超ワールドサッカー

横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ミロシュ・デゲネクが攻撃的な新システムについて言及「魔法を生み出す」

▽オーストラリア代表としてコンフェデレーションズカップに出場している横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクが、新システムについて語った。オーストラリア『SBS』が報じた。 ▽コンフェデレーションズカップにオーストラリア代表の一員として出場しているデゲネクは、アンジ・ポステコグルー監督の下、[3-2-4-1]のシステムに挑戦。しかし、コンフェデレーションズカップ前のブラジル代表との国際親善試合では4-0で大敗を喫すると、コンフェデレーションズカップのドイツ代表戦でも3-2と敗戦を喫していた。 ▽ドイツ戦では、トレント・セインズベリー、ベイリー・ライト、デゲネクが3バックを形成。デゲネクは新システムへの手応を語っている。 「テヘランでの最初の試合は少し難しかった。僕たちにとっては初めての事だったからね」 「でも今は、僕個人にとって、また何人かの選手にとっては、プレーすることが簡単になり、お互いの役割も理解している」 「僕は互いの理解を深め、チームがシステムを理解していると思うよ」 「このシステムは攻撃的なシステムだと思う。僕はミッドフィルダーの中で最も若く、良い役割を得ている。フットボールを作り、魔法を生み出すと思う」 ▽初戦で敗れたオーストラリアは、22日にカメルーン代表との第2戦を控えており、8月31日には日本代表とのロシア・ワールドカップ アジア最終予選で対戦する。 2017.06.21 19:54 Wed
twitterfacebook
thumb

天野の値千金弾でFC東京撃破の横浜FMが3連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節、FC東京vs横浜F・マリノスが18日に行われ、1-0でアウェイの横浜FMが勝利を収めた。 ▽上位対決となったこの試合、ホームの4位FC東京(勝ち点24)は、前節大久保の2得点で勝利した清水エスパルス戦から、前田遼に代えて、ピーター・ウタカを先発に起用。2連勝を目指す。対する7位横浜FM(勝ち点23)はここ4試合で3勝1分けと好調。2-0で勝利した前節の川崎フロンターレ戦から、松原、ミロシュ・デゲネクを栗原と山中に代えて試合に臨んだ。 ▽雨天に見舞われた今節屈指の好カードは、前線にタレントを揃えるFC東京がやや優勢に試合を運ぶ。5分、大久保嘉がボックス手前左からゴール前へ速いパスを送ると、ディフェンスラインの裏に抜け出した東が押し込んでネットを揺らす。しかし、これはオフサイドというやや厳しい判定で先制点とはならなかった。 ▽対する横浜FMも20分、齋藤の突破から、ウーゴ・ヴィエイラが狙うが枠へ飛ばず。23分には右サイドからボックスに侵入した齋藤が、左足で狙うが枠を捉えることができず。その後は横浜FMがボールを支配する展開となる。 ▽しかし、FC東京は効率よくチャンスを作り出す。37分、ボックス右に侵入した室屋が中へ切り返して左足を振り抜くが、DFのブロックに遭ってしまう。44分には前半最大の決定機。中島の縦パスから、ウタカがゴール前の大久保嘉にラストパス。しかし、フリーの大久保嘉は狙いすぎたか、シュートはゴールの右に逸れてしまった。 ▽迎えた後半も、FC東京がチャンスを演出する。61分、ボックス外左の中島が右足でクロス。大久保嘉が頭で合わせるが、ゴールの右へ逸れてしまう。続く65分には、東、大久保嘉、ウタカのパスワークから最後はウタカがシュートを放つが、威力の弱いシュートはGK飯倉がしっかりセーブ。 ▽雨も激しさを増す後半半ばの75分、FC東京がカウンターから決定機を迎える。自陣でボールを奪った高萩が、右のウタカに展開。ウタカはゴール前にアーリークロスを送ると、大久保嘉が頭で合わせるもクロスバーの上へ外れてしまう。 ▽FC東京の流れが続く試合だったが、意外にも先制点はアウェイの横浜FMに。試合も終盤に差し掛かった88分、左サイドの扇原のパスをボックス手前で受けた天野が富樫に繋ぐ。富樫はダイレクトで天野へ返すと、天野がボックス手前中央から右足を振り抜く。グラウンダーの鋭いシュートがゴールの左に突き刺さりネットを揺らした。 ▽試合終了間際にはボックス手前中央からのFKを太田が狙うが、壁に当たりそのまま 終了の笛が鳴った。天野の値千金のゴールで少ないチャンスをモノにした横浜FMが1-0で勝利。リーグ戦3連勝を飾った。 2017.06.18 20:39 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMから山口に期限付き移籍中のFW和田昌士がプロA契約を締結「ここから自分がどうなっていくか楽しみ」

▽横浜F・マリノスは6日、レノファ山口FCに期限付き移籍中のFW和田昌士(20)とプロA契約を締結することを発表した。 ▽和田は横浜FMからの期限付き移籍で今シーズンは山口でプレー。5月13日に行われた明治安田生命J2リーグ第13節の京都サンガF.C.戦で規程の900分間出場を達成していた。和田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「サッカーを始めてから今まで僕をサポートしてくださった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ここから自分がどうなっていくか楽しみです。成長した姿をピッチでお見せできるように頑張ります」 ◆レノファ山口FC 「このたび、A契約を締結させていただきました。山口に来てたくさんの方々に支えられながら貴重な経験を積めています。これからも山口のために頑張っていきますので応援よろしくお願いします」 2017.06.06 11:53 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM、GK原田岳が左足関節捻挫で全治6週間

▽横浜F・マリノスは5日、GK原田岳が左足関節捻挫で全治6週間と診断されたと発表した。 ▽クラブによれば、原田は3日の練習中に負傷。同日に横浜市内の病院で検査を受けた。 ▽原田は横浜FMの下部組織から今シーズン昇格。ここまで出番がなかった。 2017.06.05 13:31 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMが2発で今年初の“神奈川ダービー”を制す! 川崎Fは攻撃陣不発で連勝が「3」でストップ《J1》

▽4日に明治安田生命J1リーグ第14節の横浜F・マリノスvs川崎フロンターレが日産スタジアムで行われ、2-0で横浜FMが勝利した。 ▽ここまで6勝2分け5敗で8位につける横浜FM(勝ち点20)と、6勝4分け2敗で5位につける川崎F(勝ち点22/1試合未消化)が激突した。前節の清水エスパルス戦を3-1で勝利し、リーグ戦3試合負けなしの横浜FMは、その一戦から先発メンバーを3人変更。喜田と前田、伊藤に代えて、中町と齋藤、そして6試合ぶりの先発出場となるウーゴ・ヴィエイラを起用した。 ▽一方、5月30日に行われたAFC チャンピオンズリーグ決勝ラウンド16・2ndレグのムアントン戦を4-1で圧勝し、公式戦6連勝中の川崎Fは、ベスト8進出を決めたその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。登里に代えて、谷口を起用した。 ▽今年最初の“神奈川ダービー”となった一戦は、両者ともに相手ボックス内へと侵攻するが、シュートまで結びつけることができない低調な立ち上がりを見せる。 ▽前半の序盤が経過すると、直近の公式戦6試合で19得点と勢いに乗る川崎Fの攻撃陣が、横浜FMに牙を向く。20分、長谷川のパスを受けた中村がボックス手前から右足でミドルシュートを放つも、GK飯倉にキャッチされる。さらに21分、ボックス左外でパスを受けた車屋がクロスを供給し、ニアサイドに飛び込んだ長谷川が頭で合わせるが、今度はゴールの左へ逸れる。 ▽対するホームの横浜FMも中盤の素早いチェックからスピーディな攻撃で立て続けにゴール前へと迫るが、ラストパスが合わず、決定機を作り出すことができない。 ▽その後は、互いに試合の掌握を許さず、若干こう着する。すると横浜FMは45分、ボックス右手前で天野のパスを受けた齋藤がボックス右へとスルーパス。オーバーラップした松原が右足でシュートを放つが、GKチョン・ソンリョンの落ち着いた対応に遭う。対する川崎Fも細かいパス回しから小林のパスを受けた阿部がボックス内へと強引に突破するが、GK飯倉の飛び出しに阻まれた。 ▽ゴールレスで試合を折り返した後半立ち上がり、ここまでやや劣勢だった横浜FMが積極的な入りを見せる。迎えた53分、天野が敵陣中央やや右からボックス左へロングボールを供給。これに抜け出したマルティノスが懸命に左足を伸ばして中央へ折り返すと、ゴール前中央のウーゴ・ヴィエイラが左足ダイレクトでゴール右隅へと流し込んだ。 ▽先制を許した川崎Fは直後、登里とハイネルを同時に投入し、攻撃の活性化を図る。すると64分、中村、家長と経由してハイネルへボールをつなぐと、ハイネルがボックス手前やや右から右足を振り抜く。強烈なシュートはゴール左上隅を捉えるが、GK飯倉の攻守に阻まれた。 ▽この交代で敵陣へ侵攻する回数が増えた川崎Fだが、フィニッシュの精度を欠き、横浜FMゴールを脅かすことができない。それでも80分、ボックス手前のエドゥアルド・ネットがボックス左へパスを送ると、これを受けた小林がGKとDFの間にクロス。ファーサイドに走り込んだ阿部が体で押し込み、ゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定が下される。 ▽難を逃れた横浜FMは83分、ウーゴ・ヴィエイラに代えて富樫を投入。すると直後の84分、GK飯倉のパントキックを相手最終ラインで齋藤が潰れると、こぼれ球を拾ったマルティノスがボックス左手前へと攻め上がり、ボックス内へラストパスを送る。これを富樫が冷静なループシュートでGKチョン・ソンリョンとの一対一を制した。 ▽この失点で試合が難しくなった川崎Fは終盤、猛攻を仕掛けたものの、最後まで横浜FMの牙城を崩すことができず、試合終了。ウーゴ・ヴィエイラのリーグ戦連発含む2ゴールを守りきった横浜FMが連勝を飾った。一方の川崎Fは、リーグ戦の連勝が「3」でストップした。 2017.06.04 19:11 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース