現役大学生が中心となった「TamaChan」が5人制アマチュアサッカー日本代表に決定!《アットホーム FOOTBALL FIVES》2016.01.18 11:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽17日に東京・味の素スタジアムで「F5WC FOOTBALL FIVES JAPAN CHAMPIONSHIP 2015-2016」(以下、「アットホーム FOOTBALL FIVES」)の日本大会決勝が開催された。

▽第2回目となる日本大会は、東北、関東、東海、関西、九州エリアの30会場で9月26日(土)より順次、予選大会を実施。予選を勝ち抜いた32チームが集結した。

▽「多摩球’s倶楽部」予選を勝ち抜き出場した中央大学4年生の現役大学生を中心としたチーム「TamaChan」が、全240チームの挑戦に立ち、3月にタイで行われる世界大会への切符を手にした。

▽「TamaChan」は、世界大会出場について「結成して2か月のチームですが、仲の良さが優勝できたポイントだと思います!堅実なプレーを心掛けて、タイでの本大会では、日本代表の名を背負って、昨年以上の結果を残せるように頑張ります!」とコメント。チーム結成からの時間が短い中、成し遂げた優勝に喜びを露わにしてる。

▽また、世界大会に向けては「昨年優勝した柴田工務店さんは、予選1勝と言う結果に終わってしまったと思います。今回、優勝して、
日本代表と言う肩書をいただいたからには、出場した約200チームの思いを胸に、決勝トーナメントに進出し、悔いのない結果を残せるように頑張ります!」と意気込みを熱く語っている。

▽今大会のアンバサダーを務める元日本代表MF前園真聖氏は「TamaChan」の印象について、「今日は準決勝から試合も見ましたが、それぞれの個性を活かしたプレーをしているのが印象的でした。決勝でも落ち着いてボールを回し、チャンスでしっかり得点を取れたところが今回の結果につながったと思います」とコメント。また、今大会をについては「昨年から非常にレベルの高い試合が行われていた印象でしたが、特に今年はチーム数も増え、よりレベルが上がっているなと感じました。アマチュアながら日本代表を目指す選手たちの熱い想いがすごく伝わってきて見ていて興奮しました」と振り返った。

▽F5WC 2015-2016 世界大会は3月2日からタイ・バンコクで開催。リーグ戦による1次予選が行われ、上位チームが決勝トーナメントへ進出することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

「Jリーグ・ゾーン」がリニューアル! サッシャさん、ハリー杉山さんをMCに迎えインタラクティブ解説も

▽スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は17日、「Jリーグ・ゾーン」のリニューアルを発表した。 ▽「Jリーグ・ゾーン」は、2017明治安田生命Jリーグの複数試合をライブにてマルチ画面で視聴できるコンテンツ。リニューアルは、21日(土)より、MCにサッシャさん、ハリー杉山さんを迎えて行われる。 ▽J1、J2、J3のリーグ戦で、同時間帯に開催される複数試合のチャンスメイクやゴールなど注目の場面を厳選して放送。2017シーズンも終盤を迎え、優勝争いが佳境を迎えている中、重要な試合を見逃さずに楽しめるコンテンツとなる。 ▽サッシャさんはラジオDJとして活躍する傍ら、「DAZN」のF1™やサイクルスポーツ、バスケットボールなどの実況を担当し、サッカーを始めとするマルチスポーツに精通。ハリー杉山さんは、幼少時代からサッカーを続けており、熱狂的なサッカーファンで知られている。Jリーガーとも親交の深い2名が加わり、解説者と共にJリーグを盛り上げていく。 ▽リニューアル版の初回は、10月21日(土)の14時~18時にて配信。MCのハリー杉山さんハッシュタグ(#JZN)で投稿されたTwitterのコメントにリアクションする予定となっており、視聴者とのコミュニケーションをとりながら、重要なシーンのインタラクティブな解説を行っていく。なお、29日はサッシャさんがMCを担当する。 2017.10.17 21:07 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート】新戦力の台頭はあるか! ハイチ戦のスタメンアンケート実施中

▽日本代表は10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表と対戦する。 ▽ロシア・ワールドカップ出場を決めた日本は、本大会に出場する23名の枠を賭けたサバイバルレースがスタートした。今回対戦するハイチ代表はFIFAランキング48位に位置。この一戦に向けてヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、“メンバーの大幅な変更”も示唆しており、新戦力の台頭に期待がかかる。そこで、超WSでは希望のスタメンアンケートを実施。締切りは<span style="color:#FF0000;">10日17:00</span>まで。奮ってご参加ください! ※アンケートは有料版のみの実施となります<br />※有料版をご利用でない方は<a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/FREE/id/landing"><span style="color:#FF0000;">こちら</span></a> 2017.10.09 19:42 Mon
twitterfacebook
thumb

世界初!GKが新ホームシャツを着用予定! プーマ発表のイタリア代表の新ユニはブッフォンが着用!

▽プーマとイタリアサッカー連盟(FIGC)は5日、2018シーズンのイタリア代表の新ホームキットを発表した。10月6日のマケドニア代表戦でお披露目され、世界初となるゴールキーパーが新ユニフォームを着用して試合に出場する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽GKジャンルイジ・ブッフォンは、20年にわたってイタリア代表に貢献。その献身と情熱に敬意を表すとともに、6度目となる世界の舞台に立つことを願い、トリノにてストリートアーティストグループ“Kamp Seedorf”によって描かれた新しいホームシャツを身にまとったジャンルイジ・ブッフォンの巨大な壁画とともに発表された。 ▽マケドニア戦では、フィールトプレーヤーではなくブッフォンがホームユニフォームを着用。キャリアの中で初めて有名な“アズーロ”のキットを試合で着用する。また、9日に行われるアルバニア代表戦でもホームキットが着用される。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽トスカーナ州にある人口6万5000人の美しい街、カッラーラ。大理石の町としても有名なこの都市はアプアン・アルプス山脈の麓にあり、あたかもいつの日かその名が歴史に刻まれることを予告していたかのごとく、ジャンルイジ・ブッフォンは採石場の隣で生まれた。ブッフォンは、まるで彼の成長を見守ってきた大理石の原石のようで、彼には今日のようなサッカーのアイコンになるために磨かれる時間が必要だった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽世界のトップに立つためにブッフォンには8年もの長い歳月が必要だった。そしてブッフォンはフットボール界のトップに立ち続けるために奮闘。毎シーズンが終わる度、そして4年に一度の大会を重ねる度に彼の偉業は称えられ、ついにはゴールキーパーの殿堂入りを果たし、これからも永遠にとどまることだろう。 ▽また、アルバニア戦が行われる10月9日で、ブッフォンはイタリア代表デビューから20周年を迎える。マルセイユの太陽、ブラジルの雨、ブブゼラの音、幻滅の涙、そして歓喜の涙。ブッフォンは数々の負傷やグループステージ敗退などを経験しながらも、 年大会の優勝カップを掲げ、自身が世界でナンバーワンのゴールキーパーであることを証明。そして、171回着用したユニフォームに4つ目の星を加えることができた。しかし、ブッフォンの気持ちはイタリアのカラーであるブルーです。すべての若者たちと同じように夢は“アズーロ”のシャツに袖を通すことであるとブッフォンは言及している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20171006_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽新ホームキットは、新しいFIGCバッジを左胸に配し、イタリアの偉大なる栄光を表す“イタリアントリコロール”が袖口と襟裏に施され、プレーヤーを鼓舞するようにデザインされている。そして、初めてシャツの袖に腕を通してテレビでヒーローたちを観た時や、本当の楽しさや情熱に初めて触れた時の思い出を再燃させる、忘れることができない“アズーロ”ブルーを採用している。この新しいシャツのレプリカは、10月6日(金)よりプーマ取り扱いショップにて販売予定だ。 2017.10.06 13:21 Fri
twitterfacebook
thumb

脳梗塞から順調に回復するラモス氏、本田の代表落選に「今回は休ませただけ」

▽株式会社ミクシィのXFLAGスタジオは5日、4周年を迎える同社の大人気アプリ“モンスターストライク”内で行われる『モンストラックアウト』の始球式&予想イベントを実施した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171005_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽イベント終了後、参加した菊地亜美さん、鈴木奈々さん、お笑い芸人のこにわさん、そして13日のイベントに参加する元日本代表MFのラモス瑠偉氏が囲み取材に応じている。 ▽4人は今回のイベントに挑戦し口を揃えて難しさを強調。中でもラモス氏は「どんな競技も素晴らしいですが、サッカーは足を使ってやるのでね。バレーや野球は手を使いますが、脳から一番離れているのは足。手のように扱うのは難しい」とコメント。これには他の3名も納得していた。 ▽バレーボール経験者の菊地亜美さんも「難しいですね。私はプロではなく中学までやっていた部活ですが難しいなと感じました。本番は色々なプロの方がいて、1つの競技だったらもめていると思います(笑)。色々な競技があるからこそ、頑張れと思います」と本番の楽しみ方を明かした。 ▽テニスで挑戦した鈴木奈々さんとこにわさんは、鈴木さんのプレー姿についてコメント。「今までたくさんテニスの試合を見てきましたが、あんな格好でプレーする人初めて見ました」とこにわさんが鈴木さんをいじる一面も。これに対して菊池さんも「格好で言えば(未経験のこにわさんよりも)奈々ちゃんの方がやってなさそうだった」とツッコミを入れていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171005_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また囲みの終盤にはラモス氏への質問が集中。昨年12月に脳梗塞と診断されて以降、リハビリを続けている同氏は、今回のイベントで強力なシュートを披露。報道陣から体調面について尋ねられると「おかげさまで。特にこの2カ月くらいは順調にきています」と、復帰に向けて順調なことを明かした。 ▽さらに、日本代表に招集されなかったパチューカのMF本田圭佑については「今回だけでしょう。休ませた方がいい」と発言。さらに代表については「今回は正直に若い選手、国内の選手にチャンスを与えた方が良いと思っていた。吉田、長友も休ませて良いくらい。万が一を考えて、代わりに誰がやるかを見る2試合になると思っていた」と自身の考えを明かしている。 ▽囲み取材の終盤にはラモス氏が突然「さっきから綺麗な人がいるなと思っていたら、自分の娘だった」と、パパとして愛娘にデレデレの一面も見せた。娘さんに抱っこされる孫についても語り「頼んでもないのにジジイにされたよ」とラモス節全開で取材を終えた。 2017.10.05 13:26 Thu
twitterfacebook
thumb

大人気アプリゲーム“モンスト”が4周年記念で総額3億円山分けキャンペーン“モンストラックアウト”実施!! サッカー界からはレジェンドのラモス氏参戦!!

▽株式会社ミクシィのXFLAGスタジオは5日、4周年を迎える同社の大人気アプリ“モンスターストライク”内で行われる『モンストラックアウト』の始球式&予想イベントを実施した。 ▽同社は“モンスト”の4周年を記念して「モンスト4周年感謝キャンペーン」を実施中。その1つとして、8競技のスポーツトッププレーヤーたちが「モンストラックアウト」に挑戦する番組を10月13日に生配信を行う。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171005_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽この「モンストラックアウト」とは、モンストのガチャに登場する「ガチャリドラ」を立体で再現した「リアル版ガチャリドラ」の左目をめがけて、ボールを投げる蹴るなど挑戦する競技となっている。また、「モンストラックアウト」を一般の方も体験できるイベントを10月6日から8日にかけて『SHIBUYA109』前で実施する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171005_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽一般イベントに先駆けて、5日にはタレントの菊地亜美さん、鈴木奈々さん、お笑い芸人のこにわさん、そして13日のイベントに参加する元日本代表MFのラモス瑠偉氏が参戦した。ラモス氏は競技者として選手宣誓を実施。「聞いてないよぉ」と言いながらも「私たち各スポーツ界を代表する選手は、モンストラックアウトをリスペクトとフェアプレーの精神でチャレンジします」と力強く語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171005_6_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その後4名は、実際にモンストラックアウトをプレー。テニスの松岡修造氏のモノマネをするこにわさんは、大きなガチャリドラに当てることもできずに、ラケットで放ったボールはメディア陣に直撃。同じくテニス経験がある鈴木奈々さんは、独特のフォームから放ったサーブはガチャリドラに当たるも、左目は外れる。さらにバレー経験がある菊地亜美さんはオーバーハンドからのサーブで狙うが、惜しくも左目には当たらなかった。大トリとして出場したラモス氏は右足で狙うも惜しくも外れ。あまりの悔しさに「もう一回やろう」とMCを無視して2度目のチャレンジに臨んだが決めきれなかった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171005_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽実際の体験をもとに4名は、13日に行われる本番の予想を実施した。的の大きさや、実際に使用するボールの大きさ、各競技の特徴から推測。また、MCが説明している間にラモス氏は「すいません、もう一度賞金をお願いします」と、山分けされる3億円に興味津々。鈴木奈々さんから「お金好きですね」と突っ込まれ、会場の笑いを誘った。ラモス氏も気になる3億円山分けキャンペーン。この機会にモンストをプレーしてみてはいかがだろうか。 【モンストラックアウト体験】 場所:SHIBUYA109前広場 期間:2017年10月6日〜8日(11:00〜19:00) 内容: 「モンストラックアウト」にはおひとり様3回挑戦が可能。見事、左目にボールを当てることに成功すると「リアル版ガチャリドラ」の口から「エガ卵」「金卵」「銀卵」のいずれかが出てきます。出てきた卵をスタッフから受け取り、商品引き換えコーナーで卵の種類に応じた商品と交換することができます。残念ながら外した場合でも参加賞をプレゼント。なお、商品には江頭さんをデザインしたオリジナルグッズやモンストグッズを予定しています。 【13日実施のモンストラックアウト】 内容: モンストのガチャに登場する「ガチャリドラ」を立体で再現。「リアル版ガチャリドラ」の顔に設けられたターゲット(左目)をめがけて、8競技のトップアスリートたちがボールを投げたり蹴ったりし、見事左目に当たれば成功。各アスリートは3回挑戦し、1回でも当たれば成功となります。当日の模様は、当別番組として、インターネット等で生配信されます。 モンストから「モンストラックアウト」の結果を予想し、オーブ(ゲーム内通貨)を投票することができます(投票に必要なオーブは、ユーザー全員に無料配布される)。予想の結果に応じて以下の賞品をプレゼントします。 ◆賞品 ・全競技の成功・失敗を全て的中:総額3億円相当の賞金もしくはギフトカードを山分け ・成功する競技数を的中:投票したオーブの数×10 ※予想が外れてしまった方にも、投票したオーブ数の2倍のスタミナミン(スタミナ回復アイテム)をプレゼント 13日出場アスリート ◆野球 石井一久氏 ◆サッカー ラモス瑠偉氏 ◆ハンドボール 立石真悠子氏 ◆ラグビー 大畑大介氏 ◆バレー 山本隆弘氏 ◆アメフト 栗原崇氏 ◆テニス 瀬間友里加氏 ◆ゴルフ 古閑美保氏 2017.10.05 13:23 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース