首位レスターがFWヴァーディと新契約締結へ…週給が1000万超えに2016.02.02 22:27 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽現在プレミアリーグで首位に立つ日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、チームの好調をけん引し、得点ランキングトップに立つイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)と新契約を結ぶようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽今冬の移籍市場で、マンチェスターの両クラブやチェルシーが獲得を目指していたともされるヴァーディだが、移籍市場の期限である2月1日にクラブと契約について話し合ったとのこと。『デイリー・メール』によると、レスターがヴァーディに提示している新契約の期間は3年半で、週給が4万ポンド(約700万円)から6万ポンド(約1040万円)に上がるとのこと。ヴァーディとも合意し、間もなくサインするようだ。

▽レスターは、チェルシーのフランス代表FWロイク・レミやCSKAモスクワのナイジェリア代表FWアーメド・ムサの獲得を目指していたが、新たなストライカーを迎えることができていなかった。

▽ノンリーグからキャリアをスタートさせ、イングランド代表にまで登り詰めたヴァーディ。レスターには2012年に加入し、ここまで公式戦131試合に出場し42得点を記録。今シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し16得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループG総括】プレミア低調の初出場レスターが首位通過

▽組み合わせに恵まれたこともあって初出場のプレミア王者レスターが首位通過を果たした。2位は経験値で他3クラブを上回るポルトとなった。 ■グループG順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.レスター・シティ[13/4/1/1/1] 2.ポルト[11/3/2/1/6] 3.コペンハーゲン[9/2/3/1/5] 4.クラブ・ブルージュ[0/0/0/6/-12] ◆プレミアでは低調もCLに照準で首位通過~レスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_76_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽選手層の薄さが響いてプレミアリーグに悪影響が出てしまったが、CLに照準を合わせたことで確実に勝ち点を積み上げた。最弱のクラブ・ブルージュに2勝し、コペンハーゲンに1勝1分けと取りこぼさなかった。CL初参戦の岡崎はスリマニの負傷離脱のチャンスを生かして第5節クラブ・ブルージュ戦で初先発し、CL初ゴールをマーク。首位通過を決める要因となった。 ◆ノルマの決勝T進出は果たす~ポルト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_77_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽得点源のアブバカルや守備の軸となっていたマルティンス・インディを失った中、若手主体のチームは無難に決勝トーナメント進出を果たした。アブバカルの代役は21歳の若き至宝アンドレ・シウバが埋め、マルティンス・インディの穴はフェリペがしっかりと埋めた。そして、勝利すれば突破となるレスターとの最終節では5-0と圧勝し、文句なく決勝トーナメント行きを決めている。 ◆ホームで強さ発揮も届かず~コペンハーゲン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_78_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽最終節までポルトと決勝トーナメント進出を懸けて戦い抜いた。北欧らしい堅守からの速攻でレスターやポルトを苦しめた。ホームでは相変わらずの強さを見せ、レスターとポルトに引き分けている。しかし、最終節ではクラブ・ブルージュに勝利したもののポルトも勝利したために届かず、ELに回る形となった。 ◆鴨となったベルギー王者~クラブ・ブルージュ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_79_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ベルギー王者はディナモ・ザグレブに並ぶ今大会歳弱のチームだった。6試合で2ゴール14失点と攻守に脆さがあり、グループ内で鴨となってしまった。 2016.12.10 07:36 Sat
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司、フル出場も大敗で英紙は「問題を引き起こすことはできず」と厳しい評価下す

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司がポルト戦で厳しい評価を付けられている。<br><br>レスターは8日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節でポルトと対戦。すでに首位通過を決めているレスターはジェイミー・バーディー、イスラム・スリマニ、リヤド・マフレズをメンバー外として、この一戦に臨んだが、結果は0-5でまさかの大敗。岡崎はアフメド・ムサとともにツートップを形成し、フル出場したが、求められる結果を出すことはできなかった。<br><br>地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎に対する採点(10点満点)で「4」の評価を与えた。前線で懸命に走り回り、守備に奔走する姿が目立った岡崎には「忙しく走り回ったが、(相手守備陣に)多くの問題を引き起こすことはできなかった。小さなストライカーが与えた影響はわずかだった」という寸評がつけられている。<br><br>また、ターンオーバーでチャンスを与えられたマルチン・ヴァシレフスキ、ジェフリー・シュラップ、ムサにチーム最低タイとなる「3」がつけられた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.08 19:12 Thu
twitterfacebook
thumb

ラニエリ、5失点大敗には「私の責任」…一方で「何人かの選手はチャンスをふいにした」

レスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリ監督はポルト戦後、アイデンティティを喪失していたチームに苛立ちを示した。<br><br>レスターは8日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節でポルトと対戦。すでに首位通過を決めているレスターはジェイミー・バーディー、イスラム・スリマニ、リヤド・マフレズをメンバー外として、この一戦に臨んだが、結果は0-5でまさかの大敗。ラニエリ監督は試合後、特徴を発揮できなかったチームのパフォーマンスについて以下のように語った。<br><br>「負けることだってあるが、チームには特徴や強みを見せてほしかった。今夜は全く十分ではなかった。何か違いを見せたかったが、ポルトを相手に得点するのは難しかったね」<br><br>「メンバーを変更したのは私だし、結果は私の責任だ。後悔はしていないが、何人かの選手はチャンスをふいにした。ファンに対しても申し訳ないよ」<br><br>初挑戦のCLで無敗が途切れたレスター。プレミアリーグではいまだ16位と低迷しており、10日に行われるマンチェスター・シティ戦では大きなプレッシャーがかかることとなりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.08 17:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトが5発でレスターを粉砕し、自力で2位通過を決める! コペンハーゲンはEL決勝Tへ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG最終節のポルトvsレスター・シティが7日にエスタディオ・ド・ドラゴンで行われ、5-0でポルトが圧勝した。レスターの岡崎はフル出場している。 ▽CL初参戦ながらも最終節を前にGS首位通過を決めたレスター(勝ち点13)は、勝利すれば自力での2位通過となるポルト(勝ち点8)とのアウェイ戦に臨んだ。 ▽国内リーグ戦では5試合未勝利と不調のレスターはGS突破を決めているため、この試合ではターンオーバーを採用した。直近の国内リーグ戦から先発メンバーを10人変更。岡崎は2トップの一角に入った。 ▽一方、直近の公式戦5試合中4試合を引き分けているポルト。この試合を引き分けると同グループのコペンハーゲンvsクラブ・ブルージュの結果次第で、敗退の可能性のあるポルトはブラガ戦から2名を変更。ラユンとオタビオに代えてダニーロとブラヒミを起用した。 ▽試合はポイントロスが許されないポルトが序盤から攻勢に出る。すると試合はいきなり動く。6分、J・コロナの右CKにアンドレ・シウバが頭で合わせると、ゴール右隅に吸い込まれ、あっという間にポルトが先制する。 ▽先制を許したレスターは浮足立ち、攻守において安定性に欠ける。パスミスが目立ち、ボールをゴールまで運ぶことができない。また、守備でもセカンドボールを拾われ、ポルトの猛攻に苦しめられた。 ▽その後も、ポルトがレスターを攻め立てると26分、左サイドでスローインを受けたA・テレスがクロスを供給すると、フリーになったJ・コロナの強烈ボレーがゴール右上に突き刺さり、レスターを突き放す。 ▽レスターを全く寄せ付けないポルトはさらに44分、相手クリアボールを拾ったJ・コロナがボックス右にパス。走りこんだM・ペレイラがグラウンダーのクロスを入れると、ブラヒミが右足ヒールで流し込み、前半だけで3-0とし試合を折り返す。 ▽後半からラニエリ監督はオルブライトンとウジョアを投入。すると、立ち上がりこそレスターが落ち着きを取り戻すものの、それもつかの間だった。ポルトは65分、ボックス左からブラヒミがシュートを放つ。これは相手DFにブロックされるも、こぼれ球に反応したアンドレ・シウバが倒されると、PKを獲得。これをアンドレ・シウバ自らが決めると、77分にも見事な崩しからジョッタがゴールネットを揺らし、5-0とする。 ▽一矢報いたいレスターは88分、オルブライトンの右CKをウジョアが頭で合わせる。これは相手にブロックされるも、そのこぼれ球を再び左足でシュート。これがバーに嫌われ、運にも見放された。そのまま時間が経過し、試合終了。すでに首位通過を決めていたレスターに対し、GS突破が懸かる試合でモチベーションを高く持って挑んだポルトが5-0で圧勝した。 ▽また、同日行われた最下位クラブ・ブルージュと3位のコペンハーゲンの一戦は0-2に終わった。この結果、コペンハーゲンがELの決勝トーナメントに回った。 2016.12.08 07:28 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司、レスターの救世主になる自信あり!「チームを助けたい。自分にはできる」

レスター・シティに所属する日本代表FWの岡崎慎司は、苦境に立たされるチームを救う自信があると語った。地元紙『レスターマーキュリー』が報じている。<br><br>レスターはリーグ戦でここ5試合勝利なし、降格圏までわずか2ポイント差と不振にあえいでいる。一方、岡崎はプレミアリーグ第14節のサンダーランド戦で今シーズン2ゴール目をマークするなど、調子を上げてきている。チームが苦しい時期だからこそ、自身の活躍が浮上のカギになると考えているようだ。<br><br>「サンダーランド戦で勝つことはできませんでしたけど、次の試合は勝てると思うし、ハードワークを続けていくだけだと思う」<br><br>「僕たちはよりまとまってきていると思うし、それが今よりいいプレーをしていく上でとても重要なことだと思う。(優勝した)昨シーズンのことは忘れて、トライしていかないといけない」<br><br>「個人的には、昨シーズンは満足できないまま終わってしまった。だから今シーズンにかけるモチベーションはとても高いんです。チームを助けたい。特に今のような難しい時期には。そして自分にはそれができると思う」<br><br>「(サンダーランド戦では)得点できて自信になった。チーム内での競争に勝つために戦っていかなければいけないから、得点できてハッピーでしたよ」<br><br>レスターは7日にチャンピオンズリーグのポルト戦を控えている。しかし、すでにグループリーグ突破を決めているため、クラウディオ・ラニエリ監督はプレミアリーグに集中したい意向を表明している。岡崎としては10日に行われる強豪マンチェスター・C戦で出場機会を得て、存在感を示したいところだ。<br><br>提供:goal.com 2016.12.06 17:24 Tue
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース