【J1チーム別総括】大きな穴を埋められなかったシーズン…スタイルを貫くも結果に繋がらず《湘南ベルマーレ》2016.11.05 19:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第2回目は、3シーズンぶりのJ2降格となった17位の湘南ベルマーレ編をお届けする。

◆チーム採点
30点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽シーズン開幕前にGK秋元陽太(FC東京)、DF遠藤航(浦和レッズ)、MF永木亮太(鹿島アントラーズ)とセンターラインの3選手がチームを去り、厳しいシーズンになることが予想されていた。開幕戦でアルビレックス新潟に敗れると、シーズン初白星を挙げたのは第9節の横浜F・マリノス戦。1stステージのラスト4試合は2勝2分けと調子を上げたが16位と降格圏で終えた。

▽2ndステージは第2節の新潟戦で白星を記録するも、第3節から10連敗。第15節の大宮アルディージャ戦で敗れ、3シーズンぶりにJ2へと降格した。チョウ・キジェ監督の下、スタイルを貫くも戦力ダウンが響いた湘南。しかし、ラスト2試合で見せた戦いは来シーズンに期待を持たせるものだった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
DF三竿雄斗(25)
32試合出場(先発32試合)/2得点
▽3バックの左に加え、シーズン終盤はボランチの位置でプレー。先発32試合はMF菊池大介、FW高山薫と並んで最多タイだった。精度の高いキックでのチャンス演出や、直接FKでのゴールなど攻守でチームに貢献。苦しいシーズンだったが、個人のパフォーマンスは悪くなかった。

◆敢闘賞
Getty Images
MF山田直輝(26)
11試合出場(先発6試合)/2得点
▽わずか11試合の出場で、先発は6試合。2シーズン続けて浦和レッズから期限付き移籍でプレーした山田にとっては、満足行く結果ではないだろう。しかし、2ndステージのラスト5試合に出場すると、攻撃面で相手チームの脅威となり、チームも2勝2分け1敗と結果を残した。山田がフルシーズン起用できていれば…と思わせるプレーぶりだった。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF神谷優太(19)
14試合出場(先発8試合)/0得点
▽U-19日本代表としてもプレーした神谷は、東京五輪での活躍も期待される選手。まだプレーの安定感はないものの、ボランチの位置でのプレーぶりは可能性を感じさせるものだった。来シーズンはレギュラーポジションを掴み、更なる飛躍が期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

ポドルスキがプロ野球の舞台に登場! 右投げでインコース低めに投げ込む

▽今夏ガラタサライからヴィッセル神戸へと完全移籍加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、Jリーグより先にプロ野球の舞台でデビューを果たした。 ▽ポドルスキは21日、Koboパーク宮城で行われた東北楽天ゴールデンイーグルスvsオリックス・バッファローズの試合前に行われたセレモニアルピッチに登場。背番号10、「PODOLSKI」と背中に書かれた楽天のユニフォームを身にまとい、グラウンドに姿を現した。 ▽ポドルスキは会場に集まったプロ野球ファンに向けて「こんにちは。ポドルスキです」と日本語で挨拶。「初めて野球のスタジアムに来ましたけど、すごく良い雰囲気です。初めて投げますが、頑張るのでよろしくお願いします」と挨拶。「今日の1勝を応援しているので、みんなで勝ちましょう」と呼びかけた。 ▽その後マウンドに上がったポドルスキは、キャッチャーに嶋基宏、バッターに今江年晶を置いてセレモニアルピッチを実施。お辞儀をしてから構えると、インコース低めに素晴らしいボールを投球。利き足は左ながらも右でストライク投球を実現させた。 ▽なお、試合はオリックスがリードする展開も楽天は8回に岡島豪郎の8号ソロで追いつくと、延長10回裏に島内宏明がサヨナラヒットを放ち4-3で楽天が勝利した。 2017.07.22 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】試行錯誤の末に見えた光、頂を目指した航海への準備が整う《横浜F・マリノス》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回は横浜F・マリノス編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆方角が定まり航海への準備が整う</span> <span style="font-weight:700;">勝ち点30/10勝2分け5敗</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/yokohama_senseki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは勝ち切れない試合が多く10位と期待外れの成績に終わった横浜FM。絶対的存在のMF中村俊輔をジュビロ磐田に放出したほか、DF小林祐三(サガン鳥栖)、GK榎本哲也(浦和レッズ)、MF兵藤慎剛(北海道コンサドーレ札幌)、DFファビオ(ガンバ大阪)とチームの主力を大量に放出。一方で、バルセロナのカンテラ出身であるマケドニア代表MFダビド・バブンスキー、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラと3人の外国人を補強。さらに、MF扇原貴宏(名古屋グランパス)、DF山中亮輔(柏レイソル)、DF松原健(アルビレックス新潟)、GK杉本大地(京都サンガF.C.)と若手を獲得し、血の入れ替えを断行した。 ▽ファンからも愛された中村を始めとする主力選手放出という大英断に対し、ファン・サポーターの目は懐疑的であったものの、開幕戦の浦和戦では新加入のダビド・バブンスキーの活躍もあり3-2で勝利、第2節の札幌戦も3-0で勝利と順調な船出となった。しかし、第3節の鹿島アントラーズ戦(0-1●)、第4節のアルビレックス新潟戦(1-1△)、第5節のセレッソ大阪戦(0-2●)と3戦未勝利。磐田戦(2-1◯)、サンフレッチェ広島戦(1-0◯)と連勝も、第8節からは無得点で3連敗。選手の配置やメンバー構成を試行錯誤したものの、得点力不足を解消することができずに勝ち点を落とした。それでも、方向性が定まり始めた第11節からは、7試合で12得点3失点とコンスタントに得点が奪うことができ、引き分けを挟んで6連勝。基板を作った上に、優勝が狙える位置で前半戦を終えることができた。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707yokohama_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】90点/100点満点 ▽前半戦はリーグ最少タイの17試合15失点と伝統的な堅守が復活。チームを上位に留まらせる大きな要因となった。守護神を務めるGK飯倉大樹は序盤こそミスが散見されたが、徐々にパフォーマンスが安定。センターバックを務め、連続フル出場記録を樹立したDF中澤佑二の奮闘も光った。また、新加入のミロシュ・デゲネク、松原もポジションを守り、試合を重ねるごとに連携面もアップした。 【MF】50/100点満点 ▽退団した中村の穴が大きく、ケガの影響で選手が揃わなかったこともあり、序盤は機能不全に陥る試合が多かった。ゲームをコントロールする選手の不在、MF天野純のボランチ起用もハマらず、攻撃がダビド・バブンスキー、MF齋藤学の個人技に頼る展開に。能力の高さは折り紙つきの両選手を対戦相手がケアしたことで、得点数の伸び悩みが目立った。しかし、扇原をダブルボランチの一角に置き、天野をトップ下に配置したことで攻撃が改善。ハイプレスも復活したことで攻守に安定感を取り戻した点は、後半戦に向けて高材料となる。 【FW】50/100点満点 ▽ウーゴ・ヴィエイラ、FW伊藤翔、FW富樫敬真と3選手が1トップを務めたが、結果を残したのはウーゴ・ヴィエイラだけだった。途中出場ながら開幕2戦連発と得点能力を発揮。その後は無得点が続いたが、第13節の清水エスパルス戦は途中出場ながら2得点、第14節の川崎フロンターレ戦、第16節のヴィッセル神戸戦は先発で1得点ずつを記録。前半戦で6得点と、まずまずの結果を残している。それだけに、伊藤、富樫の奮起が優勝争いを演じる上で必要となるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707yokohama_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>DF中澤佑二(39歳/No.22) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/1得点 ▽言わずと知れたJリーグを代表する鉄人。フィールドプレーヤーであり、センターバックというポジションでありながらJ1通算140試合連続フル出場の歴代最多記録を第17節の大宮アルディージャ戦で樹立した。日本代表でも守備を支えた中澤の奮起があってこそ保たれる横浜FMの堅守。ミロシュ・デゲネク、パク・ジョンスと若手選手とのコンビでもしっかりとラインを統率し、前半戦の最少失点に貢献した。現役引退もチラつかせる中澤だが、まだまだその守備能力は横浜FMには欠かせない。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> FW伊藤翔(28歳/No.16) 明治安田生命J1リーグ:10試合(先発7回)/0得点 ▽寂しい攻撃陣の中でも結果としてチームに貢献できていない伊藤をBADプレーヤーに選んだ。7度の先発機会を与えられたものの、得点はゼロ。前線での起点になることもできず、攻撃の停滞感を生んでしまう結果となった。監督の信頼を勝ち得るチャンスを逃し、5月末には負傷。ウーゴ・ヴィエイラが結果を残しているだけに、序列を変えるのは険しい道程となる。後半戦でチームが上位をキープするためにも、伊藤の奮起に期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆霧は晴れ目指すは頂のみ、舵取りは誰の手に</span> ▽メンバーが揃わなかったこと、新加入選手が多かったこともあり、試行錯誤を繰り返した序盤戦。しかし、一定の形を見つけ方向性が固まってからの横浜FMは絶対的なゴールゲッター不在下で試合ごとのヒーロー登場により、強さを取り戻した。 ▽その中で舵取り役を誰に任せるかが、後半戦のカギを握るだろう。終盤にボランチに入った扇原は、得意とするフィードで両サイドをうまく使うことができていた。しかし、天野とボランチを組むことでバランスが守備に回る可能性が高い。一方で、扇原と天野を生かすとなると、MF喜田拓也か中町がボランチの一角を務めることとなり、ダビド・バブンスキーの置き場がない。エリク・モンバエルツ監督がどの様な判断を下すのか、タイトルを奪うには指揮官のチョイスが重要となりそうだ。 2017.07.22 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、韓国人MF安庸佑の加入合意を発表…2013年からKリーグ全南でプレー

▽サガン鳥栖は22日、Kリーグ・クラシックの全南ドラゴンズに所属する韓国人MF安庸佑(アン・ヨンウ/25)の加入合意を発表した。背番号は「25」に決定している。 ▽安庸佑は2013年に東義大学から全南ドラゴンズに入団したMF。鳥栖加入を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「サガン鳥栖という素晴らしいチームに加入でき光栄に思いますし、1日も早くチームに溶け込み、目標にしているところに自分も力になれるよう努力し、頑張りたいと思います! 応援よろしくお願いします!」 2017.07.22 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグに満足感を示すも、横浜FMの豪代表DFミロシュ・デゲネクが欧州復帰を希望

▽横浜F・マリノスに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが、将来的な欧州復帰の希望を語った。オーストラリア『FourFourTwo』が報じた。 ▽1860ミュンヘンから今シーズン横浜FMに加入したミロシュ・デゲネクは、センターバックの一角として明治安田生命J1リーグで14試合に出場。ベテランDF中澤佑二とのコンビで、前半戦の最少失点に大きく貢献している。 ▽オーストラリア代表としても、6月に行われたコンフェデレーションズカップに出場。チームはグループステージで敗退したものの、2試合に出場していた。 ▽シュツットガルトや1860ミュンヘンなど、ドイツのクラブでプレーしてきたミロシュ・デゲネク。クラブの財政難の影響もあり日本へ活躍の場を移したが、やはりヨーロッパでのプレーが夢であると語った。 「僕の夢はいつだってチャンピオンズリーグでプレーすることなんだ」 「そのうち、ヨーロッパに戻りたいと思っている。僕は1つの場所に留まるタイプではないからね」 「僕は、よりビッグなクラブに移籍したい。もちろん、今は日本で幸せだよ。現時点で僕は若いし、成長している」 「僕はドイツやイタリア、スペイン、フランス、イングランドなどトップリーグのクラブでプレーする準備ができていると思う」 ▽初めて日本でプレーすることとなったミロシュ・デゲネク。Jリーグについての印象も語り、多くのことに満足していると語った。 「Jリーグは良いリーグだよ。働き、動き、成長する気のある若い選手である僕にとっては良いステップだと思う。そしてヨーロッパにすぐに戻りたいと思う。僕たちは何が起こるかを見ているよ」 「かなりクオリティの高い選手もいるし、リーグも上手く進んでいる。競争力があるね」 「良いリーグだよ。観客も良いし、スタジアムも良い。ピッチも良いね。クラブも良い方向に進んでいるし、必要な物全てにアクセスできるんだ」 ▽Jリーグは中断期間をはさみ、29日から再開。現在首位のセレッソ大阪と勝ち点差5の5位につける横浜FMにとって、優勝を目指す上ではミロシュ・デゲネクの存在は欠かせないだろう。 2017.07.21 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】堅守と新システム浸透で連勝街道《ジュビロ磐田》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はジュビロ磐田編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆不安定な序盤戦も上位との連戦連勝が確信に</span> <span style="font-weight:700;">勝ち点28 / 8勝4分5敗</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/jubilo_senseki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンを13位で終え、名波浩監督就任3シーズン目を迎えた磐田。J1復帰2年目の今シーズンは、昨年リーグワースト5の失点数を喫した守備陣が健闘を見せた。前半戦での失点数はリーグ最少失点の「15」。DF大井健太郎とDF森下俊らの既存メンバーの安定やDF高橋祥平、MFムサエフといった新加入選手の早期フィットで強固なディフェンスを形成した。 ▽また、攻撃面においても、シーズンを通じて徐々にモデルチェンジ。FWジェイという得点源を失った攻撃を今シーズンから新たにMF中村俊輔、FW川又堅碁がリードし、チームで得点を目指すスタイルが確立された。さらに、チームは名波浩監督がシーズン途中で下した3バック導入後、第14節のガンバ大阪戦から浦和レッズ、FC東京、アルビレックス新潟を連破。11年ぶりの4連勝を飾り、シーズン目標の「一桁順位」フィニッシュへ上々の形で後半戦を迎える。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707iwata_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】90/100点満点 ▽昨シーズン、守護神GKカミンスキーに助けられていた守備陣が成長。ディフェンスリーダーの大井とカバーリングに長けた森下、攻撃的な高橋が序盤から好連携を見せ、安定した守備組織を形成した。3バックへの変更にもすんなりと対応。高いライン設定でコンパクトなディフェンスを保ち続け、7度のクリーンシートで攻撃陣を援護した。 【MF】60/100点満点 ▽ムサエフとMF川辺駿が攻守に躍動し、名波浩監督が掲げたスタイル「高い位置で奪って、10秒、15秒でフィニッシュ」の旗手に。また、アダイウトンと川又を生かしたカウンターが脅威となる中、中村俊のゲームコントロールとセットプレーが攻撃の幅を増加させた。一方で、システムの変更により一列上げたDF櫻内渚とMF宮崎智彦が高い位置からのプレスに一役買うも、攻撃面では力強さに欠けた印象だ。不安定な得点力改善へ攻撃に厚みを加えたいところだ。 【FW】70/100点満点 ▽新加入の川又が7ゴールを記録。チャンスの場面以外でもポストプレーヤーやファーストディフェンスとして献身性を発揮し、チームに大きく貢献した。しかし、FW小川航基がU-20W杯で負傷し、控えにFW齊藤和樹一枚しか居ないことは大きな不安材料。後半戦に向けては、特別指定選手として加入した筑波大のFW中野誠也を加えた競争で、川又を支えていくことが必要だ。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707iwata_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>DF大井健太郎(33歳/No.3) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/2ゴール ▽ここまで全試合でフル出場しているベテランDFを選出。併用された4バックと3バックの両システムで巧みにディフェンスラインを統率し、体を張った守備で相手攻撃陣を封鎖した。また、181cmと特別高くはないものの、セットプレーでは脅威となり、前半戦で2ゴールを記録。ゲームキャプテンとしてチームの躍進を支えている。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> MF太田吉彰(34歳/No.9) 明治安田生命J1リーグ:7試合(先発6回)/0ゴール ▽開幕戦からサイドハーフで出場し、豊富な運動量を見せた一方で、クロスの精度や判断力を欠き、相手の嫌がる存在になりきれなかった。第7節からは出場機会が与えられず、挽回のチャンスが訪れた第11節の川崎フロンターレ戦で相手のシュートを防いだ際に負傷するという苦しい前半戦を過ごした。ウイングバックもこなせるだけに、後半戦は攻撃面で違いを見せつけ、チームの得点増加に貢献したい。 <span style="font-weight:700;">◆控え選手の台頭で苦手の夏場払拭へ</span> ▽前半戦終盤の上位クラブとの連戦で連勝し、チームの自信が確信に変わりつつある磐田。7位で折り返すことができ、上位争いにも加わることも可能な位置につけている。ここからさらに上を目指すためには、苦手な夏場を乗り越える必要がある。昨シーズン、磐田は1stステージを8位で折り返したものの、夏場から急失速。2ndステージではわずか2勝しかできず、残留争いに巻き込まれた。 ▽その失敗を繰り返さないためにも、控え選手の台頭が望まれる。3バックシステムの浸透で、上位クラブとも互角以上に渡り合える力をつけてきているものの、選手層は薄く、各ポジションで主力メンバーの代わりを務められる選手が少ない。センターバックでは誰かがケガをすれば、4バックシステムに戻さざるを得ない可能性もある。また、FW陣も川又を交代させるだけの選手がいない。競争を強める中で、チーム全体のクオリティを上げていきたいところだ。 2017.07.21 20:00 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース