マンチーニのレイシスト発言を受けてサッリ「彼は高齢者に対する差別行為を行った」2016.01.20 09:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのマウリツィオ・サッリ監督が、インテルのロベルト・マンチーニ監督の発言を受けて“口撃”を再開した。

▽ナポリは19日、コッパ・イタリア準々決勝でインテルと対戦。前半こそゴールレスで終えるも後半に2失点を喫してベスト8で敗退となった。この試合の終了間際、サッリ監督とマンチーニ監督がタッチライン際で口論をしているところが映像に映し出されていた。

▽マンチーニ監督は試合後、サッリ監督が「ホモ野郎」と叫んでいたことを明かし、この行為についてレイシストだとして批判していた。サッリ監督はマンチーニ監督の発言を受けて、試合後の会見で次のように語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

「試合終了のホイッスルが吹かれた後は握手をするものだと教えられたのだがね。過度のストレスの中ではそういうことが起きてしまう。ロッカールームではすでに彼に謝罪しているよ」

「私のことを同性愛を嫌っている人だと思っているかもしれないが、私の友人にも同性愛者はいる。なので同性愛については何も思っていない。ただ、私だけが批判されるのはおかしいだろう。マンチーニも私のことを年老いたクズと罵った。彼は高齢者に対するレイシストなのではないか」

コメント

関連ニュース

thumb

ヴルサリコはナポリ移籍を希望か…ローマやユベントスも獲得に興味

▽アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)は、今冬でのナポリ移籍を望んでいるようだ。イタリア『Rai Sport』の記者であるチノ・ベナラト氏が、イタリアラジオ『Radio CRC』に明かしたことを『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽半年近くに及ぶ負傷離脱を強いられたアルジェリア代表DFファウジ・グラムの代役探しに奔走するナポリは、セリエA経験のあるクロアチア代表サイドバックに目をつけており、今冬での獲得が噂されてきた。 ▽チノ・ベナラト氏によると、ヴルサリコの代理人を務めるジュゼッペ・リソ氏とナポリでスポーツディレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏の間で電話会談が行われた際にリソ氏が、ヴルサリコはナポリに移籍できることを非常に喜んでいるとナポリ側に語ったという。 ▽ヴルサリコについては移籍金の兼ね合いで獲得交渉が難航していたが、ナポリはアトレティコの要求する2000万ユーロ(約26億円)を満額支払うことで合意に至った模様。 ▽しかし、ヴルサリコにはサッスオーロ時代の恩師であるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の率いるローマや、ユベントスが興味を示しており、正式契約まで油断のできない情況だ。 2017.12.12 03:18 Tue
twitterfacebook
thumb

決め手欠いたナポリ、フィオレンティーナにドローで首位奪還ならず《セリエA》

▽ナポリは10日、セリエA第16節でフィオレンティーナをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節ユベントス戦を0-1と惜敗し、リーグ戦今季初黒星を喫して首位から陥落した2位ナポリ(勝ち点38)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのフェイエノールト戦を1-2と敗れ、グループステージ敗退に終わった。そのナポリはフェイエノールト戦のスタメンから2選手を変更。A・ディアワラとマッジョに代えてジョルジーニョとマリオ・ルイを起用した。 ▽7位フィオレンティーナ(勝ち点21)に対し、勝利すれば首位奪還となるナポリは、立ち上がりから攻勢に出ていく。しかし、シュートに持ち込めずにいると、11分にピンチ。 ▽ディフェンスライン裏を取ったシメオネにネットを揺らされたが、オフサイドで助かった。ここからフィオレンティーナに盛り返され、一進一退の攻防に持ち込まれる。 ▽インシーニェを欠く影響もあって思うように攻撃を仕掛けられないナポリは、40分にもピンチ。ディフェンスライン裏を取ってボックス右深くまでえぐったシメオネにシュートに持ち込まれる。しかし、ここはGKレイナが阻んだ。続く41分にもシメオネのヘディングシュートがGKレイナを強襲したナポリは前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始2分、ジエリンスキがボックス左から決定的なシュートを浴びせたナポリが攻勢を強めると、55分にはメルテンスのダイレクトヒールパスを受けたボックス左のジエリンスキが左足を振り抜く。しかし、GKスポルティエッロにセーブされ、シュートは左ポストを直撃した。 ▽さらに58分、ハムシクのミドルシュートでゴールに迫ったナポリが圧力をかけ続けると、71分に決定機。アランのスルーパスをボックス右で受けたメルテンスがシュート。しかし、GKスポルティエッロのファインセーブに阻まれてしまった。 ▽ゴールが遠いナポリはジエリンスキとアランに代えてウナスとログを投入していく。だが、最後までゴールを割れずに0-0のままタイムアップ。勝ち点1獲得に留まり、首位奪還のチャンスを逃している。 2017.12.11 00:53 Mon
twitterfacebook
thumb

“怠け者”と呼ばれるも…イグアイン「サッリは正しかった」

ユベントスのFWゴンサロ・イグアインがフランス誌『So Foot』のインタビューに応じ、ナポリ時代を振り返った。<br><br>イグアインは2013年夏、レアル・マドリーからナポリへ加入。3シーズンにわたりチームの絶対的エースとして活躍したのち、2016年夏にユベントスへ加入した。今シーズンはセリエAにおいてこれまで9得点を挙げているが、ナポリ在籍当時のマウリツィオ・サッリとのやりとりを振り返った。<br><br>「僕は怠け者だと言われた。(リオネル)メッシやクリスティアーノ・ロナウドのようにゴールを決めて欲しいと言うんだ」と述べ、サッリからバルセロナやレアル・マドリーのエース同様の活躍を要求されたことを明かした。<br><br>イグアインはナポリにおいて、セリエAで1年目は17得点、2年目は18得点をマークした。しかし3年目となるラストシーズンは36得点とゴール数を倍増させた。元ナポリのストライカーは指揮官の意見が一部正しかったことを認めている。<br><br>「彼が言っていたことは少し正しかったと思う。実際、僕はその後36ゴールをマークしたんだから」<br><br>なお王者ユベントスへの移籍については、「簡単な決断ではなかった。だがチャンピオンズリーグ決勝に出場することができて誇りに思っているし、幸せだ」とコメントし、自身の決断が正しかったと結論付けた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 18:29 Fri
twitterfacebook
thumb

メルテンス、公式戦2連敗でCL敗退「難しいとき。有効なサッカーができていない」

ナポリのFWドリエス・メルテンスは、チームにとって難しいときが訪れていることを認めた。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>ナポリは6日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節でフェイエノールトと対戦。ここまで全敗中のフェイエノールトの本拠地へと乗り込んだが、1-2で敗れてグループステージ敗退が決定した。今シーズンはセリエAで開幕から連勝を続けるなど、好調をキープしていたナポリだが、ここに来て公式戦2連敗。メルテンスは「僕らにとって難しいときだし、有効なサッカーができていない」と話し、こう続ける。<br><br>「毎シーズン、こういうときとは向かい合っていかないといけない。できるだけ早く、元の僕らのスタイルを取り戻したい」<br><br>「他の試合の結果が聞こえてくる中、プレーするのは簡単ではなかった。自分たちを見つめ直し、どうやったまたベストのサッカーを取り戻せるか考える必要がある」<br><br>ナポリがフェイエノールトに敗れる中、一方でシャフタール・ドネツクが首位のマンチェスター・シティを撃破。シャフタールが2位通過を決めている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.07 14:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、フェイエノールトに敗戦で逆転突破ならず《CL》

▽ナポリは6日、チャンピンオンズリーグ(CL)グループF最終節でフェイエノールトとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。この結果、3位となったナポリはヨーロッパリーグ(EL)に回っている。 ▽前節シャフタール戦を3-0と快勝して決勝トーナメント進出に望みをつないだ3位ナポリ(勝ち点6)は、勝利した上でシャフタールがマンチェスター・シティに敗れれば逆転での決勝トーナメント進出となる。そのナポリは0-1と敗れた直近のユベントス戦のスタメンから3選手を変更。マリオ・ルイ、ジョルジーニョ、負傷したインシーニェに代えてジエリンスキ、A・ディアワラ、マッジョを起用した。 ▽ここまで全敗のフェイエノールト相手に、3トップの左にジエリンスキを据えたナポリは、開始2分に先制する。左サイドからのFKのルーズボールをメルテンスがボレーで合わせにかかる。これはDFにカットされるもルーズボールをジエリンスキが蹴り込んだ。 ▽その後、フェイエノールトの反撃を受け流したナポリは18分に決定機。味方とのワンツーでボックス左に侵入したメルテンスがシュート。GKと一対一だったが、フェルメールにセーブされてしまった。 ▽前半半ば以降もナポリがポゼッションを高めていたが、33分に同点に追いつかれる。右クロスをN・ヨルゲンセンにヘディングシュートで決められた。ハーフタイムにかけてはフェイエノールトの攻勢が強まった中、1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、ナポリがハーフコートゲームを展開する流れが続くと、52分にハムシクがミドルシュートでゴールに迫る。攻勢を強めたいナポリは60分にアランに代えてログを投入する。 ▽その後もハーフコートゲームを続けたが、フェイエノールト守備陣を崩すような仕掛けは見せられない。 ▽終盤の74分にはカジェホンに代えてウナスを投入したナポリだったが、効果は薄くシュートには持ち込めない。結局、84分にヴィルエナが2枚目のイエローカードを受けて退場となったフェイエノールトに対し、追加タイムにCKからユステのヘディングシュートを浴びて1-2で敗戦。決勝トーナメント進出は果たせず、3位となりELに回ることとなった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/得失点] 1.マンチェスター・シティ 15/9 2.シャフタール 12/0 3.ナポリ 6/0 4.フェイエノールト 3/-9 2017.12.07 06:49 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース