【日本代表コラム】“トライ”が奏功し収穫が多かった第2段階初戦2016.03.25 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽第2段階の第一歩を踏み出した日本代表は、アフガニスタン代表相手に後半の4ゴールなどで5-0と快勝。グループ首位をしっかりとキープした。

▽今予選において、敵地でのアフガニスタン戦(6-0)に次ぐスコアで勝利を収めた日本は、最大の目標である勝利を挙げるとともに、様々な面で第2段階を歩み出したことを示した。

▽これまでハリルホジッチ監督は、[4-2-3-1]をベースに、[4-3-3]、または中盤をフラットにする[4-4-2]のフォーメーションで戦ってきた。しかし、アフガニスタン戦は中盤をダイヤモンド型にする[4-4-2]でスタート。アンカーにMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、トップ下にMF清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)、右にMF原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)、左にMF柏木陽介(浦和レッズ)を配置した。

▽「違うことにトライしたい」という前日会見の言葉通り、これまでに見せなかったシステムに加え、清武、原口、柏木と、これまで主力としてプレーしていなかった3選手を起用。疲労を考慮して、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)、FW本田圭佑(ミラン/イタリア)をベンチスタートとさせたが、“トライ”した中盤は上手く機能する部分が多く見られた。

▽特筆すべきは、トップ下に入った清武だ。ハノーファーでもチームの結果を左右する働きを見せている通り、この試合でも1ゴール2アシストと勝利に貢献。2トップに入ったFW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)、FW金崎夢生(鹿島アントラーズ)との間合いを上手く取り、近くに寄ればダイレクトでのパス交換、下がって受けた際には縦パス、スルーパスを送るなど、攻撃を牽引していた。また、得意のセットプレーからも良質なボールを送り続けるなど、及第点以上の活躍を見せた。

▽左サイドでプレーした柏木は、前半こそDF長友佑都(インテル/イタリア)との息が合わず、なかなか良い形を作ることができなかったが、後半は長友との関係が改善され、多くのチャンスを生み出していた。また、右サイドでプレーした原口は、クロスバー直撃のシュートを放つなど攻撃面でアクセントを付ける役割を担っていた一方で、守備でも奮闘。また、強引なプレーが減り、右サイドバックのDF酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)のサポートを行うなど、ブンデスリーガでの好調を維持したパフォーマンスを見せていた。

▽最前線も、これまでの1トップから2トップに変更。岡崎と金崎を並べた結果、トップ下の清武を含めた3選手が近い距離でプレーすることとなった。スペースがない局面でもダイレクトパス交換を見せていた。清武の効果的な縦パスから岡崎が華麗に決めた先制ゴールや、金崎のダイレクトの浮き球を清武が決めた2点目は、3人の距離感が生んだものとも言えるだろう。

▽新たな可能性で言えば、FWハーフナー・マイク(ADO/オランダ)も一定のパフォーマンスを見せた。左サイドからの清武のクロスを、高さを生かして落とし、金崎のゴールをアシスト。また、不安定であった相手守備陣を引き連れることもできていた。引いて守る相手にはミドルシュートが有効と言われるが、ハーフナーほどの高さがあれば、新たな武器にもなる。アジアを勝ち抜く上では、オプションとして機能できるところをシリア戦でも見せてもらいたい。

▽なお、他グループの結果により、各組2位チームの上位4チームに入ることが確定したため、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選進出を決めた。ひとまず、目標は達成した。変化をもたらせ、結果を残した第2段階の日本代表。29日のシリア戦ではどの様な変化を見せてくれるのか、期待したい。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

コメント

関連ニュース

thumb

タイ代表GKハタイラッタナクーン「全力を出して日本に立ち向かっていきたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7戦、タイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽埼玉スタジアム2002の一室で前日会見に出席したタイ代表のGKシンタウィーチャイ・ハタイラッタナクーン(スパンブリーFC)が、明日の試合に向けて以下のように意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆GKシンタウィーチャイ・ハタイラッタナクーン</span>(スパンブリーFC) 「明日、私たちには大きな任務がある。ただ、我々は平均年齢20代前半の若いチーム。そのため、アジアのベストなチームの日本から学ぶことがたくさんある。自分たちがもっているものを全て出して、日本に立ち向かっていきたい」 2017.03.28 02:43 Tue
twitterfacebook
thumb

タイ代表監督「タイは20年前の日本と同じ夢を持っている」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7戦、タイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽埼玉スタジアム2002の一室で前日会見に出席したタイ代表を率いるキャティサック・セーナムアン監督が、明日の試合に向けて以下のように意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆キャティサック・セーナムアン監督(タイ代表)</span> 「日本はこのグループの中で最も強いチームの一つ。そして(日本が)アウェイでUAE代表に勝ったことで、タイ代表にとって明日の試合がさらに難しいものとなった。しかし、私たちは失うものは何もない。私たちには気持ちと魂がある。それを込めて明日の試合は戦いたい。日本はこの20年間常にワールドカップに進んでいる。私たちは明日、日本とタイのファンの皆さんの前で素晴らしい試合をします」 <span style="font-weight:700;">──(ロシア・ワールドカップ2次予選で)シンガポールが日本代表と引き分けたことがあるが、その試合からヒントを得ているか</span> 「シンガポールと同じことができるかというとそれはわからない。しかし、私たちはベストを尽くす。もちろん、明日私たちが勝ち点3を掴むことができればそれは極めて素晴らしいこと。ただ、それは難しい。勝ち点1でも素晴らしい結果だと思う。日本にとっては大きな期待が寄せられている試合。勝ち点を15に積み上げればロシアに大きく近づく試合だ。私たちは、できることをして素晴らしいパフォーマンスをお見せしたい」 <span style="font-weight:700;">──サウジアラビア戦ではホームということでアグレッシブに戦っていたが、日本戦では同様な戦い方をするか</span> 「サウジアラビア戦ではホームだったこともあり、勝つことを期待していた。ところが、1点先制された時点で我々が攻撃的なサッカーをする以外に選択肢がなかった。そして、同点に持ち込もうと思った。しかし、DFのミスで2失点目を喫してからサッカーではそういうこともあるが、選手たちが自信を失ってしまった。ただ、サウジ戦についてはもう忘れている。明日は、日本の皆様に大きなチャレンジとして、大きな山を提供したい」 <span style="font-weight:700;">──ティーラトン・ブンマタン選手(ムアントン・ユナイテッド)が累積警告により欠けることについて</span> 「ティーラトンはFKが上手な選手。ただ、この代わりを若い選手がする。チームワークに基づいたプレーをする。私たちは個々の選手には依存していない。チームワークでプレーをする。そして、全員が試合に出たいと思っている。気持ちで戦う」 <span style="font-weight:700;">──サウジアラビア戦を忘れたと言ったが明日はどう戦うか</span> 「明日の試合は選手たちにとって夢のような体験となる。タイの代表が日本で日本代表と最後に戦ってからずいぶんと時間が経っている。最後に戦ったのは2010年のワールドカップの予選で、埼玉スタジアムだった。自分自身も1992年にラモス瑠偉選手や三浦知良選手がいる日本代表と戦ったことがある。日本代表と戦うことはアジアのベストなチームと戦うチャンスである。ここのスタジアムは2002年ワールドカップが開催されたスタジアム。大きな意味がある。明日は選手たちにぜひともフットボールを楽しんでもらいたい。そして、楽しんだ上で素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しい」 <span style="font-weight:700;">──チャナティップ・ソングラシン選手(7月から北海道コンサドーレ札幌に加入内定)がJリーグでプレーすることになるが</span> 「コンサドーレ札幌にチャナティップと契約してくれたことに感謝を申し上げたい。この夏からプレーができること、タイにこういう才能がある選手と見出してくれたことにお礼を申し上げたい。日本のJリーグのファンの皆さんにタイの選手の質を見せるチャンス。それだけでなく、もっと多くのタイの選手がJリーグでプレーできるようになったら良いなと思っている。11人でもいい。実はタイは、20年前の日本と同じ夢を持っている。ワールドカップに将来出たいと思っている」 <span style="font-weight:700;">──タイの国王が亡くなってしまい、その直後のオーストラリア戦で非常に良い試合をしていたが、国王への想いは</span> 「今でも同じ気持ち、精神で試合をしている。今も国王のために試合をしている。ユニフォームも青から黒、グレーから白に変えた。明日は白のユニフォームを着て、気持ちを一つにして試合をしたい」 2017.03.28 02:42 Tue
twitterfacebook
thumb

UAE戦ベンチのFC東京GK林彰洋、さらなる飛躍誓う「まだ実力が足りない」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽練習終了後、GK林彰洋(FC東京)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。先のUAE代表戦でビッグセーブを見せたGK川島永嗣のプレーぶりを見て、「まだ実力が足りないというところを認めないといけない」と力不足を痛感し、定位置確保へさらなる飛躍に意欲を示した。 <span style="font-weight:700;">◆GK林彰洋</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">──UAE戦はベンチ</span> 「正直、そこはまだ実力が足りないというところを認めないといけない。だから、そういう意味では、ある程度、目が止まってくる状況にしないといけないなと」 <span style="font-weight:700;">──今回招集のGKは三者三様の特長がある</span> 「精度を上げていくというか、この前の試合で(川島)永嗣さんのセーブがあったけど、ああいうところでしっかりセーブできるという状況があるからこそ、チームは勝つことができた」 「(ベンチから見ていて、)局面でああいう止め方もあるんだなと改めて知った。僕だったらどうしていたかを頭に浮かべながらベンチで見ていた」 2017.03.28 01:05 Tue
twitterfacebook
thumb

DF酒井宏樹「最終予選は結果」…内容よりも結果重視の考え明かす《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽練習終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。右サイドハーフの関係性や、W杯アジア最終予選6試合の戦いぶりを振り返り、「最終予選は結果」との考えを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井宏樹</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">──タイ戦の注意点</span> 「立ち上がりは注意したい。良いモチベーションで試合に入ることが大事。観客を含めて会場が一体になって、向こうにプレッシャーを与えることができれば、相手にプレーさせることはないと思う。後ろが90分しっかり引き締められれば良い試合になる」 <span style="font-weight:700;">──これまでのホームゲームで苦戦</span> 「内容に関して、苦しいとは思っていない。なかなか点が入らなかったり、失点をしてしまったりしていることはあるけど、チームとしてタフになることができている。内容云々というよりも、最終予選は結果。ワールドカップのチケットが取れれば良い」 <span style="font-weight:700;">──FW久保裕也との連携面</span> 「時間が短すぎるので、連携というよりも、お互いを信じ合ってやっていくしかない。それに、誰と組んでも、僕のプレースタイルは変わらない。プレースタイルというか、僕の考えることは変わらないので、前の選手がやり易いように動くだけ。主導権はサイドハーフにある。それに合わせて、動くこと、考えることが大事だと思っている」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「最後にはオーストラリア代表、サウジアラビア代表といった厳しい戦いが残っているので、タイもどういう戦い方でくるかわからないですが、0-0で進めば僕らも焦るかもしれない。明日は難しい試合になる」 <span style="font-weight:700;">──初戦UAE戦での敗戦について</span> 「負けることは許されなかったが、ポジティブに考えるしかない。予選が終わった時にあの敗戦があったからと思えるようにしたい」 2017.03.28 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

FW岡崎慎司「単発で終わってしまう攻撃がこのチームの課題」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。現在、最下位のタイ代表との一戦が間違いなく難しくなると警戒。また、日本代表の2次攻撃が少ないことを課題に挙げた。 <span style="font-weight:700;">◆FW岡崎慎司</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「ワールドカップ予選が始まってから何度もこういう相手に苦戦しているし、間違いなく難しくなる。チームとしてまず勝つということに対して泥臭くても勝つかや自分たちのやりたいことではないことを受け入れながらやるかということを克服しきれてない。やれることを増やしている段階。前半の戦い方というのは重要になってくる」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦で香川真司選手(ドルトムント/ドイツ)が日本の強みはカウンターと言っていたが</span> 「カウンターというよりは、失点が怖いので、現実的に勝っていくためには失点しない方法を逆算してそういう考えだと思う。そこからクオリティを高めていかなくてはいけないし、ラインを押し上げて高い位置からプレスをかけるということも理想としてはやりたいこと。ただ、そういう状況の中で勝つためにそれを実行できたのは良かった。明日はそれとは別の戦い方になると思う」 <span style="font-weight:700;">──引いた相手に対してどう戦うか</span> 「勇気も必要だと思う。そういう迫力を出して前半の立ち上がりからやっていくには迷いなくやっていかなくていけない。そうすることで、1次攻撃、2次攻撃と強い攻撃ができる。そういうのが日本代表は必要になってくる。単発で終わってしまう攻撃がこのチームの課題」 <span style="font-weight:700;">──ケガ人が出ている中で役割は</span> 「重要な役割をサコ(大迫勇也)や今ちゃん(今野泰幸)が担っていて、ハセさん(長谷部誠)もチームの中心だし、(高萩)洋次郎もケガをしてしまった。そういう意味ではここでも日本の強みを出せれば、勝負はできると思う。個人的にもFWとしてサコのプレーがチームにとって重要だったというのが観ててわかる。あそこまでポストプレーもできて、起点になれる選手が今までいなかった。今までは(前田)遼一さんがやってくれていた。自分も観ていて改めて参考になった」 2017.03.27 22:16 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース