横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

磐田とドローの横浜FMが2戦連続足踏みで首位陥落《J1》

▽23日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第5節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田は、1-1の痛み分けに終わった。 ▽2ndステージ開幕から3勝1分と好調の横浜FMと、4試合未勝利とやや出遅れた磐田が相まみえた。両チームともに前節と同様の先発メンバーを引き続き採用してきた一戦。入りこそ磐田が押し気味に進めるが、対する横浜FMは売りとする堅守からリズムをつくり、流れを引き寄せにかかる。 ▽22分には、横浜FMに決定機。右サイドを突破した斎藤がグラウンダーのクロスを供給すると、相手DFの弾いたボールに反応した喜田が強烈なミドルシュートを放つ。しかし、ここは磐田の宮崎にブロックされた。それでも25分、マルティノスが右サイドからボックス内にボールを送ると、カイケが押し込んだ。 ▽先制を許した磐田は 27分に同点機。左サイドでボールを受けた中村のクロスから、走りこんだアダイウトンがヘディングで合わせる。しかし、ここはGK榎本のセーブに阻まれる。すると、今度は横浜FMにもチャンスが巡ってくるが、こちらも決め切れず、1-0でハーフタイムを迎えた。 ▽早いうちに追いつきたい磐田は54分、アダイウトンが左サイドで相手数人をドリブルで抜き、クロスボールを供給。森下がヘディングでゴールの左隅を狙うが、GK榎本の好セーブに阻まれてしまう。それでも62分、磐田はジェイからパスを受けた川辺が右足のミドルシュート。これがゴールに突き刺さった。 ▽追いつかれた横浜FMは71分に伊藤を投入。しかし、磐田の勢いを抑止できず、やや押し込まれる時間が続く。試合終盤には、横浜FMが猛攻を仕掛けるが、そのまま1-1で終了。2戦連続のドローに終わった横浜FMは、2ndステージ開幕から守り続けてきた首位から3位に後退した。 2016.07.23 22:38 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:サンフレッチェ広島 2-2 横浜Fマリノス《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節のサンフレッチェ広島vs横浜Fマリノスが17日にエディオンスタジアム広島で行われ、2-2で終了した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽サンフレッチェ広島採点 GK 1 林卓人 6.5 塩谷のパスミスから与えた決定機を好守で凌ぐ。さらに後半序盤にマルティノスのシュートをビッグセーブ DF 33 塩谷司 5.0 前半に危険なミスから相手に決定機を許した 5 千葉和彦 5.5 攻守に平均的なパフォーマンスだった 37 宮原和也 5.0 対面のマルティノスの仕掛けに苦慮した MF 18 柏好文 5.0 前半は沈黙も、後半は盛り返す 8 森崎和幸 5.5 いつも通り最終ラインに吸収されてビルドアップの中心に (→佐藤寿人 6.0) 抜け目ないポジショニングからJ1通算160点目 28 丸谷拓也 5.0 守備に集中も、後手を踏む場面が多かった 30 柴崎晃誠 5.0 流れの中でアクセントを付けることができなかった 10 浅野拓磨 5.0 右サイドに流れながら仕掛けるも、打開力を欠いた 16 清水航平 5.0 立ち上がりは輝くも、試合が進むにつれて試合から消える (→ミキッチ 6.5) 右サイドで攻撃を活性化し、皆川&佐藤弾を演出した FW 9 ピーター・ウタカ 5.5 タイトなマークを敢行する中澤&ファビオにゴール前から締め出された (→皆川佑介 6.5) 出場からわずかでゴールを記録 監督 森保一 6.0 早めに動いてできる策を施し、一時は勝ち点3に近づく<hr> ▽横浜F・マリノス採点 GK 1 榎本哲也 5.5 後半にウタカの枠内シュートをファインセーブしたが、2失点目は悔やまれる DF 13 小林祐三 6.0 立ち上がりは押し込まれるも、徐々に持ち直し、伊藤のゴールをアシスト 22 中澤佑二 6.0 ファビオと共に中央ラインで粘り強さを見せる 5 ファビオ 6.5 打点の高いヘディングシュートで先制点を記録。守備も上々 24 金井貢史 5.5 守備を重視。後半途中まで良かったが、ミキッチに苦しむ (→遠藤渓太 -) MF 20 マルティノス 6.5 ゴールに直結するようなダイレクトな仕掛けや動きで脅威に 28 喜田拓也 6.0 守備面で高い集中を維持し、バイタルエリアをケア 10 中村俊輔 6.0 さすがのキック精度を発揮。ファビオの先制弾をCKでアシスト (→兵藤慎剛 5.5) 決定的な仕事はできず 8 中町公祐 5.5 喜田と共に中盤の底で守備を強化 11 齋藤学 6.0 要所で瞬発力を披露し、攻め手となる FW 9 カイケ 5.5 マルティノスとの良い連係を生かして起点に (→伊藤翔 6.0) 力強いヘディングシュートでネットを揺らした 監督 エリク・モンバエルツ 6.0 好調の勢いそのままにアウェイでの強豪戦で好勝負に持ち込んだ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミキッチ(サンフレッチェ広島) ▽途中出場から右サイドで躍動し、2アシスト。チームに勢いをもたらした。 サンフレッチェ広島2-2 横浜Fマリノス 【広島】 皆川佑介(後36) 佐藤寿人(後38) 【横浜FM】 ファビオ(前31) 伊藤翔(後43) 2016.07.17 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

広島vs横浜FMは白熱ドロー アーセナル移籍ラストマッチで涙の浅野は不発 「笑顔を届けれる選手に」《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節のサンフレッチェ広島vs横浜Fマリノスが17日にエディオンスタジアム広島で行われ、2-2で終了した。 ▽2ndステージ1勝1分け1敗の広島(総合4位)と、同3連勝中の横浜FM(総合5位)が相まみえた。広島は、3-3で引き分けた前節の柏レイソル戦と同様のメンバー。アーセナル移籍が決まった浅野にとってはラストマッチとなった。一方の横浜FMは、3-2で勝利したヴィッセル神戸戦から、富樫に代えてベテランの中村を起用する1点を変更。最前線にはカイケが入った。 ▽序盤戦は一進一退の攻防が繰り広げられる。よりポゼッションで優位に立った広島は、左サイドの清水の仕掛けを起点とする。一方、縦に早いカウンターを狙う横浜FMは、トップ下の中村にボールを預けながら、マルティノス、カイケ、齋藤らが仕掛けていく。 ▽そんな中、試合の均衡を破ったのは、ファーストチャンスを得点に結び付けた横浜FMだった。31分、中村の左CKにニアサイドに走りこんだファビオがヘッド。高い打点から放たれたシュートがゴール左に決まり、横浜FMがスコアを動かした。 ▽強固な守備ブロックで広島の遅攻を食い止め続ける横浜FMは、38分に相手のミスから追加点のチャンス。広島DF塩谷のGKへのバックパスが乱れると、ゴール前で素早く反応したマルティノスがシュートに持ち込む。しかし、これは好反応を見せたGK林にブロックされて、2点目とはならなかった。 ▽迎えた後半、先に決定機を迎えたのはリードする横浜FM。カウンターからパスを受けたマルティノスがボックス内に入ると、DFのマークをうまく外して左足シュートに持ち込む。これがゴール左隅を捉えたが、GK林のビッグセーブに遭ってゴールとはならない。 ▽逆に54分には広島が反撃。柏のクロスを正面の柴崎が落とすと、ペナルティアーク付近のウタカがワントラップして右足を振る。強烈なシュートがゴール右を捉えたが、今度は横浜FMのGK榎本がビッグセーブを見せる。直後にはMF柏のミドルシュートが枠を捉えたが、ここもGK榎本の好守に遭う。 ▽立て続けのピンチを凌いだ横浜FMは56分、齋藤の仕掛けからゴール前に抜けたマルティノスがシュート。だが、またしてもGK林のセーブに阻まれる。 ▽その後、広島の森保監督は78分までに佐藤、ミキッチ、皆川を投入する。すると、この交代策が的中する。81分、右サイドで仕掛けたミキッチがクロスを入れると、正面の皆川がヘッド。これが決まり、広島が追いつく。 ▽勢いに乗った広島は攻勢を続けると、直後に逆転。ミキッチが入れた鋭いクロスをGK榎本が弾くと、最後はゴール前の佐藤がプッシュ。佐藤のJ1通算160得点目で広島が試合をひっくり返した。 ▽しかし、試合はここで終わらない。横浜FMは88分、ボックス右手前の小林が上げたクロスに正面で合わせた途中出場の伊藤がヘディングシュートを突き刺し、すぐさま同点に追いついた。 ▽結局、白熱の試合は2-2でタイムアップ。横浜FMの連勝は3試合でストップしている。なお、試合後には浅野の壮行会が行われた。家族に見守られながらスピーチした浅野は、「本当に感謝しています。ありがとうございます。皆さんに笑顔を届けられるような選手になりたい」など、涙を流しながら感謝の言葉とともに今後の前進を誓った。 2016.07.17 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMが岩波復帰の神戸に大逆転勝利で3連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第3節の横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が13日に行われ、3-2で横浜FMが勝利した。 ▽2ndステージ2連勝スタートの横浜FMと、同1勝1分けの神戸が対戦。神戸は負傷離脱していたU-23日本代表DF岩波が約2カ月ぶりに実戦復帰を果たした。 ▽小林やレアンドロが際どいシュートに持ち込むなど序盤から積極性を見せていった神戸は、18分にセットプレーから先行する。藤田が高精度の右CKをゴール前に入れると、これにニウトンがヘッド。ニウトンのJリーグ初ゴールが生まれ、神戸がリードを手にした。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるも、両者共にアタッキングサードでのプレー精度を欠いてゴールに近づけず、1-0のまま前半が終了する。 ▽迎えた後半、ハーフタイム明けから投入した中村を起点にする横浜FMだが、スコアを動かしたのは神戸だった。55分、ニウトンのスルーパスでボックス右に抜けたペドロ・ジュニオールが素早くシュート。これが決まり、神戸がスコアを0-2とした。 ▽2点のビハインドを背負った横浜FMだが、ここで諦めずに反撃。すると直後の57分、左サイドの齋藤が入れたクロスに正面のカイケがうまく頭で合わせてネットを揺らし、すぐさま1点差に戻す。 ▽攻勢に出た横浜FMは61分、左サイドのクロスから最後は中町が枠内シュートに持ち込むも、これは神戸GKキム・スンギュのファインセーブを前に2点目とはならない。 ▽それでも、攻めた横浜FMが終盤に見事な逆転劇を披露。まずは85分、クロスに合わせようとしたマルティノスがDF高橋峻との競り合いで倒れると、主審がPKを指示。これを中村が冷静に決めて2-2とする。 ▽さらに横浜FMはアディショナルタイム1分に勝ち越す。ボックス右で仕掛けた齋藤がクロスを入れると、DF岩波に当たったボールがゴールへ。これはGKキム・スンギュが弾いたが、こぼれ球をマルティノスが押し込んで、逆転に成功した。 ▽結局、これを決勝弾とした横浜FMが2ndステージ3連勝。年間順位でも5位に浮上している。 2016.07.13 21:39 Wed
twitterfacebook
thumb

3発快勝の横浜FMが2ndステージ開幕から2連勝!!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第1節の横浜F・マリノスvsアビスパ福岡が、9日に日産スタジアムで行われ、3-0で横浜FMが快勝した。 ▽前節の湘南ベルマーレ戦で3-0と快勝し首位に立つ横浜FMが、浦和レッズに1-2で敗れた福岡をホームに迎えた。 ▽試合は、キックオフ直後からダニルソンの縦パスを城後が落として金森がシュートを放つなど、流れるような攻撃を見せた福岡が積極的な入りを見せる。その後も福岡が横浜FM陣内でプレーを続けるが、24分にダニルソンが負傷し末吉と交代するアクシデントに見舞われる。 ▽対する横浜FMは徐々に流れを引き寄せると、38分に、左サイドでマーカー2人を交わした齋藤がドリブルを開始。そのままボックス内に侵入し右足を振り抜くと、これがゴールネットに吸い込まれて先制に成功。前半はそのまま横浜FMがリードして終えた。 ▽後半は開始早々の48分、相手陣内でプレーを続けた横浜FMは中町のスルーパスに抜け出した富樫が相手選手に挟み込まれるも、体勢を崩しながらシュートを流し込んでリードを2点とした。 ▽2点差とされた福岡は、新加入の駒野を投入。さらに田村を下げて平井を送り込むなどゴールを目指す。76分には、横浜FMから福岡に加入した三門がこぼれ球を拾ってシュートもボールは枠外へ。80分にもボックス外から金森がシュートを狙うが相手にブロックされるなどゴールが遠い。 ▽すると横浜FMは後半アディショナルタイムに右サイドの齋藤がカットインから縦にパスを入れると、これを受けた途中出場の伊藤がシュートを流し込んで勝負あり。横浜FMが快勝して2ndステージ連勝を飾った。 2016.07.09 21:04 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース