マンチーニのレイシスト発言を受けてサッリ「彼は高齢者に対する差別行為を行った」2016.01.20 09:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのマウリツィオ・サッリ監督が、インテルのロベルト・マンチーニ監督の発言を受けて“口撃”を再開した。

▽ナポリは19日、コッパ・イタリア準々決勝でインテルと対戦。前半こそゴールレスで終えるも後半に2失点を喫してベスト8で敗退となった。この試合の終了間際、サッリ監督とマンチーニ監督がタッチライン際で口論をしているところが映像に映し出されていた。

▽マンチーニ監督は試合後、サッリ監督が「ホモ野郎」と叫んでいたことを明かし、この行為についてレイシストだとして批判していた。サッリ監督はマンチーニ監督の発言を受けて、試合後の会見で次のように語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

「試合終了のホイッスルが吹かれた後は握手をするものだと教えられたのだがね。過度のストレスの中ではそういうことが起きてしまう。ロッカールームではすでに彼に謝罪しているよ」

「私のことを同性愛を嫌っている人だと思っているかもしれないが、私の友人にも同性愛者はいる。なので同性愛については何も思っていない。ただ、私だけが批判されるのはおかしいだろう。マンチーニも私のことを年老いたクズと罵った。彼は高齢者に対するレイシストなのではないか」

コメント

関連ニュース

thumb

イグアイン「真似しようと思っても無理だった」驚異的な決定力に驚いたかつての同僚とは…

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが現地メディアの取材で、かつてレアル・マドリーに所属していた時のエピソード、そしてナポリを去ってユベントスに加入した理由について述べている。<br><br>イグアインは06-07シーズンの途中に、母国アルゼンチンのリーベル・プレートからレアル・マドリーに19歳で加入。「僕は当時、(ルート)ファン・ニステルローイやラウール(ゴンサレス)、(アントニオ)カッサーノとプレーした。彼らから多くのことを学んだよ」<br><br>「子供の頃から憧れていた選手と一緒にプレーできる、という経験はサッカー選手として夢をかなえることの一つだと思う。レアル・マドリーでプレーする経験はまさにそれだった。それこそ、(ディエゴ)マラドーナ、(リオネル)メッシ、クリスティアーノ・ロナウドのようなスーパースターと同じチームでプレーできるとなれば、誰だって憧れるようにね」<br><br>「レアル・マドリーでは短い間(2007年1月)だったけどロナウドとも一緒に練習した。彼のゴール前での嗅覚は普通じゃなかったよ。同じことを真似しようと思ったけどできなかったね。あれは天性のものだろう」<br><br>また、イグアインは昨夏ナポリから同リーグのライバルチーム、ユベントスに加わった理由についても言及。「さっき話した理由にも通じるけど、そのチャンスを逃すわけにはいかないよ。だって、(ミシェル)プラティニや(ロベルト)バッジョ、(ジネディーヌ)ジダン、(アレッサンドロ)デル・ピエロがプレーしたチームだよ。ユベントス・スタジアムにやってくると、彼らの写真が大きなパネルで飾られているんだ。ユベントスに移籍するチャンスがあったら、それは逃すべきでないと思ったんだ」と続け、憧れのチームでプレーするチャンスを逃したくなかったことが移籍の後押しになったと語っている。<br><br>現地時間22日に、イグアイン擁するユベントスはチャンピオンズリーグのラウンド16でポルトと激突する。「僕はかつての同僚と常にいい関係にある。だからポルトとの試合はマドリー時代の元同僚(イケル)カシージャスと戦えることが楽しみなんだ。相手として厄介なGKだけどね」と続け、ポルト戦への気概を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 13:03 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、インシーニェ獲得へ本格始動か…ナポリは移籍金62億円以上を要求

▽アーセナルが、ナポリに所属するイタリア代表MFロレンツォ・インシーニェ(25)の獲得に向けて本格的に動き出したようだ。イギリス『サン』がイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキーラ氏の証言として伝えている。 ▽報道によれば、アーセナルは19日に行われたセリエA第25節のキエーボ戦にスカウトマンを派遣。リバプールも関心を示す中、今夏におけるNo1ターゲットのインシーニェ獲得に向け、近いうちの会談開始を希望しているという。 ▽しかし、インシーニェとの現行契約を2019年まで残しているナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、少なくとも移籍金4400万ポンド(約62億1000万円)以上のオファーを要求している模様だ。 ▽以前からナポリとの契約延長交渉の難航が伝えられるインシーニェは、今シーズンのセリエAで24試合8ゴール6アシストを記録。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はイタリア人アタッカーの心を射止めることはできるのだろうか。 2017.02.21 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリに痛手、アランが内転筋負傷で3週間の離脱…

▽ナポリは20日、ブラジル人MFアランが内転筋の負傷で全治3週間と診断されたことを発表した。 ▽アランは、19日に行われたセリエA第25節のキエーボ戦(3-1で勝利)に先発出場するも、前半終盤に足を痛めて負傷交代を強いられていた。 ▽今シーズン、ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキとセントラルMFで併用されているアランは、ここまで公式戦30試合に出場していた。同選手は今回のケガで、アタランタ、ローマとのリーグ上位対決、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのレアル・マドリー戦、コッパ・イタリア準決勝1stレグのユベントス戦など、幾つかの重要な試合を欠場することになる。 2017.02.20 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

敵地で3ゴールを奪ったナポリがリーグ戦3連勝で2強を追走!《セリエA》

▽ナポリは19日、セリエA第25節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 ▽15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのレアル・マドリー戦で1-3と敗れ、公式戦19試合ぶりに黒星を喫した3位ナポリ(勝ち点51)は、そのマドリー戦から先発メンバーを4人変更。アルビオルとA・ディアワラ、メルテンスらに代えて、マクシモビッチ、ジョルジーニョ、パヴォレッティらを起用した。 ▽連戦が続く中、11位キエーボ(勝ち点32)から勝ち点3を奪い、2強を追走したいナポリは、立ち上がりから細かいパス回しでサイド攻撃を展開し、キエーボ守備陣のスペースを探る。すると6分、ボックス手前で混戦の中からインシーニェがFKを獲得。これをインシーニェが直接狙うも、わずかにゴール右に外れる。 ▽その後も、狭いスペースで浮き球を織り交ぜながら攻めるナポリは、徐々に相手を崩し始めるも、ラストパスの精度に欠き、シュートチャンスを作ることができない。 ▽するとナポリは28分、不用意なミスからキエーボに決定機を与えてしまう。インシーニェのパスが自陣中央でビルサに奪われると、イングレーゼがスルーパスに抜け出し、ボックス右で一対一。しかし、ゴール左隅を捉えたシュートは、レイナがパンチングで防ぐ。 ▽難を逃れたナポリが31分、ついに均衡を破る。ヒサイのパスをボックス左で受けたインシーニェがカットインからシュート。右足で放ったボールは、ファーサイドへ吸い込まれるように突き刺さり、先制点を奪う。これで勢いに乗ったナポリは38分に追加点。細かいパス回しからアランがボックス内に抜け出すも、ここはGKソレンティーノのブロック。しかし、このこぼれ球をハムシクが右足で押し込んだ。 ▽3試合負けなしのキエーボから前半で2得点を奪い、順調に試合を進めるナポリだが、アクシデントが発生。40分、左サイドのカバーに行ったアランが足を痛めて、ジエリンスキを投入する事態に見舞われる。 ▽迎えた後半、ナポリはキエーボの奇襲攻撃に脅かされる。48分、カウンターから自陣左サイドを崩されると、最後はボックス内のフリーのイングレーゼがシュート。しかし、ここはクリバリが体を張ったブロックで防ぐ。 ▽その後も、キエーボの侵攻を立て続けに許してしまったナポリだったが58分、左サイドでダイレクトにつなぐと、グラムが左サイドを突破。中央にパスを送ると、インシーニェを経由し、パスを受けたジリンスキがボックス手前からシュート。これがブロックに入ったスポッリの足に当たり、コースが変わってゴールネットを揺らした。 ▽緊急投入にも落ち着いて対応したジリンスキの3点目で、勝利を大きく手繰り寄せたナポリだったが、キエーボに一瞬の隙を突かれてしまう。72分、キエーボの最終ラインからデ・グズマンのロングボール。反応したメッジェリーニにボックス内への侵攻を許すと、左足アウトサイドで流し込まれ、途中投入で入った2人に1点を返される。 ▽この失点で流れがキエーボに傾いてしまうと75分、クロスからのセカンドボールを相手に拾われ、立て続けにシュートを放たれるも、マクシモビッチが2度のブロックでこれを凌ぐ。 ▽その後も、不安定なディフェンスからキエーボに幾度となくゴール前に迫られるも追加点は許さず、試合終了。後半、キエーボの猛攻に苦しめられるも、主力を休ませながら3-1で勝利。リーグ3連勝を飾っている。 2017.02.20 02:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ主将、CLレアル・マドリー戦で敗北に落胆も準々決勝進出の可能性を信じる

ナポリの主将MFマレク・ハムシクがチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦について、「すべての可能性が残されている」と、自身の公式ウェブサイトで意気込みを語った。<br><br>ナポリは、15日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、1-3で敗北した。ハムシクはこの試合について、分析を行った。<br><br>「試合開始直後、レアルが攻撃を仕掛けてきたが、(ホセ・マヌエル)レイナのスーパーセーブがあった。ナポリもすぐに反撃して、(ロレンツォ)インシーニェの素晴らしい30メートル弾が生まれた。後半に入り、5分間で2得点を許してしまった。2点目のチャンスがあっただけに残念だ」<br><br>試合結果には落胆するものの、アウェーゴールを決めており、まだ準々決勝進出の可能性は残されていると語った。<br><br>「いつも通りの持ち味をこの試合では発揮できなかった。だけど、相手が世界最高峰のチームだった忘れてはいけない。悲しいけど、アウェーで得点を決められたのは大きい。セカンドレグではすべての可能性が残されているので、挑戦を続けていく」<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.17 12:31 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース