現役大学生が中心となった「TamaChan」が5人制アマチュアサッカー日本代表に決定!《アットホーム FOOTBALL FIVES》2016.01.18 11:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽17日に東京・味の素スタジアムで「F5WC FOOTBALL FIVES JAPAN CHAMPIONSHIP 2015-2016」(以下、「アットホーム FOOTBALL FIVES」)の日本大会決勝が開催された。

▽第2回目となる日本大会は、東北、関東、東海、関西、九州エリアの30会場で9月26日(土)より順次、予選大会を実施。予選を勝ち抜いた32チームが集結した。

▽「多摩球’s倶楽部」予選を勝ち抜き出場した中央大学4年生の現役大学生を中心としたチーム「TamaChan」が、全240チームの挑戦に立ち、3月にタイで行われる世界大会への切符を手にした。

▽「TamaChan」は、世界大会出場について「結成して2か月のチームですが、仲の良さが優勝できたポイントだと思います!堅実なプレーを心掛けて、タイでの本大会では、日本代表の名を背負って、昨年以上の結果を残せるように頑張ります!」とコメント。チーム結成からの時間が短い中、成し遂げた優勝に喜びを露わにしてる。

▽また、世界大会に向けては「昨年優勝した柴田工務店さんは、予選1勝と言う結果に終わってしまったと思います。今回、優勝して、
日本代表と言う肩書をいただいたからには、出場した約200チームの思いを胸に、決勝トーナメントに進出し、悔いのない結果を残せるように頑張ります!」と意気込みを熱く語っている。

▽今大会のアンバサダーを務める元日本代表MF前園真聖氏は「TamaChan」の印象について、「今日は準決勝から試合も見ましたが、それぞれの個性を活かしたプレーをしているのが印象的でした。決勝でも落ち着いてボールを回し、チャンスでしっかり得点を取れたところが今回の結果につながったと思います」とコメント。また、今大会をについては「昨年から非常にレベルの高い試合が行われていた印象でしたが、特に今年はチーム数も増え、よりレベルが上がっているなと感じました。アマチュアながら日本代表を目指す選手たちの熱い想いがすごく伝わってきて見ていて興奮しました」と振り返った。

▽F5WC 2015-2016 世界大会は3月2日からタイ・バンコクで開催。リーグ戦による1次予選が行われ、上位チームが決勝トーナメントへ進出することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ベッカムが“レジェンド”としてウイイレ最新作に独占で登場!「とても光栄」

▽株式会社コナミデジタルエンタテインメントは21日、9月14日に発売する『ウイニングイレブン 2018(以下、ウイイレ)』にて、世界的なレジェンドである元イングランド代表のデイヴィッド・ベッカム氏が独占で登場することを発表した。 ▽ベッカム氏は、イングランドやスペイン、イタリア、アメリカのクラブでプレー。通算19個のタイトルを獲得し、UEFAチャンピオンズリーグ、イングランド代表としても100試合以上に出場している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/we20170821_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽第1弾として、ベッカム氏のキャリアでもベストシーズンとも言える2001-02シーズンを再現して登場。代名詞でもあるFKは、モーションや弾道も忠実に再現されている。 <div id="cws_ad" style="text-align:left;">◆ウイニングイレブン 2018<br />- レジェンド“デイヴィッド・ベッカム”トレーラー -</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><iframe style="display: block; margin: 0px auto;width: 100% !important;height:315px;" src="https://www.youtube.com/embed/uhrY7N1x9e4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe></div> ▽ベッカム氏は今回『ウイイレ』に登場することについて「ウイニングイレブンシリーズの“レジェンド”に加わることができ、とても光栄です。このような素晴らしいサッカーゲームに携わり、同じようにサッカーを愛する才能あふれる制作チームと共に取り組むことを楽しみにしています」とコメントしている。 2017.08.21 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

さらなるユーティリティ性を求められる長谷部誠が手にした“武器”

▽2016-17シーズンはリベロのポジションを確保し、新境地を開拓したMF長谷部誠。今シーズンもクラブでのポジションは揺るがないものとなりそうだ。 ▽以前は攻撃的なポジションでプレーし、ドリブル突破などで前線の攻撃陣にも絡んでいくプレースタイルだった長谷部。しかし、徐々にポジションを下げると、ボランチとして開花。2008年にドイツへ渡りブンデスリーガに挑戦したが、ドイツでもボランチのポジションを掴んだ。 ▽正確なプレー、そして勤勉さ、さらにはピッチ上の監督とも言われるキャンプテンシーと統率力はドイツでも高く評価され、ボランチのみならずサイドバックやセンターバックとしてもプレーした。 ▽2016-17シーズンは、3バックの中央でリベロのポジションに抜擢。すると、長谷部のユーティリティ性が引き出され、ブンデスリーガ挑戦から10シーズン目にして新境地を開拓した。 ▽シーズン終盤に負傷し、最後まで戦うことができなかった長谷部だが、新シーズンに向けたプレシーズンマッチではプレーを再開。新たに迎えるシーズンでもレギュラーが当確と見られている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170815_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽新シーズンもリベロ、そしてボランチのポジションでの起用が見込まれる長谷部は、“全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイク”をコンセプトにプーマが開発した「PUMA ONE(プーマワン)」を着用する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/M7Dw9P" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div>▽「FAST(加速)」、「FIT(フィット感)」、「FEEL(タッチ感)」に優れている「PUMA ONE」は、長谷部にとって欠かせないアイテムになるだろう。リベロのポジションは、最後の砦としてチームの守備を支える役割を担い、ブンデスリーガの強力なアタッカー陣を抑えなくてはいけない。そんな“リベロ”長谷部にはうってつけのスパイクだ。 ▽アタッカー陣のスピードについていくための「FAST(加速)」、鋭い切り返しや瞬時の対応時に必要な「FIT(フィット感)」、そして攻撃につなげるためのボールコントロールに必要な「FEEL(タッチ感)」と全てを兼ね備えている「PUMA ONE」は、長谷部のパフォーマンスにも影響を与えるに違いない。持ち前の冷静な判断力、ゲームを読む力、そしてチームメイトを統率するキャプテンシーも合わされば、チームの核としてピッチで活躍することだろう。 ▽新たな武器を手にした長谷部誠。全ての力を引き出す新スパイク「PUMA ONE」を履いたブンデスリーガ11年目の長谷部のプレーから目が離せない。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/uPBg1X" target="_blank">「PUMA ONE」公式サイトはこちら</a><hr></div> 2017.08.21 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

日本の子供たちの弱点を語るドルトムントアカデミーコーチのパトリック・クリンスキ氏「パス、シュートの技術は見劣りする」

▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。 ▽今回のトレーニングキャンプは6回目の開催となり、これまでに多くの子供たちがドルトムントのメソッドを体験してきた。今回、初めて「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」にコーチとして参加したパトリック・クリンスキ氏(27)に、育成やドイツとの差についてお話を伺った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2013年からドルトムントのアカデミーコーチを務めているパトリックコーチは、最下級生のクラスを担当。サッカーの技術だけを教えるだけでなく、子供たちとのスキンシップやコミュニケーションを取りながら、ドルトムントのメソッドを伝授していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽初めて日本を訪れたパトリックコーチは、日本の子供たちを初めて指導。「今回のキャンプは6回目で、僕は初めてです。良い協力関係の下で(キャンプを)行えていることが良いと思います。どの国でも同じですが、サッカーをやりたいという気持ちは目を見た瞬間にわかります。70人しかいませんが、色々なコーチや親御さんが観ている中でサッカーができることは良いことだと思います」と、日本で実施しているキャンプの印象を語った。 ▽4日間にわたって行われたトレーニングキャンプ。パトリックコーチは今回のキャンプを通じて「1人1人の個人的なスキルにフォーカスしていきたいなと思っています。ドリブルであったり、シュートであったり、パスもそうですが、パスをどのポジションでどうやって受けるかを重点において臨みたいと思います」と意気込みを語ってくれた。 ▽下級生のクラスでありながら、単純なパスやボールを蹴る動きだけでなく、実戦を意識した動きながらのパスなどをトレーニングに取り入れていたパトリックコーチ。その狙いについて尋ねると、「今日(2日目)の練習はシュートでしたが、ドイツでは比較的シュートを打つことにフォーカスを置いて、全部の練習をすることが多いです」とドイツでの指導方法を取り入れていたことを明かし、以下の様に続けた。「まずは、ボールを沢山触るような、個人のトレーニングをやります。それをゲームの中で、使うようなシチュエーションを用いてトレーニングをします。その後、誰かとペアを組んで基礎的なことをやり、ゲーム形式でやります。強度は年齢によって変わっていきます。そういったものを取り入れながら、流れを重視をしてやっています」。試合で重要とされるシュートの動きを、基礎をシチュエーションを考えての両面でトレーニングしていたと教えてくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽普段はドルトムントのU-13チームでコーチを務めているパトリックコーチ。日本人とドイツ人の子供の差を尋ねると、「ドリブルに関しての個人戦術は、過ぎるほど上のレベルにあると思います。ヨーロッパでも通じるものがあると思います」と、ドリブルの技術に関しては高く評価していると教えてくれた。しかしながら、「ただ、パスの技術、パスを貰う技術、シュートの技術は見劣りすると思います」と語り、試合を決定づけるパス、シュートの能力の低さを危惧していた。 ▽また、重要なポイントを1つ挙げ「チームとして勝つという気持ちが足りないと思います」とコメント。これはブンデスリーガに所属する18クラブがDFB(ドイツサッカー連盟)から言われていることにも関連しているとのことで、「ドルトムントに限らず、ブンデスリーガに所属する全クラブがDFBから言われていることですが、チームスポーツなのでチームで勝つことを伝えて育成するようにと言われています」と明かし、ドイツでの育成方針の中にチームプレーがあることを教えてくれた。 ▽一時期は、世代交代が進んでいないことが危惧されていたドイツサッカー。しかし、2014年のブラジル・ワールドカップでは見事に優勝を果たし、選手の育成に関しては世界的に高いレベルであることが認められている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽最後にパトリックコーチに子供の頃からやっておいた方が良いことを尋ねると、「僕の個人的な意見ではありますが、たくさんボールタッチをした方がいいと思います。それが今後の成長につながると思います。日本ではあまりないと思いますが、他の国でトレーニングキャンプをすると、20人の子供に対してボールが10個しかなかったりします。そうなると、個人的な技術を上げるタイミングが計れません。必ず1人にボールが1個ある中で、どれだけボールに触れるかをトレーニング中に励んだほうが良いと思います」と語り、いかに数多くボールに触れているかが、後の成長に繋がると考えていることを教えてくれた。 ▽高い育成力が評価されているドイツ国内において、トップクラスの評価を得ているドルトムント。アカデミーコーチの話からも、高い評価を得ている理由が垣間見えた気がする。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_3_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2017.08.18 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

5度目のドルトムント・サマーキャンプ参加となった松野竜成くん…最も成長したのは“パス”

▽8月8日から11日にかけて、ドルトムントの現役コーチによる小学生向けのサッカーキャンプである「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」が行われた。 ▽トレーニングに参加した小学生の中から、今回で5回目の参加となる松野竜成くん(小学6年生)にトレーニングキャンプについて話を聞いてみた。 ▽松野くんは、ドルトムントのサッカースクールにも通っており、「Borussia Dortmund EVONIK JUNIOR CAMP POWERED BY PUMA」の常連とのこと。「2年生の時からずっと来ています」と語り、今年で5回目の参加となった。 ▽こんキャンプでは、普段のトレーニングとは異なる部分が多く、「ゴールがいつもより小さいので、より丁寧に打たないと入らないのが難しいです」とコメント。トレーニングで使うゴールをしっかりと狙う技術が重要になると語ってくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170818_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その成果はしっかりと実戦でも出ているようで、最も成長したことは「キック力がなかったので、キック力がつきました」とのこと。さらに、小さなゴールを使うことも生きたのか、「試合でゴールをたくさん決められるようになりました」と、この5年間での成長を教えてくれた。 ▽普段はFWやMFとしてプレーするという松野くん。ドルトムントサマーキャンプでは試合で使える技術を学べるとのこと。「いつもシュートがデタラメでしたが、しっかりと打てるようになりました」と語るとともに、最も変わった部分はパスだと教えてくれた。「パスはいつも適当に蹴っていましたが、このキャンプに来たことでパスが上手く蹴られるようになりました」と、ドルトムントサマーキャンプではコーチ陣からパスの重要性を教えられたとのこと。「試合でも味方にパスが通るようになりました」と実戦でも、トレーニングの成果を実感していると教えてくれた。 ▽松野くんは、5回目の参加となった今回のキャンプにも目標を設定しているとのことで、「ボレーをたくさん決められるようになりたいです」とコメント。自身の出来については「まだまだですね」と、さらなる技術の向上を誓ってくれた。 2017.08.18 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

元銀河系戦士モリエンテス氏「乾は今の好調を続け、柴崎はヘタフェの中心になってほしい」、リーガ新時代の希望を語る

昨シーズン、レアル・マドリードが5シーズン振りの優勝を成し遂げたリーガ・エスパニョーラ。そして17-18シーズンが、いよいよ8月19日(土)に開幕する。R・マドリードの連覇か、永遠のライバル・バルセロナの王座奪還か、はたまたジャイアントキリングか。エイバルの中心選手として飛躍を続ける乾貴士や、1部昇格を果たしたヘタフェに入団し10番を背負う柴崎岳にも注目が集まる。 そこで今回、現役時代はジダンらと共に銀河系軍団のメンバーとして活躍し、現在はリーガ・エスパニョーラのアンバサダーを務める元R・マドリードの伝説的FWフェルナンド・モリエンテス氏に、WOWOW「リーガダイジェスト!」の番組MCを務めるペナルティのヒデが今季のR・マドリードとバルセロナ、活躍が期待される日本人プレーヤーの展望を聞いた。 <span style="font-weight:700;font-size:18px;">◆柴崎が1部で活躍できる可能性は高い</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:実は初めてではないのですが、覚えていますか?昔、某テレビ番組で僕のパートナーが芝刈り機というものまねで。 <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:よく覚えています(笑)。すごく面白かったですし、楽しい思い出ですよ。日本人には、常にそのことを言われます(笑)。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:うわー嬉しい。訪日は何度目になりますか?日本の好きなところがあったら教えてください。 <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:今回が5度目です。日本は大好きな国で、東京という町も好きですし、文化が好きです。毎回来る度に暖かい歓迎があるのも嬉しいですね。あとは食べ物が好きです。しゃぶしゃぶ、寿司、刺身…。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:昨年ペレス会長とお話しさせていただいて、ぜひ日本に来たらしゃぶしゃぶを食べようとお話ししたんですけど、一向に連絡が来ないと伝えておいてください(笑)。まずは、リーガ・エスパニョーラでプレーする日本人選手についてお聞かせください。昨シーズンの最終節バルセロナ戦で2ゴールを決めたエイバルの乾貴士選手ですが、どのような印象をお持ちですか? <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:乾選手はリーガ・エスパニョーラにおいて日本を代表する存在です。彼のプレーを見ると、パスが上手くてバランスのとれた選手だと感じます。エイバルで充実したシーズンを過ごしていますし、それがバルセロナ戦で決めた2ゴールで証明されたと思います。今の好調をこのまま続けてほしいですね。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:今シーズンからヘタフェに加入した柴崎岳選手はご存知でしょうか? <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:もちろん、知っています。昨シーズン途中に1部昇格を争うテネリフェに加入し、とても良いプレーをしていました。今シーズンはヘタフェの中心選手として活躍することを期待しています。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:柴崎選手は2部での活躍が評価されて、今回の移籍が実現しました。1部で活躍するために求められることは何ですか? <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:ヘタフェは、環境が整ったマドリードに本拠地を置くチームです。彼がこれまでいたテネリフェとは異なった生活になるので、まず新しい環境に慣れて、プレーに集中することが大事だと思います。1部と2部でレベルの差があるのは確かですが、彼は昨シーズンすでに2部で活躍しているので、スペインの文化や言葉、そしてスペイン人がどれだけサッカーを愛しているのか熟知しているはずです。アドバンテージがある分、1部で活躍できる可能性は高いと思っています。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:日本のサッカーが世界と互角以上に渡り合うために必要なことは何だと思いますか? <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:よくスペインと他の国の違いを聞かれますが、サッカーは若い年代からの育成期間が大事なので、育成がしっかりしている国は強いと思います。8歳から18歳の時にどれだけサッカーを好きになって、プロになることを意識できるかが重要です。 <span style="font-weight:700;font-size:18px;">◆監督としてのジダンは新しい発掘</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/700/image/wow20170818_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:ここからはレアル・マドリードとバルセロナのお話しを中心にお伺いしたいと思います。昨シーズンはR・マドリードが5シーズン振りの優勝を成し遂げました。今シーズンのR・マドリードに期待していることを教えてください。 <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:今シーズンのR・マドリードに期待するのは、チーム内の競争力を上げることと、主要な大会で常に上位につけることです。リーグ戦だけではなく、チャンピオンズリーグ(CL)やコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)でも良い結果を出し続けてほしいと思っています。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:モリエンテスさんが現役時代、チームメイトだったジネディーヌ・ジダンさんがR・マドリードの監督をされています。どのように評価されていますか? <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:監督としてのジダンは新しい発掘でしたし、それを実現させたR・マドリードは素晴らしいと思います。皆さんがご存じの通り、彼は世界中のサッカーファンを沸かせてきたプレーヤーの印象が強いですが、今は監督として輝かしい功績を残しています。まさに、スペインサッカー界になくてはならない存在です。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:たくさんのスター選手が在籍しているR・マドリードですが、先発11人を束ねることはとても大変なことですよね? <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:そうですね。戦術面はこれまでと変わらず、攻撃的に戦って守備でリスクをとるスタイルなので、毎試合スタメン11人を束ねることが彼の中で一番大変な仕事だと思います。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:一方、昨シーズン惜しくも2位に終わったバルセロナは今シーズンからエルネスト・バルベルデ監督が就任しました。どんな印象をお持ちですか? <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:バルベルデ監督は、今まで率いてきたチームで良い成績を残していますし、バルセロナのことを熟知しているので、とても合うと思います。監督が変わればシステム変更も予想されますが、バルセロナはメッシ、ルイス・スアレスらを中心とした4-3-3を継続するでしょうね。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:R・マドリードとバルセロナ以外で注目しているチームを教えてください。 <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:R・マドリードとバルセロナが注目されがちですが、他にも素晴らしいチームはたくさんあります。アトレティコ・マドリードはリーグ戦で毎年上位にいますし、CLでも結果を残しています。近年、バレンシアがCLに出場できる順位にいませんが、力のあるチームだと思っているので、今後に期待しています。あとは、昨年上位につけていたセビージャとビジャレアルも良いチームなので注目したいですね。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヒデ</span>:では最後にWOWOWの視聴者の方にリーガ・エスパニョーラの魅力を教えていただけますでしょうか? <span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:リーガ・エスパニョーラの魅力は世界最高峰のチーム、選手が在籍していることだと思います。R・マドリード、バルセロナのような世界を代表するクラブはもちろん、A・マドリードやセビージャといった強豪クラブによるレベルの高い試合がたくさん繰り広げられるので、たくさんの方に注目してほしいです。 リーガ・エスパニョーラのアンバサダーとして、2大クラブだけではなく、リーグ全体の魅力と期待を語ってくれたモリエンテス氏。これまで日本人が活躍できないと言われ続けてきたリーガにも、乾貴士選手や柴崎岳選手のように実力を発揮して、チーム内で確固たる地位を築き貢献する選手が出てきた。長らく続いたバルセロナの天下から、R・マドリードが真の世界最強クラブに生まれ変わりつつある今、様々な選手が輝きを放ち、すべての試合に見どころが散りばめられた“リーガ新時代”から目が離せない。 =============================== プロフィール フェルナンド・<span style="color:#5c00c3;font-weight:700;">モリエンテス</span>:9年間に渡りスペイン代表で活躍し、歴代4位の27得点を記録。2010年の現役引退(※2015年の一時的な現役復帰は除く)から、指導者を経て現在はリーガ・エスパニョーラのアンバサダーを務めている。 =============================== ◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆ ★『スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ』 世界最高峰のサッカーリーグ「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」、8月19日(土)開幕!WOWOWでは毎節最大5試合を生中継! ※第1節は5試合無料放送 ・「ジローナvsアトレティコ・マドリード」 8月19日(土)深夜3:00~ [WOWOWライブ]※生中継 ・「アスレティック・ビルバオvsヘタフェ」 8月20日(日)深夜1:00~ [WOWOWライブ]※生中継 ・「バルセロナvsベティス」 8月20日(日)深夜3:12~ [WOWOWライブ]※生中継 ・「デポルティーボvsレアル・マドリード」 8月21日(月)午前5:12~ [WOWOWライブ]※生中継 ・「マラガvsエイバル」 8月22日(火)午前4:45~ [WOWOWライブ]※生中継 ★『リーガダイジェスト!』 週末に開催されたリーガの全試合全ゴールをお届けしてきた「リーガダイジェスト!」。10周年を迎える今シーズンは、放送時間を10分間拡大し、リーガの魅力によりディープに迫る。 【放送日】8月21日(月)~毎週月曜夜8:00放送 ★『リーガダイジェストNEXT』 柴崎岳の最新情報を中心に毎週ネット配信する新番組! 【放送日】8月24日(木)~毎週木曜夜8:00配信 <div id="cws_ad">■詳しくはこちらから <a href="https://goo.gl/7L4skP" target="_blank">http://www.wowow.co.jp/sports/liga/</a></div> 2017.08.18 12:30 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース