横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

就任3年目を迎える横浜FMのモンバエルツ監督「ACLの権利を勝ち取ることに全力を尽くしたい」

▽横浜F・マリノスは15日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽この新体制発表会の最後に、横浜FMのエリク・モンバエルツ監督が登場し、監督挨拶を行った。就任3年目を迎える今シーズンは、リーグ戦では優勝争いに加わりACLの出場権を確保すること、カップ戦では決勝戦に進みタイトルを獲得することを目標に掲げた。 ◆<span style="font-weight:700;">エリク・モンバエルツ</span>監督(横浜F・マリノス) 「今シーズンの目標を話す前に、まずサポーターの皆様に昨シーズン、1年通して温かい熱い応援に感謝したい。そして、最後の天皇杯では準決勝で敗れてしまったが、最後までの応援に感動した。皆さんの熱い声援を感じながらそれが力になりあそこまで進めたと思う」 「まず今シーズンの目標は、アジアチャンピオンズリーグの権利を勝ち取ることに全力を尽くしたい。我々はそれを達成するためのクオリティを持っていると確信している。そして、やはりJのトップ争いに加わっていきたい。ルヴァンカップ、天皇杯といったカップ戦でも決勝戦まで進み、タイトルを勝ち取りたい。それを達成するためのクオリティを持った選手たちが集まっているので、皆で力を合わせて実現したい。今挙げた目標を達成することができれば、サポーターの方にも誇りを持ってもらえると思うし、喜んでもらえると信じている」 「そしていつもアウェーのゲームにもたくさんのサポーターが足を運んでくれて、今シーズンも1年通して皆さんの熱い声援をもらえると確信しているので、とにかく皆さんに応えられるように全力を尽くしたい」 「皆さんも我々スタッフと選手たち全員で力を合わせて今シーズン戦いますので是非、我々を信頼して最後まで熱い応援をお願いしたい。このトリコロールのカラーに誇りを持ちましょう。サポーターと我々が力を合わせてこの目標を達成できるように頑張りましょう」 2017.01.15 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レッドスターの点取り屋FWウーゴ・ヴィエイラ「昨季の21得点、もしくはそれを超えるくらい決めたい」

▽横浜F・マリノスは15日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽セルビアの名門レッドスター・ベオグラードから加入してきたポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラは発表会終了後、メディア陣の取材に応対。昨季セルビアリーグで記録した21得点を決めたいと日本での新たな戦いに意気込んだ。 ◆FW<span style="font-weight:700;">ウーゴ・ヴィエイラ</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">――日本に来日しての印象は</span> 「すごく急な出来事でしたけど、食や文化そして人が素晴らしい場所だと思うし、そのように友人からも聞いている。すごく良い国だなと思っている」 <span style="font-weight:700;">――プレーの特徴は</span> 「スピードとゴール前の嗅覚だと思う」 <span style="font-weight:700;">――Jリーグへの印象は</span> 「日本代表でも観てると諦めないし、運動量もスピードもあって、テクニックが優れていると思う」 <span style="font-weight:700;">――そんなJリーグでの今季の目標は</span> 「前の取材でも言ったが数字で言うのは難しい。でも、毎試合点を決めたいし、難しいとは思うが、昨シーズンは(セルビアで)21点決めているのでそれくらい、もしくは超えるくらい決めたいなと思っている」 <span style="font-weight:700;">――横浜FMの映像は観ているか</span> 「はい。サッカーはもちろん、チームの組織だったり、サポーターの皆さんのことなどを観て良いクラブだと思いますし楽しみです」 2017.01.15 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

MF扇原貴宏、声をかけてもらった横浜FMに「活躍して恩返し」

▽横浜F・マリノスは15日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽名古屋グランパスから加入してきたMF扇原貴宏は発表会終了後、メディア陣の取材に応対。昨季にケガで苦しいシーズンを送った中でのオファーに今季、活躍での恩返しを誓った。 ◆MF<span style="font-weight:700;">扇原貴宏</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">――移籍の一番の決め手は</span> 「去年ケガであったり、試合に出てなかった中ですごく自分に期待してくれて、それに応えたいという思いと僕自身すごく試合に飢えている状態なのでそういうチャンスをもらったという感謝の気持ちがあるので、恩返しという意味でも活躍して上に行けるように頑張っていきたい」 <span style="font-weight:700;">――背番号が6に決定したが希望したのか</span> 「いや特に何番が良いとかはないですけど、一桁がいいなとは思っていて、6が空いていたのでマリノスでこういう番号をつけられるのは光栄に思うし、この番号に恥じないように活躍していけたらいいなと思う」 <span style="font-weight:700;">――マリノスの印象は</span> 「まずはやはり守備が堅いですし、その中で個人個人特徴が強いチームだという印象はあります」 <span style="font-weight:700;">――チームで自分の特徴をどのように活かしたいか</span> 「やはり前のアタッカー陣は足の速い選手が多いので自分の左足のロングキックだったりサイドチェンジで攻撃を組み立てていけたらいいなと思う」 <span style="font-weight:700;">――ケガのブランクとかもあると思うがこれからの課題は</span> 「試合の中でもっともっと高くインテンシティを保っていけたらいいと思うしそれはマリノスが目指しているところでもあるので、僕自身ともに成長していけたらいいと思う」 <span style="font-weight:700;">――練習環境が変わるなど不安定な噂も耳にしていると思うが</span> 「メディアの方はそういうのが好きなので(笑)そういうのはニュースになりやすいことだと思うので、今年残った選手や入った選手が一つになってやっていくだけだと思うし、自分たちはピッチでやるだけだと思うのでそういう姿勢をしっかり示せたらサポーターの方も認めてくれると思うので今年いるメンバーでやっていきたいと思う」 <span style="font-weight:700;">――移籍に関して相談とかはしたか</span> 「マリノスに知ってる選手があまりいないので、自分の感覚です」 2017.01.15 22:04 Sun
twitterfacebook
thumb

DF山中亮輔、若返りを図るクラブで「マリノスの伝統を守って、新しいチームに」

▽横浜F・マリノスは15日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽柏レイソルから加入したDF山中亮輔は発表会終了後、メディア陣の取材に応対。世代交代を図るクラブに対し、マリノスの伝統を守りながらも新しいチームを作ると意気込んだ。 ◆DF<span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">――マリノスの印象は</span> 「マリノスのイメージは堅守と伝統だと思うので僕自身、そういったところを吸収していけたらいいと思うし、学んでいかなくてはいけないところだと思う」 <span style="font-weight:700;">――どんなプレーを見せていきたいか</span> 「僕の特徴は攻撃的な部分だと思うので、ドリブルだったり、スピードやクロスの精度という個で違いを作れる選手だと思うのでそういったところをプレーで示していけるよう頑張りたい」 <span style="font-weight:700;">――移籍の決め手は</span> 「柏レイソルからの移籍はすごく迷ったし、簡単な決断ではなかったが、こういう歴史あるクラブに声をかけて頂いたということはすごく光栄なこと。すごく迷ったがこの決断が間違ってなかったと証明できるようにこのクラブで成功しなければならないと思う」 <span style="font-weight:700;">――(中村俊輔選手が抜けて)左足のセットプレーにも期待が懸かると思うが意識しているか</span> 「中村選手はすごい選手で、まだまだ足元にも及ばないと思っている。そういった選手が抜けて僕にかかる期待であったり、セットプレーの部分ですごく見られると思うのでそういった期待に応えられるように頑張らなくてはいけないなと思う」 <span style="font-weight:700;">――年代別代表でも一緒だったDF松原健選手と同僚になるが移籍することは知っていたか</span> 「全然知らなかったですけど、同世代の選手が多いのでチームに溶け込みやすいと思う。本当僕たちの世代がマリノスを引っ張っていけるようにやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">――クラブからこれからの展望は聞いているか</span> 「そうですね。基本的に若い選手が多いと思うし、そういった中で自分たちがしっかりマリノスの伝統を守って、新しいチームになっていけるように僕たちが示していかなくてはいけないと思うので頑張りたい」 2017.01.15 22:03 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟から加入のDF松原健、環境の変化も気にせず「チームを強くするという意識を持てば気にならない」

▽横浜F・マリノスは15日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽アルビレックス新潟から加入したDF松原健は発表会終了後、メディア陣の取材に応対。練習環境の変化などについて問われると、「チームを強くするという意識を持てば気にならない」と不安を払しょくした。 ◆DF<span style="font-weight:700;">松原健</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">――自分の特徴をどう活かしていきたいか</span> 「センターバックと中盤にはパスを供給できる方がいるので、僕がオーバーラップしてパスをもらう形で、そこからクロスだったりというところを見せていけたらいいと思う」 <span style="font-weight:700;">――やはり攻撃面での存在感を示していきたいか</span> 「そうですね。攻撃面や運動量をみてもらいたい」 <span style="font-weight:700;">――練習環境が変わるなどのことについて</span> 「そこらへんは特に気にしていない。練習場が転々とするからと言ってチーム自体が弱くなるとかそういう問題ではないと思うので。そういう問題を抱えてはいるが、自分たちでチームを強くするという意識を持てばそういうことは気にならない」 <span style="font-weight:700;">――山中選手や杉本選手などU-23で一緒だった仲間がいるが</span> 「それはすごい心強いし、みんなで切磋琢磨して一つでも上の順位にいけるように頑張っていきたい」 <span style="font-weight:700;">――背番号の27へのこだわりは強いか</span> 「こだわりが強くないかと言われたらそういうわけでもないが、大分で2種登録された時にもらった番号が27だった。そこからずっと運よく27が空いているので特に変える必要はないかなと」 <span style="font-weight:700;">――希望したわけではないのか</span> 「いや、空いているのであれば27でお願いしますという感じ。ほかの人をどけてまで27がいいというわけではないので(笑)」 2017.01.15 22:01 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース