横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FM、ACL出場圏3位浮上! 2012年以来勝ちなしの“天敵”鹿島に競り勝つ《J1》

▽21日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第30節の横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズは、ホームの横浜FMが3-2で勝利した。 ▽ACL出場権獲得を狙う4位の横浜FMが連覇に突き進む首位の鹿島をホームで迎え撃った。横浜FMは負傷離脱したウーゴ・ヴィエイラの代役に伊藤を抜擢したほか、右サイドバックに下平を起用。対する鹿島は、出場停止明けの金崎とペドロ・ジュニオールの2トップで挑んだ。 ▽過去1度も降格を味わったことのない両雄によるJ1舞台に25年間続くオリジナル10対決は、早々の3分に動く。左CKのチャンスから天野が左足でクロスを供給。これにゴール前に飛び込んだ伊藤が頭で合わせ、横浜FMが先にスコアを動かした。 ▽伊藤のシーズン4ゴール目でリードした横浜FMは、鹿島にボールの主導権を握られたが、守備に集中。すると、14分には自陣低い位置でトラップが大きくなる植田のミスを突き、ボールをカットした天野が冷静に左足シュートを沈め、鹿島を突き放した。 ▽らしくない形で失点を重ねた鹿島も即座に反撃。天野の軽率な横パスを高い位置で奪ったレアンドロや、相手ボックス内で山中の判断ミスを突いたレオ・シルバが立て続けにシュートを放つが、いずれもゴールに結びつけることができない。 ▽それでも、攻め続けた鹿島は前半アディショナルタイム2分、右CKからレオ・シルバが右足クロスを供給。金崎の頭に当たったボールがゴール前で混戦を生み出すと、最後は山本がルーズボールを左足で蹴り込み、鹿島が何とか1点を返して試合を折り返した。 ▽1点を返した勢いそのままに後半を迎えた鹿島は、その序盤から攻勢。56分にペドロ・ジュニオールを下げて土居をピッチに送り込んだ中、65分に得た右CKからレオ・シルバのクロスに植田が頭で合わせる。これがゴールマウスに突き刺さり、鹿島が遂に追いついた。 ▽植田の汚名返上となる一発でイーブンに戻した鹿島。だが、29分にはボールを持ち上がった山中からボックス左でパスを受けた遠藤渓太がフェイントで対面の山本を揺さぶり、右足シュートを放つ。これをカバーに戻った昌子がクリアしきれず、横浜FMが再びリードした。 ▽今一度追いつきたい鹿島は、直後に西を下げて鈴木を投入するが、あと一歩及ばず、2試合ぶりの黒星。2位の川崎フロンターレとの勝ち点差が「2」に縮まった。2012年を最後にリーグ戦9試合未勝利の“天敵”鹿島を下した横浜FMは2試合ぶりの白星。ACL出場圏内の3位に浮上している。 2017.10.21 20:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】J1で唯一続くオリジナル10対決《横浜FMvs鹿島》

▽今シーズンの明治安田生命J1リーグは、21日と22日に開催される第30節を含めて残り5節。今節は、4位の横浜F・マリノスが首位の鹿島アントラーズをホームの日産スタジアムで迎え撃つ試合をピッチアップする。過去1度も降格を味わったことのない両雄によるJ1舞台に25年間続くオリジナル10対決だ。 <span style="font-weight:700;">◆著しい戦力ダウン〜横浜F・マリノス〜</span> ▽来シーズンのAFCチャンピオズリーグ(ACL)出場権を狙う横浜FMは現在、15勝7分け7敗で4位につけ、ACL出場圏内の3位に位置する柏レイソルを1ポイント差で追走中。だが、直近5試合1勝2分け2敗が示すとおり、調子は下降線だ。また、MF齋藤学に続いて、チームトップの10ゴールをマークするFWウーゴ・ヴィエイラも負傷離脱。台所事情は苦しい。さらに、対峙する鹿島は2012年の勝利を最後に、リーグ9試合で未勝利の天敵。不吉なデータが現在の苦しい状況に追い打ちをかけるシチュエーションだが、総力戦で乗り越えたい。 <span style="font-weight:700;">◆節追うごとに増す盤石ぶり〜鹿島アントラーズ〜</span> ▽対する鹿島は、後半戦10勝1分け2敗、ホーム戦6試合全勝という成績が物語るように、リーグ戦折り返し後も死角がほぼない。直近5試合の戦いを見ても、0-1で敗れた第28節のサガン鳥栖を除けば、4戦全勝。チームに根付く勝負強さはもちろんのこと、安定感においてもリーグ屈指だ。さらに、優勝にラストスパートをかけたいこのタイミングで、負傷者も続々復帰。盤石だ。ちなみに、他会場の結果次第だが、鹿島が横浜FMに勝った上で、2位の川崎フロンターレが負けるようであれば、次節にも優勝決定の可能性が出てくる。畳みかけたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_17_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:下平匠、ミロシュ・デゲネク、中澤佑二、山中亮輔 MF:喜田拓也、中町公祐、マルティノス、天野純、ダビド・バブンスキー FW:伊藤翔 監督:エリク・モンバエルツ ▽先発の顔ぶれは、先の大宮アルディージャ戦から数点変更の可能性が高い。負傷離脱したFWウーゴ・ヴィエイラの代役には、FW伊藤翔か、FW富樫敬真の二拓。最終ラインにおいては、DFミロシュ・デゲネクの復帰や、DF下平匠の右サイドバック起用が見込まれる。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ[4-4-2]</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_17_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>GK:曽ヶ端準 DF:西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗 MF:中村充孝、三竿健斗、レオ・シルバ、レアンドロ FW:金崎夢生、ペドロ・ジュニオール 監督:大岩剛 ▽各ポジションに大きな変更はないだろう。その中で、FWペドロ・ジュニオールがケガから戻ってきたこともあり、前線の先発争いはより激化。さらに、出場停止明けのFW金崎夢生も今節から戻ってくる。予想しづらいが、金崎を軸に、ペドロ・ジュニオールか、MF土居聖真が起用されそうだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆DF中澤佑二</span>(横浜F・マリノス)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171019_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMの注目選手は、苦しいときこそ頼りたくなる存在の“鉄人”DF中澤佑二だ。周囲に故障者が相次ぐ中、39歳で迎えた今シーズンもここまで全試合にフルタイム出場。スピード面に衰えこそ否めないものの、経験に裏打ちされたポジショニングや対人プレーで今もなお鉄壁を誇る。局面での輝きに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆FW金崎夢生</span>(鹿島アントラーズ)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171019_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽キープレーヤーは、出場停止明けの“エース”金崎だ。今シーズンはここまでチームトップの11ゴールで常勝軍団をリード。直近3試合でゴールから遠ざかっているが、動き自体は悪くない。抜群のフィジカルと突破力、そしてゴール前での決定力を備える万能ストライカーの働きに期待したいところだ。 2017.10.20 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラ、前節負傷の右ヒザ検査及び治療で一時帰国

▽横浜F・マリノスは19日、本日午前にポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが右ヒザの負傷部位の検査および治療のため一時帰国したことを発表した。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは14日、明治安田生命J1リーグ第29節の大宮アルディージャ戦(1-1の引き分け)で先発出場。しかし、18分に負傷交代していた。 ▽ポルトガル出身のウーゴ・ヴィエイラは、今シーズンにレッドスターから加入。ここまで明治安田生命J1リーグでは25試合10得点、YBCルヴァンカップでは5試合3得点を記録している。 2017.10.19 13:09 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMF齋藤学が右ヒザ前十字じん帯再建の手術…全治8カ月

▽横浜F・マリノスは15日、MF齋藤学の手術結果を発表した。 ▽齋藤は、9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷と診断されていた。 ▽クラブの発表によると、齋藤は13日(金)に東京都内の病院で手術を実施。右ヒザ前十字じん帯再建術を行い、全治8カ月とのことだ。 ▽今シーズンの齋藤は、背番号「10」を背負い、キャプテンとしてチームを牽引。明治安田生命J1リーグで25試合に出場し1得点を記録していた。 2017.10.15 10:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ACL目指す横浜FMが痛いドロー…大宮は勝ち点奪うもマルセロ・トスカーノ退場…《J1》

▽14日に明治安田生命J1リーグ第29節の横浜F・マリノスvs大宮アルディージャが日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のガンバ大阪戦に2-1で勝利したACL出場権を争う4位の横浜FM(勝ち点51)が、清水エスパルス戦をゴールレスドローで終えた残留を争う17位の大宮(勝ち点22)を迎えた。横浜FMはそのG大阪戦から松原とマルティノスに代えて、遠藤とイッペイ・シノヅカを送り出した。一方の大宮は1点の変更で、大前を外してマテウスが起用されている。 ▽インターナショナマッチウィークの影響で2週間ぶりの開催となった一戦は、横浜FMがバックラインから丁寧にビルドアップしていき、大宮はハーフウェイライン付近に前線のマルセロ・トスカーノを置いて、自陣に3ラインのブロックを敷いて構える。 ▽すると最初のチャンスは守勢の大宮で、5分に左CKの流れから遅れてボックス内に入ってきたカウエが飛び込む。しかしボールを押し込むことはできず、このチャンスを活かしきれない。横浜FMも7分、左サイドで天野とのパス交換からボックス内に入ってきた山中が左足で狙う。9分にも攻め込んだ状態からボックス手前でこぼれ球を拾ったウーゴ・ヴィエイラが狙っていくが、どちらも決めきることはできない。 ▽すると横浜FMは10分に決定機。前線で山中からのボールを受けたウーゴ・ヴィエイラが前を向き直し、ステップワークで相手を翻弄。そのままボックス内へと侵入してシュートを狙ったが、ここはGK加藤がセーブした。このプレーの中で、こぼれ球を押し込みにかかったウーゴ・ヴィエイラが、クリアに入った渡部と同時にボールを蹴りに行き、ヒザを負傷。ピッチを出て治療を終えたウーゴ・ヴィエイラはプレーを続けるも、15分にはプレーをやめてピッチに座り込む。同選手はそのまま担架で運び出され、18分に富樫が投入された。 ▽すると直後のプレーで試合が動く。左サイドのライン際でボールを受けたマルセロ・トスカーノがワンフェイク入れてタイミングを外してゴール前にクロスを入れる。逆サイドから斜めに走り込んでフリーな状況を作った横谷が好クロスをしっかりと頭で押し込み、横谷の今季初ゴールで劣勢だった大宮が先制に成功した。 ▽嫌な流れのまま点を失った横浜FMは、その後もポゼッションこそ握るも攻めあぐねる場面が散見。29分にはボックス手前でルーズボールを拾った中町が横に出したボールを前田がダイレクトで狙っていったが、枠を大きく外す。38分には右サイドからカットインしたイッペイ・シノズカのクロスボールを、ボックス内で収めた天野が反転して右足で狙うも、ここはクロスバーに阻まれる。前半アディショナルタイムにはボックス左でこぼれ球を拾った富樫が左足でシュートを放つが、GK加藤の好守に阻まれ、前半は大宮が1点リードのまま終わった。 ▽迎えた後半、大宮はハーフタイムで渡部を下げて山越を投入する。すると最初のチャンスは大宮で49分にカウンターからボックス右の江坂がシュート。ディフレクトしたボールを逆サイドのマルセロ・トスカーノが頭で押し込みにかかるが、中澤がこのシュートをヘディングでクリアする。さらに57分には中澤の背後を取った江坂が独走。GKと一対一を迎えるが、シュートは枠を捉えきれず。 ▽すると直後の58分、ボックス手前左でボールを受けた中町が、相手の寄せが緩いと見るや右足を一閃。低い弾道のシュートがゴールマウス右隅を捉え、横浜FMが同点とする。60分にはイッペイ・シノズカを下げてマルティノスを送り出して勝ち越しを目指す。 ▽一方の大宮は65分に奧井のクロスからマルセロ・トスカーノが頭で合わせるなど、シュートで攻撃を終える場面が増える。69分にもこぼれ球を拾ったマテウスがボックス右からシュートを狙っていくがわずかに枠を外す。横浜FMも78分に山中の縦パスを受けたマルティノスがボックス左からディフェンダーとの間合いを測って右足で狙っていくが、相手のブロックに阻まれるなど、こちらもチャンスを決めきれない。 ▽終盤はオープンな展開となるが、どちらもチャンスを作りながらも決めきれない。さらに後半アディショナルタイムには大宮にアクシデント。マルセロ・トスカーノが2度目の警告で退場してしまう。試合はそのまま終了を迎え、ACL出場権を狙う横浜FCにとっては痛いポイントロス。追いつかれた大宮にとっては、次節にマルセロ・トスカーノが出場停止となるなどこちらも苦しい結果となった。 2017.10.14 16:01 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース