【J1チーム別総括】悔しさばかりが残った5年ぶりのJ1《アビスパ福岡》2016.11.04 21:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第1回目は、5シーズンぶりのJ1復帰シーズンを最下位で終えたアビスパ福岡編をお届けする。

◆チーム採点
20点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽5シーズンぶりのJ1挑戦は、これまでと変わらない結果で幕を閉じた。“最強の3位”としてジンクスを打ち破り昇格プレーオフを制した福岡だったが、今シーズンは1stステージ第3節で最下位に転落すると、そこから一度も降格圏を脱出することなく、2ndステージ第14節で名古屋グランパスに0-5の大敗を喫して降格が決定した。

▽その名古屋戦後に井原正巳監督は「J1のレベルが高く、年間を通して戦いきれなかった」と本音をこぼしたように、戦力不足は明らかだった。井原監督就任後は守備を再構築してJ2を勝ち抜いてきたが、J1では個の部分で全く通用せず、年間通してワーストの66失点を喫した。また、降格決定後は明らかに選手たちのモチベーションの低下が見られるなど、厳しい言い方をすれば何も残らなかったシーズンとなった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FW城後寿(30)
33試合出場(先発32試合)/6得点
▽本来であれば“該当なし”としたいところではあるが、今回は城後を選出。最終節こそプレーしなかったが、キャプテンとしてチームトップとなる33試合2754分間ピッチに立ち続けた。主に右のシャドーや右サイドハーフをこなし、派手さはないもののチームの汗かき役として豊富な運動量でけん引した。

◆敢闘賞
Getty Images
FW平井将生(28)
31試合出場(先発6試合)/2得点
▽今シーズンは31試合925分間の出場で2得点と数字としては物足りない。しかし、これまではボックス内で勝負するパターンが多かったが、今シーズンは2ndステージ第11節の川崎フロンターレ戦で決めたようにミドルレンジからも積極的にシュートを狙うなどプレーの幅を広げた。YBCルヴァンカップ(ナビスコカップ)では5試合に出場しそのうち4試合でフル出場。さらに3ゴールを奪うなど、チームの準々決勝進出に貢献した。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
FW邦本宜裕(19)
20試合出場(先発11試合)/1得点
▽東京五輪世代として今後の活躍が期待される。今シーズンは20試合1055分に出場し、スタメン出場となった1stステージ第13節の柏戦ではプロ初ゴールを記録するなど飛躍のシーズンとなった。ボランチからシャドーストライカー、センターフォワードと、中央の位置でのプレーを得意とし、決定的なパスや独力でシュートチャンスを作る強さなど福岡の攻撃にアクセントを加えた。

コメント

関連ニュース

thumb

ACL制覇の立役者、浦和FWラファエル・シルバが中国2部移籍のためチームを離脱

▽浦和レッズは17日、ブラジル人FWラファエル・シルバ(25)が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチームを離脱することを発表した。 ▽浦和は、現在沖縄県にて一次トレーニングキャンプを実施。ラファエル・シルバも参加していたが、チームを離れ、中国へ渡り、移籍のためにメディカルチェックを受けるとのことだ。 ▽ラファエル・シルバの移籍について浦和は、クラブ公式サイトを通じて声明を発表。「先方クラブからのオファーが、設定されている移籍補償金を支払う条件となっていることや選手がオファーを受け入れる意思を強く示していることなどから、チーム、クラブはこれを受け入れることといたしました。正式に移籍が決まり次第、あらためて、みなさまにお知らせいたします」としている。 ▽ラファエル・シルバは、2014年8月にアルビレックス新潟へと加入。2017年から浦和に移籍すると、明治安田生命J1リーグで25試合に出場し12得点、YBCルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で1試合に出場。AFCチャンピオンズリーグでは11試合に出場し9得点を記録し、チームの10年ぶりのアジア制覇に貢献していた。 ▽武漢卓爾は、2016年からユベントスやイタリア代表としても活躍したチーロ・フェラーラ監督が指揮を執っており、2017年はエバートンや中国代表で活躍した李鉄監督が指揮を執っていた。昨シーズンの中国2部では、5位に終わっていた。かつては、浦和や湘南ベルマーレでプレーしたMFアジエルや大宮アルディージャに所属していた元韓国代表MFチョ・ウォニらも在籍していた。 2018.01.17 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

“黄金世代”小野伸二・高原直泰・稲本潤一が再会! 「出会いは14歳くらいからかなぁ」「まだまだこれからやぁ」

▽日本サッカーの一時代を築いた“黄金世代”の3人が再会を果たしたようだ。 ▽それは九州サッカーリーグに所属する沖縄SVを設立し、代表兼監督兼選手を務める元日本代表FW高原直泰が、沖縄で1次キャンプを行っているコンサドーレ札幌の練習を訪問したことで実現。年代別日本代表やA代表で共に戦い、切磋琢磨してきた札幌の元日本代表MF小野伸二と元日本代表MF稲本潤一と旧交を温めた。 ▽その様子を小野は自身のオフィシャルブログで報告。「刺激しあってきた3人組で」とのコメントと共に3ショットの写真を掲載し、以下のように再会を振り返った。※絵文字省略 「今日はスペシャルゲストがトレーニングを観にきてくれました」 「この3人の出会いは14歳くらいからかなぁ もう24年かぁ 月日が経つのも早いもんだ まだまだお互い刺激しあいながら頑張ろう」 ▽また、稲本も自身のインスタグラム(junichi_inamoto17)で再会を果たしことを報告している。※絵文字省略 「久しぶりの3人 かれこれ中学生からの友達 もう38歳! まだまだこれからやぁ〜」 ▽小野、高原、稲本らの年代は1994年に開催されたU-16アジアユース選手権優勝をきっかけに黄金世代と呼ばれることに。黄金世代は1999年に当時A代表の監督と兼任していたフィリップ・トルシエ監督と共にワールドユース選手権で準優勝、2000年のシドニーオリンピックでベスト8(小野はケガのため不参加)、2002年の日韓・ワールドカップでは初の決勝進出となるベスト16という成績を収めており、個人としても海外で活躍するなど日本サッカー界をけん引してきた。 2018.01.17 15:03 Wed
twitterfacebook
thumb

柏のGK練習に野球のバット!? 反射神経を養う独特な練習方法とは

▽柏レイソルのGK練習では独特なトレーニング方法が行われているようだ。 ▽それは柏レイソルのオフィシャルマスコット・レイくんが、公式のツイッターアカウントを用いて投稿された動画から発覚。その練習方法は、松本拓也GKコーチが野球のバットでサッカーのリフティングボールをノックし、フリーキックの練習に用いられる壁の下を通してそれにGKが反応するというもの。ボールの打ち所が壁によってブラインドになっているため、反射神経が養われそうだ。 ▽また、ツイッターのハッシュタグからどうやら松本GKコーチは、中学時代まで野球の有力選手だった模様だ。柏レイソルに所属するGK桐畑和繁、GK滝本晴彦、GK猿田遥己、GK中村航輔は、全員が柏U-18出身。松本GKコーチは、2015年にトップチームのGKコーチに就任するまで下部組織のGKコーチを務めていたが、こういうユニークな練習や発想が優秀なGKを生んでいるのかもしれない。 2018.01.17 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸MF田中英雄が契約満了で退団「全ての人に感謝!Ciao!」

▽ヴィッセル神戸は17日、MF田中英雄(34)と契約満了に伴い新シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2005年に鹿屋体育大から神戸に加入した田中は、2014年に京都サンガF.C.に期限付きで移籍するも翌年から神戸に復帰。昨シーズンの明治安田生命J1リーグでは5試合1ゴールをマークした。 ▽退団が決まった田中は、クラブ公式サイト上で次のようにコメントしている。 「ヴィッセル神戸に関わり、トモに闘った監督、コーチ、スタッフ、選手、スポンサー、そして、どんな時も支え続けてくれたサポーターの皆さん、今まで本当にありがとうございました。僕を成長させてくれたチームとみんなに感謝するとともにヴィッセル神戸でプレー出来たことを嬉しく思います。今シーズンは一緒に戦うことはできませんが、新たなステージに進みチャレンジしたいと思います。そして、ヴィッセル神戸が更なる飛躍することを願っています。ヴィッセル神戸に関わる、全ての人に感謝!Ciao!」 2018.01.17 10:14 Wed
twitterfacebook
thumb

昨シーズンFC今治へ期限付き移籍していた神戸FW向井章人、新シーズンはMIOびわこ滋賀へ育成型期限付き移籍

▽ヴィッセル神戸は16日、昨シーズンにFC今治へ期限付き移籍していたFW向井章人(19)が2018シーズンはMIOびわこ滋賀へ育成型期限付き移籍することが決定したことを発表した。移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。なお、移籍期間中はヴィッセル神戸と対戦する公式戦には出場できない。 ▽神戸下部組織出身の向井は、2017年にトップチーム昇格。昨シーズンはFC今治へ期限付き移籍を果たし、JFLに7試合出場した。 ▽滋賀への加入が決定した向井は、3クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆MIOびわこ滋賀 「MIOびわこ滋賀のチーム関係者、ファン・サポーターの皆さま、今シーズンMIOびわこ滋賀でプレーさせていただく事になりました向井彰人です。チームの勝利に貢献し、自分自身も成長していけるよう頑張ります。応援宜しくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「今シーズン、MIOびわこ滋賀でプレーすることになりました。一年間しっかりと成長して、ヴィッセル神戸の力になれる選手になって戻ってきます。応援よろしくお願いします」 ◆FC今治 「FC今治を退団する事になりました。自分達で芝生を植え、そこで試合をするなど沢山の貴重な経験をさせてもらい、とても良い一年になりました。このチームで教わった事をこの先のサッカー人生に繋げて行けるよう頑張ります。ファン、サポーターの皆さん、沢山の応援本当にありがとうございました!」 2018.01.16 19:34 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース