インテルMFグアリンが上海申花へ完全移籍…デンバ・バやケイヒルが所属2016.01.28 00:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽中国スーパーリーグの上海申花は27日、インテルのコロンビア代表MFフレディ・グアリン(29)を完全移籍で獲得したと発表した。契約の詳細は明らかにされていないが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、移籍金が1300万ユーロ(約16億8000万円)で、契約期間は6年とのことだ。

▽2012年7月にポルトからインテルへと加入したグアリンは、インテルでセリエA通算114試合に出場し15得点を記録。今シーズンのセリエAでも16試合に出場し1得点を記録していた。また、コロンビア代表としても通算56試合に出場している。

▽上海申花には、チェルシーでプレーしたセネガル代表FWデンバ・バやオーストラリア代表FWティム・ケイヒル、ユベントスなどでプレーしたマリ代表MFモハメド・シッソコなどが在籍。新シーズンからはアトレティコ・マドリーやマジョルカ、マラガ、セビージャなどリーガエスパニョーラで指揮を執っていたグレゴリオ・マンサーノ監督(59)が就任する。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、GKハートのミスから2Gもトリノにドロー《セリエA》

▽インテルは18日、セリエA第29節でトリノとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節アタランタ戦をイカルディとバネガのダブルトリプレッタで7発圧勝した5位インテル(勝ち点54)は、アタランタ戦と同じスタメンを送り出して3連勝を目指した。 ▽前節ラツィオに1-3と敗れた10位トリノ(勝ち点39)に対し、ガリアルディーニがゴール前に顔を出してシュートに持ち込むなど、好調インテルが立ち上がりから圧力をかけていく。 ▽分厚い攻めを続けるインテルが引き続き主導権を握ると、19分にダンブロージオのボレーシュートでゴールに迫る。その後、バセッリのミドルシュートでゴールを脅かされるも、27分にインテルが順当に先制した。スローインを受けたコンドグビアがボックス右からカットインして左足でシュート。GKハートは守備範囲だったが、防ぎきれずゴールラインを割った。 ▽しかし33分、リャイッチの左CKからニアのモレッティにヘッドで逸らされると、中央のバセッリにヘッドで流し込まれた。この失点でリズムを崩したインテルはハーフタイムにかけてこう着状態を打破できず、1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半もリズムに乗り切れずにいたインテルは56分にピンチ。ベロッティのミドルシュートがGKハンダノビッチを強襲した。すると59分、逆転を許す。ボックス右のイトゥルベの折り返しを、ペナルティアーク右のアックアーにダイレクトで打たれたシュートがゴール左隅に決まった。 ▽しかし62分、インテルがすかさず同点に持ち込む。アンサルディの左クロスをGKハートが触れずに被ると、ルーズボールを拾ったゴールエリア右のカンドレーバがシュートを蹴り込んだ。 ▽同点としたインテルだったが、67分に再びピンチ。直前に投入されていたボジェにドリブルでボックス左へ侵入される。シュートを打たれたが、GKハンダノビッチがセーブした。 ▽終盤にかけてはインテルが攻勢に転じると、82分にエデルの強烈なミドルシュートがGKハートを強襲。その後もインテルが3点目を目指して前に出たものの、決定打は生まれずに2-2でタイムアップ。痛み分けに終わった。 2017.03.19 04:03 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、来夏の大型補強の目玉にPSGのディ・マリア?第2候補はメルテンスか

インテルが来夏に向けて、パリ・サンジェルマンのMFアンヘル・ディ・マリアまたはナポリのFWドリエス・メルテンスの獲得を目指していると14日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>インテルの来夏の移籍市場については、経営権を持つ中国の蘇寧電器が総額1億5000万ユーロ(約180億円)の資金を準備し、トッププレーヤーの獲得を狙っていると、今月初めにも複数メディアが報じていた。<br><br>そして今回、インテルの指揮を執るステファノ・ピオリ監督がリストアップする選手の名前が明らかにされた。1人目はPSGのアルゼンチン代表ディ・マリアだ。ピオリが獲得を熱望しているが現段階では正式な交渉は行われていない。一方、第2候補とされているのはナポリに所属するベルギー代表のメルテンスだ。メルテンスはナポリとの契約が2018年6月末に満了を迎えるが、更なる延長を希望していない。このためインテルは、選手とナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長に対し、ビッグオファーを準備するとみられる。<br><br>ファイナンシャルフェアプレー(FFP)を順守しつつの大型補強となるが、いずれかの選手の獲得が実現すれば来シーズンの目玉となることは間違いない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.15 01:05 Wed
twitterfacebook
thumb

イカルディ&バネガのWトリプレッタのインテルがアタランタを7発粉砕《セリエA》

▽セリエA第28節インテルvsアタランタが12日に行われ、7-1でインテルが圧勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場はしなかった。 ▽前節カリアリ戦を5発圧勝して勝利を取り戻した6位インテル(勝ち点51)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位ナポリを6ポイント差で追走。そのインテルはカリアリ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽対する5位アタランタ(勝ち点52)は、前節フィオレンティーナ戦では優勢ながらも0-0に終わった。そのアタランタはA・マジエッロが出場停止となった一方、ケシエが出場停止から復帰した。 ▽立ち上がりから主導権争いが続いた中、ペターニャのポストプレーを起点に徐々に流れを引き寄せたアタランタは8分、アレハンドロ・ゴメスがミドルシュートでゴールに迫る。 ▽しかし17分、インテルが最初のチャンスを生かす。バネガの直接FKは壁に当たるも、ルーズボールをボックス中央のイカルディが蹴り込んで先制点をもたらした。 ▽さらに23分、イカルディがボックス内でスピナッツォーラとうまく入れ替わると、飛び出したGKベリシャに倒されてPKを獲得。これを自らイカルディがクッキアイオで決めて追加点を獲得した。 ▽そして26分、CKのショートコーナーを受けた右サイドゴールライン際のバネガのクロスをニアサイドのイカルディが頭で合わせてネットを揺らし、9分間でハットトリック達成。続く31分にはボックス右ゴールライン際からのカンドレーバの折り返しをバネガが合わせて4-0としたインテルは、34分にもカンドレーバの右サイドからの折り返しをバネガが合わせて5-0とした。 ▽その後、42分にフロイラーにドリブルシュートを決められたインテルだったが、5-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半開始7分、インテルがさらに1点を追加する。ボックス左のバネガの横パスをガリアルディーニがダイレクトでゴール左上へ叩き込んだ。 ▽ガリアルディーニの古巣への恩返し弾で6-1としたインテルは、アレハンドロ・ゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、GKハンダノビッチが好守で阻止する。すると68分、ゴール正面で得たFKをバネガがゴール右へ決めてイカルディと共にハットトリック達成。 ▽7-1としたインテルは終盤にかけてアタランタに何もさせずに圧勝。CL出場権争いに食らいついている。 2017.03.13 00:56 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第28節プレビュー】金曜にユベントスvsミラン開催、インテルvsアタランタの好カードも

▽前節は首位ユベントスがウディネーゼに引き分けたものの、2位ローマがナポリとの上位対決に敗れたことで両軍の勝ち点差は8に広がった。迎える第28節はユベントスvsミランとインテルvsアタランタの好カードが組まれている。 ▽まずは金曜日に開催されるユベントスとミランのビッグマッチから。前節ウディネーゼ戦をベストメンバーで臨みながら低調な内容で引き分けて公式戦連勝が10で止まった首位ユベントス(勝ち点67)は、翌火曜日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのポルト戦を控える中、30連勝中のホームに7位ミラン(勝ち点50)を迎える。クアドラードが出場停止となるが、今季の1stマッチとスーペル・コッパで敗れているミランにリベンジを果たすため、ウディネーゼ戦のような低調な内容にはならないはず。キックオフ直後からフルスロットルのインテンシティマッチに期待だ。 ▽一方、前節キエーボ戦をバッカのPK失敗があったものの、そのバッカの汚名返上となるドッピエッタなどで3-1と勝利した7位ミラン(勝ち点)はリーグ戦3連勝中と復調傾向。欧州カップ戦出場権争いに食らいつきたい中、前節負傷交代のスソが先発見込みと、ユベントス相手のトリプルへ視界良好だ。 ▽日曜日には今節もう一つの注目試合であるインテルvsアタランタの好カードも組まれている。前節カリアリ戦をペリシッチとバネガの躍動などで5発圧勝して勝利を取り戻した6位インテル(勝ち点51)は、CL圏内の3位ナポリを6ポイント差で追走。ハードワークを厭わない堅守アタランタの前にカリアリ戦に続く攻撃陣爆発で5位浮上となるか。 ▽一方、前節フィオレンティーナ戦をマンツーマンディフェンスとショートカウンターで優勢に試合を進めたものの、相手GKタタルサヌの好守もあって0-0に終わった5位アタランタ(勝ち点52)は、中盤の要となっているケシエが出場停止から戻ってくる。ベストメンバーで挑める中、5ポイント差で追うナポリに迫れるか。 ▽日程面での不利を跳ね返せず、14連勝中のホーム戦でナポリの前に敗れた2位ローマ(勝ち点59)は、18位に沈むパレルモ(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。木曜日に行われたヨーロッパリーグ、ベスト16の1stレグ・リヨン戦では主力を投入した中、一時逆転したものの2-4と敗れて公式戦3連敗となった。マノラスが出場停止となるが、降格圏に沈むチームを確実に下して連敗を止め、ユベントスを追走したい。 ▽メルテンスのドッピエッタでローマを下し、CL自動出場権の得られる2位ローマに2ポイント差と迫った3位ナポリ(勝ち点57)は、19位クロトーネとのホーム戦に臨む。火曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では前半に逆転の可能性を感じさせたものの、後半にセットプレーからセルヒオ・ラモスに実質2発を食らって敗退。欧州王者の実力を見せ付けられた中、リーグ戦へ気持ちをうまく切り替えられるか。 ▽コッパ・イタリアでのローマ・ダービーを制した勢いを持続し、前節ボローニャ戦を2-0と快勝してリーグ戦3連勝とした4位ラツィオ(勝ち点53)は、月曜日に9位トリノ()勝ち点39)とのホーム戦を戦い、土曜日には15位ジェノアと10位サンプドリアによるジェノヴァ・ダービーも開催される。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ』を参照 ◆セリエA第28節 ▽3/10(金) 《28:45》 ユベントス vs ミラン ▽3/11(土) 《28:45》 ジェノア vs サンプドリア ▽3/12(日) 《20:30》 サッスオーロ vs ボローニャ 《23:00》 インテル vs アタランタ キエーボ vs エンポリ ペスカーラ vs ウディネーゼ ナポリ vs クロトーネ フィオレンティーナ vs カリアリ 《28:45》 パレルモ vs ローマ ▽3/13(月) 《28:45》 ラツィオ vs トリノ 2017.03.10 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

伊でも注目!インテル長友佑都とガビゴル、人気アニメのコラボで次戦へ準備万端?

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都が、同僚の「ガビゴル」ことFWガブリエウ・バルボサとコラボしたツイートが、イタリアで注目されている。<br><br>インテルは9日で創設109周年を迎えたが、その折りに合わせてか長友も日本のファンへ向けて、インテルの公式ツイッターでツイートを公開した。<br><br>「フュージョンにより、ガビ友が誕生しました! #InterAtalanta 戦に向けてアップを始めた模様です」<br><br>同僚のガビゴルとともに、人気アニメ、ドラゴンボールの合体技を模したポーズをとり、「ガビ友」になったとファンにアピールした。<br><br>イタリアでもドラゴンボールは人気アニメの1つで若者を中心によく知られている。このツイートは日本のファンだけでなく、イタリアや世界中のインテルサポーターと日本を結ぶ架け橋となったようだ。<br><br>フュージョンにより、ガビ友が誕生しました! <br><br>提供:goal.com 2017.03.10 12:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース