横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

逃げ切りのFC東京が横浜FMに2ndステージ初黒星をつける《J1》

▽20日に味の素スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節のFC東京(総合12位/2ndステージ12位)vs横浜F・マリノス(総合6位/2ndステージ5位)は、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽前節のヴィッセル神戸戦(1-4)で篠田新体制初の黒星を喫したFC東京と、ここ8戦負けなしで着実に勝ち点を積み重ねる横浜FMが対峙した。1stステージでは、ホームのFC東京が平山のゴールにより、1-0で勝利している。 ▽FC東京は、リオ・デジャネイロ オリンピック(五輪)の戦いから戻っていた室屋が出場停止明けの高橋と共に先発復帰。対する横浜FMは、引き続き中村が欠場となり、出場停止の喜田に代わって、パク・ジョンスを先発起用した。 ▽試合は攻め合う展開で進み、序盤から一進一退の攻防戦が繰り広げられる。そんな中、ゴールレスで試合を折り返すかに思われた43分、FC東京が均衡を破る。ムリキとのワンツーを試みた東がリターンパスを受けると、バイタルエリア中央から右足のシュートをゴール右に決めた。 ▽良い時間帯に先制したFC東京は、そのまま1点リードで後半に突入。横浜FMの猛攻に晒される時間が長くなるも、粘り強い守備とカウンターで応戦する。結局、FC東京が横浜FMを1-0で完封。連敗を阻止するとともに、8戦無敗中の横浜FMに2ndステージ初黒星をつけた。 2016.08.20 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

10人の横浜FMがファビオの劇的AT弾で大宮とドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第8節の横浜F・マリノスvs大宮アルディージャが13日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽7戦無敗で2ndステージ3位に付ける横浜FMと、前節のアビスパ福岡戦で6試合ぶりの白星を掴んだ大宮が激突した一戦。ホームの横浜FMは、前節の柏レイソル戦と同じスタメンを起用。一方の大宮はマテウスに代えて、ドラガン・ムルジャを起用した以外、前節と同じメンバーとなった。 ▽開始早々に大宮がセットプレーの流れからいきなりゴールに迫ると、ホームの横浜FMも前線で効果的なプレーを見せる天野を起点に応戦する。その後は拮抗した展開が続くも、互いに最後の精度を欠き、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が続く中、やや守勢を強いられていた大宮が、泉澤のゴラッソで先制に成功する。68分、ボックス手前でパスを受けた泉澤が冷静にDFをかわして右足を振り抜く。この強烈なシュートがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さった。 ▽失点直後にもドラガン・ムルジャにポスト直撃のシュートを許すなど、流れの悪い横浜FMは、71分に天野を下げて伊藤を投入。だが、この交代直後に裏に抜け出した家長のユニフォームを手で引っ張って止めた喜田が一発レッドで退場となる。 ▽ビハインドに加え、数的不利を背負った横浜FMだが、試合終盤にかけて遠藤、前田をピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。対して大宮は殊勲の泉澤やムルジャ、江坂ら攻撃的な選手を下げて、横山ら守備的な選手を投入し、試合をクローズにかかる。 ▽すると、試合終了間際に劇的な展開が待っていた。後半アディショナルタイム2分、左サイドからカイケが絶妙なクロスをゴール前に送ると、DF菊池に競り勝ったファビオの放ったヘディングシュートがゴール右に吸い込まれた。 ▽数的不利の中で劇的同点ゴールを決めた横浜FMが、2ndステージ無敗を継続。一方、1人少ない相手に逃げ切りに失敗した大宮は、2ndステージ初の連勝を逃した。 2016.08.13 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMが柏との好調対決を制す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第7節の柏レイソルvs横浜F・マリノスが6日に日立柏サッカー場で行われ、1-2で横浜FMが勝利した。 ▽最近4試合で3勝1分けと柏と、3戦連続ドローながらも2ndステージいまだ負けなしの横浜FMが激突した。横浜FMペースで進んだ序盤だが、14分にビッグチャンスを迎えたのは柏。右サイドからクリスティアーノがゴール前にFKを入れると、飛び出したGK榎本がクリアしきれず、ボールは無人のゴールへ。しかし、これは素早くカバーに入った喜田がゴールラインぎりぎりのところでボールを掻き出した。 ▽一方の横浜FMはピンチの後にチャンスあり。15分、アタッキングサードで仕掛けたカイケが右足を振る。鋭いシュートがファーに飛ぶも、これは右ポストに直撃した。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。その中で50分に先制したのは横浜FMだった。左サイド深くで天野がクロスを入れると、ゴール前でクリアを試みたDF中山のオウンゴールを誘発。横浜FMが均衡を破る。 ▽それでも、68分には柏のDF中山が名誉挽回。左サイドからクリスティアーノがゴール前に入れたFKに頭で合わせてネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。 ▽しかし、横浜FMもすぐさま勝ち越す。74分、天野が入れた右CKで混戦となると、最後は中町がプッシュ。中町の今季4ゴール目で、スコアを1-2とした。 ▽その後はスコアが動かず、そのまま終了。横浜FMが勝利で2ndステージ無敗を維持した一方、柏はリーグ5試合ぶりの敗戦を喫した。 2016.08.06 21:18 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMが消化不良の3連続ドロー 14戦未勝利の名古屋は翌日の説明会を前に結果残せず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第6節の横浜F・マリノスvs名古屋グランパスが30日に日産スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽2ndステージ無敗(3勝2分け)を継続し、2ndステージ3位に位置する横浜FMと、クラブワーストの13試合未勝利で年間17位に沈む名古屋の一戦。2試合連続ドロー中の横浜FMは、前節のジュビロ磐田戦から負傷の中村に代えて、富樫を起用。富樫とカイケが最前線に並ぶ[4-4-2]のシステムを採用した。一方の名古屋は、ヴァンフォーレ甲府戦から先発2人を変更。竹内と大武、酒井が3バックに入り、矢野と安田がウイングバックに入る守備的な[3-4-2-1]の布陣で14試合ぶりの歓喜を目指した。 ▽試合は立ち上がりから主導権を握る横浜FMが、開始9分に右サイドのマルティノスのカットインからのミドルシュートでゴールに迫る。さらに21分には最終ライン裏に抜け出した富樫が、ボックス左からシュートを狙うが、これはGK楢崎に阻まれた。その後も攻勢を続ける横浜FMだったが、守備的に戦う名古屋を崩し切れなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半も、ホームチームに最初の決定機。50分、右CKの場面で富樫がヘディングシュートを放つが、これを枠に飛ばせない。さらに53分には齋藤の絶妙なスルーパスに抜け出したマルティノスに絶好機も、ここはDFに寄せられてモノにできない。 ▽一方、守勢が続く名古屋も永井のスピードを生かしたカウンターアタックから幾度かチャンスを迎えるが、こちらもフィニッシュの精度を欠いてゴールが遠い。71分には身体が重いシモビッチを諦めて、松田を投入。対する横浜FMも伊藤、仲川と攻撃的なカードを切って、流れに変化を加えようと腐心する。 ▽試合終盤にかけても膠着状態が続く中、83分に名古屋にアクシデント。足を痛めた酒井がプレー続行不可能となり、磯村がピッチに送り出された。その後、試合終了間際のアディショナルタイムには、横浜FMが喜田のミドルシュートと、ボックス左での金井のシュートでゴールに迫るが、試合はこのままタイムアップ。 ▽ホームで優勢に試合を運んだ横浜FMだが、消化不良の3戦連続ドローとなった。一方、未勝利記録が14試合に更新された名古屋は、翌日に行われるサポーターに向けた説明会を前に結果を残すことができなかった。 2016.07.30 21:53 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田とドローの横浜FMが2戦連続足踏みで首位陥落《J1》

▽23日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第5節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田は、1-1の痛み分けに終わった。 ▽2ndステージ開幕から3勝1分と好調の横浜FMと、4試合未勝利とやや出遅れた磐田が相まみえた。両チームともに前節と同様の先発メンバーを引き続き採用してきた一戦。入りこそ磐田が押し気味に進めるが、対する横浜FMは売りとする堅守からリズムをつくり、流れを引き寄せにかかる。 ▽22分には、横浜FMに決定機。右サイドを突破した斎藤がグラウンダーのクロスを供給すると、相手DFの弾いたボールに反応した喜田が強烈なミドルシュートを放つ。しかし、ここは磐田の宮崎にブロックされた。それでも25分、マルティノスが右サイドからボックス内にボールを送ると、カイケが押し込んだ。 ▽先制を許した磐田は 27分に同点機。左サイドでボールを受けた中村のクロスから、走りこんだアダイウトンがヘディングで合わせる。しかし、ここはGK榎本のセーブに阻まれる。すると、今度は横浜FMにもチャンスが巡ってくるが、こちらも決め切れず、1-0でハーフタイムを迎えた。 ▽早いうちに追いつきたい磐田は54分、アダイウトンが左サイドで相手数人をドリブルで抜き、クロスボールを供給。森下がヘディングでゴールの左隅を狙うが、GK榎本の好セーブに阻まれてしまう。それでも62分、磐田はジェイからパスを受けた川辺が右足のミドルシュート。これがゴールに突き刺さった。 ▽追いつかれた横浜FMは71分に伊藤を投入。しかし、磐田の勢いを抑止できず、やや押し込まれる時間が続く。試合終盤には、横浜FMが猛攻を仕掛けるが、そのまま1-1で終了。2戦連続のドローに終わった横浜FMは、2ndステージ開幕から守り続けてきた首位から3位に後退した。 2016.07.23 22:38 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース