G大阪とのPK戦を制した浦和が13年ぶり2度目の戴冠《ルヴァンカップ》2016.10.15 15:58 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

▽昨年のリーグカップ準優勝のG大阪と、今季のリーグ戦年間順位で首位に立つ浦和が相まみえた。[4-2-3-1]の布陣で中盤の底に井手口と今野を置いたG大阪は、1トップに据えたアデミウソンの後方に右から倉田、遠藤、大森と並べた。一方の浦和は、武藤、高木、興梠を前線に置く[3-4-2-1]で、右に関根、左に宇賀神を起用。肋骨を骨折していた阿部も相棒の柏木と共に先発した。

▽10分に右サイドからカットインした関根がGK東口のセーブを強いるミドルシュートを放った浦和だったが、試合の均衡を破ったのはG大阪だった。17分、遠藤から縦パスを受けたアデミウソンがDFと入れ替わり、ハーフウェーライン手前から独走。そのままGKとの一対一を制し、G大阪がカウンターからのゴールでスコアを動かした。

▽失点直後にCKから槙野のヘディングシュートでゴールに迫った浦和だが、28分に決定機を迎えたのはG大阪。ボックス左で逆サイドからのボールを受けたアデミウソンが、GK西川の股を狙ってシュートを放つ。しかし、これはGK西川がうまくシュートをブロックし、追加点を許さない。

▽守護神に助けられた浦和。しかし、36分にはアクシデントが発生する。足を痛めた宇賀神がピッチを後にすることとなり、代わりに駒井を投入。駒井が右ウイングバックに入り、関根が左サイドに回った。

▽1-0のまま迎えた後半、浦和は立ち上がりから積極性を見せる。すると、50分にゴールチャンスを迎えた。ボックス左で仕掛けた関根のクロスに、ニアサイドで飛び込んだ武藤がヘッド。しかし、このシュートは枠に飛ばない。さらに55分には敵陣でのボール奪取からボックス左の関根が決定的なシュートを放つ。だが、これはGK東口のファインセーブに阻まれる。

▽浦和のペースで試合が進む中、先に動きを見せたのはG大阪の長谷川監督だった。66分、アデミウソンに代えて、同ポジションに長沢を送り出す。対する浦和のペトロヴィッチ監督は、70分に武藤を下げてズラタンを投入する。

▽その浦和は74分、ペナルティアーク付近の高木がゴール右隅にコントロールシュートを飛ばす。しかし、これもGK東口のビッグセーブに遭う。攻勢をかける浦和は76分、高木に代わって李がピッチに立つ。

▽すると、その李がファーストタッチで決める。柏木からの右CKに、投入されたばかりの李が正面でヘディング。このシュートがネットを揺らし、浦和がついに同点に追いついた。

▽その後、能動的に攻める浦和に対してG大阪もカウンターで脅威を与えたが、両者共に勝ち越し弾を奪えず、試合は延長戦に持ち込まれる。

▽迎えた延長戦は、呉屋を1トップとして長沢を左サイドに出したG大阪がより前に出るようになり、一進一退の攻防で進む。浦和は延長前半10分、ゴール前で李がチャンスを迎えるも、クロスからのダイレクトシュートはボールをミートできず、この好機を生かすことができない。

▽延長後半も好勝負が続く。よりゴールに迫る浦和は延長後半12分、ロングボールに反応した李が素晴らしいコントロールからペナルティアーク付近でシュート。しかし、これはわずかにバーの上へ外れる。

▽対するG大阪は延長後半14分に大チャンス。ボックス左に流れながらボールを受けた呉屋が厳しい態勢ながらもシュート。しかし、ディフレクトしたボールは右ポストの内側に当たる。ボールがゴールライン横に流れたことでチャンスが続くが、浦和DF森脇にこれをクリアされる。結局、勝負の行方はPK戦に委ねられることとなった。

▽運命のPK戦。先行のG大阪は藤本、今野、丹羽と3人目まで成功。対する浦和も阿部、ズラタン、興梠が決める。そして迎えた4人目、G大阪が呉屋のPKをGK西川にセーブされた一方、浦和は李が成功。最後は浦和の5人目である遠藤航が冷静に沈めて、浦和が2003年以来2度目の戴冠を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

唯一のJ2勢としてベスト8入りの甲府・石原克哉氏「優勝するチャンスは残っている」《YBCルヴァンカップ》

▽29日、Jリーグ YBCルヴァンカップのプライムステージ組み合わせ抽選会が行われた。 ▽抽選会には勝ち上がった8チームの代表選手が登場。組み合わせ決定後、ヴァンフォーレ甲府の石原克哉氏が囲み取材に応じた。 ◆石原克哉氏(ヴァンフォーレ甲府)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_32_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「甲府の選手がいるクラブなので、負けないように選手たちには頑張ってもらいたいです」 ──抽選会を終えて 「選手を引退してみる立場では景色が違うと思うので、良い経験になりました」 ──伊東純也選手は「尊敬している」と言っていますが、伊藤選手の印象は 「ありがとうございます。選手の時に聞きたかったです(笑)。長くサッカーをやってきて、サッカー人生では一番早いのが伊東選手だと思っていました。もっと飛躍してもらいたいと思います ──柏レイソルの印象、戦い方のイメージは 「スペースを空けてしまうと、伊東純也選手やクリスティアーノ選手のミドルシュートもあります。スペースを与えずに、積極的に攻撃をしてもらいたいです」 ──柏戦への意気込みを 「ここまで来たら優勝するチャンスは残っていると思うので、選手たちに頑張ってもらいたいです」 2018.07.29 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

古巣の甲府との対戦が決まった柏・伊東純也「自分が育ったクラブなので勝ちたい」《YBCルヴァンカップ》

▽29日、Jリーグ YBCルヴァンカップのプライムステージ組み合わせ抽選会が行われた。 ▽抽選会には勝ち上がった8チームの代表選手が登場。組み合わせ決定後、柏レイソルのFW伊東純也が囲み取材に応じた。 ◆FW伊東純也(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「タイトルを獲れるようにしっかりと頑張って行きたいです。甲府は最初に自分が育ったクラブなので、しっかりと勝ちたいです」 ──改めて準々決勝の相手が決まりましたが 「ここまで残ってきたチームとACLに出ていたチームで、みんな気合が入っていると思います。良い戦いができるように頑張りたいと思います」 ──甲府でプレーしたこともある石原克哉さんの印象は 「自分が1年目の時に良くしていただきました。チームのレジェンドであり、お手本になる選手だったので、尊敬しています(笑)」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_30_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>──古巣でもあるヴァンフォーレ甲府の印象は 「自分がいた時とは変わっています。少し攻撃的になっていると思いますが、守備はしっかりしているので、そういった部分を崩したいです」 ──甲府戦への意気込みを 「タイトルを獲るために、1つ1つしっかりと戦って行きたいです」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_30_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2018.07.29 17:33 Sun
twitterfacebook
thumb

会場に駆けつけた多くのファンを観て横浜FM・飯倉大樹「先手を打てたかな(笑)」《YBCルヴァンカップ》

▽29日、Jリーグ YBCルヴァンカップのプライムステージ組み合わせ抽選会が行われた。 ▽抽選会には勝ち上がった8チームの代表選手が登場。組み合わせ決定後、横浜F・マリノスのGK飯倉大樹が囲み取材に応じた。 ◆GK飯倉大樹(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「やっとグループリーグが終わり、トーナメント、プライムステージが始まる実感があります。今日来たチームを代表した選手を見ても、気が抜けないというか、これから大事な戦いが始まるんだなと感じています」 ──会場にはマリノスのユニフォームを着たファンも多く来ていたと思いますが 「横浜とお台場ということで近いと思いますし、たくさんの方が来ていました。こういった場でも声を掛けていただくのは、後押しになります。ガンバさんは大阪から遠い所から来てもらっていて、ファンの方も多くはなかったと思いますが、関係あるかわかりませんが先手を打てたかなと思います(笑)」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>──三浦弦太選手の印象は 「身体能力が高いなと思います。日本のセンターバックは技術やパスといった攻撃なセンスを求められがちですが、三浦選手は一対一もヘディングも強いです。ゴールを守るというところでは、日本を代表する、これからしていく選手だと思います。GKには東口順昭選手もいて、ファビオもセンターバックでいるので、手強い相手です。三浦選手は良い選手だと思っていました」 ──自身のプレーで観てもらいたいところは 「三浦選手にも言ってもらったように、ビルドアップへの参加率はJリーグでも一番だと思っています。そこが起点で始まる攻撃というのは皆さんに観てもらいたいです。チーム自体がパスを繋ぐサッカーで、全員で意識してやっているので、リスクを恐れずに攻撃するプレーを観てもらいたいです」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2018.07.29 17:25 Sun
twitterfacebook
thumb

難敵・横浜FMとの対戦にG大阪・三浦弦太「帰ってからどう言われるか…」《YBCルヴァンカップ》

▽29日、Jリーグ YBCルヴァンカップのプライムステージ組み合わせ抽選会が行われた。 ▽抽選会には勝ち上がった8チームの代表選手が登場。組み合わせ決定後、ガンバ大阪のDF三浦弦太が囲み取材に応じた。 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「僕自身は凄く楽しんでやれましたし、こういった抽選の場は初めてでした。台風で大変でしたが、大阪から来てくださったファンの方も居ましたし、凄く楽しんでやれました」 ──横浜F・マリノスとの対戦が決まった時の気持ちは 「帰ってからどう言われるかは分かりませんが、個人としては攻撃的なサッカーをする面白いチームですし、ディフェンスとしては良い守備をしたいという意識もあります。ホームでもアウェイでも勝てればと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_29_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>──飯倉大樹選手の印象は 「シュートストップに対しても凄いと思いますが、今のマリノスのサッカーという点で、普通のチームとは違うGK像、新しいことを求められると思います。あれだけビルドアップに参加されると、守る方としては凄く奪いづらいです。GKとしてビルドアップ能力があそこまであるのは、日本ではなかなか居ないので、凄いGKだなと思います。」 ──自身のプレーで観てもらいたいところは 「僕は対人だったりヘディングだったりも売りですし、キックもストロングポイントだと思います。そういった部分を試合でも出していければと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180729_29_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2018.07.29 17:23 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季の決勝でゴールを決めたC大阪・高木俊幸「激しい試合になると思う」《YBCルヴァンカップ》

▽29日、Jリーグ YBCルヴァンカップのプライムステージ組み合わせ抽選会が行われた。 ▽抽選会には勝ち上がった8チームの代表選手が登場。組み合わせ決定後、セレッソ大阪のMF高木俊幸が囲み取材に応じた。 ◆MF高木俊幸(セレッソ大阪) 「前回王者としてまずはしっかり初戦を勝たないといけないと思っています。湘南さんは凄くハードワークすることが持ち味だと思います。僕たちセレッソもハードワークするチームなので、激しい試合になると思います」 ──湘南ベルマーレとの対戦が決まって率直な感想は 「ハードな戦いになりそうだなという感じがしました」 ──菊地俊介の印象は 「湘南の中心選手だと思いますし、常に相手にとって嫌なプレーをする選手だと思います。いつも苦しめられています」 ──湘南ベルマーレの印象は 「チームとしてハードワークして走って、戦ってくる印象があります。その辺りのまとまりというか、チームが1つになるという部分は、凄く印象強いです」 ──チームとして観てもらいたいポイントは 「自分たちはハードワークする部分もそうですが、選手個人個人の能力を生かした攻撃の部分も見所だと思うので、その辺りも注目してもらいたいです」 2018.07.29 16:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース