【日本サッカー見聞録】ルヴァン杯MVPは時間が決めた?2016.10.20 18:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今週のコラムはメルマガに引き続き、YBCルヴァンカップ決勝の話題をピックアップしよう。この試合のMVPは途中出場からファーストタッチで浦和の同点弾を決めた李忠成だった。この1点がなければ延長やPK戦にはならず、G大阪が優勝していた可能性もあるだけに、価値ある同点ゴールと言える。

▽李忠成はPK戦でも4番手に登場し、呉屋のPK失敗に動ずることなく強シュートを右サイドに突き刺した。ただ、延長戦では2度の決定機に遭遇しながら、シュートをゴール枠に飛ばすことができなかった。どちらか1本でも決めていれば、文句なくMVPだけに惜しまれる。

▽それでも李忠成がMVPに選ばれたのは、同点ゴールの時間帯ではないだろうか。実は取材受付でIDカードをもらう際に、私ともう一人のベテラン記者の名前に蛍光マーカーで印がつけられていた。気になったので理由を聞いたところ、「大会MVPの候補を両チームから選出して欲しい」と言われて投票用紙を渡された。恐らく新聞社や通信社、そして専門誌の記者も投票したのだろう。

▽記者席に着くと、大会関係者が回収のための座席を確認し、「投票のリミットは後半の35分くらいです」と言う。そして試合は76分(後半31分)に李忠成の同点ゴールが生まれた。その時点ではまだ記入していなかったし、試合は1-1の同点になったため、両チームからMVP候補を選ぶのは至難の業。そこで試合終了まで待ってもらえないかと打診したところ、答えはNGとのこと。そこで仕方なく、浦和の候補は李忠成、G大阪は先制点を決めたアデミウソンがすでに交代で退いていたため、今野か井手口かで迷ったが、ニューヒーロー賞を獲得した井手口の名前を書いた。

▽最終的には大会関係者がPK戦も含めてMVPを決めたのだろうが、個人的には李忠成のゴールにつながるCKをお膳立てし、延長後半は体力を消耗してふらつきながらも果敢にサイドアタックを仕掛けた関根をMVPに推したい。今大会で浦和の攻撃を牽引したのは、この関根や駒井、高木らサイドアタッカーの活躍があったからだ。米倉や藤春との攻防は、決勝戦にふさわしい高レベルだったことを付け加えておこう。

▽そしてもう1点、この試合で気になったことがあった。それは84分にペナルティエリア左でボールをキープしたズラタンを、背後からマークしていた米倉が倒したものの、佐藤主審はファウルを取らずにプレー続行をうながしたことだ。ハリルホジッチ監督はデュエルを求め、村井チェアマンもタフな攻防を推奨する。それはそれで悪いことではないが、米倉のプレーはW杯予選では“アジアの笛”によりPKを取られないかと危惧したものだ。

▽記者会見場へ移動する際に、偶然にも上川元審判委員長と遭遇したので、米倉のプレーについて聞いたところ、「たぶん」と断った上で、「ズラタンも後ろ手で米倉選手のシャツを引っ張っていたのでしょう。だから佐藤主審は笛を吹かなかったのだと思います」と解説してくれた。まだまだ見方が甘いと痛感した次第である。

【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】退場者を間違える誤審に改めて主審の苦労を痛感

▽今年から開催されているレフェリーブリーフィングの第5回目が9月21日に開催された。今回は冒頭に小川審判委員長から、この会を催す趣旨が改めて紹介された。それは次の3点である。 1)クラブと審判アセッサー間で意見交換。 2)クラブによるレフェリングに関するフィードバック。 3)メディア関係者へのレフェリング説明会 ▽と、いうものだ。なぜ改めて趣旨を説明したかというと、メディア関係者に、表現について配慮を求めるためだった。覚えている読者もいるかもしれないが、8月16日のJ2リーグ第28節の町田対名古屋戦で、PR(プロフェッショナルレフェリー)の家本政明主審が誤審をした。 ▽試合終了間際の89分、名古屋の青木がこぼれ球を拾いゴールへ突進し、GKと1対1になりかけた。すると町田DF深津と奥山が両側から挟むように体を寄せ、深津が足を引っ掛けて青木を倒した。走り寄った家本主審は即座にレッドカードを取り出しが、彼がカードを突きつけたのはプレーに関与していないMF平戸だった。 ▽審判委員会のヒアリングによると、家本主審は「誰がやったのか」と聞いたところ、町田の選手からは、「それは主審が決めて下さい」という返事だったそうだ。試合後、キャプテンでもある深津は「自分がやった」と告白したが、すでに試合は成立している。 ▽小川審判委員長は、「犯人捜しはしない」と審判委員会の基本的立場を述べつつ、メディアに要請したのは、「誤審」という表記についてだった。誤審であることは認めるものの、家本主審の子供が学校で嫌がらせを受け、泣きながら帰宅したことを明かした上で、メディアに配慮を求めたのだった。 ▽過去には08年4月6日のJ2第6節、甲府対C大阪戦で56分に西村雄一主審からレッドカードを提示されたDF池端が退場となったが、後日行われた規律委員会で“人違い”であったと判断され、本来退場処分を受けるべきだったGK桜井に退場処分が付け替えられたことがある。 ▽Jリーグではそれに続く2度目の誤審で、今後はルヴァン杯のように追加副審を置くか、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入しないと対応は難しいと審判4人制の限界を話していた。 ▽2日後の規律委員会では「警告、退場、出場停止処分」の懲罰の運用上、平戸には「退場処分及び出場停止処分を科さないこととする」とし、「本来退場処分を受けるべきであった深津選手に退場処分を付け替え、1試合の出場停止処分を科す」と訂正。ただし、サッカー競技規則第5条で主審の決定「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」ことから公式記録は変更されず、平戸の退場処分は残ったままだ。 ▽この試合で返す返すも残念なのは、深津が素直に自分の非を認めていれば、違った意味で注目を集めたかもしれないということだ。そして、この件を聞きながら、JSL(日本サッカーリーグ)時代のあるエピソードを思い出した。 ▽古河(現ジェフ千葉)のある選手が、特定の主審からよくイエローカードをもらった。自分では反則ではないと思っても警告されてしまう。あまりにも厳しいジャッジに、意を決し主審に理由を聞いてみた。すると主審は「背番号●はダーティーなプレーヤーだから気をつけろと先輩から聞いている」と答えたそうだ。 ▽確かに自分の背番号ではある。そこで念のために選手の名前を聞いたところ、それは自分の前に同じ背番号でプレーしていた先輩で、すでに引退していた。そのことを主審に伝えたところ、以後はイエローカードもめっきり減ったという。 ▽これは先入観の悪しき例で、今日のブリーフィングでも小川審判委員長は「先入観を持って笛を吹くことはない」と強調していた。ただ、先入観と予備知識の違いはどこにあるのかを判断するのは難しいところではないだろうか。 ▽かつてJリーグの審判技術向上のため招かれたレスリー・モットラム主審は、離日の際の会見で、「Aというチームは主審が背中を向けていたり、ボールがないところでの反則が巧妙なので気を遣った」と述懐していた。それがAというチームの伝統であり強さかもしれないが、今回の件も含め、改めて主審は「労多くして功少なし」と実感せずにはいられなかった。 2017.09.21 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】殿堂掲額式典で小倉最高顧問が明かしたジョホールバル秘話

▽毎年9月10日はJFA(日本サッカー協会)の創立記念日だ。今年で96周年となったが、同日は日本サッカー殿堂掲額式典の行われる日でもある。第14回となる今年は、特別選考としてJSL(日本サッカーリーグ)で日産自動車に数々のタイトルをもたらして黄金時代を築き、Jリーグでは横浜フリューゲルスで天皇杯を制し、その後は日本代表の監督を務めた加茂周氏が選出された。加茂さんについては、また別の機会でエピソードを紹介したいと思う。 ▽そしてもう一人はカメラマンの今井恭司氏である。サッカーカメラマンの草分け的存在で、70年代から日本代表や日本ユース代表の試合を取材にアジアはもちろん、ヨーロッパまで足を伸ばして貴重な写真の数々をサッカーマガジン誌に発表してきた。 ▽懐かしいVTRを交えての掲額式典は1時間ほどで終わり、その後はラウンジに移動しての歓談となった。今井さんとは、日本代表の取材に行くと、シュート練習の際はゴール裏で球拾いをした思い出話に花が咲いた。当時の代表チームは監督とコーチ、マッサーと協会事務員に、スポーツメーカーから派遣された5人くらいしかスタッフはいなかったからだ。 ▽いまと比べると隔世の感があるが、当時の方が選手との距離も近かったのは言うまでもない。そんな昔話で当時を振り返っていると、自然にロシアW杯杯アジア最終予選のオーストラリア戦の話しになった。すると小倉純二JFA最高顧問が、97年のフランスW杯アジア最終予選での隠れたエピソードを教えてくれた。 ▽当時を知らない読者がいるかもしれないので簡単に紹介しよう。W杯予選は5カ国2グループに分かれ、ホーム・アンド・アウェーのリーグ戦で、各組1位がストレートイン。2位同士が第3代表決定戦に回り、勝てば本大会に出場し、敗れたチームはオーストラリアとのプレーオフに最後のチャンスを賭けることになる。 ▽B組の日本は残り2試合で3位だったが、11月1日のアウェー韓国戦に勝ち、勝点を10に伸ばした。そして翌日、2位のUAEがウズベキスタンと0-0のドローに終わったため、勝点は9にとどまる。この結果、日本は再び2位に浮上し、地力での出場権獲得の可能性が復活した。 ▽このため、FIFA(国際サッカー連盟)は、JFAに対して、「第3代表決定戦の希望地はどこか」と聞いてきたそうだ。そこで小倉専務理事(当時)は、「中東(A組はサウジとイランに可能性があった)と極東にとって中間距離のマレーシアでの開催を希望する」と答えた。 ▽そしてすぐさまマレーシア協会に連絡を取り、スタジアムの確保を依頼したところ、第3代表決定戦の行われる11月16日は「カップ戦のため、クアラルンプールのスタジアムはどこも予定が入って満杯だ。すでに負けているジョホールバルなら空いている」との返事だった。小倉専務理事にとって「初めて聞いた都市名で、どこにあるのかも知らなかった」ものの、二つ返事でジョホールバルを押さえてもらうよう依頼した。 ▽一方のA組は、1試合を残しイランが勝点12の1位、サウジが同11で続いていた。サウジが第3代表決定戦で希望したのは、自国と橋でつながっている隣国のバーレーンだった。ところがイランは、同じ中東に位置しながら、アラブ圏ではない。他の国々がアラビア語なのに対し、ペルシャ語と独自の言語と文化を持っている。宗教も、同じイスラム教でもサウジはスンニ派が多数を占め、イランはシーア派とこちらも相違がある。 ▽そうした事情から、イランはバーレーンでの開催に難色を示し、マレーシア開催を支持した。もしかしたら1位抜けする予定だったかもしれないし、第3代表決定戦に回っても日本なら勝てると思ったのかもしれない。 ▽11月7日、FIFAは第3代表決定戦をマレーシアで開催することを決定。その翌日、日本はホームでカザフスタンに5-1で大勝し、ジョホールバル行きを決めた。そしてA組では、11月7日にイランがカタールに0-2で敗れ、勝点は12でストップ。5日後の試合でサウジがカタールに1-0で勝ったため、勝点を14に伸ばしてフランス行きを決めた。 ▽決戦の地であるジョホールバルは、首都クアラルンプールから331キロ離れ、クルマで移動すると3時間28分かかる。むしろシンガポールからは23・3キロで、国境越えがあるとはいえクルマで42分と近距離だ。「それを知らずにイランはクアラルンプール経由で移動したので、その点も日本にとってアドバンテージになったかもしれない」と小倉最高顧問。 ▽岡野のVゴールで日本はW杯初出場を果たした。そしてオーストラリアとのプレーオフに回ったイランも78年以来となる2度目のW杯出場を決めたのだった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.09.14 16:20 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】ハリルジャパンのストロングポイントは格上チームとの対戦で発揮

▽ロシアW杯アジア最終予選、日本は敵地ジェッダでサウジアラビアに0-1で敗れて全日程を終えた。高温多湿な環境と、すでに予選突破を決めていたこと、大迫を外して岡崎や本田などコンディションに不安を抱えていた選手を起用したことなど、敗因は様々だろう。 ▽この結果、サウジは同勝点ながら得失点差でオーストラリアを上回り、W杯出場を決めた。そして3位となったオーストラリアは、グループAで得失点差からウズベキスタンをかわしたシリアとのプレーオフに回ることになった。 ▽サウジは06年ドイツ大会以来のW杯出場だが、06年のオーストラリアはオセアニア枠での出場で、その後オーストラリアがアジア枠に入ったことで、サウジは日韓とオーストラリアに弾き出される形でW杯の出場権を逃してきた。彼らにしてみれば、やっとリベンジを果たせたというところだろう。 ▽さて日本である。サウジ戦は警戒していたジョーカーのF・ムワラドに決勝点を奪われた。彼のスピードについていけないなど、敗因は前述したように多々あるだろう。前半の昌子のヘッドや山口のミドルが決まっていれば、違った結果になったかもしれない。そこから見えてくるハリルホジッチ監督のサッカーの弱点が気になるところだ。 ▽今回のアジア最終予選でベストマッチはアウェイのUAE戦とホームのオーストラリア戦だと思う。前者は、UAEのストロングポイントであるオマル・アブドゥルラフマンを原口、今野、長友とフィジカルの強い左サイドのトライアングルで封じた。試合途中からオマルは窮屈な右サイドから左サイドにプレーエリアを変えたものの、そこでも酒井宏と久保が攻撃参加することでオマルの攻撃力を半減した。 ▽オーストラリア戦ではパスサッカーに対し、山口と井手口という守備能力に長けた2人を高い位置に置くことでオーストラリアのWボランチに圧力をかけつつ、3バックのサイドのスペースを浅野と乾のスピードと個人技で崩しにかかった。 ▽対戦相手のストロングポイントやウィークポイントが明白な時に、ハリルホジッチ監督は明快な戦略でそれらを攻めて結果を出した。しかしながら、アウェイのサウジ戦やイラク戦など、体力的なハンデもあるが、攻守にこれといった特徴のないチームには苦戦を強いられた。例外は、明らかに格下のタイ戦くらいだろう。 ▽このことからも、ハリルホジッチ監督の真骨頂は「ジャイアントキリング」にあることは疑う余地がないし、彼を招ヘいした前技術委員長の霜田氏の狙い通りと言える。その一方で、チーム戦術ではなく個人技で攻めてくる同等の相手には苦戦を強いられたのも事実である。 ▽ロシアW杯では日本より格上のチームとの対戦が予想されるだけに、こうした不安は杞憂に終わるだろうが、過去対戦で苦手とする南米勢やアフリカ勢との苦手意識をどう払拭するか。10月の親善試合はニュージーランドとハイチが相手とあって、日本の現在地を確認できる相手とは思えない。11月に予定されている海外遠征が、ハリルジャパンの最終章の始まりと言えるのかもしれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.09.07 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】W杯予選で脅威を感じたポゼッションサッカーの未来

▽日本代表が昨夜、オーストラリアからW杯予選で初勝利を奪い、6大会連続のW杯出場を決めた。埼玉スタジアムで試合を取材していたため、渋谷のスクランブル交差点などでサポーターが喜びを爆発させたのを深夜のテレビや今朝の新聞で知り、改めて“日本代表(サッカーではなく)”の影響力の大きさを知った。 ▽試合はハリルホジッチ監督のプラン通り、俊足の浅野を起用して3BKの左サイドを狙った攻撃と、オーストラリアのポゼッションサッカーによるビルドアップを封じるため井手口と山口の起用がズバリ的中。浅野と井手口というリオ五輪代表だった若い2のゴールでオーストラリアを撃破した。 ▽オーストラリアは昨年10月の対戦時も、ポステゴグルー監督はハイクロスによる攻撃からポゼッションサッカーにスタイルを変えていることを強調した。そのためハリルホジッチ監督はリトリートしてパスコースを消しつつ、インターセプトからのカウンターを狙い、原口が先制点を奪った。 ▽そしてホームでの試合は、デュエルとインテンシティで勝負できる選手を起用し、さらにカウンター狙いを徹底。ミドルサードからボールを奪いに行くアグレッシブな姿勢を貫いた。恐らく今後もハリルホジッチ監督が日本代表の指揮を執るなら、W杯で目指すのは、かつてボルシア・ドルトムント時代にユルゲン・クロップ監督が採用した「ゲーゲンプレス」ということになるだろう。 ▽といったところで、昨夜の試合で感服したのは、オーストラリアが徹底してポゼッションサッカーにこだわったことだ。それまでのオーストラリアは4-2-3-1や4-4-2からのポゼッションサッカーだったが、コンフェデ杯では3-4-3にシステムを変更し、より攻撃的なサッカーを目指している。 ▽これは余談だが、試合後のポステゴグルー監督は「ピッチ中央がスリッピーで、中央のエリアを支配することができなかった」と振り返った。昨日はピッチ全体を機械で散水した後に、さらにセンターサークル付近を中心に、ボンベを背負った係員が入念に散水していた。これもオーストラリアのビルドアップを想定して、よりスリッピーにすることでパスサッカーを封じにかかるハリルホジッチ監督の作戦だったのだろう。 ▽そうした障害がありながらも、オーストラリアは自分たちのスタイルを貫徹した。日本のゴール前に攻め込んでも簡単にクロスは上げず、ポジションチェンジしながらワンツーによるリターンパスで突破を図った。迂闊に対応するとPKを取られるリスクもある攻撃だ。 ▽そしてリードを許した後半は、サイドからのクロスで日本ゴールを脅かしたものの、クロスは日本が弱点とする空中戦ではなく、低くて速いクロスが多かった。それはエースのユリッチやケーヒルが交代出場しても変わらなかった。 ▽試合後に空中戦に強い2人を投入しながら「パワープレーではなくポゼッションサッカーにこだわった理由」を質問されると、ポステゴグルー監督は「そういうサッカー(ポゼッション)をしたいからだ。このフィロソフィー(哲学)で結果を出したい」と胸を張って答えていた。 ▽ポステゴグルー監督が言うとおり、ポゼッションサッカーにこだわるのはわかる。おそらく1点差なら、終盤はパワープレーに出たかもしれない。しかし2点差だったためポゼッションサッカーを貫いたのだろう。 ▽日本にとっては、ドイツW杯でパワープレーの連続から3DFが体力を消耗してケーヒルにゴールを許した苦い経験がある。にもかかわらず、ここ数年のオーストラリアは、ポステコグルー監督はポゼッションサッカーに強いこだわりを見せ、大一番の日本戦でもその姿勢は変えなかった。 ▽オーストラリアは、オセアニアやアジアではフィジカル勝負で圧倒できる。しかしW杯でヨーロッパや南米、アフリカ勢と対戦したら、アジアではアドバンテージであるフィジカルは通用しない。そのためのポゼッションサッカーだが、ポステゴグルー監督の目指すところは、まだ“道半ば”といったところだろう。 ▽そういった意味では、ザッケローニ元監督でポゼッションサッカーにより一つの形を作り、ハリルホジッチ監督でショートカウンターのスタイルを目指している日本は、オーストラリアより半歩先を歩いているかもしれない。 ▽しかし今回、ポステコグルー監督が勝敗にかかわらずポゼッションサッカーを追求したことで、彼らがW杯に出場できるかどうかは別にして不安も感じた。このままポゼッションサッカーを追求して、日本と同レベルに達したら、空中戦やフィジカルでのアドバンテージがあるだけに、アジアで最強のチームになる可能性があるからだ。 ▽レーハーゲルからポステゴグルーと自国リーグで結果を出した監督に指揮官を代え、独自のスタイルを構築しつつあるオーストラリア。今後もアジアでは韓国やイランと並び日本のライバルとなることは間違いないだろう。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.09.02 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】代表メンバー発表で見られた指揮官の悩み

▽ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(8月31日)と、サウジアラビア戦(9月5日)に臨む日本代表の27人が8月24日に発表された。ハリルホジッチ監督が「さまざまな困難な状況があり、いままでで一番リストを作るのが難しかった。いくつか心配な点があり、リスクを冒したくないため、手元に呼んで何人かの選手の状態や可能性を確認したい」と語ったように、戸惑いを隠せない代表発表となった。 ▽というのも、これまでハリルホジッチ監督は、レギュラー候補の順に選手の氏名を読み上げてきた。昨日を例にあげれば、まずGKのスタメンは川島(FCメス)で決まりだろう。SB(サイドバック)も右は酒井宏(マルセイル)、左は長友(インテル)で、2人のバックアップは酒井高(ハンブルガーSV)が一番手で、その控えが槙野(浦和)となる。 ▽CB(センターバック)は吉田(サウサンプトン)と昌子(鹿島)がスタメンで、植田(鹿島)と三浦(G大阪)バックアップとなり、どちらか1人は最終的にメンバーから外れる可能性が高いのではないだろうか。 ▽ボランチは長谷部(フランクフルト)と山口(C大阪)のコンビは不動。長谷部については「コンディションもトップレベルに戻ってきている。プレーしすぎるくらいなので、少し休ませたい」と言うほど、信頼を置いている。 ▽問題はここからで、トップ下の選手を発表する時に、まず小林祐希(ヘーレンフェーン)と柴崎(ヘタフェ)の名前を上げ、香川(ドルトムント)は3番目だったことだ。小林祐に関しては「レギュラーとして出続けている。性格も強い。プレッシャーにも順応できる」と高く評価した。そして香川は「心配があったがコンディションを取り戻しているところ。徐々に良くなっているので手元で見たい」と起用に含みを持たせた。 ▽同じことは右FWにも当てはまり、ハリルホジッチ監督は浅野(シュツットガルト)、久保(ヘント)、本田(パチューカ)と、これまでスタメンだった久保や本田ではなく、浅野を一番手にあげた。その理由として久保には「試合に出続けているが、得点をあげて欲しい」と注文し、本田には「香川と同じ状況。リーグ戦でゴールを決めたが、手元でチェックしてからどういう役割か考えたい」と起用に明言を避けた。 ▽左FWも、これまでスタメンだった原口は3番手で、「ポジションとコンディションを取り戻すのに苦労している」と語り、乾(エイバル)を一番手にあげ、武藤嘉紀(マインツ)を2番手にあげた。 ▽CFは好調な岡崎から杉本、大迫の順。これは大迫がケガから復帰したばかりなのと、岡崎が開幕から2試合連続ゴールを決めているだけに、順当なチョイスでもあるだろう。 ▽で、ハリルホジッチ監督にとって悩ましいのがトップ下と左右のFWということになる。ハリルホジッチ監督は常々「コンディションの良い選手を使う」と明言してきた。過去にはホームのUAE戦で大島(川崎F)をスタメンに抜擢し、アウェイのオーストラリア戦では丸山(FC東京)をスタメンで起用しようとした(これはスタッフの忠告により断念)。 ▽W杯出場のかかる大一番で、トップ下を2試合しか出場経験のない小林祐に任せるのか。あるいは手元に置いてコンディションの確認状況により香川を使うのか。同じことは右FWにも当てはまり、浅野がスタメンを飾るのか。コンディション重視とはいえ、コンビネーションという問題もあるだけに、その判断は難しい。 ▽とはいえ、これは矛盾するかもしれないが、いつまでもベテラン起用の“安全策"ばかりでは、チームの若返りは図れない。問題はどこで“思い切った"選手起用をするか。普通に考えれば、W杯出場を決めたならサウジアラビア戦は消化試合になるだけに、ここでの起用がリスクも低い。しかし、オーストラリア戦という勝負のかかる痺れるような試合になればなるほど、それは選手をとって経験値を高める可能性も高くなる。ここらあたりも悩ましいところだろう。 ▽果たしてハリルホジッチ監督はギャンブルに出るのか、それとも安全策を採るのかどうか。これまでの選手起用と言動を考慮すると、前者を選択する可能性の方が高い気がしてならない。いずれにせよ、海外組の選手が合流する来週月曜以降の練習がカギを握っている。冒頭15分以外は非公開のため、選手のコンディションをチェックできないのは残念でならない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.08.25 13:05 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース