【日本代表コラム】“トライ”の成果と浮き彫りになった課題2016.03.30 19:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表は、いつになく積極的な立ち上がりを見せ、選手たちが流動的にポジションを変えて攻勢を強めた。アフガニスタン代表戦ではチケットが売れ残っていたものの、シリア代表戦は完売。埼玉スタジアム2002に集まった5万7000人を超す観衆に加え、テレビの前で観戦した人たちも期待感に包まれたスタートとなった。

▽アフガニスタン代表戦(5-0)で採用した[4-4-2]から、これまでヴァイッド・ハリルホジッチ監督が採用してきた[4-3-3]へとシステムを変更。MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)やFW本田圭佑(ミラン/イタリア)、FW宇佐美貴史(ガンバ大阪)らをスターティングメンバーに戻した。

▽これまでの予選でやり慣れた形であり、万全を期してのシリア戦だった。結果を見れば5-0で快勝。2試合連続での5得点は評価できるだろう。また、シリア戦のみならず、ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選の全8試合を通じて、一度もネットを揺らされることはなかった。しかし、この試合でも攻守にわたって課題は残された。

▽まず、攻撃面では、2次予選で奪った27得点のうち、前半に奪ったのはわずかに7得点であり、後半の20得点との差は歴然だ。5-0で快勝したこの2試合も、前半はどちらも1得点。主導権を握り、攻勢をかけ、チャンスを作りながらも仕留め切れないシーンを何度も目にすることとなった。

▽90分間で行われるサッカーの試合だが、その中に流れは存在する。シリア戦では得点を重ねられなかったことで、前半の終盤には押し込まれるシーンが増えた。後半も、終盤の3ゴールを奪うまでは、幾度となくピンチにさらされた。最終予選であれば、仕留められてしまった可能性が高い。また、W杯本大会であれば、チャンスが訪れる回数すら少なくなる。長年の課題である“決定力”を高める必要性は、この先も続くことになる。

▽また、守備面では、フィジカルを使った強引な攻撃を受けた際に、ピンチを招くことが散見された。数的同数、または有利な場面でも、フィニッシュまで到達させてしまうことも課題だろう。アグレッシブに守り、イニシアチブを握っている展開では見えてこない課題も、攻め込まれる回数が増えるにつれ、ミスも増え、ピンチも増えた。

▽特に後半は、GK西川周作(浦和レッズ)の奮闘がなければ、無失点はおろか、白星さえ逃していたかもしれない。相手のミスに助けられた部分も多くあり、決して満足行く内容ではなかった。相手のレベルが上がる最終予選では、この2試合のような展開になることは考えにくい。攻守にわたる精度を高めることが重要となるが、代表としての活動が限られるだけに、必要なのは個々人のクラブでの努力に他ならない。

▽とは言え、この試合でも“トライ”は成功したと言える。試合後の検査の結果、鼻骨骨折、左眼窩底骨を骨折していたMF山口蛍(ハノーファー/ドイツ)の代わりにボランチの位置に入ったMF原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)は、アフガニスタン戦とは違う役割での起用となった。投入後はしっかりと守備にも参加し、アグレッシブなプレーを見せ、最後は得点まで奪ってみせた。守備面での貢献は多く期待できないが、前への推進力は間違いなく増大し、カウンターでも最前線まで飛び出すなど、3列目の選手として新たなオプションを見せてくれた。

▽課題は残ったものの、日本が2次予選を8戦無敗で終え、無失点で突破したことは評価されるべきだろう。もちろん、過信も慢心もいけないことだが、最終予選に向けた第2段階のスタートとしては上出来と言える。最終予選スタートまで半年。今後は、代表候補となる選手の各クラブでのプレーに注目だ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】西野監督ごめんなさい

▽6月21日の日本代表は午後4時から練習をスタート。その前に遠征中のUFAー19日本代表も交えて、JFA(日本サッカー協会)名誉総裁の高円宮妃殿下が2分ほど選手にお話をされて、全員で記念撮影に臨まれた。田嶋幸三JFAのミスマッチ会長によると、皇族のロシア訪問は102年ぶりのことだそうだ。その後、妃殿下はルビン・カザンの執行役員と記念品の交換を行い、妃殿下はJFAのペナントを贈られた。 ▽この日の練習はコロンビア戦に出た主力組とベンチ組に分かれて開始。これまで別メニューの多かった岡崎慎司がベンチ組に合流したものの、コロンビア戦で右太ももを傷めた本田圭佑が別メニューとなり、黙々とランニングしていた。西野朗監督によると、セネガル戦の出場は「厳しいかもしれない」と険しい表情で話していた。 ▽さて、そのコロンビア戦、NHKの視聴率は48パーセントを超えたというから驚きだ。大会前の西野ジャパンの評価は必ずしも高いとは言えず、盛り上がりに欠けた。ファン・サポーターも多くを期待していなかっただろう。 ▽それが高視聴率につながったのは、午後9時キックオフと視聴しやすい開始時間だったのと、早々に先制点を奪ったこと、そして期待してはいないものの、やはりW杯での日本が気になるファン・サポーターが多かったということの裏返しだったかもしれない。 ▽そのコロンビア戦で、あるスポーツ紙のウェブ版を目にして、「やっぱりパクったか」と思うタイトルと内容の記事があった。 ▽タイトルは「西野さん、ごめんなさい」というもので、記事を書いた記者は「正直、勝てると思っていなかった。負けか、よくて引き分けか…。ポジティブな要素を探すのは難しかった。開始早々に相手が10人になっても、前回大会のギリシャ戦を思い出して勝てると思えなかった。根がネガティブなのか、負け癖なのか、コラムも「負け用」ばかりを考えていた」と素直に心情を吐露し、西野監督に謝罪した。 ▽この記者とは40年近い親交があり、サッカー不遇の時代を過ごしただけに心情は理解できる。しかし、それだけに「パクるのは早いだろう」と思わずにはいられなかった。 ▽話は32年前に遡る。86年メキシコW杯でのことだった。アルゼンチンのカルロス・ビラルド監督は、前任者で78年アルゼンチンW杯で母国を初優勝に導いたルイス・メノッティ監督とは対照的に、守備的なスタイルを導入した。チーム一丸となって守備を固め、攻撃はディエゴ・マラドーナ任せ。このため「戦術はマラドーナ」と揶揄された。 ▽ダントツの優勝候補はジーコに加え4年前はケガで出場を逃したカレッカを擁するブラ日で、アルゼンチンはウルグアイと並んで2番手候補だった。しかしマラドーナの伝説となったゴールなどでアルゼンチンは2度目の優勝を果たす。 ▽アステカ・スタジアムで行われた西ドイツ(当時)との決勝戦後、マラドーナを肩車してビクトリーランする選手にまじり、興奮したアルゼンチンのサポーターが乱入。その中の1人、アンチ・ビラルド派のサポーターが「ペルドン(ごめんなさい)、ビラルド、グラシアス(ありがとう)」の横断幕を肩から羽織っていたことが世界中に報道された。 ▽件の記者はもちろんそのことを知っている。だからこそ、劣勢の予想されたコロンビア戦の勝利で32年前のエピソードを拝借したのだろう。しかし、ビラルド監督は世界1になった。対して西野監督は1勝したに過ぎず、まだグループリーグの突破も決めていない。 ▽「だからこそパクるのは早いだろう」とロシアにいたら言いたいのだが、残念ながら彼は日本で昼夜逆転の仕事をしているため、今回の原稿で書かせてもらった次第である。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.06.22 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

米メディアがW杯で起きた“5つのサプライズ”を特集…日本代表の大金星も登場

ロシア・ワールドカップが開幕してまだ1週間しか経っていないが、すでに戦前には予想されていなかったサプライズがいくつか起きた。これを受け、アメリカ『アスロン・スポーツ』は「ワールドカップで早期に起きた5つのサプライズ」と題して特集を組んだ。<br><br>この特集の中には、日本代表の大金星が4番目に登場。同メディアは、前大会ベスト8のコロンビア代表が初戦を落としたことについて「オープニングゲームで予想外のチームに敗れた」とした。この一戦について「コロンビアは日本に1-2で敗れた。アジアのチームに敗れるのはワールドカップの同国の歴史で初めてのこととなった」と大きな衝撃に包まれたと言及し、決勝トーナメント進出に向けて正念場が続くと解説した。<br><br>同メディアが選んだ1番のサプライズは、リオネル・メッシのPK失敗。16日に行われたアイスランド戦、世界最高選手と名高い同選手はPKのキッカーを務めるも失敗に終わり、1-1のドローで試合終了。メッシのPK成功率について「直近の7回のうち、これが4本目の失敗になった。プレッシャーが大きすぎるのか代表では成功を掴めていない」と指摘した。<br><br>続く2番目は前回大会優勝国のドイツ代表の敗戦。17日に行われたメキシコ代表戦でドイツ代表は0-1で敗れ、1982年以来36年ぶりに初戦での黒星を喫した。さらに、3番目はブラジル代表対スイス代表の1-1のドロー。「戦前の予想ではネイマールが復帰したブラジルが圧倒的に有利とされていただけにこの結果は大きなサプライズになった」と選考理由を語った。<br><br>最後の5番目に登場したのは、開催国ロシア代表の躍進。ソビエト連邦解体以降、1994年、2002年、2014年に次ぐ、4回目の出場となったロシア代表は地の利を活かして、最終戦を残して初のグループリーグ突破を決めた。<br><br>わずか1週間でさまざまなことが起きた今大会だが、7月15日までの大会期間のうちにまだまだ多くのサプライズが起こりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.22 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

策略か、余裕か…西野監督、セネガル戦の先発を予告?「初戦の形で考えている」

日本代表の西野朗監督が、24日に控えるセネガル戦に臨む先発メンバーは「初戦の形で考えている」と予告した。<br><br>19日に行われたロシア・ワールドカップ初戦で南米の強豪、コロンビアに2-1で競り勝ち、絶好の白星スタートを切った西野ジャパン。次戦は圧倒的な身体能力を誇るアフリカの雄、セネガルと対峙する。<br><br>「セネガルに向けてですけど、イメージだけ持って攻守、リスタート、編集したのを見せつつ、3分の2は振り返りをシたいと思う。(コロンビア戦は)10対11のゲームだったので、相手が10人であってもできているところと、狙い通りいってないところがあるので、そこをしっかり把握したい」<br><br>次戦への展望を語った西野監督は、続けてセネガルについて「身体能力が高いとかフィジカルで押してくるだけのチームではない。非常に組織のあるチーム。特にディフェンスがしっかりしている」と分析。「自分たちのストロングな部分、パワーだとかスピードだとか推進力を生かすために、その前提のディフェンスをみんなで取っているところが一番の強みでしょうね」と警戒した。<br><br>難敵セネガルを攻略するためにどこで打開していくのか?指揮官は「フレームでボールが動いているだけでは捕まってしまう。(セネガルは)時間もスペースも与えてくれない」とし、「ボールを早く動かすっていうことを考えないといけない」と対策点を口にした。<br><br>初戦のポーランドvsセネガルをチェックしたうえで、やはりエースのサディオ・マネが中心選手であると語る。<br><br>「やっぱりマネが入ると、他の選手たちがスムーズに動いている。しっかりとしたポジショニングからストロングポイントを出す動きがある」<br><br>そして足を打撲し、別メニューをこなした本田圭佑については「昨日(20日)の状況だと、だいぶ自分の中では良くないという感じがしている。今日チェックしてどうかなっていうところでしたけど、有酸素はかなりやれている」と話すにとどまった。<br><br>最後にセネガル戦の先発メンバーのベースは「初戦の形で考えている」と語った指揮官。グループリーグ突破が懸かる運命の第2戦に向けて着々と準備を進めている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.22 03:33 Fri
twitterfacebook
thumb

コロンビアメディアが歓喜に沸く日本列島の様子を報道「国中が狂気に満ちた熱気に包まれた」

19日に行われたロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦でコロンビアを下した日本代表。コロンビアの全国紙『エル・ティエンポ』は、この日本の歴史的勝利に日本列島が歓喜していると報じた。<br><br>日本にとってはW杯で南米のチームから白星を挙げた歴史的な一番となったコロンビア戦。格下相手に黒星スタートとなり落ち込む母国メディアは、対象的な日本の様子を次のように詳しく報じている。<br><br>「日本では『サプライズ』という文字が試合翌日の新聞一面を飾っている。歴史的な勝利は日本中を狂気に包んだ。菅義偉官房長官は『W杯で南米チームを初めて破った歴史的勝利。組織力を発揮したとても日本らしい戦いだった』と発言した」<br><br>さらに「歓喜は日本国内の主要都市に広がり、東京では何千人ものサポーターが狂気に満ちた熱気に包まれた。特に有名な渋谷の交差点は日本の国旗で埋め尽くされた」と、日本国内の様子を事細かく伝えている。<br><br>コロンビア代表は24日に行われる第2節でポーランド代表との大一番を迎える。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

英メディアがここまでのW杯出場国をランク付け!日本は32カ国中何位に?

イギリス誌『FourFourTwo』は21日、ここまでのロシア・ワールドカップにおける各国代表のパフォーマンスをランク付けした。日本代表は12位にランクされている。<br><br>12位にランク付けした日本について、『FourFourTwo』は「日本は2-1で勝利したが、早い時間帯にコロンビアが自滅したので、どのように評価すべきか少し難しい。3分にPKを決めたサムライブルーは、カルロス・サンチェスの退場により87分にわたって数的優位を手にした。それを最大限に活用し、後半にはタカシ・イヌイとユウヤ・オオサコが輝いた。コロンビアを撃破するという素晴らしい結果を手にしたものの、10人相手に骨を折っており、トップクラスのチームには見えない」と寸評。試合の大半で数的優位を得たこともあり、慎重な評価を下した。<br><br>なお、『FourFourTwo』はメキシコを1位に選出。メキシコは17日に行われた初戦で前回王者のドイツを翻弄し、イルヴィング・ロサノのゴールで1-0の勝利を手にした。2位には、グループAでサウジアラビア、エジプトに2連勝したホスト国のロシアだった。<br><br>3位には、初戦のスペイン戦をドローで終えた後、20日にはモロッコに1-0で勝利したポルトガルを選んでいる。日本と同組の国はそれぞれ、セネガルが11位、コロンビアが21位、ポーランドが26位となっている。<br><br>『FourFourTwo』による、ここまでのロシアW杯における各国代表のパフォーマンスランキング、トップ10は以下の通り。<br><br>1位 メキシコ<br />2位 ロシア<br />3位 ポルトガル<br />4位 スペイン<br />5位 イングランド<br />6位 アイスランド<br />7位 スイス<br />8位 ベルギー<br />9位 セルビア<br />10位 クロアチア<br />11位 セネガル<br />12位 日本<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.21 20:21 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース