現役大学生が中心となった「TamaChan」が5人制アマチュアサッカー日本代表に決定!《アットホーム FOOTBALL FIVES》2016.01.18 11:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽17日に東京・味の素スタジアムで「F5WC FOOTBALL FIVES JAPAN CHAMPIONSHIP 2015-2016」(以下、「アットホーム FOOTBALL FIVES」)の日本大会決勝が開催された。

▽第2回目となる日本大会は、東北、関東、東海、関西、九州エリアの30会場で9月26日(土)より順次、予選大会を実施。予選を勝ち抜いた32チームが集結した。

▽「多摩球’s倶楽部」予選を勝ち抜き出場した中央大学4年生の現役大学生を中心としたチーム「TamaChan」が、全240チームの挑戦に立ち、3月にタイで行われる世界大会への切符を手にした。

▽「TamaChan」は、世界大会出場について「結成して2か月のチームですが、仲の良さが優勝できたポイントだと思います!堅実なプレーを心掛けて、タイでの本大会では、日本代表の名を背負って、昨年以上の結果を残せるように頑張ります!」とコメント。チーム結成からの時間が短い中、成し遂げた優勝に喜びを露わにしてる。

▽また、世界大会に向けては「昨年優勝した柴田工務店さんは、予選1勝と言う結果に終わってしまったと思います。今回、優勝して、
日本代表と言う肩書をいただいたからには、出場した約200チームの思いを胸に、決勝トーナメントに進出し、悔いのない結果を残せるように頑張ります!」と意気込みを熱く語っている。

▽今大会のアンバサダーを務める元日本代表MF前園真聖氏は「TamaChan」の印象について、「今日は準決勝から試合も見ましたが、それぞれの個性を活かしたプレーをしているのが印象的でした。決勝でも落ち着いてボールを回し、チャンスでしっかり得点を取れたところが今回の結果につながったと思います」とコメント。また、今大会をについては「昨年から非常にレベルの高い試合が行われていた印象でしたが、特に今年はチーム数も増え、よりレベルが上がっているなと感じました。アマチュアながら日本代表を目指す選手たちの熱い想いがすごく伝わってきて見ていて興奮しました」と振り返った。

▽F5WC 2015-2016 世界大会は3月2日からタイ・バンコクで開催。リーグ戦による1次予選が行われ、上位チームが決勝トーナメントへ進出することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

クラシコの静と動

今回のクラシコには面白い対照がある。「“動”のバルセロナ」と「“静”のレアル・マドリード」の顔合わせだということだ。 “動”の象徴はルイス・エンリケ監督だ。 選手時代にレアル・マドリードからバルセロナへ禁断の移籍をした彼は、その気性の激しさでカリスマとなった。敵チームに所属したというネガティブな過去を剥き出しの反骨精神に変え、バルセロナファンの心を鷲づかみにした。その気性は監督になっても変わらず、1年目にはメッシと衝突したことすらある。だが、嵐を味方にするところが非凡なところだ。主役の座を譲る格好でメッシと和解すると猛烈なラストスパートで、チャンピオンズリーグ、リーガ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の3冠に輝いた。 今から振り返るとあのメッシとのトラブルはチームの団結力のために仕組まれたのではないか、とさえ思える。というのも今季も同じようなことをして成功しているからだ。 <hr style="margin-bottom:10px;"><div style="text-align:center;"><a href="https://goo.gl/fdNCFP" target="_blank">続きを読む ></a> <span style="color:#FF0000;font-size:small;">※外部サイトへリンクします</span></div> 2017.04.23 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF」のアジア代表は日本人2名に決定! CL決勝の地・カーディフでの世界大会に参加!

▽23日、東京・日本サッカーミュージアムで「PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF」のアジア地域決勝大会が行われた。 ▽「PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF」はUEFA(欧州サッカー連盟)公式のe-Sports大会で、各国・各地域で予選を開催し、予選を勝ち上がった参加者が2017年6月にウェールズのカーディフで開催される決勝大会に出場する。 ▽22日には、日本代表決定戦が行われ、14名のプレーヤーが参加。グループステージと決勝トーナメントを勝ち抜いたシロー、まやげか、ごんた、じょーの4名がアジア地域決勝大会に進出。アジア地域決勝大会には日本代表の4名のほか、韓国、香港から2名、インドネシア、マレーシアから1名ずつが参加。2つのグループに分かれて決勝トーナメント進出者4名を決定した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽10名の参加者のうち、9名がバルセロナを使用するという中、香港代表のverysuttonが唯一パリ・サンジェルマンを使用。しかし、グループステージを勝ち抜いたのは、日本代表のじょー、シロー、まやげかの3名に加え、韓国代表のLeopardの4名と全てバルセロナを使用する選手が勝ち上がることとなった。 <span style="font-weight:700;">【アジア地域決勝グループA 結果】</span> 1位:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">じょー</span>(日本)/勝ち点10 2位:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シロー</span>(日本)/勝ち点7 3位:hulrestar(韓国)/勝ち点6 4位:JK(香港)/勝ち点2 5位:Razak(マレーシア)/勝ち点1 <span style="font-weight:700;">【アジア地域決勝グループB/結果】</span> 1位:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">まやげか</span>(日本)/勝ち点11 2位:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">Leopard</span>(韓国)/勝ち点8 3位:verysutton(香港)/勝ち点7 4位:ごんた(日本)/勝ち点4 5位:Yunan(インドネシア)/勝ち点0 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽決勝トーナメントは1stレグ、2ndレグの2試合(アウェイゴールはなし)で行われ、決勝進出の2名が世界大会への切符を手にする。MCは森一丁さんと荒木美鈴さんが務め、試合中の実況はStanSmithさんが、解説は岡崎裕史さんが務めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">◆準決勝第一試合:じょー(日本) vs Leopard(韓国)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽準決勝の第一試合はグループA・1位のじょーとグループB・2位のLeopardが対戦。試合は劇的な展開となる。 ▽立ち上がり3分に、じょーがメッシのヘッドで先制するも、60分にLeopardが一瞬の隙を突き、ネイマール、ルイス・スアレスとつなぎ最後はメッシが決めて同点とする。互いに得点を取り合い2-2で迎えた88分、途中出場のデニス・スアレスがラキティッチのパスを決めて2-3とLeopardが逆転。2-3として2ndレグを迎える。 ▽2ndレグもペースを握ったのはじょー。1stレグでの敗戦を取り返そうと攻勢をかけると22分、ルイス・スアレスが決めて2戦合計3-3とする。Leopardは52分にルイス・スアレスのゴールで勝ち越しに成功するも、54分にメッシのゴールでじょーが同点に追いつく。 ▽世界大会への出場権をかけて白熱する準決勝2ndレグだが、スーパープレーで勝負が決した。63分、ボックス手前でパスを受けたイニエスタが、反転して浮き玉のパス。これを走り込んだルイス・スアレスがスコーピオンシュートで合わせ、じょーが勝ち越しに成功。そのまま逃げ切り、2戦合計5-4で勝利したじょーが世界大会への切符を手にした。 <span style="font-weight:700;">◆準決勝第二試合:まやげか(日本) vs シロー(日本)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽準決勝の第二試合はグループB・1位のまやげかとグループA・2位のシローが対戦。1stレグは35分、マスケラーノのヘッドでまやげかが先制するも、38分にアレイクス・ビダルのヘッドでシローが追いつく。しかし、53分にルイス・スアレスのゴールでまやげかが勝ち越すと、75分にはネイマールのゴールで3-1と勝利した。 ▽2点リードで1stレグを終えたまやげかは2ndレグで猛攻。10分にルイス・スアレスのゴールで口火を切ると、12分にもルイス・スアレス、19分にジェラール・ピケと立て続けに得点。その後もゴールラッシュは止まらず、結局8-1で圧倒。2戦合計11-2でまやげかが世界大会の切符を手にした。 <span style="font-weight:700;">◆3位決定戦:Leopard(韓国) vs シロー(日本)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽決勝を前に、準決勝で敗れた両者による3位決定戦が実施。前半は互いに決定機を生かせずゴールレスで終えると、51分にクリアボールを繋ぐと、最後はルイス・スアレスが流し込んでLeopardが先制。このゴールを守り切り、1-0で勝利。3位のLeopardには賞金6000ドル(約65万5000円)、4位のシローには賞金4000ドル(約43万6000円)が手渡された。 <span style="font-weight:700;">◆決勝:じょー(日本) vs まやげか(日本)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽アジア王者を決める決勝は、じょーvsまやげかの一戦。[4-3-3]のじょーに対し、[3-4-3]のまやげかの対決となった。立ち上がりからペースを握ったのはじょーだった。36分、ボックス手前からメッシが右足でシュートを放つと、これが決まる。さらに43分にはネイマールの縦パスを受けたルイス・スアレスがボックス中央から沈め、前半を2点リードで終える。 ▽2点ビハインドとなったまやげかは、72分にネイマールの反転シュートで1点を返すと、終盤の88分にはネイマールのスルーパスを受けたルイス・スアレスが切り返しから左隅に流し込み、土壇場で同点に追いつく。 ▽このまま同点で90分を終えるかと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。アディショナル1分、途中出場のアルカセルが縦パスを入れると、受けたルイス・スアレスがボックス手前からシュート。これが決まり、まやげかが土壇場で2点差を逆転。そのまま試合は終了し、2-3で勝利したまやげかがアジアチャンピオンとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽なお、アジア王者に輝いたまやげかは賞金2万ドル(約218万円)、惜しくも準優勝に終わったじょーは賞金1万ドル(約109万円)を獲得した。 <span style="font-weight:700;">【コメント】</span> <span style="font-weight:700;">◆優勝:まやげか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「1試合1試合集中してやらないといけないと思っていました。アジア大会、予選突破と色々あったんですが、目の前の試合に集中してやっていった結果が優勝につながったと思います」 <span style="font-weight:700;">──決勝では2点ビハインドからの逆転でした。2点差になった時は焦ったのでは</span> 「2点差になれたから開き直れたというか、2点差になったことで3-0でも4-0でも一緒だったので、FWの選手を1枚入れてより攻撃的に行った結果が、あの3点だと思います」 <span style="font-weight:700;">──世界大会はチャンピオンズリーグ決勝と同じウェールズで行われますが意気込みを</span> 「なかなか日本人はウイイレの世界大会で結果を出せていないと聞くので、日本人でもできるんだぞというところを見せたいです。優勝を目指してやりたいです」 <span style="font-weight:700;">◆準優勝:じょー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170423_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「決勝は悔しい逆転負けだったのでショックでしたが、全て出し切りました。まゆげかさんも強かったですし、悔いはありません」 <span style="font-weight:700;">──準決勝の決勝ゴールは”スコーピオン”シュートのビッグプレーでした</span> 「あのゴールは中のスアレスが空いていたのでここしかないと思ってフライスルーパスを出しました。ボールよりも先に行ってしまったので、とりあえず□ボタンを押したら、スコーピオンになりました。特別な操作はしていないです」 <span style="font-weight:700;">──世界大会はチャンピオンズリーグ決勝と同じウェールズで行われますが意気込みを</span> 「今回のPES LEAGUEの海外の予選も時間があるときに見てみたりしたんですが、特にヨーロッパやブラジルの方が上手くて、本当に楽しみでしかないです。オンラインやオフラインでもこういった大会でしかやる機会がないですし、そうやってやれることがウイイレで一番楽しいと思っているので、世界大会に向けてはベストを尽くしつつ楽しみたいと思っています」 2017.04.23 19:09 Sun
twitterfacebook
thumb

アディダスがU-16世代の夢の祭典を開催! 日本代表は栃木県の「ともぞうSC」に決定! CL決勝日に世界大会を開催!

▽アディダスが、U-16世代を対象とした世界大会である“adidas UEFA Young Champions 2017"の日本代表予選を4月16日(日)に明治神宮外苑 フットサル 千駄ヶ谷コートで開催した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20170420_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽試合形式は5vs5(フィールドプレーヤー4名+ゴールキーパー1名)で行われ、予選リーグはハーフタイムなしの10分間、決勝トーナメントは7分間(ハーフタイム1分)、決勝は10分ハーフ(ハーフタイム5分)で実施される。決勝トーナメントは予選リーグを勝ち抜いた8チームが参加する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20170420_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽24チームが参加した日本代表選抜大会を制したのは、栃木県の「ともぞうSC」で、決勝で神奈川県の「横浜F・マリノスジュニアユース」を下しての優勝となった。3位は長野県の「アンビシオーネ松本」だった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20170420_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、大会MVPには優勝した「ともぞうSC」の手塚来須選手が選ばれている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20170420_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽当日は、元日本代表DFで鹿島アントラーズのC.R.O(クラブ・リレーションズ・オフィサー)の中田浩二氏が特別ゲストとして参加。24チームの指導者とともに『中学生のサッカー選手に対して1番大切にしている事』について座談会を実施。参加した指導者から「勝敗と個の成長のどちらを意識して育成すれば良いと考えますか?」という質問に対し、中田さんは「勝ちにこだわらせながら、個の成長をサポートしていくのが望ましい。海外では勝敗がそのまま生活に関わってくるので、ジュニアユース世代から、指導者は勝つための成長を意識しつつコーチングしています」と、海外経験を交えながら話をしていた。 ▽また、個の成長に関しては「日本のサッカーの特徴のひとつとして、チーム全員で成長していくというところが挙げられると思いますが、海外では個を伸ばし、競争社会を作ってチームを伸ばしていくことが多いように思います」と、海外との指導の在り方の違いを語っていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20170420_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽さらに、「今のジュニアユース世代の子どもたちは、指示を待つ子たちが多いように感じるのですが」という指導者の声に対し、「海外では、年齢に関係なく上に上がれるシステムが整っていることが多いので、特にヨーロッパなどでは積極的に自分をアピールしていく選手が多く、自分がオリンピック・マルセイユにいた時も、十代の選手でもかなり自己主張が激しく、当時は若手のわりに生意気だな、と感じていました」と、日本と海外の育成システムの違いを交えながら語り、会場に笑いに包まれる展開となった。 ▽最後に、日本と海外の指導者の違いに関して「海外では日本ほど教え込まず、選手たちに考えさせるスタイルが多いと思います。そうすることによって、何が足らなくて、それを補うために何をすればいいのかを考える能力も養われていきます」とコメントし、育成についての考えを語っていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20170420_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽その他、会場では3月31日より発売中の最新スパイク・ターフシューズ“TURBOCHARGE PACK(ターボチャージ パック)”の試し履きも実施。“TURBOCHARGE PACK”は、アディダス フットボールが提唱するフットボールのトータルスタイルプロダクト第三弾の商品で、実際に履いた選手からは「かっこいい」や「ボールコントロールしやすい」との声があがっていた。 ▽世界大会は、UEFAチャンピオンズリーグ2016-2017決勝が行われるウェールズ・カーディフで6月2日に開催。ともぞうSCが見事に“adidas UEFA Young Champions 2017"世界大会への切符を手に入れた。 2017.04.20 14:29 Thu
twitterfacebook
thumb

リーガール杉山セリナさんがクラシコを大胆予想!レアルの推しメン選手は意外にもあの人!?

すっかり春らしい陽気に照らされて、花粉症の人以外にはとりわけ心踊る季節。そんな日本の穏やかさを尻目に、情熱の国スペインではこれからまさに「死闘」と呼ぶに相応しい戦いが幕を開ける。リーガ・エスパニョーラの2大クラブ、レアル・マドリードとバルセロナが激突する「伝統の一戦 クラシコ」。スペイン国内に留まらず、世界中のサッカーファンが固唾を飲んで待ちわびるこの一戦を、WOWOWでは4月23日(日)深夜3:30~生中継&オンデマンドライブ配信でお届けする。 そして今回、春がとっても似合う素敵な笑顔をお茶の間に届けてくれている我らがリーガール、杉山セリナさんにインタビューを行いました。クラシコについてはもちろん、リーガールとしての活動や番組制作の舞台裏まで、彼女の今を語ってくれた。 <hr style="margin-bottom:10px;"><div style="text-align:center;"><a href="https://goo.gl/NECfZn" target="_blank">続きを読む ></a> <span style="color:#FF0000;font-size:small;">※外部サイトへリンクします</span></div> 2017.04.20 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和のミシャが方針転換?《六川メルマガ》

▽超ワールドサッカーにて『六川亨の日本サッカー見聞録』を連載している六川亨氏のメールマガジンを、今月も配信。長年に渡って日本サッカー界を追ってきたベテランサッカージャーナリストの六川氏による、とっておきの情報や試合のプレビュー&レビューをメールでお届けします。 ▽今回のテーマは「浦和のミシャが方針転換?」です。先月まで購読していた方も、継続を希望される方は下記リンクからお手続きを行って下さい。今回の配信は4月19日(水)の16時頃を予定しております。 ※ドメイン指定しているとメールマガジンを受け取れない場合がございますので 「cwsbrains.co.jp」を登録していただきますようにお願い致します。 ■発行周期 毎週水曜日 ※取り上げる題材によって前後する場合がございます。 ■発行形式 テキスト形式 【六川亨】 ▽1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 <div style="text-align : center">↓無料購読希望者はコチラ↓ <a href="http://bit.ly/1tXGlPZ">六マガを購読する</a></div> 2017.04.18 17:19 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース