首位レスターがFWヴァーディと新契約締結へ…週給が1000万超えに2016.02.02 22:27 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽現在プレミアリーグで首位に立つ日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、チームの好調をけん引し、得点ランキングトップに立つイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)と新契約を結ぶようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽今冬の移籍市場で、マンチェスターの両クラブやチェルシーが獲得を目指していたともされるヴァーディだが、移籍市場の期限である2月1日にクラブと契約について話し合ったとのこと。『デイリー・メール』によると、レスターがヴァーディに提示している新契約の期間は3年半で、週給が4万ポンド(約700万円)から6万ポンド(約1040万円)に上がるとのこと。ヴァーディとも合意し、間もなくサインするようだ。

▽レスターは、チェルシーのフランス代表FWロイク・レミやCSKAモスクワのナイジェリア代表FWアーメド・ムサの獲得を目指していたが、新たなストライカーを迎えることができていなかった。

▽ノンリーグからキャリアをスタートさせ、イングランド代表にまで登り詰めたヴァーディ。レスターには2012年に加入し、ここまで公式戦131試合に出場し42得点を記録。今シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し16得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

札幌MFチャナティップ、岡崎レスターに電撃移籍?

▽北海道コンサドーレ札幌に所属するタイ代表MFチャナティップ・ソングラシン(24)にプレミアリーグ移籍の可能性が急浮上した。 ▽『FOX Sports』のアジア版が伝えたところによれば、チャナティップの移籍先に浮上しているのは、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ。レスター会長であるタイ人のヴィチャイ・スリヴァダナプラバ氏が同胞選手の獲得に乗り出しているようだ。 ▽だが、『FOX Sports』は世界指折りの厳しさで知られるイギリスのワークパーミット問題を指摘。チャナティップは過去2年間の代表プレー実績として条件の75%をクリアしているものの、タイのFIFAランキング138位が労働許可書発行の足かせになる可能性があるという。 ▽タイ国内で「タイのメッシ」と評されるチャナティップは今夏、同国の強豪ムアントン・ユナイテッドから札幌にレンタル移籍。加入以降、明治安田生命J1リーグ全試合に出場して1ゴールという記録が示すとおり、ポジションを掴み、札幌のJ1残留に大きく貢献している。 2017.11.21 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レスター地元記者、大一番でFW岡崎慎司をベンチにした采配に疑問「彼以上の適任はいるのか?」

レスターは、18日に行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・シティ戦を、0-2で落とした。地元紙『レスター・マーキュリー』のジェームズ・シャープ記者は、FW岡崎慎司をベンチスタートにしたクロード・ピュエル監督の采配に疑問を感じているようだ。<br><br>リーグ首位とのビッグマッチで、ピュエル監督は、今季ここまで4ゴールを挙げるなど好調だった岡崎をベンチスタートに。これまでワイドのポジションで使われてきたMFマーク・オルブライトンをインサイドハーフで使う4-1-4-1を採用している。しかし、マンチェスター・Cに圧倒され、ホームで敗戦を喫した。<br><br>シャープ氏は、この試合で指揮官が3人のウィンガーを同時に起用したことは「大きな疑問」とし、「あの位置でプレーしたことがないオルブライトンに、チャンスはなかった」と采配を評価。<br><br>そして、「ピュエルは、シティのプレーメーカーを中盤で抑えたがっていたようだが、シンジオカザキ以上の適任はいるのか?」と中盤の守備を意識するのであれば、日本代表FW以上にうまくやれる選手はいないと綴っている。<br><br>先月就任したピュエル監督は、就任初戦でDFベン・チルウェルをウィングで起用するなど、試合ごとに選手やフォーメーションを入れ替えている。<br><br>これに対し、「『BBC』のあるジャーナリストは、クラウディオ・ラニエリのティンカーマン(ダメな修理工)を思い起こさせると、冗談を言っていた」とチームを頻繁にいじることで知られる前指揮官のようだと、評している。<br><br>ピュエル監督就任後、リーグ戦1勝1分1敗のレスター。勝ち点13で12位につけているが、降格圏とは4ポイント差となっている。次節は、敵地でウェストハムと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 08:01 Mon
twitterfacebook
thumb

首位との大一番でベンチの岡崎慎司…地元紙もピュエル監督の采配に驚き

レスター・シティは、18日に行われたプレミアリーグ第12節でマンチェスター・シティに0-2と敗れた。この試合でFW岡崎慎司はベンチスタートとなったが、地元紙『レスター・マーキュリー』は「サプライズだった」と伝えている。<br><br>クロード・ピュエル新監督就任後、これまでの4-4-2からフォーメーションを変更することも多くなったレスター。今季好調を維持し、すでに4ゴール奪っている岡崎は、初采配時はベンチからのスタートとなるなど定位置が確保されているとは言い難い状況になっている。引き分けた前節のストーク戦では、先発するも58分に途中交代となっていた。<br><br>そんななか迎えた首位とのビッグマッチで、岡崎は再びベンチスタートに。ピュエル監督は、これまでワイドのポジションで使われてきたMFマーク・オルブライトンをインサイドハーフで使う4-1-4-1を採用している。<br><br>この決断には『レスター・マーキュリー』も、「ピュエルは、2週間前のストーク戦から1人サプライズな変更をした。自身のもとでオルブライトンを初先発させ、岡崎を犠牲にした」と驚きを持って伝えている。<br><br>最終的に、岡崎は2点ビハインドの83分に途中出場するが、結果を残すには時間が足りず。チームもそのまま敗れている。<br><br>以前、岡崎を「構想外ではない」と強調していたピュエル監督。しかし、起用法を見ると全幅の信頼をおいているというわけではない。先日の欧州遠征に臨んだ日本代表メンバーからも落選した31歳のFWにとって、難しい状況が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 09:42 Sun
twitterfacebook
thumb

危なげない試合運びを見せたシティがジェズス&デ・ブライネ弾でレスターに完勝《プレミアリーグ》

▽18日にプレミアリーグ第12節のレスター・シティvsマンチェスター・シティがキング・パワー・スタジアムで行われ、2-0でシティが勝利した。レスターの日本代表FW岡崎慎司は83分から出場した。 ▽2連勝の後、前節のストーク・シティ戦をドローで終えた12位のレスター(勝ち点13)が、10勝1分けの無敗を維持している首位のシティ(勝ち点31)をホームに迎えた。 ▽ホームのレスターは[4-4-2]のフォーメーションを採用。前線はグレイとヴァーディが並び、岡崎はベンチスタートとなった。対するシティは[4-1-4-1]を採用し、前線はガブリエウ・ジェズス、2列目にスターリング、デ・ブライネ、シルバ、ザネを並べた。なお、代表戦で倒れたアグエロはベンチからのスタートとなった。 ▽立ち上がりからシティが縦に速い攻撃を仕掛けて主導権を握る。重心を下げられたレスターだったが、しっかりとブロックを作って対応。すると今度はシティが相手陣内でポゼッションを高める戦いに切り替え、結局はシティの流れで試合が進んでいく。 ▽21分にはシルバのスルーパスから左サイドのザネがダイレクトで中に折り返し、最後はデ・ブライネがシュートを放つ。最初の決定機だったが、ここはGKシュマイケルが止めた。23分にもシルバのスルーパスから左サイドのザネが上げたクロスにスターリングが飛び込むがボールを押し込むことはできず。ピッチの幅を使った攻撃でレスターを揺さぶるがゴールを奪えない。 ▽すると29分、シティにアクシデント。プレスバックしていたストーンズが右足のハムストリングを痛めて転倒。そのままプレー続行が不可能となり、マンガラとの交代を余儀なくされた。嫌な流れのシティだったが、41分にはスターリングが運んで最後はシルバがボックス手前中央からシュート。惜しくも枠は捉えきれなかったが、シティがチャンスを作っていく。 ▽すると45分、パス交換からボックス内に抜け出したシルバのラストパスをガブリエウ・ジェズスがらくらくと押し込み、シティが前半の内にゴールを奪って試合を折り返した。 ▽すると後半は追いかけるシティが勢いを持って入り、48分には押し込んだ状態からシュートまで持ち込むがポストを叩く。するとこのプレーでカウンターを仕掛けたシティは、最後は中央のミドルレンジでボールを受けたデ・ブライネの強烈なシュートがネットを揺らして2点目を奪った。 ▽まずはゴールが欲しいレスターだが、ヴァーディの抜け出しがオフサイドになるなどフィニッシュまで持ち込めない。逆にシティはカウンターから再三のチャンスを作り出すなど、試合の流れは変わらず。 ▽レスターは83分にイボーラを下げて岡崎を投入。しかし最後までゴールを奪うことはできずに試合は終了。シティがレスターに快勝し無敗を継続した。 2017.11.19 01:51 Sun
twitterfacebook
thumb

CASが“14秒”の男MFアドリエン・シウバの要求を拒否! 結局、レスターでのプレーは新年以降に…

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は16日、スポルティング・リスボンから今夏レスター・シティへと移籍したポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(28)が要求した選手登録に関する“緊急措置”についての訴えを拒否したことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽レスターは、今夏移籍市場の最終日である8月31日にスポルティング・リスボンからアドリエン・シウバを2200万ポンド(約31億1500万円)の移籍金で獲得することで合意と発表。しかし、書類の到着が“14秒”遅かったため、FIFA(国際サッカー連盟)からの国際移籍証明書が発行されず、選手登録が不可能とされていた。 ▽レスターやFAは、アドリエン・シウバの移籍を認めてもらうように訴えていたものの、FIFAはルールにのっとり訴えを却下。その後、FIFAの決定を不服としたアドリエン・シウバは、CASに登録を許可する緊急措置を要求し、上訴を行ったがCAS側もこの要求を拒否した。 ▽今回の決定により、アドリエン・シウバは来年1月になるまで、プレーすることができなくなった。 2017.11.17 04:57 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース