【日本代表コラム】“トライ”の成果と浮き彫りになった課題2016.03.30 19:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表は、いつになく積極的な立ち上がりを見せ、選手たちが流動的にポジションを変えて攻勢を強めた。アフガニスタン代表戦ではチケットが売れ残っていたものの、シリア代表戦は完売。埼玉スタジアム2002に集まった5万7000人を超す観衆に加え、テレビの前で観戦した人たちも期待感に包まれたスタートとなった。

▽アフガニスタン代表戦(5-0)で採用した[4-4-2]から、これまでヴァイッド・ハリルホジッチ監督が採用してきた[4-3-3]へとシステムを変更。MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)やFW本田圭佑(ミラン/イタリア)、FW宇佐美貴史(ガンバ大阪)らをスターティングメンバーに戻した。

▽これまでの予選でやり慣れた形であり、万全を期してのシリア戦だった。結果を見れば5-0で快勝。2試合連続での5得点は評価できるだろう。また、シリア戦のみならず、ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選の全8試合を通じて、一度もネットを揺らされることはなかった。しかし、この試合でも攻守にわたって課題は残された。

▽まず、攻撃面では、2次予選で奪った27得点のうち、前半に奪ったのはわずかに7得点であり、後半の20得点との差は歴然だ。5-0で快勝したこの2試合も、前半はどちらも1得点。主導権を握り、攻勢をかけ、チャンスを作りながらも仕留め切れないシーンを何度も目にすることとなった。

▽90分間で行われるサッカーの試合だが、その中に流れは存在する。シリア戦では得点を重ねられなかったことで、前半の終盤には押し込まれるシーンが増えた。後半も、終盤の3ゴールを奪うまでは、幾度となくピンチにさらされた。最終予選であれば、仕留められてしまった可能性が高い。また、W杯本大会であれば、チャンスが訪れる回数すら少なくなる。長年の課題である“決定力”を高める必要性は、この先も続くことになる。

▽また、守備面では、フィジカルを使った強引な攻撃を受けた際に、ピンチを招くことが散見された。数的同数、または有利な場面でも、フィニッシュまで到達させてしまうことも課題だろう。アグレッシブに守り、イニシアチブを握っている展開では見えてこない課題も、攻め込まれる回数が増えるにつれ、ミスも増え、ピンチも増えた。

▽特に後半は、GK西川周作(浦和レッズ)の奮闘がなければ、無失点はおろか、白星さえ逃していたかもしれない。相手のミスに助けられた部分も多くあり、決して満足行く内容ではなかった。相手のレベルが上がる最終予選では、この2試合のような展開になることは考えにくい。攻守にわたる精度を高めることが重要となるが、代表としての活動が限られるだけに、必要なのは個々人のクラブでの努力に他ならない。

▽とは言え、この試合でも“トライ”は成功したと言える。試合後の検査の結果、鼻骨骨折、左眼窩底骨を骨折していたMF山口蛍(ハノーファー/ドイツ)の代わりにボランチの位置に入ったMF原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)は、アフガニスタン戦とは違う役割での起用となった。投入後はしっかりと守備にも参加し、アグレッシブなプレーを見せ、最後は得点まで奪ってみせた。守備面での貢献は多く期待できないが、前への推進力は間違いなく増大し、カウンターでも最前線まで飛び出すなど、3列目の選手として新たなオプションを見せてくれた。

▽課題は残ったものの、日本が2次予選を8戦無敗で終え、無失点で突破したことは評価されるべきだろう。もちろん、過信も慢心もいけないことだが、最終予選に向けた第2段階のスタートとしては上出来と言える。最終予選スタートまで半年。今後は、代表候補となる選手の各クラブでのプレーに注目だ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

コメント

関連ニュース

thumb

FC今治を退団した元日本代表DF山田卓也が現役引退「熱いまなざしと熱い声援をありがとうございました」

▽FC今治は23日、元日本代表DF山田卓也(43)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽山田は桐蔭学園高校から駒澤大学を経て、1997年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に入団。2005年までプレーすると、その後はセレッソ大阪、横浜FC、サガン鳥栖と国内クラブを渡り歩き、2010年から2015年まではアメリカのFCタンパベイでプレーしていた。 ▽2015年にFC今治へと加入すると、2016年は奈良クラブへと完全移籍。2017年はFC今治に復帰していた。また、2003年から2004年にかけて日本代表にも選出。4試合に出場している。J1通算274試合23得点、J2通算74試合5得点。 ▽今月18日にFC今治からの退団が発表されていたが、今シーズン限りで現役を退くこととなった山田は、クラブを通じてコメントしている。 「このたび私、山田卓也は現役を引退することを決断致しました。2017年シーズンは怪我に苦しみ、満足が出来るパフォーマンスは出来ませんでしたが、多くの方に支えられ最後まで希望を捨てずにチームに貢献出来るようチャレンジ出来たことに感謝しています」 「沢山の悔しい思いや、喜びの瞬間を味わうことが出来た21年間の選手生活でした。サッカーを通して分野を問わず沢山の仲間に恵まれ、その全てが私の財産となりました」 「今後は今までの経験を生かせていけるよう、様々なことに挑戦、勉強をし、サッカー界はもちろん世の中の役に立てるように邁進していこうと思います」 「良い時も悪い時も叱咤激励してくださったサポーターの皆さん、多くのサッカー関係者の皆さんに感謝の意を表します。自然や景色、美味しい食材、暖かい人に溢れる大好きな今治の地で引退が出来たことを嬉しく思います。熱いまなざしと熱い声援をありがとうございました」 2017.11.24 13:44 Fri
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランク! 11月連敗の日本、前月44位→55位に大幅後退

▽国際サッカー連盟(FIFA)は23日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月44位の日本代表は、11月に行われた代表ウィークでブラジル代表(1-3)、ベルギー代表(0-1)に連敗した影響で、2カ月連続ダウンの55位。アジア全体の順位は、前月の3番手から変動がなかった。 ▽また、世界全体では、ドイツ代表、ブラジル代表、ポルトガル代表、アルゼンチン代表、ベルギー代表のトップ5に変動なし。イタリア代表との欧州プレーオフを制したスウェーデン代表は、25位から18位に浮上している。 ◆<span style="font-weight:700;">11月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ドイツ(1) 2.ブラジル(2) 3.ポルトガル(3) 4.アルゼンチン(4) 5.ベルギー(5) 6.スペイン(8) 7.ポーランド(6) 8.スイス(11) 9.フランス(7) 10.チリ(9) 11.ペルー(10) 12.デンマーク(19) 13.コロンビア(13) 14.イタリア(15) 15.イングランド(12) 16.メキシコ(16) 17.クロアチア(18) 18.スウェーデン(25) 19.ウェールズ(14) 20.オランダ(20) 21.ウルグアイ(17) 22.アイスランド(21) 23.セネガル(32) 24.アメリカ(27) 24.北アイルランド(23) 26.コスタリカ(22) 27.チュニジア(28) 28.スロバキア(24) 29.オーストリア(39) 30.パラグアイ(36) 31.エジプト(30) 32.アイルランド(26) 32.イラン(34) 32.スコットランド(29) 35.ウクライナ(30) 36.DRコンゴ(35) 37.セルビア(38) 38.ボスニア・ヘルツェゴビナ(40) 39.オーストラリア(43) 40.モロッコ(48) 41.ルーマニア(45) 42.トルコ(33) 43.ブルガリア(36) 44.ブルキナファソ(55) 45.カメルーン(42) 46.モンテネグロ(54) 47.ギリシャ(47) 48.チェコ(46) 49.ボリビア(50) 50.ナイジェリア(41) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(32) 2.オーストラリア(39) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(55)</span> 4.韓国(59) 5.中国(60) 6.サウジアラビア(63) 7.UAE(73) 8.シリア(77) 9.イラク(79) 10.ウズベキスタン(80) 2017.11.23 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】ブラジル戦の後半とベルギー戦で指揮官が日本を褒めた理由とは

▽今週は先週に引き続き、日本代表の欧州遠征について気になったことを指摘したい。まずハリルホジッチ監督だ。これまでは、負けた試合や引き分けた試合はもちろんのこと、勝った試合であっても苦言を呈すことが多かった。 ▽ところがリールで行われたブラジル戦は、「純粋な気持ち、改善点もあるし、満足できる部分もあった。後半は1-0で、2点目、3点目のチャンスもあった。前半は残念だが、後半は満足できる部分もある試合だった」と、彼にしては珍しく褒めていた。 ▽後半のブラジルはマルセロやネイマール、ウィリアン、ジェズスといった主力を下げたため、ベストメンバーとは言い難い。それも当然で、3-0とリードしたら、W杯では次の試合に備えて体力の温存を図る。そうした“格落ち"のブラジルだからこそ、後半は日本も善戦したように見えたという報道にも、ベルギー戦の前日会見で改めて否定した。 ▽指揮官いわく、ブラジル戦の後半は「杉本、浅野の決定機もあった。それはブラジルが力を落としたからだという人もいるようだが、私は日本の後半を評価している。ブラジルの試合を何ゲームも見たが、日本のようなチャンスはアルゼンチンも作れなかった。日本を過小評価しているようだが、私には満足できるものがあった」そうだ。 ▽ここまで日本を褒めるのは、監督就任以来、初めてのことだ。そしてベルギー戦後も「ブラジルよりいい試合をした。ゲームをコントロールできたし、チャンスがありながら得点できないのは残念。いい結果を求めて戦ったので残念だった。このような結果でも、ロッカールームでは『君たちは大きなライオンを倒しそうになったのだよ』と話した」と選手を称えた。 ▽その真意はどこにあるのか。当初は、監督自身の自宅がある、いわばホームの試合で、ヒステリックな姿ではなく、寛大な姿勢を見せたかったのではないかと推測した。ブリュージュもリールからはクルマで1時間弱と、ほとんどホームと変わらない。アジアの弱小国をここまで善戦(と言えるかどうかは別にして)させたことを、アピールしたかったのかと邪推したものだ。 ▽そして、もう1つの理由もあるのではないかと考えてみた。それは、今回は選手のテストだったため、このメンバーなら「この程度が限界だろう」というものだ。今回の遠征では本田、岡崎、香川の3人はコンディションに問題があるとして招集が見送られた。これまで所属チームで出場機会を失っていながら3人を招集することに、メディアから批判の声があがっていた。 ▽それなら「彼らを外したらどんなチームになるのか、どんなサッカーができるのか」を、ハリルホジッチ監督は証明したかったのではないだろうか。3人がいれば結果が変わったとまでは言えないものの、もう少し締まった試合になったような気がする。 ▽例えば右FWの浅野は決定機を外しても笑っていたし、久保もほとんど見せ場を作れなかった。杉本も惜しいヘディングシュートがあったものの、前線で機能していたとは言い難い。もしもタメを作れる本田がいたら、あるいはガムシャラに飛び込んでいく岡崎がいたら、もう少し攻撃の形ができていたのではと思ってしまう。原口も守備では健闘したし、乾も得意のドリブル突破を披露したが、香川なら違う選択肢で攻撃の幅を広げられたのではないだろうか。 ▽キャプテンの長谷部が万全のコンディションではないため、チームリーダーとしても本田の必要性を改めて感じた欧州遠征の2試合だった。 ▽これは余談だが、元日本代表で現在はテレビ解説者を務める川勝氏は、日本の不甲斐ない戦いぶりにベルギー戦は途中で見るのを止めたという。「決定機を外しながら浅野は笑っているし、久保もミスをすると照れ笑いをしていた。杉本は試合中、髪の毛が気になるのか何度も触っていた」と憤慨する。 ▽自身が読売クラブ時代、試合前のロッカーは殺気だっていたそうだ。白い歯を見せようものなら、「カリオカ(ラモス瑠偉)や哲二さん(柱谷)に殴られた。それだけ試合に集中していた」と振り返る。そんな川勝氏にとって、試合中にヘラヘラ笑っているのは許せないのだろう。 ▽杉本はかつての教え子でもあり、「サッカーをやめてしまえ」とまで言って厳しく指導した。そんな教え子には「髪の毛が気になってプレーに集中できないなら、剃るかワックスで固めてプレーに集中しろ」と指摘する。せっかくブラジルやベルギーという列強と対戦できる機会なのに、国内で行うテストマッチと同じモチベーションで臨んでいることが許せなかったようだ。 ▽それは、もしかしたらハリルホジッチ監督も同じなのではないだろうか。怒りを通り越して呆れている。「まだまだ日本の選手は子供だな」――それが、試合後に選手を褒めた一番の理由かもしれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.11.23 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸が鈴木隆行氏の引退試合開催を発表! 来年1月13日にケーズデンキスタジアムで開催

▽水戸ホーリーホックは21日、2015シーズン限りで現役を引退した元日本代表FW鈴木隆行氏の引退試合を行うことを発表した。試合は2018年1月13日(土)に行われるとのことだ。 ▽「鈴木隆行 引退試合」として行われる試合は、1月13日(土)の13時キックオフ予定。水戸の本拠地であるケーズデンキスタジアム水戸で行われる。 ▽試合は、SUZUKI FRIENDS vs MITO SELECTIONSとして行われ、「SUZUKI FRIENDS」には日韓W杯当時のメンバーも踏まえてのスペシャルチームを組む予定とのこと。「MITO SELECTIONS」は、水戸ホーリーホックの現役選手や鈴木隆行氏の在籍時所属していた選手等「水戸選抜」で組まれるとのことだ。なお、出場選手は後日発表される。 ▽チケットは、メインスタンド中央前方の「隆行シート」が5,000円。その後方の「SS指定席」が4,500円、その他「S指定席」が4,000円と続いている。「バックスタンド自由席」は大人が2,000円、小中高が1,000円となっている。 ▽チケットの発売日は12月13日(水)の10時から。Jリーグチケットやチケットぴあ、ローソンチケットなどで購入できる。 ▽鈴木氏は、鹿島アントラーズやジェフユナイテッド千葉、川崎フロンターレ、横浜F・マリノスなどでプレー。海外移籍も経験し、ヘンクやゾルダー、レッドスター・ベオグラードなどでもプレーしている。水戸には4シーズン在籍し、J2通算126試合出場24得点を記録していた。 2017.11.21 17:53 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司がアジア国際年間最優秀賞にノミネート! アジア女子年間最優秀選手賞には熊谷紗希が候補に

▽アジアサッカー連盟(AFC)が、AFCアニュアルアウォーズ2017のノミネート選手を発表した。 ▽AFCに所属する国やその代表選手、指導者などが表彰されるAFCアニュアルアウォーズ。2016年は岡崎慎司(レスター・シティ)がアジア国際年間最優秀選手賞を受賞したほか、アジア年間最優秀若手選手賞をMF堂安律(当時ガンバ大阪)、MF長野風花(浦和レッズレディース)、AFC特別賞を手倉森誠監督(当時U-23日本代表)が受賞していた。 ▽2017年は、アジア国際年間最優秀選手賞にMF香川真司(ドルトムント)がノミネートされたほか、アジア年間最優秀監督賞に石井正忠監督(当時鹿島アントラーズ)、堀孝史監督(浦和レッズ)、女子では高倉麻子監督(なでしこジャパン)がノミネート。アジア年間最優秀選手賞には、女子部門でDF熊谷紗希(リヨン)がノミネートされている。また、年間最優秀若手選手賞の女子部門に宮澤ひなた(星槎国際高校湘南)がノミネートされている。 ▽授賞式は11月29日にタイのバンコクで開催される。今回発表されたノミネート選手、監督は以下のとおり。 ◆アジア年間最優秀選手賞 【男子】 ウー・レイ(上海上港/中国代表) オマル・ハルビン(アル・ヒラル(サウジアラビア)/シリア代表) オマル・アブドゥルラフマン(アル・アイン/UAE代表) 【女子】 サマンサ・カー(オーストラリア女子代表) シム・スンヒャン(北朝鮮女子代表) 熊谷紗希(なでしこジャパン) ◆アジア年間最優秀監督賞 【男子】 アンジ・ポステコグルー(オーストラリア代表) 石井正忠(鹿島アントラーズ→大宮アルディージャ) 堀孝史(浦和レッズ) 【女子】 ガオ・ホン(中国女子代表) 高倉麻子(なでしこジャパン) レテシア・バウティスタ(フィリピン女子代表) ◆アジア国際年間最終選手賞 アーロン・ムーイ(ハダースフィールド(イングランド)/オーストラリア代表) 香川真司(ドルトムント(ドイツ)/日本代表) ソン・フンミン(トッテナム(イングランド)/韓国代表) 2017.11.20 12:51 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース