【ルヴァンカップ決勝プレビュー】宿敵撃破でミシャ体制初タイトルなるか~浦和レッズ~2016.10.15 08:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽大会名称変更後初となる2016Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦――。15日に行われる今シーズン1つ目の国内タイトルマッチで、ガンバ大阪と浦和レッズという“東西の雄” が激突する。浦和レッズにとっては13年ぶり2度目の同大会優勝と、5季目を迎えたミハイロ・ペトロビッチ体制での初タイトルが懸かった一戦だ。

圧勝で決勝へ
▽準々決勝から登場した浦和はヴィッセル神戸戦を2戦合計スコア6-1で圧倒。ここから勢い付いたチームはリーグ戦4連勝を飾り、迎えた準決勝のFC東京戦では相性の良さを発揮して2戦合計スコア5-2とまたも圧倒し、3年ぶりの決勝進出を果たした。

チーム情報
▽MF阿部勇樹がG大阪戦で肋骨を骨折していたことが判明したが、痛みはあるものの強行出場できるようだ。よって、左ヒザ前十字じん帯を痛めて長期離脱しているMF梅崎司以外、欠場者はいない。ルヴァンカップ準々決勝のヴィッセル神戸戦以降、怒涛の公式戦8連勝を飾っているチームは絶好調の中、タイトル獲りを目指す。

予想スタメン】[3-4-2-1]
代表勢の起用法は
(C)CWS Brains,LTD.
▽代表勢がケガを抱えることなく戻ってきたため、現状のベストメンバーを送り込める。ただ、決勝進出の立役者であり、好調を維持するMF青木拓矢とMF駒井善成がスタメンで起用される可能性があるかもしれない。

注目選手
MF 高木俊幸(25)
(c)J.LEAGUE PHOTO
明治安田生命J1リーグ:8試合 / 1得点
2016JリーグYBCルヴァンカップ: 4試合 / 4得点

▽ルヴァンカップ準々決勝の神戸戦でゴールを奪って以降、好調を維持している。浦和での2季目を迎えた25歳アタッカーは分厚い選手層に阻まれて、なかなか出場機会に恵まれない状況が続いていたが、神戸戦でのゴールをキッカケに一躍チーム内での存在感を高めた。もともとドリブルに特長のあった高木だが、現在は2シャドーの一角の位置で厳しいプレッシャーを受ける中、チームNo1と評されるトラップのうまさを生かした正確なボールタッチでチャンスを生み出すことができている。ゴールという結果も付いてきており、レギュラー定着が目前に迫っている中、この大一番でも結果を残せるか。

過信せず2週間前の戦いを
▽1日に行われた直近の対戦であるJ1・2ndステージ第14節では浦和がG大阪を相手に攻守に圧倒する戦いぶりを披露し、4-0の圧勝を収めた。近年タイトル奪取を阻まれ続けてきた直接のライバルを完膚なきまでに叩きのめしたことは、大一番に向けて選手たちに大きな自信を与えていることだろう。浦和としては1日に見せた戦いを継続することが9年ぶりのタイトル獲得への道筋となる。過信することなく運動量でG大阪を上回り、波状攻撃を仕掛けて相手のカウンターを許さない圧倒する戦いが求められる。

コメント

関連ニュース

thumb

国内4大会のトロフィーが集結するイベント「THE CHAMPIONS」がKAMO渋谷店で開催!

▽プーマは、サッカーショップKAMO渋谷店4Fの「PUMA FOOTBALL SHOP SHIBUYA」にて、貴重なトロフィーを間近に見ることができるイベント「THE CHAMPIONS」の開催を発表した。 ▽今回のイベントは、加茂商事株式会社が主催にて行われ、2017 シーズンの国内サッカー主要タイトルである「2017 明治安田生命 J1リーグ」、「2017 Jリーグ YBCルヴァンカップ」、「第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会」、そして「第96回全国高校サッカー選手権大会(協賛社杯)」の優勝トロフィーを一堂に展示するものとなる。 ▽J1を制した川崎フロンターレ、YBCルヴァンカップ、天皇杯の2冠を達成したセレッソ大阪、そして、全国高校サッカー選手権を制した前橋育英高校は、「プーマのユニフォームを身に纏っている」ことが共通点としてあり、国内タイトルをプーマが制していた。 ▽また、「THE CHAMPIONS」開催記念キャンペーンとして、期間中にご来店いただいた方で、自身のInstagramアカウントにてこのイベントの写真をポストいただいた方の中から、抽選でプレゼントが当たるキャンペーンも予定されている。 ◆開催日時 2018年2月11日(日)10:00~21:00 2018年2月12日(月・祝)10:00~21:00 ◆開催場所 サッカーショップ KAMO 渋谷店 4F「PUMA FOOTBALL SHOP SHIBUYA」 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町 3-10 渋谷フットボールタワー 2018.02.08 11:04 Thu
twitterfacebook
thumb

今季はJ2から最大2チームが参加するYBCルヴァンカップの日程が決定!《ルヴァンカップ》

▽Jリーグは24日、2018JリーグYBCルヴァンカップの日程を発表した。 ▽今シーズンは、2017シーズンの明治安田生命J1リーグでJ2に降格した3チームのうち、16位のヴァンフォーレ甲府、17位のアルビレックス新潟が出場。AFCチャンピオンズリーグに出場する川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪はノックアウトステージから登場する。 ▽AFCチャンピオンズリーグでプレーオフから出場する柏レイソルは、本戦に出場した場合はノックアウトステージから、プレーオフで敗れた場合はグループステージから参加し、アルビレックス新潟が不参加となる。 ▽昨シーズンまでは2グループに分かれてグループステージが行われていたが、今シーズンは4グループに分かれて試合を開催。上位チームがプレーオフステージに進出し、勝利するとノックアウトステージに進むことができる。 ◆出場チーム 【グループA】 ベガルタ仙台、FC東京、横浜F・マリノス、アルビレックス新潟 or 柏レイソル 【グループB】 北海道コンサドーレ札幌、ヴァンフォーレ甲府、清水エスパルス、ジュビロ磐田 【グループC】 浦和レッズ、名古屋グランパス、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島 【グループD】 湘南ベルマーレ、ヴィッセル神戸、サガン鳥栖、V・ファーレン長崎 ◆グループステージ日程 【第1節】 ▽3月7日(水) ・グループA 《19:00》 ベガルタ仙台 vs アルビレックス新潟 or 柏レイソル 《19:30》 横浜F・マリノス vs FC東京 ・グループB 《19:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs 北海道コンサドーレ札幌 清水エスパルス vs ジュビロ磐田 ・グループC 《19:00》 名古屋グランパス vs 浦和レッズ ガンバ大阪 vs サンフレッチェ広島 ・グループD 《19:00》 湘南ベルマーレ vs サガン鳥栖 ヴィッセル神戸 vs V・ファーレン長崎 【第2節】 ▽3月14日(水) ・グループA 《19:00》 FC東京 vs アルビレックス新潟 or 柏レイソル 《19:30》 横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台 ・グループB 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田 ヴァンフォーレ甲府 vs 清水エスパルス ・グループC 《19:30》 浦和レッズ vs ガンバ大阪 サンフレッチェ広島 vs 名古屋グランパス ・グループD 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs 湘南ベルマーレ 《20:00》 サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸 【第3節】 ▽4月4日(水) ・グループA 《19:00》 ベガルタ仙台 vs FC東京 アルビレックス新潟 or 柏レイソル vs 横浜F・マリノス ※新潟の場合は19時、柏の場合は19時半キックオフ ・グループB 《19:00》 清水エスパルス vs 北海道コンサドーレ札幌 ジュビロ磐田 vs ヴァンフォーレ甲府 ・グループC 《19:00》 名古屋グランパス vs ガンバ大阪 サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ ・グループD 《19:00》 湘南ベルマーレ vs ヴィッセル神戸 V・ファーレン長崎 vs サガン鳥栖 【第4節】 ▽4月18日(水) ・グループA 《19:00》 FC東京 vs 横浜F・マリノス アルビレックス新潟 or 柏レイソル vs ベガルタ仙台 ※新潟の場合は19時、柏の場合は19時半キックオフ ・グループB 《19:00》 清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 vs 北海道コンサドーレ札幌 ・グループC 《19:00》 名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島 ガンバ大阪 vs 浦和レッズ ・グループD 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs ヴィッセル神戸 《20:00》 サガン鳥栖 vs 湘南ベルマーレ 【第5節】 ▽5月9日(水) ・グループA 《19:00》 ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス アルビレックス新潟 or 柏レイソル vs FC東京 ※新潟の場合は19時、柏の場合は19時半キックオフ ・グループB 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 vs 清水エスパルス ・グループC 《19:00》 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪 《19:30》 浦和レッズ vs 名古屋グランパス ・グループD 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs 湘南ベルマーレ 《20:00》 サガン鳥栖 vs V・ファーレン長崎 【第6節】 ・グループA 《19:00》 FC東京 vs ベガルタ仙台は 横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟 or 柏レイソル ・グループB 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 清水エスパルス ヴァンフォーレ甲府 vs ジュビロ磐田 ・グループC 《19:00》 浦和レッズ vs サンフレッチェ広島 ガンバ大阪 vs 名古屋グランパス ・グループD 《19:00》 湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎 ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖 ◆プレーオフステージ 第1戦:6/2(土) 第2戦:6/9(土) ◆ノックアウトステージ 準々決勝:第1戦→9/5(水)、第2戦→9/9(日) 準決勝:第1戦→10/10(水)、第2戦→10/14(日) 決勝:10/27(土) 埼玉スタジアム2002 2018.01.24 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグが2018シーズンの登録期間、追加登録期限を発表

▽Jリーグは12日、2018シーズンの追加登録期限について発表した。 ▽選手の登録は原則として、あらかじめJFA(日本サッカー協会)がFIFA(国際サッカー連盟)に届け出た年に2回の登録期間(ウインドー)に限って認められており、大会ごとに期限が異なっている。リーグ戦はシーズン4分の3を過ぎての登録が不可、カップ戦は準決勝第1戦以降の登録を不可としている。 ▽2018シーズンの選手追加登録期限は、明治安田生命J1リーグ、J2リーグ、J3リーグは2018年の9月14日(金)まで。YBCルヴァンカップは同10月5日(金)まで認められている。 ▽また、移籍選手の登録期間については、第1登録期間は2018年1月5日(金)から3月30日(金)、第2登録期間は2018年7月20日(金)から8月17日(金)までとなっている。3月31日(土)から7月19日(木)までの間は、選手を獲得した場合でも原則として選手の登録ができないため、試合に出場させることができない。 ■2018シーズンの追加登録期限 明治安田生命J1リーグ:2018年9月14日(金) 明治安田生命J2リーグ:2018年9月14日(金) 明治安田生命J3リーグ:2018年9月14日(金) JリーグYBCルヴァンカップ:2018年10月5日(金) ■2018登録期間(ウインドー) 第1登録期間(ウインドー):2018年1月5日(金)~3月30日(金) 第2登録期間(ウインドー):2018年7月20日(金)~8月17日(金) 2017.12.13 10:25 Wed
twitterfacebook
thumb

来季のルヴァンカップは3月7日開幕!J2から最大2チーム参加へ《YBCルヴァンカップ》

▽Jリーグは12日、来シーズンのYBCルヴァンカップの大会方式、試合方式を発表した。 ▽2018シーズンのルヴァンカップは、3月7日(水)にグループステージが開幕。今シーズンからJ2のチームが最大2チーム参加することとなる。 ▽来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージに出場するチームが4チームの場合は、今シーズンのJ1で16位のヴァンフォーレ甲府、17位のアルビレックス新潟がグループステージに参加。ACL出場4チームを除くJ1の14チームと合わせた16チームが4グループに分かれて、ホーム&アウェイ方式で対戦する。なお、各グループの上位2チーム(合計8チーム)がプレーオフステージに進出する。 ▽ACL出場チームが3チームの場合は、J1の15チームに加え、今シーズンのJ1で16位の甲府が出場。16チームが4グループに分かれてホーム&アウェイ方式で対戦。各グループ上位2チームと3位チームの内の上位2チームの10チームがプレーオフステージに進出する。 ▽なお、今シーズン同様に21歳以下の選手を1名以上先発に含める必要がある。 ▽プレーオフステージは6月2日(土)に第1戦、同9日(土)に第2戦が行われる。また、ノックアウトステージは準々決勝が9月5日(水)に第1戦、同9日(日)に第2戦が、準決勝は10月10日(水)に第1戦、同14日(日)に第2戦を実施。決勝の日程は調整中とのことだ。 【グループステージ】 第1節:3月7日(水) 第2節:3月14日(水) 第3節:4月4日(水) 第4節:4月18日(水) 第5節:5月9日(水) 第6節:5月16日(水) 【プレーオフステージ】 第1戦:6月2日(土) 第2戦:6月9日(土) 【ノックアウトステージ】 ◆準々決勝 第1戦:9月5日(水) 第2戦:9月9日(日) ◆準決勝 第1戦:10月10日(水) 第2戦:10月14日(日) ◆決勝 調整中 2017.12.13 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

戴冠ならず…川崎Fの鬼木達監督「自分の力不足を感じる」《ルヴァンカップ》

▽4日、2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝のセレッソ大阪vs川崎フロンターレが埼玉スタジアム2002で行われ、C大阪が2-0で勝利。川崎Fは主要タイトル獲得をまたしても逃すこととなった。 ▽試合後、川崎Fの鬼木達監督が記者会見に出席し、自身の采配で攻撃を活性化できなかったことを「自分の力不足を感じる」と反省。また、今後に向けてクオリティの向上に意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆鬼木達監督</span> (川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「多くのサポーターに来て頂いた中で、勝てなかったことは本当に悔しいですし、自分の力不足を感じています。何が何でも選手たちにタイトルを獲らせてあげたいという思いがありましたけど、なかなかそういう結果に結びつけることができず残念であります」 「試合の方は、最初にアクシデント的なところから失点してしまいましたけど、そのあと全員が声を掛け合いながらしっかりとゲームはコントロールしていたと思います。ただ、その中でもどこか少しずつパスのズレやそういったものが、最後まで改善されることなく終わってしまいました」 「ゴールへの意欲はありましたけど、最後の質というところを本当にこだわらなくてはいけなかったです。もしかしたら焦りというものがあったのかもしれないと今は思っています」 <span style="font-weight:700;">──自分の力不足とおっしゃったが、どの辺に力不足を感じたか</span> 「やはり一つは交代の部分も含めて、もっともっとパワーを出せたのではないかという思いがあります。もう一つは、やはりゴールへの意欲というか、崩しの部分に支障が多くゴール前のところに人を注ぐことができませんでした。そこを90分間通して改善することができなかったという思いがあります」 <span style="font-weight:700;">──今後、リーグタイトルの奪還に向けてどのようにチームをモチベートしていくか</span> 「今日は終わったばかりで選手たちも相当落ち込んでいます。メンタルの回復が一番大事になってくると思いますけど、試合後に言ったのは気持ちの部分はもちろん、もう一度サッカーの質にこだわるということ。あれだけ押し込んでいても最後に点が獲れないということころの部分に尽きると思うので、トレーニングでやっていくしかないと思っています」 <span style="font-weight:700;">──交代の部分でもっとパワーをとおっしゃったが、具体的な部分は</span> 「後悔という形はないですけど、最後パワープレーのような形になった場面も含めて、我慢強くもう少し戦えたのかなと思います。そこでバランスを崩してしまったということも自分の中で感じています。(ゴール)が入っていればそうではなくなるのだと思いますけど、選手と共に今シーズンは我慢強く戦おうとしてきた中で、そこの部分が難しかったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──後半開始にはMF長谷川竜也を投入して攻撃が活性化しつつも得点が奪えなかったが</span> 「前半もそうですけど、サイドから崩していた中で中央に人数をかけることができませんでした。例えば、小林悠がサイドに開けば、中が薄くなります。そういった中央の人数の部分が一つ問題だったのかなと。あとはやはり最後のクオリティやシュートへの意欲がもっともっと必要だったと思います」 <span style="font-weight:700;">─-MF阿部浩之を投入する場面で、下げる選手をMF大島僚太からMFエドゥアルド・ネットに変更したが</span> 「そこは一つ迷っていました。彼(大島僚太)が少し疲れているのかなという雰囲気もありましたけど、どっちにしても攻撃の場面で前に出ていけるのは僚太かなという思いで、交代をネットにしたという形です。後ろがどうしても重かったので一つ前に人が欲しかったという狙いでした」 <span style="font-weight:700;">──DFエウシーニョを下げたことについてと立ち上がりに硬さがあったように見えたが</span> 「試合に対して硬さはあったと思います。そういうのも含めて今日はそういう試合だよという話をしていましたし、やっているうちに想像以上に疲れが出てきた選手が多かったのかなと思います」 「エウシーニョに関しては、一つはイエローカードを貰っていたことが気になっていました。もう一つは普段出ないようなミスが今日は非常に多かったです。最後に点を奪いに行くということで(長谷川)竜也のドリブルに期待して右サイドバックの位置に移しました。ただ、その部分でうまくいったかというと疑問が残ります」 <span style="font-weight:700;">──C大阪のゲームプランや出来に苦しめられた部分もあったと思うが</span> 「ひとつはウチが早めに失点してしまったということで、彼らの守備意識をより高めてしまったと思います。前半はウチにもチャンスがあった中で、C大阪が1点リードしていることで相手がバタつかなかったですし、そういうメンタルを上げさせてしまいました」 2017.11.04 20:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース