横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

終盤に劇的ドラマ! 最後は小林のヘッドが決まり川崎Fが横浜FMを下す《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節の川崎フロンターレvs横浜F・マリノスが等々力陸上競技場で行われ、3-2で川崎Fが勝利した。 ▽前節の大宮アルディージャ戦で敗戦を喫し、2ndステージの1位を浦和レッズに譲った川崎Fは、FW大久保嘉人、MFエドゥアルド・ネットを欠くことに。代わりにMF狩野健太、MF三好康児が先発した。一方の横浜FMは、天皇杯で復帰したMF中村俊輔が負傷のためベンチ外となった。 ▽試合は立ち上がりから横浜FMが積極的に攻勢をかけるも14分、右サイドからの小林のクロスを狩野が豪快にヘッドで合わせ、川崎Fが先制する。 ▽このゴールで勢いに乗った川崎は、三好が積極的に仕掛けるも、横浜FMの堅い守備の前に追加点とはならない。 ▽川崎Fのリードで迎えた後半も、主導権を握ったのは川崎F。狩野、小林を中心に横浜FMゴールに迫るものの、得点は奪えない。すると66分にアクシデント。後半に入り接触して負傷しながらも続けていた新井が座り込んでしまい、試合が一時中断する。 ▽急遽出場することとなったGK高木はJ1デビューとなったが、横浜FMは齋藤や前田がシュートを浴びせるがなんとかセーブ。すると84分、田坂のスルーパスに反応した三好が絶妙なループシュートを沈め、川崎Fが追加点を奪う。 ▽横浜FMはここから猛攻を仕掛けるも得点を奪えず。アディショナルタイムは新井の処置の時間を含め9分間が取られると、横浜FMが一気に試合を動かす。 ▽96分、ボックス右からの天野のクロスを伊藤がヘッド。GKがセーブも、こぼれ球を中町が詰めて1点差に。更に53分にはバックパスを奪った齋藤がボックス内に侵入。クロスを伊藤がダイレクトで蹴り込み、同点に追いつく。 ▽これで引き分けに終わるかと思われた100分、右CKからのクロスが流れると、こぼれ球を拾った田坂がクロス。これを小林がヘッドで合わせ、川崎Fが勝ち越しに成功。そのまま試合を終了し、3-2で川崎Fが勝利した。 2016.09.25 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

UEFAでユナイテッド下した中村俊輔の直接FK弾が紹介される

▽セルティックは28日、チャンピンズリーグリーグ(CL)のグループC第2節でマンチェスター・シティをホームに迎える。欧州サッカー連盟(UEFA)は「試合の背景」の1つとして、セルティックOBで現在、横浜F・マリノスでプレーする元日本代表MF中村俊輔の語り継がれる直接FKを公式サイトで回想した。 ▽ブレンダン・ロジャーズ監督率いるセルティックは、グループステージ開幕節でバルセロナと対戦。敵地カンプ・ノウで0-7の惨敗劇を演じた。UEFAが伝えたところによれば、そのセルティックは次節シティと対戦するが、最後にイングランド勢から白星を手にしたのは2006年。当時の試合について、以下のように紹介している。 「セルティックが最後にイングランド勢を下したのは今から10年前のこと。2006年11月に行われたチャンピオンズリーグのグループステージで、シュンスケ・ナカムラのFKにより、1-0でシティの隣人マンチェスター・ユナイテッドを下した」 ▽その試合は、クラブ史上初の決勝トーナメント進出を目指すセルティックにとって、負けられない大一番。中村は0-0で迎えた81分、ゴールマウスからやや遠目の右寄りで得たFKから左足で直接狙うと、ボールがGKエドウィン・ファン・デル・サールの手も届かないゴール右上に吸い込まれた。 ▽結局、この中村の芸術的な直接FK弾でユナイテッドから勝ち点3を手にしたセルティックは、最終的に勝ち点9を積み上げてグループを2位通過。クラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たしていた。ロジャーズ監督率いるセルティックは、シティを相手に10年前を彷彿とさせるような戦いで、勝ち点3を掴むことはできるのだろうか。 2016.09.24 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田とのJ1勢対決を制した大宮が2014年以来の16強進出! 横浜FMは2大会連続ベスト16入り《天皇杯》

▽22日、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦が行われた。大宮アルディージャ(J1)と、ジュビロ磐田(J1)の一戦は、5-0で大宮が勝利。4回戦進出を果たした。 ▽J1勢同士の対決となった試合は、26分に動く。ドリブルでボックス左の深い位置に侵攻した清水が中央に折り返すと、フリーでスペースに走り込んだ泉澤が右足ダイレクトでネットを揺らした。 ▽1点をリードした大宮は続く40分に追加点。カウンターを発動させると、相手数人を引き付けたマテウスのラストパスをボックス左で受けた泉澤が冷静に流し込み、大宮が磐田を引き離した。 ▽2点リードで試合を折り返した大宮は57分、左CKから大山が入れたクロスをニアサイドのネイツ・ペチュニクが頭で合わせて3点目。続く58分には、右サイドからの渡部のクロスをマテウスが右足ボレーで叩き込んだ。 ▽さらに、大宮は68分にバイタルエリア中央でパスを受け、そのまま持ち込んだ大山が右足のミドルシュートでチーム5点目を記録。そのまま磐田を退けた大宮が2014年以来のベスト16進出を果たした。 ▽その他、横浜F・マリノス(J1)vs東京ヴェルディ(J2)は、4-0で横浜FMが勝利。横浜FMが危なげなく2大会連続のベスト16へと駒を進めている。 <span style="font-size:14px;">◆天皇杯3回戦 ▽9/22(木) 《13:00》 グルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span> Honda FC 《14:00》 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 レノファ山口 《15:00》 鹿島アントラーズ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 ファジアーノ岡山 ヴィッセル神戸 3-3 [<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span> PK 3] モンテディオ山形 大分トリニータ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span> 清水エスパルス 《16:00》 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>-0 ジュビロ磐田 横浜F・マリノス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>-0 東京ヴェルディ 《18:00》 川崎フロンターレ vs ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 サガン鳥栖 vs セレッソ大阪 柏レイソル vs 愛媛FC 湘南ベルマーレ vs 徳島ヴォルティス 長野パルセイロ vs 横浜FC</span> 2016.09.22 17:59 Thu
twitterfacebook
thumb

中村の圧巻の直接FK弾含む大活躍! 横浜FMが東京Vとの8年ぶりのクラシコに大勝!《天皇杯》

▽天皇杯3回戦、横浜F・マリノスvs東京ヴェルディの8年ぶりのクラシコが22日に高知県立春野総合運動公園陸上競技場で行われ、横浜FMが4-0で快勝した。 ▽東京VがJ1に在籍した2008年11月以来、8年ぶりのクラシコ。公式戦4連勝でJ1 2ndステージでも4位に付ける横浜FMは、今週末に川崎フロンターレとの神奈川ダービーを控えるが、この試合に向けて中村俊や斎藤、中澤、カイケ、中町など、ほぼ主力を先発で起用。一方、前節のカマタマーレ讃岐戦でリーグ4試合ぶりの勝利を掴んだ東京Vは、その試合から先発5人を変更。公式戦4試合連続ゴール中の高木善や二川、前節2ゴールのドウグラス・ヴィエイラが温存され、北脇と高木大が2トップを組んだ。 ▽立ち上がりは東京Vの積極的なプレスにやや苦戦した横浜FMだが、時間の経過とともにギャップでボールを引き出す中村のゲームメークと齋藤の個人技を軸に東京Vを押し込んでいく。12分にはボックス手前で浮き球をコントロールした天野純に決定機も、枠の左を捉えたシュートは、横浜FMからのレンタルでプレーするGK鈴木のビッグセーブに阻まれる。 ▽それでも、押し気味に試合を進める横浜FMは、ここから背番号10のベテランレフティーが特大の輝きを放つ。18分、齋藤の仕掛けからボックス手前やや左の位置でFKを獲得。これを中村が圧巻の左足のシュートでゴール左隅に決め、横浜FMが先制点を奪う。さらに26分には右CKの場面でショートコーナーから中村が左足でゴールに向かう絶妙なクロスを入れると、これを中町が頭で合わせた。 ▽中村の魔法の左足でセーフティリードを奪った横浜FMは、出足の鈍った相手を翻弄するパスワークを披露。一方、何とか1点を返したい東京Vは、29分にボックス手前で得たFKを中後が右足で狙うが、わずかに枠の左に外れた。 ▽その後も優勢に試合を運ぶ横浜FMは、前半終了間際にボックス内で齋藤が倒されてPKを獲得。これをカイケが冷静に決めて、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。何とか流れを変えたい東京Vは後半頭から二種登録の17歳、渡辺をトップ下の位置で起用。対する横浜FMは接触プレーで足を痛めた金井に代えて小林、栗原に代えてパク・ジョンスと週末のリーグ戦を見据えた用兵を行っていく。 ▽後半もなかなかチャンスを作れない東京Vだったが、63分には右サイドで味方を追い越した大木のクロスをゴール前の南が身体を倒しながらうまくダイレクトボレーで合わすが、これは枠の左に外れた。さらに攻撃的な交代カードを切った東京Vは、76分と79分にもボックス内の南と渡辺に決定機が訪れるが、いずれも決め切ることができない。 ▽一方、前がかりな相手に対してマルティノスや齋藤のスピードを生かしてカウンターを狙う横浜FMは再三のチャンスを逸するが、試合終了間際の88分にカイケがこの試合2点目を決めて勝負あり。8年ぶりのクラシコに快勝の横浜FMが4回戦進出を決めた。 <span style="font-size:14px;">◆天皇杯3回戦 ▽9/22(木) 《13:00》 グルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span> Honda FC 《14:00》 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 レノファ山口 《15:00》 鹿島アントラーズ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 ファジアーノ岡山 ヴィッセル神戸 3-3 [<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span> PK 3] モンテディオ山形 大分トリニータ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span> 清水エスパルス 《16:00》 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>-0 ジュビロ磐田 横浜F・マリノス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>-0 東京ヴェルディ 《18:00》 川崎フロンターレ vs ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 サガン鳥栖 vs セレッソ大阪 柏レイソル vs 愛媛FC 湘南ベルマーレ vs 徳島ヴォルティス 長野パルセイロ vs 横浜FC</span> 2016.09.22 17:54 Thu
twitterfacebook
thumb

日本が誇るFKの名手・中村俊輔が『FIFA 17』でトップ10入り!

▽日本が誇る名キッカーである横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔(38)が、EAスポーツが製作しているサッカーゲーム『FIFAシリーズ』の最新作『FIFA 17』における、フリーキックの上位10選手にランクインした。EAの公式サイトが伝えている。 ▽今シーズンのJ1に所属する18チームがついに収録されることでも話題となっている『FIFA 17』だが、日本が誇るフリーキックの名手も世界のトップ選手の仲間入りを果たした。中村は全体の9位にランクイン。トップ10には、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやウェールズ代表MFガレス・ベイルらは入っていない。 ▽なお、1位にはニューヨーク・シティのイタリア代表MFアンドレア・ピルロ、2位にはレバークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノールがランクイン。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは6位にランクインしている。『FIFA 17』のフリーキック上位10選手は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆『FIFA 17』フリーキック上位10選手</span> 1位 <span style="font-weight:700;">アンドレア・ピルロ</span>(ニューヨーク・シティ/イタリア) レーティング:<span style="font-weight:700;">82</span> 2位 <span style="font-weight:700;">ハカン・チャルハノール</span>(レバークーゼン/トルコ) レーティング:<span style="font-weight:700;">80</span> 3位 <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span>(ユベントス/ボスニア・ヘルツェゴビナ) レーティング:<span style="font-weight:700;">85</span> 4位 <span style="font-weight:700;">ディミトリ・パイエ</span>(ウェストハム/フランス) レーティング:<span style="font-weight:700;">86</span> 5位 <span style="font-weight:700;">メフメト・エキッチ</span>(トラブゾンシュポル/トルコ) レーティング:<span style="font-weight:700;">78</span> 6位 <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(バルセロナ/アルゼンチン) レーティング:<span style="font-weight:700;">93</span> 7位 <span style="font-weight:700;">メンフィス・デパイ</span>(マンチェスター・ユナイテッド/オランダ) レーティング:<span style="font-weight:700;">80</span> 8位 <span style="font-weight:700;">フランチェスコ・ローディ</span>(ウディネーゼ/イタリア) レーティング:<span style="font-weight:700;">75</span> 9位 <span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(横浜F・マリノス/日本) レーティング:<span style="font-weight:700;">73</span> 10位 <span style="font-weight:700;">ギルフィ・シグルドソン</span>(スウォンジー/アイスランド) レーティング:<span style="font-weight:700;">82</span> 2016.09.20 11:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース