横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

【横浜F・マリノス】荒波に飲まれかけた1stステージ、正しい航路をとれるか《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">50点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽好不調の波がはっきりと分かれた1stステージだった。開幕戦こそベガルタ仙台に敗戦(0-1)を喫したが、第2節以降は6試合を4勝2分けで乗り切り4位に位置。しかし、第8節のサンフレッチェ広島戦で敗れると、3連敗を含む5試合で4敗と勝ち点を落とした。 ▽守備から試合を作るエリク・モンバエルツ監督だったが、1stステージは先制された試合が10試合あり、成績は1勝2分け7敗。盛り返せない展開が多く見られたことからも、点取り屋の不在がチーム成績に大きく影響したといえるだろう。 ▽また、21得点の内10得点がセットプレーから奪っており、得点、アシストともにMF中村俊輔への依存が大きく見られる。しかし、19失点のうち6失点がセットプレー、さらにクロスからは4失点しているため、得意としていた空中戦は守備面では脆さを見せてしまった。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>11位 6勝4分け7敗 勝ち点22 得点:21(8位タイ)、失点19(8位タイ) 得失点差:+2</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160628_33_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-2-3-1】</B> GK:飯倉大樹 DF:小林祐三、中澤佑二、ファビオ、下平匠 MF:喜田拓也、中町公祐 MF:マルティノス、中村俊輔、齋藤学 FW:伊藤翔 <B>◆1stステージMVP MF齋藤学 16試合(先発16試合)/4得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160628_30_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽1stステージのMVPにはMF齋藤学を選出した。チーム最多となる5得点に加え、どのチーム相手にも左サイドを制圧。持ち味のドリブルは1stステージでも違いを見せた。1トップの選手が定まらない中、チャンスメイクの回数は少ないが、2ndステージも得点を挙げることでチームを牽引し、自身初となるJ1での二桁得点を目指したい。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽ここまで積み上げてきたことを考えれば、やはり守備面の立て直しが期待される。DF中澤佑二、DFファビオのCBコンビに加え、DF小林祐三、DF下平匠の両サイドバックの4名で構成される最終ラインは、勝手を知り尽くしているメンバーだ。改めて最終ラインのバランスを取り、堅い守備を作り上げたいところだ。 ▽また、長年の課題であるストライカー不在も解決したい。途中加入のFWカイケはまだフィットしているとは言えず、U-23日本代表候補のFW富樫敬真はもう一皮むけたいところ。FW伊藤翔も1得点しか挙げていないのは寂しい。1トップに入る選手が定まっていないため、各個人が奮起してポジションを確保する気概を見せてくれることに期待したい。 ▽そして、何よりもMF中村俊輔への依存度を下げたいところだ。セットプレーなどで見せるキックの精度はいまだ健在で、多くの得点を生み出している。しかし、ボランチのポジションに下がってボールを受けるシーンも多く、チームのダイナミズムは陰りを見せている。そのほかの選手は、中村に生かされるだけでなく、中村を生かす動き出しやポジショニングを取れるかも2ndステージの注目ポイントだ。 2016.06.28 19:01 Tue
twitterfacebook
thumb

平山弾でFC東京がリーグ戦5試合ぶりの勝利!《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ1stステージ第17節の横浜F・マリノスvsFC東京が行われ、0-1でFC東京が勝利した。 ▽ここまで6勝4分6敗で9位の横浜FMと、5勝5分6敗で11位のFC東京が相まみえた。前節、下平の劇的ゴールでドローに持ち込んだ横浜FMは、その一戦の先発から3人変更。両足首痛の中村、下平、富樫に代わってカイケ、兵藤、新井が先発に名を連ねた。一方、今週のミッドウィークに行われた浦和レッズ戦で逆転負けを喫したFC東京は、その浦和戦からスタメンを3選手変更。徳永、高橋、羽生に代えて、梶山、河野、東を先発で起用した。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防を見せる。横浜FMは9分、ドリブルでボックス右から侵入したマルティノスのシュートのこぼれ球を小林がダイレクトシュートで狙うも、ボールは枠の上に外れた。 ▽対するFC東京は29分、ボックス左手前で獲得したFKを森重が狙ったが、これは枠を捉えられない。すると、FC東京はアクシデントに見舞われる。ピッチに座り込んだネイサン・バーンズがプレー続行不可能となり、33分に平山との交代でピッチを後にした。 ▽横浜FMは前半終了間際の45分、カイケのパスを受けた齋藤がボックス右からシュートを放つも、これは右ポストを直撃した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、最初のチャンスは横浜FMに生まれる。47分、マルティノスのスルーパスに抜け出したカイケがシュートを狙うも、ボールはGK秋元がセーブ。さらに61分にも、兵藤のミドルシュートのこぼれ球をボックス右で拾ったカイケがゴールを脅かすも、シュートは右サイドネットを叩いた。 ▽後半に入って効果的な攻めが見られないFC東京だったが、試合終了間際の89分にワンチャンスを生かす。小川の左CKをゴール前の平山がヘディングシュートで狙うと、ボールはゴールに吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となってFC東京が勝利。FC東京が敵地でリーグ戦5試合ぶりの白星。敗れた横浜FMは、リーグ戦3戦未勝利となった。 2016.06.25 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMが下部組織出身の日体大DF高野遼の来季加入内定を発表…今季は特別指定選手として所属

▽横浜F・マリノスは23日、日本体育大学学友会サッカー部に所属し、特別指定選手として所属しているDF高野遼(21)の来季加入内定を発表した。 ▽横浜FMの下部組織出身の高野は、横浜FMユースから日本体育大学へと進学していた。昨シーズンは湘南ベルマーレに特別指定選手として所属し、ナビスコカップで1試合プレー。今シーズンは特別指定選手として横浜FMに所属し、ナビスコカップで3試合に出場していた。高野はクラブを通じてコメントしている。 「これまで⽀えてくれた⼈々への感謝の気持ちを持ち続け、これからも変わらず精進していきたいと思います。少しでも早くチームに貢献出来るように強い気持ちで頑張りますので、応援よろしくお願い致します」 2016.06.23 16:43 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡が横浜FMのMF三門雄大を完全移籍で獲得

▽アビスパ福岡は23日、横浜F・マリノスMF三門雄大(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽福岡に加入した三門は、公式サイトを通して「初めまして。この度、横浜F・マリノスから加入することになりました三門雄大です。今持っている全ての力を尽くして、福岡のために戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。 ▽また2シーズン半在籍した横浜FMの公式サイト上では次のように語っている。 「横浜F・マリノスのファン・サポーターの皆さん。2年半に渡り、温かいご声援ありがとうございました。嬉しい時、楽しい時はもちろん、苦しい時も悩む時もありましたが、皆さんのご声援のおかげで頑張ることができました」 「シーズン半ばでの移籍なので、今回の決断に至るまで本当にたくさん悩みました。悩み抜いた上での決断なので、温かく見守っていただけると嬉しいです。F・マリノスでプレーすることが出来たことは僕の誇りです。自分の実力不足もあり、今回移籍という決断に至りましたが、ファン・サポーターの皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。共に戦った2年半を絶対に忘れません。本当にありがとうございました」 ▽2014シーズンに新潟から横浜FMに加入した三門は、2015シーズンにリーグ戦32試合に出場(4ゴール)するなど主力としてプレー。しかし今シーズンはリーグ戦3試合の出場に留まっていた。 2016.06.23 15:36 Thu
twitterfacebook
thumb

元大宮・下平弾で横浜FMが土壇場で勝ち点1…大宮は3戦勝ちなしで足踏み《J1》

▽18日にNACK5スタジアム大宮で行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第16節の大宮アルディージャvs横浜F・マリノスは、1-1のドローに終わった。 ▽ここまで7勝4分4敗で4位の大宮と、6勝3分6敗で8位につける横浜FMが相まみえた。前節、下位に低迷するアルビレックス新潟に不覚を取った大宮は、その一戦の先発から1点のみを入れ替え、横山をスタート起用。対して、前節の川崎フロンターレ戦を落とした横浜FMは、ファビオ、喜田、マルティノス、富樫、下平が先発復帰を果たした。 ▽試合は、横浜FMが前半の主導権を握る展開となる。40分、CKから中村のクロスを中央の中町が落とすと、これに斎藤が反応。しかし、斎藤のシュートはGK加藤に阻まれる。されに、44分にクリアミスからピンチを招いた大宮だったが、GK加藤が斎藤との一対一を制する。 ▽すると、ゴールレスで試合を折り返した大宮が67分にチャンスを演出。家長がドリブルで左サイドの敵陣中央に持ち込み、横谷へパスを送る。この流れから横谷がボックス手前から浮き球のラストパスをペナルティエリア内へ供給すると、走り込んだ家長が左足で決めた。 ▽ところが、このまま大宮の勝利かに思われた90分、横浜FMが反撃。右CKからキッカーの兵藤が右足でクロスを供給する。中澤が頭で折り返すと、ボックス内から元大宮の下平がシュートを突き刺した。結局、試合は1-1で終了。大宮が3戦勝ちなしとなった一方で、横浜FMは2戦未勝利となった。 2016.06.18 22:05 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース