J2クラブライセンス不交付により昇格の可能性が消滅した鹿児島ユナイテッドFC代表「クラブとして大変残念」2016.09.28 18:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿児島ユナイテッドFCは28日、J2クラブライセンス申請の結果を報告。「不交付」となった理由を説明するとともに、ファン・サポーター、スポンサーに謝罪した。▽今シーズンから明治安田生命J3リーグに参戦した鹿児島は、ここまでJ3で3位につけており、1年でのJ2昇格の可能性が見えていた。2017シーズンのJ2クラブライセンスを申請していたものの、審査の結果「不交付」となり、今シーズンの順位に関わらずJ2昇格の可能性が消滅した。

▽鹿児島は、クラブ公式サイトを通じてJ2クラブライセンスが「不交付」となった理由を説明。代表の徳重剛氏の署名で、「公認スタジアム」と「スタジアム入場可能数」を充足していないことだと報告した。

「今回Jリーグから示された不交付の理由は、クラブライセンス交付規則番号I.01とI.03を充足していないことにあります」

「I.01は公認スタジアムのことで、クラブとスタジアム所有者とでJリーグ規約に定める要件を満たしたホームスタジアムにおいてホームゲームの80%以上を開催できることが書面で合意されていない状態です」

「I.03はスタジアムの入場可能数のことで、現在のホームスタジアムである鹿児島県立鴨池陸上競技場は、2020年の鹿児島国体に向けて段階的に改修工事を行っておりますが、2016年度からメインスタンドの全面改修および屋根部分の改修工事を行うこととなっており、シーズン中を通して観客席10,000人を常時満たすことが確約できない状態です。つまりJリーグ規約に定める要件を満たしたホームスタジアムが無い状態ということになります」

「したがって、J2スタジアム基準のA等級項目を満たさないとの判定です。以上が2017シーズンのJ2ライセンス不交付となった理由となります」

▽また、最後には来シーズンのJ2昇格の可能性が消滅したことを謝罪。ファン・サポーター、スポンサーに向けてもメッセージを綴っている。

「今シーズン残り7試合となり現在3位と昇格を目指せる順位にいるにも関わらず、来シーズンの昇格がなくなってしまったことはクラブとして大変残念です。また応援してくださるファン・サポーター・スポンサーの皆様、県民市民の皆様のご期待に応えられなかったことを大変申し訳なく思います」
コメント
関連ニュース
thumb

鹿児島MF松下年宏が現役引退…「17年間もプレーさせて頂いたのは僕の財産」

鹿児島ユナイテッドFCは15日、MF松下年宏(35)の現役引退を発表した。 松下は2002年に鹿児島実業高校からガンバ大阪に入団して、プロキャリアをスタート。その後、2006年に期限付き移籍でアルビレックス新潟に期限付き移籍し、完全移籍を果たした2009年にはリーグ全試合に出場した。その後、2010年にFC東京に完全移籍し、ベガルタ仙台での3年間のプレーを経て、2014年に横浜FCに。2017年からは地元・鹿児島でプレーしていた。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに1試合、天皇杯に1試合出場した。 キャリア通算では、J1で234試合15ゴール、J2で74試合9ゴール、J3で15試合1ゴール、国内カップ戦で42試合4ゴールを記録した。 現役引退を決断した松下は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、現役を引退する事を決意しました。子供のころに夢みたJリーグの舞台で、17年間もプレーさせて頂いたことは、僕の財産です。ガンバ大阪、アルビレックス新潟、FC東京、ベガルタ仙台、横浜FC、鹿児島ユナイテッドFC…それぞれのチームで応援、サポートして下さった全ての方々に感謝致します。サッカーを通して学んだ事や経験を糧に、次の舞台でも全力で魂を込めて精進していきたいと思います」 「17年間、本当にありがとうございました。僕に関わってくださったすべての方に、心から感謝を込めて」 2019.01.15 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島、GK岩﨑知瑳との契約更新を発表

鹿児島ユナイテッドFCは8日、GK岩﨑知瑳(24)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 大分県出身の岩﨑は、2017年から鹿児島に所属。しかし、これまで出場機会は得られず、バックアップを務めるに留まっている。 岩﨑は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆GK岩﨑知瑳 「鹿児島の力になれるように全力で頑張っていきます。J2初年度、皆さんと共に歩み、戦っていきましょう。応援よろしくお願い致します」 2019.01.08 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島、昨季サウルコス福井に期限付き移籍のDF木村魁人と契約満了

鹿児島ユナイテッドFCは8日、DF木村魁人(25)の契約満了を発表した。 木村は2017年にサウルコス福井から鹿児島に完全移籍。昨シーズンは4月から福井に再び期限付き移籍で加入し、北信越1部で13試合に出場した。 鹿児島との契約満了が決定した木村は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「J2昇格おめでとうございます。そして2年間お世話になりました。鹿児島の力になれなかった事が本当に悔しいです。僕はまだサッカーを続けるので、これからも応援して頂けたら嬉しいです。いつまでも鹿児島を応援しています。2年間ありがとうございました」 2019.01.08 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島、福岡退団のDF堤俊輔を獲得 「チェストー!!!」

鹿児島ユナイテッドFCは7日、DF堤俊輔(31)の完全移籍加入を発表した。 浦和レッズ下部組織出身の堤は2006年にトップチーム昇格後、ロアッソ熊本や栃木SCを渡り歩き、2012年から福岡でプレー。2018シーズンは明治安田生命J2リーグ11試合に出場したが、シーズン終了後の退団が決定した。 今年から鹿児島でプレーすることが決まった堤はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「鹿児島の皆さん、はじめまして、今シーズンから鹿児島ユナイテッドFCでプレーさせていただくことになった堤 俊輔です。大好きな九州の街 鹿児島でプレーさせて頂けること、個人的にも縁のある鹿児島でプレーさせて頂けること、とても嬉しく、ワクワクしています! たくさんの皆さんに応援してもらえるよう、全力で鹿児島ユナイテッドFCのために戦います!みなさん、どうぞよろしくお願いします。お会いできる日を楽しみにしています! チェストー!!!」 2019.01.07 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

J2昇格の鹿児島、FW野嶽惇也&FW萱沼優聖の契約を更新!

鹿児島ユナイテッドFCは6日、FW野嶽惇也(24)とFW萱沼優聖(25)の契約を更新したことを発表した。 野嶽は2017年に福岡大学から鹿児島に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで29試合3ゴールを記録した。 菅沼は2018年にカターレ富山から鹿児島に完全移籍。昨シーズンはJ3リーグで23試合3ゴールを記録した。 来シーズンも鹿児島でプレーすることが決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FW野嶽惇也 「いよいよ新たな挑戦が始まるなという思いです。一人でも多くの方に応援していただけるような選手になるために、目標に向かう強い覚悟と感謝の気持ちをもって闘います」 ◆FW萱沼優聖 「あけましておめでとうございます。今年も鹿児島ユナイテッドFCでサッカーできる機会を与えていただき感謝しています。今年も選手としてプレーできることを幸せに思いながら、鹿児島ユナイテッドFCのために全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」 2019.01.06 18:15 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース