横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

新潟と横浜FMは最終節に望み繋ぐも痛い引き分け《ナビスコカップ》

▽25日にヤマザキナビスコカップ2016のグループB第6節のアルビレックス新潟vs横浜F・マリノスが行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽4試合を消化して4位に位置する新潟(勝ち点6)が、同じく4試合消化で3位の横浜FM(勝ち点7)をデンカビッグスワンスタジアムに迎えた一戦。お互いに決勝トーナメント進出に可能性を残す中で迎えた今節、試合は7分に動きを見せる。 ▽新潟は伊藤が右サイドでドリブルを仕掛けると、そのままボックス内に侵入してグラウンダーのクロスを送り、フリーの指宿が押し込んだ。 ▽対する横浜FMは29分に天野が入れたロビングのパスからカイケがダイレクトで折り返すと、これを仲川がボレーで合わせる。しかし、このチャンスを決めきることはできず、結局前半は新潟が1点リードで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半は、追いかける展開の横浜FMが攻勢に出る。49分には相手陣内中央の位置でFKを獲得し、この流れから中澤がフリーでゴール前にボールを送るも味方には合わなかった。 ▽しかし、72分に相手陣内右サイドでFKを獲得した横浜FMは、ボックス内でセカンドボールを拾った仲川が右足でシュートを流し込んで振り出しに戻す。その後は一進一退の攻防となるも、お互いにチャンスを決めきれないまま試合は終了。両チームともに決勝トーナメント進出の可能性は残すも、痛み分けに終わった。 2016.05.25 21:13 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMが今季リーグ初のシャットアウトゲームでリーグ戦6試合ぶりの白星《J1》

▽21日に明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスがノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で横浜FMが勝利した。 ▽前節の川崎フロンターレ戦で逆転負けを喫した神戸は、負傷のため川崎F戦を欠場したペドロ・ジュニオールとレアンドロ、石津が先発に復帰。U-23日本代表に選出された岩波の代わりには、ベテランの北本が起用された。一方、現在リーグ戦5試合未勝利の横浜FMは、前節からGK飯倉をGK榎本に変更。中村をトップ下に配置した[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだ。 ▽落ち着いた立ち上がりとなった序盤、ファーストシュートはホームの神戸に生まれる。6分、ボックス右手前でボールを受けたレアンドロが強力なミドルシュートを放つも、これはGK榎本のセーブに遭う。 ▽一進一退の攻防となる中、横浜FMがファーストチャンスをゴールに結び付けた。23分、バイタルエリア右でマルティノスが倒されてFKを獲得すると、中村のFKをボックス中央の中澤がフリック。これをゴール前の栗原が押し込んだ。 ▽先制を許した神戸も反撃に転じる。25分、左サイドを持ち上がった相馬のクロスのこぼれ球を藤田がダイレクトシュート。さらに32分には、レアンドロのラストパスを受けた石津がペナルティアーク手前からゴールを狙うも、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。 ▽迎えた後半、神戸は藤田を下げて田中英を投入。ネルシーニョ監督は、前半の[4-4-2]から[4-2-3-1]に布陣を変更した。しかし、後半最初のチャンスは1点をリードする横浜FMに生まれる。 ▽61分、左サイドからの折り返しをボックス左で受けた齋藤が切り返しでマークを外し、シュート。しかし、このシュートはGKキム・スンギュが正面でセーブ。 ▽対する神戸は72分、相手陣内で細かくパスを繋ぐと最後はレアンドロのパスをボックス手前で受けたペドロ・ジュニオールがシュートを狙うも、これは枠の上に外れた。 ▽その後、小林や中坂など攻撃的な選手を投入して同点ゴールを狙った神戸だったが、最後まで堅い横浜FM守備陣を攻略できずに試合終了。栗原の1点を守り抜いた横浜FMがリーグ戦6試合ぶりの勝利を手にした。 2016.05.21 18:03 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMF兵藤慎剛に第ニ子となる男児誕生「さらに責任感をもって」

▽横浜F・マリノスは19日、MF兵藤慎剛(30)に第二子となる男児が誕生したと発表した。 ▽兵藤はクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントを出している。 ◆MF<B>兵藤慎剛</B>(横浜F・マリノス) 「一昨日、第二子が誕生しました。2人目は立ち会うことが出来てすごく感動しました。これまで以上に責任が増すと思いますが、F・マリノスの選手として、さらに責任感をもってプレーしていきたいと思います」 2016.05.19 11:28 Thu
twitterfacebook
thumb

伊藤翔の劇的AT弾で横浜FMが公式戦6試合ぶりの勝利! GS突破に望みを繋ぐ《ナビスコカップ》

▽ヤマザキナビスコカップ2016のグループB第5節、横浜F・マリノスvsアビスパ福岡が18日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、ホームの横浜FMが2-1で逆転勝利した。 ▽グループB5位の横浜FM(勝ち点4)と3位の福岡(勝ち点5)が、上位進出を目指して激突した一戦。試合は立ち上がりからホームチームが攻勢を見せる。15分には右サイドで天野が入れたクロスをファーサイドの仲川が頭で合わすが、これはクロスバーを叩く。さらにこぼれ球をボックス右でフリーの兵藤がシュートするが、これは大きくふかしてしまった。 ▽その後も横浜FMペースが続くものの、フィニッシュの精度を欠き続けると、ここまで劣勢だった福岡がワンチャンスをモノにする。31分、ボックス右で金森が高速クロスを入れると、これにニアで反応した平井がワンタッチで合わせた。 ▽福岡の1点リードで迎えた後半、ビハインドを追うホームチームは、DFの小林を下げて切り札の齋藤を投入する。この交代で崩しの精度が増した横浜FMは、71分にボックス内で天野がDF堤に倒されてPKを獲得。これを兵藤が冷静に決めて、同点に追いついた。 ▽ようやく福岡ゴールをこじ開けた横浜FMは、途中出場ながらシュートブロックの際に脳震とうを起こしてプレー続行不可能となった實藤が負傷交代を強いられた福岡を一方的に押し込んでいく。だが、試合終盤にカイケらが迎えた絶好機をGK神山の続け様のビッグセーブに阻まれ、逆転には至らない。 ▽それでも、諦めずに攻め続けるホームチームは後半アディショナルタイム4分、波状攻撃からボックス右に抜け出した途中出場の伊藤翔が豪快な右足のシュートをニア天井に突き刺し、土壇場で逆転に成功。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで劇的な逆転勝利を掴んだ横浜FMが公式戦6試合ぶりの勝利を挙げ、グループ3位に浮上した。 2016.05.18 22:12 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFW富樫敬真や鳥栖のMF鎌田大地らが引き続き選出…「ニューヒーロー賞」第2回途中集計結果発表《ナビスコカップ》

▽Jリーグは16日、2016Jリーグヤマザキナビスコカップ「ニューヒーロー賞」の第2回投票途中集計結果を発表した。今回は予選リーグ第4節終了時点のものとなる。 ▽今回発表された第2回投票途中集計結果では、10選手がノミネート。横浜F・マリノスのFW富樫敬真やサガン鳥栖のMF鎌田大地、大宮アルディージャのMF江坂任が、第1回に引き続き選出された。今回発表された得票上位選手は以下の通り。 ◆「ニューヒーロー賞」得票上位選手 MF<B>茂木駿佑</B>(ベガルタ仙台) MF<B>江坂任</B>(大宮アルディージャ) DF<B>中山雄太</B>(柏レイソル) MF<B>長谷川竜也</B>(川崎フロンターレ) FW<B>富樫敬真</B>(横浜F・マリノス) MF<B>神谷優太</B>(湘南ベルマーレ) MF<B>小塚和季</B>(アルビレックス新潟) DF<B>石田崚真</B>(ジュビロ磐田) MF<B>小林成豪</B>(ヴィッセル神戸) MF<B>鎌田大地</B>(サガン鳥栖) ※得票数順ではない 2016.05.16 18:25 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース