J2クラブライセンス不交付により昇格の可能性が消滅した鹿児島ユナイテッドFC代表「クラブとして大変残念」2016.09.28 18:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿児島ユナイテッドFCは28日、J2クラブライセンス申請の結果を報告。「不交付」となった理由を説明するとともに、ファン・サポーター、スポンサーに謝罪した。

▽今シーズンから明治安田生命J3リーグに参戦した鹿児島は、ここまでJ3で3位につけており、1年でのJ2昇格の可能性が見えていた。2017シーズンのJ2クラブライセンスを申請していたものの、審査の結果「不交付」となり、今シーズンの順位に関わらずJ2昇格の可能性が消滅した。

▽鹿児島は、クラブ公式サイトを通じてJ2クラブライセンスが「不交付」となった理由を説明。代表の徳重剛氏の署名で、「公認スタジアム」と「スタジアム入場可能数」を充足していないことだと報告した。

「今回Jリーグから示された不交付の理由は、クラブライセンス交付規則番号I.01とI.03を充足していないことにあります」

「I.01は公認スタジアムのことで、クラブとスタジアム所有者とでJリーグ規約に定める要件を満たしたホームスタジアムにおいてホームゲームの80%以上を開催できることが書面で合意されていない状態です」

「I.03はスタジアムの入場可能数のことで、現在のホームスタジアムである鹿児島県立鴨池陸上競技場は、2020年の鹿児島国体に向けて段階的に改修工事を行っておりますが、2016年度からメインスタンドの全面改修および屋根部分の改修工事を行うこととなっており、シーズン中を通して観客席10,000人を常時満たすことが確約できない状態です。つまりJリーグ規約に定める要件を満たしたホームスタジアムが無い状態ということになります」

「したがって、J2スタジアム基準のA等級項目を満たさないとの判定です。以上が2017シーズンのJ2ライセンス不交付となった理由となります」

▽また、最後には来シーズンのJ2昇格の可能性が消滅したことを謝罪。ファン・サポーター、スポンサーに向けてもメッセージを綴っている。

「今シーズン残り7試合となり現在3位と昇格を目指せる順位にいるにも関わらず、来シーズンの昇格がなくなってしまったことはクラブとして大変残念です。また応援してくださるファン・サポーター・スポンサーの皆様、県民市民の皆様のご期待に応えられなかったことを大変申し訳なく思います」

コメント

関連ニュース

thumb

鹿児島が琉球下し連勝突入! 北九州もFC東京U-23に勝利で4戦ぶり白星《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第7節の2試合が14日に行われた。 ▽鹿児島ユナイテッドFCとFC琉球の試合では、2-1で鹿児島が勝利。試合は、ゴールレスで迎えた後半に動きをみせる。58分、鹿児島の右CKの場面で、ファーの藤澤が右足でシュートを放つ。これはミートしなかったが、軌道の逸れたボールをボックス内の田中秀が流し込んだ。さらに65分には野嶽がボックス手前から右足を一閃。ミドルシュートを突き刺し、点差を広げていく。71分には、途中出場の金成純の左サイドからのクロスにファーサイドで西岡大が合わせ、琉球が1点を返したが、反撃はここまで。試合が終了し、逃げ切った鹿児島が連勝を飾ることに。対する琉球は3試合勝ちなしとなった。 ▽また、FC東京U-23vsギラヴァンツ北九州では、0-1で北九州が勝利した。試合が動きをみせたのは、後半の半ば。74分、北九州がFC東京U-23陣内右からのFKを獲得すると、キッカーの川上がクロスを上げる。すると、ダヴィがヘディングシュートを放ち先制に成功。結局、この1点が決勝点となって試合が終了し、北九州が4試合ぶりの勝利を手にすることに。対するFC東京U-23は連敗を喫することとなった。 ◆明治安田生命J3リーグ第7節 結果 ▽4/14(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 2</span>-1 FC琉球 FC東京U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ギラヴァンツ北九州</span> ▽4/15(日) 《13:00》 ブラウブリッツ秋田 vs アスルクラロ沼津 ガイナーレ鳥取 vs Y.S.C.C.横浜 《14:00》 ザスパクサツ群馬 vs 藤枝MYFC SC相模原 vs カターレ富山 ガンバ大阪U-23 vs AC長野パルセイロ セレッソ大阪U-23 vs 福島ユナイテッドFC 2018.04.14 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島、白波スタジアムに名称変更! 変更後初戦は4月17日琉球戦

▽鹿児島ユナイテッドFCは26日、ホームスタジアムとして使用する鹿児島県立鴨池陸上競技場の名称変更を発表した。 ▽鹿児島はこのたび、薩摩酒造株式会社との施設命名権契約を締結。契約期間は2018年4月1日〜2021年3月31日までの3年間となる。 ▽それに伴い、名称も鹿児島県立鴨池陸上競技場から白波スタジアムに変更。名称変更後のホーム初戦は、4月14日に行われる明治安田生命J3リーグ第7節のFC琉球戦となる。 2018.03.26 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島がGKアン・ジュンスの接触事故を報告 相手女性は頸椎ねん挫

▽鹿児島ユナイテッドFCは29日、セレッソ大阪から期限付き移籍で加入したGKアン・ジュンス(20)の自動車による交通事故を報告した。 ▽アン・ジュンスは、27日17時23分頃に鹿児島市紫原3丁目の交差点で自身の運転する乗用車と軽自動車が接触事故。アン・ジュンス自身にケガこそなかったものの、軽自動車を運転していた40代女性は検査で頸椎ねん挫と診断され、治療を受けて帰宅したという。 ▽アン・ジュンスは、「この度は私の不注意で事故を起こしてしまい、多くの方々にご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ありませんでした。被害に遭われた女性の方には心より深くお詫び申し上げます。二度とこのようなことがないように、細心の注意をして安全運転に努めます」と謝罪している。 ▽なお、クラブも「関係者の皆様には多大なご迷惑をお掛けしたことを、心よりお詫び申し上げます。クラブは、アン ジュンス選手に対して厳重注意を行うと共に、再発防止に向けて全選手、関係者への取り組みを徹底してまいります」としている。 2018.01.29 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島DF木村魁人がサウルコス福井との期限付き移籍期間を延長

▽鹿児島ユナイテッドFCは26日、DF木村魁人(24)がサウルコス福井(北信越フットボールリーグ)との期限付き移籍期間を延長することを発表した。 ▽新たな期間は2018年2月1日~2019年1月31日までとなる。また、木村は期間中に鹿児島ユナイテッドFCと対戦するすべての公式戦に出場できない。 ▽神奈川県出身の木村は、2016年に関東学院大学から福井に入団。昨シーズンから鹿児島入りを果たしたものの、加入シーズンから期限付き移籍で福井でプレーすることとなっていた。昨シーズンは、北信越リーグ14試合2ゴールをしている。 2018.01.26 15:43 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島DF上本大海が17年の現役生活に幕…磐田、大分、C大阪、仙台、長崎でもプレー

▽鹿児島ユナイテッドFCは12日、DF上本大海(35)が現役引退することを発表した。 ▽上本は、鹿児島県指宿市出身で、鹿児島実業高校から2001年にジュビロ磐田に入団。2005年からは大分トリニータ、2010年からはセレッソ大阪、2012年からはベガルタ仙台でプレー。2016年にV・ファーレン長崎に移籍すると、2017年から鹿児島でプレーしていた。通算成績はJ1で230試合出場4得点、J2で5試合に出場、J3で22試合に出場し1得点を記録。リーグカップは34試合に出場し1得点、天皇杯は19試合に出場していた。上本はクラブを通じてコメントしている。 「この度17年間というサッカー人生に終止符をうつことを決断しました。ジュビロ磐田からスタートして大分トリニータ、セレッソ大阪、ベガルタ仙台、V・ファーレン長崎、そして地元の鹿児島ユナイテッドFCと渡り歩いてきました」 「優勝の喜びや降格の苦しみ悲しみ、様々な経験をさせていただいたことが、今では僕の財産です。このような場所を与えて頂いたことを感謝しています」 「そして、チーム、選手だけでは実現できない雰囲気を作って頂いたファン、サポーターの皆さま、そしてご支援頂いたスポンサーの方々には選手たちを輝かせて頂き感謝しています」 「皆様こそが僕のサッカー人生のMVPだと思っています。これまで培ってきた経験をまた次のステージで生かせるように頑張っていきます」 2018.01.12 21:40 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース