横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

【2017 J1チーム診断】3年目を迎えるモンバエルツ体制、新世代の台頭へ《横浜F・マリノス》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回はストーブリーグを賑わせ世代交代を推し量った横浜F・マリノス編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆トリコロールを背負う新世代の台頭へ</span> ▽今オフ最もストーブリーグを賑わせたと言っても過言ではない横浜FM。エースMF中村俊輔がジュビロ磐田へ移籍すると、DF小林祐三がサガン鳥栖、MF兵藤慎剛が北海道コンサドーレ札幌、GK榎本哲也が浦和レッズとチームを支えてきた選手が退団した。一方で、DF松原健(アルビレックス新潟)、DF山中亮輔(柏レイソル)、MF扇原貴宏(名古屋グランパス)と若手を獲得。さらに、MF齋藤学の残留も確定し、ベテランと若手の融合で結果を残したい。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽注目ポイントはベテランと若手のバランスだ。前述の3名が退団したとはいえ、DF中澤佑二(39)、DF栗原勇蔵(33)、MF中町公祐(31)など経験豊富な選手は残っている。昨シーズン頭角を現したMF天野純(25)やDFパク・ジョンス(22)、新加入のMFダビド・バブンスキー(22)、DFミロシュ・デゲネク(22)と若手がベテラン勢を追い越す活躍を見せられるのか。ユース出身のMF遠藤渓太(19)やMF中島賢星(20)など、将来が楽しみな選手は多く控えている。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_yokohama_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">松原健</span>、中澤佑二、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ミロシュ・デゲネク</span>、金井貢史 MF:喜田拓也、中町公祐 MF:マルティノス、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">バブンスキー</span>、齋藤学 FW:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ウーゴ・ヴィエイラ</span><hr>▽基本フォーメーションはこの2シーズンと同じ[4-2-3-1]。ディフェンスラインには、DF小林祐三、DFファビオの代わりに、新戦力のDF松原健、DFデゲネクが入るだろう。DFパク・ジョンスがキャンプ中に負傷した影響もあり、デゲネクが堅守のカギを握りそうだ。また、トップ下はMF天野純とMFダビド・バブンスキーがポジションを争うことになりそうだ。チームに早くフィットした方が、レギュラーとなるだろう。1トップは新戦力のFWウーゴ・ヴィエイラ。長年の悩みであるストライカーとして活躍できるかがチームの成績を左右するだろう。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_yokohama_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>FWウーゴ・ヴィエイラ(ポルトガル) 1988年07月25日(28歳) 2016シーズン(セルビアリーグ):10試合7得点<hr>▽バルセロナの下部組織出身のバブンスキーやオーストラリアの新鋭・デゲネクにも注目が集まる中、チームの成績に直結するであろうFWウーゴ・ヴィエイラを注目選手に挙げる。横浜FMの大きな課題として長年頭を悩ませているストライカー問題。セルビアの名門レッドスター・ベオグラードで残した多くのゴールを日本でも奪えるのか。その右足にチームの命運が懸かっている。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_yokohama_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF齋藤学(日本) 1990年4月4日(26歳) 2016シーズン(J1):33試合10得点<hr>▽言わずもがな、横浜FMの未来を担うMF齋藤学が今シーズンのキーマンだ。欧州への移籍に悩む中、チームと契約を更新。背番号もMF中村俊輔が背負っていた10番に変更し、キャプテンにも就任した。昨シーズンは2桁得点を記録し、Jリーグベストイレブンにも選出。昨シーズン以上の期待を懸けられる今シーズンはどのようなパフォーマンスを魅せるのかに注目だ。 2017.02.21 20:02 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMの新キャプテンは新10番のMF齋藤学! 副キャプテンはDF中澤佑二、DF栗原勇蔵、GK飯倉大樹、MF喜田拓也の4名

▽横浜F・マリノスは15日、2017シーズンのキャプテンを発表した。新キャプテンは背番号10を新たに背負う日本代表MF齋藤学が就任した。 ▽昨シーズンまでMF中村俊輔(現ジュビロ磐田)が務めていたキャプテンは、背番号とともに齋藤学が引き継ぐことが決定した。また、副キャプテンには昨年に引き続きDF中澤佑二、DF栗原勇蔵、GK飯倉大樹が就任。さらに、MF喜田拓也が新たに就任した。4選手のコメントは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">【キャプテン】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF齋藤学</span> 「今シーズン、チームのキャプテンを務めさせて頂くことになりました。F・マリノスのキャプテンという、責任ある立場を務めることは自分自身の中で挑戦でもありますが、自分の色を出し、副キャプテンの選手たちや経験豊富な選手たちと共に、F・マリノスが強くなるためにチームを引っ張っていければと思っています」 「選手やスタッフ、会社やファン・サポーターの皆さんと共に、一体感の溢れるチームを目指し、F・マリノスに関わる全ての人たちと共に喜びを感じるために、これまで以上の強い覚悟と自覚、責任感を持ってプレーしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">【副キャプテン】</span> <span style="font-weight:700;">◆DF中澤佑二</span> 「優勝までの道すじなどは問題ではない。大切なのは最初の一歩だ。さあ、行こう! Vamos!」 <span style="font-weight:700;">◆DF栗原勇蔵</span> 「他の副キャプテンたちと力を合わせ、キャプテンの学をしっかりとサポートし、より良いチームにしていけるよう務めていきたいと思います。」 <span style="font-weight:700;">◆GK飯倉大樹</span> 「今年も副キャプテンに指名されたことを光栄に思います。新しい選手や若い選手も増えたなか、チームが良い方向に向かっていけるようにサポート出来たらと思っています」 <span style="font-weight:700;">◆MF喜田拓也</span> 「横浜F・マリノスの副キャプテンになることを誇りに思います。覚悟と責任を持ち、マリノスがより魅力的なチームになるよう全力を尽くします。マリノスに関わる全ての人が1つになり、良いシーズンにしましょう」 2017.02.15 12:01 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋から横浜FMに加入し新天地での活躍を誓ったMF扇原貴宏「マリノスに恩返しする」《Jリーグキックオフカンファレンス》

▽2017 Jリーグキックオフカンファレンスが13日に東京都内で開催。J1、J2、J3所属の全クラブから監督、選手が出席した。 ▽名古屋グランパスから横浜F・マリノスへと移籍加入したMF扇原貴宏が取材に応対。新天地での目標や古巣・セレッソ大阪との対戦について語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF扇原貴宏</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170213_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──現在のチームの仕上がり状態は</span> 「すごく良いキャンプを過ごせましたし、僕自身もチームの戦術を理解してきました。開幕戦がすごく楽しみです」 <span style="font-weight:700;">──横浜F・マリノスへの移籍を決断された理由は</span> 「昨シーズンは試合に出ていなかったにも関わらずオファーをいただきました。マリノスで活躍できれば自分自身も上に行けると思いますし、すごく良いクラブという印象がありました。マリノスに恩返しするとともにしっかりと結果が残せたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──パスを含めたゲームメイクが特徴だと思います。そこはマリノスでも求められている部分でしょうか</span> 「そういった部分でチームに貢献していきたいですし、戦術をきっちり守りながら特徴を出していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──選手が多く入れ替わったチームですが今シーズンはどのようなシーズンにしたいでしょうか</span> 「若返りましたが、ベテラン選手もいます。若手とベテランが融合できれば、良いチームになると思います。しっかりとACL出場権獲得というチームの目標をしっかり達成できるように頑張っていければと思います」 <span style="font-weight:700;">──個人の目標はありますか</span> 「しっかりと試合に出ることと、目標を達成できるようにプレーしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──古巣であるセレッソ大阪との対戦もあります</span> 「すごく楽しみにしていますし、意識していなくても意識せざるを得ないと思います。長く居たチームなので、僕自身凄く対戦を楽しみにしています」 2017.02.13 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表MF齋藤学、横浜FM残留&10番継承の思いを綴る…「俊さんがつけていた伝統のある背番号を」

▽横浜F・マリノスは8日、日本代表MF齋藤学(26)との契約更新と共に、背番号11から10番に変更することを正式発表した。この発表を受け、齋藤は同日にクラブ残留と背番号変更への思いを明かしている。 ▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグでキャリアハイの10ゴールを記録した齋藤。同シーズン終了後には海外を含めた移籍の可能性が浮上していたが、最終的にプロキャリアをスタートさせた横浜FMへの残留で終息した。 ▽その齋藤は同日、自身のインスタグラムを更新。『齋藤学よりみなさんへ』との見出しで、以下のように綴っている。 「遅れて契約更新になり、様々な方々に多大な迷惑をかけた中で、快く迎え入れてくれたマリノスに、チームメイトに感謝します」 「そして、このタイミングで10番を背負って闘いたい。俊さんがつけていた伝統のある背番号を。背負いたいと自分から話をして、背負うことになりました」 「いろんな声があると思いますが、僕は、ピッチで示していきたいと思います」 「そして、マリノスに関わる全ての人たちと共に喜びを感じたいです」 「2017年、遅くなりましたが今年も応援よろしくお願いします」 2017.02.09 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

齋藤学の残留が決定!! 横浜FMが契約更新を発表し背番号は“10”に!!

▽横浜F・マリノスは8日、日本代表MF齋藤学(26)との契約更新を発表した。背番号は、昨シーズンまで着用していた“11”ではなく、元日本代表MF中村俊輔がジュビロ磐田に移籍したために空き番となった“10”を着用する。 ▽齋藤は横浜FMとの契約更新を行わずに欧州移籍を探っていたと報じられていた。しかし移籍はまとまらず、横浜FMの練習生扱いでチームに帯同していたが、今回、正式に契約することとなった。 ▽2008年に横浜FMでプロデビューを果たした齋藤は、2011年に愛媛へと期限付き移籍。その後は横浜FMに復帰すると、2016シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合10ゴールを奪うなどチームの主力として活躍している。 2017.02.08 16:40 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース