドバックや左サイドバックなどユーティリティ性を発揮。シーズン終盤は、自らのアクションでボールを呼び込むプレーも見られ成長の跡を見せた。

コメント

関連ニュース

thumb

甲府FW河本明人が右足関節炎で手術…全治約2カ月

▽ヴァンフォーレ甲府は23日、FW河本明人の手術を発表した。 ▽クラブの発表によると、河本は右足関節炎と診断され22日に手術。全治は約2カ月とのことだ。 ▽今シーズンの河本は、ここまでリーグ戦14試合に出場し1得点を記録していた。 2017.08.23 20:19 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成が右内側ハムストリングス筋挫傷で全治約4~6週間

▽FC東京は23日、DF室屋成の負傷を発表した。 ▽室屋は19日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節の浦和レッズ戦で負傷。チームドクターの診察の結果、右内側ハムストリングス筋挫傷と診断。全治は約4~6週間とのことだ。 ▽今シーズンの室屋は、J1で19試合に出場していた。 2017.08.23 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田MF荒木大吾が右腓骨骨折と右足関節じん帯損傷で全治5カ月

▽ジュビロ磐田は23日、MF荒木大吾(23)の負傷について発表した。 ▽発表によると、荒木は19日のセレッソ大阪戦で負傷。浜松市内の医療機関で検査を行ったところ、右腓骨骨折と右足関節じん帯損傷と診断されたようだ。全治には5カ月程度かかる見込みだという。 ▽昨年、青山学院大学から入団した荒木は、今季の明治安田生命J1リーグでここまで5試合に出場している。 2017.08.23 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルティモネンセ加入のFC東京のMF中島翔哉が一般女性と入籍

▽FC東京は23日、6日にMF中島翔哉(23)が一般女性と入籍したことを発表した。 ▽東京都出身の中島は、2014年にFC東京入りした後、カターレ富山への期限付き移籍を経て、同年8月に復帰した。今シーズンは明治安田生命J1リーグで20試合に出場して2得点を記録していた。なお、FC東京は同日、中島のポルティモネンセへの期限付き移籍が決定したことを発表している。 ▽入籍を発表した中島は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ではございますが、このたびかねてからお付き合いをさせていただいていた方と入籍いたしました。まだまだ未熟者ではありますが、より一層の責任と自覚を持って日々精進してまいりますので、これからも変わらぬ応援のほどよろしくお願いいたします」 2017.08.23 10:49 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島DF小田逸稀が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約2カ月

▽鹿島アントラーズは22日、DF小田逸稀(19)の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によれば、小田は21日に行われた順天堂大学との練習試合中に負傷。その後、チームドクターが行った検査の結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約2カ月と診断された。 ▽福岡の東福岡高校から今季入団した小田は、天皇杯2試合に出場していた。 2017.08.22 19:49 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース