超ワールドサッカー

横浜FM、DF中澤佑二が18年目のシーズンへ! DF小林祐三とも契約更新2016.01.18 17:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜FMは18日、元日本代表DF中澤佑二(37)、DF小林祐三(30)の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽1999年にヴェルディ川崎(東京Vの前身)でプロキャリアをスタートさせた中澤は、2002年に横浜FMに完全移籍。昨季は自身3年連続のJ1全試合出場を果たした。J1通算では、これまで503試合(31得点)の出場数を記録している。

▽一方、2004年に静岡学園高校から柏に入団した小林は、2011年から横浜FMでプレー。昨季は32試合出場2得点という成績を残した。通算では、J1で267試合(5得点)、J2で43試合の出場数を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMユースのFW棚橋尭士がケガのためU-17日本代表のギニア・UAE遠征を辞退

▽日本サッカー協会は28日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表に招集されていた横浜F・マリノスユースのFW棚橋尭士が不参加になることを発表した。 ▽棚橋はケガのために不参加となり、追加招集は行わないとのことだ。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">大内一生</span>(横浜FCユース) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 19.<span style="font-weight:700;">久米航太郎</span>(徳島ヴォルティスユース) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU-18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) 17.<span style="font-weight:700;">藤井陽也</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">桝谷岳良</span>(川崎フロンターレU-18) 8.<span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 15.<span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高校) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.U-18) 18.<span style="font-weight:700;">森田晃樹</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) <span style="text-decoration: line-through;font-weight:700;">14.棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)</span>※ケガのため 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.04.28 21:22 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF松原健が入籍…「2人で支えあって幸せな家庭を」

▽横浜F・マリノスは28日、DF松原健(24)が4月24日に一般の方と入籍したことを発表した。松原はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、高校時代からお付き合いしていた方と結婚しました。ケガなどで辛い時も近くで支えてもらいました。これからは2人で支えあって幸せな家庭を築きたいと思います。そして、選手としてもより一層頑張っていきたいと思います!」 ▽大分県出身の松原は今シーズン、アルビレックス新潟から加入。ここまで明治安田生命J1リーグ7試合に出場している。 2017.04.28 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

中島&遠藤らのゴールで横浜FMが新潟に4発快勝《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟が26日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、4-1で横浜FMが勝利した。 ▽2連敗スタートとなった横浜FMと、1分け1敗の新潟が対戦。横浜FMは、直近の柏レイソル戦から、扇原、前田、ウーゴ・ヴィエイラの3選手以外を変更し、バブンスキーやU-21の中島を先発起用した。対する新潟は、直近のFC東京戦から全選手を入れ替え、鈴木や端山、成岡といった選手がスタートからピッチに立った。 ▽先にチャンスを作ったのは横浜FM。7分、ボックス左手前から吉尾がシュートを放つが、これはわずかにバーの上へはずれる。 ▽対する新潟は11分、端山の左CKに平松が頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートは枠を捉えることができない。 ▽それでも、新潟は18分にスコアを動かす。ボックス左に侵入した鈴木が仕掛けて正面のジャン・パトリックにパス。ジャン・パトリックが冷静にシュートをゴールに流し込み、新潟が先行する。 ▽ビハインドを背負った横浜FMだが、32分に同点に追いつく。ウーゴ・ヴィエイラがジャン・パトリックのヒジ打ちを受けてPKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラが確実に決めて1-1とした。 ▽迎えた後半、62分に前田に代えて齋藤を投入して積極的に2点目を狙いにいった横浜FMは、65分に勝ち越す。左サイドで得たFKで、キッカーの吉尾がクロスを入れる。最後は混戦から正面の中島がシュートをねじ込み、横浜FMが逆転する。 ▽勢いに乗った横浜FMは、72分に遠藤のクロスに合わせた伊藤のヘディングシュートがポストに直撃。それでも、83分にバイタルエリアで仕掛けてボックス右に侵入した遠藤がファーにプロ初ゴールとなるシュートを決めて3-1とする。 ▽さらに横浜FMは88分、扇原が豪快なミドルシュートを決めて4点目。そのまま快勝した横浜FMが、今季のルヴァンカップ初勝利を挙げた。 2017.04.26 21:51 Wed
twitterfacebook
thumb

柏がクリス&中川のゴールで2連勝! 敗れた横浜FMは3連勝ならず《J1》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第8節の柏レイソルvs横浜F・マリノスが日立柏サッカー場で行われ、2-0で柏が勝利した。 ▽現在3勝4敗の勝ち点9で11位につける柏と、4勝1分け2敗の勝ち点差13で5位につける横浜FMの対戦。柏は1-2で勝利した前節のヴィッセル神戸戦と同じ11名を先発させた。一方の横浜FMは0-1で勝利したサンフレッチェ広島戦から3名を変更。松原、ダヴィド・バブンスキー、マルティノスに変えて、新井、扇原、前田を起用。扇原は移籍後初先発となった。 ▽試合は2分、柏が最初のシュートを放つ。クリスティアーノがボックス右でボールを受けるとそのままシュート。しかし、GK飯倉がセーブする。 ▽横浜FMは6分、喜田が深い位置からドリブルで中央突破。これに対応した中谷が思わず倒してしまい、ボックス手前で横浜FMがFKを得る。このFKを天野が直接狙うも、枠を外してしまう。 ▽12分には、ウーゴ・ヴィエイラが倒され横浜FMがボックス手前で再びFKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラが低い弾道のシュートで狙うも、壁にブロックされる。 ▽横浜FMは攻勢に出る時間が続くも、決定機を作るに至らず。すると23分、左からのクロスに対し処理を誤った金井がハンド。柏がPKをゲットすると、クリスティアーノが右にしっかりと決めて柏が先制する。 ▽先制した柏はすぐさま追加点を奪う。27分、伊東が右サイドからのクロスを大谷がファーサイドで競り勝ち落とすと、中川が押し込み2-0とする。 ▽リードを広げられた横浜FMだったが、それでも攻撃のスイッチが入らない。齋藤にボールを集めるも、伊東、小池がしっかりと対応し、得意のドリブルを許さない。 ▽柏が2点リードで迎えた後半、立ち上がりに横浜FMはチャンス。48分、FKから天野がクロスを入れると、ミロシュ・デゲネクがシュート。しかし、枠を外してしまう。 ▽柏は50分、右サイドを仕掛けたクリスティアーノがミロシュ・デゲネクと競り合いながらも中央へ折り返すと、ボックス内でパスを受けた中川がシュート。これをGK飯倉がセーブすると、こぼれ球は中川に渡るも、GK飯倉がボックス外までプレスをかけ続け、シュートを打たせない。 ▽横浜FMは攻め手を見出だせず、ウーゴ・ヴィエイラに代えて伊藤を投入。しかし柏の攻勢はやまず、63分には伊東のクロスをクリスティアーノがヘッドで合わせるも、得点を奪えない。 ▽横浜FMは、70分に喜田のパスを受けた前田がボックス手前から左足で狙うも、GK中村が落ち着いてセーブする。 ▽終盤にかけては柏がボールを保持して時間を使い、クリスティアーノをターゲットに攻勢をかける。横浜FMは中澤を中心に粘りの守備を見せるも、攻撃がはまらず。後半アディショナルタイムには中澤も上がってパワープレーに出るも、決定的なチャンスを作れないまま試合終了。柏が2-0で横浜FMを下し、2連勝を飾った。一方上位を狙う横浜FMは3連勝を逃した。 2017.04.22 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FM、DF高野遼とプロA契約締結…「まだまだスタートライン」

▽横浜F・マリノスは19日、DF高野遼(22)とのプロA契約締結を発表した。4月12日に行われた2017JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節のヴィッセル神戸戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。 ▽神奈川県出身の高野は、日本体育大学を経て、2015年に湘南ベルマーレ、2016年に横浜FMへと特別指定選手として入団。2017年シーズンに横浜FM入団が正式内定した。高野はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「この度、A契約を締結することができ、素直に嬉しい気持ちです。まだまだスタートラインに過ぎないので、より一層、チームの為、自分の為、日々取り組んでいきたいと思います」 2017.04.19 17:03 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース