マンチーニのレイシスト発言を受けてサッリ「彼は高齢者に対する差別行為を行った」2016.01.20 09:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのマウリツィオ・サッリ監督が、インテルのロベルト・マンチーニ監督の発言を受けて“口撃”を再開した。

▽ナポリは19日、コッパ・イタリア準々決勝でインテルと対戦。前半こそゴールレスで終えるも後半に2失点を喫してベスト8で敗退となった。この試合の終了間際、サッリ監督とマンチーニ監督がタッチライン際で口論をしているところが映像に映し出されていた。

▽マンチーニ監督は試合後、サッリ監督が「ホモ野郎」と叫んでいたことを明かし、この行為についてレイシストだとして批判していた。サッリ監督はマンチーニ監督の発言を受けて、試合後の会見で次のように語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

「試合終了のホイッスルが吹かれた後は握手をするものだと教えられたのだがね。過度のストレスの中ではそういうことが起きてしまう。ロッカールームではすでに彼に謝罪しているよ」

「私のことを同性愛を嫌っている人だと思っているかもしれないが、私の友人にも同性愛者はいる。なので同性愛については何も思っていない。ただ、私だけが批判されるのはおかしいだろう。マンチーニも私のことを年老いたクズと罵った。彼は高齢者に対するレイシストなのではないか」

コメント

関連ニュース

thumb

イグアイン代理人「移籍先候補は4、5チーム」 アトレティコやPSGなど

ナポリFWゴンサロ・イグアインが移籍する場合、候補となるのは4、5チームとなる。代理人を務める兄のニコラス氏が明かした。<br><br>ニコラス氏は先日、2018年までとなっているイグアインとナポリの契約を延長することはないと明言した。これを受け、セリエAで66年ぶりに年間得点記録を更新したナポリのエースの周辺は騒がしくなっている。<br><br>パリ・サンジェルマン(PSG)やアトレティコ・マドリーからの関心が報じられるが、ニコラス氏はこれらのビッグクラブだけが移籍先の候補になると述べた。イタリア『メディアセット』が伝えている。<br><br>「少なくとも4、5チームがイグアインを獲得できる。スペインやイングランドのビッグクラブに、フランスとドイツの最強チームたちだ。将来、イグアインを指導するのが(ジョゼップ・)グアルディオラなのか、(アントニオ・)コンテなのか、(ディエゴ・)シメオネなのか、様子をみよう」<br><br>「シメオネ? 彼は素晴らしい指揮官だ。この3年で2回もチャンピオンズリーグ決勝を戦っている。莫大な予算があるわけでもないのにね。世界で3、4番手に入る指揮官だ。(ナポリのマウリツィオ・)サッリも素晴らしい監督だけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.01 16:32 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコがイグアイン、D・コスタ、オーバメヤンの獲得オファーを正式提示 オファー額はクラブ史上最高額の5000~6000万ユーロ

今夏にストライカー獲得を目指すアトレティコ・マドリーだが、正式な獲得オファーを提示した模様だ。しかも3クラブに対して同時に、である。30日付のスペイン『マルカ』が一面で報じている。<br><br>アトレティコが数ある候補の中から選定したストライカーは、ナポリFWゴンサロ・イグアイン、チェルシーFWジエゴ・コスタ、ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンの3選手。ナポリ、チェルシー、ドルトムントは、アトレティコからのオファーをすでに受け取っているという。<br><br>アトレティコが3クラブに提示した移籍金額は5000~6000万ユーロ(約57億円~68億円)とみられ、2011年にFWラダメル・ファルカオを獲得した際にポルトに支払われた移籍金4000万ユーロを上回り、クラブ史上最高額となる。アトレティコはFWジャクソン・マルティネスを広州恒大に売却した際の移籍金4200万ユーロや、決勝まで進出したチャンピオンズリーグでの収入、さらにはリーガエスパニョーラのテレビ放映権の収入増によって、5000~6000万ユーロの捻出が可能となったようだ。<br><br>アトレティコは3選手の内1人を引き入れることを目的としているようだが、獲得の可能性が絶たれる場合には、ほかの候補に目標を切り替える方針。3選手以外の候補にはパリ・サンジェルマンFWエディソン・カバーニ、ユベントスFWアルバロ・モラタ(レアル・マドリーが買い戻しオプション行使予定)が挙げられるが、『マルカ』はその2選手もイグアイン、D・コスタ、オーバメヤンと同様、獲得が困難を極めるであろうことを強調している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.30 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ハムシクはナポリ残留希望? 「ここでの引退も想像している」

主力の流出危機が騒がれるナポリは、キャプテンの去就も取りざたされている。MFマレク・ハムシクはユニフォームを脱ぐときまでナポリでプレーする覚悟があるようだ。<br><br>代理人は先日、ハムシクの母国スロバキア『Pluska』で、「常に可能性は五分五分」と移籍の可能性があることを明かした。だが、ハムシク本人は『Pravda』で次のように述べている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。<br><br>「ナポリ残留? あらゆることが可能だ。今後どうなるか、様子をみよう。僕はナポリでうまくやっている。あそこでキャリアを終えることも想像しているよ」<br><br>だが、スロバキアのユーロ敗退でこれからバカンスに入るハムシクは、去就はすべてクラブとの契約延長交渉次第とも述べている。<br><br>「今はリラックスしたい。シーズンは長くて難しいんだ。たくさんの試合をこなしてきた。バイエルン・ミュンヘン移籍を断った? 僕は何も知らない。考えられるようなオファーはまったく受けていない」<br><br>「クラブとの契約延長交渉を待とう。クラブが賛成なら僕は残る。クラブが僕を望まないなら、それに応じて動かなければいけない。今は少し家族と一緒の時間を過ごすよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.30 10:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベ、イグアイン獲得にも動いた? ナポリの拒否で断念か

代理人が契約延長をしないと明言したことで、ナポリFWゴンサロ・イグアインの去就が騒がしくなっている。イタリア王者ユベントスも獲得に動いたようだ。だが、ナポリはライバルへの移籍を認めなかったという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。<br><br>ナポリと2018年までの契約を結んでいるイグアインだが、代理人を務める兄のニコラス氏は先日、延長をしない意向を明かした。イグアインはナポリが本気でタイトルを狙っているのか、プロジェクトに疑問を抱いていると言われる。<br><br>イグアインの契約には9450万ユーロという高額の契約解除金が盛り込まれており、簡単に獲得できる状況にない。だが、選手サイドからの不満が漏れ伝わったことで、以前からビッグクラブ移籍が噂されるイグアインの去就は注目されている。<br><br>そこで動いたとされるのが、レアル・マドリーにFWアルバロ・モラタを買い戻されたユベントスだ。66年ぶりにセリエAの年間得点記録を塗り替えたイグアインを獲得できれば、イタリア国内におけるユーベの地位はさらに盤石のものとなる。<br><br>だが、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長はやはり、最大のライバルにエースを手放すつもりがないようだ。報道によると、ナポリはユーベにイグアイン放出を断ったという。<br><br>そのため、ユーベはパリ・サンジェルマン(PSG)FWエディンソン・カバーニなど、ほかのターゲットに向かっているとのこと。一方、イグアインはPSGやアトレティコ・マドリーからの関心が報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.30 08:32 Thu
twitterfacebook
thumb

イグアイン代理人が駆け引き!? 「会長は移籍金を求めるが、我々は契約延長を拒否できる」

▽移籍が噂されるナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(28)の去就について代理人がナポリ会長を牽制している。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽2013-14シーズンにレアル・マドリーからナポリに加入したイグアインは加入後から主力としてプレー。2015-16シーズンには66年ぶりにセリエAの得点記録を更新する1シーズン36ゴールをマークし、チームの2位躍進に貢献した。 ▽そんなイグアインに対して、今夏の移籍市場ではアトレティコ・マドリー、チェルシーなどのビッグクラブが興味を示していると噂されており、イグアイン自身もナポリ退団を考慮していると報じられている。しかしアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、イグアインとの契約延長を望んでおり、移籍する際には9400万ユーロ(約107億円)に設定された契約解除金を支払えるクラブのみとの姿勢を見せているようだ。 ▽これを受けて、イグアインの代理人を務め実の兄弟であるニコラス・イグアイン氏は次のように牽制している。 「今の状況で言えば、会長はイグアインを手放すならば契約解除金の満額を求めている。しかし、我々も契約延長を拒否する権利がある。ナポリに加入した時には、チャンピオンズリーグでプレーし、スクデットを獲得する野望があった。我々はそのために全力を尽くしたし、クラブはそこを正しく判断しなければいけない」 「会長が契約解除金を求めるのもわかる。それは権利だ。だからこそ我々も契約延長は受け入れられない。2018年まで契約を結んでいるので、来年にどんな動きがあるか見てみよう。我々は契約を尊重するし、ナポリでプレーする間は全力を尽くすと約束しよう」 2016.06.29 09:20 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース