磐田がMF宮崎智彦の入籍を発表「自分自身さらに努力していきたい」2016.03.15 15:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は15日、MF宮崎智彦(29)が一般女性と入籍したことを発表した。▽2012年から磐田でプレーする宮崎は、2月25日に入籍をしていたとのこと。クラブを通じて喜びのコメントを残している。

「先月25日に入籍しました。新しい家族ができ、より責任を感じています。これからもチームの為に、自分自身さらに努力していきたいと思います。応援よろしくお願いします」

▽FC東京U-18出身の宮崎は、流通経済大を経て2009年に鹿島へ加入。2011年は横浜FCでプレーし、2012年に磐田へと加入していた。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで40試合に出場しチームのJ1昇格に貢献。今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、開幕から3試合連続で先発している。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】昨季長期離脱者がカギ! 名波イズム浸透で“再躍進”を《ジュビロ磐田》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第11弾はジュビロ磐田を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆補強乏しくも再躍進の可能性アリ</span>《ひと桁順位》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_jubilo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>2017年の6位躍進から一転、2018シーズンは降格の危機に瀕した磐田。開幕前に「トップ5入り」を目標に掲げたが、シーズン序盤にMFアダイウトンとMFムサエフがケガによる長期離脱を余儀なくされ、MF中村俊輔もフル稼働できず、チームバランスを崩した。 さらには、DFギレルメが試合中の暴力行為で退団するなど、チームとして様々な壁に直面。夏には川崎フロンターレからFW大久保嘉人を獲得するも、持ち前の得点力は発揮できず、最終節に得失点差で16位に転落する悲劇に見舞われた。東京ヴェルディとのプレーオフ決定戦を辛くも制してJ1残留を決めたが、あわやJ2降格という苦しいシーズンを送った。 名波浩体制6年目を迎える今シーズンは、チームの立て直しが求められる中、オフシーズンの動きは極めて少なかった。主力の退団はMF松浦拓弥(→横浜FC)のみに抑えた一方で、獲得したのは期限付き移籍から復帰したDF石田崚真(←ツエーゲン金沢)を含めてわずか4名。川崎フロンターレから加入したMF森谷賢太郎は昨シーズン控えに甘んじ、モンテディオ山形から加入したFW中山仁斗はJ1初挑戦。シェリフ・ティラスポリ(モルドバ)から加入したFWロドリゲスもJリーグ初挑戦と未知数な部分が多く、どちらに転ぶか分からない補強に終わった。 それでも、ロドリゲスと中山が練習試合で結果を残すなど、明るい話題も聞こえてくる。屈強なフィジカルと推進力が武器のロドリゲスと、高い身体能力を持つ中山がフィットすれば、昨シーズンは35得点とリーグ2番目に少ない得点力の改善につながる可能性はある。 一方で、挽回を図るチームとしては、乏しい補強となったが、昨シーズン長期離脱で苦しんだ主力選手たちが復帰することを考えれば、必要以上にネガティブになることはないだろう。負傷離脱によって戦力はダウンしたものの、MF上原力也やMF荒木大吾、FW小川航基ら若手が一定の経験を積んだ。また、MF田口泰士を筆頭にDF新里亮やFW大久保嘉人らも奮闘。名波サッカーを知る昨シーズン稼動できなかった選手たちの復帰が、大きな補強とも言える。今後を見据えても、「競争」と「成長」の両軸でシーズンを進められるかが、チームの結果を左右することになるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《D》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_jubilo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>【IN】 DF石田崚真(22)←ツエーゲン金沢/復帰 MF森谷賢太郎(30)←川崎フロンターレ/完全 FW中山仁斗(27)←モンテディオ山形/完全 FWロドリゲス(23)←シェリフ・ティラスポリ(モルドバ)/完全 【OUT】 GK牲川歩見(24)→アスルクラロ沼津/完全 MF松浦拓弥(30)→横浜FC/完全 MF伊藤洋輝(19)→名古屋グランパス/期限付き <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MFアダイウトン(28)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_jubilo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>今シーズンの注目は、アダイウトンだ。2017年に8ゴールを記録したブラジル人アタッカーは、スピードとパワフルなドリブルを武器に脅威を与え続け、チームの躍進に貢献した。 しかし、昨シーズンは第4節のサンフレッチェ広島戦で右ヒザ前十字じん帯断裂及び半月板損傷の重傷を負ったことで、その後のシーズンを棒に。チームも不振に陥り、悔しい思いをした。 降格危機が迫ったJ1参入プレーオフ決定戦の東京ヴェルディ戦で復帰すると、万全なコンディションではなかったといえ、必要性を感じるパフォーマンスを見せた。今シーズン、アダイウトンの活躍は挽回を図る磐田にとって欠かせないピースであり、自身の復活でチームを上に引き上げられるか注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> DF大南拓磨(21)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_jubilo_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>J1参入プレーオフ決定戦の東京V戦でPKを獲得し、自らゴールを奪ってチームを残留に導いた小川航基も注目だが、昨シーズン終盤に磐田の後方を支えた大南を推したい。 2016年から磐田でプレーする大南は昨シーズン、明治安田生命J1リーグ第4節の広島戦でリーグ戦初出場。その後リーグ戦からは遠ざかったものの、シーズン終盤は4試合連続先発でフル出場を果たすと、J1参入プレーオフ決定戦でもピッチに立ち、プレッシャーのかかる舞台も経験した。 U-21日本代表ではドバイカップU-23に出場したが、まだその地位は確立されていない。クラブではDF大井健太郎やDF高橋祥平に加え、長期離脱から復帰したDF新里亮ら実力者が存在するが、昨シーズンの経験を生かし、この牙城を崩すことができれば、U-21日本代表の主力にも割って入ることができるだろう。 2019.02.13 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田、新戦力MF森谷賢太郎が6~8週間の負傷で開幕危うし

ジュビロ磐田は2月6日、MF森谷賢太郎が左大腿二頭筋肉離れによりトレーニング合流まで6~8週間程度と見込まれていることを発表した。 森谷は、1月30日の練習中に受傷。鹿児島市内の医療機関にて検査した結果、今回の離脱が判明した。 横浜F・マリノスのユースからプロデビューを果たした森谷は、2013年に川崎フロンターレに加わり、磐田には今シーズンから加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグでは3試合の出場に留まっていた。 なお、磐田は2月23日に開幕節で松本山雅FCと対戦。それまでの森谷の復帰が危ぶまれている。 2019.02.06 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田がルクセンブルク代表FWロドリゲスを完全移籍で獲得

ジュビロ磐田は16日、モルドバのFCシェリフ・ティラスポリからルクセンブルク代表FWジェルソン・ロドリゲス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ポルトガルにルーツを持つロドリゲスは、右ウイングが主戦場。2017-18シーズン途中にオランダのテルスターからシェリフに加入。2018シーズンは、モルドバリーグで22試合に出場し8ゴール3アシストを記録していた。 また、今シーズンは、チャンピオンズリーグ予選で4試合、ヨーロッパリーグ予選で3試合プレー。2017年からルクセンブルク代表としてもプレーし、ロシア・ワールドカップ欧州予選やUEFAネーションズリーグなど13試合でプレーしていた。 ロドリゲスは、背番号「11」を着用。16日の午後からチームに合流する。 2019.01.16 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季薄氷のJ1残留の磐田、3人目の新戦力にルクセンブルク代表FW獲得か

ここまで2選手の補強にとどまっているジュビロ磐田だが、ヨーロッパから新たに選手を獲得する可能性があるようだ。ルクセンブルク『lessentiel』が報じた。 磐田への加入が報じられたのは、ルクセンブルク代表FWジェルソン・ロドリゲス(23)。右ウイングを主戦場とするジェルソン・ロドリゲスは、現在はモルドバのシェリフ・ティラスポリでプレーしている。 ポルトガルにルーツを持つジェルソン・ロドリゲスは、2017-18シーズン途中にオランダのテルスターからシェリフに加入。2018シーズンは、モルドバリーグで22試合に出場し8ゴール3アシストを記録していた。 今シーズンは、チャンピオンズリーグ予選で4試合、ヨーロッパリーグ予選で3試合プレー。また、2017年からルクセンブルク代表としてもプレー。ロシア・ワールドカップ欧州予選やUEFAネーションズリーグなど13試合でプレーしていた。 『lessentiel』によると、ジェルソン・ロドリゲスはすでに日本に到着し、クラブのディカルチェックを受けているとのこと。3年契約を結ぶとしている。 2018シーズンは明治安田生命J1リーグで16位と低迷し、J1参入プレーオフに回ることとなった磐田。今シーズンに向けての新体制発表では、新加入選手がMF森谷賢太郎(川崎フロンターレ)、FW中山仁斗(モンテディオ山形)の2名となっていた。 2019.01.14 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田がMF山本康裕の入籍を発表「どんな時も寄り添っていきたい」

ジュビロ磐田は14日、MF山本康裕(29)が一般女性と入籍したことを発表した。 磐田の下部組織出身の山本は、昨シーズンの明治安田生命J1リーグで15試合に出場していた。山本はクラブを通じてコメントしている。 「報告が遅れてしまい、申し訳ありません。この度、12月中旬に入籍しました。これからは互いが互いの一番の味方・理解者となり、支え合いながら、どんな時も寄り添っていきたいと思います。引き続き、応援よろしくお願いします」 2019.01.14 14:57 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース