首位レスターがFWヴァーディと新契約締結へ…週給が1000万超えに2016.02.02 22:27 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽現在プレミアリーグで首位に立つ日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、チームの好調をけん引し、得点ランキングトップに立つイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)と新契約を結ぶようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽今冬の移籍市場で、マンチェスターの両クラブやチェルシーが獲得を目指していたともされるヴァーディだが、移籍市場の期限である2月1日にクラブと契約について話し合ったとのこと。『デイリー・メール』によると、レスターがヴァーディに提示している新契約の期間は3年半で、週給が4万ポンド(約700万円)から6万ポンド(約1040万円)に上がるとのこと。ヴァーディとも合意し、間もなくサインするようだ。

▽レスターは、チェルシーのフランス代表FWロイク・レミやCSKAモスクワのナイジェリア代表FWアーメド・ムサの獲得を目指していたが、新たなストライカーを迎えることができていなかった。

▽ノンリーグからキャリアをスタートさせ、イングランド代表にまで登り詰めたヴァーディ。レスターには2012年に加入し、ここまで公式戦131試合に出場し42得点を記録。今シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し16得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールに悲報…岡崎に朗報? リバプール主力DF2枚がレスター戦欠場へ

▽リバプールは23日、敵地で行われるプレミアリーグ第6節でレスター・シティと対戦する。だが、この一戦を前に主力数人が欠場を余儀なくされる見込みだ。リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が公式会見で明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽現在、公式戦4戦未勝利(2敗2分け)と厳しい状況が続くリバプールは、直近のEFLカップ3回戦で敗戦したレスター相手のリーグ戦で公式戦5試合ぶりの勝利を目指す。 ▽だが、この重要な一戦を前にDFジョエル・マティプとDFデヤン・ロブレンの主力センターバック2人の欠場が濃厚なようだ。 「(ロブレンに関して)それは大きなケガではないが、彼はここ2試合を欠場しており、十分にトレーニングができていない。したがって、彼が今週末のゲーム(レスター戦)への出場が難しいことを意味している」 「ロブレンとは異なる状況だが、ジョエル・マティプとエムレ・ジャンも直近のゲームを逃がしており、今後の状況を見守る必要がある。幸い、彼は今日(木曜)、あるいは明日(金曜)のトレーニングで復帰する見込みだ。ただ、我々は待つ必要がある」 ▽なお、マティプとロブレンの2選手が欠場した場合、レスターとのEFLカップでプレーしたDFラグナル・クラバン、DFジョー・ゴメスが引き続き代役を担うことになる。その試合で1ゴール1アシストの活躍を見せたレスターFW岡崎慎司にとっては、朗報といえるはずだ。 ▽また、FWサディオ・マネはマンチェスター・シティ戦での一発退場で3試合の出場停止を受けているマネは、今回の一戦までが出場停止の対象となっており、引き続き欠場する。 2017.09.22 02:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レスター指揮官が1G1Aの岡崎を称賛「シンジが流れを変えた」

▽レスター・シティは、19日に行われたEFLカップ3回戦でリバプールと対戦し、2-0で勝利した。レスターのクレイグ・シェイクスピア監督は、この試合で1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表FW岡崎慎司を称賛している。 ▽岡崎は0-0で迎えた後半、53分にFWレオナルド・ウジョアの負傷を受けて途中出場。すると、65分にCKの流れからMFビセンテ・イボーラの落としたボールに反応した岡崎がゴール正面からシュートを決めた。 ▽さらに岡崎は78分、右サイドの仕掛けからFWイスラム・スリマニのゴールをお膳立て。2-0の勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。また、イギリス『BBC』も、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに岡崎を選んでいる。 ▽試合後、シェイクスピア監督は試合の流れを変えたとして岡崎を褒めたたえた。 「打撲したレオ(ウジョア)との交代でシンジ(岡崎)がチャンスを得た。それが我々にとってのキーとなった」 「シンジが入り、観客の雰囲気も含めて流れが変わった。勝利の大きな要因だった」 「我々はしっかりと反発心を個性を見せていた。後半は本当にいいパフォーマンスだったと思うよ」 2017.09.20 09:52 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の岡崎弾でレスターがリバプール撃破《EFLカップ》

▽EFLカップ3回戦、レスター・シティvsリバプールが19日に行われ、2-0でレスターが勝利している。レスターの岡崎は53分から出場し、65分にゴールを決めている。 ▽3日前に行われたリーグ戦のハダースフィールド戦を1-1と引き分けたレスターは、そのハダーズフィールド戦のスタメンから大幅に8選手を変更。マフレズやイヘアナチョがベンチスタートとなり、イボーラが移籍後初スタメンを飾った。岡崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽一方、バーンリー戦で1-1の引き分けに終わったリバプールは、スタメンを大幅に8選手変更。コウチーニョは引き続き先発し、チェンバレンが移籍後初スタメンとなった。 ▽今週末にリーグ戦でも対戦する両チームの一戦は、 [4-3-3]を採用し前線の3トップに右からチェンバレン、ソランケ、コウチーニョと並べたリバプールが、スリマニとウジョアの2トップとする[4-4-2]を採用したレスターを攻め立てる展開で推移していく。 ▽すると、まずは6分に決定機。ボックス左のロバートソンのクロスをチェンバレンがシュート。しかしDFにブロックされた。直後の左CKの流れからゴールエリア右のソランケがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽攻勢を続けるリバプールは22分にロバートソンの左クロスからソランケがボレーで合わせるも枠を捉えきれない。ハーフタイムにかけてもボールを一方的に保持したリバプールだったが、ゴールを割れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半、攻め手のないレスターは負傷したウジョアに代えて53分に岡崎を投入。すると65分、CKの流れからイボーラが頭で落としたボールをボックス中央で受けた岡崎がシュート。これが決まり、レスターが先制した。 ▽その後も守勢に回ったレスターだったが、78分に突き放す。岡崎のパスを受けたスリマニがペナルティアーク右から左足を一閃。これがゴール左上に突き刺さった。 ▽直後、80分のグレイのコントロールシュートはGKの好守に凌がれたレスターだったが、2点のリードを守り切って勝利。リバプールを撃破している。 2017.09.20 05:47 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のレスターが昇格組相手に痛恨のドロー…《プレミアリーグ》

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは16日、プレミアリーグ第5節でハダースフィールドとアウェイで対戦し、1-1の引き分けに終わった。岡崎は69分からプレーした。 ▽前節チェルシーに惜敗したレスターが、昇格組ハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。レスターは、チェルシー戦から先発メンバーを3人変更。スリマニ、M・ジェームズ、フックスに代えて、加入後初先発となるイヘアナチョ、アンディ・キング、チルウェルを起用した。岡崎は2戦連続のベンチスタートとなった。 ▽試合は積極的な入りを見せたホームチームが先にチャンスを迎える。3分、インスの左クロスからドゥポワトルがヘディングシュートを狙ったが、これはGKシュマイケルが正面でキャッチ。 ▽アグレッシブな入りを見せたハダースフィールドに後手を踏んだレスターの反撃は43分、左CKのセカンドボールをゴール前のイヘアナチョが左足で合わせるも、シュートはムーイがブロック。さらに直後にはGKシュマイケルのフィードをボックス手前のエンディディが頭でつなぐと、これに反応したヴァーディがゴール左からシュート。しかし、これは枠の右に逸れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、開始早々にスコアが動く。46分、サビリのパスを最前線で受けたドゥポワトルが巧みなターンでマグワイアとの入れ替わりに成功すると、ボックス内まで持ち込みシュートを左隅に流し込んだ。 ▽先制を許したレスターだったが、すぐに反撃。すると50分、イヘアナチョとのワンツーでボックス右に侵入したアンディ・キングがレーベに倒されPKを獲得。このPKをヴァーディがゴールに沈め、同点に追いついた。 ▽勝ち越しを狙うレスターは、65分にオルブライトンを下げグレイを投入。さらに69分にイヘアナチョを下げて岡崎、82分にヴァーディを下げてスリマニをピッチに送り出しが、90分のうちに勝ち越しゴールを奪うことはできず。 ▽結局、試合は1-1でタイムアップ。昇格組相手に勝ち星を逃したレスターが、リーグ戦3試合未勝利となった。 2017.09.17 02:28 Sun
twitterfacebook
thumb

コンテ、カンテを称賛「素晴らしい選手でありながら向上している」

▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が同クラブのフランス代表MFエンゴロ・カンテを称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2016年夏にレスター・シティからチェルシーに移籍したカンテは、早々にチームにフィットし、優勝に大きく貢献。そして、シーズン終了後には、『イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)年間最優秀選手賞』、『イングランド・サッカー記者協会(FWA)年間最優秀選手賞』、『EAスポーツ・プレイヤー・オブ・ザ・シーズン』を受賞し、個人賞3冠を達成した。 ▽昨シーズンの良い流れを引き継いだまま、新シーズンに突入したカンテは、プレミアリーグ第4節の古巣レスター・シティ戦でも躍動。決勝点をマークし、チームを2-1での勝利に導いた。試合後、コンテ監督はカンテに惜しみない称賛を送った。 「信じられないパフォーマンスだったよ。本当にファンタスティックな試合にしてくれた。得点もしたし、いいランニングを多くみせた」 「エンゴロ(・カンテ)は素晴らしい選手でありながら、向上しているんだ。今では、ボールを保持した時のプレーも、とても良くなったと思う。以前は、ボールを持っていなければ、驚異的なスタミナを持つ偉大な働き者だと言われていたね」 「しかし、今はボールを持つ。多くを改善しているんだ。私は、これが嬉しい。私たちは共に多くの仕事をこなしていて、今となっては彼は最上位のプレーヤーだと思うよ」 「世界の中では彼がどのレベルにあるかって? それは分からないが、彼は昨シーズンにプレミアリーグで最優秀選手になるという偉業を達成した。そして、今シーズンもそれを証明している」 2017.09.11 17:51 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース