超ワールドサッカー

【J1チーム別総括】大きな穴を埋められなかったシーズン…スタイルを貫くも結果に繋がらず《湘南ベルマーレ》2016.11.05 19:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第2回目は、3シーズンぶりのJ2降格となった17位の湘南ベルマーレ編をお届けする。

◆チーム採点
30点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽シーズン開幕前にGK秋元陽太(FC東京)、DF遠藤航(浦和レッズ)、MF永木亮太(鹿島アントラーズ)とセンターラインの3選手がチームを去り、厳しいシーズンになることが予想されていた。開幕戦でアルビレックス新潟に敗れると、シーズン初白星を挙げたのは第9節の横浜F・マリノス戦。1stステージのラスト4試合は2勝2分けと調子を上げたが16位と降格圏で終えた。

▽2ndステージは第2節の新潟戦で白星を記録するも、第3節から10連敗。第15節の大宮アルディージャ戦で敗れ、3シーズンぶりにJ2へと降格した。チョウ・キジェ監督の下、スタイルを貫くも戦力ダウンが響いた湘南。しかし、ラスト2試合で見せた戦いは来シーズンに期待を持たせるものだった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
DF三竿雄斗(25)
32試合出場(先発32試合)/2得点
▽3バックの左に加え、シーズン終盤はボランチの位置でプレー。先発32試合はMF菊池大介、FW高山薫と並んで最多タイだった。精度の高いキックでのチャンス演出や、直接FKでのゴールなど攻守でチームに貢献。苦しいシーズンだったが、個人のパフォーマンスは悪くなかった。

◆敢闘賞
Getty Images
MF山田直輝(26)
11試合出場(先発6試合)/2得点
▽わずか11試合の出場で、先発は6試合。2シーズン続けて浦和レッズから期限付き移籍でプレーした山田にとっては、満足行く結果ではないだろう。しかし、2ndステージのラスト5試合に出場すると、攻撃面で相手チームの脅威となり、チームも2勝2分け1敗と結果を残した。山田がフルシーズン起用できていれば…と思わせるプレーぶりだった。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF神谷優太(19)
14試合出場(先発8試合)/0得点
▽U-19日本代表としてもプレーした神谷は、東京五輪での活躍も期待される選手。まだプレーの安定感はないものの、ボランチの位置でのプレーぶりは可能性を感じさせるものだった。来シーズンはレギュラーポジションを掴み、更なる飛躍が期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMのFW伊藤翔が右ハムストリング肉離れで全治約3週間

▽横浜F・マリノスは29日、FW伊藤翔の負傷を発表した。 ▽伊藤は27日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節の清水エスパルス戦で負傷。28日に横浜市内の病院で検査を受けた結果、右ハムストリング肉離れと診断。全治は約3週間の見込みだ。 ▽伊藤は今シーズンのJ1で10試合に出場するも得点はなかった。 2017.05.29 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第13節】7連勝柏のMF武富孝介が出色のパフォーマンス! C大阪MF山村和也も文句なしの選出

▽明治安田生命J1リーグ第13節の延期分を除く7試合が27日から28日にかけて開催された。超WS編集部が第13節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第13節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、マテイ・ヨニッチ、永戸勝也 MF:山村和也、ソウザ、武富孝介 FW:ウーゴ・ヴィエイラ、クリスラン、クリスティアーノ ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">飯倉大樹</span>(横浜F・マリノス/初) ▽勝利を呼び込むビッグセーブ。落ち着いた対応でピンチの芽を摘んだ DF<span style="font-weight:700;">松原健</span>(横浜F・マリノス/初) ▽左足の強烈シュートでプロ初ゴール。攻守にアグレッシブさを貫いた DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/2度目) ▽J通算550試合の出場。経験に裏打ちされた冷静な対応が光った DF<span style="font-weight:700;">マテイ・ヨニッチ</span>(セレッソ大阪/3度目) ▽正確なロングフィードでアシスト。Kリーグベストイレブンの実績は伊達じゃない DF<span style="font-weight:700;">永戸勝也</span>(ベガルタ仙台/初) ▽1アシスト。クロッサーとして多くのシュートチャンスを作り出しつつ、守備面も◎ MF<span style="font-weight:700;">ソウザ</span>(セレッソ大阪/2度目) ▽読みの鋭い動き出しでボールの回収役として広範囲をカバー MF<span style="font-weight:700;">山村和也</span>(セレッソ大阪/3度目) ▽1ゴール1アシスト。動きはもはやストライカー MF<span style="font-weight:700;">武富孝介</span>(柏レイソル/初) ▽2ゴール1アシストの大活躍で今節のMOM。攻撃センスを遺憾なく発揮した FW<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ</span>(柏レイソル/2度目) ▽1ゴール。全4得点に絡むハイパフォーマンス FW<span style="font-weight:700;">ウーゴ・ヴィエイラ</span>(横浜F・マリノス/初) ▽スクランブル出場で2発。抜け目のないストライカーとして十分な働き FW<span style="font-weight:700;">クリスラン</span>(ベガルタ仙台/2度目) ▽途中出場からの2ゴールで逆転勝利を呼び込む。2点目は圧巻だった 2017.05.29 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸が水撒き行為のサポーターに厳重注意…選手への水かけは確認できず

▽ヴィッセル神戸は29日、YBCルヴァンカップのセレッソ大阪戦で起きた事象について発表した。 ▽クラブの発表によると、24日にキンチョウスタジアムで行われた2017JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第6節のC大阪戦後、神戸側のゴール裏スタンドから選手に向かってペットボトルの水をかけようとする行為があったと情報が入り、事実確認を行ったとのことだ。 ▽対象者について確認したクラブは、話し合いの場を設け、映像等で事実関係を検証した結果、選手が整列する前の水撒き行為は確認できたとのことで、「特定の選手に向けた水かけ行為」の事実は確認できなかったとのことだ。 ▽「このような行為は決して許されるものではない」としながらも、「対象者は非常に深く反省している事から「厳重注意」を通達しました事をご報告いたします」とし、処分などは下さないことを発表している。 ▽今シーズンは各クラブでサポーターによる違犯行為が目立っており、神戸も「ヴィッセル神戸ではこのような行為の再発防止に向け、セキュリティー強化に留意し、より一層、安心・安全で快適なスタジアム作りを目指してまいります」と発表している。 2017.05.29 11:12 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台、MFパブロ・ジオゴの期限付き移籍満了を発表

▽ベガルタ仙台は28日、MFパブロ・ジオゴ(24)の期限付き移籍満了を発表した。公式サイトは同選手が29日に帰国することを併せて発表している。 ▽2010年にグアラニでキャリアをスタートさせたパグロ・ジオゴは、モンチ・アズールやオエステなどブラジル国内でのプレーを経て、2016年仙台入り。昨季は明治安田生命J1リーグ6試合に出場。しかし、今季はこれまで公式戦出場がなかった。 ▽仙台を退団することになったパブロ・ジオゴはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「まずは僕が早く慣れるよう協力し、支えてくれたすべての選手、スタッフ、サポーターの方々に感謝をしたいと思います。日本という素晴らしい国を離れることは悲しいですが、約1年間多くの貴重な経験をすることができたことをうれしく思います。みなさま本当にありがとうございました。チームを離れますが、これからも引き続き応援よろしくお願いいたします」 2017.05.28 22:27 Sun
twitterfacebook
thumb

両指揮官の采配ピタリ!! C大阪が水沼弾でルヴァンカップに続いて神戸を撃破!!《J1》

▽28日に明治安田生命J1リーグ第13節のヴィッセル神戸vsセレッソ大阪がノエビアスタジアム神戸で行われ、2-1でC大阪が勝利した。 ▽前節のFC東京戦でドローに終わり連勝こそ逃すも3戦無敗とした8位の神戸(勝ち点)が、大宮アルディージャを相手に3-0と快勝して2連勝としたC大阪(勝ち点)を迎えた。両チームは24日に行われたルヴァンカップでも対戦しており、その試合ではC大阪が藤本のゴールで勝利している。 ▽2戦続けて同じ相手との対戦となった中、試合の立ち上がりは神戸が高い位置からプレスをかけに行き、C大阪を押し込んでいく。しかし最初のチャンスはC大阪で、7分にショートパスで中央を攻略すると、最後は清武からボックス内に抜け出した杉本にパスが出る。杉本はGKキム・スンギュを交わすもシュートチャンスを逸し、ループを狙ったがGKに阻まれた。 ▽神戸は前線の渡邉を狙って攻撃を構築しようとするが、C大阪が徐々に運動量を上げてプレスを仕掛けてきたことでボールを繋げない場面が目立つ。22分には杉本の落としから走り込んだソウザがゴールマウス急襲のシュートを放つが、ここはGKキム・スンギュがセーブする。 ▽すると神戸は直後のカウンター。23分に自陣からのロングボールに抜け出した大森が左サイドからカットインしてボックス左から右足でコントロールシュートを放つ。ところがボールが曲がり切らずにファーポストを掠めて外へと外れた。 ▽迎えた29分、自陣のマティ・ヨニッチが蹴ったロングボールに山村が抜け出す。GKキム・スンギュより先にボールに触って流し込み、セレッソ大阪が先制点を奪った。 ▽追いかける展開となった神戸は、ネルシーニョ監督が早速動く。36分に大森を下げてウエスクレイを投入すると、39分にウエスクレイ、中坂、高橋秀とショートパスを繋ぎ、最後はボックス内の渡邉が相手を背負いながらの反転シュートを沈めてスコアをタイに戻した。 ▽そのまま前半を終えると、迎えた後半は立ち上がりから神戸が仕掛けた。50分、中坂からウエスクレイへと繋ぐと、ウエスクレイがドリブルで右サイドからカットイン。そこから左サイドの小川に展開するも、小川はシュートまで持ち込めなかった。 ▽押し込まれるC大阪は尹晶煥監督が交代カードを切る。59分に柿谷を下げて水沼を入れて、前線の活性化を図った。すると64分、左サイドに流れてスルーパスを受けた山村が逆サイドにクロス。これを水沼が右足ダイレクトで捉えると、ゴールネットを揺らし、C大阪も指揮官の采配が当たり勝ち越しに成功した。 ▽再び追いかける展開となった神戸は69分に中坂と小川を下げて田中順と小林を投入する2枚代えを敢行。しかしなかなか攻撃の形を作れない。80分を過ぎると神戸がさらに圧力を強めていくが、C大阪も自陣に全員が戻ってスペースを埋めていく。 ▽再三再四、伊野波の右サイドからクロスを放り込んでいく神戸だが、C大阪の守りをこじ開けることはできずに試合終了。勝利したC大阪はリーグ戦3連勝として上位陣を追走。一方、敗れた神戸はルヴァンカップに続き、同じ相手に連敗を喫することとなった。 2017.05.28 18:58 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース