超ワールドサッカー

【日本代表コラム】“トライ”の成果と浮き彫りになった課題2016.03.30 19:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表は、いつになく積極的な立ち上がりを見せ、選手たちが流動的にポジションを変えて攻勢を強めた。アフガニスタン代表戦ではチケットが売れ残っていたものの、シリア代表戦は完売。埼玉スタジアム2002に集まった5万7000人を超す観衆に加え、テレビの前で観戦した人たちも期待感に包まれたスタートとなった。

▽アフガニスタン代表戦(5-0)で採用した[4-4-2]から、これまでヴァイッド・ハリルホジッチ監督が採用してきた[4-3-3]へとシステムを変更。MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)やFW本田圭佑(ミラン/イタリア)、FW宇佐美貴史(ガンバ大阪)らをスターティングメンバーに戻した。

▽これまでの予選でやり慣れた形であり、万全を期してのシリア戦だった。結果を見れば5-0で快勝。2試合連続での5得点は評価できるだろう。また、シリア戦のみならず、ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選の全8試合を通じて、一度もネットを揺らされることはなかった。しかし、この試合でも攻守にわたって課題は残された。

▽まず、攻撃面では、2次予選で奪った27得点のうち、前半に奪ったのはわずかに7得点であり、後半の20得点との差は歴然だ。5-0で快勝したこの2試合も、前半はどちらも1得点。主導権を握り、攻勢をかけ、チャンスを作りながらも仕留め切れないシーンを何度も目にすることとなった。

▽90分間で行われるサッカーの試合だが、その中に流れは存在する。シリア戦では得点を重ねられなかったことで、前半の終盤には押し込まれるシーンが増えた。後半も、終盤の3ゴールを奪うまでは、幾度となくピンチにさらされた。最終予選であれば、仕留められてしまった可能性が高い。また、W杯本大会であれば、チャンスが訪れる回数すら少なくなる。長年の課題である“決定力”を高める必要性は、この先も続くことになる。

▽また、守備面では、フィジカルを使った強引な攻撃を受けた際に、ピンチを招くことが散見された。数的同数、または有利な場面でも、フィニッシュまで到達させてしまうことも課題だろう。アグレッシブに守り、イニシアチブを握っている展開では見えてこない課題も、攻め込まれる回数が増えるにつれ、ミスも増え、ピンチも増えた。

▽特に後半は、GK西川周作(浦和レッズ)の奮闘がなければ、無失点はおろか、白星さえ逃していたかもしれない。相手のミスに助けられた部分も多くあり、決して満足行く内容ではなかった。相手のレベルが上がる最終予選では、この2試合のような展開になることは考えにくい。攻守にわたる精度を高めることが重要となるが、代表としての活動が限られるだけに、必要なのは個々人のクラブでの努力に他ならない。

▽とは言え、この試合でも“トライ”は成功したと言える。試合後の検査の結果、鼻骨骨折、左眼窩底骨を骨折していたMF山口蛍(ハノーファー/ドイツ)の代わりにボランチの位置に入ったMF原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)は、アフガニスタン戦とは違う役割での起用となった。投入後はしっかりと守備にも参加し、アグレッシブなプレーを見せ、最後は得点まで奪ってみせた。守備面での貢献は多く期待できないが、前への推進力は間違いなく増大し、カウンターでも最前線まで飛び出すなど、3列目の選手として新たなオプションを見せてくれた。

▽課題は残ったものの、日本が2次予選を8戦無敗で終え、無失点で突破したことは評価されるべきだろう。もちろん、過信も慢心もいけないことだが、最終予選に向けた第2段階のスタートとしては上出来と言える。最終予選スタートまで半年。今後は、代表候補となる選手の各クラブでのプレーに注目だ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

コメント

関連ニュース

thumb

約2年ぶりの日本代表招集となったMF乾貴士「一緒にサッカーできるのは楽しい」《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、日本代表に約2年ぶりに招集されたMF乾貴士(エイバル)がメディアの取材に応対。ケガの状態や、エイバルでのプレー、バルセロナ戦で挙げた2ゴールについて語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF乾貴士</span>(エイバル/スペイン) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──ケガの状態はどうか</span> 「多少痛くてもやりたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──どの場面で負傷したのか</span> 「バルサ戦です。2点目のシュートの時の着地でやったと思います。その時はなんともなかったんですが、その後走ったらなんか痛いなと。その時しか無いと思います」 <span style="font-weight:700;">──正式な診断結果は</span> 「ただの捻挫です」 <span style="font-weight:700;">──練習前にハリルホジッチ監督と話していたが、ケガのことか</span> 「そうですね。そのことと、自分のプレースタイルの部分と、代表での役割ですね。スペインでやっているサッカーとは異なるところがあるので、そこの役割を話しました」 <span style="font-weight:700;">──日本代表は久々の招集ですが</span> 「すごく楽しみでしたし、久々に会う選手もいるので、一緒にサッカーできるのは楽しいです。そこは喜びを噛み締めながら、楽しみながら、しっかり勝てるように、自分自身貢献できるようにしたいです」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──今シーズンはどんな1年だったか</span> 「凄く良い1年でしたし、成長できた1年でした。出られない時期もあったんですが、その時期も腐らずやれたのは成長だと思います。そこから這い上がってスタメンも獲れました。コンスタントに試合に出られたのは自分にとっても成長できたところだと思います」 <span style="font-weight:700;">──ドイツからスペインにわたっての苦労は</span> 「技術面ではみんなレベルが高いので、そこは戸惑うではないですが、凄くビックリしました。守備面が最初は難しかったです。監督が求めることが理解できず、1年目は苦しみましたが、2年目は理解できるようになったので良かったです。あと、ディフェンスのアジリティがドイツよりもあるので、かわせたと思っても付いてこられる場面が増えました」 <span style="font-weight:700;">──クラブと代表での違いがあると思うが</span> 「クラブでは足下で受けることが多いので、そこからの個人技やサイドバックとのコンビネーションが求められています。でも、こっちでは基本的に裏を狙ってゴールを狙いに行くのが重要になると思うので、求められることをやりながら自分の特徴を出せればと思います」 <span style="font-weight:700;">──バルサ戦のゴールの様な形を狙っていく感じか</span> 「あのような所は狙って行かないといけないですし、狙えば得点チャンスが増えると思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──改めてバルサ戦の2ゴールを振り返って</span> 「コースが凄く良かったのでラッキーな部分もありますけど、入ったことが良かったです。点が獲れたのが本当に良かったですね」 <span style="font-weight:700;">──バルサから点を獲るというのはいかがですか</span> 「もちろん嬉しいですし、去年初めてバルセロナとカンプ・ノウでやりました。カンプ・ノウでやることは自分の夢でしたが、何もできなくて、ピッチに立つだけでは満足できないと去年は思いました。それが2点に繋がったのは凄く良かったです。ただ、点を獲ってもシーンとなったので、不思議でした」 2017.05.28 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

緊張も見られたMF加藤恒平、初めての日本代表招集に「スタートラインに立っただけ」《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、日本代表に初招集されたMF加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア)がメディアの取材に応対。日本代表の雰囲気についてコメントするとともに、自身の経験を生かしたいと語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF加藤恒平</span>(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──日本代表の雰囲気は</span> 「凄く良いです。最初は誰も知らない人ばかりでしたが、一緒に練習したら、代表の選手は人間性もみんな素晴らしいなと感じました」 <span style="font-weight:700;">──久保裕也選手とよく話していたようだが</span> 「僕は大学が立命館大学で、京都サンガF.C.のユースから大学に来ている子が結構居ます。そこで共通の知り合いが居たので、話が盛り上がりました」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督のイメージは</span> 「最初は少し怖い方なのかなと思いますが、凄く冗談を言われるので、そこのメリハリがしっかりしているという印象です」 <span style="font-weight:700;">──監督から要求されたことは</span> 「戦術的なことはまだ話していません。これからになると思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──初めての代表の練習はどうだったか</span> 「今日は全然キツくなく、気持良くやれました」 <span style="font-weight:700;">──改めて代表に選ばれた状況は</span> 「周りがガラッと変わりました。そこに自分が戸惑っている部分があります。ピッチの上では自分がやるべきことをやって、周りにはしっかり流されないように、そこも自分の中でしっかりやっていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──27歳での日本代表初招集となったが、ここまでの道のりは長かったか、短かったか</span> 「周りから見たら27歳は遅く見られるかもしれませんが、僕にとっては全てが必要な時間でした。そこに関しては、長いも短いもないです。代表に来るまでに必要な時間だったと感じています」 <span style="font-weight:700;">──海外に行ったのは日本代表に呼ばれるためでもあったかと思うが</span> 「僕みたいな経歴の選手が日本でやっていても目につかないと思います。日本代表に入ったら海外の選手と戦うことになるので、だったら日頃の練習や試合から海外でやったほうが、代表に呼ばれた時に力になれるんじゃないかと思っています」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──いよいよ呼ばれたという感じか</span> 「ようやく呼ばれて、スタートラインに立っただけです。ここから呼ばれ続けること、試合に出続けることが大事になると思うので、そこを目指してやっていきます」 <span style="font-weight:700;">──色々な国での経験は代表で生きるか</span> 「比較的環境に慣れることは得意です。そういった意味では周りをあまり気にせずにやれます。多少の緊張はありますが、周りの良い方ばかりなのでしっかりやれると思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表の試合は観ていたのか</span> 「観れる試合は観ていて、代表に呼ばれてから4試合を観直しました」 2017.05.28 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表招集外のMF宇佐美貴史、来シーズンのポジションは「10番のポジションになる」《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、日本代表には招集されていないものの、バックアップメンバーとして海外組合宿に呼ばれたMF宇佐美貴史(アウグスブルク)がメディアの取材に応対。難しいモチベーションながらもしっかりと準備すると意気込みを語り、来シーズンはクラブでのポジションも変更があることを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆MF宇佐美貴史</span>(アウグスブルク/ドイツ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──微妙な立ち位置での参加となるがどのようなモチベーションですか</span> 「準備を求められているので、黙々と良い準備をしたいと思っています。良いモチベーションでいます」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督とはなにか話しましたか</span> 「着いてすぐ話しました。チーム(アウグスブルク)のことと、この合宿について話しました」 <span style="font-weight:700;">──アウグスブルクでの1シーズン目が終わりましたが</span> 「苦しい1年でした。チームとしてもなかなかうまく行かなくて、でも最後に盛り返して残留も決めました。間違いなく良い1年とは言えないですけど、今年のことをどう次の1年に生かすかということしかないです」 <span style="font-weight:700;">──合宿参加の連絡があったのはいつですか?</span> 「昨日(27日)の夜ですね。明日の昼に幕張に来いと(笑)」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_4_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──予定していたことがあったりは?</span> 「(予定は)大分飛んでます(笑)。それでも来なくてはいけないですし、来れることを光栄に思うのが代表です。準備を求められているので、モチベーションは難しい部分はありますけど、求められたことをするのが選手の宿命だと思います。急に呼び出されようが、予定が飛ぼうが、やり続けるだけです」 <span style="font-weight:700;">──来シーズンに繋げたい部分は</span> 「来シーズンはポジションを変えると、監督とGMと話しました。真ん中の10番のポジション(トップ下)でやってほしいということだったので、結構変わると思います。よりボールに触れるポジションでやらせてもらったほうが、自分の特徴を生かせると話して決めました。この合宿で、今日は走りの部分をどこまで伸ばせるかという練習もしましたし、来シーズンに向けた一歩にできたらと思います」 2017.05.28 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

海外組合宿がスタート! 代表初招集のMF加藤恒平に加え、未招集のMF宇佐美貴史も参加《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽合宿初日には、キリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦に招集されたメンバーのうち、GK川島永嗣(メス/フランス)、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)、MF乾貴士(エイバル/スペイン)、MF加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)、FW久保裕也(ヘント/ベルギー)、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)の9名が参加。また、バックアップメンバーのMF宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)も参加した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ピッチに現れた9選手は、鳥カゴを行い体をほぐすと、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督を中心として青空ミーティングを実施。その後、約1時間半のトレーニングで汗を流した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽全員で外周を30分程度ランニングすると、その後はストレッチ、ウォーミングアップを実施。距離を変えてのインターバル走を行い、最後にボールを使ったトレーニングも行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ボールを使っては、ドリブルやリフティング、パス交換などを行い、最後には全員で鳥カゴを実施。初顔合わせとなった加藤もしっかりと輪に入り、終始和やかな雰囲気で合宿初日が終了した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170528_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽なお、宇佐美はケガの状態が心配される乾のバックアッパーとしてトレーニングに参加しており、日本代表への追加招集は乾の状態次第とのこと。検査結果を待つ間を無駄にしないため、初日から合宿に参加することになったとのことだ。 2017.05.28 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ラウンド16進出のU-20日本代表は無失点で3連勝のU-20ベネズエラ代表と対戦《U-20W杯》

▽U-20日本代表は27日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節のU-20イタリア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。 ▽この結果、グループDで3位となったものの、他グループの3位チームと争う決勝トーナメント進出枠を確保し、ベスト16入りが決定。この結果、グループBを首位で通過したU-20ベネズエラ代表と対戦することが決まった。 ▽ベネズエラは、U-20メキシコ代表、U-20ドイツ代表、U-20バヌアツ代表とグループBで同居。初戦のドイツ戦を2-0で制すると、第2節でバヌアツに7-0で勝利。最終節でもメキシコ相手に0-1で勝利し、グループステージ3試合を10得点無失点で突破している。 ▽その他、ラウンド16では開催国のU-20韓国代表と逆転でグループステージ突破を決めたU-20ポルトガル代表の対戦が決定。日本と同じ3位チームながら決勝トーナメント進出を決めたU-20コスタリカ代表はグループAを首位で通過したU-20イングランド代表と対戦する。 ◆U-20W杯 ラウンド16 ▽5月30日(火) 《17:00》 U-20ベネズエラ代表 vs <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20日本代表</span> 《20:00》 U-20韓国代表 vs U-20ポルトガル代表 ▽5月31日(水) 《17:00》 U-20ウルグアイ代表 vs 3位(B/E/F) 《20:00》 U-20イングランド代表 vs U-20コスタリカ代表 U-20ザンビア代表 vs 3位(A/B/F) ▽6月1日(木) 《16:30》 U-20メキシコ代表 vs グループF・2位 《20:00》 グループE・1位 vs U-20イタリア代表 グループF・1位 vs グループE・2位 2017.05.28 00:16 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース