J2クラブライセンス不交付により昇格の可能性が消滅した鹿児島ユナイテッドFC代表「クラブとして大変残念」2016.09.28 18:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿児島ユナイテッドFCは28日、J2クラブライセンス申請の結果を報告。「不交付」となった理由を説明するとともに、ファン・サポーター、スポンサーに謝罪した。▽今シーズンから明治安田生命J3リーグに参戦した鹿児島は、ここまでJ3で3位につけており、1年でのJ2昇格の可能性が見えていた。2017シーズンのJ2クラブライセンスを申請していたものの、審査の結果「不交付」となり、今シーズンの順位に関わらずJ2昇格の可能性が消滅した。

▽鹿児島は、クラブ公式サイトを通じてJ2クラブライセンスが「不交付」となった理由を説明。代表の徳重剛氏の署名で、「公認スタジアム」と「スタジアム入場可能数」を充足していないことだと報告した。

「今回Jリーグから示された不交付の理由は、クラブライセンス交付規則番号I.01とI.03を充足していないことにあります」

「I.01は公認スタジアムのことで、クラブとスタジアム所有者とでJリーグ規約に定める要件を満たしたホームスタジアムにおいてホームゲームの80%以上を開催できることが書面で合意されていない状態です」

「I.03はスタジアムの入場可能数のことで、現在のホームスタジアムである鹿児島県立鴨池陸上競技場は、2020年の鹿児島国体に向けて段階的に改修工事を行っておりますが、2016年度からメインスタンドの全面改修および屋根部分の改修工事を行うこととなっており、シーズン中を通して観客席10,000人を常時満たすことが確約できない状態です。つまりJリーグ規約に定める要件を満たしたホームスタジアムが無い状態ということになります」

「したがって、J2スタジアム基準のA等級項目を満たさないとの判定です。以上が2017シーズンのJ2ライセンス不交付となった理由となります」

▽また、最後には来シーズンのJ2昇格の可能性が消滅したことを謝罪。ファン・サポーター、スポンサーに向けてもメッセージを綴っている。

「今シーズン残り7試合となり現在3位と昇格を目指せる順位にいるにも関わらず、来シーズンの昇格がなくなってしまったことはクラブとして大変残念です。また応援してくださるファン・サポーター・スポンサーの皆様、県民市民の皆様のご期待に応えられなかったことを大変申し訳なく思います」

コメント

関連ニュース

thumb

鹿児島が2位浮上! 今野初弾のG大阪U-23が連勝、藤枝は石崎新監督初陣飾れず《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第20節の3試合が、26日に各地で行われた。 ▽セレッソ大阪U-23vs鹿児島ユナイテッドFCはアウェイの鹿児島が2-1で逆転勝利した。 ▽この試合の勝利で2位浮上となる鹿児島だったが、前半29分に山田に先制点を許す苦しい入りに。それでも、ハーフタイム明けに萱沼、中原秀の同時投入を行い、流れを引き寄せると、55分に波状攻撃からボックス左でルーズボールに反応した藤澤のゴールで追いつく。 ▽ここから攻勢に転じた鹿児島は66分、田中奏の浮き球パスをゴール左に走り込んだ萱沼が見事なダイレクトボレーで合わせ、逆転に成功。その後、相手の反撃を冷静に凌ぎ切った鹿児島が2-1で逆転勝利。アスルクラロ沼津を抜いてJ2昇格圏内の2位に浮上した。 ▽また、6位のガンバ大阪U-23と10位のY.S.C.C.横浜の一戦はホームのG大阪U-23が3-0で快勝した。負傷明けの今野らを起用し、實好新体制で連勝を目指すG大阪U-23は開始3分に高木のGKへのプレッシャーからDFからボールを奪い、パスを受けた今野が冷静にGKとの一対一を制し、今季初ゴールで自らの復帰を祝う。 ▽これで完全に流れを掴んだG大阪U-23は33分に高木、後半の78分には井出のゴールでダメ押ししホームで3-0の快勝を飾った。 ▽9位・ブラウブリッツ秋田が14位・藤枝MYFCをホームに迎えた一戦では、4-0で秋田が勝利した。 ▽試合開始早々の11分、秋田が試合を動かす。ボックス左の外山が右足を振り抜くと、シュートが左ポストに直撃。跳ね返りを平石が押し込み、古巣相手に自身の今シーズン初ゴールを決め切った。 ▽1-0で試合を折り返した秋田は、後半に入っても得点を重ねていく。53分、ボックス右からドリブルで中央に侵攻した古田が放ったシュートが、ボックス内の藤枝DFに当たりゴールに吸い込まれOGに。続く69分にも古田が右足で藤枝ゴールを脅かすと、シュートは一度は藤枝DFに阻まれたものの、自ら反応しこぼれ球を押し込む。古谷とっては、これが今シーズンの初ゴールとなっている。 ▽さらに73分、右サイドの日高が藤枝陣内浅い位置から最前線に浮き球のパスを供給し、ボックス手前中央の藤田が頭で落とす。反応した前山がDF杉本の股を抜くシュートを放ち、リードを4点に広げた。 ▽その後も最後まで秋田のペースで試合が進行し、藤枝が一矢報いることは叶わず。4-0のスコアで試合が終了した。この結果、秋田は連勝に突入。対する藤枝は、Jリーグ通算最多指揮記録を持つ石崎信弘新監督の609試合目となる初陣を落とし、4試合勝ちなしとなった。 ◆明治安田生命J3リーグ第20節 結果 ▽8/26(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 4</span>-0 藤枝MYFC セレッソ大阪U-23 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 鹿児島ユナイテッドFC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪U-23 3</span>-0 Y.S.C.C.横浜 ▽8/25(土) FC東京U-23 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 1</span>-0 AC長野パルセイロ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 5</span>-2 グルージャ盛岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-1 福島ユナイテッドFC ガイナーレ鳥取 2-2 アスルクラロ沼津<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.26 23:03 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木が鹿児島FWアレックスを獲得 期限付き加入

▽栃木SCは17日、鹿児島ユナイテッドFCに所属するブラジル人FWアレックス(25)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2018年12月31日まで。背番号「49」に決定したアレックスは17日から栃木に合流する。 ▽2012年に湘南ベルマーレ在籍歴を持つアレックスは今年、福島ユナイテッドFCから鹿児島入り。だが、ここまで明治安田生命J3リーグ4災異の出場にとどまった。移籍決定を受け、両クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「鹿児島ユナイテッドFCより移籍してきましたアレックスです。チームの目標を一緒に達成してサポーターの皆様に喜びを与えれるよう、全力を尽くして貢献していきます。宜しくお願いします」 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「この度シーズン途中ではありますが、栃木SC に移籍することになりました。いつも声援を送って頂き一緒に戦ってくれたサポーターの皆様、選手の仲間のみんな、監督やスタッフの方々、そして約6ヶ月と短い間でしたが、鹿児島鹿児島ユナイテッドFCでプレーをする機会を与えて頂いたクラブの強化部そして関係者の皆様本当にありがとうございました」 「中々クラブに貢献できない中こういった決断をするのは難しかったですが、栃木SCで成長してまたこの素晴らしいサポーターの皆さまの前で鹿児島ユナイテッドFCの力になれるよう頑張って来ます。なので、さよならは言いません。また皆様に会える日を楽しみにしています」 2018.08.17 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島が横浜FCからFW中山雄希をレンタル 「必死に闘います」

▽鹿児島ユナイテッドFCは7日、横浜FCに所属するFW中山雄希(23)の期限付き移籍加入を発表した。契約期間は2019年1月31日までとなる。 ▽中山は、大宮アルディージャユースを経て早稲田大学に進学すると、2017に横浜FC入り。プロ2年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグ1試合の出場を記録した。移籍決定を受け、次のようにコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「この度、鹿児島ユナイテッドFCに加入することになりました中山雄希です。 プレーする機会を与えてくれた鹿児島ユナイテッドFCの関係者の皆様、スタッフ、監督には感謝申し上げます。シーズン途中からの加入となりますが鹿児島ユナイテッド昇格の原動力となれるよう必死に闘います。よろしくお願い致します」 ◆横浜FC 「横浜FCのファン、サポーターの皆様、この度は急な移籍となり、直接ご挨拶出来ないまま移籍という形となってしまったこと、そしてチームの目標達成に貢献できないまま去ること大変申し訳なく思っています。自分自身がより一層成長するために今回の決断に至りました。結果がでないときでもファンやサポーターの皆様の暖かい声援が本当に力になりました。横浜FCがJ1昇格することを願っています。成長した姿をまた皆様に見ていただけるよう鹿児島で頑張ってきたいと思います」 2018.08.07 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島、徳島からFW薗田卓馬が期限付き移籍加入! 昨季J3沼津で19ゴール

▽鹿児島ユナイテッドFCは31日、徳島ヴォルティスからFW薗田卓馬(25)が期限付き移籍加入することを発表した。背番号は「29」に決定。なお、契約期間は2019年1月31日までとなっている。 ▽鹿児島県出身の薗田は鹿児島城西高校、福岡大学を経て2016年に当時JFLのアスルクラロ沼津に加入すると、加入1年目に12ゴールを記録しJ3昇格に貢献。また、昨シーズンのJ3では得点ランキング2位の19ゴールを記録。ここでの活躍が評価され、今季から徳島に加入した。しかし、今季はリーグ戦1試合と天皇杯1試合の出場にとどまっていた。 ▽薗田は今回の移籍に際して両クラブの公式サイトでコメントを発表している。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「はじめまして、徳島ヴォルティスから加入することとなった薗田卓馬です。チーム・サポーターの皆様と力をひとつにしてJ2昇格出来るように、自分の持っている力を全て出したいと思っています。また、地元・鹿児島県でプレーするチャンスをいただいたクラブに感謝しています。自分らしく泥臭いプレーを見せたいと思っていますので、応援よろしくお願いします」 ◆徳島ヴォルティス 「このたび、鹿児島ユナイテッドFCに期限付き移籍することを決めました。なかなかチームに貢献出来ず悔しかったですが、移籍先で更にレベルアップして次は徳島に貢献出来るように頑張っていきます。ファン・サポーターの皆さまには応援していただき、本当に感謝しています。引き続き、応援よろしくお願いします!」 2018.07.31 16:18 Tue
twitterfacebook
thumb

京都が今季鹿児島加入のDF黒木恭平を期限付きで獲得

▽京都サンガF.C.は31日、鹿児島ユナイテッドFCに所属するDF黒木恭平(29)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月31日まで。8月1日からチームに合流する。背番号は「39」に決定している。 ▽熊本県出身の黒木は、2011年に強化指定選手としてサガン鳥栖入りすると、翌年に正式入団。以降、愛媛FC、ヴェルスパ大分、レノファ山口FC、大分トリニータを渡り歩き、今年から鹿児島に活躍の場を移したが、明治安田生命J3リーグ4試合の出場にとどまった。京都加入を受け、次のようにコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「シーズン途中ではありますが京都サンガF.C.に加入することになりました黒木恭平です。自分の持っているものを全て出し切って京都の力になれるように頑張ります。とにかく勝利を目指して頑張ります。よろしくお願いします」 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島の為にという思いでやってきて、このタイミングでチームを離れることを申し訳なく思っています。必ず選手として成長してまた鹿児島の力になりたいです。半年でしたがありがとうございました!」 2018.07.31 13:05 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース