シャルケが南野途中出場のザルツブルク撃破で連勝! ニースはバロテッリ弾もクラスノダールに大敗…《EL》2016.09.30 04:12 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第2節のシャルケvsザルツブルクが29日に行われ、ホームのシャルケが3-1で勝利した。なお、シャルケのDF内田篤人はケガのため欠場。一方、ザルツブルクのMF南野拓実は、65分からプレーしている。▽ニースとの初戦を制したシャルケと、FCクラスノダールとの初戦に敗れたザルツブルクの一戦。EL初戦を制したものの、リーグ戦では開幕5連敗と泥沼の状況が続くシャルケは、直近のホッフェンハイム戦から先発数人を変更。体調不良のフンテラールが先発を外れたものの、エンボロやベンタレブ、ゴレツカら主力が起用された。一方のザルツブルクでは、南野がベンチスタートとなった。

▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、シャルケがワンチャンスを生かして先制に成功する。15分、左サイドを攻め上がったコラシナクがゴール前のスペースに絶妙なグラウンダーのクロスを供給。これをゴレツカがダイレクトで合わせたボールはGKに阻まれるも、跳ね返りを再びゴレツカが頭で押し込んだ。

▽ホームで幸先良く先制に成功したシャルケはその後もペースを掴むと、26分にはフィードに抜け出したシェプフがボックス内でシュートも、ここはGKヴァルケの好守に遭う。さらに40分過ぎにはボックス左で切り返したコラシナクが強烈なシュートを放つが、これは枠を捉えられず。一方、ホナタン・ソリアーノが接触プレーで頭部から流血するアクシデントに見舞われたザルツブルクは、なかなか決定機を作れぬまま、前半を終えた。

▽迎えた後半、1点リードのシャルケがいきなり追加点を奪う。47分、右サイドでヘヴェデスが上げたクロスがボックス内のDFカレタ=カルに当たってコースが変わると、このディフレクトボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

▽相手のオウンゴールで追加点を奪ったシャルケは畳みかける攻めを見せると、58分には右CKからナウドが放ったヘディングシュートがクロスバーを叩き、ゴールライン際にボールが落ちる。この場面でゴールラインを完全に割っていたものの、副審はゴールを認めず。それでも、跳ね返りに詰めたヘヴェデスが押し込み、ダメ押しの3点目を奪った。

▽敵地で痛恨の3失点目を喫したザルツブルクは、65分にラザロとライマーを下げて南野とラドシェビッチを同時投入。すると、この交代がゴールに結びつく。72分、右サイドでライナーが入れたクロスをニアで南野が競ると、このこぼれ球がファーサイドに流れる。これを主砲ホナタン・ソリアーノが冷静に蹴り込んだ。

▽その後、南野の果敢な仕掛けを軸に攻勢に出たザルツブルクだったが、完全に守りに入ったシャルケの守備を最後まで崩し切れず。ホームで快勝のシャルケがグループステージ2連勝を飾った。一方、敗れたザルツブルクは厳しい連敗となった。

▽また、同日行われたグループIのもう試合、FCクラスノダールvsニースは、ホームのクラスノダールが5-2で大勝した。相手DFダンテのミスなどで2点を先行したクラスノダールは、前半終了間際にバロテッリのスライディングシュートから1点を返された。

▽だが、後半も主導権を掴むホームチームは、再びダンテのミスやPKから効果的にゴールを重ね、最終的に5-2の大勝を飾った。この結果、クラスノダールがグループステージ連勝、ニースが連敗という形になった。

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケが重鎮の36歳ナウドと2020年まで契約延長

▽シャルケは17日、元ブラジル代表DFナウド(36)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から2年更新した格好だ。 ▽2016年に夏にブレーメンからシャルケに加入した198cmの長身センターバックであるナウドは、シャルケでの在籍2シーズンで公式戦75試合に出場して9ゴール4アシストを記録。昨季はブンデスリーガでフルタイム出場を果たし、7ゴールを挙げてチームを2位に押し上げていた。 ▽36歳ながらその年齢を感じさせないパフォーマンスを続けるナウドはシャルケとの契約延長について以下のように語っている。 「シャルケでプレーし続けられることがとにかく嬉しい。素晴らしいファンが支える、素晴らしいクラブだ。これからもこのクラブでプレーすることを楽しみにしている」 2018.10.18 05:10 Thu
twitterfacebook
thumb

宇佐美途中出場のデュッセルドルフ、復調シャルケに完封負けで3連敗《ブンデスリーガ》

▽デュッセルドルフは6日、ブンデスリーガ第7節でシャルケをホームに迎え、0-2で敗れた。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は66分からプレーしている。 ▽前節ニュルンベルク戦では宇佐美が今季初先発を飾ったものの、デュッセルドルフは0-3の完敗に終わった。その宇佐美はベンチスタートとなった。 ▽開幕からの連敗を5で止め、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のロコモティフ・モスクワ戦では1-0の勝利を収めて復調気配のシャルケに対し、デュッセルドルフは互角の攻防を見せる。 ▽しかし、それぞれ枠内シュート1本の静かな前半はゴールレスで終了した。 ▽ところが迎えた後半の序盤、シャルケに立て続けに2点を奪われる。まずは48分、サイド攻撃で揺さぶられ、最後はマッキーニーに左足ボレーで蹴り込まれた。さらに53分、ミドルシュートのルーズボールをブルクシュタラーに押し込まれてしまった。 ▽2点を追う展開となったデュッセルドルフは66分に宇佐美を[4-4-2]の右サイドに投入する。すると70分、宇佐美が頭で繋いだ流れからモラレスがミドルシュートを浴びせたが、GKフェールマンの好守に阻まれた。 ▽しかし、終盤にかけてデュッセルドルフはチャンスを作れずに0-2で敗戦。3連敗となっている。一方、勝利したシャルケは公式戦3連勝となった。 2018.10.07 01:11 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ、終盤のマッキーニー弾でロコモティフに競り勝つ《CL》

▽シャルケは3日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第2節でロコモティフ・モスクワとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽初戦のポルト戦では不運なPK2本で1-1の引き分けスタートとなったシャルケは、ブンデスリーガでは直近のマインツ戦を1-0と辛勝して開幕からの連敗を5で止めた。そのシャルケはマインツ戦のスタメンから6選手を変更。ナウドやエンボロ、ルディにウートらが先発に戻った。 ▽初戦のガラタサライ戦を0-3と完敗したロコモティフに対し、3トップに右からウート、エンボロ、コノプリャンカと並べる[3-4-3]で臨んだシャルケは、慎重な立ち上がりを見せる。 ▽相手にポゼッションを渡し、自陣で構えて守備のバランスを崩さない。しかし27分にピンチ。S・サネのクリアが甘くなってゴール正面のバリノフに決定的なシュートを打たれたが、GKフェールマンが好守で凌いだ。前半半ば以降も守勢に回ったシャルケはロコモティフの攻撃を自陣で凌ぎ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽後半から前がかったシャルケがボールを保持する時間を増やしていくも、前半同様互いにシュートに持ち込めない状況が続く。 ▽膠着状態が続く中、71分にようやくシャルケがゴールに迫る。ウートがボックス左に侵入してGKを強襲するシュートを浴びせた。 ▽終盤にかけても膠着していた中、85分にウートがミドルシュートでゴールに迫ったシャルケは、88分に待望のゴールを奪った。コノプリャンカの右CKからマッキーニーがヘディングシュートで流し込んだ。これが決勝点となってシャルケが勝利。勝ち点を4に積み上げている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.04 03:48 Thu
twitterfacebook
thumb

開幕5連敗のシャルケ…解任危機のテデスコ監督は気丈に「サポートを感じている」

ブンデスリーガで開幕5連敗と危機に瀕するシャルケのドメニコ・テデスコ監督は、気丈に振る舞っている。ドイツ『スカイ』が伝えた。<br><br>シャルケは25日、ブンデスリーガ第5節でフライブルクと対戦。シャルケはチャンスを作りながらも決めることはできず、0-1で敗れて5連敗となった。リーグで唯一勝ち点0のチームとなっており、最下位に沈んでいる。テデスコ監督は試合についてこのように振り返った。<br><br>「前半は今季のベストパフォーマンスだった。しかし、決めることができなかったから、勝利できなかったんだと思う。リードを奪えていたら、フライブルクにとっては難しくなっていただろうけどね&hellip;」<br><br>続けて、「我々はプレーを続けなければならないし、次こそゴールを決めなければ」と前を向く。一部では解任の可能性も伝えられるテデスコだが、クラブからはサポートを感じているという。<br><br>「100%のサポートを感じている。すべては今季のことだ。昨シーズンのことは何の保証にもならない」<br><br>昨季はチームを2位に導いたテデスコ。今シーズンは一転して危機に陥っている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.26 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

開幕4連敗シャルケに内紛か…試合中に監督と途中交代FWが口論

シャルケのドメニコ・テデスコ監督とFWフランコ・ディ・サントの試合中の言い争いが物議を醸している。<br><br>シャルケは22日、ブンデスリーガ第4節でバイエルンと対戦。0-2と力負けし、開幕からの4連敗が決まった。そして試合中には問題のシーンもカメラによって映し出されている。<br><br>65分に途中交代となっていたディ・サントがベンチからテデスコ監督に声をかけると、指揮官は振り返って激高。2人は試合中にもかかわらず激しい口論を繰り広げることになった。<br><br>テデスコ監督は試合後に「確かに激しい口論があった。失望している。リスペクトが必要だよ。良いグループであるためにスタイルを維持しなければならない。日曜日に内部で話し合うことになるだろう」とコメントしている。<br><br>また、シャルケの主将であるGKラルフ・フェールマンは「ドメニコは正しい決断を出した。従えないのなら、ペナルティが科せられるだろう」と話した。<br><br>昨季とは打って変わって成績が伴っていないシャルケ。内部の衝突もあり、チームの雰囲気は良くない方向へ進んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 17:15 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース