【日本代表コラム】“チャレンジ”した監督、“チャレンジ”できなかった選手2016.09.02 21:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽「本当に心の底からガッカリしている」。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の口から最初に出てきた言葉だ。埼玉スタジアム2002に集まった58895人の観衆、テレビの前で観戦した人、スマートフォンやパソコンの前で文字情報を追っていた人──この一戦の結果を気にしていた多くの人が、同じ感想を抱いたのではないだろうか。

▽日本の立ち上がりは悪くなかった。11分にMF清武弘嗣のFKをFW本田圭佑がヘディングで合わせ、幸先良く先制する。これで勢いに乗りたかった日本だが、ボールを握るもミスが目立ち決定機を作れず。すると20分にA・ハリルに直接FKを沈められ、同点に追いつかれる。

▽同点ゴールを許した後もペースを握った日本だったが、MF香川真司が決定機を逸したり、細かいパスミスが目立つなどして時間が経過。同点で迎えた後半は立ち上がりにPKからA・ハリルに逆転ゴールを許し、そのまま1-2で敗れた。

▽この試合を前に、日本はDF長友佑都、MF柏木陽介とレギュラーとしてプレーした2選手をケガで欠くこととなった。長友の代役はDF酒井高徳が濃厚とされていたが、柏木の代わりをどの選手が務めるのかに注目が集まっていた。そして、ハリルホジッチ監督は、柏木の代役に日本代表初キャップとなるMF大島僚太を選択した。

▽ワールドカップの出場権を懸けた最終予選、そしてホームでの初戦ということを考えれば、MF山口蛍という選択肢もあっただろう。しかし、ハリルホジッチ監督は大島を選んだ。個人的には、この決断は賛成だ。経験値を考えれば山口の方が優勢だったが、川崎FやU-23日本代表で見せていた大島のゲームメイク力は、柏木が抜けた日本にとっては必要だった。

▽前半は、UAEも香川や本田、清武、FW岡崎慎司と言ったネームバリューのある前線の選手を警戒しており、大島の前にはスペースができることが多かった。しかし、川崎FやU-23日本代表で見せた鋭い縦パスや、大きなサイドへの展開、思い切りの良いミドルシュートは見られなかった。

▽「こういう試合で恥ずかしさを見せるところがあった」(ハリルホジッチ監督)と試合後の会見で語ったが、状況を考えれば当然かもしれない。また、リオ・デジャネイロ オリンピックから帰国したあと、インフルエンザでコンディションを落としながらもリーグ戦2試合に出場。コンディションが上がってないことも影響したはずだ。ただ、A代表に選ばれた選手と考えれば、残念に感じる部分でもあった。

▽しかし、大島のプレーが悪かったのかと問われたら、期待通りのプレーではなかったかもしれないが、問題は別のところにあるように思う。それは、ピッチの幅を使えなかった部分だ。

▽「縦に早いサッカー」とハリルホジッチ監督は口にする。しかし、UAE戦の攻撃はスピード感はなかった。むしろ、手数をかけ過ぎて、UAEの守備陣に余裕を与えていた印象だ。ダイレクトパスを繋いで、ボックス内に侵入したプレーがいくつあっただろうか。判断が遅く、プレーの選択肢が狭まってしまったシーンも多く見られた。

▽また、サイドを効果的に使えなかったことが停滞した大きな要因だろう。清武、本田とサイドにポジションを取る2人が中を向いてプレーする。しかし、2人が空けた裏のスペースに両サイドバックが上る機会は少なく、上がった際もタイミングが遅い場面が散見された。攻撃時にサイドの枚数を増やせば、UAE守備陣を混乱に陥らせることはできただろう。ダイレクトパスで崩すことも可能だったはずだ。

▽UAE戦の日本は、中央に攻撃が偏り過ぎたように見えた。しかし、警戒されていた香川にボールは収まらず、効果的な崩しはできていなかった。ハリルホジッチ監督が大島を抜擢した意図を汲み取れば、サイドバックがスペースに上がって展開する形や、2列目が裏に飛び出す動きがもう少しあっても良かっただろう。特に両サイドバックの動きは、物足りないものだった。

▽ハリルホジッチ監督は、大島という新たな可能性を信じ、「負ければ予選突破の確率が0%」と言われる大事な一戦で起用する“チャレンジ”に出た。しかし、ピッチに立った選手たちは、監督が求めるプレーを行えず、「自分たちのサッカー」とも言える中央を遅攻で崩す形に拘った様に見えた。過去に何度も苦しんできたアジアでの戦いで、同じ手で仕掛け、失敗したように思う。新たに入った大島の特長を生かそうという“チャレンジ”は、していなかったのではないか。

▽埼玉スタジアムの不敗神話が崩れ、W杯最終予選の初戦で敗戦。出遅れたことは事実だ。ネガティブな雰囲気が蔓延するのも当然だ。それでも、残りは9試合。悪い雰囲気を払しょくするためにも、まずは6日に行われるタイ代表との第2戦でしっかりと勝利し、10月のイラク代表、オーストラリア代表との2試合を迎えたい。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

コメント

関連ニュース

thumb

【日本代表コラム】大きな収穫はなくとも、前進は見せたオマーン戦

▽収穫があったと言って良い試合だろう。キリンチャレンジカップという親善試合であることを加味しても、手にした収穫がわずかであったとしても、前には進んでいると言えるだろう。11日に行われたオマーン代表との一戦では、結果、内容以上の収穫を見て取れた。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合前の会見で「テストであり調整の場」であると語った。しかし、だからと言って、全てを変えて臨むとも言わず、「サウジアラビア戦に向けた準備をしなければいけない」と強調した。 ▽スターティングメンバーに名を連ねた11名のうち、GK西川周作、DF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF酒井高徳、MF山口蛍、MF清武弘嗣、FW本田圭佑の7名は、おそらくサウジアラビア戦に向けたテストだろう。特に、MF清武弘嗣、FW本田圭佑は、所属クラブでの出場機会がないため、試合でのコンディションチェック、そして調整の場として使ったはずだ。 ▽ご存知の通り、清武はFW大迫勇也の2ゴールをアシストし、後半はFW浅野拓磨が得たPKをしっかりと決め、3得点に絡んだ。10番を背負い、不動のトップ下としてここまでプレーしてきたMF香川真司が負傷の影響で欠場したとは言え、ポジションを獲るためのプレーを見せ、結果を残した。ロンドン五輪世代としてU-23日本代表で長らくプレーしていた2人の関係性は良く、呼吸が合っている様子を見せた。 ▽一方で、本田は明らかにコンディションが良くなかった。身体の重さを感じさせただけでなく、試合を行っていないことによるキレのなさを感じた。しかし、その事が分かったことはプラスに捉えられる。中3日で行われるサウジアラビア戦。そこまでにどこまでコンディションを上げられるかだが、難しい可能性も把握できた。これはハリルホジッチ監督にとっては大きかったはずだ。 ▽また、DF丸山祐市、MF永木亮太、FW齋藤学、FW大迫勇也と、ここまでプレー機会がなかった4選手を先発させた。丸山以外は今回のW杯最終予選での出場機会はなく、丸山も普段とは異なるポジションでのワンポイント起用だったのでゼロに等しい。新戦力の発掘、そしてチームとしてのベースアップと考えられる。 ▽3トップの中央で先発した大迫は、慣れ親しんだ県立カシマサッカースタジアムで凱旋の2ゴール。ケルンでの調子の良さを窺わせた。齋藤は硬さが見られたものの、何度か得意とする仕掛けを見せ、タイミングの良いクロスも見せていた。オプションとして起用される可能性は高く、チームにフィットすれば相手によっては先発もあるだろう。代表デビューとなった永木は、そつのないプレーを見せた。ボール奪取からの展開という点では物足りなかっただけに、さらなるレベルアップは求められるだろう。丸山も細かい判断ミス、マークの甘さなど経験不足を感じさせたが、最低限のパフォーマンスだったと思う。 ▽また、途中出場ではMF小林祐希、FW久保裕也、FW浅野拓磨と出場機会が少ない、または初起用の選手を選択した。小林は最後にダメ押しゴールを奪い、久保はシュートへの意識を高く持っていた。浅野はスペースが少なく飛び出すことができなかったが、PKを奪取。満足はできないが、テストはできた。FW岡崎慎司、FW原口元気、DF森重真人に関しても、サウジアラビア戦での起用を見据えての試運転といったところだろう。調整はできたといえる。 ▽MF井手口陽介、DF植田直通に関しても、起用できるチャンスはあったはずだ。しかし、チームのバランスを崩すことはしないのがハリルホジッチ監督。まだチーム戦術の理解が足りていないという評価なのだろう。それでも、ポテンシャルは評価されているため、来年3月の試合に出場できるように努力を積むことが必要だ。いずれ、出場機会は巡ってくると考える。 ▽今回のオマーン戦に関しては、あくまでもサウジアラビア戦に向けた調整試合であり、テストの場であった。結果として4-0で勝利。新戦力がプレーしたということは、主力だけでなく、控えメンバーに大きな影響を与えたはずだ。日本代表が1つのチームとして成長するために、この時期にテストできたことは大きい。来年3月までの目標も個々に持てたはずだ。 ▽15日に行われる、W杯アジア最終予選でグループ首位に立つサウジアラビア戦への舞台は整った。2016年最後の試合に向けて、そしてその先にあるロシアW杯出場に向けての準備は、一歩ずつ着々と進んでいるように感じさせたオマーン戦だった。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2016.11.13 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】ハリルホジッチに導かれる日本代表が進む道

▽グループ首位に立つオーストラリア代表のホームで試合に臨んだ日本代表。既に最終予選で1敗を喫していることを考えれば、ここでの敗戦は避けたかった。結果は1-1のドロー。結果以上に、日本代表には手応えを感じた。 ▽オーストラリア戦後の記者会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「後悔は全くしていない」と試合の感想を述べた。ここまでの最終予選3試合に比べ、日本は落ち着いた試合の入りを見せ、前線から最終ラインに至るまで、特に中盤では強度を強め、オーストラリアを自由にさせなかった。 ▽その流れの中で迎えた5分、自陣に戻ったFW原口元気がボールをカット。MF長谷部誠がボールを拾うと、少し貯めを作って1トップに入ったFW本田圭佑に縦パス。それと同時に原口は走り出し、本田からの絶妙なタイミングで出されたパスに抜け出て先制点を奪い切った。 ▽『縦に早いサッカー』とハリルホジッチ監督が常に口にするが、このシーンはまさにその言葉を体現したものだった。この試合は右サイドにFW小林悠を置き、トップ下にMF香川真司、ボランチの一角にはMF山口蛍を起用した。さらに、ケガ人により選択肢が狭まった左サイドバックには、攻撃を得意とするDF太田宏介ではなくDF槙野智章を起用。指揮官の狙いは明白だった。 ▽これまでの空中戦に頼った戦い方から変貌を遂げているオーストラリアに対し、日本は中央を固める作戦に出た。長谷部、山口のボランチに加え、サイドに入った原口、小林が献身的な守備対応を見せることで、オーストラリアの推進力を奪った。サイドバックのDF酒井高徳、槙野も落ち着いた対応を見せていた。まさに、『デュエル』の部分で負けなかった証だろう。 ▽ゴールシーンに繋がった守備以外にも、オーストラリアのホールホルダーに対する寄せの早さや、前を向かれた際のDF吉田麻也、DF森重真人の守備対応はほぼ完璧だったと言える。さらに、奪ってからのボール運びも、この3試合とは異なり、縦の関係を上手く利用したダイレクトパス交換などが随所に見られた。オーストラリアの決定機はほぼゼロ。細かなミスは起こっていたが、前半は見違える出来だった。 ▽後半に入り、オーストラリアのスイッチが入ったことで立ち上がりに圧力をかけられた。それでもしっかりと守っていた日本だったが、PKからゴールを献上した。妥当なPKだったが、原口のチャレンジは悪いものではなかったと思う。 ▽試合を通してブロックを作り、カウンター狙いに徹した日本は、小林のヘディングシュートなど追加点を奪うチャンスも作っていた。勝利が欲しかった試合内容ではあるが、オーストラリアとアウェイで戦っている以上、勝ち点1でも問題なかった。むしろ、試合内容としては、最終予選の4試合でベストだったのではないだろうか。 ▽個人的に最も評価したい部分は、“アウェイ”での戦い方を見せたことだ。日本はこれまで“アウェイ”での戦い方を得意とせず、ホームでもアウェイでも変わらない戦い方を見せていた。もちろん、それで結果を出せればいいのだが、そうでないことの方が多かった。世界で戦うには時にはリアリストになることも重要であり、それはユーロ2016を見ても分かる通り。守ってカウンターという戦い方で結果を残した国はご存知のとおりだ。 ▽もちろん、手放しで喜んでいるわけではない。攻撃の組み立て方、フィニッシュの精度、クロスの精度…課題は数多いだろう。しかし、ハリルホジッチ監督がチームを作り上げている過渡期と考えれば、一定の結果をオーストラリア相手に示せただろう。そして、進んでいる道は間違っていないことを感じさせてくれたように思う。 ▽采配についても多くの意見が見られるが、目指していたものを考えれば妥当とも言える。最後のカードとして先制ゴールの原口に代えてDF丸山祐市を選択した。確かに、勝利を目指すためには、FW齋藤学という選択肢もあっただろう。しかし、あの時間帯で目指したのは、守備のリスクを軽減することだったはず。試合を通して集中した守備を築いてきた中で、得点を目指すためにバランスを崩すプランはなかったはずだ。浅野のカウンターで一発という狙いはあったが、人数をかけて崩す前に、オーストラリアに逆転ゴールを奪われていたかもしれない。ハリルホジッチ監督は、プラン通り勝ち点1を獲りに行ったのだろう。 ▽主力を負傷や出場停止で欠き、普段とは違うゲームプランでオーストラリア戦に臨んだ日本代表。勝ち点があと2つ取れていれば言うことなしだったが、試合の流れから決めたプランを遂行できたことは大きいだろう。当然、ホームでのオーストラリア戦は同じゲームにはならない。きっと、ハリルホジッチ監督は勝利を目指して戦うはずだ。 ▽来月のサウジアラビア代表戦で最終予選は折り返すこととなる。このオーストラリア戦での戦いを無駄にしないためにも、1カ月後のホームゲームまでチームとして同じ道を進み、勝利を掴むためにしっかりと準備をしてもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2016.10.12 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】ターニングポイントになり得る勝ち点3

▽“薄氷の勝利”という言葉がピッタリ当てはまる試合だった。後半アディショナルタイム5分、フリーキックのこぼれ球をMF山口蛍が豪快にボレーで沈め、イラク代表を下し、勝ち点3を獲得した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の初戦となった9月のUAE代表戦では、同じ埼玉スタジアム2002で1-2と逆転負け。よもやの敗戦により、一気に緊張感が増した。そして迎えたイラク戦…決して内容は褒められるものではなかったが、勝ち点3を得ることができた。 ▽この試合の目的は何だったのか。キレイなサッカーを見せることだったのか、イラクを圧倒することだったのか、スペシャルなゴールを決めることだったのか──この試合で最も重要なミッションは、勝ち点3を獲ること。それ以上でも、それ以下でもないことを考えれば、結果は100点と言えるだろう。 ▽試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「美しい勝利ではないが、勇気の勝利」とコメントした。そして「本当に価値の高い勝利」とも語っている。グループ最大の敵とも言われているオーストラリア代表とのアウェイ戦を控える日本にとって、勝って臨めることは大きな後ろ盾となる。 ▽ハリルホジッチ監督は、イラク戦でMF香川真司(ドルトムント)、DF長友佑都(インテル)をスターティングメンバーから外し、トップ下にMF清武弘嗣(セビージャ)、左サイドバックにはUAE戦、タイ戦に続きDF酒井高徳(ハンブルガーSV)を起用した。 ▽これまでの実績などを踏まえてメンバーを組んだUAE戦は、コンディション不良の問題を露呈。結果的に敗戦を喫することとなった。同じ轍を踏むことをしなかったことは、良い判断だったと言えるだろう。 ▽また、先制点も清武らしさから生まれたゴールだったとも言える。長い距離を走り、FW本田圭佑に選択肢を与え、FW原口元気に走り込ませる時間も作った。前線の4人が連動した見事な崩しだったと言える。 ▽しかし、試合全体を見れば、内容面では満足行くものとは言えなかった。攻撃のスイッチが入るタイミングがなく、良い形で前線にボールが入っても、周りの動きが足りずにボールをロストする場面も散見された。“フィニッシュ”というものへのこだわりは、日本がもっと持つべきもの。シュートシーンでパスを選択する場面も少なくなかった。結果的にフィニッシュの形に持ち込めないのであれば、シュートを打った方が、相手守備陣には脅威になる。現に、イラクのシュートに肝を冷やした場面は多かった。 ▽次は前半戦の山場であるオーストラリア戦。アウェイでの戦いを考えれば、今度は負けてはいけない試合になる。第3節のサウジアラビアvsオーストラリアが引き分けに終わったことで、上位2カ国との勝ち点差は1となり、次節の結果次第では日本の首位浮上もある。 ▽そういった意味でも、イラク戦の“勝利”という結果は、素直に喜ぶべきだろう。この戦いは、W杯の出場権を懸けたもの。内容ではなく、結果を残さなくてはいけない。すでにホームで1敗を喫しているのだから、なおさらだ。 ▽試合の内容はトレーニングで突き詰めることができても、勝ち点は3パターンしかない。満足行かない試合内容であっても、土壇場で最高の勝ち点を獲れたことが何よりも重要だ。ギリギリで掴んだこの勝利は、結果として、そしてメンタル面、選手の経験値としても、今予選の大きなターニングポイントになる可能性があるだろう。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2016.10.08 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】貴重な勝利も課題山積…10月の2戦はコンディション重視を求む

▽「非常に重要な勝利だった」というヴァイッド・ハリルホジッチ監督コメントからも分かるとおり、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の初戦で敗れていた日本代表にとっては、結果が最重要だった。 ▽UAE戦からFW岡崎慎司、MF大島僚太、MF清武弘嗣を下げ、FW浅野拓磨、MF山口蛍、FW原口元気を起用。ハリルホジッチ監督は「何人かの選手は疲労を抱えていた」とコンディション面を理由にしながらも、「経験のある選手と若い選手を少し競争させたい気持ちがある」と、今後を見据えての起用であることを明かした。 ▽起用された3選手は、それぞれが持ち味を発揮。原口は貴重な先制ゴールを決め、浅野は持ち味を出して追加戦、山口は中盤の刈り取り役を務め、守備面に安定感をもたらせた。「良いプレーをしてくれた」(ハリルホジッチ監督)と試合後に語ったように、勝利が必要な試合でしっかりと結果を残してくれた。 ▽また、初戦で大きな問題を抱えていた両サイドバックも、しっかりと修正できていたように思う。左サイドバックを努めたDF酒井高徳は、原口との連携もあり、UAE戦に比べて高い位置を取ることができていた。原口がサイドを空ければスペースに上がり、原口がサイドに張っているときは下がって守備に備えた。攻守両面で課題はまだあるものの、固さも見られたUAE戦からは改善した様に思う。 ▽一方で、右サイドバックのDF酒井宏樹も改善は見られた。同サイドのFW本田圭佑との関係も改善され、深くまでオーバーラップするシーンが格段に増えた。原口の先制点も酒井宏樹からのクロスから生まれており、UAE戦で単調に終わっていた攻撃を活性させた。バランスの取り方に課題は多いものの、一定の評価はできるだろう。 ▽新しい選手が結果を残し、初戦で課題を抱えた両サイドバックも改善の兆しを見せたが、気になるポイントも残った。それは、MF長谷部誠とMF香川真司のパフォーマンスだ。 ▽UAE戦で史上6人目の日本代表100試合出場を達成した長谷部だが、失点に繋がるボールロストをするなど低調なパフォーマンスに終わった。迎えたタイ戦でも、不用意なボールロストやパスミスが見られた。ピッチが緩いというコンディション面の問題もあったが、経験が豊富であり、キャプテンを務める長谷部の低調なパフォーマンスは気がかりだ。シーズン開幕間もないということもあるだろうが、10月の2試合では安定感のある長谷部を見せて欲しい。 ▽そして、香川も気になるところがある。UAE戦は競り合いのこぼれ球をミートできずに無得点。タイ戦はGKとの一対一を迎えるも、シュートコースが甘くGKに防がれた。2戦続けて決定機を生かせなかった香川は、コンディション不良もある中で先発起用された。ハリルホジッチ監督が中心に据えたいことは明確で、香川にもその自覚はあるはず。かねてからドルトムントと日本代表でのパフォーマンス差を指摘されがちだが、ここを乗り越える必要はあるだろう。 ▽「簡単な試合はない」という最終予選において、明暗を分けるのはディテールの部分になる。UAE戦、タイ戦でも浮き彫りとなった、決められるチャンスを作れても決めるのか、決めないのかで局面は大きく変わる。しかし、最も重要なのは選手のコンディション面だろう。メンバーを固定して戦うのではなく、コンディションが整っている選手の起用が、10月の2試合では重要になるのではないだろうか。いみじくも、9月の2試合では経験値や能力の差よりも、コンディションの差が結果を分けたのだから。選手たちにはクラブに戻ってコンディションを上げ、10月のイラク代表、オーストラリア代表との2試合で連勝できる準備をしてもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2016.09.08 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】いつも変わらない足りないもの…“ドメスティック”な選手を生まない環境へ

▽「勝って終わることは残念」とスウェーデン戦後の記者会見で語った手倉森誠監督。試合を重ねるごとにチームの戦い方が整理され、試合結果も負け、引き分け、勝ちと上がってきたことを考えれば、確かに残念な結果だ。 ▽手倉森ジャパンに“足りなかったもの”は、トレーニングでは埋めることができないもの。これは日本代表、なでしこジャパンにも共通する部分はあるだろう。日本サッカー全体に共通する部分とも言えるかもしれない。“世界基準”を測り切れないことが、“足りないもの”の根幹にあると思う。 ▽「世界を経験していない選手と監督だった」と手倉森監督が敗退後にコメントしていた通り、このメンバーで世界を知っているのはオーストリアのザルツブルクでプレーするMF南野拓実だけだ。同じく世界を知っているヤング・ボーイズのFW久保裕也が不参加となったことは、戦力以外の部分でも大きかった。 ▽手倉森ジャパンの面々は、アジアを知っていても、世界は知らない世代。トゥーロン国際大会でも、その差を感じ、大会直前のブラジル戦でもその差を感じていたはずだ。 ▽ナイジェリア戦の1失点目、コロンビア戦の1失点目は、どちらも“世界基準”を測り間違えた結果だと言える。ナイジェリア戦は、止められると思ったタイミングで仕掛けられ、失点に繋がった。コロンビア戦は、奪えると思ったタイミングでいなされ、そのまま失点に繋がった。“世界基準”を測り間違えると、失点に直結する。そのことを、リオ五輪ではより体感したはずだ。 ▽オリンピックに限らず、世界と戦い、勝つことを目標としている代表チームであれば、まずは“世界”を知る必要がある。しかし、それを経験する場を、U-20という大事な世代で10年以上作ることができていない。“世界”のレベルを知ることもできず、国際大会で戦う経験もできていない。U-20ワールドカップの出場権を4大会連続で逃しているという事実は、日本のサッカー界全体が抱える大きな問題だと言える。 ▽“世界”を知る選手をオーバーエイジで呼べば良かったという話も、大会中から耳にした。確かに、その考え方は間違っていないだろう。今回招集されたFW興梠慎三、DF塩谷司、DF藤春廣輝は、アジアでの経験はあっても、“世界”での経験はほとんどないからだ。その基準で考えれば、適任は他にも居たのかもしれない。 ▽しかし、それでは根本的な解決にはならない。オーバーエイジの選手に頼り切ってメダルを獲ることが、このチームの目的ではない。あくまでも、その世代の選手が中心となり、チームを作り上げて勝つことが重要であり、オーバーエイジは“スパイス”のようなものだと思う。 ▽リオ五輪の結果、経験、そして悔しさを、この先のキャリアでどの様に生かすのかは、選手個人にかかっている。「23歳」という年齢は、決して若くない。“世界基準”で考えれば、若手という表現も使われない。A代表の枠を争うべき年代だ。 ▽そのためにも、今後“ドメスティック”な選手になることは避けてもらいたい。そして、そのような選手を生み出さない環境を作ってもらいたい。チャンスがあるならば、“世界”を知るために、できるだけ早く海外移籍するべきだと思う。個人としても、チームとしても、“世界”を知るチャンスを逃して欲しくはない。 ▽これで五輪代表チームとしての活動は終了した。選手たちはA代表入りを目指して競争することが始まる。何を感じ、何が必要なのか。今後の選手たちの変化を見守りたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2016.08.13 11:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース