【J1チーム別総括】大きな穴を埋められなかったシーズン…スタイルを貫くも結果に繋がらず《湘南ベルマーレ》2016.11.05 19:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第2回目は、3シーズンぶりのJ2降格となった17位の湘南ベルマーレ編をお届けする。

◆チーム採点
30点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽シーズン開幕前にGK秋元陽太(FC東京)、DF遠藤航(浦和レッズ)、MF永木亮太(鹿島アントラーズ)とセンターラインの3選手がチームを去り、厳しいシーズンになることが予想されていた。開幕戦でアルビレックス新潟に敗れると、シーズン初白星を挙げたのは第9節の横浜F・マリノス戦。1stステージのラスト4試合は2勝2分けと調子を上げたが16位と降格圏で終えた。

▽2ndステージは第2節の新潟戦で白星を記録するも、第3節から10連敗。第15節の大宮アルディージャ戦で敗れ、3シーズンぶりにJ2へと降格した。チョウ・キジェ監督の下、スタイルを貫くも戦力ダウンが響いた湘南。しかし、ラスト2試合で見せた戦いは来シーズンに期待を持たせるものだった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
DF三竿雄斗(25)
32試合出場(先発32試合)/2得点
▽3バックの左に加え、シーズン終盤はボランチの位置でプレー。先発32試合はMF菊池大介、FW高山薫と並んで最多タイだった。精度の高いキックでのチャンス演出や、直接FKでのゴールなど攻守でチームに貢献。苦しいシーズンだったが、個人のパフォーマンスは悪くなかった。

◆敢闘賞
Getty Images
MF山田直輝(26)
11試合出場(先発6試合)/2得点
▽わずか11試合の出場で、先発は6試合。2シーズン続けて浦和レッズから期限付き移籍でプレーした山田にとっては、満足行く結果ではないだろう。しかし、2ndステージのラスト5試合に出場すると、攻撃面で相手チームの脅威となり、チームも2勝2分け1敗と結果を残した。山田がフルシーズン起用できていれば…と思わせるプレーぶりだった。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
MF神谷優太(19)
14試合出場(先発8試合)/0得点
▽U-19日本代表としてもプレーした神谷は、東京五輪での活躍も期待される選手。まだプレーの安定感はないものの、ボランチの位置でのプレーぶりは可能性を感じさせるものだった。来シーズンはレギュラーポジションを掴み、更なる飛躍が期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

仙台がポルトガル1部のブラガからブラジル人FWクリスランを獲得…背番号は20番に

▽ベガルタ仙台は24日、ポルトガル1部のブラガからブラジル人FWクリスラン(24)が期限付き移籍加入することを発表した。背番号は20番に決定。加入期間は2017年2月1日~2018年1月1日までとなる。 ▽クリスランは2011年に自国のコメルシアルIPでデビューを果たすと、複数クラブを渡り歩いた後、2015年にブラガ入り。2016シーズンはブラジルのトンデラにレンタル移籍していた。 ▽仙台に加入することになったクリスランはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ベガルタ仙台で、プレーする機会がいただけて大変嬉しく思います。自分が持てる力をすべて出して、チームの目標達成に貢献したいと思います。熱い応援よろしくお願いいたします」 2017.01.24 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

札幌のキャプテンは引き続きMF宮澤裕樹、副キャプテンには横浜FMから加入のMF兵藤慎剛ら3名

▽北海道コンサドーレ札幌は23日、2017シーズンのキャプテンと副キャプテンを発表した。 ▽J1復帰を果たした札幌のキャプテンを務めるのは、引き続きMF宮澤裕樹となることが発表。副キャプテンは、昨シーズンは期限付き移籍で加入していたDF菊地直哉、横浜F・マリノスから今シーズン加入したMF兵藤慎剛、そしてGKク・ソンユンの3名が務めることとなる。4選手はクラブを通じてコメントしている。 <span style="font-weight:700;">【キャプテン】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF宮澤裕樹</span> 「今年もキャプテンをやらせてもらう事になりました。チームの目標達成のために、自分の持てる力を全て出して頑張りたいと思います」 <span style="font-weight:700;">【副キャプテン】</span> <span style="font-weight:700;">◆DF菊地直哉</span> 「キャプテンを全力でサポートできるように頑張ります。そして、サポーターの皆さんにもキャプテンを支えてもらいたい思います。宜しくお願いします」 <span style="font-weight:700;">◆MF兵藤慎剛</span> 「移籍してきて1年目で副キャプテンという大役を任せてもらえるのは嬉しく感じると同時に、プレッシャーもある事なので、期待に沿えるように頑張りたいです。キャプテンをしっかりサポートしてチームが一つにまとまるように、一年間務めていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">◆GKク・ソンユン</span> 「キャプテンをサポートしながら、J1の舞台でもチームの力になれるように全力でプレーしていきたいと思います」 2017.01.24 10:23 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、フラメンゴのペルー代表FWゲレーロ獲得へ9億円オファー…過去にバイエルンなどで活躍した生粋の点取り屋

▽ガンバ大阪が、新たなストライカーとしてフラメンゴに所属するペルー代表FWホセ・パオロ・ゲレーロ(33)の獲得に乗り出していることがわかった。ブラジルメディア『sportv4』が伝えている。 ▽2015年からフラメンゴでプレーするゲレーロは、過去にバイエルンやハンブルガーSV、コリンチャンスにも在籍。ブンデスリーガ通算161試合47ゴール、ブラジル全国選手権通算94試合32ゴールという成績を収めた他、2015年のコパ・アメリカで得点王にも輝いた実績十分の点取り屋だ。 ▽今回の報道によれば、G大阪がフラメンゴに対して、2500万レアル(約8億9000万円)にも及ぶ大型オファーを打診。両者は交渉段階に入っており、この数日間のうちにもペルー人ストライカーの移籍が決まる可能性があるという。 ▽G大阪は今オフ、ストライカー補強の噂が伝えられていたが、川崎フロンターレのFW小林悠や城南FCのFWファン・ウィジョの引き入れに失敗。今回の報道が事実ならば、長谷川健太体制5年目を迎えるG大阪にとって、待望の点取り屋獲得となる。 2017.01.24 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ステップアップを続ける川崎FのDF舞行龍ジェームズ、キャリアについて問われ「ここで終わったら意味がない」

▽川崎フロンターレは22日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽アルビレックス新潟から加入したDF舞行龍ジェームズは発表会終了後に記者の囲み取材に応対。得意のビルドアップでレギュラーを奪取し、タイトル獲得に意気込んだ。また、自身のキャリアについて問われると、「ここで終わったら意味がない」とさらなる飛躍を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆DF舞行龍ジェームズ</span> <span style="font-weight:700;">──移籍について</span> 「上を目指したいということやタイトルを獲りたいと思っていた。川崎からオファーが来た時は心から嬉しく思ったし、新潟を離れるのは辛かったが、新たなスタートを切って川崎の力になれたらと思う」 <span style="font-weight:700;">──自身のビルドアップの能力を川崎ではより出せるのでは</span> 「そうですね。ボールを回すのが好きなので、(中村)憲剛さんや大島くんもキツめのパスを出しても全然大丈夫って言っているので、まだ慣れてはいないがそこは楽しみにしているし、早く慣れていきたい」 <span style="font-weight:700;">──そういう意味ではレギュラーになる自信もあるのでは</span> 「もちろんありますし、自信なかったら川崎に来なかったと思う。そこはやはりセンターバックの争いの中で自分の良いところを見せていきたい」 <span style="font-weight:700;">──18歳で新潟に入って地域リーグ、JFLも経験しながらここまで来たというのは周りのサッカー少年に勇気づけられるのでは</span> 「そうですね。だけど、ここで終わったら意味がないので、ここでしっかりとレギュラーとして出て、タイトルを獲ることをチームとしても個人としても目標にして、体を張ってやっていきたい」 2017.01.23 00:45 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪から川崎Fへ環境を変えたMF阿部浩之「ゴール数をもっと増やしたい」

▽22日、川崎フロンターレが2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽ガンバ大阪から加入したMF阿部浩之が発表会後に記者の囲み取材に応対。川崎Fのイメージや自身の特徴、プレーのイメージなどについて語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF阿部浩之</span> <span style="font-weight:700;">──キャンプが始まっていますが感触は</span> 「キツいですね。毎日2部練習して、体を追い込みながら徐々に1年戦える体を作っています。その中でも良い雰囲気でできています。みんながとても声を出しながら良い練習ができていると思います」 <span style="font-weight:700;">──チームメイトとのコミュニケーションはどのような感じでとられていますか</span> 「ノボリ(登里享平)は元々知っていましたし、めちゃめちゃ声を出す選手です。その他にも色々な選手が色々なアプローチをしてくれるので、僕は助かっていますね」 <span style="font-weight:700;">──やりやすい感じであったりする感じですか</span> 「ちょっと斬新というか新鮮な部分も感じていますが、それを吸収できれば絶対に僕のプラスになると思っています。それ以外の僕の良さも消さないようにということを考えながらやっています。その中で川崎のサッカーを取り入れられればなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──どの様なプレーをするイメージがありますか</span> 「相手を引きつけながら自分たちがスペースを作って、それを突きながらゴールを奪えればいいなと思っています。足元が上手い選手はたくさんいるので、そういった選手を使いながら使われながら、どっちもできればと思っています」 <span style="font-weight:700;">──使われる方が得意ですか</span> 「それだけでは攻撃は読まれると思うので、どっちもできればと思っています」 <span style="font-weight:700;">──目標は?</span> 「個人的な目標は得点、アシストをたくさん記録することですが、それは1試合1試合の勝ちに繋がると思いますし、それがタイトルに繋がると思います。自分の得点、アシストだけじゃなく、それができない時は勝つことを前提にそういったプレーをしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──具体的な数字はありますか?</span> 「特に設けなくて良いかなと思っています。それがプレッシャーとかになるわけじゃないですが、あまり挙げたくないなと(笑)」 <span style="font-weight:700;">──ガンバでは中核を担う選手だったかと思いますが、移籍を決断した理由は</span> 「得点を獲りたいということ、ゴール数をもっと増やしたいというのが僕の中にあって、それが一番実現できるのがこのチームだと思いました。後ろから良いパスを出してくれる選手が居ますし、そういった選手に使ってもらえる動き出しをしたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──環境を変えたいと思っていたのはいつごろからでしょうか</span> 「そういったことはあまり考えていなかったです。試合に使ってもらえるようになって、色々な視野が広がって、そういった考え方になりました。移籍して良かったなと言えるように頑張っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ガンバでは遠藤保仁選手とずっとプレーしましたが、中村憲剛選手とプレーする楽しみは</span> 「どういったパスが出て来るのかは楽しみですし、ヤットさん(遠藤保仁)と(中村)憲剛さんのスタイルが違うと思うので、そういった所で微調整しながら合わせていければなと思います」 <span style="font-weight:700;">──背番号を「8」にした理由は</span> 「空いていた番号にしました。8番が空いているって言われたので、じゃあ8番をつけようかなと(笑)軽い感じで決めました」 <span style="font-weight:700;">──どんな形でゴールを挙げるかイメージはありますか?</span> 「ありますけど、バレたらダメなのでちょっと(笑)明確にはあります」 2017.01.23 00:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース