超ワールドサッカー

酒井宏樹、開幕7戦連続先発 マルセイユはナントに逆転勝ちで4試合ぶり白星《リーグ・アン》2016.09.26 09:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルセイユは25日、リーグ・アン第7節でナントをホームに迎え、2-1で勝利した。マルセイユでプレーする日本代表DF酒井宏樹は開幕7戦連続先発。フル出場を果たした。

▽4試合ぶりの勝利を目指したマルセイユは、開始早々の2分に失点するが、22分にFWクリントン・エンジエのゴールで同点。迎えた後半にはFWバフェティンビ・ゴミスの一発で勝ち越し、2-1の逆転勝利を収めた。

▽マルセイユは、10月1日に行われる次節、アンジェとのアウェイゲームに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井宏樹のマルセイユ、苦手アウェーで勝利なるか?指揮官「問題は精神面」

マルセイユのルディ・ガルシア監督がアウェイで苦戦する理由を説明した。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはリーグ・アン第34節を終えた時点で6位につけている。ホームでは11勝4分け2敗の好成績を残している一方で、アウェイの戦績は3勝6分け8敗と、なかなか勝てていない。ガルシア監督はアウェイでの低調な成績について以下のようなコメントを残した。<br><br>「問題は精神面にあると思う。どのような状況でも、試合開始から目標を持ってプレーする必要がある。ホームではファンの歓声が力になるが、アウェイでも同じようにプレーしなくてはならないし、そのために練習している。90分通して力を出せなくては意味がない」<br><br>マルセイユは30日、敵地で17位のカーンと対戦する。ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得圏内の4位オリンピック・リヨンとの勝ち点差は「5」。苦手なアウェー戦とは言え、カーン相手に確実に勝利し、来季のEL出場に望みを繋ぐことが期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.29 20:54 Sat
twitterfacebook
thumb

ジルーの関心報道に対してヴェンゲル監督が一蹴「オファーは受けていない」

▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督に、同クラブに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)を手放す気はないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2012年6月にモンペリエからアーセナルに加入したジルーは今シーズン、公式戦で先発出場数が14回と出場時間が限られているものの、33試合で13ゴール6アシストを記録している。 ▽そんなジルーに最近、マルセイユが獲得への関心を寄せているとの報道が伝えられた。報道によると、マルセイユは今夏の移籍市場で最優先事項として同選手をリストアップしているようだ。また、ジルーに対して2000万ポンド(約28億1000万円)の移籍金を用意しているとのこと。今年1月に2020年までアーセナルと契約延長をした同選手だが、先発出場の少なさの点からもフランスへ連れ戻す余地があるとみているようだ。 ▽しかし、ヴェンゲル監督はジルーに対するオファーを受けていないと噂を一蹴。また、同選手をクラブに残したいと放出する気がないことを主張している。 「マルセイユからのオファーは受けていない。そして、我々はオリヴィエ・ジルーをクラブに残したいと思っている」 「現在と将来のために、シーズンの最終日まで働く。私に起こっていることは二の次で、重要なのはクラブの将来だ」 2017.04.26 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーが酒井宏樹の同僚に? マルセイユ、28億円で獲得狙う

▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは、アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)の獲得を狙っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽報道によれば、昨年10月にアメリカのビジネスマンであるフランク・マッコート氏によって買収されたマルセイユは、潤沢な資金を武器に、今夏のトップターゲットとするジルー獲得へ2000万ポンド(約28億1000万円)の移籍金を用意しているという。 ▽2012年にモンペリエから1200万ポンド(当時のレートで約15億円)程度の移籍金でアーセナルに加入したジルーは、今シーズンの公式戦33試合(13得点)に出場している。しかし、先発出場数はわずか14回。その点で、マルセイユ側は、今年1月に2020年までの新契約にサインしたばかりのジルーをフランスへ連れ戻す余地があるとみているようだ。 ▽また、今年1月にウェストハムから2500万ポンド(当時のレートで約36億円)でフランス代表MFディミトリ・パイエを獲得したマルセイユは、ジルーだけでなく、クリスタル・パレスのフランス代表MFヨアン・キャバイエの獲得も画策しているとのことだ。 2017.04.25 14:23 Tue
twitterfacebook
thumb

先発出場の酒井が3点目の起点に!! マルセイユは4試合ぶりの白星!!《リーグ・アン》

▽マルセイユは16日、リーグ・アン第33節でサンテチェンヌと対戦し4-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹は先発出場を果たし、80分までプレーしている。 ▽リーグ戦3試合連続ドロー中の6位・マルセイユ(勝ち点48)が、7位のサンチェチェンヌ(勝ち点45)をホームに迎えた一戦で、酒井は7試合連続となるスタメン出場となった。試合は開始7分、ボックス内でエブラが頭でGKに戻したボールがルーズとなり、マルセイユがピンチを招く。しかしカバーに入っていた酒井が大きく蹴りだして事なきを得た。 ▽すると22分にトヴァンのゴールでマルセイユが先制すると、31分にはゴミスも加点して2-0で前半を終える。迎えた58分、中盤でこぼれたボールを酒井が回収し、前線へパス。するとトヴァンが右サイドからボックス内へと入っていき3点目を奪いきった。 ▽酒井は80分に交代が告げられてベンチへ。チームは終盤にも1点を加えて4-0と快勝した。勝利したマルセイユは次節、アウェイでナンシーと対戦する。 2017.04.17 09:01 Mon
twitterfacebook
thumb

DF酒井宏樹はマルセイユの日本向けの親善大使に就任か「フランスは“楽園”」

▽日本代表DF酒井宏樹が、マルセイユの日本に向けた親善大使になるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今シーズンからマルセイユに加入した酒井は、加入1年目ながら右サイドバックのポジションを確保。リーグ・アンでは29試合に出場し攻撃の起点としても活躍している。 ▽フランスでもその能力を認められた酒井は、『AFP通信』で自身のフランスでのプレーぶりについてもコメント。フランスでの生活やサッカーにも適応していることを明かした。 「フランスには今日本人選手は2人(川島永嗣/メス)しか居ない。僕は大きな責任を感じています」 「僕はこれ以上のプレーができるとは考えていませんでしたが、僕は本当にグレードアップした気がしています」 「僕はフランス語が話せませんでしたし、フランスのフットボールは考えにありませんでした。でも、ベストを尽くし、みんなが僕を助けてくれました」 ▽ハノーファーで4シーズンプレーしていた酒井だが、チームは昨シーズン終了後にブンデスリーガから2部に降格。チームを退団した酒井のマルセイユ行きを後押ししたのは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督だった。 ▽ハリルホジッチ監督は、「オリンピック・マルセイユが私に電話をかけ、ヒロキについて知った。私は彼は素晴らしい若者で、訓練され、集中力もあり、素晴らしい人間だと彼らに伝えた」と語り、酒井をマルセイユに推薦していたようだ。 ▽フランス語も話せなかった酒井だが、9カ月が経過し環境にも慣れたとのこと。試合中も英語と少しのフランス語で対応しているようだ。 「僕には大きなチャレンジでした。勉強をする必要もありました。試合中は英語を話しますし、フランス語も少し話します」 「でも、9カ月が過ぎて、僕は精神的に非常に長い道のりを歩み、ここでの生活に完全に適応しました。サポーターが僕を嫌っているとも思いません(笑)」 ▽また、生活面でも問題を抱えていることはなく、フランスでの生活を楽しんでいる様子も明かした。 「ここでの魚は非常に新鮮で、産地には良い物がたくさんあります。僕はワインを少し飲みますし、食べ物にも慣れています。ウナギも食べましたよ」 「時には日本に帰りたいとも思いますが、ヨーロッパは僕のキャリアが始まった場所です。フランス南部の美しさは知りませんでした。いつもグレーで雨が降るドイツにいましたが、ここは楽園です」 2017.04.07 19:21 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース