インテルMFグアリンが上海申花へ完全移籍…デンバ・バやケイヒルが所属2016.01.28 00:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽中国スーパーリーグの上海申花は27日、インテルのコロンビア代表MFフレディ・グアリン(29)を完全移籍で獲得したと発表した。契約の詳細は明らかにされていないが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、移籍金が1300万ユーロ(約16億8000万円)で、契約期間は6年とのことだ。

▽2012年7月にポルトからインテルへと加入したグアリンは、インテルでセリエA通算114試合に出場し15得点を記録。今シーズンのセリエAでも16試合に出場し1得点を記録していた。また、コロンビア代表としても通算56試合に出場している。

▽上海申花には、チェルシーでプレーしたセネガル代表FWデンバ・バやオーストラリア代表FWティム・ケイヒル、ユベントスなどでプレーしたマリ代表MFモハメド・シッソコなどが在籍。新シーズンからはアトレティコ・マドリーやマジョルカ、マラガ、セビージャなどリーガエスパニョーラで指揮を執っていたグレゴリオ・マンサーノ監督(59)が就任する。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第7節プレビュー】ローマvsインテル開催、ミランは苦手サッスオーロと対戦

▽前節はユベントスが辛勝で首位をキープし、ナポリが勝利を取り戻した。一方でインテルがボローニャに引き分け、ローマがトリノに敗れる番狂わせが起きている。そしてフィオレンティーナvsミランの好カードは0-0の痛み分けに終わった。迎える第7節の注目カードは日曜に開催されるローマvsインテルだ。 ▽40歳トッティが史上2人目となるセリエA通算250ゴールを記録したものの、トリノとのアウェイ戦で26年ぶりの敗戦を喫して今季2敗目を喫した4位ローマ(勝ち点10)。ただ、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアストラ戦では主力を投入して4-0と大勝した。その試合でもトッティが3点に絡む圧巻の活躍を見せているが、中2日での試合でトッティの連続先発はあるか。 ▽一方、前節ボローニャ戦ではガブリエウ・バルボサがデビューを飾ったものの、イカルディの連続ゴールが4でストップし、連勝が3でストップした3位インテル(勝ち点11)。木曜日に行われたELのスパルタ・プラハ戦ではイカルディとペリシッチをベンチスタートとした他、ミランダやメデルといった主力を温存した中、1-3と完敗した。EL2連敗と最悪なスタートとなったが、リーグ戦重視の采配が功を奏すか。ELでついにベンチ外となった長友には出場機会が訪れなさそうだ。 ▽ディバラを温存してパレルモに辛勝し2連勝とした首位ユベントス(勝ち点15)は日曜の19時30分に19位エンポリ(勝ち点4)とのアウェイ戦に臨む。火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦ではほぼベストメンバーを投入して4-0と快勝しており、リーグ戦に弾みを付けた。ここ3試合ノーゴールと得点力に難を抱えるエンポリを下して首位キープとしたい。 ▽フィオレンティーナ相手に守備重視の戦いでゴールレスドローに持ち込んだミランは、苦手サッスオーロとのホーム戦に臨む。近年、天敵ベラルディを中心に痛い目に遭わされているミランだが、攻守に機能性を欠いている中、木曜日にELを戦った相手を下して上位に留まりたい。前節出場機会のなかった本田だが、代表戦を前に出場のチャンスは訪れるか。 ▽水曜日に行われたCLベンフィカ戦を大勝し、ユベントスを1ポイント差で追う2位ナポリ(勝ち点14)は、2連敗中のアタランタとのアウェイ戦に臨む。守備に難のある相手を自慢の攻撃陣で撃破といきたい。そしてミラン戦を引き分け、木曜日のELカラバフ戦を5-1と大勝して攻撃陣が活性化したフィオレンティーナは、ローマを破ったGKハート所属のトリノと対戦する。 ◆セリエA第7節 ▽10/1(土) 《25:00》 ペスカーラ vs キエーボ 《27:45》 ウディネーゼ vs ラツィオ ▽10/2(日) 《19:30》 エンポリ vs ユベントス 《22:00》 カリアリ vs クロトーネ アタランタ vs ナポリ ボローニャ vs ジェノア サンプドリア vs パレルモ 《25:00》 ミラン vs サッスオーロ トリノ vs フィオレンティーナ 《27:45》 ローマ vs インテル 2016.10.01 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル指揮官、EL連敗で怒りを露わに

▽インテルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節でスパルタ・プラハとのアウェイゲームに臨み、1-3で敗れた。インテルを率いるフランク・デ・ブール監督が怒りを露わにした。 ▽開幕節を落としているだけに、敵地での一戦と言えども勝ち点3を持ち帰りたいインテルだったが、開始早々に失点するなど前半だけで2点失点。71分にFWロドリゴ・パラシオのゴールで1点を返すが、退場者も出たこともあり、さらに1点を奪われて1-3で敗れた。 ▽試合後会見に出席したF・デ・ブール監督は、以下のようにコメント。選手たちが「間違ったメンタリティ」を持って試合に臨んでいると述べた。クラブの公式サイトが伝えている。 「間違った姿勢で試合をスタートさせたのならば、戦術面を話し合う必要がある。しかし、大事なのは正しいメンタルをもっているかどうかだ。2失点目は、我々が相手にギフトしたもの。あのような失点は許されない」 「後半は少し良くなったが、私が見せたいインテルのプレーとしては不十分。その後のレッドカードも余計だ。それがより試合を難しくさせ、3-1にされた」 「我々は、相手にボールの主導権を与え過ぎている。それが続けば、今後の試合も難しくなる。改善しなければならない」 2016.09.30 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルがまさかの連敗…イブラやトッティ活躍でユナイテッド&ローマが初勝利! 武藤がEL初ゴールを記録《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が29日に行われた。 ▽48チームが12のグループに分かれてラウンド32進出を目指すELグループステージ。開幕節では優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドとインテルが、いずれも黒星発進となる波乱の幕開けとなったが、今回の第2節では強豪が順当に勝ち点を伸ばした。 ▽初戦でフェイエノールト相手に苦杯を舐めたユナイテッドは、ホームでウクライナのゾズリャと対戦。ポグバやイブラヒモビッチ、ラッシュフォード、マタなどの主力を先発で起用したホームチームだったが、相手の組織的な守備に苦戦。それでも、69分に途中出場のルーニーのシュートミスを、イブラヒモビッチが泥臭く押し込んでようやく先制に成功。このリードを守り切ったユナイテッドが内容は伴わなかったものの、グループステージ初勝利を手にした。 ▽その他の強豪チームでは、2日前に40歳となったバンディエラ、トッティが3ゴールを演出する大活躍でローマがアストラに4-0で圧勝。また、フィオレンティーナは前半に退場者を出したカラバフを相手にババカルとサラテが2ゴールずつを決め、5-1で大勝した。 ▽その一方で、開幕節に続き屈辱を味わうことになったのはインテル。守護神ハンダノビッチ、ムリージョ、バネガ、カンドレーバ以外を控えメンバーで固めたインテルは、敵地でスパルタ・プラハと対戦。開始7分と25分にカドレツに続けてゴールを奪われたインテルは、後半にパラシオのゴールで1点を返すも、ラノッキアの退場直後に3点目を献上し、1-3の完敗。まさかの連敗となった。 ▽なお、毎年混戦傾向にあるグループステージで連勝に成功したのは、アポエル、ゼニト、アヤックス、シャフタール、FCクラスノダール、シャルケの6チームのみとなっている。 ▽グループステージに参戦している7人の日本人選手では、ケガのシャルケDF内田篤人、ベンチ外となったインテルDF長友佑都を除く5選手が出場。マインツFW武藤嘉紀はカバラ戦で2試合連続スタメンを飾り、前半にEL初ゴールを記録した。また、サウサンプトンDF吉田麻也、アストラMF瀬戸貴幸はフル出場を飾ったものの、共に勝ち点3を獲得できず。同じくヤング・ボーイズFW久保裕也、ザルツブルクMF南野拓実も出場機会を得たものの、チームは連敗となった。29日に行われたELグループステージ第2節の結果は以下のとおり。 ◆グループA マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ゾリャ フェネルバフチェ 1-0 フェイエノールト ◆グループB アスタナ 0-0 ヤング・ボーイズ ※FW久保裕也は92分までプレー オリンピアコス 0-1 アポエル ◆グループC カバラ 2-3 マインツ ※FW武藤嘉紀は84分までプレーし、1ゴールを記録 サンテチェンヌ 1-1 アンデルレヒト ◆グループD ダンドーク 1-0 マッカビ・テルアビブ ゼニト 5-0 AZ ◆グループE ローマ 4-0 アストラ ※MF瀬戸貴幸はフル出場 オーストリア・ウィーン 0-0 ビクトリア・プルゼニ ◆グループF ビルバオ 1-0 ラピド・ウィーン ゲンク 3-1 サッスオーロ ◆グループG アヤックス 1-0 スタンダール・リエージュ セルタ 2-0 パナシナイコス ◆グループH ヘント 2-0 コンヤシュポル シャフタール 2-0 ブラガ ◆グループI シャルケ 3-1 ザルツブルク ※DF内田はケガのためベンチ外 ※MF南野は65分からプレー FCクラスノダール 5-2 ニース ◆グループJ フィオレンティーナ 5-1 カラバフ リベレツ 1-2 PAOK ◆グループK スパルタ・プラハ 3-1 インテル ※DF長友佑都はベンチ外 ハポエル・ベエルシェバ 0-0 サウサンプトン ※DF吉田麻也はフル出場 ◆グループL ステアウア・ブカレスト 1-1 ビジャレアル チューリッヒ 2-1 オスマンルシュポル 2016.09.30 06:37 Fri
twitterfacebook
thumb

長友ベンチ外のインテル、スパルタ・プラハに3失点完敗で2連敗スタート《EL》

▽インテルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループK第2節でスパルタ・プラハとのアウェイ戦に臨み、1-3で完敗した。インテルの長友はベンチ入りしなかった。 ▽初戦のハポエル・ベエルシェバ戦をホームで落としたインテルは、その後のセリエAでは2勝1分けと好結果を残した。そして、1-1で引き分けた直近のボローニャ戦のスタメンから6選手を変更。イカルディやペリシッチ、メデルにミランダといった主力がベンチスタートとなった。 ▽3トップに右からカンドレーバ、パラシオ、エデル、中盤アンカーにメロ、前方右にバネガ、左にニュクリと並べる[4-3-3]で臨んだインテルが、不安定な立ち上がりを見せると7分に失点する。ラノッキアのフィードミスから最後はボックス内への侵入を許したV・カドレツにシュートを決められ、先制されてしまう。 ▽その後も最前線のパラシオにボールが入らず攻撃の形を作れないインテルは25分、FKのクイックリスタートからV・カドレツにボックス右へ抜け出されて、GKハンダノビッチとの一対一を決められてしまった。ハーフタイムにかけても良いところのないインテルは2点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽開始1分にサイドを突破されてカラバエフに決定的なシュートを浴びたインテルは、56分にダンブロージオに代えてアンサルディを投入。主力をさらに温存して週末に控えるローマ戦を見据える。 ▽62分にようやくパラシオがボックス左に侵入してゴールに近づいたインテルは、70分にイカルディを投入。すると直後、イカルディのポストプレーを起点にエデルのラストパスを受けたパラシオがシュートを決めて1点を返す。 ▽しかし75分、ラノッキアがプルクラブと入れ替わったところで倒して2枚目のイエローカードを受け退場となってしまう。直後にFKの流れからホレクのヘディングシュートで失点したインテルは、そのまま1-3で完敗。EL2連敗スタートとなってしまった。 ▽グループKもう一試合のハポエル・ベエルシェバvsサウサンプトンはゴールレスドローに終わり、両チームが勝ち点を4に伸ばしている。 2016.09.30 04:08 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルデビューのガビゴル「ファンに心を持っていかれた」

▽“ガビゴル”ことブラジル代表FWガブリエウ・バルボサが、待望のインテルデビューを喜んだ。 ▽今夏にサントスからインテル入りしたガブリエウ・バルボサは、25日に本拠地ジュゼッペ・メアッツァで行われたセリエA第6節のボローニャ戦にベンチ入り。74分にピッチインし、インテルデビューを果たした。 ▽試合後、ガブリエウ・バルボサは自身のツイッター(@gabigol)に動画インタビューをアップ。「ファンに心を持っていかれたよ。次プレーするのが待ち切れない」と述べるなど、興奮冷めやらぬ様子でデビュー戦を振り返った。 「もちろん、(ドローという)結果は僕が望んでものではない。だけど、デビューできて嬉しい。ファンに心を持っていかれたよ。素晴らしい瞬間だった。次プレーするのが待ち切れない」 「最初は少しナーバスになってしまっていたけど、最後の方は落ち着きを取り戻していた。インテルでのプレーは、僕にとってこれまでと異なる経験だ。けれど、早く馴染みたい。再びプレーするときは勝利したいね」 2016.09.26 10:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース