【J1チーム別総括】悔しさばかりが残った5年ぶりのJ1《アビスパ福岡》2016.11.04 21:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第1回目は、5シーズンぶりのJ1復帰シーズンを最下位で終えたアビスパ福岡編をお届けする。

◆チーム採点
20点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽5シーズンぶりのJ1挑戦は、これまでと変わらない結果で幕を閉じた。“最強の3位”としてジンクスを打ち破り昇格プレーオフを制した福岡だったが、今シーズンは1stステージ第3節で最下位に転落すると、そこから一度も降格圏を脱出することなく、2ndステージ第14節で名古屋グランパスに0-5の大敗を喫して降格が決定した。

▽その名古屋戦後に井原正巳監督は「J1のレベルが高く、年間を通して戦いきれなかった」と本音をこぼしたように、戦力不足は明らかだった。井原監督就任後は守備を再構築してJ2を勝ち抜いてきたが、J1では個の部分で全く通用せず、年間通してワーストの66失点を喫した。また、降格決定後は明らかに選手たちのモチベーションの低下が見られるなど、厳しい言い方をすれば何も残らなかったシーズンとなった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FW城後寿(30)
33試合出場(先発32試合)/6得点
▽本来であれば“該当なし”としたいところではあるが、今回は城後を選出。最終節こそプレーしなかったが、キャプテンとしてチームトップとなる33試合2754分間ピッチに立ち続けた。主に右のシャドーや右サイドハーフをこなし、派手さはないもののチームの汗かき役として豊富な運動量でけん引した。

◆敢闘賞
Getty Images
FW平井将生(28)
31試合出場(先発6試合)/2得点
▽今シーズンは31試合925分間の出場で2得点と数字としては物足りない。しかし、これまではボックス内で勝負するパターンが多かったが、今シーズンは2ndステージ第11節の川崎フロンターレ戦で決めたようにミドルレンジからも積極的にシュートを狙うなどプレーの幅を広げた。YBCルヴァンカップ(ナビスコカップ)では5試合に出場しそのうち4試合でフル出場。さらに3ゴールを奪うなど、チームの準々決勝進出に貢献した。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
FW邦本宜裕(19)
20試合出場(先発11試合)/1得点
▽東京五輪世代として今後の活躍が期待される。今シーズンは20試合1055分に出場し、スタメン出場となった1stステージ第13節の柏戦ではプロ初ゴールを記録するなど飛躍のシーズンとなった。ボランチからシャドーストライカー、センターフォワードと、中央の位置でのプレーを得意とし、決定的なパスや独力でシュートチャンスを作る強さなど福岡の攻撃にアクセントを加えた。

コメント

関連ニュース

thumb

興梠20点目&ラファエル・シルバ2GもG大阪が再三追いつき白熱の試合はドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節の浦和レッズvsガンバ大阪が22日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽浦和(勝ち点45)は、ここまで13勝6分け10敗で7位と苦しんでいるものの、ミッドウィークにはAFCチャンピオズリーグ(ACL) 2017準決勝2ndレグで上海上港(中国)を1-0で下し、決勝に進出。日本勢としては、今節の対戦相手である2008年のG大阪以来となっている。浦和は、そのACL準決勝2ndレグからスタメンを1名のみ変更。武藤雄樹を外し、ズラタンを起用した。 ▽対するG大阪(勝ち点40)も、ここまで11勝7分け11敗で10位と低迷中だ。直近の公式戦8戦連続で勝ちがなく、特に前節は降格の危機に瀕しているアルビレックス新潟(勝ち点16)に0-1で敗北。最下位のクラブに17試合ぶりの白星を献上する結果となった。G大阪は、そのショッキングな試合からスタメンを4名変更。オ・ジェソク、井出、泉澤、長沢に代えて、初瀬、倉田、中原、赤崎を起用し、プライドを懸けた一戦に臨んだ。 ▽試合の序盤は中盤での応酬が続いたが、最前線の興梠を中心に前線からの圧力を高める浦和がやや優勢を保つ。なかなか相手のボックスに近づけないG大阪は、遠藤保と左SBの藤春のコンビネーションで左サイドの切り崩しを図るものの、好機を掴めない。 ▽21分には、浦和にチャンスが到来する。自陣内センターサークルでボールを持った遠藤航が、ラファエル・シルバにフィードを供給。ラファエル・シルバがボックス左に飛び出してきたGK東口との一対一になると、ループシュートで頭上を狙う。しかし、これは枠を捉えなかった。 ▽浦和から効果的なプレーが出始めると、敵地で意地をみせたいG大阪からは、ファン・ウィジョが気迫のこもったプレーを披露する。35分、中盤左サイドでボールを受けたファン・ウィジョは、トラップと同時に遠藤のスライディングを回避。そのままドリブルで運ぶと、チェックに来た青木も翻弄してボックス内左に侵攻していく。最後は右足でファーを狙ったが、GK西川に弾かれた。 ▽それでも、試合は引き続き浦和のペースで進行。柏木を経由する形で中盤の支配力を高めると、前半終了間際の45分にはボックス手前中央で長澤が倒され、FKを獲得する。キッカーの柏木は、鋭い回転をかけて落ちるボールを蹴り込んだが、枠をわずかに越えた。 ▽スコアレスで試合を折り返して後半を迎えると、早々に浦和が先制点をもぎ取った。50分、青木が自陣から中央をオーバーラップして興梠とのワンツーでボックス内に侵攻。DFと競り合いながらもシュートを放つと、これがラファエル・シルバの下にこぼれる。ラファエル・シルバが冷静に蹴り込み、ネットを揺らした。 ▽しかし得点も束の間、直後の54分に同点弾が生まれる。敵陣中央右でFKを獲得すると、キッカーの初瀬がファーに合わせていく。反応した遠藤保がボックス左から左足で中央に折り返し、ファン・ウィジョが頭で押し込んだ。 ▽試合が白熱した展開となると、64分にはボックス左手前でボールを持ったラファエル・シルバが自ら狙い、ゴール右上隅に高精度のシュートを流し込んだ。すると再び、G大阪が直後に得点を決め切る。右サイドから倉田がクロスを供給すると、ボックス内中央の赤崎が下がりつつ右足ボレーシュート。これが中央に突き刺さった。 ▽試合がオープンな展開となり始めると、73分にはホームチームのスコアラーが仕事を果たす。カウンターの場面で柏木が最前線にボールを供給。左サイドからダイアゴナルに動き出した興梠がボックス内右で受け、ゴール左端を射抜いた。J1得点ランク単独トップとなる20得点目を決めた興梠は、77分に梅崎と交代。ピッチを退く際には、スタジアムが歓声に包まれた。 ▽その後、浦和は試合終了間際までリードをキープ。しかし、G大阪が3度目の意地をみせる。92分、右CKの場面でキッカーは初瀬。インスイングのクロスが供給されると、途中出場の呉屋が身体で押し込み、またしても同点とした。 ▽結局、試合は浦和が3度のリードをいずれも守り抜くことができず、ドローで決着を迎えた。この結果、G大阪は勝利こそできなかったもののリーグでの連敗を「3」でストップ。対する浦和は、劇的な展開でホームでの白星を取り逃すこととなった。 2017.10.22 19:09 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FM、ACL出場圏3位浮上! 2012年以来勝ちなしの“天敵”鹿島に競り勝つ《J1》

▽21日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第30節の横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズは、ホームの横浜FMが3-2で勝利した。 ▽ACL出場権獲得を狙う4位の横浜FMが連覇に突き進む首位の鹿島をホームで迎え撃った。横浜FMは負傷離脱したウーゴ・ヴィエイラの代役に伊藤を抜擢したほか、右サイドバックに下平を起用。対する鹿島は、出場停止明けの金崎とペドロ・ジュニオールの2トップで挑んだ。 ▽過去1度も降格を味わったことのない両雄によるJ1舞台に25年間続くオリジナル10対決は、早々の3分に動く。左CKのチャンスから天野が左足でクロスを供給。これにゴール前に飛び込んだ伊藤が頭で合わせ、横浜FMが先にスコアを動かした。 ▽伊藤のシーズン4ゴール目でリードした横浜FMは、鹿島にボールの主導権を握られたが、守備に集中。すると、14分には自陣低い位置でトラップが大きくなる植田のミスを突き、ボールをカットした天野が冷静に左足シュートを沈め、鹿島を突き放した。 ▽らしくない形で失点を重ねた鹿島も即座に反撃。天野の軽率な横パスを高い位置で奪ったレアンドロや、相手ボックス内で山中の判断ミスを突いたレオ・シルバが立て続けにシュートを放つが、いずれもゴールに結びつけることができない。 ▽それでも、攻め続けた鹿島は前半アディショナルタイム2分、右CKからレオ・シルバが右足クロスを供給。金崎の頭に当たったボールがゴール前で混戦を生み出すと、最後は山本がルーズボールを左足で蹴り込み、鹿島が何とか1点を返して試合を折り返した。 ▽1点を返した勢いそのままに後半を迎えた鹿島は、その序盤から攻勢。56分にペドロ・ジュニオールを下げて土居をピッチに送り込んだ中、65分に得た右CKからレオ・シルバのクロスに植田が頭で合わせる。これがゴールマウスに突き刺さり、鹿島が遂に追いついた。 ▽植田の汚名返上となる一発でイーブンに戻した鹿島。だが、29分にはボールを持ち上がった山中からボックス左でパスを受けた遠藤渓太がフェイントで対面の山本を揺さぶり、右足シュートを放つ。これをカバーに戻った昌子がクリアしきれず、横浜FMが再びリードした。 ▽今一度追いつきたい鹿島は、直後に西を下げて鈴木を投入するが、あと一歩及ばず、2試合ぶりの黒星。2位の川崎フロンターレとの勝ち点差が「2」に縮まった。2012年を最後にリーグ戦9試合未勝利の“天敵”鹿島を下した横浜FMは2試合ぶりの白星。ACL出場圏内の3位に浮上している。 2017.10.21 20:57 Sat
twitterfacebook
thumb

劇的幕切れ! 新潟、降格回避も後半AT被弾で磐田とドロー《J1》

▽21日にヤマハスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第30節のジュビロ磐田vsアルビレックス新潟は、2-2のドローに終わった。 ▽ACL出場権獲得を狙う6位の磐田がホームに残留崖っぷちの最下位に沈む新潟を迎え撃った。負ければ無条件でJ2降格の新潟。立ち上がりから磐田を相手に果敢な攻めを見せる。すると、25分には新潟が磐田のゴールをこじ開ける。ゴール前で相手選手のクリアミスに反応したホニが右足アウトサイドでプッシュ。これが決まり、新潟がまず先制する。 ▽だが、磐田も39分、敵陣中央の位置で得たFKから中村が浮き球パスをゴール前に供給。これに反応した古巣対戦の大井が左足ダイレクトで押し込み、試合を振り出しに戻した。それでも、気迫を漲らせる新潟は前半アディショナルタイム2分、一度は倒されながら右サイドを突破したホニの低いクロスから河田がダイビングヘッド。新潟が再びリードを手にした。 ▽試合は新潟リードでハーフタイムに。1時間早くキックオフの他会場で残留を争うヴァンフォーレ甲府、サンフレッチェ広島、大宮アルディージャの試合結果(甲府と広島が敗戦、大宮が引き分け)、引き分け以上で今節の降格を回避できることになった新潟は、後半から押し込まれる展開が続くが、粘り強い守備で磐田に反撃の余地を与えない。 ▽だが、後半アディショナルタイム4分、大井を前線に上げたパワープレーを講じる磐田が敵陣左サイドの位置でFKのチャンスを獲得。このキッカーを務めた途中出場の上田が左足のクロスを上げると、アダイウトンがドンピシャのヘッドでネットを揺らした。結局、試合は2-2で終了。今節の降格こそ回避した新潟だったが、残留争い生き残りへ後味の悪い結果に終わった。 2017.10.21 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

小林3戦連発! 逆転V狙う川崎F、残留争い中の広島に3発快勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節、サンフレッチェ広島vs川崎フロンターレが21日にエディオンスタジアム広島で行われ、3-0でアウェイの川崎Fが勝利した。 ▽残り5試合となったJ1リーグ。残留に向けて是が非でも勝利が欲しい16位の広島(勝ち点27)は、7試合ぶりに敗戦を喫した前節の鹿島アントラーズ戦から3選手を変更。椋原、フェリペ・シウバ、パトリックを代えて、高橋、森島、皆川を先発に起用した。 ▽対する2位の川崎(勝ち点59)は、こちらも逆転優勝の芽を残しておくためにも負けられない。劇的な逆転勝利を演じた前節のベガルタ仙台戦で退場処分となった家長と、累積警告で出場停止のエドゥアルド・ネットの代わりに、エドゥアルドと長谷川が先発に名を連ねた。 ▽試合開始から積極的に点を獲りに行く両軍。先にチャンスを迎えたのはアウェイの川崎F。5分、森谷がボックス手前から強烈なシュートでゴールに迫るが、GK中林がファインセーブで防ぐ。13分にはボックス左からのクロスに小林が頭で合わせ枠を捉えるが、再びGK中林のファインセーブに遭い、得点を奪えない。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだ広島も反撃に出る。15分、柏の左CKからの折り返しをゴール至近距離で合わせた皆川。しかし、川崎FのGKチョン・ソンリョンも鋭い反応を見せ、広島はビッグチャンスをモノにできなかった。 ▽激しさが増してきた20分には、広島が左サイド後方からのロングボールに、アンデルソン・ロペスが頭でゴール前に折り返す。そこに飛び込んだ稲垣がネットを揺らしたが、アンデルソン・ロペスがオフサイドをとられゴールは無効になった。 ▽前半半ばにかけて、徐々に広島に押され始めた川崎Fにアクシデント。33分にGKチョン・ソンリョンが足を痛め、GK新井との交代を余儀なくされてしまった。だが、この交代から川崎Fに流れが傾き始める。 ▽目まぐるしい攻防が続く中、40分に敵陣中央左サイドでFKを獲得した川崎Fは、キッカーの中村がゴール前に高いクロスを送る。何でもないボールだったが、GK中林がこれをファンブル。いち早くこぼれ球に反応したエドゥアルドのパスに最後は谷口が押し込んで先制点をもたらした。 ▽先制し肩の力が抜けた川崎Fは前半のうちに2点目を決める。46分、ボックス手前左で中村からのパスを受けた三好。DFのチェックが緩いとみるや、そこから左足を振り抜き見事なミドルシュートで追加点を奪った。 ▽川崎Fペースで始まった後半だが、55分に左サイドを突破した高橋のクロスに、皆川がダイビングヘッド。ここは枠を外してしまったが広島がチャンスを演出。62分にも、今度は右サイドの椋原のクロスに皆川が合わせるが、ここも枠に収められない。 ▽2度の絶好機を不意にしてしまった広島は、66分に森島を下げてパトリックを投入。そのパトリックは77分に左からのクロスに頭で合わせるも川崎F守備陣が阻止。守りに重点を置く川崎Fに対して、攻勢を強める広島だがなかなかその牙城を崩すことができない。 ▽後半のチャンスを活かし切れなかった広島に終盤にツケが回ってくる。85分、カウンターから一気に前線に抜け出した小林が、DFと競り合いながらも、ゴール右上隅を突く豪快なシュートで追加点。ワンチャンスをモノにし、3試合連続ゴールを決めた川崎Fのエースはこれで今季18得点目となった。 ▽試合はこのまま終了。最後までゴールを奪えなかった広島が2連敗で降格圏脱出ならず。一方、快勝した川崎Fは逆転優勝に望みをつないだ。 2017.10.21 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮、マテウスFK弾で劇的ドロー! 逃げ切り失敗の柏は3戦勝ちなし《J1》

▽21日にNACK5スタジアム大宮で行われた明治安田生命J1リーグ第30節の大宮アルディージャvs柏レイソルは、1-1のドローに終わった。 ▽残留争い真っ只中の17位に位置する大宮がホームにACL出場権獲得を狙う3位の柏を迎え撃った。大宮がマルセロ・トスカーノ、柏がクリスティアーノをそれぞれ出場停止で欠く一戦となった。 ▽試合は長いこう着状態を経て、前半終了間際の43分に動く。CKの流れからキム・ボギョンのクロスにハモン・ロペスが打点の高いヘディングで合わせ、柏が先制に成功した。 ▽嫌な時間帯にリードを許した大宮は、1点ビハインドで後半へ。その後半もボールの主導権を握られる苦しい展開を強いられたが、GK加藤の好セーブもあり、何とか1点ビハインドの状態を保つ。 ▽すると、83分にはユン・ソギュンが右足を痛めてプレー続行不可能に。既に3枚の交代カードを切り終えていた柏は、残り時間で10人の戦いを余儀なくされてしまう。 ▽この数的優位の好機を生かしたい大宮は、後半アディショナルタイム3分、バイタルエリア右寄りの位置でFKの機会を獲得。キッカーを務めたマテウスの左足シュートがゴール左に突き刺さった。 ▽結局、マテウスのゴールが大宮を救い、土壇場で勝ち点1を獲得。逃げ切れなかった柏は、連敗を「2」で止めたものの、3試合連続の足踏みという結果となっている。 2017.10.21 16:15 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース