広島GK増田卓也に第2子となる長女が誕生2016.09.20 18:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンフレッチェ広島は20日、GK増田卓也に第2子となる長女が誕生したことを発表した。▽広島の発表によると、19日に広島市内の病院で長女は誕生。3344グラムだったとのことだ。増田は今シーズンのリーグ戦の出場はない。

コメント

関連ニュース

thumb

先制アシストのMF青山敏弘「南野は出し手にとってはありがたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽先制点となったMF南野拓実のゴールをアシストしたMF青山敏弘は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。南野のプレーの質の高さを称賛した。 ◆MF青山敏弘(サンフレッチェ広島) ――1点目をアシストした南野選手についてやり易さはあるか 「スペースを見つけるポジショニングがすごくうまい。顔を上げた時に準備してくれているので、出し手にとってはありがたい。ボールが収まってテンポも出るし、スピードも上がる。プレッシャーの強い真ん中でああいうプレーをしてくれると、ボランチとしてはありがたい」 ――自身のプレーについては 「ミスもあったし、悪い時間帯もあったので。僕自身はチームとしてどう戦えるかが、自分の評価につながると思う。良くない時間帯の時にどう対応できるか、その点はそこまで悪くなかった。もっと点を取れただろうけど、90分を通して3-0で勝利することができたことはポジティブ」 ――サイドハーフには伊東と原口というスピードのある選手がいたが 「本当はもっとスペースを使いたかった。大迫に収まった後にスピードアップできなかった。収まった時に3人目の動きでスピードアップすることをチームとして作っていけると思うし、やっているところ。それでも足元に収まった時は元気もアシストもしていたし、伊東も怖い選手だから。僕らがそこまで作っていかないと」 ――守備面に関して 「そこはこだわりたいところ。全員守備でやっている分、隙がないと思う。それでも苦しい時間帯があったので、それを短くしたい。決定的なピンチはなかったけど、攻められた後、もっと攻撃につなげることをしたかった」 2018.10.12 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東純也が復帰即スーパーボレー2発! 柏が広島を3発粉砕で5戦ぶり勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のサンフレッチェ広島vs柏レイソルが、6日にエディオンスタジアム広島で行われ、3-0で柏が勝利した。 ▽首位・川崎フロンターレと勝ち点56で並び、2位に落ちた3試合勝ちのない広島は、0-1で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを1名のみ変更。ティーラシンに代えて、工藤を起用した。 ▽対する残留ラインの15位・名古屋グランパス(勝ち点31)を、勝ち点差1で追う4試合勝ちのない17位・柏レイソル(勝ち点31)は、2-3で競り負けた前節の浦和レッズ戦からスタメンを2名変更。亀川、江坂に代えて小池、伊東を起用した。 ▽試合は立ち上がりから柏がボールを保持しつつ進行していくが、リーグ2位の堅守を誇る広島の最終ラインを前に、アタッキングサードまで入り込むことができない。19分にはボックス手前右のオルンガが左足でゴール右下隅を狙ったが、GK林がセーブした。 ▽対する広島も、ロングボールを主体としたカウンターを狙うが効果的にゴールに迫ることができず。中盤での肉弾戦が続く試合、決定機がなかなか訪れない。 ▽試合を動かしたのは、この日先発復帰した柏のエースFWだ。柏ボールの右CKの場面でキッカーを務めたクリスティアーノのクロスがGK林にクリアされると、こぼれ球に反応したのは伊東。ボックス手前中央で体勢を崩しながらもダイレクトボレーシュートを放ち、ゴール左に沈めた。 ▽更に27分、伊東の躍動が止まらない。ロングボールがDF水本に跳ね返されると、ボックス手前やや右で待ち構えていたのはまたしても伊東。バウンドするボールをハーフボレー気味に右足のアウトサイドで捉え、鋭い回転のかかったシュートをゴール左上隅に突き刺した。 ▽立て続けに2失点を喫した広島はやや前がかりに。すると、それを逆手に取った柏が35分にカウンターを繰り出す。広島陣内中央付近でボールを持ったクリスティアーノが前を向くと、左サイド最前線を駆けるオルンガにピタリと合わせたスルーパスを送る。オルンガはスピードに乗ったままワントラップして左足を素早く振り抜き、ゴール右下を射抜く。スコアはあっという間に3-0に。 ▽広島は直後に工藤に代えてティーラシンを投入し、攻撃のテコ入れを図る。しかし、勢いに乗る柏に混乱はもたらすことはできず、3点を追う展開のまま、ハーフタイムに突入した。 ▽後半の立ち上がり、攻勢をかけたい広島はクロスからボックス内でパトリックにボールがこぼれるシーンではシュートに持ち込めず、53分にパトリックの落としに反応した柴崎がボックス内中央から放ったシュートも枠を捉えることができず、反撃の糸口を手繰り寄せられない。 ▽逆に柏は前半と比較して重心を後ろに寄せているが、前線でボールを収め続けているオルンガを中心に広島ゴールを脅かしていく。 ▽それでも、後半半ばから盛り返してきた広島は、62分に柴崎に代えてより攻撃な川辺を、66分にDF和田に代えてFWベサルト・ベリーシャを起用。攻撃の枚数を増加させた。 ▽すると67分、広島のMF柏が柏陣内中央付近右サイドからアーリークロスを供給。ボックス中央のパトリックが放った強烈なヘディングシュートはGK桐畑に弾かれたものの、前線のインテンシティを高めチャンスを作り出した。 ▽守備の時間が長くなっている柏は、72分にカウンターからクリスティアーノがボックス内左で一対一を迎えたが、ここではGK林に軍配。スコアが動きをみせない時間が続く。 ▽結局、3-0で柏がリードしたまま試合が終了した。この結果、広島は4試合勝ちなしで優勝争いに大打撃。対する柏は5試合ぶりの白星で残留に向け大きな勝ち点3を手にしている。 2018.10.06 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】目標に再び歩み始めるチームは?《広島vs柏》

▽仕切り直しの一戦。この終盤に来て足踏みが続くサンフレッチェ広島(勝ち点56/2位)が6日にエディオンスタジアム広島で行われる明治安田生命J1リーグ第29節で降格圏脱出を目論む柏レイソル(同30/17位)を迎え撃つ。 ◆ここで再び勝ち癖を〜サンフレッチェ広島〜 ▽失速。今の広島はその状況にある。第26節のサガン鳥栖戦を落とすと、続くFC東京戦で追いつかれドロー。前節のガンバ大阪戦に至っては、今シーズン3度目の完封負けを喫して、ついに首位の座から陥落した。 ▽要因を1つ挙げるのならば、得点ランキングトップタイの20得点を挙げるFWパトリックに依存度の高い攻撃面。今節は、そのパトリック偏重の攻撃を城福浩監督がどう修正してきたかがポイントになる。 ▽今節の相手は、降格圏に沈む柏。鳥栖、G大阪に続き柏にも勝ち点を取りこぼすようだと、首位に立つ川崎フロンターレの独走をアシストする格好にもなり得るだけに、ここできっちりと勝ち癖を取り戻したい。 ◆浮上のキッカケを〜柏レイソル〜 ▽柏は前節、浦和レッズとのアウェイ戦でFW瀬川祐輔の4戦連発弾で勝機を手繰り寄せたが、2-3の逆転負け。直近4試合で1分け3敗と白星から遠ざかっており、ついに自動降格圏の17位に落ちた。 ▽内容は悪くないが、勝てない。そんな一番タチの悪い流れから抜け出せないでいる。だが、下位はまだ12位のジュビロ磐田まで3ポイント差の大混戦。1つ勝つだけで降格圏脱出の可能性は十分にある。 ▽ただ、今節は広島が相手。一筋縄ではいかない難しい戦いが予想されるが、現状を考えると、相手は関係ない。チーム全体で一貫したマインドを保ち、勝ち点3に向かって全力を注げるか。そのキッカケを掴みたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181005_18_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、千葉和彦、野上結貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW:パトリック、ティーラシン 監督:城福浩<hr>▽パトリックの相方は今節もFWティーラシンか。G大阪戦でも幾度か形を作り出していただけに、今節もこの2トップの関係性に注目だ。 ◆柏レイソル[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181005_18_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:桐畑和繁 DF:小池龍太、鈴木大輔、パク・ジョンス、高木利弥 MF:伊東純也、小泉慶 、大谷秀和、クリスティアーノ FW:瀬川祐輔、オルンガ 監督:加藤望<hr>▽先の浦和戦でベンチスタートだったMF伊東純也は先発復帰が濃厚。ここ4試合で連発中の瀬川、FWオルンガと共に攻撃陣の牽引に期待がかかる。 【注目選手】 FWパトリック(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181005_18_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽広島の注目選手はパトリックだ。気合十分で古巣G大阪との一戦に先発したが、元僚友であるGK東口順昭の前に不発。首位堅持に導くことができなかった。今節はチームにとっても、自身にとっても仕切り直しの一戦。再び得点力爆発なるか。 FW瀬川祐輔(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181005_18_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽柏の注目選手は瀬川だ。チームとして苦しい戦いが続くが、個人としては1995年にFWベンチーニョがマークしたクラブ記録に迫る4戦連続中。だが、不運なことに、その間、チームとして勝ちがない。今節こそは──。その思いを胸にチームに勝利を届けない。 ◆復調のキッカケを掴むのは ▽広島にとって、公式戦3試合ぶりのホームゲームとなる今節。優勝争うチームと、残留争い真っ只中にいるチームの対戦となる。最近の戦いで白星から遠ざかる両者の一戦で復調のキッカケを掴むチームは果たして──。広島vs柏は14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">久々に勝利の美酒に酔いしれるのは?<br />広島vs柏をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.05 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

前回に続き招集の広島DF佐々木翔「結果にこだわって戦う」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽サンフレッチェ広島のDF佐々木翔は、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する日本代表に招集。「結果にこだわる」と語った。 「日本代表に選出されて嬉しく思います。今回の2試合も結果にこだわって戦い、日本のチームの力になれるように頑張ります。応援をよろしくお願いします」 2018.10.04 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

9月はキャプテンを務めた広島MF青山敏弘「勝利のために戦う」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽サンフレッチェ広島のMF青山敏弘は、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する日本代表に招集。「勝利のために戦う」と語った。 「日本代表に選ばれて光栄です。日本の勝利のために戦います」 2018.10.04 15:12 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース