ベイル先制弾もジョージアに薄氷ドローのウェールズが首位陥落の危機…《ロシアW杯欧州予選》2016.10.10 03:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第3節のウェールズ代表vsジョージア代表が9日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽前節、敵地でオーストリア代表と引き分けたウェールズは、1勝1分けでグループ首位をキープ。ホームにジョージアを迎えたこの一戦では、負傷のジョー・アレンに代わってエドワーズが起用された以外、前節と同じメンバーが先発に並んだ。

▽立ち上がりから押し気味に試合を進めるウェールズは、開始直後にベイルがゴール前に飛び込む場面を作るなど、ゴールを予感させる仕掛けを見せる。すると10分、レドリーの右CKをニアに走り込んだベイルが頭で合わせ、早々に先制に成功した。

▽エースの先制ゴールで勢いづくウェールズは、前がかりとなった相手に鋭いカウンターを仕掛けて追加点を目指す。15分と30分にはベイルに2点目のチャンスも、いずれも決め切ることができない。

▽前半半ばから終盤にかけてもホームチームのペースで進む中、34分にはジョージアに絶好機。ボックス手前で得たFKをアナニーゼが直接狙うが、これはGKヘネシーがわずかに触りクロスバーを叩く。その後、前半終了間際にはウェールズに追加点のチャンスも、ボックス付近でアンディ・キングの放った右足のシュートはGKにセーブされた。

▽1点リードで後半に臨んだウェールズだったが、立ち上がりに同点ゴールを許す。57分、ボックス手前左でカザイシュビリが上げたクロスを大外から走り込んだオクリアシュヴィリが頭で合わせた。

▽同点に追いつかれて動揺の見えるホームチームは、64分にベイルの直接FKでゴールに迫るも、このシュートは枠を捉え切れない。逆に67分にはアナニーゼにあわや逆転ゴールという決定機を許すが、枠の左隅を捉えたシュートはGKヘネシーのビッグセーブで凌いだ。さらに72分にはベイルのボールロストからロングカウンターを浴び、ムチェドリーゼにGKとの一対一を許すが、ここは相手のシュートミスに救われた。

▽流れを変えたいコールマン監督は、60分過ぎから75分までにロブソン=カヌ、コッテリル、フースを続けて投入。だが、勢いづいたジョージアを相手に劣勢が続く。79分にグビージャに右ポストを掠めるシュートを打たれると、直後の80分にはカザイシュビリにクロスバー直撃のシュートまで許した。

▽その後、ベイルの直接FK、ロブソン=カヌのシュートで盛り返したウェールズだったが、試合はこのままタイムアップ。格下相手にホームで辛くも勝ち点1獲得に留まったウェールズは、そのほかの試合の結果次第でグループ首位陥落となる。

コメント

関連ニュース

thumb

トップは岡崎で酒井高を中盤起用へ! タイ戦のスタメン発表《ロシアW杯アジア最終予選》

▽本日28日の19時35分キックオフとなるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節、日本代表vsタイ代表のスターティングメンバーが発表された。 ▽日本は、23日にアウェイで行われた第6節のUAE代表戦を2-0で勝利。現在、勝ち点13でグループ首位のサウジアラビア代表と同勝ち点の2位に位置している。勝ち点1でグループ最下位のタイを相手に予選3連勝を狙う今回は、UAE代表戦から先発2選手を変更。ケガで離脱したMF今野泰幸の代わりに先発するDF酒井高徳が中盤の底に入るとみられ、同じく離脱したFW大迫勇也に代わってFW岡崎慎司が前線に入る。 ◆タイ代表戦スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170328_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK: 川島永嗣 DF:酒井宏樹、森重真人、吉田麻也、長友佑都 MF:酒井高徳、山口蛍 MF:香川真司 FW:久保裕也、岡崎慎司、原口元気 【サブ】 GK 西川周作、林彰洋 DF:植田直通、昌子源、槙野智章 MF:倉田秋、清武弘嗣、遠藤航 FW:本田圭佑、宇佐美貴史、浅野拓磨、小林悠 2017.03.28 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】「UAE戦の勝利を無駄にしないように」「大量得点でサウジアラビアを抜け!」タイ戦スタメンアンケート結果

▽超WS有料版で実施していた「日本代表スタメンアンケート(タイ代表戦)」の結果を発表します。 ▽日本代表は、本日28日の日本時間19時35分から行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7戦でタイ代表に臨みます。 ▽今回の集計では、MF今野泰幸の離脱を受けて追加招集されたMF遠藤航が、ダブルボランチの一角を務めることに。また、同じく離脱したFW大迫勇也に代わって1トップにはFW岡崎慎司が選ばれました。トップ下にはMF香川真司(45.67%)がMF清武弘嗣(42.52%)との接戦を制して、選出されています。なお、今回一番支持を得たのが、第6節のUAE戦で先制点をアシストした右サイドバックのDF酒井宏樹で84.25%でした。 ▽今回実施したアンケート結果と皆様の声(一部)は以下のとおりです。 ◆予想スタメンアンケート結果 ※フォーメーションは[4-2-3-1]を想定 GK 西川周作(浦和レッズ) DF 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 森重真人(FC東京) 長友佑都(インテル/イタリア) MF 山口蛍(セレッソ大阪) 遠藤航(浦和レッズ) 久保裕也(ヘント/ベルギー) 香川真司(ドルトムント/ドイツ) 原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) FW 岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド) ◆代表に一言!(皆様の声※一部) ・大量得点での勝利が望ましいが、まずは確実に勝利して欲しい。 ・多少のリスクは覚悟の上で勝ち点3を確実に取りにいって欲しい。 ・いかなる時でも他の国との『得失点差』を意識したうえで攻めて欲しい。 ・勝利、そして新たなオプションの発掘を! ・UAE戦の勝利を無駄にしないように ・結果第一! 勝つのみ! ・長谷部の為にも勝ち点3あるのみ!! ・ここで引き分けは負けに等しい。今一番調子がいい人を撰んで欲しい。 ・簡単な相手じゃないけど大量得点が見たい ・大量得点でサウジアラビアを抜け! 2017.03.28 17:22 Tue
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】侮れないタイ戦…ハリルホジッチ監督が選ぶ“ソリューション”は

▽日本代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節のタイ代表戦に臨む。現在首位のサウジアラビア代表と勝ち点で並ぶ2位につける日本代表。ここでもしっかりと勝ち点3を獲得し、W杯出場にまた一歩近づきたい所だ。 <span style="font-weight:700;">◆最下位も侮れないタイ</span> ▽ここまでグループBで唯一の未勝利であり、勝ち点1の最下位に沈むタイだが、油断は禁物だ。データだけ見れば3得点15失点と良い所がないものの、唯一の勝ち点はホームでのオーストリア代表戦で得たもの。2-2のドローに終わった。 ▽テクニックに秀でた選手が揃っており、統率されたチームワークをベースにするタイ。隙を見せれば一発でヤられる可能性もある。鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグでムアントン・ユナイテッドに敗れたのを見ても、全く力がない相手とは言えない。 <span style="font-weight:700;">◆崖っぷちのタイ</span> ▽そして、タイにとってはこの日本戦が大きな意味をもつこととなる。現在プレーオフ圏内の3位オーストラリアとは勝ち点差が9。この試合を終えると残り3試合となり、オーストラリアが同日に行われるイラク代表戦で勝ち点を積み上げた場合、タイの予選敗退が確定する可能性がある。 ▽タイを率いるキャティサック・セーナムアン監督は「失うものは何もない。私たちには気持ちと魂がある」と前日会見で語っており、日本から勝ち点を奪おうと挑んでくることは間違いない。キャプテンを務めていたDFティーラトン・ブンマタン(ムアントン・ユナイテッドが出場停止で不在となるが、日本は相手の土俵に立つことはなく、最後までコントロールした試合が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆日本は負傷離脱者が続出</span> ▽アウェイでの重要なUAE代表戦で0-2と勝利した日本。3位のオーストラリアがイラクと引き分けたために、勝ち点差が3に広がり、W杯出場権獲得に一歩近づいた。このタイ戦で勝利を収めることができれば、より有利な状況に立つことができる。 ▽しかし、UAE戦で好パフォーマンスを見せたMF今野泰幸(ガンバ大阪)、FW大迫勇也(ケルン)が揃って負傷離脱。ヒザの検査で離脱していたMF長谷部誠(フランクフルト)、骨折により離脱したMF高萩洋次郎(FC東京)とこの期間で4名の選手を欠くこととなった。代役にFW小林悠(川崎フロンターレ)、MF遠藤航(浦和レッズ)を追加招集したが、調子の良かった選手を起用できなくなったことは少なからずマイナスだ。 <span style="font-weight:700;">◆今野、大迫の代役は</span> ▽今野、大迫の離脱により、必然的にUAE戦からのメンバー変更が求められる日本代表。今野の代わりには追加招集された遠藤の他、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)、MF倉田秋(ガンバ大阪)が考えられる。遠藤を起用する場合は、UAE戦と形を変え、ダブルボランチにするだろう。清武、倉田の場合はインサイドハーフにそのまま入ることになる。 ▽また、大迫の代役も追加招集の小林のほか、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、FW本田圭佑(ミラン)が考えられる。タイプは異なるが、川崎Fでも1トップを務めている小林は「真ん中でのプレー意識してほしい」とハリルホジッチ監督からも言われており、大迫のポジションに入る可能性は高い。どのような構成にするかは注目だ。 ▽ハリルホジッチ監督は前日会見で「2つのソリューションを用意している」と語り、試合展開や相手の出方によって戦い方を変化させていく考えを持っているようだ。どの様なメンバーがピッチに立つとしても、ベースは「コレクティブ」なプレーとなることは変わりない。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション[4-3-3]</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170328_24_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽GKはUAE戦で久々の先発出場を果たしたGK川島永嗣とこれまでゴールマウスを守り続けたGK西川周作(浦和レッズ)が考えられる。トレーニングでは素晴らしい動きを見せていた西川だったが、試合でのコンディションを不安視していたハリルホジッチ監督だけに、UAE戦で好パフォーマンスを見せた川島を続けて起用すると予想する。 ▽最終ラインの4枚に変更はないだろう。右からDF酒井宏樹(ハノーファー)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF森重真人(FC東京)、DF長友佑都(インテル)と並ぶはずだ。 ▽そして問題の中盤だ。ボランチに入るMF山口蛍(セレッソ大阪)は確定と見ていいだろう。そして中盤の構成をダブルボランチにするか、アンカー+インサイドハーフにするかのチョイスが分かれるが、ここは倉田をインサイドハーフで起用すると予想する。トレーニング中の動きも調子の良さを窺わせ、短い時間ながらUAE戦でも能力の高さを見せた。トレーニング中にはハリルホジッチ監督との絡みも見せたため、倉田の起用を予想。もう1枚のインサイドハーフはMF香川真司(ドルトムント)となるだろう。 ▽左ウイングには不動のMF原口元気(ヘルタ・ベルリン)が入り、右にはUAE戦で代表初ゴールを記録したFW久保裕也(ヘント)がそのまま入ることになる。そして1トップには、岡崎が入ることになるとみる。大迫が見せた前線でのポストプレーという点では本田の方がハマるものの、相手がタイであることを考えると、ポスト役、裏抜け、前からの守備をこなせる岡崎がベターだろう。アウェイでのタイ戦でゴールを決めているFW浅野拓磨(シュツットガルト)は後半からの起用が見込まれる。 <span style="font-weight:700;">◆UAE戦をムダにしないために</span> ▽アウェイで良い形で勝利を収めた日本にとって、タイ戦での勝利は必須となった。ここで勝ち点を落とすようであれば、残り3試合でも厳しい状況を迎えることになる。 ▽「W杯でプレーできるかどうかが懸かった試合になる」とハリルホジッチ監督が前日会見で力強く語ったように、出場権を掴める試合だと考えて臨む必要がある。W杯アジア最終予選でのホームゲームはタイ戦を含めてあと2戦。貴重なホームゲームでもあるタイ戦は28日(火)の19時35分にキックオフを迎える。 2017.03.28 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

記者たちに中指を立てるなどの挑発行為を行ったハメス・ロドリゲスに処分か

▽コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、記者たちに向かって挑発行為を行ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ハメス・ロドリゲスは、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選を戦うコロンビア代表に招集されている。23日に行われた第13節のボリビア代表戦ではフル出場を果たし、83分には決勝ゴールを奪って1-0の勝利に貢献した。 ▽28日には第14節のエクアドル代表戦を控える中、『アス』によると建物内のハメス・ロドリゲスが『AFP通信』の記者らに向かって中指を立てるなどのジェスチャーを行った模様。またコロンビア『エル・ティエンポ』では、AFP通信の記者に行ったインタビューを掲載。「ハメスは建物内からカメラマンや記者に向かってピストルで撃つようなジェスチャーも行った」とコメントしている。 ▽今回の件に関して、ハメス・ロドリゲスやコロンビアサッカー連盟(CFF)からの正式なコメントは発表されていない。しかし『アス』は、証拠写真も抑えられていることから、ハメス・ロドリゲスに対して何らかの処分が下るだろうとしている。 2017.03.28 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

空席のオランダ代表指揮官…元インテルのF・デ・ブールは興味なし

今シーズン途中までインテルを率いていたフランク・デ・ブールは、空席となったオランダ代表指揮官のポストに興味はないようだ。代理人が明かしている。<br><br>オランダは26日、ダニー・ブリントを解任。直前にロシア・ワールドカップ欧州予選でブルガリアに敗れ、成績不振により職を追われることとなった。次期指揮官としてアヤックスなどを率いた経験を持つデ・ブールに白羽の矢が立ったが、代理人のグイド・アルバース氏はオランダ『AD Sportwereld』で就任の可能性を否定している。<br><br>「彼は毎日ピッチに立ちたがっている。だから代表監督の可能性はないよ。フランクはクラブの監督になりたいんだ」<br><br>一方で、フランクの双子の兄弟であるロナルドは、元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のルイ・ファン・ハール氏やバルセロナやチェルシーでアシスタントを務めた経験を持つヘンク・テン・カーテ氏を推している。誰がオランダ代表を次に率いることとなるのか注目だ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.28 09:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース