超ワールドサッカー

ユナイテッド戦へ、カン「ライバル関係について理解している」2016.01.17 17:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのドイツ代表MFエムレ・カンが、17日に行われるプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦を前にコメントを残した。

▽リバプールは17日、ユナイテッドのノースウェスト・ダービーを迎える。イングランド伝統の一戦を控え、カンは「僕たちのライバル関係については理解している」と試合の重要性を強調し、以下のように話した。

「街に出ると、ファンが僕のところに来る。彼らは僕にライバル関係について話してくれるんだ。彼らは、マンチェスターでリバプールについて話すことは良いことではないと言っている。リバプールでは、マンチェスター・ユナイテッドについて話すことは良いことではないんだ」

「世界の誰もがこのビッグゲームについて知っているし、そこに存在するライバル関係を分かっている。シャルケvsドルトムントみたいなものだ。ドイツにいた時は、この試合を見るチャンスがあるなら、見るようにしていた」

▽また、カンは指導を受けるユルゲン・クロップ監督についてもコメントしている。

「監督がとても情熱的だということは誰もが知っている。それはシンプルなことだ。彼はフットボールのために生きている。フットボールを愛している。彼は決して変わるようなことはないよ。それが彼のやり方だ」

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールOB、サラーの成功を確信「ファンは彼のプレーを見て楽しむはず」

イギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるポール・インス氏は、リバプールファンはモハメド・サラーの獲得で歓喜することになると予想している。<br><br>サラーは先日、ローマから多額の移籍金でリバプール加入が決定した。ローマ時代は83試合で34ゴールをマークしただけでなく、その驚異的なスピードでセリエAを席巻。元リバプールMFのインス氏は「クラブにとって良いビジネスだろう」と話し、このように続ける。<br><br>「ローマでの昨シーズンを見たが、彼は15~16ゴールを決めた。チェルシーでは成功できなかったね。出場機会がなかったからだとは思わないが、リバプールのような偉大なクラブに戻ってきた。リバプールにとって素晴らしい新戦力であるし、ファンは彼のプレーを見て楽しむだろう」<br><br>チェルシーでの失敗からイタリアを経て、再びプレミアリーグの舞台へと舞い戻ったサラー。リバプール1年目から快速を飛ばして、活躍することはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.24 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、出場機会激減のA・モレーノに対するナポリのオファーを拒否

▽リバプールが元スペイン代表DFアルベルト・モレーノ(24)に対するナポリの1100万ポンド(約15億5000万円)のオファーを拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2014年8月にセビージャから加入したA・モレーノは移籍2年目となった2015-16シーズン、公式戦の50試合に出場し、チームの主力としてプレー。しかし、今シーズンはイングランド代表MFジェームズ・ミルナーの左サイドバックへのコンバートによる煽りを受け、公式戦での出場が18試合に激減。苦しいシーズンを送った。 ▽伝えられるところによると、A・モレーノには現在、古巣のセビージャをはじめ、プレミアリーグの複数クラブから獲得への関心が寄せられている模様。しかし、リバプールは、A・モレーノの移籍金を1500万ポンド(約21億1000万円)に設定しており、セビージャから獲得した際に投じた1200万ポンド(約16億9000万円)を越える金額でなければ、オファーには応じないとのことだ。 2017.06.23 15:23 Fri
twitterfacebook
thumb

クロップ、新加入のサラーに「トップレベルで成功をつかめる」と太鼓判

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、加入が正式に決定したモハメド・サラーがクラブで成功を手にできると語っている。<br><br>22日にサラーと5年契約を結んだリバプールは、ローマに4200万ユーロ(約52億円)を支払うことで合意。そして同選手とチームの成績に応じてその移籍金は最大で5000万ユーロ(約62億円)にまで跳ね上がるようだ。この移籍を受け、レッズを率いるドイツ人指揮官は喜びを語っている。<br><br>クロップ監督はクラブの公式ウェブサイトを通じて「彼は高いレベルでの勝利を望む強い意志を持った選手だ。彼の目標はリバプールですべて実現できる。リバプールは正しい方向に進んでいて、彼はこのクラブの一員になりたいと考えていた。そして我々の素晴らしいサポーターの下でプレーすることにワクワクしていると思う。彼と彼の家族をリバプールの一員として温かく迎えたい」とエジプト代表FWの獲得に満足を示している。<br><br>チェルシーから加入したドミニク・ソランケに次いで、サラーはリバプールにとって今夏2人目の新戦力となっている。同選手は、2014年にバーゼルからチェルシーに移ったものの、十分に出場機会が得られず、ローンでフィオレンティーナに渡る。その後、セリエAを舞台に輝かしい活躍を見せていた。<br><br>リバプール指揮官は「モハメドは経験とポテンシャルを兼ね備えた選手だ。我々にとってとても良い契約になった。プレミアリーグのこともわかっていて、チャンピオンズリーグの出場経験もある。それにエジプトでは最も重要な選手の1人だ。イタリアでの成績には目を見張るものがある」とサラーへの期待を口にした。<br><br>続けて「それに我々のチームをさらに活性化するだけの能力を有している。バーゼルにいたときから彼を見てきたが、今彼は成熟し、素晴らしい選手になった。驚異的なスピードを持っていて、攻撃陣を牽引してくれるはずだ。我々にはすでに強力なメンバーがいるが、私はさらに競争力のある布陣を望んでいた。しかし、最も重要なことは彼が貪欲で自身の成長を強く望んでいることだ」と話している。<br><br>背番号11を与えられる予定のサラーに、クロップ監督は多大なる期待を寄せている。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、オーバメヤン獲得費用は最低でも88億円

▽リバプールは、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得に最低でも6300万ポンド(約88億9000万円)を投じなければならないようだ。イギリス『インデペンデント』がドイツ『ビルト』の情報をもとに伝えている。 ▽来シーズンの新戦力としてローマからエジプト代表FWモハメド・サラーを獲得したリバプール。さらなる新戦力として獲得に向かっていると伝えられているのが、今シーズンのブンデスリーガで得点王に輝いたオーバメヤンだ。 ▽そのオーバメヤンを巡っては当初、今夏のパリ・サンジェルマンへの移籍が有力との見方が強まっていたが、移籍金6000ポンドのオファーでもドルトムントを納得させられなかったとみられている。 ▽『インデペンデント』によれば、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ最高経営責任者(CEO)は「彼の評価額を支払えるクラブがあるなら、我々は耳を傾ける」と6300万ポンド以上の移籍金を求めているという。 ▽また、ドルトムント側は、オーバメヤンの移籍容認期限をスイスでのプレシーズン合宿がスタートする7月26日までに設定したとのことだ。 2017.06.23 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、ローマからサラーを獲得! 移籍金は両クラブレコードの総額62億円に!

▽リバプールは22日、ローマからエジプト代表FWモハメド・サラー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は11。契約期間は長期とのみ発表されている。 ▽なお、リバプールのサラー獲得発表後、ローマによって発表された声明では、ローマは今回の移籍で4200万ユーロ(約52億1000万円)を受け取り、パフォーマンス次第で最高800万ユーロ(約10億円)のボーナスを受け取るという。そのため、移籍金の総額は5000万ユーロ(約62億円)となる。 ▽ユルゲン・クロップ監督からの熱烈なラブコールを受け、チェルシー時代以来となるプレミアリーグ復帰を決めたサラーは、同クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「ここに居られることにとても興奮しているよ。そして、とても嬉しい気分だ」 「僕はこのクラブのために100パーセントの力を発揮し、全てを捧げるつもりだ。このクラブで何かを勝ち取りたいと思っている」 「ここには素晴らしいプレーヤーとチームがある。昨年から試合をチェックしていたし、チームの全員が100パーセントを捧げていたと思う」 「同時にコーチも全てを与えてくれていると思う。そして、クラブやサポーター、自分たちのため、チーム全員が何かを成し遂げるために全てを捧げていきたい」 ▽サラーは2014年1月にチェルシー入り。チェルシーではインパクトを残せなかったものの、レンタル移籍したフィオレンティーナ、ローマで評価を高めた。2016-17シーズンは、完全移籍で加入したローマで、公式戦41試合に出場し、19得点を記録。ローマのセリエAでの2位フィニッシュに貢献していた。 ▽なお、『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、2022年までの5年契約にサインしたサラーは、年俸550万ユーロ(約6億8000万円)を受け取ることになる。また、前述の移籍金は両クラブにとってクラブレコードとなる模様だ。 ▽ローマは、トッテナムにアルゼンチン代表MFエリク・ラメラを売却した際の3500万ユーロ(約43億4000万円)がこれまでの最高売却額。一方、リバプールはニューカッスルからイングランド代表FWアンディ・キャロル(現ウェストハム)を獲得した際に支払った3500万ポンド(約50億円)が、最高獲得額といわれている。 2017.06.23 05:21 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース