マンチーニのレイシスト発言を受けてサッリ「彼は高齢者に対する差別行為を行った」2016.01.20 09:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのマウリツィオ・サッリ監督が、インテルのロベルト・マンチーニ監督の発言を受けて“口撃”を再開した。

▽ナポリは19日、コッパ・イタリア準々決勝でインテルと対戦。前半こそゴールレスで終えるも後半に2失点を喫してベスト8で敗退となった。この試合の終了間際、サッリ監督とマンチーニ監督がタッチライン際で口論をしているところが映像に映し出されていた。

▽マンチーニ監督は試合後、サッリ監督が「ホモ野郎」と叫んでいたことを明かし、この行為についてレイシストだとして批判していた。サッリ監督はマンチーニ監督の発言を受けて、試合後の会見で次のように語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

「試合終了のホイッスルが吹かれた後は握手をするものだと教えられたのだがね。過度のストレスの中ではそういうことが起きてしまう。ロッカールームではすでに彼に謝罪しているよ」

「私のことを同性愛を嫌っている人だと思っているかもしれないが、私の友人にも同性愛者はいる。なので同性愛については何も思っていない。ただ、私だけが批判されるのはおかしいだろう。マンチーニも私のことを年老いたクズと罵った。彼は高齢者に対するレイシストなのではないか」

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループB総括】大混戦を制したのはナポリとベンフィカ

▽今大会で最も実力が拮抗していると思われていたグループBは戦前の予想通りに大混戦となった。最終節まで突破チームが決まらなかった中、ナポリとベンフィカが決勝トーナメント進出を決めている。 ■グループB順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ナポリ[11/3/2/1/3) 2.ベンフィカ[8/2/2/2/0] 3.ベシクタシュ[7/1/4/1/-5] 4.ディナモ・キエフ[5/1/2/3/2] ◆ミリク負傷が響くも首位通過~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_56_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽開幕2連勝スタートを切り、3試合目での突破の可能性もあったナポリだったが、FWイグアインの穴を埋める活躍を見せていたFWミリクの負傷が響いた。彼を失って以降の3戦目から苦戦し、ベシクタシュに1分け1敗と負け越し。第5節ディナモ・キエフ戦ではゴールレスドローに終わり暗雲が垂れ込めたが、最終節ベンフィカとのアウェイ戦ではカジェホンとメルテンスが意地を見せて勝利。首位を維持してグループステージ突破を果たした。 ◆主力流出がやや響くも最低限の結果~ベンフィカ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_57_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CLの経験値において最も優れるベンフィカが本命と目されていたが、MFガイタンやMFレナト・サンチェス、MFタリスカといった主力の流出が響いた。チームの完成度の面でナポリの後塵を拝し、ダブルを食らった。とはいえ、FWゴンサロ・グエデスやDFリンデロフといった若手選手の台頭により、グループステージ敗退に追い込まれることは避けられた。 ◆奇跡の同点劇も最後に自滅~ベシクタシュ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_58_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽混戦を生み出したトルコ王者だったが、後一歩で決勝トーナメント進出を果たせなかった。クアレスマがチームを牽引し、新戦力のFWアブバカルは3ゴールを決めて役割を果たした。DFアドリアーノもサイド攻撃を活性化する役割を担った。1勝2分け1敗で迎えた第5節ベンフィカ戦では3点のビハインドから追いつく奇跡の同点劇を演じ、最終節のディナモ・キエフ戦で勝利すれば突破という状況だったが、退場者2人を出してしまい自滅してしまった。 ◆最後に一矢報いる~ディナモ・キエフ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_59_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽混戦が予想された中、昨季CLベスト16のディナモ・キエフが最終節を前に一足早く敗退してしまった。主砲のMFヤルモレンコがチームを引っ張ったものの、得点力に難を抱えたチームは、第5節までわずか2ゴールに終わった。それでも敗退の決まっていた最終節に意地を見せ、勝利すれば突破となるベシクタシュに6発圧勝して一矢を報いた。 2016.12.10 07:31 Sat
twitterfacebook
thumb

混戦のグループB首位通過はナポリ、ベンフィカが2位通過《CL》

▽ベンフィカvsナポリのチャンピオンズリーグ(CL)・グループB最終節が6日に行われ、1-2でナポリが勝利した。 ▽前節ベシクタシュ戦を3点のリードを守りきれずに引き分けて決勝トーナメント進出がお預けとなった2位ベンフィカ(勝ち点8)は、勝利すればグループステージ突破が、引き分けた場合はベシクタシュの結果次第で突破が決まる状況となった。そのベンフィカは今季リーグ戦初黒星を喫したマリティモ戦のスタメンからミトログルに代えてヒメネスを起用した。 ▽一方、前節ディナモ・キエフ戦をゴールレスドローで終えた首位ナポリ(勝ち点8)は、勝利、もしくは引き分けで突破が決まる。そのナポリは3-0で快勝した直近のインテル戦のスタメンからジエリンスキに代えてアランを起用した。 ▽ナポリが高い位置からプレスをかける中、それをかいくぐるベンフィカが徐々にポゼッションを高める展開で試合は推移。 ▽そんな中、ナポリは21分にハムシクがGKを強襲するシュートを浴びせ、ルーズボールをガッビアディーニが頭で押し込むもオフサイドの判定に阻まれる。 ▽一方のベンフィカは22分、グラムの自陣からのロングキックをブロックしてルーズとなったボールをゴンサロ・グエデスが拾い、ボックス右からシュート。しかし、枠の左に外れた。さらに24分にはヒメネスがGKレイナを強襲するシュートを浴びせた。 ▽自陣に引いて凌ぐナポリは35分にグラムの折り返しからカジェホンが際どいシュートを浴びせたが、GKのセーブに阻まれる。さらに37分、ディフェンスライン背後を取ったガッビアディーニがボックス左からシュートを放つもGKの好守に阻止され、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半立ち上がり、ガッビアディーニとカジェホンが決定的なシュートを浴びせたナポリは、57分にガッビアディーニに代えてメルテンスを投入。すると60分、メルテンスのダイレクトスルーパスに抜け出したカジェホンがボックス中央へ侵入。チップキックシュートでGKとの一対一を制し、先制した。 ▽前がかるベンフィカに対し、ディフェンスライン背後を取る動きで揺さぶるナポリは、77分にピッツィの直接FKでゴールを脅かされるも、79分に勝負を決定付ける追加点を奪った。ボックス手前左で仕掛けたメルテンスがボックス内へドリブルで進入してゴール左へシュートを流し込んだ。 ▽その後、87分にアルビオルの軽率なミスからヒメネスにゴールを許したナポリだったが、2-1で試合を終わらせ首位通過を決めた。一方、敗れたベンフィカはベシクタシュがディナモ・キエフに0-6の大敗を喫したため、2位での通過が決まった。 2016.12.07 06:54 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー①】グループB三つ巴の戦いが決着へ

▽6日(火)と7日(水)にチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節が開催される。ここでは6日に開催されるグループA~Dのマッチプレビューを紹介していく。 <div style="text-align:center;font-size:small;">★CLグループステージ最終節 ▽12/6(火) 【グループA】 《28:45》 バーゼル vs アーセナル パリ・サンジェルマン vs ルドゴレツ 【グループB】 《28:45》 ディナモ・キエフ vs ベシクタシュ ベンフィカ vs ナポリ 【グループC】 《28:45》 バルセロナ vs ボルシアMG マンチェスター・シティ vs セルティック 【グループD】 《28:45》 PSV vs ロストフ バイエルン vs アトレティコ・マドリー</div> <span style="font-weight:700;">◆グループA:首位通過を果たすのはPSGorアーセナル</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161122_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節行われたアーセナルvsPSGの首位通過を懸けたビッグマッチは2-2の引き分けに終わり、直接対決のアウェイゴール差によってPSGが首位に立った。よって最終節ではPSG(勝ち点11)がホームに迎えるルドゴレツ(勝ち点2)に勝利すれば首位通過が決まる状況となっている。また、アーセナルに勝ち点で抜かれなければ同様に首位通過となる。直近のモンペリエ戦でまさかの3失点惨敗を喫している点はやや気がかりだが、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙うルドゴレツを下せるか。 ▽2つのアウェイゴールを献上して2位に後退したアーセナル(勝ち点11)は、最下位バーゼル(勝ち点2)とのアウェイ戦で勝利し、PSGが躓くのを待ちたいところ。直近のウェストハムとのダービーではサンチェスのハットトリックを含む5発で圧勝しており、チーム状態は良好。PSGが苦戦したバーゼルの本拠地ザンクト・ヤコブ・パルクでの試合となるが、確実に勝利したい。 <span style="font-weight:700;">◆グループB:熾烈な三つ巴の争い決着へ</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161122_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節はベンフィカがベシクタシュを相手に3点をリードしながらも追いつかれ、最終節を前に決勝トーナメント進出クラブが決まらなかった混戦のグループB。運命の最終節では勝ち点8で並ぶベンフィカvsナポリの直接対決が行われる。勝利したチームが首位通過となり、引き分けた場合はベシクタシュが勝利するとベンフィカが敗退となる。ベンフィカは直近のマリティモ戦で主力を投入しながらも今季のリーグ戦で初黒星を喫している。一方、ナポリはインテルに3-0と完勝しており、チーム状態は対照的だが果たして。 ▽奇跡の同点劇を演じた3位ベシクタシュ(勝ち点7)は、敗退の決まったディナモ・キエフに勝利すれば決勝トーナメント進出となる。また、引き分けた場合はナポリがベンフィカに負けた場合のみ突破となる。 <span style="font-weight:700;">◆グループC:既に順位決定済み</span> ▽前節バルセロナが要塞セルティック・パークを攻略し、首位通過を確定させた。そしてボルシアMGに引き分けたマンチェスター・シティが2位通過となった。ELに回る3位もセルティックとの直接対決で上回っているボルシアMGで決まっている。 <span style="font-weight:700;">◆グループD:ビッグマッチは消化試合に</span> ▽5連勝としたアトレティコ・マドリーが前節首位通過を決め、ロストフにクラブ史上初勝利を献上したバイエルンの2位通過が確定した。よって最終節行われるバイエルンvsアトレティコは消化試合となってしまった。よって注目されるのはELに回るのがロストフ(勝ち点4)になるのか、PSV(勝ち点1)になるのかという点だが、ロストフは負けなければEL参戦となる。 2016.12.06 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ指揮官は攻撃陣を高い評価「素晴らしいパフォーマンスだった」

▽ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、2日に行われたセリエA第15節のインテル戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ホームにインテルを迎えたナポリは開始2分にジエリンスキのゴールで先手を取ると、6分にはハムシクが加点して相手を畳みかける。52分にもインシーニェが加点に成功し、3-0と快勝を飾った。 ▽試合を振り返ったサッリ監督は「多少の運もあった」と謙遜するも、ナポリが良いフットボールを見せて結果を手にしたと自信を見せている。 「(1-1で引き分けた前節の)サッスオーロ戦よりはとても良い試合を見せることができたと思っている。特に攻撃面では、素晴らしいパフォーマンスを見せることができた。選手たちもアジャストしているように思う。今は1つの取りこぼしも許されない状況だ」 ▽この日のナポリは、ホームゲームながらアウェイユニフォームを着用して試合に臨んだ。サッリ監督は、その理由を明かしている。 「おそらく会長の決定だろう。正直に言えば、なぜアウェイユニフォームだったのかわからない。ロッカールームに入ると、選手たちのアウェイユニフォームが並んでいた。ホームの試合で満足できる結果が出せていないので、こういう変更も受け入れなければいけない。ホームで強さを見せていたならば、私は抵抗したかもしれないね」 2016.12.03 13:02 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナポリ 3-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第15節ナポリvsインテルが2日にサン・パオロで行われ、3-0でナポリが完勝した。インテルの長友はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161203_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.5 前半にイカルディとの一対一を2度防ぎ、後半にカンドレーバの決定的なシュートを防いだ DF 2 ヒサイ 5.5 無理に上がらず守備重点でペリシッチを封じる (→マッジョ 5.5) すんなりと試合に入った 33 アルビオル 5.5 1度失点につながりかねないミスパスを犯すもそれ以外は安定 26 クリバリ 6.0 ソリッドな対応が目立った 31 グラム 5.5 ヒサイ同様に無理せず守備を気にかけた MF 20 ジエリンスキ 6.5 ハムシクと共に攻撃面で違いを生んだ。1ゴール1アシスト 42 A・ディアワラ 6.0 効果的な縦パスを供給 7 ハムシク 6.5 追加点を奪い、先制点を演出。推進力あるプレーを何度も見せた (→ログ -) FW 7 カジェホン 6.0 先制点をアシスト。気の利いた動きを見せた 23 ガッビアディーニ 6.0 苦手なポストプレーで十分な存在感。よくボールを収めて起点となり、シュートも果敢に狙った 24 インシーニェ 6.0 省エネ気味も3点目を奪ってお役御免 (→ジャッケリーニ 5.5) さほどボールに絡めず 監督 サッリ 6.5 圧勝。すっきりとした勝利で大一番へ ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161203_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 3失点も防げるシュートは止めていた DF 33 ダンブロージオ 5.0 攻守に凡庸 13 ラノッキア 5.0 喰い付き気味の守備で背後を取られた 25 ミランダ 5.0 守備を統率できず 15 アンサルディ 5.0 1失点目はカジェホンに背後を取られる MF 87 カンドレーバ 5.5 何度か単騎突破を見せた (→パラシオ -) 77 ブロゾビッチ 5.0 バイタルエリアをケアしきれず 19 バネガ 5.0 ほぼ見せ場なく左ヒザを負傷 (→エデル 5.0) ほぼ仕事ができなかった 7 コンドグビア 5.0 対面のジエリンスキに完敗 (→ジョアン・マリオ 5.5) 多くの変化をもたらすには至らず 44 ペリシッチ 5.0 スペースがなく打開できず FW 9 イカルディ 5.0 前半にあった決定機を決めたかった 監督 ピオリ 5.0 フィオレンティーナ戦の勝利をフイにする完敗 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエリンスキ(ナポリ) ▽ハムシクも素晴らしいパフォーマンスだったが、1ゴール1アシストと結果を残したポーランド代表MFを選出。ゴール前へ絡むタイミングが的確だった。 ナポリ 3-0 インテル 【ナポリ】 ジエリンスキ(前2) ハムシク(前6) インシーニェ(後6) 2016.12.03 06:43 Sat
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース