シャルケが南野途中出場のザルツブルク撃破で連勝! ニースはバロテッリ弾もクラスノダールに大敗…《EL》2016.09.30 04:12 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第2節のシャルケvsザルツブルクが29日に行われ、ホームのシャルケが3-1で勝利した。なお、シャルケのDF内田篤人はケガのため欠場。一方、ザルツブルクのMF南野拓実は、65分からプレーしている。

▽ニースとの初戦を制したシャルケと、FCクラスノダールとの初戦に敗れたザルツブルクの一戦。EL初戦を制したものの、リーグ戦では開幕5連敗と泥沼の状況が続くシャルケは、直近のホッフェンハイム戦から先発数人を変更。体調不良のフンテラールが先発を外れたものの、エンボロやベンタレブ、ゴレツカら主力が起用された。一方のザルツブルクでは、南野がベンチスタートとなった。

▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、シャルケがワンチャンスを生かして先制に成功する。15分、左サイドを攻め上がったコラシナクがゴール前のスペースに絶妙なグラウンダーのクロスを供給。これをゴレツカがダイレクトで合わせたボールはGKに阻まれるも、跳ね返りを再びゴレツカが頭で押し込んだ。

▽ホームで幸先良く先制に成功したシャルケはその後もペースを掴むと、26分にはフィードに抜け出したシェプフがボックス内でシュートも、ここはGKヴァルケの好守に遭う。さらに40分過ぎにはボックス左で切り返したコラシナクが強烈なシュートを放つが、これは枠を捉えられず。一方、ホナタン・ソリアーノが接触プレーで頭部から流血するアクシデントに見舞われたザルツブルクは、なかなか決定機を作れぬまま、前半を終えた。

▽迎えた後半、1点リードのシャルケがいきなり追加点を奪う。47分、右サイドでヘヴェデスが上げたクロスがボックス内のDFカレタ=カルに当たってコースが変わると、このディフレクトボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

▽相手のオウンゴールで追加点を奪ったシャルケは畳みかける攻めを見せると、58分には右CKからナウドが放ったヘディングシュートがクロスバーを叩き、ゴールライン際にボールが落ちる。この場面でゴールラインを完全に割っていたものの、副審はゴールを認めず。それでも、跳ね返りに詰めたヘヴェデスが押し込み、ダメ押しの3点目を奪った。

▽敵地で痛恨の3失点目を喫したザルツブルクは、65分にラザロとライマーを下げて南野とラドシェビッチを同時投入。すると、この交代がゴールに結びつく。72分、右サイドでライナーが入れたクロスをニアで南野が競ると、このこぼれ球がファーサイドに流れる。これを主砲ホナタン・ソリアーノが冷静に蹴り込んだ。

▽その後、南野の果敢な仕掛けを軸に攻勢に出たザルツブルクだったが、完全に守りに入ったシャルケの守備を最後まで崩し切れず。ホームで快勝のシャルケがグループステージ2連勝を飾った。一方、敗れたザルツブルクは厳しい連敗となった。

▽また、同日行われたグループIのもう試合、FCクラスノダールvsニースは、ホームのクラスノダールが5-2で大勝した。相手DFダンテのミスなどで2点を先行したクラスノダールは、前半終了間際にバロテッリのスライディングシュートから1点を返された。

▽だが、後半も主導権を掴むホームチームは、再びダンテのミスやPKから効果的にゴールを重ね、最終的に5-2の大勝を飾った。この結果、クラスノダールがグループステージ連勝、ニースが連敗という形になった。

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケのスペイン人DFインスーア、リーガ初昇格のウエスカにレンタル移籍

▽リーガエスパニョーラに初昇格したウエスカは20日、シャルケのスペイン人DFパブロ・インスーア(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽デポルティボ出身のセンターバックであるインスーアは、レンタル先のレガネスで頭角を表すと、2017年6月にシャルケへ4年契約で移籍。しかし、2017-18シーズンは心膜炎の影響があってブンデスリーガ1試合の出場に留まっていた。 2018.07.21 00:42 Sat
twitterfacebook
thumb

DFヘヴェデスがユーベからシャルケに帰還も…再び移籍へ?

▽ユベントスにレンタル移籍していた元ドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデス(30)が、シャルケに復帰している。クラブのツイッター公式アカウント(@s04_jp)上で伝えられている。 ▽シャルケの下部組織出身であるヘヴェデスは、2007年10月にトップチームデビューを果たした。すると、主力として安定したパフォーマンスを披露し、昨シーズンに買い取りオプション及び成績達成時の買い取り義務付きのレンタルでユベントスに加入。しかし、昨シーズンは負傷などの影響もあり公式戦3試合1ゴールの成績に留まり、シャルケに戻ることとなった。 ▽シャルケは19日、ヘヴェデスがパフォーマンステストを終え、チームトレーニングに参加する旨をツイート。なお、『キッカー』日本語版によれば、ヘヴェデスはシャルケのプランに含まれていないという。スポーツディレクターのクリスチャン・ハイデル氏の「両者とも変わることに関心がある」とのコメントを紹介し、移籍の意向でクラブ側と選手側が一致している報じている。 2018.07.20 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

レバンテがシャルケからDFコケを完全移籍で獲得…2022年まで契約

▽レバンテは2日、シャルケからスペイン人DFコケ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。契約期間は2022年までとのことだ。 ▽コケはラージョの下部組織出身で、2011年7月にセビージャへと移籍。2016年8月にシャルケへと移籍していた。 ▽しかし、シャルケでは出場機会に恵まれず、公式戦10試合に出場し1ゴール。2018年1月にシャルケからレバンテへレンタル移籍すると、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで17試合に出場し3ゴールを記録していた。 ▽これまではリーガで134試合に出場し12ゴール10アシスト。2部でも106試合に出場し15ゴールを記録していた。 2018.07.03 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

衝撃…モロッコ代表としてロシアW杯出場のシャルケMFアミーヌ・アリが死亡事故起こす…本人に大きなケガはない模様

▽シャルケは6月30日、クラブに在籍するモロッコ代表MFアミーヌ・アリ(21)が前日夜にモロッコのマラケシュで死亡事故を起こしたことを発表した。なお、同選手のケガの有無は現時点で不明だが、生命に関わるような重大なケガは負っていない。 ▽シャルケはクラブ公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。 「FCシャルケ04は土曜日(6月30日)に昨晩マラケシュにて死亡者を出す悲惨な事故が発生し、その事故にアミーヌ・アリも関与していたという非常に驚くべき知らせを受けました」 「そして同日、(スポーツ・ディレクターの)クリスチャン・ハイデルは、アリとのコンタクトを取り、本人はまだショックを受けています。アリはハイデルに、この悲惨な結果となってしまった昨晩のことについて説明を行い、アリ自身が自動車を運転し、事故を避けることは無理だったと話しています」 「警察は事故の調査を行っており、アリは警察の聴取を受けた後、今はモロッコの家族と共に過ごし、心理学者からのサポートも受けています」 ▽また、ハイデルSDは「何よりアミーヌはもとより、シャルケは被害者や家族のその皆さまへお悔やみを申し上げます。私たちは今、継続的にアミーヌとコンタクトを取っています』と、今回の事故に関してコメントしている。 ▽2016年にナントでプロキャリアをスタートしたアリは、トップ下と左サイドを主戦場とする突破力と創造性に優れた攻撃的MF。昨夏、シャルケに加入すると2017-18シーズンは公式戦35試合に出場して、3ゴール7アシストを記録した。年間最優秀若手選手にあたる「ブンデスリーガ・ルーキー・アワード 2017/18」も受賞していた。 ▽また、U-18カテゴリーから生まれ育ったフランスの世代別代表でプレーしていたアリだが、フル代表はルーツのあるモロッコ代表を選択し、今回のロシア・ワールドカップではグループB初戦のイラン代表戦で先発出場していた。 2018.07.01 08:06 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケがマドリーからMFマスカレルを獲得…ここ2シーズンはフランクフルトでプレー

▽シャルケは28日、レアル・マドリーからMFオマール・マスカレル(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの4年間となる。 ▽マスカレルは、マドリーの下部組織出身で、ダービーやスポルティング・ヒホンへのレンタル移籍を経験。2016年7月にフランクフルトへと完全移籍していた。 ▽フランクフルトでは、2016-17シーズンのブンデスリーガで28試合に出場。2017-18シーズンは負傷の影響もあり、ブンデスリーガで9試合出場1ゴールに留まっていた。 ▽バイエルンなども獲得に興味を示していた逸材。マドリーが一旦買い戻し、シャルケへと売却する形で移籍が成立した。 2018.06.29 07:45 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース