【日本サッカー見聞録】飛び飛びで分かりにくいCSと天皇杯の日程…早すぎるオフ突入の楽しみはストーブリーグ2016.10.28 12:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽J1リーグは第2ステージも残すところあと2試合。浦和がYBCルヴァンカップに続き第2ステージも制しそうで、どうやらCS(チャンピオンシップ)は浦和と第1ステージ覇者の鹿島、そして川崎Fの出場が濃厚だ。本来なら佳境を迎えて盛り上がるはずなのに、いまひとつ盛り上がっていないような気がする。

▽それというのも、これはあらかじめ分かっていたことだが、日程が飛び飛びになっているからだ。今年の第2ステージは11月3日に終了する。昨シーズンの11月22日に比べ、3週間近くも早い。そしてCSは3チームの出場となると準決勝は11月23日からで、こちらも3週間近く空いてしまう。そしてCSに出られず、天皇杯でも敗退しているチームは、11月3日からオフに突入し、約3カ月近くも実戦から遠ざかることになる。これだけ長いオフを経験するのは、どのチームも初めてだろう。

▽これは11月中旬に日本代表のテストマッチとW杯予選、いわゆる“代表ウィーク”が入っていたのと、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)決勝のため、約2週間の中断期間を設けねばならなかったからだ。さらに11月9、12日には天皇杯のラウンド16の8試合が行われるが、準々決勝は1カ月以上も先の12月24日である。これは12月にクラブW杯があるためだが、CSも天皇杯もこれだけ中断期間が長いと、勝ち残ったチームのファンでない限り、いつ何の大会をやっているのか分からないだろうし、興ざめもはなはだしい。

▽すべての原因は2ステージ制とCSにあるのだが、幸いなことに来シーズンからは従来の1シーズン制に戻るため、いくぶんはすっきりするだろう。ただし、来年も代表ウィークは続き、ACLに出場するチームはリーグ戦とリーグカップ戦、そして天皇杯もあるだけに、過密日程は避けられない。これまで何回か書いたが、天皇杯はもうアマチュアの日本一を決める大会にして、ACLの出場権はルヴァンカップの勝者に与えるべきだと思う。

▽そのJリーグは来シーズンからパフォーム社と10年間で総額2100億円の放映権契約を結んだ。それに伴いJ1の18クラブに支給する「均等分配金」や選手に還元される「優勝賞金」も大幅に増額した。さらにACLに出場する4チームには、3年間で総額15億円の「強化分配金」も支払うことが決まっている。とはいえ、これで大物助っ人の獲得に結びつくかといえば、中国Cリーグの資金力には到底及ばないため、ビッグネームの獲得は難しいだろう。

▽シーズンも終盤を迎え、そろそろストーブリーグも始まり、浦和は新潟のFWラファエル・シルバの獲得に動いているそうだ。まだ24歳と若く、高速ドリブルを武器にするストライカーで、けして悪い補強ではない。しかしながら、本来ならJリーグをリードするビッグクラブでなければならない浦和の、来シーズンの補強の目玉がラファエル・シルバでは、浦和のファン・サポーターの心が躍るとは思えない。川崎Fの大久保には複数のクラブが獲得に乗り出しているそうだし、同じく川崎Fの小林には神戸が興味を示していると報じられた。

▽川崎Fのファン・サポーターにとっては、監督も交代し、その上で主力選手を引き抜かれては気が気ではないだろうが、やはり新鮮味には欠ける。それならいっそ、海外で出番に恵まれていない選手に触手を伸ばした方が新鮮味もあるというもの。まだ残留争いの渦中にいる名古屋だが、降格を免れたらGK川島、CB吉田、MF本田の3人を呼び戻した方がインパクトも強いだろう。

▽早すぎるオフ突入で、楽しみはストーブリーグになるだけに、「あっ」と驚くようなサプライズを期待したいところだ。
【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】第4回レフェリーブリーフィング「誤審を認めることで不信感の払拭に期待」

▽昨日19日は、毎月恒例のレフェリーブリーフィングが行われた。これは直近1か月のJ1~J3の試合で、疑問のあったジャッジについて試合後に両チームのGMなどと意見交換し、後日VTRで確認してジャッジの正当性を検証するという試みだ。 ▽結果はチーム関係者(監督やコーチを含む)と選手に伝えた後、メディアにも実際のシーンを再現しながら上川・JFA審判委員会副委員長が解説する。今回は6月1日から7月19日までの全166試合で意見交換し、そのうち36シーンでレフェリーの判断ミスがあったことが報告された。 ▽「フィジカルチャレンジ」の場合なら、6月25日の磐田対FC東京戦で、後半15分にFC東京のピーター・ウタカが両足タックルでクロスを上げようとしている選手の足下に飛び込んだ。ゲームではイエローだったものの、「両足の裏を見せ、体が宙に浮いている状態でのタックルは勢いをコントロールできない危険なプレー」と上川氏は指摘し、レッドが妥当だったと解説した。 ▽同じように、7月5日の川崎F対浦和戦では、後半41分にエドゥアルドが李忠成の左膝にタックルを見舞った。このプレーもイエローだったが、エドゥアルドのタックルは足の裏を見せ、ボールではなく左膝へ、さらに「足が伸びきった危険な状態」(上川氏)でのタックルだったため、これもレッドが妥当だとの判断を示した。幸い大事には至らなかったものの、一歩間違えれば選手生命の危機につながりかねない危険なプレーだ。今後はこうしたVTRによる検証が、危険なプレーを未然に防ぐ抑止力になってほしい。 ▽「ペナルティーエリア内のインシデント(危険発生の可能性=PKかどうか)では、気の毒な例も報告された。7月8日のJ2リーグ、千葉対讃岐戦でのことだ。アウェーの讃岐が3-2のリードで迎えた後半35分、千葉が右サイドから攻め込みクロスを上げた。これがペナルティーボックス外(ぎりぎりでボックス外)にいた讃岐の選手の右手に当たり、主審は千葉にPKを与えた。 ▽しかしVTRで確認すると、「意図的に手をつかったわけではない」ものの、「ボールが手に当たったことで、その反動で手が横に開いたため、主審は故意に手を使ったと誤審した」と上川氏は説明。さらにPKというジャッジについても、「主審の位置が遠いため、正確な判断ができなかったかもしれないし、副審の位置からも選手が重なって見にくかったようです」と説明した。 ▽讃岐にとっては、3-2とリードしていたものの、PKで同点に追いつかれると、その3分後にも決勝点を許して3-4と逆転負けを喫した。「PKさえなければ」と悔やまれるシーンだっただろう。 ▽誤審を認めても、結果が覆るわけではない。しかし、誤審をうやむやにしていては、審判への不信は募るばかりだ。そして再び同じ主審でのゲームとなったら、「またあの主審か」と選手も先入観を持ってプレーする可能性がある。それは両者にとってマイナス材料だけに、誤審を認めることで両者の誤解が解け、気持ちよくプレーできることを期待したい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.07.20 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】久保建英がトップチームの練習に合流。期待されるJ1デビュー

▽7月12日の天皇杯の3回戦は、筑波大学の快進撃が続いている。2回戦の仙台に続き、3回戦では福岡にも完勝した。その12日は、天皇杯の2回戦で長野にPK負けを喫したFC東京の取材で小平グラウンドを訪れた。 ▽午前中にもかかわらず、うだるような暑さの中で、8対8のゲームを3グループで繰り返していた。昨日は新外国人選手の張賢秀(チャン・ヒョンス)と、リッピ・ヴェローゾの加入が正式発表されるからだ(発表は午後5時以降)。チャン・ヒョンスは韓国代表DFで、3年半前にもFC東京に在籍した。大学卒業後、初めてプロのキャリアをスタートさせたのがFC東京だった。 ▽リッピは20歳のブラジル人で、かつてFC東京やG大阪で活躍したルーカスの紹介で、6月から練習生としてプレーしていたが、晴れてプロ契約を結ぶことができた。縦はハーフコートで、横幅を狭めたピッチで、チャン・ヒョンスは3DFのCBでプレー。キャプテンの森重が足首の負傷で離脱しているだけに、彼の加入はチームにとっても心強いことだろう。 ▽そんなチャン・ヒョンスと同じ白いビブスを着て、中盤で俊敏に動いている選手がいる。いったい誰だろうと確認したら、久保健英だった。トップチームの選手に混じっても、当たり負けせず、プレースピードも遜色はない。チームメイトの足を引っ張るどころか、互角にプレーするあたり、並の16歳ではないことが伺い知れる。 ▽そしてゲーム中は、彼独特の、ボールが欲しい時に手の平を上に向け、指を内側に「来い」という合図を味方に送る。無駄に動かず、ほんの一瞬の間にポジションを変えることでフリーになる巧さは相変わらずだ。 ▽篠田監督は「久しぶりにトップチームに入ってきても、いいプレーを見せた」と褒めつつ、「ボールを失う回数が目立ったので、一緒に練習すれば馴染んで行くだろう」と、今後もトップチームで練習させることを示唆していた。 ▽このままトップチームで練習すれば、もしかしたら今シーズン中にJ1デビューがあるかもしれない。11人対11人の紅白戦ではどのポジションに入るのかも楽しみだ。久保のプレーを見たいファンは、小平での練習見学をお勧めする。ただし、まだ握手やサイン、記念撮影といったファンサービスには対応していない。 ▽練習後の久保は、クラブハウス2階の食堂で、一人アクエリアスのペットボトルを飲みながら、スマホに夢中になっていた。そんな姿を見ると、やはり普通の高校生なんだなと実感させられる。同僚の記者によると、先輩の石川直宏から「身長は何センチ伸びた」と聞かれると、「171センチですが、まだまだ伸びます」と答えていたそうだ。 ▽あらゆる意味で久保の成長を心待ちにしているサッカーファンは多いのではないだろうか。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.07.13 20:52 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】コンフェデ杯やはり最後に勝つのはドイツだった

▽ロシアで開催されたコンフェデ杯は、世界王者のドイツが南米チャンピオンのチリを1-0で下して初優勝を飾った。結果こそ順当だが、ドイツは平均年齢24歳と“代表Bチーム"の布陣。リーグ戦が終わったばかりの開催とあって、主力抜きでの快挙だった。 ▽ドイツといえば、96年のEUROで優勝した際に、開催国の解説者を務めたガリー・リネカーが「サッカーは11人でやるスポーツだが、最後に勝つのはドイツだ」と名言を残した。それだけ強さの際立つ国でもあった。 ▽古くは66年イングランドW杯で準優勝すると、70年メキシコW杯は3位。74年に自国で開催したW杯で2度目の優勝を遂げる。78年アルゼンチン大会でベスト8に終わると、フォクツ監督は批判にさらされた。それでも82年スペインW杯と86年メキシコW杯は準優勝。そして90年イタリアW杯では3度目の優勝を果たす。 ▽94年アメリカW杯と98年フランスW杯は、いずれもベスト8で敗退。さらに00年のEUROはグループリーグで敗退すると、サッカー大国の威信をかけて「自国選手の育成プログラム」を立ち上げ、長期的な強化に取り組んだ。 ▽とはいえ、2年後の日韓W杯で準優勝すると、06年の自国開催となったW杯でも3位となりクローゼが得点王を獲得。10年南アW杯も3位でトーマス・ミュラーが得点王と、それなりに安定した成績を残している。 ▽それでもドイツにとって、W杯やEUROでベスト8や3位では満足のできる成績ではなかったのだろう。日本だけでなく、ブラジル以外の国からすれば羨ましくなるほど高い目標設置だ。そして14年ブラジルW杯では王国を粉砕して4度目の世界王者に輝く。コンフェデ杯優勝はW杯連覇への“足慣らし"といったところだろうか。 ▽さて、そのコンフェデ杯だが、今大会を最後に大会方式の見直しが検討されている。夏の開催だと今回のドイツのように、“2軍"チームを送り込んでくる可能性が広まるのと、次回のW杯はカタール開催のため、コンフェデ杯もW杯同様に11月~12月開催になることが予想されているからだ。 ▽国内リーグの日程を2年連続して秋春から、春秋開催に変更することへの抵抗感。それにともなうCLやELの日程調整など、ヨーロッパの国々からすれば大きな負担になる。一番手っ取り早い解決策は、最近もFIFAの内部調査で招致に疑惑のあったカタール開催を取りやめ、招致に手を上げた日本やアメリカで開催すること。 ▽しかし、それも早く決めないと代替国の準備は間に合わない。さらに現在のカタールは、政治的・宗教的な対立からサウジアラビアを始めUAEなど中東5カ国から国交を断絶され、人的にも物資的にも交流が滞っていると聞く。まだ22年のW杯まで5年の猶予があるものの、果たして間に合うのか。最近のFIFAは民主的になったものの、以前のような強力なリーダーシップを発揮できていない印象があるだけに、こちらも気になるところだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.07.06 13:08 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】障がい者サッカーの日本代表ユニが完成。第一陣は電動車椅子の日本代表が着用

▽障がい者サッカーの日本代表統一ユニフォームの発表会が6月29日にJFAハウス1階のヴァーチャルスタジアムで開催された。これまで障がい者サッカーは独自路線を歩んできたが、昨年4月に7つの障がい者サッカー競技団体が「日本障がい者サッカー連盟(JIFF)」を設立し、JFA(日本サッカー協会)の加盟団体となった。北澤豪JIFF会長によると「新年度はパートナー企業8社で資金面をサポートしてくれた」そうだ。 ▽各団体はそれぞれ日本代表として国際大会に参加してきたものの、ある1つの願いがあった。それは「SAMURAI BLUEと同じユニフォームでワールドカップやパラリンピックに出たい」というものだった。 ▽今回、日本代表の統一ユニフォームが発表されるということで、彼らの願いが実現するのか期待したものの、残念ながら希望は叶わなかった。その理由を出席した田嶋JFA会長は「選手はSAMURAI BLUEのユニフォームを着たいとの希望があったが、実現できなかった。それは今まで協賛してきた企業の歴史があるため」と話し、「それでも半歩進んだ」と将来に含みを持たせた。 ▽新しいユニフォームは、フィードプレーヤーがオールブルーとオールホワイトの2種類で、GKはオールグリーンとオールイエローの2種類。いずれもアディダス製で、2021年の3月までサプライヤーとしてサポートすることが決まっている。 ▽では、なぜSAMURAI BLUEのユニフォームを着ることができないか、田嶋会長の言葉をもう少し詳しく説明すると、日本代表にはオフィシャルサプライヤーとしてアディダス ジャパンが、オフィシャルパートナーとしてキリン3社がある。さらにサポーティングカンパニーとしてセゾンカード、トヨタ、日本航空、みずほフィナンシャルグループ、KDDI(au)など8社がつき、オフィシャルタイムキーパーとしてタグホイヤーがある。 ▽ところが、冒頭で北澤会長が述べたように、JIFFにもavexや城南信用金庫、東京海上日動、三菱商事、日本マクドナルドなど8社のスポンサーがいる。さらに各連盟にも、例えば一番スポンサーの多いブラインドサッカーには、アクサ生命保険、全日空、SMBC日興證券、味の素、参天製薬など12社のスポンサーがついている。 ▽「簡単に言えばスポンサーバッティングです」と言うのはJIFFの松田専務理事だ。各スポンサーとの契約にもよるが、SAMURAI BLUEを広告に使えるのは日本代表をスポンサードしている企業に限られる。このため、おいそれと「障がい者サッカーもSAMURAI BLUEと同じユニフォームを着ていいですよ」とは言えないのだ。 ▽前出の松田専務理事によると「JFAで関連部署が集まり、ユニフォームについて話し合いをしたが、そんなに簡単なものではなかった。7団体と議論して、時間はかかるが、だからといって待ち続けることはできない。統一しようと去年の8月にまとまり、アディダスと相談・交渉し、今年3月に合意した。条件面を交渉し、7団体13チーム全体のユニフォームを作る。このことで7団体は1つになって世界と戦える」ことになった。 ▽来月には電動車椅子サッカーの第3回W杯がアメリカで開催される。なんとか完成が間に合って、29日のお披露目となった。日の丸の下には各競技団体のロゴマークが入る。SAMURAI BLUEの八咫烏(やたがらす)の使用に関しても、アディダスとは細かい契約事項があり、現在も契約期間中のため使うことができない。 ▽最後に、障がい者サッカーにはどんな競技があるのか簡単に説明しておこう。 ・アンプティサッカー(足や手に切断障がいのある人が行う7人制サッカー。義足・義手を外しロフトストランドクラッチで体を支えながらプレー)。 ・CPサッカー(脳の損傷によって運動障がいがある人が行うサッカー)。 ・ソーシャルフットボール(精神障がいのある人が行うフットサル、サッカー)。 ・知的障がい者サッカー(知的障がいのある人が行う11人制のサッカー)。 ・電動車椅子サッカー(自立歩行のできない障がいを持った人が行うサッカー)。 ・ブラインドサッカー(視覚障がいのある人が行う5人制のサッカーで、GKは健常者が務め、音の出るボールとコーチの声を頼りにプレー。唯一パラリンピックの正式種目)。 ・ろう者サッカー(聴覚障がいのある人が行うサッカー。審判は笛ではなくフラッグなどを使用し、視覚情報を頼りにプレーする)。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.06.29 18:14 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】Jと提携を結ぶラ・リーガの狙いは…テバス会長が日帰り来日

▽Jリーグは6月22日、スペインプロサッカーリーグ(ラ・リーガ)との戦略的連携協定の締結のため、村井チェアマンと来日中のラ・リーガのテバス会長が調印式を行った。Jリーグはこれまでタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、イラン、マレーシア、カタール、オーストラリアと協定を締結しているが、ヨーロッパとは初めてで、11リーグ目の締結となる。 ▽村井チェアマンによると、「世界22のリーグのチェアマン会議で(テバス会長と)知り合った。会議では一番活発な意見を述べていた。テバス会長がリーガの放映権の一括管理を進めた」と紹介し、今後は「オンザピッチではトップチーム間の交流と若手選手の育成、オフザピッチではインテグリティ(差別の撤廃や八百長の撲滅など)とクラブマネジメントを学びたい」とし、7月にはセビージャが来日してC大阪と鹿島と対戦。さらにJ3のクラブがラ・リーガの小さなクラブの運営を視察に訪れることになっている。 ▽一方、今朝来日し、夜には帰国の途につくテバス会長も「Jリーグだけでなく日本から学ぶことになると思う。Jリーグはダ・ゾーンと契約したことに注目している。スペインにとってもそのコラボレーションの将来に注目している。テレビだけでなくインターネットで見られるのは窓を開けたように大きな可能性を秘めている」と、今年スタートしたパフォーム社との契約に興味を示していた。 ▽具体的な活動は今後の話し合いになるが、ラ・リーガはすでに先月、日本に駐在員を配置。日本のマーケットにおいてラ・リーガの認知度を上げるなど、日本におけるラ・リーガのすべての活動をコーディネートする予定でいる。 ▽そんなラ・リーガの狙いを、テバス会長は次のようにストレートに語った。 「イングランドのプレミアリーグのような立場に立ちたい。スポーツ界では(スペインは)世界1だと思うし、(レアルやバルサのような)クラブも世界1だが、産業としてのサッカーはまだプレミアリーグ及ばないと思っている」 ▽タイのタクシン前首相が一時期マンチェスター・シティのオーナーだったように、東南アジアの多くの国々でイングランドのプレミアリーグ人気は高い。当然、ユニフォームを始めとするグッズ類の販売など、アジアのマーケットを拡大するためにも日本と提携を結んだのだろう。彼らが日本を通じて見ているのは、もしかしたら約14億人の人口を誇る中国かもしれない。 ▽なお、Jリーグは17シーズンよりパートナーシップ協定を提携する国の選手は日本人選手と同じ扱いにしているが、戦略的連携協定対象国のオーストラリアとスペインは、これには含まれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.06.22 22:34 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース